既卒者が一般職正社員を目指す方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒者が一般職正社員を目指す方法

公開日:

最終更新日:

既卒者が正社員の一般職になるためには、どのようなスキルが必要でしょうか?会社が求める人材とは?どのような適性が必要?など、人気の高い正社員一般職について説明しています。既卒から憧れの職業を目指すための情報満載です。

◆一般職とはどんな仕事をするのか?

人気の高い一般職の正社員。実は「一般職」とは職種名ではなく、採用における便宜上の名前です。そのため、就職先によって営業事務や生産管理など様々な職種があります。やりたいことを明確にして就活に取り組む必要がある仕事といえるでしょう。
その中でどの一般職にも共通していえる仕事内容が、総合職のサポート業務。事務系職種の一般職なら電話や来客の応対、資料の作成、ファイリングなどを行います。ルーティンワークで安定して業務を遂行できることが特徴です。
上記に加え、職種によって特色のある業務内容となっています。

【一般事務】

人事や総務、経理、庶務やITなどに関する業務。その他、専門性の高い部署のアシスタントをすることも。

【営業事務】

営業部門のアシスタント業務。納期などのスケジュール管理、見積もりや請求書の作成、売掛金の集計などがメインです。

【生産管理】

工場内での生産、出荷や在庫、工程と品質の管理のほか、出退勤など職員の管理にも携わります。

【受付】

応接室や会議室の管理と来客応対。企業・施設の案内のほか、来客データの管理などデータ入力作業も。

ほかにも貿易や法律、会計、秘書などの事務職がありますが、求人数は少なく競争率が高いといえます。

◆一般職に必要なスキル・企業が求める人材とは

「人のサポートをすること」が好きな人に向いています。周りの人へ気配りができ、先を読んで行動ができる力を持っていることが望まれるでしょう。電話・来客応対などがある職種の場合、企業の窓口的な役割も求められるので、笑顔やコミュニケーションスキルも必須。また、どの職種でもPCは使うため、多くの企業がPCスキルのある人材を求めています。

◆既卒から正社員の一般職を目指すには

新卒や第二新卒など幅広い層から人気の一般職。未経験の方や既卒の方の中にも目指す人は多く、高い競争率を誇るお仕事です。
WordやExcel、PowerPointなどソフトを使う作業が多いので、PCに関連した資格があると就活を有利に進めることができるかも。
職種ごとに関連した資格を一度調べてみるのも良いのではないでしょうか。

ハタラクティブでは既卒や未経験から正社員への就職を目指す、意欲のある方を徹底サポート。一般職に関する詳しい説明、転職・就活のご相談やどのような募集求人があるか知りたいなど、お気軽にお問い合わせください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ