仕事がきついと感じたときの対処法

仕事がきついと感じたときの対処法の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が「きつい」と思う主な理由は、長時間残業・仕事の適性の不一致・人間関係など
  • ・「きつい」と言われている業界や職種は、サービス、販売業、SE、プログラマー、介護士、看護師など
  • ・きつい仕事の対処法は、目標設定をすることや業務の効率化を図ること、要因と向き合うことなど
  • ・転職を検討するなら、転職エージェントを活用するのがおすすめ

仕事がきついと感じながら、日々会社に向かっている人は少なくありません。
どのようなときに仕事に対するつらさを感じるのでしょうか?
そこで今回は、一般的にきついと言われている職種と仕事のつらさを軽減する方法をまとめました。

◆「仕事がきつい」と感じる理由

◇長時間残業・休日出勤が多い

仕事量が多く、連日の残業は当たり前。休日もなかなか休むことができない状態では、「きつい」と感じるのは当然といえるのではないでしょうか。
仕事をこなしても終わりが見えないと、責任感から帰れなくなってしまう人もいるようです。
また、マルチタスクで仕事を抱えている人は、しっかりとした休みを確保できず、肉体的・精神的に追い込まれてしまうケースもあるようです。

◇仕事内容が向いていない

働いてみると思っていた業務内容でなかった場合や、できると思っていたことが苦手だったというように、仕事の内容自体がその人に適していないこともあります。
例えば、活発で人と接することが好きだったことから、営業職に就いたものの、プライベートとは異なるコミュニケーション能力を求められ、うまくいかないと感じるケースも。
努力や工夫次第で、カバーできることもありますが、仕事には向き不向きがあるので無理だと感じた場合は早めに対処する必要があります。

◇人間関係のストレス

1日のほとんどを会社で過ごす人もいます。職場の人間関係がうまくいかない場合、仕事に行くのがきついと感じる人は少なくありません。
完全に個人で仕事を進める職種は別ですが、だいたいの仕事は人と関わりながら進めていきます。
実際に、退職理由に人間関係を挙げる人は多くいるようです。

◆「きつい」と言われることが多い業界・職種

「きつい」と言われる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

◇サービス業・販売業

飲食店やホテルなどのサービス業やアパレルなどの販売業は、勤務時間が不規則で立ちっぱなしなことが多く、体力的な面でつらいと感じる人が多いようです。
土日をはじめ、年末年始、お盆など、多くの人が一般的に休みを取る期間は繁忙日になることが多く、家族や友人と時間を合わせづらいという点につらさを感じる人もいるようです。

◇SE、プログラマーなどのIT下請け業

SE、プログラマーの仕事は、1つの業務を特定の人のみが担当するケースが多く、作業を分担できない為、長時間労働になることが多いとされる業界です。
プロジェクトが成功した時の達成感が大きい反面、納期が迫ると休日出勤や残業が続き、肉体的に辛いと感じる人が多いようです。

◇介護士・看護師の仕事

介護・看護の仕事は、肉体的にハードと言われている仕事です。
勤める介護施設や病院によっては、夜勤や長時間労働になることもあります。
また、サービス業・販売業と同じように、一般の人が休みを取ることが難しいという意見も。
介護士や看護師は、人の死に直面する場面があるため、肉体的な面だけではなく、精神的な強さも求められる仕事と言えるでしょう。

◆きつい仕事を乗り切る方法

◇目標を設定する

現状で楽しめること、頑張りたいと思う目標を探してみましょう。
自分なりの工夫をして楽しみを見出せるようになると、明るい気持ちで仕事に向き合える場面が増えてくるはずです。
目標は、小さなことでかまいません。
例えば、得意な作業をする際に時間を設定し、決められた時間までに正確に作業を終わらせるなど、小さな達成感を感じることで仕事にメリハリをつけることができます。
繰り返し達成感を感じる場面を持つことは、仕事に対するモチベーションを維持するのにも効果的です。

◇業務の効率化を図る

改善・効率化できる業務フローがないかを考えましょう。
作業が効率的に進めば、残業を少なくできる可能性があるので、肉体的にきつい場合は効果的です。
身体を十分に休めることができれば、精神的なゆとりも出てきます。

◇配置転換を希望する

どうしても、仕事が合わないと感じた場合、上司に配置転換できるか相談してみましょう。
当然のことですが、少しやってみただけで合わないと判断するのではなく、上記で述べたように、目標設定や業務フローの見直しなど自分なりに対処してから相談しましょう。

◇きついと感じる要因と向き合う

「きつい」と思っていることは、乗り越えることができそうなものか、乗り越えたらステップアップなどの得るものがあるかどうかを考えてみましょう。
どうしても、乗り越えられそうにないという場合や、乗り越えることができたとしても、その先が不安な場合は転職を視野に入れるときかもしれません。
心身に支障が出るほどつらくなってしまう前に、自分の正直な気持ちと向き合ってみましょう。


一人で、悩んでいても解決できないときは、信頼できる人に相談することをおすすめします。
「客観的な第三者のアドバイスが欲しい」という方は、就職・転職支援を行っているエージェントを利用するのも一つの手。
高卒・第二新卒・既卒・フリーターを中心に就職・転職支援サービスを提供しているハタラクティブでは、専任の就活アドバイザーに転職にまつわるさまざまな悩みを相談することが可能です。
事前にしっかりとカウンセリングを行うので、求職者の適性や希望を考慮した正社員求人を紹介することができます。
仕事がきつくて悩んでいる、転職を考えているという人は、ぜひお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION