内勤営業とはどんな仕事?営業事務との違いや向いている人の特徴を解説!

内勤営業とはどんな仕事?営業事務との違いや向いている人の特徴を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 内勤営業とは、社内や店舗で営業活動を行う仕事
  • 内勤営業に向いている人の特徴は、「聞き上手」「勉強熱心」など
  • 内勤営業のメリットは、ノルマが少なく自分のペースで働きやすいこと
  • 内勤営業のデメリットは、給与が上がりづらいこと
  • 内勤営業が目指せるキャリアアップ先として、店長やSVがある

内勤営業の仕事内容について、イメージがつかない方もいるのではないでしょうか。営業職というと、取引先を回る外勤営業をイメージする人も多いでしょう。内勤営業は、社内や店舗に来店したお客さまに営業を掛ける仕事です。このコラムでは、内勤営業の仕事内容や向いている人をご紹介します。営業事務や外勤営業との違いも解説しているので、職種選びの参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

内勤営業とは

内勤営業とはの画像

内勤営業とは、社内や店舗内で営業活動を行う職業です。取引先に出向く外勤営業とは異なり、来店したお客さまに営業を行います。英語では「カウンターセールス」「インサイドセールス」と呼ぶことも。内勤営業が活躍する主な業界には、保険や不動産、自動車、ITなどがあります。
内勤営業には特別な知識やスキルは必要ないため、未経験歓迎の求人も見つけられるでしょう。営業を通して、柔軟なコミュニケーション能力やプレゼンテーションスキル、ビジネスマナーを身につけられます。

内勤営業の仕事内容

内勤営業の主な仕事は、電話やメールを使った営業と、カウンターセールスです
電話で営業を完結させるものや、テレアポ(テレフォン・アポイントメント)という、電話によって対面の営業機会を約束するものがあります。広告に興味を示した顧客に対して営業する「反響営業」を行うこともあるでしょう。
カウンターセールスとは、来店するお客さまの希望に沿った商品やサービスを販売・提供する仕事を指します。内勤営業の中でもカウンターセールスを行う代表例は、以下のような店舗です。

・旅行代理店
・保険代理店
・自動車販売店
・携帯ショップ
・不動産仲介業者
・ウェディングサロン

上記のような店舗で、お客さまとカウンター越しで接客をするのが一般的といえます。内勤営業は、会話の中でお客さまの細かい要望を聞き、商品の紹介や提案を行います。お問い合わせやクレーム処理も内勤営業の仕事です。

活かせる経験やスキル

接客業や販売業、テレフォンアポインターの経験がある方は内勤営業の仕事に活かせます。また、プレゼンテーション能力や、お客さまの要望を聞き出すスキルがある人は、内勤営業として活躍できるでしょう。就職・転職を有利に進めるには、目指している業界に関わる資格を取得するのもおすすめです。志望動機や自己PRで、内勤営業に活かせる経験やスキルがあることをアピールしましょう。

ほかの営業職との違い

ここでは、内勤営業と営業事務・外勤営業・インバウンドセールスとの違いをご紹介します。職種の違いを理解し、営業職への就職・転職に役立ててください。

営業事務との違い

内勤営業と営業事務は、どちらも社内で仕事をすることが多い職種です。しかし、両者には違いがあります。営業事務とは、営業職のサポートをする仕事です。営業に必要な資料作成やデータ入力を行うことがメインで、事務職の一種といえます。一方、内勤営業は社内でお客さまに営業をする仕事です。言葉は似ていますが、仕事内容は大きく異なるため、求人を探すときは混同しないように注意しましょう。

外勤営業との違い

外勤営業は、取引先や客先に社員が出向いて営業活動を行う営業職です。「訪問営業」や「飛び込み営業」と呼ばれることもあります。内勤営業と異なり、自社の商品やサービスに興味を持っていない顧客に営業する場合もあるため、成約を取るのは比較的難しい傾向があるでしょう。客先を回るため、業務時間中の行動が比較的自由なことも、外勤営業の特徴です。

インバウンドセールスとの違い

インバウンドセールスとは、商品やサービスに興味を持った人をきっかけに営業を掛ける仕事です。広告やWebサイト、メールマガジンなどを閲覧した人からの問い合わせに対応します。内勤営業(インサイドセールス)の定義と似ていますが、「成約の見込みのある顧客への営業活動全般」がインバウンドセールスなので、違いを認識しておきましょう。

営業職について深く知りたい方は、「営業職とは何をする仕事?向いてる人の特徴や男性・女性別の年収を解説!」で解説しているのでご一読ください。

内勤営業に向いている人の5つの特徴

内勤営業に向いている人の5つの特徴の画像

下記では「内勤営業に興味があるけど向いているか分からない…」という方のために、向いている人の特徴として代表的なものを挙げています。内勤営業に興味がある人は、当てはまるかどうかチェックしてみてください。

1.聞き上手

内勤営業に向いている人は、聞き上手な人です。 お客さまの要望をしっかりと聞き出せなければ、本当に必要なサービス・商品の提案はできません。内勤営業は、他愛のない世間話から商品に関する要望まで聞き、その中から求められているものを導き出せるスキルが必要な仕事です。お客さまの話をしっかりと聞き、本題や要望を把握する力が求められます。

2.接客や販売経験がある

お客さまの要望を聞いて商品やサービスを提供した経験がある人は、内勤営業に向いているでしょう。内勤営業は接客・販売の仕事と共通する共通する部分があるので、売上向上や顧客増加の実績があると評価されます。このような理由から、求人によっては接客・販売経験者を歓迎しているものもあります。

3.気配り上手

細かいところまで目が届く気配り上手な方は、内勤営業に向いています。内勤営業の仕事は、話す順序を相手に合わせて変えたり、必要に応じて類似品を紹介したりと、臨機応変な対応をすることが大切です。お客さまが快適に商品やサービスの提案を受けられるよう、好印象を与える気配りを心掛けましょう。

4.商品の勉強を怠らない

知的好奇心や向上心が強い勉強家な人は、内勤営業に向いています。内勤営業に限らず、営業は売り込む商品やサービスについて深く理解していることが必要な仕事です。自分が理解していないものを他人に勧めるのは至難の業といえます。商品説明に説得力を持たせられる勉強家な人ほど、営業として活躍が見込めるでしょう。

5.分かりやすい説明ができる

内勤営業では、顧客にしっかりと商品の良さを伝えるために、説得力のある分かりやすい説明が求められます。ときには専門用語の使用を避け、誰でも理解できるような表現が必要な場面もあるでしょう。対面や非対面は関係なく、相手に伝わり分かりやすく説明し、円滑なコミュニケーションを図れる人は内勤営業に向いています

営業の仕事に求められるスキルについては、「営業に就職するには?自分に合った求人選びのコツやおすすめの業界をご紹介」で触れています。

内勤営業はきつい仕事?

内勤営業はきつい仕事?の画像

営業職と聞くと、忙しそうな印象や売上ノルマが厳しそうなイメージを持つ方もいるでしょう。ここでは、内勤営業のメリット・デメリットを解説します。

内勤営業のメリット

内勤営業で働くメリットは、以下のようなものが挙げられます。

ノルマが少ない

外勤営業と違って、内勤営業は顧客が求める商品やサービスを提供しやすいメリットがあります。ニーズに沿った顧客が興味を持ってくれるため、契約が成立しやすく、仕事のやりがいに繋がるでしょう。ただし、顧客獲得や新規開拓を行うことが少ない分、同業他社に負けない集客力が必要になります。

モチベーションアップに繋がる

電話対応でもカウンターセールスでも、内勤営業は顧客の本当に求めるものを知るために親身に話を聞いて寄り添うことが必要です。熱心に営業を行った結果、顧客が満足して喜んでくれればモチベーションアップに繋がるでしょう。 場合によっては顧客が「お得意さま」になって継続的に関わることもありえます。成功体験を得れば、さらにやる気を引き出せるでしょう。

社内で自分のペースで働ける

外勤営業がアポイントメントを取って取引先を転々とするのに対し、内勤営業は来社(来店)する顧客に営業をするため、落ち着いて働きやすいといえます。また、移動が少ないので体力を大幅に消耗する心配もありません。混雑時には休憩を取りにくいこともありますが、暑い日や寒い日も快適な社内で自分のペースで働けるのは、メリットといえるでしょう。

内勤営業のデメリット

内勤営業で働くデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

売上がマーケティングに依存する

自ら営業をすることが少ない内勤営業は、売り上げがそのときの景気や流行、情勢に大きく左右されます。閑散期でも自発的に営業しない企業の場合、収入が下がったり伸び悩んだりすることも考えられるでしょう。

土日休みとは限らない

営業職の場合、土日や祝日が休みになるとは限りません。特に顧客が個人であれば、多くの人が休日である土日の方が稼ぎどきでしょう。企業によっては、集客のために土日や祝日にイベントを開催することもあります。 家族や友人と休みを合わせることは難しくなるため、人付き合いを大切にしたい方にはデメリットとなるでしょう。

基本給が上がりにくい

内勤営業は基本給が上がりにくいデメリットがあります。外勤営業に比べて成約見込の高い顧客を相手にするため、営業ノルマをこなしやすいイメージを持つ人もいるでしょう。たくさん商品を売ることも大切ですが、近年では顧客満足度を重視する企業も増えてきています。そのため、ノルマ達成によるインセンティブが出ることはあっても、基本給は伸び悩むことが多いようです。

内勤営業は社内の人間関係が仕事に影響することも
内勤営業は社内や店舗内で1日を過ごすため、人間関係が良い職場なら気持ち良く過ごせるでしょう。しかし、人間関係が悪いと職場での居心地が悪くなってしまいます。外勤営業の場合はそもそも社内で過ごす時間が短いため、社員同士の関係にはそれほど左右されないでしょう。どちらが良いかは人それぞれです。外勤営業か内勤営業かで迷っている場合は、人間関係という指標ももって考えてみてください。

営業職の年収は?

内勤営業・外勤営業と区分したデータはありません。参考までに「賃金構造基本統計調査 令和2年賃金構造基本統計調査」の営業関係の職種の賃金・年収のデータを見てみましょう。

  きまって支給する現金給与額(円) 年間賞与 その他 特別給与額(円) 推定年収(円)
販売店員 25万4,60 41万7,500 347万2,700
その他の商品販売従事者 31万5,830 75万3,600 453万7,200
販売類似職業従事者 35万3,200 119万0,000 542万8,400
自動車営業職業従事者 34万2,800 107万9,000 519万2,600
機械器具・通信・システム営業職業従事者(自動車を除く) 37万7,600 132万6,300 585万7,500
金融営業職業従事者 36万5,700 131万4,200 570万2,600
保険営業職業従事者 31万9,100 52万8,100 435万7,300
その他の営業職業従事者 35万7,300 115万9,500 544万7,100

引用:賃金構造基本統計調査 令和2年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口
職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)
*推定年収は、「きまって支給する現金給与額」×12か月分+「年間賞与その他特別給与額」で独自に算出

「きまって支給する現金給与額」(月賃金)は業界による差は少ないですが、「年間賞与その他特別給与額」は業界によって差が開いています。年収に換算しても、インセンティブの影響が大きいようです。営業職では、ノルマやインセンティブが収入に直結します。内勤営業では、後述するグローバル化への対応やキャリアアップなどをすることが収入増につながるといえるでしょう。

内勤・外勤に関わらず営業にはメリット・デメリットどちらも存在します。詳しくは「営業は大変なだけ?働くスタイルとやりがいを知ろう」でもお伝えしているので、ぜひ参考にしてください。

内勤営業の将来性

内勤営業の将来性の画像

ここでは、営業職の動向や内勤営業のキャリアアップ先についてご紹介します。内勤営業の将来性を理解し、自身がどのように活躍していきたいかの判断材料にしてください。

グローバル化していく

近年では、内勤営業の中でもテクノロジーを活用した非対面営業のニーズが高まっています。海外の顧客に営業をすることもあるため、これから内勤営業で働くのであれば、語学力やパソコンスキルは必須です。
昨今、事務仕事はAIに取って代わられるといわれています。そんな中、既存の営業から発展させる努力を惜しまず、売り上げを伸ばそうとする内勤営業は将来性がある職業といえます

キャリアアップを目指せる

内勤営業でキャリアアップのために必要なのは経験と実績です。資格が必須ということもないため、努力次第ではどんどん上を目指せるでしょう。キャリアアップをすることで、賃金アップが期待できます。実力がつけばインセンティブも多くなるので、年収アップもしやすいでしょう。内勤営業のキャリアアップ先は以下のようなものが多いです。

店長や支店長

店舗内での経験や実績を認められて昇進すれば、店長や支店長といった役職に就くことも可能です。一般社員からのキャリアアップの一歩目として、目標にすると良いでしょう。

エリアマネージャー

店長や支店長を経て、エリアマネージャーになることもできます。自分の管轄内の複数店舗を管理するため、営業の第一線からはやや離れることになるでしょう。経営を良くするために、各店舗のサポートやマネジメントを行います。エリアマネージャーを経験していると他社でも評価されやすく、転職先でも歓迎されるでしょう。

スーパーバイザー

エリアマネージャーと似たキャリアアップ先に、スーパーバイザーという役職があります。主に現場のサポートや管理、従業員の育成を行う、現場監督のようなものです。キャリアアップのゴールといっても良いほど、社内での地位や給与が高くなります。スーパーバイザーとしての転職なら、より高い年収への交渉もできるでしょう。

キャリアチェンジすることも可能
内勤営業は接客や販売と関わりが深い職業なので、商品企画や人事など別の道にキャリアチェンジする人もいます。 営業スキルを上げるために外勤営業に転職したり、商品価値が高い別の内勤営業を選んだりするというように、就職後の展望は幅広いといえるでしょう。

「内勤営業に興味がある」「どんな企業が求人を出しているのか知りたい」という方は、就活のプロに相談してみませんか?
ハタラクティブは、若年層の正社員就職に特化した就職・転職支援サービスです。自分の経歴に自信がない方や正社員経験がない方など、就職でお悩みの方をマンツーマンでサポートします。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望に沿った求人をご紹介。応募書類の添削や面接対策もアドバイスします。 サービスのご利用はすべて無料なので、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

内勤営業に関するQ&A

ここでは、内勤営業に関して想定される主な質問にお答えしました。内勤営業について興味のある方は、ぜひご参考にしてください。

内勤営業と外勤営業との違いは何ですか?

両者の主な違いはその営業場所や対象者です。内勤営業は店舗や社内で、自社の商品に興味がある人に購入を促すのに対し、外勤営業は取引先に赴いて、購入意思の薄い人に商品の魅力を伝え購入を促します。内勤営業は飛び込みがなく、自社の商品に興味がある人が相手なので、比較的挑戦しやすい営業スタイルといわれています。

内勤営業にはどんな仕事がありますか?

主な内勤営業の仕事は、保険代理店や住宅展示場、不動産仲介といったものです。ほかには、テレアポなど電話でのお客様対応も含まれます。内勤営業は、自社店舗に来たお客様や問い合わせをしてきたお客様への営業全般を指すので、幅広い業種で求人があるのが特徴。 ハタラクティブでは、内勤営業の求人をお探しの方のキャリア相談も承っておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

内勤営業にはどんな人が向いていますか?

内勤営業に向いている人の5つの特徴」で解説したように、内勤営業には、気配りができる人や聞き上手な人、自社の商品に興味のある人が向いています。営業という仕事で想起されるような活発さやトーク力、押しの強さなどが必要とは限りません。営業では、お客さまの言葉に耳を傾け、ニーズを汲み取るのが重要な業務なので、相手の立場に立って考えられる人に適性があるといえるでしょう。

内勤営業の仕事で辛いことはありますか?

「お客さまと対面しないので反応を掴みにくい」「成果が見えるまで時間が掛かかり、モチベーションの維持が難しい」「ずっと室内業務なので気分転換がしづらい」などを辛いと感じる人が多いようです。一方で「対面しなくても成果を挙げられる」「移動がないので効率よく営業を掛けられる」というメリットも。何を辛いと感じるのかは個人の性格にもよります。室内業務に抵抗がなく、内勤営業に興味がある方は挑戦を検討してみるのも良いでしょう。

関連タグ

  • arrow