仕事のプレッシャーの対処法!原因や成長するコツを解説

仕事のプレッシャーの対処法!原因や成長するコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事で何かを上手くやろうとするとき、人はプレッシャーを感じやすい
  • プレッシャーには人を成長させるポジティブな側面もある
  • 仕事のプレッシャーと上手く付き合うには、自己分析や準備を整え安心することが大切
  • プレッシャーで仕事を辞めたいなら、転職で環境を変えるのも手段の一つ

仕事のプレッシャーで焦ってしまい悩んでいるとき、どのような方法で対処すれば良いのか解決策を探す人は多いようです。「失敗できない」「恥をかきたくない」「上手くやりたい」と思うときに感じるプレッシャーは、上手に付き合うことで成長のバネにできるでしょう。このコラムでは、仕事でプレッシャーを感じやすい場面と、プレッシャーを味方につけるコツを紹介します。対処法を知り、現状を乗り越えましょう!

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事でプレッシャーを感じる主な原因・タイミング

プレッシャーとは、外部から何らかの負荷が加わり、精神的に緊張している状態を指します。何かに対して立派に立ちまわろうとするときに、人は強いプレッシャーを感じるようです。
「仕事で失敗したくない」「プレッシャーに打ち勝ちたい」と思う人は多いでしょう。どのような原因やタイミングで精神的な重圧が大きくなるのか、代表的な例をまとめました。

1.「絶対にミスできない」という責任を感じているとき

ミスが許されない仕事や、責任ある立場で取り組む仕事のプレッシャーは、ほかの仕事より大きくなります。自分以外に代わりがいない業務や職種でも、「失敗できない」というストレスがかかるようです。

2.大事な会議やプレゼンの前

人前で発言するビジネス上の場面では、多くの社会人が緊張を感じています。特に営業や企画などの職種に多いのが、プレゼンや会議が始まるまでに大きなプレッシャーがかかるというもの。準備期間中、本番が上手くいかなかった想像や不安要素について思いを巡らせているうちに、プレッシャーが大きくなってしまうこともあるでしょう。

3.上司から叱責や激励を受けたとき

上司から厳しく怒られたときや強い調子で励まされたとき、「今度こそ失敗できない」というプレッシャーを感じやすくなります。必要以上に上司の反応ばかりを気にすると、自分の本来の力を発揮できない事態にもなりかねません。
なお、ビジネス関係においてひどすぎる叱責はパワハラの可能性もあります。上司の対応があまりにひどく対処方法が知りたい方は「上司からのパワハラ対処法を紹介!特徴やハラスメントの種類も解説」で確認しておくと良いでしょう。

4.ノルマがきついとき

営業や販売職で売り上げのノルマ達成が難しいときなど、「目標に到達できるだろうか?」「自分にはこの仕事をこなす能力があるのだろうか?」という不安や疑問が芽生えがちです。ビジネス上の厳しいノルマが仕事のプレッシャーにつながることもあります。

5.周囲から大きな期待を寄せられているとき

周囲から注目され期待を寄せられている仕事の最中は、「結果を残さなければ」「周囲に迷惑をかけられない」と自分自身を追い詰めてしまうことも。「期待を裏切りたくない」と考えることでプレッシャーを感じやすくなるでしょう。

6.新人で仕事が覚えられないとき

未経験のため何をして良いか分からない仕事では、最悪のケースを想像して不安になることも。「ビジネスマナーなどの基礎を聞くのは恥ずかしい」と思ってしまい、結果的にミスにつながってしまう場合もあるでしょう。周囲とのスキル差から焦ってしまって上手くいかず、プレッシャーになる可能性もあります。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

プレッシャーの多い仕事や辛いと感じやすい人の特徴はある?

仕事のプレッシャーは誰でも感じるものですが、職種や本人の性格が原因で感じやすい場合もあるでしょう。次のような特徴をもつ職種や人の場合、特にプレッシャーを感じやすい傾向があります。

プレッシャーを感じやすい職種の特徴

納期が厳しい仕事やミスが事故につながりかねない職種、自分の能力以上のことを求められる職種などはプレッシャーを感じやすいでしょう。「失敗してはいけない」という責任感や「きちんとできるだろうか」という不安感が、過剰なプレッシャーにつながることもあります。

プレッシャーを感じやすい人の特徴

仕事のプレッシャーは誰しも感じるものですが、性格や考え方の傾向によってはよりプレッシャーを感じやすい人もいるでしょう。最悪の事態を想像してしまいやすい心配性な人や、決して失敗したくないという完璧主義な人は、人よりプレッシャーを感じやすい可能性があります。また、まじめで強い責任感をもっている人も、ビジネスの上ではプレッシャーを感じやすい傾向にあるでしょう。

プレッシャーが仕事や生活に及ぼす影響

大きすぎるプレッシャーは、仕事だけでなく生活にも悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。
強い緊張や不安を抱くと、人は精神的に疲れてしまうものです。メンタルの不調は体調不良の原因にもなり、ひどい場合は「眠れない」「吐き気がする」といった事態につながるリスクも。
体調が悪化すると仕事のパフォーマンスが下がり、結果的にミスが増えて、余計にストレスやプレッシャーになってしまう場合もあります。そのほか、周囲の人に気を配る余裕がなくなり、ビジネスの面に限らずプライベートの人間関係が悪化してしまう可能性も考えられるでしょう。過度なプレッシャーから「しんどい」「もう辞めたい」と感じたら、早めに現状を改善できるよう行動するのがおすすめです。

仕事でプレッシャーを「しんどい」と感じたときの対処法

仕事に大きなプレッシャーを感じながら毎日を過ごすのは大変ですが、一方でプレッシャーの全くない状態では、人は成長しにくいともいえます。職種にもよりますが、いくら「逃げたい」と感じても、プレッシャーから逃れる選択ばかりをしていては、ビジネス上の成長は難しいでしょう。

この項では、プレッシャーと共存するための方法について解説します。精神的な負荷をゼロにしようとするのではなく、上手な付き合い方や自分なりのコントロール方法を見つけることが大切です。対処法を知り、自分に合うやり方でプレッシャーを克服していきましょう。プレッシャー以外にも原因がありそうだと思ったら「もう限界…仕事のストレスで疲れたときの原因と対処法」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

1.自己分析してプレッシャーの原因を探る

仕事のプレッシャーを克服するためには、自分がビジネス上のどのような場面でプレッシャーを感じているのかを分析し、原因を探るのが重要です。自分の得意な職種や苦手な業務なども把握しておけば、対策も練りやすくなります。

2.不安点を書き出してリスト化する

仕事に対する漠然とした不安が原因で、プレッシャーを感じることも多いでしょう。ビジネス上の不安点が見つかったら、心あたりのある要素をすべて書き出して整理していくのがおすすめの方法です。リスト化すれば現状の把握に役立つほか、意外と大したことがない原因だと確認できたり、すぐに対処できる方法が見つかったりする可能性もあります。

3.誰かに相談して客観的に評価してもらう

周囲の人に助けを求めるのも、仕事のプレッシャーを解消する方法として有効です。自己分析だけだと客観的に状況を把握できず、不安が拭いきれない場合もあるでしょう。信頼できる上司や同僚などに相談し、他者からの評価を聞けば安心できる可能性もあります。一人で悩まず、ほかの人に頼って仕事を円滑に進めていきましょう。

4.具体的な成功への道筋を考える

はっきりとした目標がないと、人は不安を抱きがちなものです。ゴールまでの具体的な道筋を考えれば、成功のイメージがつきやすくなり、不安が解消されることも。ビジネスにおいて明確なビジョンがあれば、効率よく進めるための指針にもなります。

5.あきらめず地道にコツコツ継続する

職種にもよりますが、仕事のプレッシャーは今まで積み上げてきたものがあれば解決できる場面もあるでしょう。たとえばプレゼン前の緊張なら、入念な事前準備で不安を減らせます。思いつく限りの質問を予測し、回答を考えておけば気持ちに余裕が持てるようになるでしょう。日々重ねてきた努力を信じることで、不安やプレッシャーは以前より少なくなるはずです。

仕事のプレッシャーをバネに成長するには?

まだ起こっていない不安にとらわれて辛いという人は、今目の前で起こっている事象に集中するよう心がけてみましょう。まだ起こっていない未来に対するネガティブな想像は思っている以上に心身に負担やストレスをかけてしまうもの。「今」に集中して必要のない思考から離れることで、過度なプレシャーを和らげたり、ストレスを軽減させたりする効果が期待できます。また、「今」に対する集中力が高まれば、仕事のパフォーマンスが向上する可能性もあるでしょう。

仕事のプレッシャーが半端ない?「潰れそう…」と思ったときは

これまでに説明したとおり、仕事のプレッシャーはすぐに回避しなければならない「悪者」ではなく、自分を成長させてくれる「チャンス」にもなるものです。ただし、今の状態が長期に渡って続くことが耐えられないと感じたのなら、状況を変えていく必要があるでしょう。

この項では、仕事のプレッシャーが大きすぎてもう限界だと感じたときの対処方法を紹介します。「会社がつらい!職場に行きたくないときの原因と対処法」のコラムでも詳しく紹介しているので、あわせて参考にしてみましょう。

休みを取ってリフレッシュする

仕事の疲労がたまって余裕がないと、プレッシャーを感じやすくなってしまいがち。そのようなときは思い切ってしっかりと休み、心身ともにリフレッシュするのが効果的です。気持ちを切り替えて英気を養えば、パフォーマンスの向上につながる可能性もあるでしょう。

職場や家庭で相談する

過度なプレッシャーは仕事のやりがいや、生活のバランスを奪ってしまうかもしれません。職場だけでなく家庭にも悪影響を及ぼす可能性があるため、プレッシャーの悩みは周囲の人に相談してみると良いでしょう。自分の中でのプレッシャーがどの程度のものなのかを見極めるため、ほかの人の意見を参考にすれば客観的に現状を把握することにもつながります。

転職も視野に入れてみる

向いていない仕事を無理に続けて限界を感じている人、出社前に吐き気がするなど身体的な不調を感じる人は、プレッシャーによる心身へのダメージがかなり大きくなっている可能性も。このような場合は、仕事をしばらく休んだり、根本的な解決が望めないなら今の環境を変えようと試みたりするのも一つの手段です。「仕事を辞めたい」と感じたら、転職も視野に入れて行動してみるのも良いでしょう。

仕事のプレッシャーで辞めたいならプロに相談してみよう

仕事のプレッシャーで悩んでいる方は、今感じているプレッシャーが自分を成長させてくれるものなのか、それとも自分を押し潰してしまうものなのかを考えてみましょう。そのうえで転職の選択肢が見えてきた方には、転職・就職支援のプロに頼るのもおすすめです。

ハタラクティブは、正社員での就職を目指す高卒や既卒、第二新卒といった20代の方向けの転職エージェントです。アドバイザーが1対1のカウンセリングを行い、求職者一人ひとりに応じたアドバイスを提供しています。希望条件に合う転職先のご紹介はもちろん、選考対策のサービスも充実。
「未経験OK」の正社員求人を数多く取り揃えているため、「今の仕事が合わず他職種に転職したい」という方の要望にもお応えできます。また、ハタラクティブは実際に取材した優良企業の求人のみを扱っているため、企業とのミスマッチや転職先の内情に不安を感じている方も安心です。
仕事のストレスやプレッシャーが大きすぎて限界を感じている方は、一人で悩まずハタラクティブにぜひご相談ください。ハタラクティブの就活アドバイザーが、プロの視点であなたにぴったりのお仕事や企業をご提案いたします。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次