新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 内勤営業はどのような仕事?営業事務との違いや向いている人の特徴を解説!

内勤営業はどのような仕事?営業事務との違いや向いている人の特徴を解説!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・内勤営業は社内で電話対応やカウンターセールスを行う
  • ・外勤営業のように顧客獲得から始めることは少ない
  • ・内勤営業に向いているのは「聞き上手」「気配り上手」な人
  • ・内勤営業が目指せるキャリアアップ先は、店長やSVなどがある

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

営業職と聞くと取引先に出向いて営業する「外回り」が想像しやすいですが、社内で働く「内勤営業」という職業もあります。このコラムでは、内勤営業の仕事内容についてご紹介。似たイメージがある内勤事務との違いや、向いている人の特徴についてもまとめています。未経験でも始められるのか気になる方や、内勤営業に興味がある方はぜひチェックしてみてください。
 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

内勤営業とは

内勤営業はその名の通り、社内で営業活動を行う職業です。取引先に出向く外勤営業とは異なり、来店したお客様に営業をします。特別な知識やスキルは必要ないため、未経験でも内勤営業を目指すことは可能です。営業という仕事を通して、柔軟なコミュニケーション能力やプレゼンテーションスキル、ビジネスマナーを身につけることもできます。
ここでは詳しい仕事内容や、似た印象がある営業事務との違いを見ていきましょう。

主な仕事内容

電話やメールでの営業やカウンターセールスが主な仕事で、来店するお客様の希望に沿った商品やサービスを販売・提供します。代表的なカウンターセールスを行う内勤営業は、以下のような店舗です。

・旅行代理店
・保険代理店
・自動車販売店
・携帯ショップ
・不動産仲介業者
・ウェディングサロン

こういった店舗型のお店は、従業員とお客様がカウンター越しに接客するのが一般的で、内勤営業は会話の中でお客さんの細かい要望を聞き、商品の紹介や提案を行います。お問い合わせやクレーム処理も内勤営業の仕事です。

活かせる経験やスキル

接客業や販売業、テレフォンアポインターの経験がある方は内勤営業の仕事に活かせるでしょう。業務の中で身につけていくことも可能ですが、プレゼンテーション能力やお客様の話から要望を引き出せる人材は内勤営業で活躍しやすいといえます。ほかにも、目指している業界に関わる資格があれば採用選考で有利に働くでしょう。

営業事務との違い

内勤営業と営業事務は、言葉の響きから同じ仕事だと思われることがあります。しかし、営業事務は資料作成やデータ入力がメインの事務職であり、営業のサポートが主な仕事です。内勤営業は社内でお客様に営業をする仕事なので、仕事内容は大きく異なります。
似た言葉なので、求人を探すときは間違えないようにしましょう。

内勤営業に向いている人の特徴

「内勤営業に興味があるけど向いているかわからない…」という方のために、向いている人の特徴として代表的なものを挙げているので、当てはまるかどうかチェックしてみてください。

聞き上手

お客様の要望をしっかりと聞き出せなければ、本当に必要なサービス・商品の提案はできません。他愛のない世間話から商品に関する要望まで聞き、その中から求められているものを導き出せる聞き上手な方は、内勤営業に向いています。

接客や販売経験がある

お客様の要望を聞いて商品やサービスを提供するのは、接客・販売業と共通しているため、内勤営業でも活かせる経験でしょう。求人によっては、接客や販売などの経験がある方を歓迎しているところもあります。

気配り上手

細かいところまで目が届く気配り上手な方は、内勤営業に向いています。お客様が快適に商品やサービスの提案を受けられるように、話す順序を考え、ときには類似品を紹介するなど、求められそうな情報を先回りして出すことが大切です。

商品の勉強を怠らない

商品説明に説得力を持たせるためにも、知的好奇心や向上心が強い勉強家な人は、内勤営業に向いています。自分が理解していないものを他人に勧めるのは至難の業です。勉強家な人ほど仕事で成果を出して、キャリアアップに繋げられるでしょう。

内勤営業はきつい仕事?

営業職と聞くと、忙しそうな印象や売上ノルマが厳しそうなイメージがある方もいるでしょう。ここでは内勤営業は実際どのような仕事なのか、メリットとデメリットをそれぞれ解説します。

内勤営業のデメリット

内勤営業で働くデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

売り上げがマーケティング依存

自ら営業をかけることが少ない内勤営業は、売り上げがその時の景気や流行、情勢に大きく左右されます。閑散期でも自発的に営業しない企業の場合、収入が下がったり伸び悩んだりすることも考えられるでしょう。

土日休みとは限らない

営業職の場合、土日や祝日が休みになるとは限りません。特に顧客が個人であれば、多くの人が休日である土日のほうが稼ぎ時でしょう。家族や友人と休みを合わせることは難しくなるため、人付き合いを大切にしたい方には大きなデメリットといえます。

基本給が上がりにくい

顧客の需要が高いサービスや商品を売るため、営業ノルマをこなしやすいイメージがあるかもしれませんが、内勤営業の収入は増えにくい傾向にあります。たくさん商品を売ることも大切ですが、近年では顧客満足度を重視する企業も増えてきており、ノルマ達成によるインセンティブが出ることはあっても、基本給は伸び悩むことが多いようです。

内勤営業のメリット

内勤営業で働くメリットは、以下のようなものが挙げられます。

ニーズに沿った営業ができる

外勤営業と違って、顧客が求める商品やサービスを提供しやすいというメリットがあります。顧客獲得や新規開拓を行うことが少ない分、同業他社に負けない集客力が必要ですが、ニーズに沿った顧客が興味を持ってくれるため、契約が成立しやすくやりがいに繋がるでしょう。

顧客の喜びを感じやすく、モチベーションアップに繋がる

電話対応でもカウンターセールスでも、顧客の本当に求めるものを知るために親身に話を聞いて寄り添うことが必要です。熱心に営業を行った結果、顧客が満足して喜んでくれればモチベーションアップに繋がるでしょう。
場合によっては顧客が「お得意様」になって継続的に関わることもあり、成功体験を得ることでさらにモチベーションを上げることも可能といえます。

社内で自分のペースで働ける

外勤営業がアポイントメントを取って取引先を転々とするのに対して、内勤営業は来社(来店)する顧客に営業を掛けるため、落ち着いて働きやすいといえます。また、移動することもほとんどないので体力の心配もありません。混雑時には休憩を取りにくいこともありますが、暑い日や寒い日も快適な社内で自分のペースで働けるのは、メリットといえるでしょう。

内勤営業の将来性

ここまで内勤営業の仕事内容や向いている人の特徴などをお伝えしましたが、長く勤めたいなら将来性も気になるところ。そこで、内勤営業の求人数やキャリアアップ先、業界の動向についてご紹介します。

インターネットの発達によってグローバル化していく

近年では、「インサイドセールス」というテクノロジーを活用した非対面営業のニーズが高まっており、これに利用して海外の顧客に営業をかけることもあります。そのため、これから内勤営業で働くのであれば、語学力やパソコンスキルを求められるようになるでしょう。
事務仕事はAIに取って代わられるといわれる昨今、既存の営業から発展させる努力を惜しまず、売り上げを伸ばそうとする内勤営業は、将来性がある職業といえます。

キャリアアップ

内勤営業でキャリアアップのために必要なのは経験と実績です。資格が必須ということもないので、努力次第ではどんどん上を目指せるでしょう。キャリアアップ先は以下のようなものが多いです。

店長、支店長

店舗内での経験や実績を認められて昇進すれば、店長や支店長といった役職に就くことも可能です。キャリアアップの一歩目として目標にしてみると良いでしょう。

エリアマネージャー

店長や支店長を経て、エリアマネージャーになることもできます。自分の管轄内の複数店舗を管理するため、営業の第一線からはやや離れて、マネジメントを任される役職です。経営を良くするために各店舗のサポートを行います。

スーパーバイザー

エリアマネージャーと似たキャリアアップ先に、スーパーバイザーという役職があります。主に現場のサポートや管理、従業員の育成を行う現場監督のようなものです。キャリアアップのゴールといっても良いほど、社内での地位や給与が高くなります。

内勤営業は上記のようなキャリアアップが可能ですが、接客や販売と関わりが深い職業なので、商品企画や人事など別の道にキャリアチェンジする人もいます。
営業スキルを上げるために外勤営業に転職したり、商品価値が高い別の内勤営業を選んだりと、就職後の展望は幅広いです。

「内勤営業に興味がある」「どんな企業が求人を出しているのか知りたい」という方は、就活のプロに相談してみませんか?
ハタラクティブは、若年層の正社員就職に特化した就職・転職支援サービスです。自分の経歴に自信がない方や正社員経験がない方など、就職でお悩みの方をマンツーマンでサポートします。専属のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたの希望に沿った求人をご紹介。応募書類の添削や面接対策もアドバイスします。
サービスのご利用はすべて無料なので、お気軽にハタラクティブにご相談ください。

内勤営業に関するQ&A

ここでは、内勤営業に関して想定される主な質問にお答えしました。
内勤営業について興味のある方は、ぜひご参考にしてください。

内勤営業と外勤営業との違いは何ですか?

両者の主な違いはその営業場所や対象者です。内勤営業は店舗や社内で、自社の商品に興味がある人に購入を促すのに対し、外勤営業は取引先に赴いて、購入意思の薄い人をその気にさせて購入を促します。内勤営業は飛び込みがなく、自社の商品に興味がある人が相手なので、比較的挑戦しやすい営業スタイルといわれています。

内勤営業にはどんな仕事がありますか?

主な内勤営業の仕事は、保険代理店や住宅展示場、不動産仲介といったものです。ほかには、テレアポなど電話でのお客様対応も含まれます。内勤営業は、自社店舗に来たお客様や問い合わせをしてきたお客様への営業全般を指すので、幅広い業種で求人があるのが特徴。 ハタラクティブでは、内勤営業の求人をお探しの方のキャリア相談も承っておりますので、まずはお気軽にご登録ください。

内勤営業にはどんな人が向いていますか?

内勤営業に向いている人の特徴」で解説したように、内勤営業には、気配りができる人や聞き上手な人、自社の商品に興味のある人が向いています。営業という仕事で想起されるような活発さやトーク力、押しの強さなどが必要とは限りません。営業では、お客様の言葉に耳を傾け、ニーズを汲み取るのが重要な業務なので、相手の立場に立って考えられる人に適性があるといえるでしょう。

内勤営業の仕事で辛いことはありますか?

内勤営業では「お客様と対面しないので反応を掴みにくい」「成果が見えるまで時間がかかかり、モチベーションの維持が難しい」「ずっと室内業務なので気分転換がしづらい」といったことを辛いと感じる人が多いようです。しかし、一方で「対面しなくても成果を挙げられる」「移動がないので効率よく営業をかけられる」などのメリットも。何を辛いと感じるのかは個人の性格にもよります。室内業務に抵抗がなく、興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ