内勤営業とはどんな仕事?営業事務との違いや向いている人の特徴を解説!

内勤営業とはどんな仕事?営業事務との違いや向いている人の特徴を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 内勤営業とは、社内や店舗で営業活動を行う仕事
  • 内勤営業に向いている方に多い特徴は、「聞き上手」「勉強熱心」など
  • 内勤営業のメリットは、ノルマが少なく自分のペースで働きやすいこと
  • 内勤営業のデメリットは、月給が上がりづらく土日休みが取りにくいこと
  • 内勤営業が目指せるキャリアアップ先として、店長や企画職などがある

「内勤営業の仕事内容って?」という疑問がある方もいるでしょう。営業職は取引先を回る外勤営業をイメージする方も多いですが、内勤営業は、社内や店舗に来店したお客さまに営業をする仕事です。このコラムでは、内勤営業の仕事内容や向いている方に多い特徴をご紹介。営業事務や外勤営業との違いや月給についても解説しているので、ぜひ職種選びの参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • どの求人に応募すればいい?
  • 受かりそうな求人はどれ?
  • 希望に合う求人の探し方がわからない・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

内勤営業とは

内勤営業とはの画像

内勤営業とは、社内や店舗内で営業活動を行う仕事のことです。取引先に出向く外勤営業とは異なり、来店したお客さまに対して営業を行います。内勤営業がある主な業界は、保険や不動産、自動車、ITなど。内勤営業に必要な知識やコミュニケーションスキルは働きながら身につけられることが多いため、未経験者歓迎の求人も見つけやすいでしょう。

内勤営業の仕事内容

内勤営業の主な仕事は、電話やメールを使った営業と、カウンターセールスです。電話で営業を完結させたり、テレアポ(テレフォン・アポイントメント)という、電話によって対面の営業機会を約束したりするものがあります。また、広告に興味を示した顧客に対して営業する「反響営業」を行うことも。カウンターセールスとは、来店するお客さまの希望に沿った商品やサービスを販売・提供する仕事を指します。内勤営業の中でもカウンターセールスを行う代表例は、以下のような店舗です。

・旅行代理店
・保険代理店
・自動車販売店
・携帯ショップ
・不動産仲介業者
・ウェディングサロン
など

上記のような店舗では、お客さまとカウンター越しで接客をするのが一般的といえます。内勤営業は、会話の中でお客さまの細かい要望を聞き、商品の紹介や提案を行います。お問い合わせやクレーム処理も内勤営業の仕事です。反響営業に興味がある方は「反響営業とは具体的な仕事内容と向いている人の特徴」をご覧ください。

正社員

内勤営業職

  • 年収 270万円 ~ 432万円

  • 残業少なめ,プライベート重視,未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり,諸手当あり

内勤営業とほかの営業職との違い

内勤営業と営業事務・外勤営業との違いをご紹介します。職種の違いを理解し、自分に合った仕事を選びましょう。

営業事務との違い

内勤営業と営業事務はどちらも社内の仕事が多い職種ですが、違いは仕事内容にあります。営業事務とは、営業職のサポートをする仕事です。営業に必要な資料作成やデータ入力を行うことがメインで、事務職の一種といえます。一方、内勤営業は社内でお客さまに営業をする仕事。仕事内容が大きく異なるため、求人を探すときは混同しないように注意しましょう。営業事務が気になる方は「営業事務の仕事」もあわせてご覧ください。

正社員

営業アシスタント

  • 年収 288万円 ~ 329万円

  • 未経験OK,賞与あり,学歴不問,昇給あり

外勤営業との違い

外勤営業は、取引先や客先に出向いて営業活動を行う営業職です。「訪問営業」や「飛び込み営業」と呼ばれることもあります。内勤営業と異なり、自社の商品やサービスに興味を持っていない顧客に営業する場合もあるため、成約を取るのは難しい傾向があるでしょう。客先を回るため、業務時間中どのようなペースや計画で行動するかが比較的自由なことも特徴の一つです。

インサイドセールスって何のこと?

インサイドセールスとは、内勤営業を英語で表したものです。電話やメールを使って営業を行い、どこでも働けるのが特徴。ほかにもカウンターセールスと呼ばれることもあります。
未経験OK多数!求人を見てみる

内勤営業に向いている人に多い5つの特徴

内勤営業に向いている人に多い5つの特徴の画像

ここでは、「内勤営業に興味があるけど向いているか分からない…」という方へ、向いている人に多い特徴を5つ解説します。内勤営業に興味がある方は、当てはまるかどうかチェックしてみてください。

1.聞き上手

内勤営業に向いている方に多い特徴の一つは、聞き上手な点です。お客さまの要望を聞き出せなければ、必要なサービス・商品の提案はできません。内勤営業は、他愛のない世間話から商品に関する要望までを聞き取り、会話のなかからお客さまが求めているものを導き出すスキルが必要です。お客さまの話をしっかりと聞き、本題や要望を把握する力が求められます。

2.接客や販売経験がある

接客業や販売業、テレフォンアポインターといった職務経験があると、内勤営業で活躍しやすいでしょう。内勤営業は、接客・販売の仕事と共通する共通する部分があり、売上向上や顧客増加の実績があると評価されます。このような理由から、求人によっては接客・販売経験者を歓迎しているものもあるのが特徴です。

3.気配り上手

細かいところまで目が届く気配り上手な方は、内勤営業に向いているでしょう。内勤営業の仕事は、話す順序を相手に合わせて変えたり、必要に応じて類似品を紹介したりする臨機応変な対応が大切。お客さまが商品やサービスの提案を快く受けられるよう、好印象を与える話し方や気配りを心掛けるのがおすすめです。

4.商品の勉強を怠らない

知的好奇心や向上心が強い勉強家の方は、内勤営業として勤務するのが向いているでしょう。営業職は、自分が顧客に売り込む商品やサービスについて深く理解していることが必要な仕事です。自分が理解していないものを顧客に売り込もうとしても、商品の魅力を伝えるのは難しいでしょう。商品説明に説得力を持たせようと努力できる勉強家な方は、営業としての活躍が期待できるといえます。

5.分かりやすい説明が得意

対面や非対面は関係なく、相手に伝わり分かりやすく説明し、円滑なコミュニケーションを図るのが得意な方は内勤営業に向いているでしょう。内勤営業では、顧客にしっかりと商品の良さを伝えるために、説得力のある分かりやすい説明が求められます。ときには専門用語の使用を避け、誰でも理解できるような表現をすることも大切です。「営業に就職するには?自分に合った求人選びのコツやおすすめの業界をご紹介」では、内勤営業に必要なプレゼンテーション能力の身につけ方を解説しているので、あわせて参考にしてください。

内勤営業はきつい仕事?人によっては働きやすい場合も

内勤営業はきつい仕事?人によっては働きやすい場合もの画像

営業職と聞くと、忙しそうな印象や売上ノルマが厳しそうなイメージを持つ方もいるでしょう。ここでは、内勤営業のメリット・デメリットを解説するので、自分にとってやりがいを感じられそうな職種であるかを参考にしてみてください。

内勤営業がきついと感じやすい点

「内勤営業がきつい」「やりがいを見つけにくい」と感じる背景には、以下のようなものが挙げられます。

景気や流行の影響を受けやすい

自ら営業をすることが少ない内勤営業は、そのときの景気や流行、情勢によって売り上げや成績が大きく左右されます。特に閑散期など、自発的に営業する機会を持ちにくい環境の場合、収入が下がったり伸び悩んだりすることも考えられるでしょう。

土日休みとは限らない

内勤営業の場合、土日や祝日が休みになるとは限りません。特に、営業先が個人である場合、顧客の多くが休日である土日を営業日とする企業が多いでしょう。企業によっては、集客のために土日や祝日にイベントを開催することも。顧客との接点を持てる一方、自分の家族や友人とは休みを合わせにくいため、人付き合いを大切にしたい方には「仕事がきつい」と感じる可能性があります。

評価が見えにくいこともある

内勤営業は成約見込みの高い顧客が多い一方、外勤営業よりも明確な評価基準を設けにくかったり、成果が評価に反映されにくかったりすることがあるでしょう。「頑張った分給与として反映される仕事がしたい」「数値やデータなど目に見える形で評価されたい」という方は、その点で内勤営業がきつく感じる可能性があります。内勤営業のきつさは「内勤営業が辛い…という方に!転職を考える際のポイント」でも解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

内勤営業が働きやすいと感じられる点

以下は、内勤営業の働きやすさややりがいを感じられる理由です。

契約が成立しやすい

外勤営業と比べて、内勤営業は顧客が求める商品やサービスを提供しやすいメリットがあります。ターゲット層に合った顧客が興味を持ってくれるため、契約が成立しやすく、仕事のやりがいに繋がるでしょう。ただし、顧客獲得や新規開拓を行うことが少ない分、同業他社に負けない集客力が必要になります。

顧客の感謝を受け取りやすい

顧客からの感謝を受け取りやすいのも、内勤営業のメリットの一つです。人と関わることが好きな人や、人を喜ばせるのが好きな人は、顧客が満足して喜んでくれることでやりがいを感じ、モチベーションアップにつながるでしょう。場合によっては顧客が「リピーター」「お得意さま」になって継続的に関われることもあります。

社内で自分のペースで働ける

混雑時には休憩を取りにくいこともありますが、暑い日や寒い日も快適な社内で勤務できるのは内勤営業のメリットです。また、来社(来店)する顧客に営業をするため、落ち着いて働けるといえます。移動が少ないので、体力を大幅に消耗する心配もありません。

内勤営業は社内の人間関係が仕事に影響することも

内勤営業は社内や店舗内で1日を過ごすため、人間関係が悪いと職場での居心地が悪くなってしまう恐れがあります。外勤営業の場合は社内で過ごす時間が短いため、社員同士の関係にはそれほど左右されないでしょう。外勤営業か内勤営業かで迷っている場合は、人間関係という指標もあわせて考えてみてください。

内勤営業を含む営業職の年収は?

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を参考に、内勤営業が含まれる営業関係の職種の賃金・年収のデータを紹介します。

 きまって支給される月給(円)年間賞与 その他 特別給与額(円)推定年収(円)
販売店員25万9,20046万6,700357万7,100
その他の商品販売従事者32万4,40081万7,400471万200
販売類似職業従事者37万9,100109万4,300564万3,500
自動車営業職業従事者36万3,300104万1,200540万800
金融営業職業従事者37万9,800151万3,300607万900

引用:e-Stat「令和4年賃金構造基本統計調査 データセット一覧 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)
*推定年収は、「きまって支給される月給(円)」×12ヶ月分+「年間賞与その他特別給与額」で独自に算出

業界による月給の差は少ないですが、「年間賞与その他特別給与額」は業界によって異なり、年収の差もインセンティブの影響が大きいようです。内勤営業を含む営業職では、ノルマやインセンティブが収入に直結することが分かります。

参照元
e-Stat
賃金構造基本統計調査 / 令和4年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種

内勤営業の経験を生かしたキャリアの選択肢

内勤営業は経験と実績があれば、努力次第でどんどん上を目指せるでしょう。キャリアアップをすることで、賃金アップが期待できます。実力がつけばインセンティブも多くなるので、年収アップもしやすいでしょう。

内勤営業の主なキャリア

ここでは、営業職の動向や内勤営業のキャリアアップ先についてご紹介します。内勤営業の将来性を踏まえ、今後自分がどのように活躍していきたいかを考える参考にしてみてください。

1.店長や支店長

店舗内での経験や実績を認められて昇進すれば、店長や支店長といった役職に就くことも可能です。一般社員からのキャリアアップの一歩目として、目標にすると良いでしょう。

2.エリアマネージャー

店長や支店長を経ると、エリアマネージャーになる道も。営業の第一線からはやや離れ、複数店舗の管理やサポート、マネジメントを行います。エリアマネージャーが職務経験としてあると、転職時にも評価されやすく歓迎される可能性が高いでしょう。

3.スーパーバイザー

エリアマネージャーと似たキャリアアップ先に、スーパーバイザーという役職があります。現場のサポートや管理、従業員の育成を行う、現場監督のような立場です。スーパーバイザーに就くには、それまでの職務経歴に対する評価や難易度をクリアする必要があるため、社内での地位や給与が高くなることが考えられるでしょう。

4.企画や商品開発

店舗で実績をあげれば、企画や商品開発など、本社勤務できるキャリアもあります。企画や商品開発には顧客のニーズ把握が欠かせないため、内勤営業でお客さまと対面していたときの経験や知識が存分に活かされるでしょう。「企画職の仕事内容とは?向いている人の特徴や未経験から就職する方法も解説」では企画の仕事内容を解説しているので、ぜひご一読ください。

内勤営業のスキルでほかの仕事に転職できる

内勤営業は、接客や販売と関わりが深い職業なので、その経験を活かして新たな業種にキャリアチェンジが可能。営業スキルを上げるための外勤営業への転職や、商品価値が高い別の内勤営業への転職、より人との関わりを重視できる人事への転職など、幅広い選択肢があります。

「内勤営業で得たスキルを活かして転職したい」という方は、就活のプロに相談してみるのもおすすめ。ハタラクティブは、若年層の正社員就職に特化した就職・転職支援サービスです。「自分の経歴を活かせる求人はある?」といったお悩みだけでなく、「正社員経験がなく不安」というお悩みもOK。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、求職者一人ひとりの適性や希望に沿った求人をご紹介します。応募書類の添削や面接対策も無料で行っていますので、お気軽にハタラクティブにご登録ください。

内勤営業に関するQ&A

ここでは、内勤営業に関するよくある疑問にお答えしました。内勤営業について興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

内勤営業と外勤営業との違いは何ですか?

主な違いは、営業場所や対象者です。内勤営業は、社内で自社の商品に興味がある顧客に購入を促すのに対し、外勤営業は、取引先で商品の魅力を伝えることで購入を促します。このコラムの「外勤営業との違い」でも解説しているように、内勤営業は飛び込みがなく自社の商品に興味がある顧客が相手なので、比較的挑戦しやすいといわれている営業スタイルです。

内勤営業にはどんな人が向いていますか?

内勤営業は、気配り上手や聞き上手、自社の商品に興味のある方が活躍しやすいです。営業という仕事で想起されるような活発さやトーク力、押しの強さなどとは限りません。営業は、お客さまの言葉に耳を傾けてニーズを汲み取るのが重要な業務なので、相手の立場に立って考えることが必要でしょう。顧客のニーズを聞き出すコミュニケーション能力を高めたい方は、「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」のコラムをチェックしてみてください。

内勤営業の仕事で辛いことはありますか?

「お客さまと対面しないので反応を掴みにくい」「成果が見えるまで時間が掛かかり、モチベーションの維持が難しい」「ずっと室内勤務なので気分転換がしにくい」などといった点が辛く感じることも。一方で「対面しなくても成果を上げられる」「移動がないので効率よく営業を掛けられる」というメリットもあり、何を辛いと感じるかは人それぞれでしょう。室内勤務に抵抗がなく、内勤営業に興味がある方は挑戦を検討してみるのがおすすめです。

内勤営業にはどんな仕事がありますか?

内勤営業の仕事は、保険代理店や住宅展示場、不動産仲介などが挙げられます。なかには、テレアポや電話での顧客対応をすることも。内勤営業は、自社店舗に来たお客さまや問い合わせをしてきたお客さまへの営業全般を指すので、幅広い業種で求人があるのが特徴。ハタラクティブでは、内勤営業の求人をお探しの方の転職相談も行っているので、まずはお気軽にご登録ください。

この記事に関連するタグ