事務の仕事内容とは?求められるスキルや働くメリット・デメリットを解説!

事務の仕事内容とは?求められるスキルや働くメリット・デメリットを解説!の画像

この記事のまとめ

  • 事務には一般事務や営業事務、経理事務などいくつかの種類がある
  • 事務の仕事内容は書類作成や来客対応など幅広く、企業や部署によっても異なる
  • 事務には基本的なビジネスマナーやコミュニケーションスキルが求められる
  • 事務の仕事をするなら、メリットだけではなくデメリットも把握する必要がある

事務の仕事内容について、「オフィスワークの代表」と漠然としたイメージを持っている人は多いでしょう。実際の業務内容は幅広く、企業の規模や所属する部署によっても仕事内容は異なります。ここでは、事務の業務内容や必要なスキル、働くメリットやデメリットを解説しているので、事務の仕事について詳しく知りたい方は参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

事務の仕事内容

事務の仕事内容は事務職の種類によって異なります。ここでは、一般事務・営業事務・経理事務の仕事内容について解説。それぞれの業務内容を理解し、事務職を選択する際の参考にしてください。

一般事務

一般事務は、事務職のなかでも基本的な役割を担当します。主な業務は、書類作成、伝票処理や整理、ファイリング、データ入力などがありますが、電話応対や来客応対の業務もあり、会社内でオフィスワークをしながらも外部の人と接する機会が多い仕事といえるでしょう。
また、企業によっては労務や人事など専門的な役割を任されることもあります。しかし、一般事務といっても企業や配属される部署によって業務の内容が異なるため、詳しい仕事内容を知りたい場合は面接時に聞くとよいでしょう。

営業事務

営業事務は、会社の営業担当者のアシスタントをする仕事です。主な業務は、商品の受発注や電話応対などがあります。また、顧客からの問い合わせ対応もあり、一般事務と比較すると社内外でのやり取りやコミニュケーションを取る機会が多くなるでしょう。業種によっては、顧客へのプレゼン資料を作成することもあり、仕事内容は多岐に渡ります。
営業職はノルマがあることが多く、部署として目標を達成することが大切です。業務の効率化を図るためのアイディアを出すのも営業事務の仕事です。成果が目に見えてわかるため、やりがいを感じる業務といえます。

経理事務

経理事務は、会社の経理に関連する業務全般を行います。上記で紹介した2つの事務職よりもオフィスワークが多い傾向にあります。伝票や見積書の作成、領収書や請求書の発行などが主な業務であり、さらに売上管理や給与計算、決算のチェックなど経理事務の仕事内容はさまざまです。
例えば、外資系企業であれば海外にある親会社への会計報告、英語をはじめその国の公用語の書類処理を行うこともあり、他の事務職よりもスキルを求められやすいです。また、簿記の資格や知識を持っていると、業務をするうえで強みとなるでしょう。

事務系の資格を持っていれば未経験でも採用で有利になる?」でも、事務職の仕事内容について詳しく解説しているので、合わせて参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

事務の仕事に必要なスキル

事務の業務を行ううえで、種類に関わらずすべてに共通して求められるスキルは、ビジネスマナーとコミュニケーション能力、パソコンスキルです。それぞれなぜ必要なのかを確認し、自己アピールの参考にしてください。

ビジネスマナー

オフィスワークでコツコツと業務をこなすイメージのある事務職ですが、前述したとおり電話応対や来客応対、場合によっては名刺交換をするなど会社外の人と接する機会も多い仕事です。また、社外へのメール応対をする際は、直接顔を合わせないぶん、より丁寧に対応することが大切です。「会社の顔」として悪い印象を与えないよう、丁寧で正しい敬語や所作、一般常識などの基本的なマナーを身につけましょう。

コミュニケーション能力

事務の基本的な仕事は会社内で社員のサポートをすることなので、人と円滑にコミュニケーションをとる必要があります。そのためには、「自分の要件を正確に伝える」「相手の意図を正しく汲み取る」といったコミュニケーションスキルは欠かせません。自分の思い込みや曖昧な理解で仕事を進めると、結果的にミスやトラブルの元になり、信頼を失ってしまう可能性もあります。他の社員と良好な関係を築きながら、会社全体の業務を支えましょう。

パソコンスキル

事務の仕事である書類作成やメール応対、データ入力などは主にパソコンを使用して行います。そのため、ワード(Word)やエクセル(Excel)など、基本的なソフトを使用するスキルが必要です。また、人事や経理の作業では勤怠管理ソフトや会計専用のソフトを使用する頻度が高いため、不慣れなソフトであっても柔軟に使いこなすスキルが求められます。

事務職の収入

人事院が実施した「令和4年職種別民間給与実態調査の結果」によると、時間外手当を除いた事務係員の「決まって支給する給与」は296,592円でした(平均年齢36.9歳)。
正社員の平均給料はどれくらい?フリーターとの差は?年齢別の給与も紹介」のコラムで正社員の平均賃金は32万円ほどと解説しているので、事務職の収入は決して低いわけではありません。
 

参照元
人事院
民間給与の実態

事務で働くメリット・デメリット

事務で働くメリットは、基本的に専門知識や高度な技術は必要ではなく、未経験でもチャレンジしやすい点です。事務職が未経験でも、業務をするなかでパソコンスキルやビジネスマナーが自然と身につきます。転職をする際も業務で積んできた経験が自分のキャリアとして役立つでしょう。また、終業時間が定まっているケースが多く残業が少ないため、ワークライフバランスを重視して働きたい方にはおすすめの職種です。

一方、事務職のデメリットは作業の多くはコツコツと行う地道なルーチンワークのため、大きな変化がないこと。また、自身の努力や実績が見えにくく、大きな評価をされにくい面もあります。「仕事で目にみえる大きな成果を得たい」「クリエイティブな仕事がしたい」という方にはもの足りないと感じるかもしれません。

事務職として働くことをお考えの方は、イメージではなく仕事の特徴やメリット・デメリットを的確に把握することが大切。「事務職は黙々と作業できる」と一方的なイメージを持っていると、「実際は社内の人と関わる機会が多くて大変」などミスマッチを起こす可能性があります。

仕事のイメージと実際のギャップを知りたい、自分に合った職業を知りたいという方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが一人ひとりの転職活動をサポートし、企業選びのフォローや面接対策など、幅広く行っています。「一人で転職活動をするのが不安」という方は、お気軽にご相談ください。

事務の仕事内容についてのQ&A

事務職は、未経験でもチャレンジしやすい職種のひとつですが、地道で成果が見えにくいなど地味に映る仕事でもあります。今回は事務の仕事内容に関する疑問をQ&A方式でお答えします。

事務職のなかで初心者が働きやすい種類は?

事務職のなかでも基本的な役割を担当する「一般事務」がおすすめです。営業事務も経理事務も専門知識や高度な技術は必要ないケースが多いですが、企業や配属される部署によって異なるので確認するようにしましょう。

事務の仕事内容に必要なスキルはある?

すべての事務職に共通して求められるスキルは、「ビジネスマナー」「コミュニケーション能力」「パソコンスキル」です。事務の業務は多岐に渡り社内外の人と関わる機会が多いため、会社の顔として悪い印象を与えないよう身につけておきましょう。

事務の仕事をするうえでやりがいはある?

事務の主な仕事内容は、ほかの社員をサポートすることであり感謝される場面も多くあります。また、業務のなかでパソコンスキルやビジネスマナーが自然と身につくため、自身の仕事に対するスキルが上がったときにやりがいを感じるでしょう。ハタラクティブではさまざまな事務職を紹介しているため、お気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ