営業事務の仕事はきつい?辞めたい理由や疲れたときの対処法を解説

営業事務の仕事はきつい?辞めたい理由や疲れたときの対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 営業事務がきついのには「忙しすぎる」「迅速な対応を求められる」といった理由がある
  • 営業事務がきついと感じたときは、楽しい職場環境を作ることを意識しよう
  • 営業事務に必要なスキルを身につけることで、仕事を楽しいと感じる可能性もある

営業事務の仕事に興味があるものの、「営業事務の仕事はきついの?」とお悩みの方は多いでしょう。営業事務の仕事にやりがいを感じる人がいる一方で、きついと感じる人がいるのも事実。営業事務は一般事務の仕事を兼任して、営業のサポートを行います。1人あたりの業務量が多くなりがちなので、きついと感じる人が多いのでしょう。このコラムでは、営業事務の仕事がきついと言われる理由をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

営業事務がきつい6つの理由

営業事務がきついといわれるのには、「忙しすぎる」「十分に休憩時間を取れない可能性がある」といった理由が考えられます。以下で詳しく解説していくので、チェックしてみましょう。

1.忙しすぎる

会社の方針や契約内容によって異なりますが、基本的に営業事務の仕事は残業が多く、忙しい傾向に。営業事務は、一般事務の仕事と兼任して営業のサポートを行うため、1人あたりの仕事量が多くなり、きついと感じる人が多いのでしょう。
営業事務の具体的な仕事内容は、「営業事務の仕事」のコラムで解説しています。営業事務の仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

2.ときには営業スタッフのミスを肩代わりする必要がある

営業スタッフのミスを営業事務が肩代わりすることもあります。たとえば、営業スタッフが取引先に対してミスを起こした場合、自分のミスであることが取引先に伝われば信頼関係が崩れてしまうことも。営業事務は取引先の相手と直接会うことは基本的にありません。そのため、営業スタッフのミスを営業事務が肩代わりすることで、取引先と良好な関係を維持できるのです。このように、営業事務は営業スタッフに代わって責任を取る場面もあるので、きついと感じる人も多いでしょう

3.十分な休憩時間を取れない可能性がある

会社にもよりますが、営業事務の仕事は十分に休憩時間を取れない可能性があります。営業事務の休憩時間は、自分のデスクで過ごすことが多く、電話がかかってきた際には、休憩中であっても電話対応を行う必要があるからです。ときには、営業スタッフからの急な依頼への対応も求められるでしょう。十分に休憩時間を取れないことでストレスを感じ、きついと思う人は多いといえます。

4.専門的な知識が必要な場合がある

営業事務の仕事は一般事務に比べると、専門的な知識が求められる傾向にあります。営業事務の仕事では、専門的な知識を使用し書類を作成することも。特に、ExcelやWord、PowerPointなどのスキルは必須であることが多くなっています。スキルを身につけることを面倒に感じる人は、営業事務の仕事がきついと思うこともあるでしょう。
営業事務の仕事に必要なスキルは「営業事務とは?一般事務との違いや仕事内容を解説」のコラムでも解説しているので、あわせてご覧ください。

5.迅速な対応を求められる

営業事務の仕事では、迅速な対応を求められることが多いです。営業事務は営業スタッフや顧客に合わせて仕事を進めるため、自分のペースで働くことが難しく、スピード感が求められます。営業スタッフからの急な依頼にも迅速に対応する必要があるので、きついと感じる人も多くいるでしょう

6.顧客の接待を行う場合がある

営業スタッフに来客があった場合には、基本的に営業事務が出迎え、接待を行います。来客用の応接室の予約や営業スタッフが会議で使用する資料の作成・配布を行うことも。また、営業スタッフが顧客との親睦を深める目的で食事に行ったり飲みに行ったりする際に、営業事務も誘われる場合があります。社外での接待に良い印象を持たない人にとっては、きついと思う場合もあるでしょう。

営業事務を辞めたいときの対処法

「営業事務の仕事がきつい…辞めたい」と感じたときは、楽しい職場環境を作ることを意識しましょう。どんなに忙しいときでも、気分転換できる時間を設けることが大切です。また、円満な人間関係を築くことを日常的に意識してみてください。営業事務は営業スタッフと接する機会が多いため、上手く付き合っていくことが重要です。
もし、営業事務の仕事を辞めたいと感じても、自分が働きやすい環境作りをすることで、気持ちが変化する可能性があります。
今の職場でどうしても楽しみが見つからない方は、営業の仕事の種類を変えることも検討してみてください。詳しくは、「営業の仕事の種類はどんなものがある?」のコラムに載せています。

営業事務に向いてる人と向いてない人の特徴

営業事務に向いてるのは、コミュニケーション能力が高く、臨機応変に対応できる人です。営業事務の仕事は、多くの人とやり取りを行うので、コミュニケーション能力が求められます。また、人とのやり取りが多いので、突発的な対応に追われることも。そのため、臨機応変に対応できる人は営業事務の仕事に向いてます。
一方で、営業事務の仕事に向いてないのは、指示をもらえないと動けない人です。営業スタッフのサポートが仕事の営業事務は、常に先回りして業務を行う必要があるため、主体的に動くことが求められます。
営業事務に向いてる人、向いてない人の特徴は「営業事務に向いてる人・向いてない人の特徴をチェック!」のコラムでも解説しているので、あわせてご覧ください。

営業事務を楽しいと感じるための方法

営業事務に必要なスキルを磨くことで、仕事を楽しいと感じられる可能性があります。営業事務に必要なスキルは、事務処理能力や仕事の正確さ、スピードなどです。また、ExcelやWord、PowerPointといったスキルも身につけておくと、仕事をするうえで役に立ちます。

身につけた資格やスキルは転職時にも活かせる!

営業事務の仕事に楽しみを見出すために身につけた資格やスキルは、転職の際にも役立つでしょう。転職を視野に入れている方は、「営業事務の職務経歴書はどう書く?書き方のポイントや例文を紹介」のコラムに載せている、職務経歴書でのアピール方法も要チェックです。

「営業事務の仕事に興味がある」「営業事務の経験を活かしてキャリアアップしたい」といった方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスを提供しています。あなたの希望に沿う求人をはじめ、応募書類の添削や面接対策、選考のスケジュール調整など、充実したフォロー体制を整備。「営業事務の仕事は本当にきつい?」「未経験でも営業事務の仕事に就くことは可能?」といった就職・転職に関するお悩みにも回答します。
営業事務への就職・転職を考えている方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ