営業事務の仕事職種図鑑

営業事務の仕事内容

営業をサポートする営業事務の仕事。日々どんな業務に取り組んでいるのかご紹介していきます。

【業務内容】

・商品の受発注、在庫管理

・請求書の作成

・見積書の作成

・電話対応

・データ整理、情報収集

・プレゼンテーションなどに使う資料の用意

営業事務は一言でいうと営業担当者のサポートをする仕事。営業3~5名に対して1人の営業事務がつくのが一般的な比率です。

営業事務は商品の受発注、資料の作成から顧客への電話対応までを対応し、営業担当者がスムーズに仕事ができるよう業務を行います。似た名称の「一般事務」は企業全体の事務を担当しますが、営業事務は営業に特化した補助業務にあたる職種です。営業担当者が不在の際は、顧客のクレーム対応や商品の説明をすることもあるので、自社製品やサービスに関する知識が欠かせません。

事務というとパソコンに向き合って仕事をするイメージがありますが、営業事務は社内の他部署や顧客と接する機会が多くルーティンワークが少ないのが特徴。顧客の要望に柔軟に応じる必要があり、臨機応変な対応力が求められるでしょう。

営業担当者の裏方としてチームを支える営業事務は、「誰かの役に立ちたい」という思いのある方にとってやりがいのある仕事です。営業事務の仕事は営業職と違って結果が数字で見えることはありませんが、営業から感謝されたりチームが目標を達成した際に、自分もその一員として喜びを感じられます。

営業担当者がどんなに優秀であっても、裏で支える営業事務がいなければ高い成果を上げることはできません。営業事務は表舞台に立つことはありませんが、企業の業績を支える貴重な存在だといえるでしょう。

営業事務には、顧客情報に関する書類管理など、ミスが許されない仕事が多くあります。小さなミスが顧客の信頼喪失にもつながるので、常に正確性に気を配らなければならないのが仕事の大変なところ。特に受発注の管理や請求書の作成などは気が抜けません。

また、営業担当者に代わって顧客と電話で直接やり取りする場面もあるため、適切なコミュニケーションで信頼関係を維持しなければならないという責任があります。営業事務の対応次第で営業担当者への信頼感が変わることもあるので、裏方といっても顧客への理解やビジネスマナーを守った行動を意識しなければなりません。

営業事務の仕事の苦労は、スケジュール管理にもあります。営業事務は営業の都合に応じて複数の業務を同時に進めるので、計画を立てて業務が遅れないよう気を配る必要があります。営業事務として活躍するには、物事を正確に、そして計画的に処理していく力が求められるでしょう。

営業事務の給与年収待遇

営業事務の平均年収は250万円前後。年齢が上がるにつれて給与は高くなる傾向にあります。営業職は一般事務と比べて専門的な知識を求められるため、収入に関しても営業事務のほうがやや高くなるでしょう。残業が多いか少ないかでも、年収額には違いが出てきます。

営業事務は、転職を重ねて年収アップを図る人が多い職種でもあります。

営業事務になるには

【就業するまでの流れ】

営業事務を目指すには、募集を行う企業の求人に応募します。営業事務には特別な資格は必要ありませんが、パソコンの基本操作ができることが条件である場合がほとんどです。

大学卒業者を募集している企業がある一方で高卒を歓迎している企業もあるので、自分に合った求人を探すと良いでしょう。

【プラスになるスキルや素養】

・語学力

海外と取引のある企業では採用条件に英語や中国語などの語学を掲げている求人があり、語学ができると就業先の選択肢が広がります。

・几帳面さ

重大な書類の作成など、営業事務の仕事では正確性が求められる場面が多々あります。ちょっとしたミスが大きな損害につながる可能性もあるので、営業事務は几帳面な人や細かな作業が好きな人に向いているでしょう。

・素早く仕事を処理する能力

営業事務は営業や顧客のペースに合わせて仕事をするため、仕事が立て込む場面が少なくありません。事務の仕事が滞ると営業のスピードにも影響が出てしまうため、営業事務には仕事を能率的に進める手腕が求められます。

営業事務の将来性

【業界や職種のニーズ】

営業事務は営業部門のある大抵の企業でニーズがあるため、広告や不動産をはじめさまざまな業界で活躍できます。

正社員のほかに派遣社員や契約社員、パートタイムといった雇用形態があるので、就業先によってはライフスタイルに合わせて無理なく働くことができるでしょう。

【活躍できる場所】

営業事務は社内でのやり取りや電話での顧客対応はあるものの、デスクワークが基本です。ほとんどの場合、営業担当者と同じ営業部への配属となります。

【キャリアアップするには】

営業事務は見積書の作成といったお金に関わる業務を担当するため、ある程度経験を積んで経理事務にキャリアチェンジする人が少なくありません。

また、事務職には専門的な知識を要する「専門事務」という職種があります。専門事務の一例を挙げると、輸出入の手続きを行う「貿易事務」や、特許の出願に必要な書類の作成をする「特許事務」など。専門事務の求人の多くは経験者を優遇しているため、営業事務で経験を積んでから、専門事務にステップアップするというルートがあります。営業事務の経験は他の事務職種に活かすことができるため、将来のために営業事務でスキルを磨いているという方が多いのでしょう。

英語ができる方は、営業事務で事務関連のスキルを身につけた後、「英文事務」に就くというパターンもあります。

営業事務の志望動機例

営業事務に求められるスキルや特徴などを紹介しているページです。

どのようなシチュエーションのときに、どのような行動や対応をしたら良いのか、などのアドバイスを載せています。あったほうが有利な資格やスキルのほかにも、未経験の方、経験者の方が伝えると評価につながる可能性のある、志望動機のコツなども用意しました。営業事務を目指す方は参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ