1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒の未経験でも医療事務になれる?資格は必要?気になる給料事情を解説

高卒の未経験でも医療事務になれる?資格は必要?気になる給料事情を解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・高卒から医療事務の仕事を目指すなら、未経験OKや無資格OKの求人が狙いめ
    ・医療事務とは、病院やクリニックなどで診療報酬の請求を扱う仕事
    ・医療事務の資格にはメディカルクラークや医療事務管理士などがある
    ・医療事務に向いているのは、コミュニケーションスキルや接遇マナーを持っている人
    ・高卒から医療事務に就職したときの給料は一般の事務員と同じぐらい
高卒の未経験でも医療事務になれる?資格は必要?気になる給料事情を解説の画像

「医療事務って高卒の未経験でもできる?」とお悩みをお持ちの方に、医療事務の仕事内容を詳しく説明!業務には、受付や会計、レセプト作成などがあります。職場も病院やクリニック、健診センターとさまざま。また、取得することで役に立つ資格ややりがい、向いている人などについても例を挙げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

高卒でも医療事務になれる?

高卒であっても医療事務として活躍することはできます。
専門的な勉強をしていない、医療事務の経験がない状態から医療事務になるためには、未経験OKの求人に募集することや通信講座で勉強する方法が考えられます。

 

高卒から医療事務に就職する方法

高卒から医療事務に就職するのなら、「学歴不問」や「未経験・無資格OK」の求人を探しましょう。
はじめのうちは覚えることがたくさんあるので、教育制度がしっかりしている病院やクリニックを選ぶことをおすすめします。また、通信講座で勉強したり、資格を取得したりすることで採用率もアップするでしょう。

 

医療事務として活躍できる場所

医療事務として活躍できる場所は、病院やクリニック(診療所)だけでなく、歯科医院、調剤薬局など。また、健康診断を専門に行う健診センターでも医療事務として活躍できます。

医療事務とは

医療事務とはの画像

医療事務とは、病院やクリニックなどにおいて診療報酬の請求を扱う仕事です。診療報酬とは、医療機関が患者さんを診療したときに受け取る報酬の事。医療事務の職員は、医師の診断に基づいて診療行為のデータや薬剤の情報を医療事務専用のコンピューターに入力し、会計・請求を行います。

月に1度は、健康保険組合に診療報酬明細書の提出があるので、入力したデータが間違っていないか確認することも大切です。

医療事務の主な業務

医療事務の仕事は、受付や処置内容の入力、レセプト作成などがあります。主な仕事内容を下記にまとめました。参考にしてみてください。

 

受付業務

病院に外来患者さんが来たら、まずは受付を行い、診察券とともに保険証の提示をしてもらいます。医療事務は保険証の期限が切れていないかを確認。期限が切れていると診察ができません。期限が間近であれば、新しい保険証が届いているかを患者さんに確認します。入院設備のある病院では、入院の手続きも医療事務の仕事です。

 

カルテ管理

外来では、患者さんが来院した順番ごとにカルテの用意をします。電子カルテを採用している病院なら来院順に入力し、紙カルテを使っているのなら患者さんのカルテを用意。入院設備のある病院なら、病棟の患者さんのカルテも医療事務で管理しています。このカルテの保存期間は5年で、診療が完結した日から5年経過していたら破棄できますが、入院が継続している場合は、5年過ぎても診療行為を振り返ることがあるので破棄しません。

 

処置内容や処方箋の入力

外来患者さんの診察が終わったら、処置内容や処方する薬の情報を患者さんのページに入力。電子カルテの場合は、基本的には医師が処置内容や薬の内容を入力してくれているので、この業務はカットされます。入院患者さんの場合は一日一日の入力ではなく、ある程度まとまったら入力することもあるようです。

 

会計業務

外来にきた患者さんのカルテ入力が終わったら、会計の業務です。請求書をプリントアウトして、患者さんから会計を預かります。電子カルテを採用している病院は、請求書を出す前に診療内容や薬の情報の確認をしましょう。

 

レセプト作成

医療事務専用のコンピューターに入力することで、レセプトを作成します。
レセプトとは、患者さんに行った診療行為の情報が細かく記載してある“診療情報明細書”のこと。これは、医療機関が社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体組合などに診療報酬を請求するために行う、病院において非常に重要な仕事です。
患者さんからは1割~3割負担の金額を預かっていますが、残りの7割~9割を健康保険組合に請求するためにレセプトを作成します。外来の場合は、初診や再診料、診療行為や薬価のその日に入力した項目がレセプトに転記。入院の場合は手術代やベッド代、食事代、リハビリ行為など、病院で患者さんに行ったことはすべて入力してあります。ここに記載していないと、請求ができません。請求は月に1度、必ず行います。

 

クラーク

クラークは円滑な診察を目的に、医師や看護師と患者さんの連携を事務的にサポートする仕事です。
クラークには、“外来クラーク”と“病棟クラーク”があります。
“外来クラーク”は、大きな病院に良くみられることがあり、初診や再診の受付のほかにも診療科目ごと受付がある場合に配置。
“病棟クラーク”は、入院設備のある病院で、病棟に配置されています。患者さんへの対応やデータの管理、事務手続きが主な仕事です。

医療機関のひとつきの流れ

医療機関のひとつきの流れの画像

医療事務は、ひとつきのサイクルが決まっていることがほとんど。その一例を挙げてみます。

外来:受付→診察→カルテ返却→入力→会計→レセプト請求
入院:受付→診療行為の入力→ベッド代や食事代などの入力→レセプト請求→会計(会計とレセプト請求は前後することもある)

診療報酬明細書の請求日は、毎月7日~10日までです。月末から提出期限までにレセプトに間違いがないかを確認します。業務に慣れてくると、毎月の流れもスムーズに行えるでしょう。

医療事務の資格

医療事務の資格は、医療事務認定実務者や診療報酬請求事務能力認定などがあります。いずれも国家資格ではなく民間の試験なので、持っていなくても就職は可能ですが、スキルのアピールになるでしょう。

 

メディカルクラーク(R)

医療事務技能審査試験は、メディカルクラーク(R)といわれ、診療報酬や受付などの医療事務としての一通りの業務を問われます。主催するのは一般財団法人日本医療教育財団で、日本最大級の医療事務試験です。試験は毎月1度の割合で実施され、合格者には、メディカルクラーク(R)の称号が付与されます。

 

医療事務認定実務者(R)

医療事務認定実務者(R)の資格は、マナーや接遇などのホスピタリティー精神から、医療機関における各種制度、レセプトに関する知識を向上する目的で行われます。試験は毎月行われ、在宅でも会場でも受けられます。主催はNPO法人全国医療福祉教育協会です。

 

診療報酬請求事務能力認定

診療報酬請求事務能力認定試験は、主に診療報酬明細書(レセプト)作成のスキルや知識を問われます。医療事務の試験のなかでは難易度が高いですが、厚生労働省が唯一認定しているため現場での評価が高い資格。主催するのは、公益財団法人日本医療保険事務協会で、試験は年に2回実施されます。合格者には、日本医療保険事務協会から認定証が交付されます。

 

医療事務管理士(R)

医療事務管理技能士認定試験は、日本で一番はじめにできた医療事務の資格。医学の一般知識や医療保険制度などの正確な知識が問われます。主催するのは技能認定振興協会(JSMA)で、奇数月の第四土曜日に試験は実施。会場や在宅で試験が受けられます。

 

電子カルテオペレーション

電子カルテオペレーション実務能力認定試験は、IT化する医療事務に対応するために、電子カルテのオーダリングシステムやオペレーションスキルを身につけるための資格。NPO法人全国医療福祉教育協会が主催し、年に3回試験が実施されます。

医療事務のやりがい

医療事務のやりがいの画像

医療事務の仕事のやりがいは、患者さんとの触れ合いや社会貢献できること。やりがいとして感じられることをまとめましたので、参考にしてください。

 

患者さまから感謝の言葉をもらえることがある

医療事務が患者さんと触れ合えるのは、基本的には受付と会計のみです。しかし、受付の態度が悪いと、病院全体が良く思われないことも。機械的に仕事をこなすのではなく、ホスピタリティー精神と思いやりを持って接することが、医療事務の仕事には求められます。細やかな気配りができれば、患者さんやその家族に「ありがとう」と感謝の言葉をもらえることもあるでしょう。

 

医療従事者として社会に貢献できる

医療事務は病院の縁の下の力持ち。レセプトを作成し、請求しないと診療報酬が入金されないので、病院として機能しません。医療従事者の一員として誇りをもって仕事ができます。「人々の役に立っている」と社会に貢献している実感ができるでしょう。

医療事務のメリット・デメリット

医療事務のメリットは長く続けられることや医療に関する知識が身につくことなど。デメリットには患者さんからのクレームに対応することなどがあります。以下で詳しく解説します。

 

メリット

医療事務の仕事には、次のようなメリットがあります。

 
長く続けられる

医療事務の仕事は、ほとんど年齢制限がないところもメリット。毎月のルーティンがあるので、慣れれば長く仕事が続けられます。また、資格を取得すれば、全国の医療機関でどこでも仕事があるでしょう。

 
求人が見つけやすい

医療事務の仕事は、病院がある限り続けられるので将来性のある仕事です。高齢化により病院のニーズが高まると予想できることから、求人も比較的見つけやすいでしょう。

 
パソコンのスキルが身につく

医療事務の職員が患者さんの情報や病状、薬剤などを入力するのは医療事務専用のコンピューター。このコンピューターは「医事コン」や「レセコン」と呼ばれます。病院によってこのコンピューターにも違いがあり、入力や表示方法も異なるので注意が必要。通常のパソコンスキルだけでなく、専門的なスキルも身につけられるところもメリットです。

 
病名や薬に詳しくなれる

医療事務は、カルテから病状や病名を読み取り、その症状に合った薬が処方されているかもチェックします。また、薬によっては長期間の処方ができないことも。医師や看護師さんもすべてを把握しているわけではないので、医療事務で調べなくてはなりません。そのため、医療に対する知識を身につけられます。

 

デメリット

次に医療事務の仕事のデメリットを挙げてみましょう。

 
新しい制度を把握する必要がある

医療制度の改正は2年ごとに行われ、診療点数の発効も2年ごとになります。診療点数とは、診療、薬価などの診療報酬で、1点につき10円。すべての医療行為には点数があり、点数が変わることも。変化を把握して常に正しい報酬を算出することが求められます。

 
クレームの対応をすることがある

受付は患者さんから話しかけやすい場所にあります。医療事務は、ときにはクレームの対応をしなければならないことも。内容は待ち時間が長いことや診療行為に対してなどです。その際にも丁寧な対応を心がけましょう。

 
体調や衛生に気を配る必要がある

医療機関に勤務するということは、自分の体調管理に気を配る必要も。たとえば受付の人が風邪を引いて咳をしていては印象が良くありません。また、患者さんからウィルスが移らないように衛生管理を保ち、マスクをつけることをおすすめします。

医療事務に向いている人

医療事務に向いている人の画像

医療事務に向いているのは、コミュニケーションスキルの高い人やコツコツ仕事のできる人などです。

 

接遇マナーを大切にできる人

接遇マナーを大切にできる人は医療事務に向いています。接遇マナーとは、接客より歩み寄り、お客さまの心に残りやすくする礼儀作法。挨拶や身だしなみ、表情、態度、言葉遣いの5原則で成り立っています。ワンランク上の気配りができる人が良いでしょう。

 

コミュニケーションスキルの高い人

医療事務に向いているのは、コミュニケーションスキルが高い人。診療科目によって異なりますが、病院には幼児から高齢者の方までさまざまな年齢層の患者さんが来院します。そのような患者さんにも臨機応変に対応できるような人が良いです。

 

スピーディーな対応ができる人

スピーディーな対応ができる人は医療事務に向いている人です。外来にくる患者さんは、時間帯によって多いことも。あまり患者さんをお待たせしないように、かつ雑にならないように仕事を進めることが求められます。

 

コツコツ仕事ができる人

医療事務に向いている人は、コツコツ仕事が進められる人が良いです。レセプト業務は正確性が重要。入力やチェックにも根気が必要なので、着実にこなせる人は適性があるでしょう。

 

チームで働きたい人

医療事務に向いているのは、チームで働きたい人。独立しているように見える医療事務の仕事ですが、医師や看護師さん、検査技師やセラピストなどとも関わりが深いこともあります。診療行為や診療点数などで分からないことがあったときにも、日頃からほかの職員との交流があれば聞きやすいでしょう。

医療事務の給料はどのくらい?

医療事務の初任給の平均額は、高卒で15,8000円、大卒で18,2000円です。
医療事務の給料を高卒と大卒、そして全国平均の給料と比べるとどのくらいなのか、日本医療労働組合や厚生労働省の調べに沿って解説します。

 

高卒の場合

日本医療労働組合の2018年度の調査では、高卒の初任給は以下のようになっています。
医療事務・高卒:158,000円
全国平均・高卒:165,100円(男性166,6000円、女性162,3000円)

 

大卒の場合

大卒の初任給は、下記を参考にしてください。
医療事務・大卒:182,000円
全国平均・大卒:206,700円(男性210,100円、女性202,600円 )

 

医療事務の初任給は、全国平均の初任給と比べるとやや低め。その理由は医療機関であっても事務員だからということがあります。一般事務員の平均初任給は高卒で158,800円(50人~100人規模の会社)なので、やや同じくらいの初任給です。資格を取得してスキルを磨くことで、給料アップにつながるでしょう。

 

参照元
日本医療労働組合
2019年賃金・労働時間等実態調査
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)
人事院
民間給与の実態(平成30年職種別民間給与実態調査の結果)表2 初任給関係職種の職種別事業所数等及び平均初任給月額

医療事務の志望動機

医療事務の志望動機の画像

医療事務の志望動機は、どのようなものが効果的か、未経験・経験者別に例を挙げます。病院は、たとえ独立営業していても企業ではないので「貴社」ではなく「貴院」と表記しましょう。

 

経験者の場合

スキルアップを図りたいことや多くの患者さんと携わりたいことをアピールしましょう。

 

(例文)
「小児科のクリニックで3年間勤務していました。貴院を志望したのは、子どもだけでなく、さまざまな年代の患者さんと携わりたいと思ったからです。前職のころに“診療報酬請求事務能力認定”の試験に合格し、認定証を頂きました。レセプト業務には自信があります。多くの患者さんとの関わりのなかで、自分のスキルをもっと磨いていきたいと思っています。」

 

未経験者

これまでの経験から、どうして医療事務の仕事がしたいと思ったか明確にしましょう。

 

(例文)
「これまでは企業で事務の仕事をしていました。医療事務の仕事に興味を持ったのは、去年祖母が急に倒れ、貴院に入院となったときのことです。私も親も不安で手が震えて入院の手続きの書類がなかなか書けなかったときに、事務の方が「ゆっくりで構いませんよ」と優しく言ってくださいました。とてもあたたかい気持ちになり、病院での事務に興味をもちました。現在は“医療事務認定実務者”の資格取得に向けて勉強中です。」

 

医療事務の仕事は覚えることは多くありますが、毎月のルーティンがほぼ決まっているので、未経験でも活躍できるチャンスは十分。「未経験・無資格OK」の求人は、資格取得支援や勉強会を行っていることも多いので、働きながら資格取得も目指せるでしょう。

 

医療事務に限らず、高卒者向けの求人をお探しなら就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層に特化したエージェントなので、「未経験・無資格OK」の求人もたくさん扱っています。あなたの希望に合った仕事がきっと見つかるはず。就活アドバイザーが志望動機の作成や面接対策をサポートいたします。サービスはすべて無料なので、ぜひご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる