28歳での転職は厳しい?未経験・スキルなしで異業種に就く方法を解説!

28歳での転職は厳しい?未経験・スキルなしで異業種に就く方法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 28歳は、企業からポテンシャルや即戦力を評価される傾向にあるため転職は可能
  • 28歳で転職回数が多い場合は、企業側の不安要素を払拭することが大切
  • 28歳から未経験分野に転職する際は、自己分析と企業研究を徹底的に行うのがおすすめ
  • 28歳の転職では、ライフイベントによって働き方が変わる可能性も考慮しておこう
  • 28歳からの転職活動では、転職サイトやエージェントを活用しよう

「28歳からの転職は厳しい?」と不安を感じている方もいるでしょう。転職市場において28歳は、若さと一定の社会人経験を評価されやすい年齢です。ポテンシャルと即戦力の両方を武器に、選考で効果的にアピールできれば転職は可能といえます。このコラムでは、28歳・スキルなしから転職を成功させるコツをご紹介。転職サイトやエージェントも活用し、転職の目的に合わせた対策を行いましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

28歳・スキルなしでの転職は厳しい?

28歳・スキルなしでの転職は厳しい?の画像

28歳というタイミングで転職を検討している人のなかには、「28歳での転職はもう遅いかも…」「経験・スキルなしの転職だと難しいのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。しかし、心配し過ぎる必要はありません。

28歳は、ある程度の社会人経験を身につけており、将来性にも期待できる年齢です。企業の採用ニーズも高いことから、転職するチャンスは十分にあるでしょう。
28歳付近での転職を成功させるには、転職市場でのアピールポイントを踏まえたうえで、企業選びや選考対策を行うのがおすすめ。このコラムで転職活動のコツを掴み、自分が思い描く転職を実現しましょう。

28歳の転職はスキルなしで挑戦しやすい

20代後半はある程度の実務経験を積んでいるうえに、まだまだ伸びしろが期待できる年齢です。企業側からポテンシャルを評価してもらえれば、スキルなしから未経験の職種に転職できる可能性があります。

30代になると実績やスキルを問われる場面が増えるため、28歳の方は早期に転職活動を始めることが大切です。未経験分野に挑戦する場合は、面接で「入社後に業務経験を重ねて活躍していきたい」というように、前向きな姿勢をアピールしましょう。
自分のポテンシャルを上手くアピールする方法は、「ポテンシャル採用とは?何歳まで適用される?重視されるポイントを解説」のコラムを参考にしてください。

28歳の転職は即戦力を期待されることもある

28歳で転職するときは、企業から知識や経験を活かした活躍を期待されることもあります。厚生労働省の「令和2年転職者実態調査」をもとに、職種ごとの転職者の採用理由を下記にまとめました。

 専門知識・能力があるから経験を活かし即戦力になるから職場への適応力があるから離職者の補充のため
管理的な仕事40.7%62.3%25.9%28.0%
専門的・技術的な仕事52.7%66.1%26.7%44.6%
事務的な仕事17.5%42.0%27.7%58.5%
販売の仕事13.4%58.8%25.8%44.8%
サービスの仕事23.9%54.9%29.5%61.6%
その他の仕事20.8%47.7%26.5%63.2%

引用元:厚生労働省「令和2年転職者実態調査(2)転職者の採用理由(P.8)」※複数回答3つまで可

「即戦力になるから」を理由に転職者の採用を決めている企業の割合は、管理的な仕事や専門的・技術的な仕事で60%以上、販売やサービスの仕事で50%以上存在していることが分かります。社会人としてのマナーや専門的なスキルが身についていれば、28歳で即戦力として採用される可能性があるでしょう。
特に同業種や同職種での転職の場合、企業側の体制によってはキャリアアップや年収アップを実現できることも。スキルや経験がある人材を求めている企業の求人には「即戦力求む」「即戦力募集」といった記載があるので、転職サイトを使って仕事探しをする際は注目してみましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

28歳で転職を考える5つの理由

ハタラクティブの「若者しごと白書2023」によると、正社員(調査対象28~29歳)が転職したいと考える理由の上位5件は以下のとおりです。

順位転職したい理由割合
1今より多くの収入を得たいため63.9%
2今よりもやりがいのある仕事がしたいため26.8%
3新しい経験やスキルを得たいため22%
4福利厚生が充実したところで働きたいため18.2%
5残業時間を減らしたため15.3%

引用元:ハタラクティブ「若者しごと白書2023 4-6.転職したい理由

「今より多くの収入を得たい」「今よりもやりがいのある仕事がしたい」というように、現職にはない条件を求めて転職に踏み切る人が多いことが分かります。それぞれの詳細をチェックしてみましょう。

1.今より多くの収入を得たいため

「自分の働きぶりに対して給料が見合わない」「現在の職場では希望の収入を得られない」といった不満から、28歳で転職する人は多いようです。同年代と自分の状況を比較したときに、自分の収入が周囲よりも低いことが発覚すると、転職を検討したい気持ちになるのかもしれません。
転職で年収をアップさせる方法は?上昇額の相場についても解説」のコラムでは、現在よりも高い給料を手にするコツを紹介しています。

2.今よりもやりがいのある仕事がしたいため

現職でモチベーションを感じられず、働きがいのある仕事へ転職したいと思う28歳の方もいます。「漠然と毎日を過ごしている」「仕事に慣れてやりがいを見失ってしまった」といった状態になると、職場そのものを変えようという判断につながることも。
転職すべきか迷う方は、「仕事にやりがいを感じない原因とは?対処法も合わせて紹介」のコラムをご一読ください。

3.新しい経験やスキルを得たいため

学校卒業後から正社員として働いていた28歳の方の場合、ある程度の社会人経験を積んでいます。1つの職場で働いているうちに、別の業界へ興味をもち、転職を考えることもあるでしょう。「転職してキャリアアップを目指すのは難しい?成功のコツとできる人の特徴」では、将来を見据えた転職のポイントをまとめています。

4.福利厚生が充実したところで働きたいため

福利厚生が充実している職場では、給料以外のメリットがあります。資格取得支援や社員食堂、家賃補助などを受けたいという理由から、転職を希望する28歳の方もいるでしょう。
福利厚生についての理解を深めたい方は、「福利厚生には何がある?企業が用意する目的と対象となる条件について解説」のコラムをご覧ください。

5.残業時間を減らしたいため

現職の残業が多く、ワーク・ライフ・バランスを整えられないという悩みから、転職に意識が向く場合もあります。プライベートの時間を確保するため、メリハリのある働き方を希望する人もいるでしょう。
「残業なし」の仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?』では、時間外労働の少ない企業へ転職するポイントに触れています。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2023

28歳での転職が成功しやすい4つのパターン

28歳での転職が成功しやすい4つのパターンの画像

ここでは、28歳で転職を成功させやすいパターンを4つご紹介します。転職失敗を防ぐために、どのようなスキルや考え方が求められるのかを見てみましょう。

28歳での転職が成功しやすいパターン

  • 自己分析で叶えたいことを理解している
  • 応募先で役立つ資格を取得している
  • 転職で役立つポータブルスキルを有している
  • 転職後のキャリアビジョンが固まっている

1.自己分析で叶えたいことを理解している

自己分析を通して何を叶えたいかを理解している28歳の方は、転職成功につなげやすい傾向にあります。「今の仕事の何が嫌なのか」「やりがいを感じることは何か」といった内容を掴んでおけば、より良い就業先を見つけられるでしょう。
自己分析をするメリットや手順については、「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」のコラムを参考にしてみてください。

2.応募先で役立つ資格を取得している

転職したい業界や職種で役立つ資格を取得していれば、企業側から専門性を評価してもらえます。ただし、業務と関連性の低い資格は転職でプラスにはたらかないので注意が必要です。これから資格取得を検討している方は、転職活動のスケジュールも踏まえて取り組むようにしましょう。
転職で資格はいらない?それとも持っていると有利?取得のメリットとは」では、転職で役立つ資格をご紹介しています。

3.転職で役立つポータブルスキルを有している

28歳で専門的なスキルや資格がない場合も、「ポータブルスキル」が備わっていれば、転職活動で評価してもらえることがあります。ポータブルスキルとは、業界・企業・時代にとらわれず、あらゆる場面で通用する能力のことです。
ポータブルスキルを身につけていれば、異なる環境下でも柔軟に適応できるため、企業側から「職場や業務にすぐ馴染んでくれそう」と期待されるでしょう。
自分のポータブルスキルを把握するのが難しい場合は、転職エージェントに相談して客観的な意見をもらうのもおすすめです。

ポータブルスキルの例

厚生労働省の「ポータブルスキルについて」を参考に、どのような能力がポータブルスキルに該当するのか、一例をご紹介します。

  • ・情報収集したうえで分析し、現状を把握する力
    ・課題解決のための手だてを遂行する力
    ・イレギュラー発生時に適切に対応する力
    ・周囲の人とコミュニケーションを図り、良好な人間関係を構築する力
    ・上司に対して説得力のある報告や提言をする力
    ・部下を育成したり持ち味を活かした業務を割り当てたりする力

上記のようなスキルは、業種や職種を問わず活かせるでしょう。「28歳から異業種へ転職したい」と考えている方は、前職の経験を振り返り、自分にはどのようなポータブルスキルが身についているか書き出してみるのもおすすめです。

参照元
厚生労働省
ポータブルスキル見える化ツール(職業能力診断ツール)

4.転職後のキャリアビジョンが固まっている

28歳の転職活動では、「入社後に成し遂げたいこと」を具体的に説明できるよう準備しておくことが大切です。「なぜその目標を志望企業で達成したいのか」「どのような道筋を描いているのか」などを面接で伝えられれば、入社意欲の高さが伝わり転職成功につながるでしょう。キャリアビジョンについては、「キャリアビジョンとは?就職・転職活動で使える具体例と書き方」のコラムもあわせてご確認ください。

キャリアビジョンの描き方に悩んだら?

キャリアビジョンの描き方が分からない場合は、転職エージェントに相談するのも一つの方法です。転職エージェントでは、専任の担当者が利用者の強みや経験を踏まえて適性のある仕事やキャリアプランを提案してくれます。また、転職市場の動向や企業ごとの情報なども教えてもらえるので、転職活動で悩んでいる28歳の方は活用してみると良いでしょう。
ハタラクティブアドバイザー後藤祐介からのアドバイス

28歳での転職を成功させるための5つのポイント

28歳での転職を成功させるための5つのポイントの画像

28歳で転職を成功させるには、希望条件の優先度を決めたり、自己PRや志望動機の内容を考えたりすることが大切です。転職市場における自分の立ち位置を理解しておくと、選考をスムーズに進めるのに役立つでしょう。下記では、転職成功のために押さえておくべきポイントを5つご紹介します。

28歳での転職を成功させるポイント

  • 転職先の希望条件に優先順位をつける
  • 自己PRや志望動機に力を入れる
  • 転職活動は在職中に行う
  • 転職市場における28歳の立ち位置を掴んでおく
  • 転職サイトやエージェントを有効活用する

1.転職先の希望条件に優先順位をつける

28歳で転職するときは、叶えたい条件に優先順位をつけましょう。すべての希望条件を満たそうとすると求人を見つけるのが難しく、転職活動そのものが長引く可能性もあるからです。条件に優先順位をつければ、転職サイトや転職エージェントを利用する際にも、応募する企業を絞りやすくなります。

たとえば、ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい場合は、時間外労働の少ない企業や年間休日数の多い会社を探すと良いでしょう。やりがいを重視する場合は、「仕事を通じて自分がどのように成長できるか」という視点で求人を吟味するのがおすすめです。
転職がうまくいく人の特徴とは?企業選びのコツもあわせて紹介」のコラムでは、転職成功につながる企業選びのポイントを解説しています。自分に適した労働環境を見つけたい方は、ぜひご一読ください。

2.自己PRや志望動機に力を入れる

28歳の転職活動では、自己PRや志望動機に力を入れることが重要です。コミュニケーション能力・リーダーシップ・課題解決能力などは業界や企業を問わず通用するため、積極的に取り入れましょう。また、具体的なエピソードを盛り込むことで、説得力のあるアプローチができます。

28歳での転職を成功させるには、応募先の企業ならではの魅力を志望動機に盛り込み、入社意欲の高さを示すのがコツです。
企業理解の深め方は、「企業研究は転職でも必ず行おう!情報の集め方と活用のポイント」のコラムで紹介しています。

3.転職活動は在職中に行う

転職活動は、できるだけ在職中に行いましょう。転職先が決まらないまま退職すると収入が途絶えるため、先行きに不安を感じる可能性も。焦りから十分に検討せず転職先を決定し、入社を後悔するリスクも考えられます。

今の仕事をこなしながらの転職活動が難しい場合は、事前に数ヶ月分の生活費を貯蓄しておくのがおすすめです。転職活動に掛かる期間は状況によって変わるため、多めに貯金しておきましょう。転職に掛かる期間は「転職はどれくらいかかる?準備期間の目安や早めに終わらせるコツを解説」のコラムで解説しているので、参考にしてみてください。

4.転職市場における28歳の立ち位置を掴んでおく

転職市場における28歳の価値を把握し、自身の立ち位置を明らかにしておくことも大切です。「企業は28歳の人材に何を期待するのか」を知ったうえで、「今の自分に企業のニーズを満たすスキルや経験はあるか」を考えてみましょう。適職探しや採用選考での自己アピールに活かせるはずです。

自分の市場価値や強みが分からない方は、転職エージェントを利用するのがおすすめ。転職事情や業界の動向に詳しいプロのアドバイザーが、一人ひとりの適性や経歴に合ったサポートをしてくれます。

28歳は社会的にみてどのような時期?

22歳で新卒入社したと考えると、28歳は社会人6年目にあたる時期です。基礎的なビジネススキルや業務上の知識は一通り習得したものとみなされ、部下を指導・育成するためのリーダー業務を任される人も少なくないでしょう。28歳は、20代という若さを評価されるだけでなく、会社の中枢を担う人材への成長を期待される年齢であるともいえます。

5.転職サイトやエージェントを有効活用する

28歳での転職を実現するには、転職サイトやエージェントといったサービスを有効活用しましょう。転職サイトには、全国各地の幅広い求人が掲載されています。28歳で未経験・スキルなしから応募できる求人も見つけやすいでしょう。

転職エージェントでは、求人紹介・書類作成のアドバイス・面接対策・応募企業の連絡などのサービスを受けられるのが魅力です。転職サイトとエージェントを併用すれば、より効率的に転職活動を進められるでしょう。

28歳で転職する3つのメリット

28歳で転職する3つのメリットの画像

新卒時に気づかなかった求人と出会えたり、企業とのミスマッチを防ぎやすかったりすることは、28歳の転職ならではのメリットといえます。この項では、28歳で転職するメリットについて詳しくまとめました。

28歳で転職するメリット

  • 新卒時には気づかなかった職種と出会える
  • 未経験で異業種に転職できる可能性が高い
  • ミスマッチを防ぎやすい

1.新卒時には気づかなかった職種と出会える

28歳で転職するときは、これまでの正社員経験を糧にできるため、新卒時には気づかなかった仕事や企業と出会える点がメリットです。前職を通してやりたいことや将来像が明確になっていれば、目標実現のための新たな視点で転職先を探せます。

やりたいと思える求人に出会えると、転職に対するモチベーションが上がり、積極的に行動できるのもポイントです。これまでに幅広い経験とスキルを積んできたことを活かし、自分の可能性を広げる一歩を踏み出せるでしょう。

2.未経験で異業種に転職できる可能性が高い

社会人経験を積んでいる28歳の方は、今後の成長を期待してもらえることから、未経験者も異業種に調整しやすいといえます。男女ともに年齢が若いほど転職先の選択肢は多い傾向です。28歳で未経験の仕事に就きたい方は、転職サイトで「未経験歓迎」の条件で絞り込んで求人を探してみましょう。

また、転職エージェントに登録し、これまでの経験を活かせるような未経験者歓迎の仕事があるか相談するのもおすすめです。転職エージェントでの相談が、思いもしなかった適性に気づくきっかけになる場合もあるでしょう。

3.ミスマッチを防ぎやすい

28歳は、これまでの経験を踏まえて自分の志向を定めやすいため、転職後のミスマッチを防ぎやすくなります。社会に出てから28歳までの間に仕事で経験したことを振り返り、転職先に求める条件を明確にすれば、自分に合った求人を取捨選択できるでしょう。理想に近い転職先を探したいと考えている28歳の方には、「転職先の効率的な探し方5選!自分に合う仕事を見つけるコツを解説」のコラムもおすすめです。

28歳で転職するデメリット

28歳で転職するデメリットの画像

28歳の転職には、「年収が下がる可能性がある」「経験不足を懸念される可能性がある」といったデメリットもあります。以下の内容を考慮したうえで転職を検討しましょう。

年収が下がる可能性がある

28歳で転職するときは、前職よりも年収が下がる可能性があります。特に未経験の仕事に転職する場合は、キャリアなしからのスタートとなるため、一時的に収入が下がることを考慮しておきましょう。

年収アップを目的に転職活動をする場合は、志望企業の給与水準だけでなく「資格手当」や「住宅手当」といった福利厚生の有無を確認します。また、「昇給制度」や「評価制度」といった収入に関する項目も事前に調べておくのがおすすめです。自分のイメージに近い仕事に転職して年収アップを叶えたい方は、求人情報や各業種の給与水準に精通している転職エージェントを利用すると良いでしょう。

経験不足を懸念される可能性もある

28歳から未経験業界・職種に転職する場合、企業から経験不足を懸念される可能性もあります。自分のスキルや経験が志望企業の求めるレベルに達していなければ、選考で不利になってしまうでしょう。ミスマッチを避けるには、事前の企業研究を徹底し、企業がどのような人材を求めているのか、自分の経験を発揮できる職場かを把握するのが得策です。

メリット・デメリットを踏まえて転職を決断しよう

28歳で転職すべきかどうか迷っている方は、メリットとデメリットを踏まえたうえで検討しましょう。自分にとって転職するメリットがデメリットを上回ると思うのであれば、転職活動に踏み切ることをおすすめします。「転職に迷うときにやるべきことを解説!やめたほうがいい?判断基準も紹介」のコラムも参考に、自分が納得できる決断をしましょう。

28歳で転職回数が多いと求職活動は難しい?

28歳で転職回数が多いと求職活動は難しい?の画像

28歳で転職回数が多いと、選考で不利になる場合もあるのが現状です。下記では、どのような状況が不利となるのか、どうすれば打破できるのかを解説します。

28歳の転職難易度は回数を重ねるにつれて上がる

28歳時点での転職の回数が多いほど、採用されるハードルは上がるでしょう。たとえば、大卒で新卒入社した人が28歳で3回以上の転職をしているとすると、1つの会社の在籍期間は1~2年ほど。在籍期間の短さから「十分な経験やスキルを積み上げられていないのでは」「またすぐに辞めてしまうのでは」と捉えられてしまいます。

28歳で転職回数が多いなら不安要素を払拭しよう

28歳で3回目以降の転職を成功させるには、採用担当者の懸念を払拭することが大切です。下記に挙げる懸念点を解消できるよう、アピール方法を工夫しましょう。

「28歳で複数回転職=忍耐力不足」ではないか

28歳で転職回数が多いと、採用担当者に「ストレス耐性や忍耐力がないのでは」「嫌なことがあるとすぐ辞めてしまいそう」と思われる可能性があります。選考では、退職や転職の理由を正直に説明し、自分の考え方と応募先企業の方向性がマッチしていることを伝えましょう。これまでの経歴における反省点を踏まえつつ、「本当にやりたいと思うことを実現したい」という熱意を交えれば、マイナス評価を避けることが可能です。

転職キャリアに一貫性がないのではないか

転職キャリアに一貫性がないと、採用担当者から「自己分析が不十分」「計画性がない」といった懸念を抱かれる恐れがあります。何らかの事情や目的があって「サービス業→建設業→不動産業」と転職していたとしても、企業側には「一貫性に欠ける職歴」として映る可能性も。28歳で異業種への転職を繰り返している場合は、志望動機を明確にして入社意欲や熱意を伝えましょう。
転職回数が多い場合の転職事情については、「転職3回目は厳しい?年代別のアプローチ方法や職務経歴書のポイントも解説」のコラムも参考にしてみてください。

3つの状況別!28歳で効率的に転職する方法

3つの状況別!28歳で効率的に転職する方法の画像

ここでは、28歳の転職者が効率的に転職する方法を状況別にご紹介します。経験やスキルの有無によって転職活動の進め方は変化するので、以下の内容をしっかりと押さえておきましょう。

1.未経験職種や異業種を目指す場合

未経験職種や異業種に転職したい28歳の方は、自己分析と企業研究を徹底的に行うことが大切です。志望する企業の情報や採用ニーズを研究し、自分の強みを活かせる環境かどうか考えてみることをおすすめします。企業が求めるスキルを有していない場合は、転職までの期間でどのように身につけるかを検討しましょう。

2.スキルなしで専門職を目指す場合

スキルなしから専門職を目指したい28歳の方は、資格取得を検討しましょう。資格取得に向けた勉強中の場合であっても、選考でその旨を伝えれば「仕事に対する意欲がある」「スキルを身につける姿勢がある」と評価してもらえる可能性があります。スキルなしからの転職を考えている方には、「スキルなしでも転職できる?年代別のやるべきことや転職市場を詳しく解説!」のコラムもおすすめです。

3.転職でキャリアアップしたい場合

28歳でキャリアアップを目的に転職する際は、これまでの経験やスキルが武器になります。前職で新人教育に携わっていたり、リーダー職に就いていたりした場合は、志望動機や自己PRに盛り込んでアピールしましょう。
また、28歳で役職経験があれば、キャリアアップを目指すうえでの理由付けとして説得力が増します。選考では、「なぜこの会社でキャリアアップを目指そうと思ったのか」という質問に対する回答も用意しておきましょう。

20代後半がエージェントで転職を成功させた体験談

20代後半がエージェントで転職を成功させた体験談の画像

この項では、エージェントを活用し、20代後半で転職を成功させた体験談をご紹介します。

26歳のKさんは、工場勤務から営業職への転職を成功された方です。「今後も野球と関わりをもちたい」という思いから、社会人野球のチームと提携している企業に入社。しかし、工場勤務のため個人が評価されにくく、仕事の手応えを感じないことから、2年ほどで転職を考えるようになったそうです。

「目標をもって仕事がしたい」という気持ちから、営業職に焦点を当てたKさん。とりあえず話を聞くだけ、という気持ちでハタラクティブにご相談くださいました。アドバイザーのヒアリングを受けて、6社の提案を3社まで絞り、面接の日程もスムーズに決まりました。

転職先として決めた企業では、営業としてどう働きたいかが定まっていませんでした。「働きながらやりたいことが決まるのではないか」という希望を見出せたのも、転職の決め手となっていたようです。

こちらの体験談の全文は、『「やりたいことやりなよ」先輩の言葉で営業職に転身!26歳、入社4年目の決意』でご確認ください。

28歳の転職は男女問わずライフイベントも考慮しよう

28歳の転職は男女問わずライフイベントも考慮しようの画像

28歳で転職する場合、男性・女性ともに結婚や子育てといったライフイベントにより、働き方が変わる可能性も考慮しておきましょう。特に女性は、出産前後にしばらく仕事を休まざるを得ない期間があります。男性も家庭環境が変わると、仕事に対する向き合い方に変化が生じるでしょう。
仕事とライフイベントを両立させるために着目しておきたいポイントを以下で解説しているので、参考にしてみてください。

理想のライフイベントを実現できる転職先を選ぼう

男性・女性を問わず、将来的に結婚や育児を視野に入れている28歳の方は、「ライフイベントが実現可能か」という視点を大切にしながら転職活動に取り組みましょう。
具体的には、「子育てサポート制度は充実しているか」「時短勤務は可能か」といった要素を、事前にチェックしておくことをおすすめします。面接でライフイベントについて確認された場合は、「仕事と私生活を両立しながら頑張っていきたい」と熱意をアピールすると効果的です。

結婚を視野に入れている方の転職は、「転職後の結婚はタイミングとして正しい?メリットとデメリットを解説」や、「転職時期として最適なのはいつ?女性におすすめの年代やタイミングを紹介」でも触れているので、あわせてご一読ください。

仕事と私生活の両立を支援する行政サービスもある

厚生労働省の「育児・介護と仕事の両立」のページには、仕事と私生活の両立を目指す方を支援するWebサイトが掲載されています。紹介されているWebサイトでは、育児休業を取得する方法や休業中に得られる支援、短時間勤務制度の概要などの情報を得ることが可能です。
 

参照元
厚生労働省
育児・介護と仕事の両立

「転職で未経験の仕事に就きたい」「仕事と私生活の両立について相談したい」とお考えの28歳の方は、転職エージェントの利用がおすすめです。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンであなたの転職をサポートいたします。キャリアアップや収入アップ、ワーク・ライフ・バランスの実現などの希望条件を汲み取り、最適な求人をご提案。転職で何を叶えたいのか、今後どのような生活を送りたいのかを相談できるので、一人で仕事探しをするよりも効率的に求職活動を進められますよ。

28歳での転職に関するお悩みQ&A

ここでは、転職を検討中の方によくあるお悩みをQ&A方式でご紹介します。

28歳で転職するのは遅いですか?

遅いことはありません。社会人としての経験を積み、専門的なスキルを磨いた28歳は、転職を考えやすいタイミングといえます。転職活動で必要となるポイントをしっかりと掴み、採用担当者へ熱意を伝えられれば、転職成功につながるでしょう。
このコラムの「28歳での転職を成功させるための5つのポイント」を参考に、理想の転職を実現する方法を掴んでみてください。

28歳から公務員を目指せますか?

公務員試験に受かれば、28歳から公務員になることが可能です。しかし、公務員の種類によっては、28歳が募集対象外となる場合もあるので注意しましょう。公務員は区分ごとに採用条件が異なり、「○○歳以上○○歳以下」のように年齢制限が設けられているからです。
また、教員や看護師、保育士などの公務員の場合、それぞれの専門資格が求められます。詳しくは、「公務員に転職したい!応募条件や成功のポイントを解説」の内容をご覧ください。

現在28歳の高卒者は転職できますか?

可能です。学歴より経験を重視する企業なら、28歳の高卒者も選考で評価されやすくなります。「高校卒業後、10年間正社員として働いている」といった経歴がアピール材料になるでしょう。「△△の経験年数◇年以上」といった実績があれば、選考で有利になる可能性もあります。
高卒の転職は厳しい?おすすめの仕事は?内定のコツや求人の探し方も紹介!」のコラムでは、高卒者の転職事情をまとめているので、あわせて確認してみましょう。

28歳から始める仕事でおすすめの職業は?

営業やSE、介護職などがおすすめです。これらの職種なら、未経験やキャリアなしから挑戦しやすい求人が多く、教育制度も充実している傾向にあります。28歳で未経験の仕事に転職したいと考えている方は、「未経験者におすすめの業種は?転職成功のコツや内定を得やすい職種も解説」のコラムもチェックしてみてください。

転職回数が多いときの伝え方を教えてください

採用担当者が転職回数の多さに懸念を抱かないよう、目的をもって転職している旨を伝えましょう。たとえば、「△△というキャリアビジョンのために必要な経験が積めると思い、転職いたしました」といった回答がおすすめです。「転職回数が多いのは不利?経験を上手にアピールしよう」のコラムでは、採用担当者の好印象につながる伝え方をご紹介しています。
面接対策が不安な方は、転職エージェントのハタラクティブへご相談ください。

この記事に関連するタグ