新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事をやりたくないときの対処法とは?モチベーションを上げる方法もご紹介

仕事をやりたくないときの対処法とは?モチベーションを上げる方法もご紹介

【このページのまとめ】

  • ・仕事をやりたくないときは、業務内容や職場環境が原因なこともある
  • ・仕事をやりたくないときは、長期休暇を取って体と心を休ませるのが有効的
  • ・仕事をやりたくないときは、信頼できる同僚に相談すると気持ち楽になることも
  • ・仕事をやりたくないときは、真面目に考え過ぎず適度に手を抜いてみるのも大事

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

仕事をやりたくないときは、誰でも一度は経験したことがあるでしょう。なかには、漠然と仕事をやりたくないと感じており、原因がよく分からないという人もいるはずです。このコラムでは、仕事をやりたくないと感じている理由とその対処法を解説します。ほかにも、モチベーションを上げる方法や、仕事をやりたくないと感じたときの対処法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事をやりたくないときの心理

仕事をやりたくないときの心理は、人それぞれ異なります。職場環境に不満を感じていたり、プライベートに悩みがあったりすると、仕事をやりたくなくなるものです。仕事をやりたくないときは誰にでもあるため、自分を責める必要はありません。
しかし、仕事をやりたくない心理状態から抜け出せないと、気持ちはつらいままです。仕事をやりたくない心理と働かなくてはいけない現実を繰り返し感じ、悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。まずは、仕事をやりたくない根本的な原因を理解する必要があります。
仕事をやりたくない理由を知り、自分に合った対処法を見つけましょう。ほかにも、働きたくない心理の改善法を知りたい方は「働きたくない心理の改善方法とは」のコラムをご覧ください。

【業務内容】仕事をやりたくない理由

業務内容に不満を抱えていると、仕事をやりたくない気持ちになりやすいでしょう。入社して間もないころはやる気があっても、業務に慣れてくると単純作業のように感じてしまい、モチベーションが上がらないこともあります。ここでは、仕事をやりたくない理由をご紹介しますので、当てはまるものがあるかチェックしてみてください。

仕事にやりがいを感じなくなった

仕事に対する意欲が下がり、やりがいを感じなくなる人もいます。仕事を始めたばかりの頃は、新しいことの連続で刺激的に感じていても、慣れてくるとつまらないという気持ちになる場合も。業務に慣れると効率的に仕事をこなせますが、作業がルーティン化してしまい、やる気や向上心がなくなってしまう人もいます。
ほかにも、自分の仕事が正当に評価されていないと、やりがいを感じられなくなるでしょう。どれだけ良い成績を残しても、周りから評価されないとモチベーションを保つのが難しく、仕事をやりたくないと感じてしまいます。

仕事量が多い

抱えている仕事量が多過ぎてやる気を失い、やりたくないと感じることもあるでしょう。仕事量が多い原因はいくつか考えられます。人手不足や繁忙期で全員が忙しい場合、自分ではどうすることもできないため、上司に改善してもらえるようお願いするしかありません。また、慣れない仕事を任されたり経験が浅かったりすると、作業に時間がかかることもあります。時短できる業務を探して、スケジュールを管理するというように、効率化を図るための工夫が必要です。常に全力で仕事を続けることは難しいため、集中する時間を決めてこまめに休憩を取るなど、自分に合った方法を見つける必要があります。

ほかにやりたい仕事がある

ほかにやりたいことが決まっていると、仕事に対するモチベーションを上げられないでしょう。やりたい仕事と担当している業務に共通点がない場合は、将来のためにならないからやりたくないと感じてしまいます。自分の理想と現実にギャップを感じると、仕事の意欲も低下していくものです。しかし、今の仕事を辞めてやりたいことに挑戦するにも、一歩踏み出す勇気が求められます。今すぐにやりたい仕事を始めるのが難しい方は、趣味の範囲から着手してみるのがおすすめです。やりたい仕事に関連する勉強をしてみたり、副業を始めてみたりすると、やりたいことが自分に向いているか、改めて気づくこともあります。

【職場環境】仕事をやりたくない理由

仕事をやりたくない理由が職場環境にある場合は、今すぐに変えられないため、悩んでしまう人も多いでしょう。職場の環境は、仕事をするうえで切っても切り離せないものです。ここでは、よく聞く職場環境の不満や悩みを見ていきましょう。

人間関係が良くない

一緒に働きたくない人が職場にいると、仕事をやりたくないと感じる場合があります。部下の意見を聞かない上司や、ミスを必要以上に指摘する先輩がいると、不信感を持ってしまうのも無理はありません。上司や先輩との関係が良くないと、業務に関する相談がしにくくなり、仕事に影響が出てしまいます。
ほかにも、情報共有が十分にできていない職場は、誤解が生じやすく仕事に支障をきたすこともあるでしょう。社員同士のコミュニケーションが不足していると、職場の風通しも悪く雰囲気もよくないため、仕事をやりたくないと感じることも。どのような仕事をしていても人間関係の悩みはつきものですが、話しやすい上司がいるのであれば、相談してみるのも良いでしょう。
ほかにも、合わない上司がいると悩んでいる方は、対処法が記載されている「「上司と合わない…」ストレスを感じているときに使える対処法!」のコラムもぜひご覧ください。

給料が低い

業務の成果として十分な対価が支払われていない場合、仕事をやりたくないと感じてしまいます。難しい業務内容にもかかわらずお給料が低かったり、何年働いてもほとんど昇給しなかったりすると、仕事のモチベーションは低下していくものです。給料だけが仕事のモチベーションではありませんが、収入は生活に直結しているので、将来にも影響を及ぼします。
給料に対して不満を抱えたまま仕事をするのは、不安になるものです。仕事内容は好きでも給料だけが満足していない場合は、副業をして足りない分の収入を補うのも良いでしょう。まずは、自分が納得できる給料はどの程度なのか、考えてみるのがおすすめです。

業務の負担が大きい

業務の負担が大きいことが理由で、仕事をやりたくないと感じることもあるでしょう。初めて任される仕事のやり方が分からず、うまくできない経験は誰でもするものです。しかし、何度も同じミスを繰り返したり、何カ月経っても分からないことが多かったりすると、自分の実力不足を実感してしまいます。過去の自分と比べて成長を感じられないと、仕事に向いていないのかと悩んでしまうことも。まずは、業務の負担が大きいことを、上司や先輩に相談をしてみるのも良いでしょう。効率的なやり方を教えてもらえる可能性もあります。仕事をスムーズにこなせるようになると、ミスが減り自分に自信がつくでしょう。

勤務形態が自分に合わない

仕事で生活リズムが乱れるとストレスが溜まり、仕事をやりたくないと感じてしまいます。夜勤と日勤を繰り返す交代勤務や、休みがバラバラのシフト制勤務を続けていると、自分でも気づかない間にストレスが溜まっていることも。どれだけ長く続けても慣れない場合は、勤務形態が自分に合っていない可能性も考えられます。ストレスが蓄積すると、それが原因で眠れなくなってしまうことも。仕事とプライベートのバランスが取れる生活リズムを考えてみましょう。

【私生活の悩み】仕事をやりたくない理由

私生活に悩みやストレスを抱えていると、仕事に影響が出ることもあります。仕事をやりたくない理由は、業務内容や職場環境だけではありません。家庭と仕事の両立が大変だったり、私生活の悩みが多くあったりすると、仕事が手につかないこともあるでしょう。ここでは、私生活の悩みを紹介しますので、自分と似ている悩みがないか、チェックしてみてください。

家庭との両立が難しい

子どもの育児や親の介護と仕事を両立するのが難しいとき、仕事をやりたくないと感じることもあるでしょう。家庭のことで手一杯な状態だと、やりたくても仕事ができない状況になることも少なくありません。家庭と仕事の両立が難しいと感じたら、自分の家族に相談するのが良いでしょう。1人ですべてをこなそうとせず、周りに助けを求めましょう。家族で話し合うことで、解決策が見つかる可能性もあります。頼れる人が周りにいない場合は、家事や介護のプロに代行を頼んで、自分の時間を作ることも大切です。

プライベートな悩みで頭がいっぱい

結婚や出産、日々の家事など、プライベートの悩みが多く、仕事のことを考える余裕がない方もいます。仕事中もうわの空で集中できず、ミスが多くなるという悪循環に陥る可能性も。ミスが増えると仕事をやりたくないと感じることもあるでしょう。プライベートな悩みで頭がいっぱいになり、仕事のことを考えられなくなったら、一旦休んで気持ちを落ち着かせましょう。気持ちが落ち着いたら、悩みを解決する方法を少しずつ探すのがおすすめです。

体調不良がある

仕事をやりたくない理由の1つに、体調不良があります。体調が良くないと、仕事に対する意欲や集中力が低下してしまうことも。また、出勤前になると体調が悪くなったり、家を出るまではなんともなかったのに会社についたら不調を感じたりする方もいます。疲れやストレスは不調となって表れることもあるため、無理はしないようにしましょう。規則的な生活や軽い運動をし、日々の生活の中で体をケアすることも大事です。

疲れが取れない

しっかり睡眠を取っても、疲れが取れないという方もいるでしょう。肉体的な疲労は寝たら回復しますが、精神的な疲れやストレスは睡眠を確保しても改善されない場合も。自分で精神的な疲れがあると気付いていないときは、睡眠で疲労が取れないことに対してもストレスを感じてしまいます。疲れている状態で仕事をすると、疲労がさらに蓄積され、仕事への気力を失う場合も。完璧にこなそうと頑張り過ぎるのではなく、適度に手を抜きながら仕事をすると良いでしょう。手を抜くのは悪いことのように聞こえますが、仕事の生産性を保つためにも大切なことです。手の抜き方が分からない方は、仕事に必要な適当が記載されている「仕事上の「適当」OKとNGその差は?」のコラムをご覧ください。

仕事をやりたくないときに試す対処法

仕事をやりたくないときの対処法を紹介します。一旦仕事から離れてみたり考え方を変えてみたりすると、仕事への意欲が戻ってくることもあるでしょう。自分に合う対処法を見つけて、試してみてください。

できるなら仕事を休む

疲労やストレスが溜まっている場合は、有給休暇を使い、できるだけ長く仕事を休みましょう。仕事をやりたくないとき無理せずに、仕事から離れ、自分と向き合う時間を作るのも大切です。休んでいる間は仕事のことは考えずに過ごしましょう。少し遠くに旅行にいくのも気分転換になるのでおすすめです。長期休暇中に心の余裕ができたら、今まで通りの働き方で良いのか、改めて自分と向き合う時間を作りましょう。心と体が回復したら、仕事と向き合いたいという気持ちになる可能性もあります。休みが取りづらい場合もありますが、つらいと感じるまま働くよりは、思い切って休むことも必要です。

仕事をやりたくない理由を明確にする

仕事をやりたくないと感じる理由を、紙に書き出してみましょう。仕事をやりたくないときの心理状態や職場の嫌なこと、プライベートな悩みなど、大小を問わず書き出します。書き出した理由は、自力で解決できることと、自分ではどうしようもないことに分類できるはずです。まずは、自分で解決できることから順番に改善していきましょう。たとえば、仕事の責任の重さがストレスになっている場合は、負担の少ない業務に変えてもらえるか、相談してみるのも1つの手です。また、自分で解決できないことは、どこまでが許容できるかを考えておくと良いでしょう。このように、仕事をやりたくない理由が明確になると対処法も分かるので、気持ちを整理するときにもおすすめです。

上司や同僚に相談する

仕事をやりたくないときは、周りの上司や同僚に話をしてみるのも良いでしょう。仕事がうまくいかなかったときやミスしてしまったときに、誰かに相談することで、新たな視点で自分を見つめ直せることもあります。悩みを1人で抱え込んでいると、ネガティブな感情になりがちです。ですが、信頼できる人に話を聞いてもらうと、一緒に悩んでくれたり肯定してくれたりする、強い味方になるでしょう。しかし、相談相手によっては、親身に聞いてくれない場合も。話をする相手は慎重に選びましょう。

プライベートを充実させる

休日は仕事のことを忘れて思いきり楽しみましょう。常に仕事のことを考えていると、休日まで無気力になってしまうので、注意が必要です。ストレスを溜め込んだままにしておくと、仕事をやりたくない状態から抜け出せない可能性があります。休日は仕事で溜まったストレスを減らすために、自分の楽しめることをしましょう。仕事を忘れられるのなら、小さなことでも何でも良いのです。ストレス発散法がない方は、自分に合いそうなことを探して試してみましょう。

考えすぎない

仕事のことを真面目に考え過ぎてしまう方は、気を抜いてみるのも良いでしょう。責任のある業務を任されていたとしても、常に仕事のことを考えている必要はありません。思考癖がついている場合は、考え過ぎないよう意識すると徐々に気を抜けるようになります。問題が起きても「なんとかなる」と気楽に考えられれば、やりたくないと感じていた仕事もできるようになる可能性があります。ほかにも、ストレスの対処法が知りたい方は、「仕事に疲れたときに実践したいストレス対処法」のコラムもご一読ください。

仕事をやりたくないときにモチベーションを上げる方法

仕事をやりたくないときに、モチベーションを上げる方法は多くあります。気分転換になることや気分が上がる方法は人それぞれ違うため、自分に合った方法を見つけて、ぜひ試してみてください。

1日の目標を決める

達成できる目標を設定し、成功体験を増やせば、仕事に対するモチベーションは高まるでしょう。仕事をやりたくないときは、毎日が同じことの繰り返しと感じることが多くあります。目標を毎日設定して達成すれば、仕事への充実感を得られるでしょう。達成したあとはさらに高い目標を設定しようと考えるため、向上心も上がります。

通勤中に好きな音楽を聴く

出勤するときは自分の気分が上がる音楽を聞いて、モチベーションを上げましょう。前向きで明るい曲を聞くと、仕事をやりたくないときでも、朝から気分を上げてくれるのでおすすめです。お気に入りのプレイリストを作成し、いつもの音楽を聞いたらモチベーションが上がる、という癖をつけておくのも良いでしょう。

自分にご褒美を用意する

自分へのご褒美を準備しておくと、仕事のモチベーションが上がるでしょう。成果が出たときや目標を達成したときに、ご褒美を用意すると決めておくと、仕事へのやる気につながります。ほかにも、1年に1回は自分に大きなプレゼントをすると決めるのも良いでしょう。仕事をやりたくないときでも、ご褒美のために頑張ろうと、やる気を向上できます。

ライバルを見つける

同僚をライバルに見立て、相手に勝つという目標を設定してみましょう。ライバルは実力差があまりない相手を選びます。仕事をやりたくないときでも、相手に負けたくないという気持ちが、モチベーションにつながることも。周りと比較するとネガティブになることもありますが、ライバルを作り競争心を持つことで、仕事に張り合いが生まれて熱心に取り組めるようになります。

仕事系の映画を見る

映画を見て成功体験や達成感を疑似体験することは、モチベーションを上げるために有効です。モチベーションを上げたいときは、仕事に関する映画を見て共感するだけでも、自分のやる気につながります。仕事をやりたくないときでも、映画の主人公が自分と同じ職種であればより感情移入できるでしょう。

朝に軽く運動をする

朝に運動すると脳が活性化し、モチベーション向上につながります。運動は散歩やストレッチなど軽いものでも問題ありません。少し体を動かすだけで、眠気もなくなりすっきりした状態で仕事を始められるでしょう。また、朝に運動する習慣をつけると、夜にしっかり睡眠を取ろうと意識するようになります。日頃夜更かしをしている方は、生活リズムが整い一石二鳥です。

尊敬できる人を目標にする

仕事のモチベーションが低下しているときは、尊敬できる人を見つけて見習ってみましょう。目標とする人は社外の人でも問題ありません。生き方や考え方が自分の将来像に近い方を目標にしましょう。良いところを見習って真似をしてみると、自分の視野が広がります。目標にしている人に近づくためなら、仕事をやりたくないときでも頑張れるでしょう。

明るい未来を思い描く

自分のなりたい未来を思い描くと、モチベーションアップにつながります。将来の夢が叶うイメージや仕事で成功している自分を想像してみましょう。そうすれば、思い描いた未来のために今の自分が何をするべきなのか見えてきます。目の前の仕事にとらわれるのではなく、未来を見据えるように心がけましょう。ほかにも、仕事のやる気が出ずに悩んでいる方は、「仕事でやる気が出ない…どうしたらいい?」のコラムも参考にしてください。

仕事をやりたくないときに辞めたいと感じたら

さまざまな対処法を試しても、仕事をやりたくない気持ちが改善されない場合もあるでしょう。最終的には仕事を辞めたいと考えてしまうことも。仕事をやりたくないときに辞めたいと感じたら、以下の方法を試してみてください。

異動の交渉をしてみる

やりたいことが決まっていない人は、まずは社内で異動ができるか交渉してみましょう。仕事をやりたくないと感じていた理由が職場環境や仕事内容にある場合は、異動すれば労働意欲が改善される可能性もあります。異動をして周囲の人や環境が変わっても働きたくないと感じたら、辞める選択肢を考えるのが良いでしょう。

ライフプランを設計する

仕事を辞める前に、将来の自分がどのようになっていたいかを考えましょう。ライフプランや目標がないまま日々を過ごすと、仕事をやりたくないと感じてしまう可能性も。ライフプランを設計するときは、仕事の目標だけでなく私生活を含めた内容にします。ライフプランは、できるだけ具体的に掘り下げて考えましょう。ライフプランを設計したら、将来のためにいま何をすべきかが見えてくるはずです。やるべきことが定まったら、あとは目標に向かって行動しましょう。今の仕事を辞めたら将来に影響するのであれば、退職は慎重に検討する必要があります。

仕事を辞めて後悔しないか考える

やりたくないという理由で仕事を辞めても後悔しないかを考えましょう。辞めたあとに何をするのか、今のタイミングで辞めても問題はないか、冷静になって考えることが重要です。仕事を辞めたあとに後悔しても、後戻りはできません。家族のいる方は、自分だけの問題ではないため、家庭内でしっかり相談してから検討しましょう。

副業を始める

やりたい仕事がある方は、副業から始めてみるのもおすすめです。やりたいことを仕事にすると、想像とのギャップを感じる可能性があります。まずはやりたい分野を副業にすることで、仕事の具体的なイメージが掴めるでしょう。やりたい仕事を本格的に始めたいと改めて考えたときに、今の仕事を辞めると決めても遅くはないはずです。また、副業そのものが本業の気分転換になる場合もあります。

仕事をやりたくないときに注意するべきこと

仕事をやりたくないときに、勢いで会社を辞めるのには注意が必要です。辞めたいと感じる原因が人間関係や職場環境の場合は、転職先で同じ理由で辞めたいと考える可能性もあります。まずは今の会社を辞めたら問題が解決するのかどうかを考えましょう。つぎに、退職意思が固まったら転職活動に取り組みます。転職サイトやエージェントに登録し、幅広い求人情報を収集しましょう。自分の会社とほかの会社を比べたときに、今の会社の待遇は良いのだと気づくこともあります。それでも仕事をやりたくないと感じたら、転職するのが良いでしょう。

転職を検討している方は、ハタラクティブを利用してみませんか。
ハタラクティブは、若年層を中心に就職・転職のトータルサポートを行うエージェントです。サポートの流れは、専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングのあと、希望や適性に沿った求人をご紹介。また、サービスの一環として、応募書類の添削や面接対策のアドバイスなども実施しているため、初めての方も効果的に転職活動を進められます。
さらに、面接のスケジュール調整や企業との難しい交渉もハタラクティブが代行。在職中でスケジュール調整が難しいといったお悩みも解消されます。サポートはすべて無料なため、ハタラクティブまでお気軽にご連絡ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    体験談 一覧

    関連記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION