転職時期として最適なのはいつ?女性におすすめの年代やタイミングを紹介

転職時期として最適なのはいつ?女性におすすめの年代やタイミングを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 女性が転職するのにおすすめの時期は若さとスキルが評価される20代後半
  • 女性が結婚を機に転職する場合、新しい生活に慣れてから行動したほうが良い
  • 30代以降の時期は選択肢が限られるため、転職が難しくなる傾向がある
  • 女性の転職に適した時期を逃したくない場合は、求人情報をこまめにチェックしよう

「転職に適した時期を知りたい」と思う女性は多いでしょう。このコラムでは、女性の転職に適した時期を年代別と状況別に解説しています。また、女性の転職が難しいといわれる時期や対処法、タイミングを逃さないためのコツなどについてもまとめました。自分に合った時期を見極めて転職を成功させるための参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

女性が転職するのに適した時期【年代別】

女性が転職するのに適した時期を年代別に紹介します。年代ごとの特徴を知って、適切なタイミングを見極めるための参考にしてみてください。

20代前半は第二新卒採用の可能性がある

20代前半は、第二新卒として採用される可能性がある時期です。第二新卒とは、学校を卒業して就職したあと、およそ1~3年で転職する人のこと。労働力不足が進む日本では、若い人材でありながら新卒に比べて教育コストが掛からない第二新卒の採用ニーズは高まりつつあるといえます。また、第二新卒は就業期間が短いため、採用選考では業務に関する技術や知識よりも、将来のポテンシャルを重視されやすい点も特徴。熱意や人柄など、本来備わっている特性を活かして未経験の業界や職種にも挑戦しやすい時期といえます。未経験の仕事に興味がある女性は、20代前半のうちに第二新卒としての転職を検討してみましょう。第二新卒の転職については「新卒1年目の時期に転職するのは厳しい?成功しやすいタイミングはある?」で詳しく解説しているので、ぜひご一読ください。

20代後半は女性の転職におすすめの時期

20代後半は若さと社会人経験の両方を評価されるため、女性の転職におすすめの時期です。仕事で身につけたスキルを入社後も活かせることをアピールすれば、即戦力として採用される可能性が高まるでしょう。また、部下に指示を出しながらプロジェクトを進めたり、リーダーを任されたりした経験がある場合は、幹部候補として採用される可能性もある時期です。20代で積んだ経験やスキルを活かしてキャリアアップしたい人が転職するのに向いている時期といえます。

30代は転職で管理職を目指しやすい時期

30代は、転職によって管理職を目指しやすい時期です。30代の転職では、管理職に必要なリーダーシップやコミュニケーション能力、マネジメントスキルなどを重視されます。前職で役職に就いていたり、大人数の部下をまとめていたりした人は経験が活かせるでしょう。また、経験が評価されれば、前職よりも高待遇での転職を叶えられる可能性もあります。「転職する時期は社会人何年目がベスト?判断するポイントを解説」では、社会人何年目で転職するか判断するためのポイントを年齢別に紹介しているので、参考にしてみてください。

必ずしも「若いほど有利」とは限らない

転職は、必ずしも「若いほど有利」とは限りません。就職する時期は学歴によって異なるため、年齢よりも社会人になってからの年数のほうが重視されるからです。「年齢が若くないから転職は難しい」と諦めず、仕事上で経験したことや身につけたスキルなどを積極的にアピールしましょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

女性が転職するのに適した時期【状況別】

女性が転職するのに適した時期は、結婚や出産などの状況によっても変化する場合があります。

結婚を機に転職をする場合

女性が結婚を機に転職をする場合、新しい生活環境に慣れてからの時期がおすすめです。結婚すると、パートナーの仕事の都合や家事の分担割合などを考慮して、従来のワークライフバランスを見直さなければならない可能性があります。「残業や出張が少ない職場」や「リモートワークが推奨されている」など、結婚後の生活に合う条件を明確にすることで、転職先を絞りやすくなるでしょう。「結婚を機に転職するときの成功のポイントは?男女でタイミングに違いはある?」では、結婚後に転職するメリットを解説しているので、ぜひご一読ください。

長く働く意思をアピールすることが大切

結婚を機に転職する女性の場合、入社後は長く働き続けたいという意思をアピールするようにしましょう。多くの企業が求めているのは、長く働いて会社に貢献してくれる人材です。結婚をきっかけに転職する女性は、妊娠や子育てによる早期退職のリスクを懸念されやすい傾向があります。仕事と家庭を両立しながら長く働きたいという気持ちをはっきり伝えて、企業側の不安を払拭しましょう。

出産をきっかけに転職をする場合

女性が出産をきっかけに転職をする場合、1年以上前の時期がおすすめ。企業によっては育休の取得条件を「入社1年以上経っていること」と定めている場合があり、転職してすぐの社員は対象外になってしまう恐れがあるからです。また、転職後すぐに産休や育休を取得すると、周囲から良い印象を抱かれない可能性も。出産の1年以上前に転職して周囲との信頼関係を築いておくことで、長期休業にスムーズに移行できるでしょう。

上司にはどのタイミングで相談する?

転職の意思は、遅くても退職希望日の1ヶ月前までには上司に伝えます。最初は直属の上司に相談し、了承されたら退職の手続きを進めましょう。業務の引き継ぎや書類の準備に掛かる時間を考慮し、余裕のあるスケジュールを立てることが大切です。「転職を上司に相談するのに適したタイミングはいつ?伝え方や注意点を解説」でも、上司に転職を相談するタイミングについて解説しているので参考にしてみてください。

女性の転職が難しいといわれる時期はある?

女性の転職が難しいといわれる時期は、30歳以降です。経験やスキルを重視されやすくなるだけでなく、未経験の仕事への挑戦も難しくなるため、転職先の選択肢が少なくなります。30歳以降での転職を検討している女性は、どのようなキャリアを積むか事前に計画を立てておきましょう。

30歳以降は経験やスキルを重視されやすい

30歳以降の転職では、即戦力や管理職として活かせる経験や知識、技術などを重視される傾向にあります。魅力的な仕事やポジションに就きたいと思っても、見合うだけのスキルがなければ、転職では不利になってしまうでしょう。さらに、30歳以降は未経験分野への転職が次第に難しくなります。未経験者を求める企業の多くは、20代のほうが社会人経験が浅く、前職の仕事の進め方や社風に染まっていないため、成長スピードが早いと判断しているようです。未経験の仕事への転職を考えている場合は、30代になる前に行動したほうが良いといえるでしょう。

ライフイベントを考慮した計画を立てることが大切

女性が30歳以降の転職を成功させるためには、ライフイベントを考慮した計画を立てることが大切です。結婚や出産、マイホームの購入など、実現したいライフイベントと時期を明確にしておくことで、転職に適したタイミングを逆算しやすくなります。「〇年後までにリーダーになる」「△△の仕事に必要な資格を取得する」など、転職成功に向けた具体的な行動計画も立てやすくなるでしょう。

転職するのを避けたほうが良い時期について詳しく知りたい方は、「転職するのに悪いタイミングとは?最適な時期を見極めて成功につなげよう」をご覧ください。

女性の転職に最適な時期を逃さないためのコツ

女性の転職に最適な時期を逃さないためには、以下のようなことを意識すると良いでしょう。

転職先に求める条件を明確にする

女性の転職に最適な時期を逃さないために、企業に求める条件を明確にしておきましょう。条件が曖昧だと求人を選ぶのに時間が掛かったり、入社してから「こんなはずではなかった」とミスマッチを感じてしまったりする恐れがあります。自分の生活に合う条件を明確にしたうえで、転職先のフレックス制度や時短勤務の導入状況、出張の有無・頻度などを事前によく確認しましょう。特に、産休や育休に関しては、取得実績だけでなく復職率もチェックしておくのがおすすめです。「転職のタイミングはいつが良い?見極める方法を年代別に解説!」では、転職を考えるきっかけになる7つのタイミングを紹介しています。自身の状況と照らし合わせて、求める条件をはっきりさせるための参考にしてみてください。

求人情報はこまめにチェックする

女性が転職するのに最適な時期を逃さないためには、求人情報をこまめにチェックすることも大切です。確認を怠ると希望に合う求人をなかなか見つけられず、転職活動が長引いてしまう可能性があります。中には公開期間が短いものもあるため、隙間時間にチェックする癖をつけて好条件の求人を見逃さないようにしましょう。

1年の中で求人が増える時期を把握しておく

1年の中で求人が増えるのは、2~3月と8~9月です。新年度や下半期が始まる4月や10月に入社する人材を確保するため、企業の採用活動が活発になります。2~3月と8~9月は希望に合う求人に出会える可能性がほかの時期に比べて高まるため、より集中して情報収集すると良いでしょう。「転職する時期は何月が良い?おすすめや避けるべきタイミングを解説」でも転職に適した時期やメリット・デメリットなどを紹介しているので、あわせてご一読ください。

転職エージェントを利用するのも一つの手

転職を検討している女性は、転職エージェントを利用するのも一つの手です。転職エージェントとは、専任のアドバイザーが転職活動全般をサポートしてくれるサービスのこと。転職する時期や希望する条件などもアドバイザーに相談可能です。第三者のサポートを受けながら転職活動を進めたい女性は、転職エージェントの利用を検討してみましょう。

転職する時期に悩んでいる女性は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒などの若年層に特化した転職エージェント。求人選びのお手伝いから内定獲得後のフォローまで、専任のアドバイザーが一環したサポートを行います。アドバイザーとのマンツーマンでの面談の時間も設けられているので、転職に関する悩みや疑問も気軽に相談可能です。スムーズに転職活動を進めて希望を叶えたいとお考えの方は、ぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ