仕事を頑張る方法を紹介!今すぐモチベーションアップするには?

仕事を頑張る方法を紹介!今すぐモチベーションアップするには?の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事を頑張る方法は、自分のモチベーションを上げる
  • ・仕事を頑張る方法としては、目標やライバルを決めることも効果的
  • ・仕事を頑張る方法は、自分にご褒美を与えることも大切
  • ・仕事を頑張る方法を試しても頑張れないときは、転職を考えるのも手

仕事を頑張る方法を知りたい方へ。どうしても仕事のやる気が出ず、頑張れないという人も多いのではないでしょうか。仕事を頑張る方法は、仕事を楽しんだり目標を見つけたりして、モチベーションを上げることが大切です。自分にご褒美を用意するのも有効でしょう。このコラムでは、仕事を頑張れる人の特徴やモチベーションを上げるコツを紹介しているので、参考にしてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事を頑張る人の特徴

仕事に打ち込み、頑張る人には下記のような特徴は、下記のとおりです。

・仕事が好き
・責任感が強い
・守るべき家族がいる
・正当な評価を受けている
・目的がある

上記のような特徴が見られる場合が多く、目的や目標を持つことで仕事に情熱を注いでいることが伺えます。仕事を頑張ることは、自分自身の成長にもつながっているため、自然と周りからの評価も高くなり、より一層仕事に打ち込む姿勢に磨きが掛かるでしょう。わざわざ仕事を頑張る方法を実践しなくても、自然と仕事を頑張れると考えられます。

もし、目的も目標もない場合、ただ仕事をするだけの日々が過ぎていってしまうことも。なんのために頑張っているのか、自分の気持ちを見失ってしまわないように、目標をしっかりと立てることが大切です。
「モチベーションが継続しやすい仕事」について知りたい人は、コツコツできる仕事できるについて書かれたコラム「コツコツできる仕事とは?タイプ別におすすめの職種をご紹介!」を参考にしてください。

仕事を頑張れない人の特徴と頑張る方法

仕事を頑張る方法を実践するには、自分がなぜがんばれていないのかを明確にすることが大切です。下記で、それぞれの原因と仕事を頑張る方法を詳しく見ていきましょう。

仕事が楽しくない

仕事に楽しさを見いだせていない人は、仕事を頑張れないことが多いでしょう。その場合、仕事を頑張る方法として、自己分析をおすすめします。
「なぜ仕事が楽しくないのか」を考えましょう。紙とペンを用意して、仕事が楽しくないと感じる要素を書き出してみるとスッキリします。「そもそもやりたい仕事ではない」「正当な評価を受けられない」「同僚や上司が嫌い」など、自分なりの原因が見えてくるはずです。原因が分かれば、どうすれば仕事が楽しくなるのかも分かります。「そもそもやりたい仕事ではない」なら、やりたいことができる部署に異動したり、転職したりすることを検討してみてください。「同僚や上司が嫌い」な人は、「職場の人間関係に悩んだら?」を参考に、ストレスにならない付き合い方を考えましょう。仕事が楽しくない原因を探ることで、仕事を頑張る方法が見えてくるはずです。

仕事や人生に対する目標がない

仕事や人生に対する目標がない人は、仕事を頑張れない傾向にあります。なぜなら、目標がないと「なぜこの仕事をやっているのか」が見えなくなってしまうからです。「特に夢や目標はないけど、仕事には行っている」という人は、仕事を頑張ることが難しいでしょう。
一方、「この仕事で▲▲という夢を叶えたい!」という人は、仕事にやる気を出して良いパフォーマンスを出しやすくなります。目標を持って仕事に取り組めば、集中力も増して良いパフォーマンスが生まれやすくなるでしょう。そのため、目標を持って仕事を頑張ることが大切です。
つまり、目標がなく仕事を頑張れない人が仕事を頑張る方法は目標を持つことといえます。仕事での自己実現に限らず、自分の趣味や楽しみを目標にしても構いません。たとえば「趣味を思いっきり楽しむために、仕事を頑張る」「▲▲を買うために、仕事を頑張ってお金を稼ぐ」など、自分の好きなことやしたいことを仕事にリンクさせてましょう。

仕事のプレッシャーが強過ぎる

仕事のプレッシャーが強過ぎる場合も、仕事を頑張れなくなってしまいます。適度なプレッシャーやノルマは自分のやる気を高めてくれるでしょう。
しかし、プレッシャーやノルマが大き過ぎると、それがストレスに変わってやる気がなくなってしまいます。「ミスを連発していて上司からの詰めが怖い」「どうやっても達成できないノルマを課された」など、重過ぎるプレッシャーはストレスにつながってしまうでしょう。
仕事のプレッシャーが強過ぎると感じている人は、配置転換や部署異動、転職が仕事を頑張る方法といえます。ストレスを抱え過ぎると、体調に影響をおよぼす可能性も否めません。過度なプレッシャーが掛からない職場に変えることで、自然と仕事を頑張れるようになるでしょう。

知識や経験が浅い

仕事に対して知識や経験が浅いと、仕事を頑張ることが難しくなるでしょう。知識や経験が浅ければ、会議や上司の会話についていけないこともあります。理解できないことばかりでは、やる気がなくなってしまうのも当然です。
つまり、仕事を頑張る方法は、仕事に集中して知識や経験を積んでいくことだといえます。入社や異動したばかりのときは、まずは仕事内容を理解することに集中してみましょう。仕事の全体像が分かってくれば、やる気やモチベーションが上がり、仕事を頑張れることもあります。

努力に対する正当な評価が受けられない

努力に対する正当な評価が受けられない場合にも、仕事を頑張れないでしょう。努力して結果を出しているにも関わらず評価されないのであれば、正当に評価しない上司や会社の責任です。より評価されやすい部分で結果が出せるよう努力するか、自分の努力を可視化して上司にアピールすることで、評価が改善することもあるでしょう。
会社の風潮によっては、どんなに努力しても評価されないこともあります。たとえば、年功序列の雰囲気がある会社では、若手社員が頑張ったところで評価されないでしょう。そのような場合は、若手でも成果次第で評価してもらえる実力主義の会社に転職することが、仕事を頑張る方法となります。

仕事の全体像が見えていない

仕事の全体像が見えていないケースも、仕事を頑張れない人の特徴です。仕事の全体像が見えていないというのは、自分のやっている作業が業務全体にどのような影響をおよぼすのか、そもそもこの仕事の工程やスパンはどのようなものなのかが理解できていない状況を指します。このような状態では、自分の仕事の意味や意義が理解できず、仕事に対して熱意も湧きません。また、全体像が見えていないとトラブルが発生したときの対処も遅れてしまいます。
そのため、仕事の全体像を見ることが仕事を頑張る方法になるでしょう。

今すぐできる!仕事を頑張る方法8選

ここでは、仕事を頑張る方法をいくつか紹介します。どうしても仕事を頑張れない人は、試してみてください。

1.仕事を楽しむ

仕事を頑張れている人は、仕事を楽しんでいることが多いようです。業務内容に興味があれば、仕事を趣味のように楽しめる人もいるでしょう。「昨日よりも多くのタスクをこなす」「△△さんより速く終わらせる」といったように、ゲーム感覚で楽しむ人もいます。仕事を楽しめるようになれば、仕事を頑張る方法を試さなくても、自然と頑張れるようになるでしょう。

2.自分の限界枠を決めない

仕事を頑張る方法として、自分の限界を決めないようにすることが挙げられます。自分で自分の限界を決めてしまうと、本来発揮できるパフォーマンスや成果にブレーキをかけてしまうこともあるでしょう。
そのため、「もっとできる」「自分ならできる」と考えて、限界を超えられないかチャレンジしてみることが大切です。自分の限界枠を決めずに常に進化し続けることを意識すれば、やる気や熱意を持って仕事に取り組めるでしょう。

3.プレッシャーを掛け過ぎない

仕事を頑張る方法として、プレッシャーを掛け過ぎないことも大切です。先述したように、人間は適度でプレッシャーであればやる気がでるものの、過度なプレッシャーはストレスが掛かってしまい、やる気が低下します。人によって、適度なプレッシャーの度合いは異なるものです。
そのため、自分にとって適切なプレッシャーを見つけることが、やる気の継続につながります。一般的には、「少し頑張れば達成できること」くらいがちょうど良いプレッシャーだそうです。自分に適したプレッシャーの度合いが分からない人は、このあたりを目安に仕事に取り組んでみましょう。

4.プライベートの充実化を図る

プライベートを充実させることも、仕事を頑張る方法の一つです。
モチベーションアップには、仕事とプライベートの時間をうまく切り替えることがポイントとなります。仕事から離れている時間は、できるだけリラックスするようにしましょう。自分の好きなことに没頭することで、仕事のことを忘れられる時間を作ると、気分転換になります。
仕事へのストレスをリセットすることで、翌日もモチベーションを維持しつつ業務に取り組むことができます。

5.頑張った自分にご褒美を与える

仕事を頑張る方法として、自分にご褒美を用意するのも手です。いつもは手が出せない少し高級な食事をする、マッサージやエステに行く、憧れの洋服や腕時計を買うなど、自分のテンションが上がるご褒美を用意してみましょう。業後や休日に、趣味に没頭する時間を作るのも有効です。ご褒美を与える場合は、自分に目標を課しましょう。「給料が上がったら」といったハイレベルなものから、「前と同じミスをしない」といった簡単なものまで、どのような目標でも構いません。自分で設定した課題をクリアして、ご褒美を得られるようにすることで、自然と仕事を頑張れるようになるでしょう。

6.5分だけでOK!やる気スイッチON

仕事を頑張る方法として、どれだけやる気がないときでも、とりあえず行動に移すというやり方があります。
モチベーションは行動を起こすことで後からついてくることもあるためです。
動き出す力が最も重要であり、そのスタートに5分だけの時間を与えれば、自然とやる気が湧いてきて、仕事を頑張れるでしょう。逆に、5分以内にやる気が出なければ、今はそのときではないことを意味していると考えられます。
無理に続けるのは、エネルギーの無駄遣いになりかねません。有効な活用方法の一つとしてトライしてみてください。

7.自分とライバルを比較

年齢が近く、入社時期も同じくらいの人物をライバルとして設定します。自分自身とライバルとを比較することで、「あの人には負けたくない!」という気持ちを芽生えさせるのが狙いです。また、目標とする先輩や上司が存在する人は、「あの人みたいに仕事ができるようになりたい」と仕事への取り組み方を見直すのも効果が期待できるでしょう。お互いに競い合えるライバルがいると、仕事を頑張れることがあります。ともに高めあえる仲間やライバルがいることで、やる気が芽生えるタイプの人には、効果的です。
ここで設定するライバルは、会社内の人である必要はありません。友人や知人でも良いので、「自分も負けないように頑張る!」と思える関係を意識することが、仕事を頑張る方法になるでしょう。

8.体を動かす

続いて、体を動かすこともモチベーションアップの一つに挙げられます。体を動かすとリフレッシュでき、頭の中がスッキリできるからです。
また、体を動かすことはストレス解消にもつながります。自席を立って、軽く体を動かすことが、仕事を頑張る方法になるでしょう。血行が良くなり、適度に汗をかくと身も心もリフレッシュできます。

上記のほかにも、「負のループから抜け出そう!モチベーションの保ち方」でも、仕事を頑張る方法を紹介しているので、一読ください。自分に合った、仕事を頑張る方法を探してみましょう。

「どうしても今の仕事を頑張れない」「頑張る方法をいくつ試してもやる気がでない」という方は、転職するのも手です。今の仕事と同じように頑張れない仕事に就きたくない場合は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代や30代の若年層を対象とした就職・転職エージェントサービスです。経験豊富なアドバイザーが、あなたの希望に合った求人を紹介します。自分では質問しづらい人間関係や残業時間、給料のことなどは、エージェントを通して企業に質問できるため、ミスマッチが起こりづらく安心です。サービスは無料でご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。

吉田早江

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A