バス運転手ってどんな仕事?

バス運転手ってどんな仕事?の画像

この記事のまとめ

  • バス運転手には大きく分けて路線観光高速送迎の4種類がある
  • 仕事内容は、車両の点検や運行表に基づいた運転、日報の記入など
  • メリットは、職場の人間関係ストレスが少ない、求人が豊富であること。デメリットは、不規則な勤務や責任感を問われること、クレーム対応などがあること
  • 運転が好きな人や、運転技術が高い人、人と接するのが好きな人に向いている

就活している方の中には、車が好きでドライバーになりたいという方も少なくないでしょう。ここでは、運転が好きな方や、小さな頃の夢を叶えるためバス運転手を検討している、という方に向けて、仕事内容やメリット・デメリットをご紹介。向いている人の特徴についても解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

4種類の勤務形態

バス運転手には、大きく分けて4種類の勤務形態があります。まずは、それぞれの特徴を見てみましょう。

路線バス

通勤や通学など、比較的、近距離間の移動に利用されています。時間通りに、決められたルートを運行。

観光バス(貸切バス)

修学旅行や観光ツアー、団体旅行などで利用されます。バスガイドが添乗し、観光地周辺や宿泊地(出発地・到着地)~観光地までのルートを運行。交通の状況に応じてルートを変更することもあります。

高速バス

主に、旅行や帰省、出張などに利用されます。東京~大阪といった長距離間の移動を行うため、比較的、交通量の少ない夜間に運行することも。バス運転手は交代制で、運転時間外は仮眠を取ることができます。

送迎バス

介護施設や病院の往復など、スタッフの通勤や利用者、来訪者の移動手段として利用されています。運転のほか、別の業務との兼務が求められることも。

このように、バス運転手の勤務形態は様々。
ただし、会社の規模や運営方法にもなりますが、仕事内容自体に大きな違いは少ないようです。

バス運転手の仕事内容

・出勤報告
・アルコール検査、免許証や健康状態のチェック
・鍵の受け取り、運賃箱や整理券の準備
・法令に基づくバスの点検(計器、タイヤの空気圧、エンジン周り、ライトなど電気系統など)
・車両点検表の記入
・路線データの入力
・出発点呼(指差し確認や運行上の注意点の声出しなど)
・運行時間表の受け取り
・出発
・運行時間表に沿って運転する
・運行修了後、車内及び車両の点検
・乗務記録簿(日報)記入
・アルコール検査、運賃箱や整理券の処理、鍵や携帯電話の返却

バス運転手のメリット・デメリット

メリット

ドライバーという仕事柄、乗車している時間は上司や同僚との接点が少なく、職場での人間関係のストレスを抑えられることが挙げられます。一方で、お客様とは限られた時間ながらも会話ができ、ふれあいを感じられることもメリットとなっているようです。
路線バスや送迎バスは、タイムテーブルが決まっているので残業が少なくワークライフバランスの充実も図れるでしょう。
人手不足の業界でもあり、正社員としての就職・転職先が豊富。主に必要となる資格は運転免許であるため、高卒や既卒、フリーターや第二新卒などの学歴や、これまでの職種経験を問われずに正社員に就職・転職しやすいこともポイントです。

デメリット

長い勤務時間や、不規則な勤務となっている企業があるようです。急な代行出勤を求められることも。
人の命に関わる仕事のため、気が抜けないことをデメリットとして感じる人もいるようです。
また、乗客やクレーマーの対応をしなければならないこともあります。

バス運転手に向いているタイプ

バス運転手は、長時間バスを運転しなければならないため、必然的に運転が好きであること。そして、正確な運転技術と時間管理能力を持っている人材が求められるでしょう。
運転中は、トラブルがないかなど人への気遣いも必要です。乗車・降車時においては、お客様と会話をすることもあります。人と接することや、喜んでもらうことが好きな方に向いている職業と言えるでしょう。

このコラムではバス運転手の仕事内容について触れましたが、運転技術を活かせる仕事はバスの運転手以外にもたくさんあります。
自分の持っているスキルや特技を仕事に活かしたい、好きなことを仕事にしたいが適性はどうなのだろうとお悩みの方は、ハタラクティブの就活アドバイザーにご相談ください。

この記事に関連するタグ