知ってる?期間工の仕事や働き方

知ってる?期間工の仕事や働き方の画像

この記事のまとめ

  • 大学職員の仕事内容は、学生への対応や入試運営など多岐にわたる
  • 高校生や保護者への広報活動も大学職員の大切な役割
  • 大学職員のメリットは、学生を支えるやりがいと働きやすい環境。デメリットは保護者のクレーム対応などの苦労
  • 向いているのは、学生を支えたい、教育の現場を支えたいという熱意がある人

期間工という働き方をご存知ですか?名前は知っていても、どんな仕事をしているのかはわからないという人も多いのではないでしょうか。
このコラムでは、期間工の仕事内容や働く上でのメリット・デメリット、向いているタイプなどを解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

期間工の仕事内容

期間工とは

期間工とは、自動車や電気部品などを製造する工場で、有期契約を結んで働く契約社員のこと。臨時工や季節工とも呼ばれることもあります。企業が求人を出す際は、「期間従業員」「臨時従業員」などの名称で募集されることが多いようです。
主に日給で働くことが多く、ひと月の稼働日数で給与が決まるのが一般的。ボーナスはありませんが、契約期間満了時に満了金が支払われるのが特徴です。

仕事内容

期間工の場合、決められた生産ラインでひとつの作業を続けることが多いようです。
詳細な業務内容は企業や担当する製品、現場などにもよりますが、例として下記のようなものがあります。
・部品の取り付けや溶接、組立
・生産ラインへの部品の供給
・プレスなどの機械加工
・点検、品質チェック など

一つ一つの作業は単純でも、そこにスピードと正確性が必要とされる業務。集中力が求められる仕事です。

期間工のメリット・デメリット

メリット

・単純な作業が多いので、仕事を覚えやすい
・満了金があり、お金が貯まる
・寮や食堂があるので生活費を節約できる
・中卒や高卒歓迎など学歴不問の求人が多い
・未経験者歓迎の求人もあり、就職経験がなくても応募できる
・期間工からの正社員登用を行っている企業もある

デメリット

・単調な作業が続くので飽きやすい
・寮生活の場合、共同生活でストレスが溜まることがある
・期間が決まった仕事なので、雇用が不安定
・夜勤と日勤のどちらもあることが多く、生活のリズムが崩れやすい
・現場によっては体力が必要になることもある

学歴や職歴を問わず求人があり、未経験からでも働きやすい期間工。給与の高さも魅力です。期間工から正社員登用を行っている企業もあるので、正社員就職の第一歩として選ぶ方もいるのではないでしょうか。
その一方で、単調な作業や体力が必要な仕事、寮での共同生活などをストレスに感じる人には働きづらい職種とも言えます。

期間工に向いているタイプ

粘り強い性格

仕事を覚えてしまえば効率よくこなせるようになるライン作業ですが、仕事が覚えられないときやラインのスピードに慣れない期間はつらいもの。実際、契約期間中に辞めてしまう人もいるようです。
契約期間中に退職してしまった場合、現場に迷惑をかけることはもちろん、満了金も支給されません。仕事を覚え、期間満了まで勤め上げる粘り強さが必要な仕事です。

単純な作業でも飽きずに工夫して続けられる

ライン作業では自分が担当する業務を黙々と繰り返すことが中心となります。
同じ作業を続けていても、自分で改善点を見つけて工夫することを楽しめる人には向いている仕事なのではないでしょうか。

未経験から高収入を目指したい

期間工の大きなメリットは、学歴や経験を問わず挑戦しやすいことと、満了金などを含めた収入が高いこと。
体力が必要な業務や夜勤など大変な部分はありますが、その分しっかりと給与を得ることができます。寮生活をすれば生活費も節約できるので、お金を貯めたい人にも適しています。

この記事に関連するタグ