サボり癖を直すには?自分を改革をする5つの方法

サボり癖を直すには?自分を改革をする5つの方法の画像

この記事のまとめ

  • サボり癖とは、学校や仕事などをサボるのが習慣になっている状態のこと
  • サボり癖を直すには、責任感の低さや損得勘定で動く意識を変える必要がある
  • サボり癖を直すには、本人の意識改革が重要
  • サボり癖を直すには、転職して働く環境を変えるのも一つの手

「サボり癖を直すためにはどうすれば良い?」と悩む方もいるでしょう。サボることが2回、3回と続いてしまうと、いつしか「サボり癖」として習慣化してしまいます。しかし、意識改革でサボり癖を直すことは可能です。仕事の捉え方や目標設定をすれば、仕事や周囲に対する責任感が芽生えやすくなります。このコラムを読んでサボり癖の原因や改善策を知り、サボってしまう自分から抜け出しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

サボり癖とはどんなもの?

サボり癖とはどんなもの?の画像

サボり癖とは、「サボることが常になっている」状態のこと。仕事や学校に行くこと、業務や課題をこなすことなど、自分がやるべきことを避け、休んだり怠けたりしている様子を表しています。
仕事や学校をサボりたいと考えてそのまま休んでしまったとしても、それが習慣になっていなければ癖とはいえません。しかし、1回が2回、2回が3回と、やるべきことを避けたり手を抜いたりする回数が重なって習慣化してしまうことで、「サボり癖」になっているといえます。

未経験OK多数!求人を見てみる

サボり癖がある場合の特徴と治らない原因

サボり癖がある場合の特徴と治らない原因の画像

「なかなか仕事や勉強に身が入らない」「ついついサボってしまう」と悩んでいる方もいるでしょう。以下に、サボり癖がある場合の特徴を挙げましたので、ご覧ください。

・やるべきことに対しての危機感、責任感がない
・長期的な視野がない(サボりを続けるとどうなるか考えるのが難しい)
・仕事にやりがいが見出だせない
・自己中心的(約束をキャンセルされた人の気持ちを考えるのが難しい)

自分が休むことで周囲に与える影響や、相手の信頼を失う可能性をイメージすることで、サボり癖を直す必要性を感じられるようになることもあります。サボり癖を直す方法を見出すためにも、自分と照らし合わせてみましょう。

なぜサボってしまうのか?

仕事をサボる理由としては、生活のために仕方なく働いていることが挙げられます。また、仕事に対してやりがいを持たず、「現状を維持すれば良い」と考えることも多いようです。そのため、状況が悪化しない程度に手を抜いたり、「これ以上頑張っても特にはならない」と損得勘定で仕事を捉えたりすることが続き、サボり癖がついてしまったと考えられます。

サボり癖が直らない原因

先述した「責任感の低さ」「仕事に対するやりがいのなさ」といったサボり癖が直らない原因は、個人の性格の問題だけでなく、職場環境が影響していることも。職場の人間関係に問題があったり、自分のレベル以上の結果を求められていたりする場合は、出勤に前向きになれずに休みがちになり、「気がついたらサボることが癖になっていた…」という状態になることもあるようです。
職場環境が原因でサボり癖がついてしまった場合や、それに伴い自己嫌悪に陥ってしまった場合は、「仕事に行きたくないのに理由がわからない時はどうする?対処法を解説!」のコラムも参考にしてみてください。

効果が期待できるサボり癖の改善策5選

効果が期待できるサボり癖の改善策5選の画像

「サボり癖を改善する方法が分からない」「どうしてもサボってしまう...」とお悩みの方もいるでしょう。以下に、効果が期待できる改善策を5つ提示しました。自分に合う方法をぜひ試してみてください。

1.サボったことで影響が出ることをリストアップする

自分がサボることで影響が出ることをリストアップすると、責任感や危機感を持ちやすくなるでしょう。仕事のサボり癖がひどい状態だと、その仕事は自分ではなくほかの誰かの負担になる可能性があります。また、会社で働く以上、自分の行動がチームの目標達成や売り上げや、周囲のモチベーションにも影響を出すことも。自分の行動がどこでどのように影響しているのかを考えて、企業における自分の存在価値や責任を改めて認識してみるのがおすすめです。

2.サボれない環境を作る

働く方法や意識を変えることで、自らサボれない環境を作るのも一つの手です。「サボっても影響はないだろう」と思いながら働くのではなく、クライアントとの商談や大事なプレゼンにも関わるという意識を持てば、自分がいなければ仕事が進まないと思え、モチベーションも上がります。今の職場環境で実現できないのであれば、転職を考えるのも1つの方法。やりがいのある仕事に就けば、サボりたいという気持ちもなくなる可能性があります。転職するメリットをさらに詳しく知りたい方は、「転職するメリット・デメリットとは?エージェントを使う利点も解説」のコラムもあわせてご覧ください。

3.目標設定を低くしてごほうびを用意する

目標設定を低くして自分にとってのごほうびを用意するのも良い方法です。最初から高過ぎる目標を掲げると、取り組むなかで達成が難しいと感じ途中で諦めてしまうことも。さらに、「どうせ目標を立てても達成できない」と取り組み自体に消極的にもなり得ます。途中で諦めることを防ぐには、まずは難易度の低い達成目標を設定するのがポイント。小さな成功体験を重ねれば、自信にもつながるでしょう。

4.「明日やろう」をなくす

物事を「明日やろう」と後回しにするのを避け、仕事の優先順位を考えて早めに取り組めるようにしましょう。習慣になってしまったものを変えるためは、自分自身の意識改革が必須です。「今日の自分がサボる分、明日の自分が頑張ろう」ではなく、「明日の自分を楽にするために今日の自分が頑張ろう」という考え方を持ってみましょう。「先送り症候群を克服!「あとでやる」の発想を転換するコツ」のコラムでも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

5.「なりたくない/なりたい自分の姿」をイメージする

「なりたくない自分」と「なりたい自分」の2つを具体的にイメージすることで、やってはいけないこと・やるべきことが明らかになることも。「なりたい自分」をイメージして、少しずつ意識と行動を改善すると良いでしょう。

仕事に対する考え方やライフスタイルは人それぞれ。自分に合う仕事に出会えれば、「サボり癖」から抜け出すことも可能でしょう。「サボり癖を治したい」「やりがいを感じる仕事がしたい」と考えている場合は、若年層向け転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが求職者一人ひとりの転職活動をサポート。仕事探しだけでなく、提出書類の作成方法や面接の受け答え方なども具体的にアドバイスを行います。仕事や転職でお悩みの方は、ぜひお気軽にご利用ください。

サボり癖を直すには?サボり癖に関するお悩みQ&A

サボり癖が直らずに困っている人はいるでしょう。ここでは、サボり癖に関するお悩みをQ&A方式で回答しますので、ぜひチェックしてみてください。

サボり癖を直す方法を知りたいです

サボり癖を直すには、まず目標を立ててみましょう。仕事をサボってしまう要因の一つとして、モチベーション低下が考えられます。仕事のモチベーションを維持できるような、前向きな目標を設定してみてください。「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」では、目標設定の方法を詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事をサボりたいと思う原因を知りたいです

仕事をサボりたくなる原因には、体調不良や仕事の忙しさが考えられます。そのほかにも、転職や転勤の緊張が原因で仕事をサボりたいと感じる場合もあるようです。仕事をサボりたいと思う原因や改善する方法については、「『仕事をサボりたい…』原因や対処法を紹介!」でも詳しくご紹介しています。

朝起きられなくて仕事をサボってしまう場合は?

朝起きられずサボりたいと感じる場合は、肉体的な疲労が蓄積していたり、睡眠時間が短くなっていたりする可能性が考えられるでしょう。これらが原因であれば、生活習慣を見直すことで解決する場合があります。「朝起きれないから仕事に行けない!ストレスの原因と解決法」では、朝起きられずにつらい場合の対処法について解説しているので、ぜひあわせてご一読ください。

仮病を使って仕事をサボるのはダメですか?

仮病を使って仕事をサボるのはリスクを伴います。サボり癖がついて出社が億劫になったり、本当に体調不良になった際に休みづらくなったりする可能性が考えられるでしょう。「会社を仮病で休むのはOK?電話のかけ方やバレないための注意点を解説」では、仮病で休むことのリスクについてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

どうしても仕事をサボりたい場合は?

何かが原因でサボりたいと思ってしまう場合は、その原因に対処しましょう。仕事に対して精神的・肉体的なストレスを感じている場合は、休職や転職を視野にいれるのも一つの手です。就職・転職エージェントのハタラクティブでは、就活アドバイザーがあなたの悩みや要望をしっかりとヒアリングします。新たな一歩を踏み出すためのお手伝いをしますので、1人で悩まず、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ