転職エージェントのオンライン面談で服装は確認される?選び方のコツを解説

転職エージェントのオンライン面談で服装は確認される?選び方のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントのオンライン面談を受ける服装は基本的にスーツでも私服でもOK
  • 転職エージェントのオンライン面談では、自分の状況を踏まえた服装を選ぶと良い
  • 転職エージェントを利用する際は、カジュアル過ぎない服装を選ぶことも大切
  • 転職エージェントのオンライン面談は服装を含めマナーを守り、事前準備をして臨もう

「転職エージェントのオンライン面談で服装は見られるの?」と疑問を感じている方もいるでしょう。転職エージェントの面談は企業面接とは異なり、服装や身だしなみのチェックは行われません。このコラムでは、転職エージェントのオンライン面談で着る服装選びのポイントをご紹介します。また、転職エージェントの活用方法も解説。服装の疑問を解消し、転職エージェントを利用するコツを掴んで円滑な転職活動を行いましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェントのオンライン面談で服装は見られる?

転職エージェントのオンライン面談で服装は見られる?の画像

基本的に転職エージェントのオンライン面談で服装チェックは行われません。転職エージェントから服装の指定がない場合は、私服でもスーツでも問題ないでしょう。転職エージェントの面談では仕事の経歴や希望条件、志望業界などを確認されるので、常識の範囲内で自分がリラックスできる服装を選ぶのがおすすめです。

オンライン面談とは

オンライン(Web)面談とは、インターネット接続したパソコンやスマートフォンなどの画面上で行う面談形式です。ZoomやGoogle Meetといったツールを用いることが多いでしょう。2020年に流行した新型コロナウィルス感染症の影響で、オンライン面談を導入する転職エージェントが増えています。オンライン(Web)面談については、「オンライン面談について」をぜひ参考にしてみてください。

直接会って面談を受ける場合の服装は?

オンライン面談と同様に、対面形式の面談もスーツか私服かは問われません。基本的なマナーが守られていれば、どのような服装で臨んでも良いでしょう。転職エージェントに直接出向いて面談を受ける場合の服装については、「転職エージェントの面談での服装は?オンラインの場合の準備もご紹介」もぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントが面談をする目的

転職エージェントが面談をする目的は、「求職者の経歴」「就職・転職先に求める条件」「仕事上の強み」などを把握することです。面談の担当者は、ヒアリングを通して求職者の要望や適性を掴み、より精度の高い求人紹介へとつなげます。面談は、転職エージェントと求職者がお互いを理解し合う場です。担当者と良好な関係性を築くためにも、次項の「転職エージェントのオンライン面談で着る服装の選び方」で面談に適した服装のポイントを確認しておきましょう。
転職エージェントとは?複数に登録すべき?使うメリットや比較方法も紹介」では、転職エージェントの概要や総合型・特化型の特徴などを詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

転職エージェント経由で企業の面接に行く際の服装は?

転職エージェントを介して企業の面接に行く際は、スーツを着るのが基本です。転職エージェントの面談と企業の面接は異なるので、私服で行かないようにしましょう。「転職活動の服装はスーツが基本?面接で好印象を与える身だしなみを解説!」では、企業の面接におすすめな服装を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

転職エージェントのオンライン面談で着る服装の選び方

転職エージェントのオンライン面談で着る服装の選び方の画像

転職エージェントのオンライン面談に着ていく服装は、自分の状況を踏まえて選ぶと良いでしょう。また、節度を守り、相手に不快感を与えない服装を心掛けることも大切です。

服装1:スーツ

転職エージェントのオンライン面談を受けるにあたって、「服装に悩みたくない」「就活のプロに身だしなみをチェックしてほしい」という人は、スーツを選ぶと良いでしょう。転職エージェントの面談では、本人の希望次第で、転職活動や志望業界の傾向を踏まえた服装・身だしなみのアドバイスをもらえることがあります。スーツは自分の体型に合ったものを選び、着用の際はシワや汚れがないかを確認しましょう。転職エージェントの面談担当者に本来の自分を理解してもらえるよう、スーツを着ても緊張し過ぎないことが重要です。

スーツはこんな人におすすめ!

・服装に悩みたくない
・きちんとした印象を与えたい
・身だしなみのアドバイスが欲しい
・転職活動のモチベーションを上げたい
・仕事着(スーツ)で面談を受けたい

服装2:オフィスカジュアル

転職エージェントのオンライン面談でスーツか私服で迷ったら、オフィスカジュアルを意識した服装がおすすめです。オフィスカジュアルとは、オフィスワークに適した服装で、スーツをカジュアルダウンさせたスタイルを指します。基本的には、ジャケット・シャツ・パンツまたはスカートといった合わせ方が無難です。このコラムの「転職エージェントのオンライン面談におすすめな服装」では、オフィスカジュアルのポイントを男性・女性ごとの表にまとめているので、ぜひご覧ください。

オフィスカジュアルはこんな人におすすめ!

・固い印象は避けつつ、きちんとした印象を与えたい
・適度なリラックス感を得たい
・仕事着(オフィスカジュアル)で面談を受けたい

服装3:私服

「スーツだと過度に緊張してしまいそう」「気楽な気持ちで面談を受けたい」という場合は、私服を選びましょう。ただし、Tシャツやジーパンなどを着用するのは控えたほうが無難です。あまりにもラフな服装だと、転職エージェントの面談担当者から、就職への意欲やTPOに対する意識の低さを懸念される可能性があります。

私服はこんな人におすすめ!

・リラックスできる服装で気楽に臨みたい
・転職エージェントの「私服で」という指示通りにしたい
・仕事着(スーツやオフィスカジュアル以外)で面談を受けたい

転職活動をスムーズに進めるためには、担当者との信頼関係を築くことも重要です。転職エージェントのオンライン面談を受けるときは、相手や場への配慮を感じさせる服装を意識しましょう。

転職エージェントのオンライン面談におすすめな服装

ここでは、男性・女性ごとにオフィスカジュアルな服装のポイントを表にまとめました。転職エージェントのオンライン面談にオフィスカジュアルで臨もうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

  男性 女性
上着 ジャケット ジャケット、カーディガン
トップス ワイシャツ、ポロシャツ ワイシャツ、ブラウス、カットソー
ボトムス スラックス、チノパン パンツ、スカート
小物類 シンプル
ネクタイ未着用も可
シンプル

男性・女性ともに、ベーシックカラーで、柄や装飾が控え目な服装を選びましょう。男性の場合、ジャケットの下は襟付きのシャツかポロシャツがおすすめです。オンライン面談で相手に見えないからといって、下は部屋着といったような服装は避けるべき。スラックスやチノパンを合わせましょう。女性の場合はジャケットのほか、カーディガンもおすすめです。ボトムスとしてスカートを選ぶなら、膝丈やミモレ丈が適しています。
オフィスカジュアルとは?スーツでも良いの?男女別おすすめアイテムを紹介」も参考に、転職エージェントのオンライン面談で好印象なオフィスカジュアルを目指しましょう。

転職成功にはビジネスマナーの見直しも大切!

転職活動を成功させるには、服装だけでなく、ビジネスマナーを見直すことも大切です。転職エージェントのオンライン面談もビジネスシーンの一つであると捉え、丁寧な対応に努めましょう。ビジネスマナーに関する不安や疑問について、面談の担当者に相談するのも有効です。日ごろからマナーを意識した言葉遣いや振る舞いを心掛け、企業の面接本番で適切な行動が取れるような習慣を身につけておきましょう。

服装以外にも確認!転職エージェントを活用するコツ

服装以外にも確認!転職エージェントを活用するコツの画像

転職エージェントを利用する際は、服装以外にも「事前準備をしておく」「質問には正直に答える」といった点を押さえるのがコツです。それぞれのコツについて以下で確認し、転職エージェントを有効活用しましょう。

1.オンライン面談の準備を整えておく

転職エージェントのオンライン面談を受けるための準備はあらかじめ整えておきましょう。通信手段の事前チェックを行ったり、面談で話したい内容を事前にまとめておいたりすれば、転職エージェントの面談をより充実したものにできます。

オンライン面談に向けての準備

・通信環境や使用機器を確認する
・筆記用具の準備をする
・履歴書、職務経歴書を書いておく
・仕事の希望条件や確認事項をまとめておく

オンライン面談をするうえでの通信速度は10Mbps以上を目安にすると良いでしょう。パソコンやスマートフォンのほか、カメラやマイクが正常に動くかといった点も事前にチェックしておくと安心です。あらかじめ内容を記載した履歴書や職務経歴書を手元に用意しておけば、面談担当者とスムーズにやり取りできます。仕事の希望条件や転職エージェントへの確認事項などは事前に書き出しておき、面談当日の伝えそびれと聞き漏らしを防ぎましょう。
web面談とは?スマホでもOK?服装や背景の注意点も確認しよう」では企業のオンライン面談について紹介しているので、あわせてご参照ください。

2.転職理由や経歴は正直に話す

転職エージェントのオンライン面談では、転職理由や経歴を正直に話すのがおすすめです。自分の本心を伝えることで、転職エージェントの面談担当者はあなたに合った仕事や業界、職場環境を判断しやすくなります。転職理由をごまかしたり、嘘の経歴やスキルを伝えたりすると、結果的に自分に合わない求人案件の紹介を受ける恐れがあるので気をつけましょう。転職エージェントの面談は、企業による採用面接とは異なるため、無理に自分を良く見せようと思う必要はありません。

3.転職エージェントを併用している事実は伝えておく

転職エージェントを併用している場合は、オンライン面談でその旨を伝えておくと良いでしょう。面談では「ほかの転職エージェントに登録しているか」「現時点で応募している企業があるか」などを確認されることがあります。これは、求職者の転職活動状況を把握することで、重複した求人の紹介を避けたり、面接の日程調整の参考にしたりするためです。他社を利用しているからといって転職活動で不利になることはないので、転職エージェントの利用状況は事実を伝えておきましょう。

4.自分の強みは積極的にアピールする

仕事をするうえで自信のあるスキルや実績があれば、転職エージェントのオンライン面談でアピールしましょう。特に、成約件数や売上げ、社内表彰といった客観性のある実績は、積極的に伝えておくのがおすすめです。転職エージェントに自分の強みを知ってもらえば、就活対策の有効なアドバイスを受けられるでしょう。また、担当者が応募企業にあなたを推薦するときのアピール材料にもできるため、転職活動をスムーズに進められる可能性が高まります。

5.興味のない求人は断って良い

転職エージェントから紹介された求人案件は、興味が持てなければ断っても問題ありません。断る際はその理由をしっかりと伝え、担当者に自分の希望や方向性を理解してもらえるよう努めましょう。また、自分に合った企業を見逃さないためにも、担当者に「なぜその企業を紹介してくれたのか」を聞いてみるのがおすすめです。明確な理由がある場合は、適性や条件を考えて選ばれた求人と判断でき、再考の余地があります。これといった根拠がなさそうな場合は、求職者目線に立っていない可能性があるため断るのが賢明でしょう。
転職エージェントを有効活用するコツについては、「転職エージェントの賢い使い方とは?おすすめする理由やデメリットも解説!」もあわせてご覧ください。

遅刻やキャンセルは必ず連絡する

やむを得ない事情でオンライン面談を受けられなくなったときは、転職エージェントの担当者に必ず連絡を入れましょう。転職エージェント側は複数の求職者をサポートしているので、連絡なしに遅刻やキャンセルをすると迷惑を掛けてしまいます。また、「面談で遅れる=本番の面接でも遅れる」という不安を担当者に与えてしまう可能性も。面談だからと軽く考えず、丁寧に対応することが大切です。

目的に合う服装で転職エージェントのオンライン面談へ

目的に合う服装で転職エージェントのオンライン面談への画像

転職エージェントのオンライン面談に着ていく服装に悩んでいる方は、「面談に何を求めるか」「自分に無理のないスタイルはどれか」「TPOに合っているか」といった点に目を向けてみることをおすすめします。自分のスタンスや状況に合った服装を選びましょう。ここでは、転職エージェントであるハタラクティブの面談を例に、一般的なオンライン面談の流れをご紹介します。

オンライン面談の内容

オンライン面談の初めに、担当者と求職者の間で自己紹介を行います。転職エージェントの担当者によるヒアリングでは、転職理由や職務経歴、保有資格などを質問されるのが一般的です。紹介する求人案件を絞り込むため、業界・職種や年収といった仕事の希望条件についても確認します。
ハタラクティブの面談の大まかな流れは、以下のとおりです。

ハタラクティブの面談の大まかな流れ

1.自己紹介
2.転職理由や経歴のヒアリング
3.希望条件の確認
4.求人案件の紹介

担当者が求職者のスキルや希望を把握したうえで、求人案件の紹介が行われます。希望する業界や職種によっては面談時点で求人がなく、後日電話で紹介されることもあるでしょう。また、面接対策や応募書類添削などの就活サポートも受けられます。詳しくは、「ご利用の流れ」でも説明していますので、あわせてご覧ください。

「転職エージェントを活用してみたい!」「企業面接の服装についてアドバイスが聞きたい」「自分の適性に合った求人案件を紹介してほしい」という方は、ハタラクティブを利用してみませんか?ハタラクティブは、既卒・第二新卒・フリーターといった若年層向けに転職支援サービスを行う転職エージェントです。ハタラクティブでは求職者目線の丁寧な面談を行い、転職や就職を目指す方へ手厚いサービスを提供しています。専任のキャリアアドバイザーがあなたの希望条件を把握し、最適な求人をご紹介。応募する業界・企業のニーズに合った履歴書や職務経歴書の書き方を指導したり、面接対策を行ったりと、内定獲得のためのお手伝いをしています。「まずは相談だけしたい」という方も大歓迎ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

転職エージェントのオンライン面談にまつわるQ&A

ここでは、転職エージェントのオンライン面談にまつわる服装の疑問やお悩みについて、Q&A形式で回答していきます。

転職エージェントのオンライン面談で私服はOK?

オンライン面談は私服でもOKです。一般的に転職エージェントの面談に着ていく服装は自由のため、私服でもスーツでも問題ありません。ただし、Tシャツやジーパンといったラフ過ぎる服装は控えたほうが安心でしょう。詳しくは、「転職エージェントの面談での服装や持ち物は?当日の流れや利用方法も解説」もぜひご参照ください。

転職エージェントの種類によって服装は変えるべき?

転職エージェントの種類によってオンライン面談の服装を変える必要はありません。しかし、専門分野に特化した転職エージェントを利用する場合は、志望業界に合わせて服装を変えるのも一つの手。面談担当者に自分の転職活動の方向性を汲み取ってもらえたり、志望業界に合った服装のアドバイスをもらえたりする可能性もあるでしょう。ハタラクティブでは、求人紹介のほか、企業面接の服装やマナーの相談にも乗っているので、ぜひお気軽にご活用ください。

転職エージェントのオンライン面談で気をつけることは?

スムーズなオンライン面談ができるよう、通信環境を整えておくことが大切です。カメラやマイクの動作チェックも事前に行っておきましょう。「服装に気を配る」「遅刻やキャンセルの連絡は分かった時点で入れる」など、基本的なマナーにも気をつける必要があります。転職エージェントの面談を受ける際のマナーは「転職エージェントとの面談時のマナーや注意点をご紹介!」をチェックしてみてください。

転職エージェントの対応は面談時の服装で変わる?

面談時の服装だけで、転職エージェントの対応が大きく変わることはないでしょう。しかし、担当者が求職者の服装から「就職への意欲」や「TPOへの配慮」を感じ取れば、より注力して就活のサポートを行ってくれる可能性も考えられます。転職エージェントのオンライン面談の服装にお悩みの方は、「転職エージェントの面談に必要な持ち物は?質問すべきことについても解説」もぜひ参考にしてみてください。

この記事に関連するタグ