営業事務の仕事

営業事務の仕事の画像
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

営業事務とは

営業事務とは、営業担当者に代わって事務作業などを行う仕事です。営業担当者は基本的に、外回りや取引先・顧客との交渉など社外での業務の割合が多いといえます。営業事務は、営業担当者が業務に集中して取り組めるよう、社内での文書作成、データ管理などの事務作業を担当。企業によっては「営業アシスタント」「営業サポート」と呼ばれますが、ほぼ同義と考えて良いでしょう。

営業事務と一般事務の違いは?

営業事務と一般事務の一番の違いは、連携部署の範囲の広さにあります。一般事務は幅広い部署に配属される可能性があり、配属された部署の主要業務が円滑に進むようにサポートするのが仕事です。文書作成や電話対応など、業務自体は似ている部分もありますが、営業事務は会計やデータ管理といった営業に関する専門知識が必要といえます。また、問い合わせや交渉など、社外の人と関わる機会が多いのも営業事務ならではでしょう。詳しくは、「営業事務とは?一般事務との違いや仕事内容を解説」のコラムをご覧ください。

営業事務の仕事内容

営業事務は、オフィスでのデスクワークが中心です。企業の扱う商品やサービスによって、細かい仕事内容の違いはありますが、営業担当のサポートという目的は変わりません。

具体的な業務内容

営業事務の仕事は大きく分けて、文書作成など社内での業務と、電話対応などの対外業務の2つに分類されるといえます。営業事務の仕事内容は以下のとおりです。

【社内業務】
・商品の受発注、在庫管理
・請求書や見積書などの文書作成
・データ整理、情報収集
・プレゼンテーションなどに使う資料の用意
・顧客情報の管理

【対外業務】
・電話・メール対応
・来客対応

営業事務は、営業担当者の業務がスムーズに進むよう、商品の受発注、資料の作成から顧客への電話対応までさまざまな業務を行います。営業担当者が不在の際は、顧客からの問い合わせや商品の説明をすることもあるので、自社製品やサービスに関する知識が欠かせません。また、受発注の管理や請求書の作成など、数値や表記のミスが部署の損失につながる業務も多いでしょう。

営業事務が活躍する場

営業事務は、主に企業の営業部署や営業担当者の下で活躍しています。一般事務は前述のとおり、幅広い部署と連携して業務を行うことが多いですが、営業事務は営業の部署に特化した業務が大半です。そのため、営業部署を設けている多くの企業で活躍できるでしょう。

営業事務のやりがい・大変なところ

営業担当者の裏方としてチームを支える営業事務は、「誰かの役に立ちたい」という思いのある方にとってやりがいのある仕事です。営業事務の仕事は営業職と違って結果が数字で見えることはありません。しかし、営業担当者がどれだけ優秀であっても、裏で支える営業事務がいなければ高い成果を上げることはできません。営業事務のサポートは部署や営業担当者のパフォーマンスに大きく関わるため、業績アップや売上目標の達成の際には、チームの一員として達成感を味わえるでしょう。
一方で、営業事務の大変なところは、良くも悪くも営業担当の仕事に大きな影響を与えかねない点です。顧客とのやりとりは関係性に直結するほか、請求書や見積書は数字の打ち間違いが損失を招く可能性があります。営業担当3~5人に対して1人で作業することが多いため、それぞれの顧客や取引の進捗、必要な対応などを常に把握して連携をとり続けなければいけません。パソコンスキルやビジネススキルなど多様なスキルや専門知識を求められる点も、大変に感じる方がいる要因でしょう。

ただし、営業事務で身につけられるパソコンスキルや文書作成能力、コミュニケーション能力は、さまざまな職種や業界で応用できるといえます。責任の伴う営業事務の仕事ですが、それを凌駕するやりがいとメリットがあると考えて良いでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

営業事務の年収

令和4年賃金構造基本統計調査」によると、営業事務に該当する「営業・販売事務従事者」の平均月収はおよそ31万円でした。賞与の平均額はおよそ90万円だったため、単純計算で年収は約462万円といえます。ただし、経験年数や企業規模、派遣社員やパートなどの雇用形態によって大きく異なる可能性もあるため、求人情報をしっかりチェックすることが重要です。

参照元
e-Stat
令和4年賃金構造基本統計調査 職種(小分類)別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計) 

営業事務の将来性

AIの発達などによって、営業事務の業務内容が変わることは考えられますが、将来性を過度に心配する必要はないといえます。理由について、以下にまとめました。

ニーズ

営業事務のニーズは、時代に合わせて変化する可能性はありますが、ゼロになることはないと考えて良いでしょう。現代はIT技術やAIチャットなどが広く浸透し、その完成度も高くなっています。営業事務が現在担っている文書作成やデータ管理などのルーチンワークは、いずれ自動化され、よりミスの少ないAIなどに一任される可能性はあるでしょう。しかし、営業事務は営業担当者との連携や顧客対応など、人でなくてはできない重要業務があります。事情に合わせた臨機応変な対応や商品や取引についてのきめ細やかな説明は、現段階ではAIより人間の方が信頼度が高く、意思疎通もはかりやすいといえるでしょう。将来的にはAIと人間の分業が進み、人間のニーズが減っていく恐れはあるといえます。しかし、そのぶん対人業務への適性やスキルを重視する傾向になっていくことが考えられるでしょう。

キャリアアップ

営業事務のスキルや経験を活かし、秘書や英文事務など、より専門性の高い職業へキャリアアップする方もいるようです。秘書は、担当する上司や役員のそばで雑務やスケジュール調整を行うため、誰かをサポートすることに達成感ややりがいを感じる方が向いているといえます。また、英語などの語学力や専門知識が必要な英文事務や貿易事務を目指す方も。営業事務はパソコンスキルやコミュニケーション能力などが身につくため、上記以外にもさまざまな職業に応用が利くといえるでしょう。

営業事務に必要な資格

営業事務の仕事は、特別に必要な資格がなくても就職可能です。ただし、幅広い業務に携わるため、以下のような資格を取得しておくと有利に働く可能性があります。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

MOSは、ExcelやWordなどのスキルを証明するための資格です。どの程度パソコンスキルがあるのかを客観的に示せるほか、業務の効率化にも役立ちます。データ管理や文書作成、資料作成などの業務を任されることの多い営業事務を目指すなら、取得しておくと良いでしょう。

秘書検定

秘書検定を取得すると、ビジネスマナーや社会常識が身につきます。営業事務は、取引先や顧客など社外の人とコミュニケーションをとる機会が多々ありますが、失礼な振る舞いは関係性の悪化やイメージダウンの恐れもあるでしょう。秘書検定の取得は、マナーや社会常識をわきまえているというアピールに役立つといえます。

簿記

簿記3級以上を取得すると、経理や会計、財務に関する知識のアピールが可能です。営業事務では、経費や売上の管理、伝票の整理などを任される場合が多々あります。簿記でお金の記録・計算に関する知識を学んでおけば、アピールになるほか、未経験の場合でもスムーズに業務を覚えられる可能性が高くなるでしょう。

営業事務に限らず、資格の必要ない事務職の求人は多いといえます。しかし、資格取得がアドバンテージになる場合も多いでしょう。事務職の資格について詳しく知りたい方は、「事務系の資格を持っていれば未経験でも採用で有利になる?」をご覧ください。

営業事務になるには

営業事務は、未経験・無資格からチャレンジ可能です。ここでは、営業事務になるまでの流れや、評価されやすいポイントについてまとめました。

就業までの流れ

営業事務は、雇用形態からスキル・資格の要不要まで幅広い求人があります。希望の条件や自分の経験・スキルと照らし合わせながら探してみましょう。未経験から応募できる正社員求人もあるほか、パート・アルバイトなどの非正規から始めて、正社員を目指すことも可能です。

プラスになるスキルや要素

営業事務は未経験であっても、パソコンスキルやコミュニケーション能力が備わっていると評価されやすいといえます。営業事務を目指すにあたって、プラスになるスキルや要素をまとめました。

・パソコンスキル
・コミュニケーション能力
・ビジネスマナー
・事務処理能力

事務職として必要不可欠なパソコンスキルや事務処理能力は、文書作成やデータ管理に大いに役立つといえます。また、営業事務の特徴は、社内外を問わずさまざまな人とコミュニケーションを取る必要がある点。営業担当者との細かい打ち合わせや連携に対応するため、相手の意図を読み取るコミュニケーション能力があるとプラスになるでしょう。取引先や顧客と電話やメールでやり取りしたり、場合によっては営業担当に代わって商品・サービスの説明を担ったりするため、ビジネスマナーの知識をアピールすると有利に働きます。
そのほか、営業の経験もプラスの要素の一つです。経験をもとにより細やかなサポートを行えるという点を、積極的にアピールしてみましょう。

営業事務の志望動機

営業事務の志望動機を考えるには、まず自身の経験や性格から「営業事務に向いている」と思った理由を探りましょう。理由を見つけたら、企業の採用ページや求人情報を確認し、応募先の企業が求めている人物像に沿って作成することがポイントです。ここでは、向いている人の特徴と志望動機の具体例をご紹介します。

営業事務が向いている人

営業事務が向いている人は、コミュニケーションが得意な人や事務処理能力に長けている人でしょう。以下で理由を詳しく解説します。

コミュニケーションを取るのが好きな人

常に気持ちよく、丁寧なコミュニケーションが取れる人は、営業事務に向いているといえるでしょう。営業事務は前述のとおり、営業担当者や取引先をはじめ、社内外のさまざまな人とのコミュニケーションが必須です。営業担当者が安心して営業の業務に集中できるように、細かく丁寧な打ち合わせや情報共有が求められるでしょう。また、多くの取引先と連絡を取り合うため、それぞれの担当者の性格や適した接し方を心得ておく必要があります。ときには営業担当に代わり、取引先の要望に応えたり提案・交渉をしたりと、積極的に動かなければいけない局面も。人と接するのが好きで、どのようなときも笑顔で対応できる人におすすめです。

事務処理を正確にできる人

営業事務には正確な事務処理能力や、注意力・集中力が必要不可欠です。営業事務が行う請求書などの文書作成や発注業務などは、期限が決まっているうえ数値や表記のミスが重大な損失につながる恐れがあります。ちょっとした関数の扱いや文書上の表記にも注意が必要なため、文書やデータの作成や事務処理を素早く正確にこなせる人が向いているでしょう。

マルチタスクが得意な人

営業事務は、マルチタスクの得意な人が向いているといえます。複数の業務を同時に担当する営業事務は、それぞれの締め切りや重要度を的確に判断し、優先順位をつけて進行する必要があるためです。また、急な業務依頼や来客・受電の対応などで、それまで行っていた業務をさえぎられてしまうことも多々あります。急な変更にも対応しなければいけないため、常にタスクを整理できる臨機応変さも求められるでしょう。

未経験者の志望動機

未経験から営業事務を目指す場合、志望動機には自分の強みだけではなく、「なぜ営業事務を選んだのか」説得力のある理由とともに伝える姿勢が重要です。前職やプライベートでの経験など、相手が納得できる経験を交えて書くと良いでしょう。

例文

私はアルバイトの経験から営業事務を志し、貴社を志望いたしました。雑貨店でアルバイトをしているのですが、受発注業務や文書作成、店長の補佐などを任されています。これらの経験からWordやExcelなどのパソコンスキルが身についたほか、誰かをサポートすることの楽しさとやりがいに気づくことができました。貴社では営業担当者と営業事務が1人ずつ組むため、丁寧できめ細やかなサポートができると考え応募しました。営業事務は未経験ではありますが、これらの経験を活かし、貴社に貢献したいと考えております。

経験者の志望動機

営業事務の経験がある場合は、その経験や学んだこと、得意なスキルなどをアピールした志望動機を作成しましょう。

例文

私は、1人でも多くの営業担当者を支えられる営業事務になりたいと考え、貴社を志望いたしました。現在は医療機器メーカーの営業事務をしており、スケジュール調整や文書作成、問い合わせ対応などを担当しております。前職は営業担当者と営業事務が1人ずつ組むスタイルだったのですが、自らのスキルを伸ばすためにも、より多くの営業担当者と関わり、経験が積める大規模な営業部署で働きたいと考えるようになりました。貴社では、営業担当者を裏でサポートするだけでなく、営業活動への同行や提案・交渉にも参加できると聞いております。これまでの経験を活かし、営業担当者をより深くサポートしたいと考え、志望いたしました。

志望動機がうまく作成できないという方は、「志望動機が書けない理由は?新卒や転職者のためのコツを例文つきで解説!」を参考にしてみてください。また、営業事務を目指すのであれば、志望動機だけではなく、職務経歴書の書き方にも注意しましょう。営業事務の職務経歴書を作成する際には、パソコンスキルやコミュニケーション能力だけでなく、具体的な実績、提案力をアピールするとより効果的です。営業事務の職務経歴書の書き方は、「営業事務の職務経歴書はどう書く?書き方のポイントや例文を紹介」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせてご覧ください。

営業事務に関するFAQ

ここでは、営業事務の仕事内容に関するお悩みにQ&A方式で回答していきます。営業事務への転職を考えている方は、ぜひ役立ててみてください。

営業事務の仕事に就くメリットは?

営業事務の仕事に就くことで、さまざまなスキルを身につけられるメリットがあります。顧客対応を通じてビジネスマナーやコミュニケーション能力、ExcelやWordといった基本的なパソコンスキルを身につけることが可能です。ほかにも、会社で取り扱っている商品やサービスに関する知識や業界全体の動向を把握できることも、営業事務に就くことのメリットといえるでしょう。

営業事務の1日の仕事の流れは?

営業事務は朝のミーティングの前にメールや当日の仕事内容を確認する必要があるので、余裕を持って出社することが多いようです。ミーティング後は、顧客対応や営業から依頼された仕事を進めていきます。休憩後は引き続き顧客対応を行いながら、夕方までに受注管理を完了。夕方ごろには、営業部門のメンバーが帰社するので、必要であればミーティングを実施します。定時になったら退社となりますが、時間内に処理できなかった仕事がある場合には、残業が発生することもあるでしょう。

営業事務の仕事内容はきつい?

営業事務の仕事はやりがいが大きいものの、大変さを感じる場面も多いといえます。その理由は、「スピード感を求められる」「休憩時間が安定しない」「専門知識が必要である」などです。このような理由から、営業事務の仕事はきついと感じる人が多いのでしょう。営業事務の仕事内容について詳しく知りたい方は「営業事務の仕事はきつい?辞めたい理由や疲れたときの対処法を解説」のコラムで解説しているので、参考にしてみてください。

営業事務の仕事の種類は?

営業事務の仕事には、訪問販売やルートセールス、内勤営業、海外営業などさまざまな種類があります。それぞれ良い点や大変な点があるため、営業事務への転職を考えている人は、事前によく確認しておくのがおすすめです。「営業の仕事の種類はどんなものがある?」のコラムでは、営業事務の種類を詳しくご紹介しているので、あわせてご覧ください。ハタラクティブでは、カウンセリングをもとにあなたにぴったりの営業事務の求人をご紹介します。ぜひご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…
ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧