高卒で正社員の一般職はチャレンジできる?仕事内容とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒で正社員の一般職はチャレンジできる?仕事内容とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・一般職の仕事内容は企業によって異なり、来客対応や郵便物の受け取り、電話対応、営業職のサポートなど
  • ・一般職に向いている人は、メール作成や文書作成などの基本的なパソコン操作ができる人
  • ・高卒、既卒、第二新卒を問わず事務経験がなくても一般職として就職できる企業はある
  • ・高卒から正社員への就職を目指すときは、ハタラクティブに相談しよう

「一般職の正社員」と聞いて、あなたはどんな仕事を思い浮かべますか?企業やメーカーで事務として働く社員でしょうか?高卒で一般職の正社員に就職するには何が必要?どのような人物を会社は求めているのか?など、高卒の方に役立つ情報をお届けします。

◆一般職の仕事内容は?

一般職の正社員の業務内容は、就職する企業やメーカーによって大きく異なります。
高卒、既卒、第二新卒の方も、まず大切なのは経験よりも自分がどのような仕事内容にチャレンジしたいかをしっかり決めておくことです。

一般職=事務職と位置づけている企業も少なくありません。

一般的な事務職は、来客対応や郵便物の受け取り、電話対応、営業職や他の社員のサポートなど幅広い業務を担当します。
企業によっては、下記のように一般職をさらに細かく分けて区別しているところもあります。

・一般事務…メール対応や書類の作成など
・営業事務…営業職のサポートが主な業務で、顧客への資料作成を担当することもある
・生産管理事務…企業が扱う商品の在庫や原料の在庫を管理する

他にも貿易事務や経理事務、総務事務などがあり、秘書も事務のカテゴリーの中に含んでいる会社があります。

◆一般職に向いている人は?

実際に転職する企業によって違いはありますが、多くの場合パソコン作業が業務内容に含まれているため、メール作成や文書作成などの基本的なパソコン操作ができる人が望ましいでしょう。

また、勤務先によっては制服や作業服を着て勤務する場合もあるため、定められた服を着て仕事をすることに抵抗がない方にも向いています。

一般職は基本的に異動が少ない職種のため、自分の働きたい勤務地で働くことができるのが魅力のひとつ。転勤したくない方におすすめの職種です。

◆高卒で正社員の一般職に就ける?

一般職の業務内容は、前述したように転職する企業ごとに異なります。

一般職の中でも事務ならば比較的求人もあり、高卒、既卒、第二新卒を問わず事務経験がなくても就職できる企業が存在します。
しかし、事務でも特殊な事務(営業事務、貿易事務など)の募集はあまり多くないようです。

一般職は企業にとって「縁の下の力持ち」であり、なくてはならない職種。
一緒に働いている社員を支えたいと思っている人、自分に与えられた仕事をキッチリとこなせる人を企業は求めています。

◆ハタラクティブでは何をしてくれるの?

ハタラクティブは、高卒や第二新卒、既卒、フリーターの方を対象とする就職・転職支援サービスです。

経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍し、適性がある求人のご紹介や応募書類の添削、面接対策などのサポートをマンツーマン体制で実施。20代の方を中心に支援しているため、未経験OKの求人を多数ご用意しています。

就活についてのお悩みや疑問などは、ぜひハタラクティブにお問い合わせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ