新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 28歳で転職は遅い?スキルなしで未経験分野へキャリアチェンジするコツ

28歳で転職は遅い?スキルなしで未経験分野へキャリアチェンジするコツ

公開日:

最終更新日:

28歳で転職は遅い?スキルなしで未経験分野へキャリアチェンジするコツの画像

 

【このページのまとめ】

  • ・28歳の転職では、経験とキャリア形成を重視した採用ニーズを見込める
  • ・28歳から年齢を重ねると採用ニーズは狭まりがちなため、早めに転職活動を始めよう
  • ・28歳の転職のメリットは「経験をアピールできる」「ミスマッチが起こりにくい」など
  • ・28歳でスキルなしの転職なら異業種・未経験者歓迎の仕事がおすすめ
  • ・28歳で2回目や3回目の転職活動でも、不安材料を除けば採用される可能性がある

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「28歳で転職活動を始めても遅いのでは」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。実は28歳という年齢は、ポテンシャルと実務経験の豊富さを期待されやすく、性別を問わず需要が高い傾向にあります。
このコラムでは、28歳ならではのメリットや活動方法などをご紹介。スキルなしや2回目・3回目の転職活動についても解説していますので、年齢をネックに感じて踏み出せない方はぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

28歳で転職は遅い?

「転職しやすいのは20代前半まで」といった話を聞いたことがある人は多いようですが、実際には28歳での転職が遅いことはありません。
確かに年齢を重ねるごとに、採用ニーズは狭まる傾向にあります。しかし、これまでのキャリアを重視する会社も多いので、28歳の転職が必ずしも遅いとはいえないでしょう。

キャリア形成の観点から28歳での転職需要は高い

20代後半は、ある程度の実務経験を積んでいるうえに、まだまだ伸びしろが期待できる年齢です。そのため、28歳に対して積極的な採用を考えている企業は多くあります。
たとえば、仕事を覚える時間は個人差や教育体制、業務内容によって異なるもの。しかし、28歳ならば、社会人として最低限必要なマナーと業務に必要なスキルなどはある程度身についていると考えられます。特に同業種からの転職であれば、即戦力になり得るでしょう。そのうえ、応募者の能力やキャリアプランと、会社側の教育体制・業務内容によっては、転職によるキャリアアップ・キャリアチェンジも期待できます。
このように、28歳は転職市場において需要を見込める年齢といえます。とはいえ、転職活動を先延ばしにして年齢が上がってしまえば、転職先の選択肢が減るリスクも。28歳での転職を成功させられるよう、早期に活動を始めることをおすすめします。自分のキャリアプランを見つめ直し、どんな場所でどのように活躍したいかというビジョンを定めておきましょう。

28歳の転職需要や年齢におけるリミットについて知りたい方は、「28歳の転職は有利?転職適齢期と転職成功のコツ」もご覧ください。

28歳で転職する場合の3つのメリット

28歳で転職する具体的なメリットは、主に下記の3つが挙げられます。

1.28歳の転職ならキャリアやスキルを武器にできる

28歳はひととおり社会人としての基礎が身につき、業務経験も豊かになる年齢。転職に際して、一定のキャリアを積んでいる方はもちろん、仕事で実績を残している方も多いでしょう。人によっては新人教育に携わっている方や、チーフ・リーダー職に就いている場合もあります。
ポテンシャルが十分あるのにくわえて、このような実績・役職をアピールできるのは28歳の転職ならでは。仕事に対する意欲だけでなく、「実績」という説得力のあるアピール材料を武器に転職活動ができるのは、大きなメリットです。

2.28歳の転職は新卒就活とは異なる職種に出会える

基本的に中途採用は欠員の補充という面が強いため、一括の新卒採用時には募集していなかった業種の採用を開始していることもあります。28歳の転職なら、タイミング次第では本当にやりたかった仕事にも出会えるでしょう。
また、業種によっては新卒での雇用を行っておらず、ある程度の経験やスキル、資格を募集要項としている場合も。このような業種にチャレンジできる可能性があることも、スキルや経験を積んだ28歳の転職ならではといえるでしょう。

3.28歳での転職はミスマッチが起こる可能性が低い

新卒入社を含め、20代前半は自分がどのような仕事に就きたいのか分からないことが多いようです。中には、就職・転職でミスマッチを繰り返す人も。しかし、28歳ともなると経験を踏まえて自分の志向を定められるため、入職後にミスマッチを引き起こす可能性が低くなります。
ミスマッチによる早期退職は会社側も不安を抱くポイント。その懸念が少ない28歳の転職は、採用する企業側にとってもメリットといえるでしょう。

28歳スキルなしでも転職できる?

28歳でスキルなしでも、業種や求人によっては転職できる可能性は十分あります。転職成功の確率を高められるよう、この項で企業が28歳の転職者に求めることが多いスキルを見ていきましょう。

28歳での転職は即戦力を求められる

28歳の転職は、ポテンシャルより即戦力を求められるのが一般的な傾向。そのため、スキルを持たなければ選考でほかの応募者に引けを取ることもあり得ます。何もアピールできる材料がないまま応募を続けてしまうと、転職活動期間が長引きかねません。
スキルがないと感じる28歳の方は、転職にあたって志望企業の採用ニーズをよく研究・把握することが大切です。そのうえで、それを満たす強みが自分にあるか、なければどうやって身につけるかなどを具体的に考え、転職を成功させるべく必要な行動に移していきましょう。

企業が28歳の転職者に求めるスキルとは?

ここでは、企業が28歳の転職者に求める主なスキルを挙げています。「スキルがない」「職種を転々としていて経験も浅い」と不安な方は、下記を参考に転職活動を進めてみましょう。

28歳転職者が身につけている業務に必要なスキル

28歳で転職する場合、業務で必要とされるスキルを求められることが多いでしょう。プログラマーであればプログラミングスキル、営業職ならコミュニケーション力や傾聴力など、問われるスキルは職種によってさまざまです。「自分にはスキルも経験もない」と思っていても、自分の長所や特技とマッチするスキルを募集している企業に出会える可能性もあります。そのため、志望先のWebサイトや求人資料などはこまめにチェックしておくと良いでしょう。

28歳転職者ならではの「ポータブルスキル」

28歳で特筆すべきスキルがなくても、ビジネスで必要となる「ポータブルスキル」が備わっていれば、転職活動で評価してもらえることがあります。ポータブルスキルとは、会社や業界、時代にとらわれず、どんな場面でも通用する力のこと。主に人柄や基本的なビジネススキルのことを指します。ポータブルスキルを身につけている28歳の転職者は、変化に強く異なる環境下でも柔軟に適応できるため、「すぐに職場や業務に馴染んでくれそう」と企業側から期待されやすいでしょう。

28歳転職者が取得した業務に活かせる資格

28歳で実務経験やスキルがなくても、資格をすでに持っていたり、資格取得を目指していたりする場合は、「仕事に対する意欲がある」と見なして関心を示す企業もあります。採用担当者によっては「これからスキルを身につけてくれる・磨いてくれる」と考え、高く評価するようです。
ただし、業種に関連する資格でなければ、転職活動で有利に働く可能性は低いでしょう。28歳スキルなしでの転職は、志望する業界や企業について研究し、求められている資格の取得を目指すことが有効といえます。

28歳の転職なら異業種・未経験者歓迎の仕事もある

28歳でスキルがない人には、一から教えてもらえる「未経験者歓迎」を掲げる仕事への転職がおすすめです。未経験者歓迎の求人は、スキルや経験、学歴などが問われず、マニュアル・指導も分かりやすく整えられていることが多いもの。このような場合、企業が応募者の人柄や熱意を採用の判断基準としている可能性が高いため、28歳でスキルなしでも転職しやすいといえるでしょう。

28歳は就職できない?職歴なしのニート・フリーターから正社員になる方法」では、スキルなしでも挑戦しやすい職種についてご紹介しています。

28歳で公務員への転職は目指せる?

公務員の採用試験に受かれば、28歳で公務員への転職も可能です。民間企業から公務員に転職したいと考えている方は、公務員採用試験の合格を目指しましょう。
ただし、公務員採用試験の受験資格には、年齢制限が設けられています。国家公務員なら30歳前後、地方公務員なら25~35歳前後を年齢上限にしている場合が多いようです。28歳を過ぎ年齢が高くなるにつれ、受けられる公務員採用試験の数は減っていきます。公務員に転職できる可能性を狭めないためにも、早めに行動へと移すのが適策です。
公務員採用試験の受験要項は、試験の種類や自治体によって異なります。28歳で公務員を目指すなら、自身の志望する公務員採用試験の詳細について、あらかじめ確認しておくようにしてください。

28歳で転職が2回目や3回目だと不利になる?

28歳で転職回数が多いと、選考で不利になる場合もあります。下記のポイントを押さえて、転職を成功させる可能性を高められるよう、意識しながら活動してみましょう。

28歳の転職は2回目より3回目以降が厳しく見られる

28歳で転職2回目であれば、1カ所での勤続年数は長い計算になり、企業が求める経験や実績を満たしていると期待できます。そのため、選考に大きな影響が出ることは少ないようです。
しかし、4年制大学からの新卒入社で3回目の転職となると、1つの会社に留まっているのは1~2年の計算になります。28歳といっても、業務に必要とされる十分な経験やスキルを積み上げられていない、ストレス耐性や辛抱が足りないと判断され、採用選考で不利に働くこともあり得るでしょう。

28歳で転職回数が多いなら企業の不安払拭が必要

28歳で3回目の転職を成功させるには、採用担当者の不安を払拭することが重要です。ここでは、採用担当者が転職回数が多い応募者に対して抱きやすい不安をまとめました。転職活動では、下記に挙げたような採用担当者の懸念点を解消できるよう、アピールの仕方を工夫しましょう。

「28歳での複数転職=忍耐力不足」ではないか

前述したように、28歳で転職回数が多い場合、採用担当者に「短期間のうちに転職を繰り返しているのは、忍耐力不足なのでは」と思われる可能性が高いと考えられます。「入社しても、すぐに辞めてしまうかも」という不安や、「責任の重い仕事は任せづらい」というデメリットを感じさせてしまう恐れも。
28歳で複数の転職経歴を持つ方は、つらいことや嫌なことがあると逃げ出す癖があると見なされないよう、自己アピールすることが肝心です。選考では、自身の退職や転職の理由をごまかさずに伝えるとともに、ストレス耐性があることも証明できると良いでしょう。

28歳までの転職キャリアに一貫性はあるか

28歳で3回目の転職となると、異業種を転々と渡り歩いている人もいるでしょう。本人の中ではすべて納得のいく転職だったとしても、企業側には「一貫性に欠ける職歴」として映ることもあり得ます。採用担当者に「自己分析ができていない」「キャリアプランがない」といった懸念を抱かせる恐れも。
もし28歳で異業種への転職を繰り返している場合は、自身の今後のキャリアについて一度冷静に考える必要があります。一方で、同じ業種で働いていたり、前職の経験やスキルを活かせる転職をしていたりすれば、「キャリア形成に一貫性がある」と評価を得られる可能性もあるでしょう。

28歳で転職回数が多いのは企業理解が不足しているのではないか

28歳で何回も転職を経験していれば、業界・企業研究の不足を疑われる恐れも。企業側は、入社後のミスマッチによる退職のリスクを防ぎたいと考えています。そのため、転職を繰り返している応募者に対して、「企業理解が足りないのが原因では」「入社後に不満を感じて、また辞めてしまうかも」と不安を覚える採用担当者もいるはず。
28歳で複数回の転職歴を持つ方は、転職先とのミスマッチを引き起こさないよう、業界・企業研究を綿密に行うことが大切です。選考を受ける際には、応募先企業への理解と入社意欲を明確に示してアピールしましょう。

28歳での転職を成功させたい方は、「転職は20代後半でするべき?成功のポイント」もご参考にしてください。

女性も28歳で転職できる?

特別な理由がある場合を除き、女性と男性で採用結果が変わることはほとんどありません。とはいえ、20代、30代の女性はライフステージに変化が起きることも。家庭やキャリアプランについてイメージしたうえでの転職活動をおすすめします。

28歳の転職で性別が採用に影響することは少ない

近年は一般的に、採用の場面を問わず性別で対応を変えるのは性差別とされています。女性の力では対処が困難な力仕事や体力必須の仕事であるなどの特別な理由がない限り、性別で採用の可否が変わることは少ないでしょう。そのため、28歳の女性も転職しやすいといえます。
ただし、冒頭で述べたとおり、年齢が上がるほど採用ニーズは下がる傾向です。男女を問わず、28歳以降は年を重ねるにつれ、転職が難しくなっていくことを理解しておきましょう。

28歳の女性は結婚や出産も考慮しつつ転職活動しよう

前述したように、28歳の女性は、自身のライフプランも考慮したうえで、転職活動を進めることをおすすめします。
女性の場合は20代、30代で結婚や出産、育児などによりライフステージが大きく変わる人も少なくありません。家庭を持ちたい方は、28歳の転職時に将来を踏まえて、自身の想定し得るライフスタイルの変化に合った職場探しを意識すると良いでしょう。志望企業に働き方をサポートしてくれる制度や取り組み、実績があるのかなどを調べてみてください。
ただし、入社してすぐに寿退社や産休となると、企業側は再度採用活動を行う必要があります。企業が対応に困らないよう、早期退職や休職の可能性が前もって分かっている場合は、その旨を伝えたうえで転職活動を進めましょう。また、28歳の転職を経てキャリアアップを図りたい方は、応募先企業でどのような過程や手順を踏めばステップアップしていけるかを、事前に確認しておくと安心です。

28歳・高卒者が転職しやすい条件とは?

最終学歴が高卒の28歳の方も、転職のチャンスがあります。以下で、28歳の高卒者がどのような場合において転職しやすいのかを見ていきましょう。

28歳高卒者だと学歴重視の企業に転職できない場合も

募集要項に「4年制大学卒業者(◯年卒業見込み)」「大学院卒業者」と記載されている求人は、高卒だと応募できないことが多いでしょう。このような募集を行う企業の場合、「学歴よりも専門的なスキル・経験が重視される特定の職種」を除いて、28歳の高卒者が転職をするのは難しいと考えられます。そのため、まずは応募に必要な課程を修了する、専門的スキルを身につけるといった策を講じたうえでチャレンジしたほうが良いでしょう。

学歴不問なら28歳高卒での転職にチャンスはある

学歴不問の企業なら、28歳の高卒者が応募可能となるうえ、転職活動の選考においてこれまでの経験や実績を評価されやすくなります。「高校卒業後、8年間社会人として働いている」といった経歴がアピール材料になり得るでしょう。
28歳で転職回数が多過ぎると懸念を抱かれる恐れがありますが、数回程度の転職であれば問題視されることは少ないようです。特に「◯◯の経験年数◯年以上」といった実績を伴う経歴を持つ場合は、大卒者より選考が有利になる可能性もあります。

28歳のキャリアチェンジは転職エージェントが有効

28歳での転職を叶えるには、民間エージェントを活用するのがおすすめです。仕事をしながら限られた時間の中、1人で転職活動を進めるのは思った以上に負担が掛かるもの。特に現職が忙しい職場の場合、転職活動のために使える時間は少ないと考えられるでしょう。
求人探しや応募書類の作成、面接対策、複数企業の面接日程調整など…これらすべてを仕事と両立するのは大変です。そのため、28歳の転職活動はなかなかすべてに手が回らず、気づけば応募したかった求人が締め切られていた…ということも。
民間エージェントでは、求人紹介にくわえて、転職活動に必要な作業を全面的にサポートしてもらえます。専任のスタッフが付き、書類の添削や面接対策、企業との連絡・交渉といったフォローを受けられるのが一般的。28歳の転職活動をより効率的に進められる可能性があります。現在では、求職者の年齢層や業種・職種に特化したエージェントも増えているため、複数のエージェントを併用してみるのも良いでしょう。

28歳での転職成功を目指す方は、「28歳は仕事と人生の転機?辞めるならキャリアアップにつながる転職を!」もご参照ください。

28歳の転職に関するお悩みFAQ

ここでは、28歳ならではの転職に関する悩みに対して、FAQ方式で回答します。
 

転職回数が多いときの具体的な伝え方を教えてください。

採用担当者が転職回数の多さに気を取られないよう、「目的のある転職をしている」ことを伝えることが大切です。具体的には、「私には◯◯というキャリアビジョンがあります。それに必要な経験が積めると思い、転職いたしました」といった具合です。詳しくは「転職回数が多いのは不利?経験を上手にアピールしよう」に印象が良くなる伝え方をご紹介しています。

28歳から公務員を目指せますか?

28歳で公務員を目指すことも可能です。しかし、自分が就きたい部署も28歳を募集対象としているかは調べてみないと分かりません。公務員は課ごとに採用条件が異なるため。「◯歳以上◯歳以下」のように年齢制限がかけられている場合もあるからです。「公務員に転職したい方必見!応募条件や成功のポイントを解説」で詳しい内容を確認してください。

異業種へ挑戦する場合、28歳で就職しやすい仕事はありますか?

介護・福祉やIT業界は全体の発展が目覚ましく、介護職やSE(システムエンジニア)、PG(プログラマー)などの求人のニーズも比例するように高くなっています。未経験者向けの教育体制も整えられており、28歳からチャレンジしやすいといえるでしょう。「20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます」ではほかの業種についてもふれているので、ぜひ参考にしてください。

転職で失敗しないためにはどうしたら良いですか?

心身に影響がある場合を除き、できれば転職先が決まる前に退職するのは避けましょう。転職活動が長引くと精神的・金銭的な焦りが出てしまい、「どこでも良いから転職したい」と「就職の軸」がブレる可能性も高まります。また、業界・企業研究は時間をかけて行ってください。口コミなども参考にすると良いでしょう。

このコラムでは、28歳という年齢に着目して、転職に関する情報をご紹介してきました。もし転職を考えている方は、年齢だけにとらわれず「将来どのような自分になっていたいのか」という点について改めて考えてみることをおすすめします。実績や経験という強い武器を持つ「28歳」というタイミングを前向きに捉え、自身の納得できる転職を目指して動き出しましょう。

20代に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、若年層向けの正社員求人をご紹介。幅広い業種・職種の中から、あなたの適性や希望に合わせた求人をご提案いたします。
もちろん、今回のコラムにあるような28歳の求職者の方も大歓迎です。「転職活動が初めてで不安がある」「第三者目線のアドバイスがほしい」など、転職に関するあらゆるお悩みに対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ