仕事で怒られる人に共通する特徴を解説!対処法もご紹介

仕事で怒られる人に共通する特徴を解説!対処法もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事で怒られる人はミスを繰り返したり言い訳したり責任転嫁する特徴がある
  • ・仕事で怒られるときは素直に謝り、相手の意見を受け止めて改善する
  • ・仕事で怒られるのを気にし過ぎないために、頭を切り替えることが大切

仕事で怒られることが多く落ち込んでしまうという方も多いでしょう。怒られやすい人にはある特徴が見られます。このコラムでは、怒られやすい人と怒られにくい人の特徴を解説。また、怒られた時の対処法や落ち込まないためのポイントなどもご紹介しています。怒られるのが続くと仕事のパフォーマンスに影響が出てしまうことも。早めに対処して気持ちよく働ける環境を目指しましょう。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事でよく怒られる人にみられる特徴

仕事で怒られる人には、同じミスを何度も繰り返す、言い訳ばかりするというような特徴があります。怒られる原因は仕事のミスだけではなく、態度や一般的な常識が欠けている可能性も。以下では怒られやすい人の特徴を詳しく解説します。自身に当てはまる特徴がないか確認しましょう。

同じミスを何度も繰り返す

いつも同じミスを繰り返している人は、ミスそのものを指摘されるというよりは、同じミスを繰り返すことに対して怒られている場合が多いようです。誰しもミスをしてしまうこともありますが、何度も繰り返すと反省していないと受け取られてしまうことも。繰り返してしまうのは自身の苦手な部分と捉え、その点を意識して仕事を行わないと、上司に「やる気がない」「改善意識がない」と思われてしまいます。次にミスをしなければ重ねて怒られることはありませんし、同じ失敗が減れば「成長したな」と評価にもつながるでしょう。
同じミスを繰り返してしまう人は、以前起こしたミスの内容をメモしておき、あとで振り返る習慣をつけましょう。また、確認・見直し作業を徹底するのも効果的です。

自分に非があることを認めず言い訳する

怒られる人の傾向の一つとして、自己正当化のための言い訳をすることが挙げられます。
怒られると自己防衛心が働き、無意識のうちに言い訳をしてしまうことが多いようです。必要な指摘は別にして、できるだけ怒られたくないというのが多くの方の本音といえます。しかし、自分を擁護するための言い訳が多いと、責任転換していると受け取られる可能性もあるので注意が必要です。怒られたときは言い訳せずに、まずは相手の言うことを認めるのが良いでしょう。

報告、連絡、相談をしない

仕事をする際に重要な「報告」「連絡」「相談」を疎かにするのも、怒られる人の特徴の一つです。
報連相(ほうれんそう)はビジネスの場での重要なコミュニケーションであり、仕事をスムーズに進めるために必要不可欠なもの。報連相の欠如は、相手に「指示したことを守れない人」というイメージを与えてしまう恐れがあるので注意しましょう。また、報連相を怠り、問題が発生した場合、「早めに報告してくれれば問題にならなかったのに」と相手の怒りを増加させてしまう可能性も。時間が経つほど解決まで時間が掛かることもあるので、報連相ができていない人は怒られてしまいます。

約束事を守らない

ルールや時間など、約束事が守れないというのも怒られやすい人の特徴です。
「時間を守る」というのは社会人としてではなく、人としても最低限のルール。規則やマナーが守れていないと、共通目的に対する意識が希薄になっていると判断され、注意されるでしょう。また、それが続くと、相手の信用を失ってしまう可能性も。時間を守らないと、一緒に仕事をするメンバーにも迷惑をかけてしまいます。特にチームで仕事を進めている場合は、上司から怒られるのは必然といえるでしょう。
まずは、「時間を守る」「約束を守る」といった社会人として当たり前のことが徹底できるよう努力する方が、怒られないよう意識するよりも重要です。

何度も同じ質問をする

1回や2回ならまだしも、確認を繰り返していては、「何度も同じことを聞くな!」と怒られてしまいます。上記の「同じミスを何度も繰り返す」に通ずるものがありますが、何度も同じことを聞く人も典型的な会社で怒られやすい人の特徴です。
上司や先輩は、限られた時間枠の中で教育しています。質問することは悪いことではありませんが、同じ質問を何度もして貴重な時間を無駄にしないようにしましょう。
仕事で指示されたことを忘れないようにするためには、日頃からメモをとる習慣を身につけておくと効果的です。

責任転嫁する

自分のミスを人のせいにするのも、怒られやすい人に見られる特徴の1つです。
ミスをした時に怒られたくないという気持ちから、ほかの誰かに責任転嫁してしまう人もいるでしょう。ただ、その場しのぎの責任逃れをしても、発覚した際に厳しく叱責される可能性があります。
また、上司や同僚の信用を失うことにもつながりかねないので、ミスをしてしまった場合は誠意をもって謝罪しましょう。怒られることを必要上以上に恐れない気持ちが大切です。
仕事で怒られる人の特徴に当てはなるものがあった人は、怒られにくい人になるポイントを解説している「怒られない仕事の特徴とは?ミスが不安な人向けの対処法もご紹介」もご覧ください。

仕事で怒られにくい人にみられる特徴

仕事で怒られにくい人の特徴には、堂々としている、親しみやすい空気があるといった特徴があります。
以下で詳しく解説するので参考にしてみてください。

堂々としている

いつも堂々としている人は、怒られにくい傾向があります。
人間は見た目で本能的に判断する癖があるため、自信の無さが相手に伝わると、怒る側の標的になってしまうことがあるので気をつけましょう。仕事で失敗しても萎縮し過ぎず、常に自然体で堂々とした表情や態度でいることがポイントです。しかし、堂々とし過ぎるのも反省していないと思われる可能性があるので注意しましょう。

気持ちの切り替えが上手

ネガティブな思考を引きずらず、気持ちを上手に切り替えられる人も怒られにくいでしょう。
気持ちの切り替えが早ければ、たとえ怒られたとしても次に活かせる行動を取れます。上手く気持ちを切り替えられないと、怒られたことを気にし過ぎてさらにミスを繰り返してしまうことも。反省をプラスに変えられれば、ミスの回数も少なくなり、結果的に怒られにくい人になるでしょう。

仕事のモチベーションが高い

仕事に対して熱意がある人も、怒られにくい傾向があります。
率先して仕事に取り組んでいたり、スキルアップのために努力していたりするなど、常日頃から一生懸命に仕事をしている社員は上司からの印象も良いでしょう。
怒られにくい人になるには、一生懸命な姿勢、やる気といった部分をアピールするのが効果的です。

親しみやすい

親しみやすい人は、多くの人に好感を持たれやすいので怒られることが少ないといえます。
愛嬌があり、親しみを感じる人には強く言えなくなってしまうものです。注意や指導されることはあっても、普段から明るく親しみやすい人は、怒鳴られたり、叱責されたりすることが少ないと考えられます。

空気が読める

空気が読める人は、その場に適した最善の行動がとれるため、必要以上に怒られません。相手の気持ちを想像して、相手が望む行動を自然と取れれば、怒られることも最小限で済むでしょう。

コミュニケーション能力が高い

日常的に上司とコミュニケーションを取っていることも、怒られにくい人に共通する特徴の1つです。
注意をする上司とはできるだけ距離を置きたいものですが、自分を避けるような人に好意を持つことはまずありません。逆に、積極的にコミュニケーションを取ってくる人には親しみを抱き、良き理解者になろうと思うでしょう。仕事において上司と信頼関係を築いておくことは大切であり、怒られる機会が減ることにも結びつきます。また、親しくなっておくことで理不尽な怒りを買う可能性も減らせるでしょう。

感謝の気持ちを表せる

注意を受けた際に、「ありがとうございます」と感謝を示すと上司に好印象を与えられるので必要以上に怒られません。また、怒る側は嫌われるリスクを背負っており、上司も「嫌われるのでは」と不安を感じています。相手からお礼を言われると怒る側である上司や先輩は安心するでしょう。
ほかにも、慕ってくれる相手に対しては、強めに怒りにくいものなので、結果として怒られる頻度は低くなると考えられます。

仕事で怒られるときの対処法

仕事で怒られるときは素直に謝ったり、相手の話をよく聞き、受け入れたりしましょう。
上司に怒られたり、注意されたりするのは誰もが通る道です。そこで大事なのは、怒られた経験を成長の糧にできるかどうか。以下で怒られた時の対処法を解説しているので参考にしてください。

素直に謝る

怒られた時はまずしっかりと謝ることが大切です。「申し訳ございません」とお詫びの言葉を述べてから、事情を説明しましょう。謝罪1つで相手の気持ちを和らげることができますし、本音で話し合える機会につながることがあります。ただ、「すみません」と反射的に出た謝罪の言葉では、反省の気持ちが伝わりにくいので、謝罪をする際には謝り方にも注意しましょう。また、事情を説明する際も言い訳がましくならないようにするのもポイントです。

相手の話を受け止める

怒られている時は、相手の話を一旦すべて受け止めることが重要です。相手の意見を素直に受け入れることで、怒られたことをきちんと理解し、原因を追及できます。怒られた事実に向き合い、改善っすることで成長にもつながるでしょう。
ひとまず相手の話を受け入れ、自分の中で噛み砕いて理解するのが重要です。
怒られることは自分の未熟さに気付けるチャンスでもあるので、自分を成長に導くアドバイスだと思って、ポジティブに受け入れるようにしましょう。

怒られる理由を明確にして改善する

怒られる原因を明確にして改善するために、質問をしましょう。怒られる人の特徴であげたように同じミスを繰り返してしまうと怒られることにつながります。ミスの再発を防ぐためにも、何が悪かったのか質問して解消することが大切です。怒られた直後に聞きに行くのが難しい場合、相手の状況を見て、休憩時間や仕事が一区切りついた頃を見計らって質問しましょう。

怒ってくれる人を敵視せず、観察する

怒ってくれる人を敵視してしまうと、反抗心が生まれ、指摘やアドバイスを素直に聞けなくなってしまうことも。怒る側である上司や先輩は、自分のことを嫌っている敵ではなく、味方だということを頭に入れておきましょう。多くの場合があなたを成長させるために怒っています。あなたを追い込もうとして怒っているわけではないので、怒る側の気持ちも理解するように心がけましょう。また、怒る人を観察することで、怒るときの前兆がわかり、怒られても落ち着いて対処できます。
怒られたときの対処法についてさらに詳しく知りたい方は、「仕事や会社で毎日怒られるのはなぜ?ストレスで辛いときの対処法」と「仕事で怒られたときの社会人的心構え」のコラムもあわせてチェックしておきましょう。

仕事で上司に怒られる主な理由

上司が怒る理由を知ることで、気持ちが楽になったり、改善策が分かったりします。自身が怒られる理由が以下の内容に該当するか考えてみましょう。

成長させるために怒っている

あなたの今後の成長のために怒っている場合は、指摘を受け止め、従うことで同じことで怒られることはなくなるでしょう。諦められたり、見捨てられたりしてしまえば注意してくれる人もいなくなってしまいます。指導してもらえているうちに改善しましょう。

ミスをしたから怒っている

ミスをしたから怒っている場合は、純粋にあなたがやってしまった行為に対して怒っているので、ミスをしないように心がけることで改善できるでしょう。

理不尽に怒っている

上司に嫌われたり、ストレスの八つ当たりで怒られている場合は、自分だけで解決するのは難しいでしょう。人間関係の問題は異動や転職によって解決できます。また、八つ当たりされている場合、強く言いやすい相手と認識されていることが多いようです。萎縮せず、指摘に感謝の意を述べ、ポジティブに返答することで上司の八つ当たりが治まる可能性があります。
「怒られることがもの凄く怖い…」と悩んでいる方は、怒られるのが怖いと思う心理を解説している「仕事で怒られるのが怖いのはなぜ?考えられる理由と克服方法を解説!」をご覧ください。

仕事で怒られても気にしない方法

怒られることを気にし過ぎると、私生活や仕事に悪影響を及ぼすことも。以下で仕事で怒られても必要以上に落ち込み過ぎないようにするための方法を解説します。

上手に息抜きをする

仕事で怒られた後は精神的に負担があるので、好きなことをして気分転換するのがおすすめです。
ダメージを挽回せずにいつまでも落ち込んでいると、さらにミスを繰り返す恐れがあります。怒られないようにすることも重要ですが、仕事で落ち込んだ時の自分なりの対処法を知っておくことも大切です。また、上手に息抜きできれば、怒られたことを受け流せる心の余裕を持てるようになるでしょう。

自己肯定感を高める

怒られたことを落ち込み過ぎないためには、自己肯定感を高め、くじけない強い心を持つことも大切です。自己肯定感を高めるために、怒られたことを改善できたときは、自分で自分を褒めてあげましょう。日々の業務の中で簡単な目標を設定し、達成したら自分を褒めるようにするのも有効です。

怒る側の気持ちになってみる

怒られてばかりのときは、その理由を相手の視点に立って考えることが大切です。
相手の気持ちを想像して、怒られている原因や怒られないようにするための改善策を見つけるのが重要。また、自分を客観視することで冷静になり、必要以上に落ち込んでしまうのを回避できるでしょう。

成長の機会だと考える

怒られることで、自分に足りない部分に気付かされるます。怒られた時には、次なるステップに進むために必要な指摘だったと、前向きに捉えるようにしましょう。

怒られたときに気にし過ぎないために、頭を切り替えることが大切
休日に仕事のことを考えない、終わったことにいつまでも囚われない、別の視点から物事を考えるというように、頭を切り替えて考えることが必要以上に落ち込まないコツです。

仕事で怒られることがつらくなったときの対処法

怒られることによって、過度な心理的負担を感じるようなら、手遅れになる前に周囲に相談しましょう。

身近な人に悩みを相談する

怒られる原因について何も思い当たる原因がないのであれば、先輩や同僚といった第三者に意見を聞いてみるといった方法もあります。日頃からよく怒られている場合には疑問や不安を放置せず、上司に相談しながら仕事を進めていくようにすると良いでしょう。

専用窓口に相談する

パワハラと感じるようであれば、社内の相談窓口や外部機関に相談しましょう。専用窓口に相談する際は、第三者にも状況が伝わるように、ICレコーダーなどで怒られた時の記録をとっておくと効果的です。

転職を視野に入れる

理不尽に怒られる状況が続く場合には、転職も対処法の一つとして考えておきましょう。
あまりにも怒られる頻度が多かったり、理不尽な理由で怒られる状態が続いたりするのであれば、仕事や職場が合っていないのかもしれません。そのようなケースでは、転職して環境を変えることで現状を打破できる可能性があります。

転職したいと考えている方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブはフリーターや第二新卒などの若年層を対象に、就職・転職のサポートを行っている就職・転職エージェントです。
プロのアドバイザーが綿密なカウンセリングを行い、条件に合った求人をご紹介。実際に取材を行い、職場環境や仕事内容などを把握した企業の求人を取り扱っています。また、面接日や入社日の調整も行なっているので、働きながらスムーズに就活を進めることが可能です。カウンセリングから採用後のアフターフォローまで、すべて無料でご利用いただけます。
お気軽にお問い合わせください!

こんなときどうする?怒られてばかりで悩んでいる方に向けたお悩みQ&A

自分なりに努力をしていても、怒られてばかりだと仕事へのモチベーションが下がってしまいます。ここでは、想定される質問と回答をまとめているので、解決にご活用ください。

良好な人間関係の築き方を知りたい

まずは挨拶から始めましょう。 
挨拶はコミュニケーションの基本。会話のきっかけにもなります。そのほか、苦手な人との関係については「職場の人間関係で悩んだときの対処法と心がけ」のコラムを参考に、人間関係の築き方をチェックしてください。

仕事の適性はどうやって調べるのですか?

自己分析や適性診断を使います。
ただし、自分の適性を知るだけでは適職は見つかりません。「自分の適性に合った仕事の探し方」を参考に、職種ごとの適性についても確認してください。

自分に非があるとは思えない…これってパワハラ?

パワハラの定義と種類を確認しましょう。「事例とともに知ろう!パワハラの定義」で、パワハラについて詳しく解説しています。コラムを確認したうえで、自分の例がパワハラと解釈したなら、然るべき機関へ相談してください。

怒られてばかりだとボーナス査定に影響がある?

怒られる理由や内容にもよりますが、中小企業は影響が出ることも。 
ただし、賞与の支給や額はあくまでも企業が決めること。賃金のように支払い義務はないことを念頭に置いた上で、「賞与とは?その仕組みや金額の決め方などについて」を参考にしてください。

もう会社と関わりたくない…どうやって退職したらいいですか?

最後まで責任を持つのが社会人。どうしても無理な場合はエージェントに相談しましょう。 
会社や上司に対してマイナス印象を持っていれば、関わりたくないのは仕方ありません。しかし、いわゆる「ばっくれ」はトラブルのもと。「会社を円満に退職したい!仕事を辞めるときのポイント」を参考に、正しい手順で退職を進めてください。 
どうしても関わりたくない、退職を言い出しにくい場合は、転職エージェントの手を借りるのも1つの方法です。
ハタラクティブ」では退職方法に関するアドバイスも実施しているので、ご相談ください。

多田健二

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A