28歳で転職は遅い?3つのメリットと男女ともに就職を成功させるコツ

28歳で転職は遅い?3つのメリットと男女ともに就職を成功させるコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・28歳で転職を目指しても遅くない
  • ・28歳の転職者は経験がある分需要が高い
  • ・28歳で未経験の分野にも転職できる可能性がある
  • ・転職回数が多い若い世代は転職が不利になる場合がある

28歳で転職をしようと思っている人の中には、すでに転職のタイミングとして遅いのではないかと不安に感じてしまう人もいるでしょう。しかし、28歳の転職はいろいろな理由によって、企業から需要のある人材と受け止められることも多くあります。このコラムでは、その28歳の転職ならではのメリットや転職活動を成功させるコツなどをご紹介します。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

28歳で転職は遅い?

「転職しやすいのは20代前半まで」といった話を聞いたことがある人は多いようですが、実際には28歳での転職が遅いことはありません。
年齢を重ねるごとに、採用ニーズは狭まる傾向はあります。しかし、前職までのキャリアを重視する会社も多いため、28歳の転職が必ずしも遅いとはいえないでしょう。

28歳での転職はキャリア形成の観点から見ても需要が高い

20代後半は、ある程度の実務経験を積んでいるうえに、まだまだ伸びしろが期待できる年齢です。そのため、28歳に対して積極的な採用を考えている企業は多くあります。
たとえば、仕事を覚える時間は個人差や教育体制、業務内容によって異なるもの。しかし、28歳ならば、社会人として最低限必要なマナーと業務に必要なスキルなどはある程度身についていると考えられます。特に同業種からの転職であれば、即戦力になり得るでしょう。そのうえ、応募者の能力やキャリアプラン、会社側の教育体制などによっては、転職によるキャリアアップやキャリアチェンジも期待できます。
このように、28歳は転職市場において需要を見込める年齢といえます。とはいえ、転職活動を先延ばしにして年齢が上がってしまえば、転職先の選択肢が減るリスクも。28歳での転職を成功させられるよう、早期に活動を始めることをおすすめします。自分のキャリアプランを見つめ直し、どんな場所でどのように活躍したいかというビジョンを定めておきましょう。

28歳の転職需要や年齢におけるリミットについて知りたい方は、「28歳の転職は有利?転職適齢期と転職成功のコツ」もご覧ください。

28歳で転職する場合の3つのメリット

28歳で転職する具体的なメリットは、主に下記の3つが挙げられます。

1.28歳の転職ならキャリアやスキルを武器にする

28歳は一通り社会人としての基礎が身についているため、一定のキャリアを積んでいる方はもちろん、仕事で実績を残している方はそれが武器になるでしょう。人によっては新人教育に携わっている方や、チーフ・リーダー職に就いている場合もあります。
ポテンシャルが十分あるのにくわえて、このような実績・役職をアピールできるのは28歳の転職ならでは。仕事に対する意欲だけでなく、「実績」という説得力のあるアピール材料を武器に転職活動ができるのは、大きなメリットです。

2.28歳の転職は新卒就活とは異なる職種に出会える

28歳の転職であれば、タイミング次第では本当にやりたかった仕事にも出会えるでしょう。基本的に中途採用は欠員の補充という面が強いため、一括の新卒採用時には募集していなかった業種の採用を開始していることもあります。
また、業種によっては新卒での雇用を行っておらず、ある程度の経験やスキル、資格を募集要項としている場合も。このような業種にチャレンジできる可能性があることも、スキルや経験を積んだ28歳の転職ならではといえるでしょう。

3.28歳での転職はミスマッチが起こる可能性が低い

20代前半は自分がどのような仕事に就きたいのか分からないという方もいますが、28歳ともなると経験を踏まえて自分の志向を定められるため、入職後にミスマッチを引き起こす可能性が低くなります。
ミスマッチによる早期退職は会社側も不安を抱くポイントです。その懸念が少ない28歳の転職は、採用する企業側にとってもメリットといえるでしょう。

28歳で未経験の職種に転職するには?

28歳で未経験の職種への挑戦でも、業界や求人によっては転職できる可能性は十分あります。転職成功の確率を高められるよう、ここでは企業が28歳の転職者に求めることが多いスキルを見ていきましょう。

1.未経験の職種に転職したければ企業研究を念入りに

未経験の職種に転職したい28歳の方は、志望企業についてや採用ニーズをよく研究することが大切です。そのうえで、それを満たす強みが自分にあるか、なければどうやって身につけるかなどを具体的に考え、転職を成功させるべく必要な行動に移していきましょう。

2.未経験分野では自己PRにも特に力を入れよう

未経験の分野へ転職する場合は、自己分析やスキルや経験の棚卸などを行い、しっかりその分野で活かせるアピールポイントを見つけて自己PRを作成しましょう。指導力やコミュニケーション能力、熱意などは多くの仕事で共通しているため、自己PRにはこれらの要素を含めると良いです。

志望企業に合ったスキルのほかにも「ポータブルスキル」を身に付けよう
28歳で特筆すべきスキルがなくても、ビジネスで必要となる「ポータブルスキル」が備わっていれば、転職活動で評価してもらえることがあります。ポータブルスキルとは、会社や業界、時代にとらわれず、どんな場面でも通用する力のことです。主に人柄や基本的なビジネススキルのことを指します。
ポータブルスキルを身につけている28歳の転職者は、変化に強く異なる環境下でも柔軟に適応できるため、「すぐに職場や業務に馴染んでくれそう」と企業側から期待されやすいでしょう。
また、28歳で実務経験やスキルがなくても、資格をすでに持っていたり、資格取得を目指していたりする場合は、「仕事に対する意欲がある」と見なして関心を示す企業もあります。採用担当者によっては「これからスキルを身につけてくれる・磨いてくれる」と考え、高く評価するようです。

28歳で公務員への転職は目指せる?

公務員の採用試験に受かれば、28歳で公務員への転職も可能です。民間企業から公務員に転職したいと考えている方は、公務員採用試験の合格を目指しましょう。
ただし、公務員採用試験の受験資格には、年齢制限が設けられています。国家公務員なら30歳前後、地方公務員なら25~35歳前後を年齢上限にしている場合が多いようです。28歳を過ぎ年齢が高くなるにつれ、受けられる公務員採用試験の数は減っていきます。公務員に転職できる可能性を狭めないためにも、早めに行動へと移すのが適策です。
公務員採用試験の受験要項は、試験の種類や自治体によって異なります。28歳で公務員を目指すなら、自身の志望する公務員採用試験の詳細について、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

28歳からの転職で公務員を目指したい方は、「公務員とはどんな職業?転職を目指す前に知っておくべきこと」のコラムも併せてご参照ください。

28歳で転職が多いと不利になる?

28歳で転職回数が多いと、選考で不利になる場合もあります。下記のポイントを押さえて、転職を成功させる可能性を高められるよう、意識しながら活動してみましょう。

28歳の転職は2回目より3回目以降が厳しく見られる

28歳で転職が2回目までであれば、選考に大きな影響が出ることは少ないでしょう。
しかし、4年制大学からの新卒入社で3回目以降の転職となると、1つの会社に留まっているのは1年か2年程度の計算になります。28歳といっても、業務に必要とされる十分な経験やスキルを積み上げられていない、ストレス耐性や辛抱が足りないと判断され、採用選考で不利に働くこともあり得るでしょう。

28歳で転職回数が多いなら企業の不安払拭が必要

28歳で3回目の転職を成功させるには、採用担当者の不安を払拭することが重要です。転職活動では、下記に挙げたような採用担当者の懸念点を解消できるよう、アピールの仕方を工夫しましょう。

「28歳での複数転職=忍耐力不足」ではないか

28歳で転職回数が多い場合、採用担当者に「短期間のうちに転職を繰り返しているのは忍耐力不足なのでは」と思われる可能性が高いと考えられます。「入社してもすぐに辞めてしまうかも」という不安や、「責任の重い仕事は任せづらい」というデメリットを感じさせてしまう恐れもあるでしょう。
28歳で複数の転職経歴を持つ方は、つらいことや嫌なことがあると逃げ出す癖があると見なされないよう、自己アピールでマイナスイメージを払拭することが肝心です。選考では、自身の退職や転職の理由をごまかさずに伝えるとともに、ストレス耐性があることも証明できると良いでしょう。

転職キャリアに一貫性はあるか

28歳で3回目の転職となると、異業種を転々と渡り歩いている人もいるでしょう。本人の中ではすべて納得のいく転職だったとしても、企業側には「一貫性に欠ける職歴」として映ることもあり得ます。採用担当者に「自己分析ができていない」「キャリアプランがない」といった懸念を抱かせる恐れも。
もし28歳で異業種への転職を繰り返している場合は、自身の今後のキャリアについて一度冷静に考える必要があります。一方で、同じ業種で働いていたり、前職の経験やスキルを活かせる転職をしていたりすれば、「キャリア形成に一貫性がある」と評価を得られる可能性もあるでしょう。

転職回数が多いのは企業理解が不足しているのではないか

28歳までに何回も転職を経験していれば、業界や企業研究不足を疑われる恐れもあるでしょう。企業側は、入社後のミスマッチによる退職のリスクを防ぎたいと考えています。28歳で複数回の転職歴を持つ方は、転職先とのミスマッチを引き起こさないよう、業界・企業研究を綿密に行うことが大切です。選考を受ける際には、応募先企業への理解と入社意欲を明確に示してアピールしましょう。

28歳の高卒者は学歴より経験重視の企業への転職が狙い目

学歴より経験を重視する企業であれば、28歳の高卒者でも選考で評価されやすくなります。「高校卒業後、10年間社会人として働いている」といった経歴がアピール材料になり得るでしょう。
28歳までに転職回数が多過ぎると懸念を抱かれる恐れもありますが、「△△の経験年数△年以上」といった実績を伴う経歴を持つ場合は、大卒者よりも選考が有利になる可能性もあります。

28歳で転職を成功させるために優先順位をつけよう

転職はその後の人生に大きな影響を与えるため、転職をする際は自分が何を重要視しているのかを考え、優先順位を明確にしておくことが大切です。
また、転職をする際には、どのようなことを優先すべきかも事前に把握しておきましょう。

ワークライフバランスを重視するのか

仕事をバリバリとこなすよりもワークライフバランスを充実させたい方は、家賃補助や子育て支援などの生活をサポートしてくれるような福利厚生が充実した企業を選ぶと良いでしょう。また、給料や休日、転勤などの労働環境や条件などについても企業選びの判断材料にすると希望の企業を絞り込みやすくなります。

やりがいを重視するのか

いくら労働環境や条件が良く、福利厚生が充実していても、やりがいを感じなければ仕事が続けられないという方もいます。そのような場合は、仕事内容やその仕事をすることで成長できるかなどを判断材料にし、やりがいを重視して転職先を選ぶようにしましょう。

転職の目的の整理については、「転職の目的を整理しよう!面接で答える場合の例文も紹介」のコラムも参考にしてみてください。

28歳のキャリアチェンジは転職エージェントが有効

28歳での転職を叶えるには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。仕事をしながら限られた時間の中、1人で転職活動を進めるのは思った以上に負担が掛かるもの。特に現職が忙しい職場の場合、転職活動のために使える時間は少ないと考えられるでしょう。
求人探しや応募書類の作成、面接対策、複数企業の面接日程調整など、すべてを仕事と両立するのは大変です。そのため、28歳の転職活動はなかなかすべてに手が回らず、気づけば応募したかった求人が締め切られていたということもあるでしょう。
転職エージェントでは、求人紹介にくわえて、転職活動に必要な作業を全面的にサポートしてもらえます。専任のスタッフが付き、書類の添削や面接対策、企業との連絡・交渉といったフォローを受けられるのが一般的。28歳の転職活動をより効率的に進められる可能性があります。現在では、求職者の年齢層や業種・職種に特化したエージェントも増えているため、複数のエージェントを併用してみるのも良いでしょう。

28歳はまだ若い世代ということもあり、これまでに転職を経験したことがなく、どう転職活動を始めればよいか分からないという人もいるのではないでしょうか。そのような方はハタラクティブの活用を検討してみましょう。
20代に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、若年層向けの正社員求人を紹介しており、数多くの業種や職種の中から、適性や希望に合わせた求人の提案を行います。もちろんサービスはすべて無料なので、転職活動が初めてで不安という方は気軽に相談してみてください。

28歳の転職に関するお悩みFAQ

ここでは、28歳ならではの転職に関する悩みに対して、FAQ方式で回答します。

転職回数が多いときの具体的な伝え方を教えてください。

採用担当者が転職回数の多さに気を取られないよう、「目的のある転職をしている」ことを伝えることが大切です。具体的には、「私には△△というキャリアビジョンがあります。それに必要な経験が積めると思い、転職いたしました」といった具合です。詳しくは「転職回数が多いのは不利?経験を上手にアピールしよう」に印象が良くなる伝え方をご紹介しています。

28歳から公務員を目指せますか?

28歳で公務員を目指すことも可能です。しかし、自分が就きたい部署も28歳を募集対象としているかは調べてみないと分かりません。公務員は課ごとに採用条件が異なるため。「◯歳以上◯歳以下」のように年齢制限がかけられている場合もあるからです。「公務員に転職したい方必見!応募条件や成功のポイントを解説」で詳しい内容を確認してください。

異業種へ挑戦する場合、28歳で就職しやすい仕事はありますか?

介護・福祉やIT業界は全体の発展が目覚ましく、介護職やSE(システムエンジニア)、PG(プログラマー)などの求人のニーズも比例するように高くなっています。未経験者向けの教育体制も整えられており、28歳からチャレンジしやすいといえるでしょう。「20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます」ではほかの業種についてもふれているため、ぜひ参考にしてください。

転職で失敗しないためにはどうしたら良いですか?

心身に影響がある場合を除き、できれば転職先が決まる前に退職するのは避けましょう。転職活動が長引くと精神的・金銭的な焦りが出てしまい、「どこでも良いから転職したい」と「就職の軸」がブレる可能性も高まります。また、業界・企業研究は時間をかけて行ってください。口コミなども参考にすると良いでしょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION