怒られない仕事の特徴とは?ミスが不安な人向けにおすすめの対処法も解説

怒られない仕事の特徴とは?ミスが不安な人向けにおすすめの対処法も解説の画像

この記事のまとめ

  • 怒られない仕事はノルマや厳しい納期がなく、人との関わりも少ないのが特徴
  • 仕事で怒られない会社は社風が穏やかで業績が良く、人員にも余力がある傾向がある
  • 仕事で怒られるのはミスを認めなかったり、時間や期限を守らなかったりするのが原因
  • 仕事で怒られないためには優先順位をつけたり、目標を設けたりするのがおすすめ
  • 怒られない仕事に就くには、自分の適性に合う職種を見極めることが大事

社会人であれば誰しも、上司や取引先から怒られてしまった経験はあるでしょう。しかし、「仕事のミスが多くて怒られないか不安」「やる気をなくすほど仕事で怒られる」といった場合は、適切な対応が必要です。このコラムでは、怒られない仕事の特徴や職種、怒られたときにおすすめの対処法、怒られないためのコツなどを詳しく解説します。今の会社での仕事にストレスを感じているなら、コラムを参考に今後について考えましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

怒られない仕事にみられる5つの特徴

怒られない仕事にはどんな特徴があるのか、主なポイントを5つ紹介します。

1.ノルマや高い売上目標がない

怒られない仕事は、ノルマや高い売上目標が設定されていない傾向があります。売上に直結しない仕事は、明らかなミスがない限り、怒られることは少ないでしょう。

営業のようにノルマのある仕事の場合、一生懸命に取り組んでも結果が伴わなければ叱られることがあります。怒られない仕事を求めるなら、販売数や売上金に明確な目標のある職種は避けるのが無難です。

2.厳しい納期がない

納期が厳しく設定されていない場合も、怒られるリスクが少ないといえます。タイトな締め切りに追われる仕事は、現場の空気がピリピリしがちです。特に、納品期限が差し迫っている場合は、イライラや焦りからミスが起こりやすく、怒られる要因が生じやすくなります。怒られない仕事を希望するなら、サイクルの速さやスピード感を求められない職種がおすすめです。

3.顧客との関わりが薄い

怒られない仕事は、顧客と直接関わりを持たないケースが多いのも特徴です。怒ってくる人は上司や取引先だけではありません。飲食店の店員やコールセンタースタッフは、顧客からの理不尽なクレームに対応しなければならないときもあります。

クレームを受けると、顧客だけでなく上司から怒られることもあるでしょう。多くの人と関わるのを避けたい場合は、人事や総務のように顧客と直接関わらない部署が適しています。

4.トライアンドエラーを繰り返すのが前提

怒られない仕事としては、ミスすることが前提の場合も当てはまります。製品の研究や開発に取り組み、トライアンドエラーを繰り返す仕事の場合、一つの失敗で大きく叱責されることは少ないでしょう。ミスをして怒られるのが不安な人には、失敗に対して肯定的な仕事がおすすめです。

5.仕事の進め方や目標設定を自己責任で行う

自己責任で取り組む場合も、仕事の進め方や目標達成に関して怒られることはないでしょう。特に個人事業主であれば、仕事の責任はすべて自分です。上司はいないため、ミスをしても最終的に巻き返せれば、誰かから責められることはないでしょう。

取引先に怒られる可能性はありますが、どうしても合わなければ「関係を断つ」という選択肢も持てます。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事で怒られるリスクが低いといわれる職種5選

仕事で怒られにくいとされる具体的な職種を紹介します。ただし、大前提として、ミスや状況次第ではどのような仕事でも怒られる可能性があることは念頭に置いておきましょう。

1.事務職

事務職は決められた業務を一人でこなすケースが多いため、怒られる機会は少ない傾向があります。仕事内容がルーチン化していればミスをするリスクが低く、自分のペースで仕事を進められるでしょう。

ただし、一口に事務職といっても、社外とやり取りを行う営業事務や、細かいミスが許されない経理事務などさまざまです。請け負う業務によっては、怒られるリスクが高くなることは覚えておきましょう。

事務職の仕事内容を詳しく知りたい方は「事務の仕事内容とは?求められるスキルや働くメリット・デメリットを解説!」をご覧ください。

2.企業や施設の受付

大手企業や病院、サロンなどの受付業務は、怒られるリスクが低い仕事の一つといわれます。厳しいノルマや納期がないため、目標や期限に追われて怒られることはないでしょう。スピード感が求められる仕事が苦手で、丁寧にやり取りするのが好きな人に向いています。

一方で、顧客からのクレームや急なトラブルに対応しなければならないときもあるので、適切に判断する能力が必要です。

受付業務に関心のある方は「受付の仕事内容とは?向いている人や正社員として就職するポイントを解説!」に目を通してみてください。

3.企業や公的機関の研究・開発職

トライアンドエラーを繰り返すのが前提の仕事の代表格が、企業や公的機関の研究職や開発職です。試行錯誤をしながら取り組む仕事なので、ミスをして怒られるリスクは低いといえるでしょう。

自分の好きな分野を研究したり、新製品を生み出したりできるので、やりがいを感じやすい仕事でもあります。しかし、成果が求められる仕事であるため、プレッシャーを感じることも多いでしょう。

研究職に興味がある方は「研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説」を、開発職に就きたい方は「開発(開発職全般)の仕事」を確認してみてください。

4.アパレルなどのショップ店員

アパレルや雑貨、インテリア店などのショップ店員は、飲食店などの店員に比べると顧客に怒られることは少ないでしょう。接客業務がメインですが、商品の提案や相談への対応が多いのでクレームに繋がるケースは多くありません。ただし、接客態度などが不適切だと顧客や店長から怒られることもあります。

ショップ店員に魅力がある方は「ショップ店員の仕事とは?求められるスキルや将来性を考察」をチェックしてみてください。

5.クリエイター系の専門職

クリエイター系の専門職は、自分の裁量で仕事を進められるため、怒られにくい仕事といえます。具体的には、デザイナーやイラストレーター、プログラマー、カメラマンなどが代表的。

フリーランスとして個人で活躍しているケースも多く、納期と品質さえクリアできれば取引先から怒られることもないでしょう。一方で、取引先からの信頼を失うと仕事を依頼されなくなる可能性があるため、自己責任でしっかり業務を遂行する姿勢が求められます。

クリエイター系の専門職については「クリエイティブ職の適性とは?仕事内容や未経験からの転職方法も解説」のコラムもあわせてご覧ください。

仕事で怒られない会社の4つの特徴

続いて、怒られない会社に見られる4つの特徴を紹介します。

1.社風が穏やかでのびのびと働きやすい

「社長がおおらか」「社員の多くがのんびりした性格」といった穏やかな社風の会社は、「厳しく言って聞かせる」といった文化を持たない傾向があります。ミスをしても激しく怒られることが少ないので、のびのび働けるでしょう。新たに人材を雇う際も社風に合った人を採用するため、似たような性格の人たちが集まるようです。

2.業績が好調で予算や心にゆとりを持ちやすい

業績が好調な企業は気持ちにゆとりが生まれるので、怒られにくいといえます。予算に余裕があると、効率化のための投資を惜しまなかったり、じっくりと商談の準備ができたりするので、業務も取り組みやすくなるでしょう。

結果的にミスが少なくなり、社員のメンタルやモチベーションも安定しやすくなるため、怒られる原因が起こりにくくなります。

3.人員に余力があり余裕を持って業務を遂行できる

人員に余裕がある会社ではゆとりを持って業務に取り組めるので、ミスで怒られるリスクを減らせます。人手が足りていないと、業務の進め方やスピードに関してダメ出しされたり、急かされたりすることも多いでしょう。

人員に余力があると「何かあっても誰かがフォローに回れる」「時間をかけて教育できる」といった余裕があるため、怒られる機会は少なくなります。

4.会社が小規模で情報共有しながら仕事を進められる

小規模な会社は仕事の進捗や問題点を共有しやすく、意見をすり合わせながら仕事を進められるので、怒られるリスクを軽減できます。各自の責任範囲が明確であり、困りごとを早期解決しやすいため、怒られる原因を早めに断てるでしょう。

上司との距離が近い傾向があり、不明点があるときに指示を仰ぎやすいので、大きなミスにつながりにくいこともメリットです。

仕事で怒られる6つの主な理由

仕事でよく怒られる理由として考えられる点をまとめました。「同じミスをしても、私ばかり怒られている気がする…」と感じている人は、自分にあてはまる要素がないかチェックしてみてください。

1.マナーが身についていない

会社でよく怒られる人は、基本的なビジネスマナーが身についていない可能性があります。敬語の使い方や名刺の渡し方といった基礎マナーは、ビジネスを円滑に進めるうえで重要な要素です。

上司や取引先に対して失礼な対応をした場合、今後の業務や取引に影響が出る可能性から怒られることもあるでしょう。

2.時間や期限を守らない

「遅刻が多い」「提出期限を守らない」など、時間や期限を守らないこともよく怒られる理由の一つです。決められた約束を守らない行為は、社会人としてあってはならないこと。人からの信用が低下する原因にもなります。

遅刻や納期の延長が何度も繰り返されるようであれば、怒られるのも当然といえるでしょう。

3.何度も同じミスを繰り返す

何度も同じミスを繰り返すことは、怒られる要因になります。1〜2回程度なら注意されるだけで終わる可能性もありますが、何度も続くと「改善の努力をしていない」と捉えられかねません。慎重さに欠けると思われると、再び信用を得るのが難しくなります。

4.ミスを認めず言い訳をする

自分の失敗を素直に認めず、言い訳や反論ばかりしていると怒られやすくなります。「反省していない」と判断される可能性もあるので注意しましょう。

仕事に対する責任感がなく、助言を素直に聞き入れない場合も同様です。人のせいにして責任逃れをすることが多いと、怒られることもあるでしょう。

5.上司との相性が悪い

上司との相性が悪いことが原因で、よく怒られるケースもあります。世の中、自分と相性の良い上司ばかりではありません。明らかなミスを起こしていなくても、業務の進め方や目標設定の仕方などで上司と考え方が違い、理不尽に怒られることもあるでしょう。

なかには「単に機嫌が悪い」「優位性を誇示したい」といった理由で怒る上司もいるようです。理不尽な理由で怒られることが多い方は「仕事の理不尽への対処法は?上司に怒られるストレスやイライラの解消法」にも目を通してみてください。

6.職場との相性の問題

あまりに頻繁に怒られたり、原因がわからず怒られることが多かったりする場合は、適性が職種や会社にマッチしていない可能性もあります。たとえば、企業スタンスが保守的で新しいチャレンジに対して否定的だと、上司の理解を得られず怒られることもあるでしょう。

今の職務が自分の適性に合わず、モチベーションの低下やストレスからミスを引き起こしているケースもあります。なお、上司や職場との相性が合わず、転職を視野に入れている方は「仕事で怒られるのはなぜ?対処法は?」もあわせて参照してください。

仕事で怒られたときの3つの対処法

怒られたときにおすすめの対処法は「ミスを認めて謝る」「意見を素直に受けとめる」「落ち込み過ぎない」の3つ。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ミスを認めて真摯に謝る

自分に非がある場合、きちんとミスを認めて謝罪するのが基本です。言い訳したりごまかそうとしたりすると、さらに相手を怒らせてしまう可能性もあります。人のせいにして開き直る態度も評価を落としかねません。ミスが分かったら、まずは誠意を持って謝りましょう。

2.意見を素直に受けとめる

相手の意見や指摘されたことは否定せずに受けとめましょう。実際に怒られているときには、なかなか素直に聞けないもの。しかし、反抗的な態度をとっていても改善にはつながりません。成長のチャンスだと捉え、今後に活かしましょう。

3.落ち込み過ぎない

落ち込み過ぎないのも、怒られたときに心掛けたいことの一つです。過度に気にしてしまうと、仕事へのモチベーションが下がり、さらなる失敗を引き起こす恐れもあります。指摘されたことをしっかり反省したら、以後は考え過ぎないようにしましょう。

なお、仕事で辛さを感じた際の対処法は「仕事の失敗で落ち込むときの対処法!ミスを防ぐ方法とは」や、「仕事で落ち込んだときに試したい!効果的な対処法とは?」をご覧ください。

仕事で怒られないための7つの方法

仕事で怒られないようにするために、日ごろから気をつけておくと良いポイントを7つ紹介します。

1.業務に優先順位をつける

いつまでに何を終わらせなければならないのか、期限を意識しながら業務ごとに優先順位をつけましょう。優先順位を把握する過程で、急ぎの業務に気がついた場合は、事前に上司に相談しておくことが大切です。前もって伝えておけば、上司の方で締め切りを延ばしたり、人員を増やしたりできます。

2.デスク周りを片付ける

デスク周りをきれいに片付けておけば、効率よく業務を進められます。デスクの上が散らかっていると資料や書類をなくしたり、汚したりといったミスを引き起こす要因になりかねません。

そのほか、頻繁に何かを探す時間が発生し、集中力が途切れてしまう可能性も高くなります。デスク周りをきちんと整理し、集中して業務に取り組める環境を作りましょう。

3.具体的な目標を設定する

具体的な目標やスケジュールを設定することも有効です。「今週中にここまで進める」「△時間で終わらせる」など、ある程度の目安を設けて業務を進めると、仕事にメリハリがつきます。

結果として気持ちに余裕を持って仕事に取り組めるようになり、うっかりミスの軽減につながるでしょう。

4.まめなお礼やあいさつを心掛ける

怒られないためには、社会人としての基本的なマナーを身につけておくことが大切です。小さなことでもお礼を述べたり、何かの折にはあいさつをしたりしていると、相手にも好印象を与えられるでしょう。

本来はしっかりした人と思われている場合と、この人ならやりかねないと懸念を持たれている場合とでは、失敗したときの怒られ方にも違いが出ます。日ごろから印象アップを心掛けましょう。

5.連絡をもらったらきちんとリアクションする

指示を出されたり連絡をもらったりしたときには、きちんとリアクションをすることも重要なポイントの一つです。急ぎの案件でなかったとしても、無反応でいると良い印象を与えられない可能性があります。

話を聞いているときには相づちを打つ、連絡を受け取った旨を報告するなど、相手に対するリアクションを忘れないようにしましょう。

6.報告・連絡・相談を徹底する

仕事を円滑に進めるために「報連相」を徹底しましょう。報連相とは、報告・連絡・相談の頭文字を取ったもので、ビジネスをするうえでの基本マナーです。報連相を行うことで上司も仕事の進捗を把握しやすくなり、ミスが起きても早く対処できるので、怒られるリスクを減らせます。報連相をするときは、要点を簡潔にわかりやすく伝えるよう意識しましょう。

7.コミュニケーションを取り関係性を構築する

怒られないようにするには、相手と良好な関係性を築くことが重要です。同僚や部下とはもちろんのこと、上司とも積極的にコミュニケーションを取るよう心掛けましょう。

普段からコミュニケーションが取りやすい関係を築いておけば、判断に迷うときや問題が起こりそうなときに相談しやすくなります。関係が良好だと、軽いミスなら大目に見てもらえることもあるでしょう。

なお、仕事で怒られないための防止策を知りたい方は「怒られるのが怖いのはなぜ?考えられる要因と克服方法を解説!」もぜひご覧ください。

怒られない仕事に就くための3つの方法

怒られない仕事に就きたいなら、次の3つの方法を検討してみてください。怒られることによる心理的な負担がなく、楽しく働ける仕事を探しましょう。

1.ストレスが少ない職種を選ぶ

怒られるリスクを減らしたければ、仕事のストレスが少ない職種や会社を選ぶのがおすすめです。過度なストレスはモチベーションの低下やミスを招きやすく、怒られる原因につながります。

自分の適性にマッチし、ストレスを受けにくい職種を見極めましょう。自分に合う職種を知りたい方は「自分の適性に合う仕事の探し方とは?」のコラムを参考にしてください。

2.自分の裁量でこなせる仕事を探す

上司から怒られない仕事に就きたい場合は、自分の裁量でこなせる仕事に就くのが良いでしょう。自分が担当する業務が明確に決まっており、仕事の進め方や優先順位を自由に決められる仕事が理想的です。

たとえば、プロジェクト管理者・研究者・コンサルタントなどが挙げられます。人との関わりが好きなら、特定地域の営業担当として自由に働くのもおすすめです。専門的なスキルがあるなら、個人事業主として働くのも一つの手でしょう。

3.転職してキャリアアップを目指す

今の職場でどうしても現状を変えられない場合は、転職を検討しましょう。同じ職種でも職場を変えることで、悩みが解消されるケースも少なくありません。転職でキャリアアップできれば今よりも高いポジションで働けるようになり、上司との摩擦を減らせる可能性もあります。

自分に合う職場を探してキャリアアップを目指すなら、転職エージェントを利用するのもおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンでヒアリングを実施してあなたの適性を判断いたします。そのうえで、あなたにマッチしたおすすめの求人をご紹介。

そのほか、応募書類の添削をはじめ、面接対策、スケジュール調整などを行い、転職活動を総合的にサポートいたします。
すべてのサービスは無料でご利用可能です。プロ目線でアドバイスを受けながら、効率よく転職活動を進めたい方は、ぜひこの機会にご連絡ください。

怒られない仕事への就職に関するお悩みQ&A

ここでは、怒られない仕事に就きたいと考えている方のお悩みをQ&A方式で解消します。

仕事で怒られたときの乗り越え方が知りたいです。

仕事で怒られたときは、自分に合った方法で気持ちの切り替えを図りましょう。
たとえば、趣味や好きなことをして気分転換したり、信頼できる人に相談したりするのがおすすめです。冷静に改善点を探り、次回の仕事に活かすのも良いでしょう。詳しくは「仕事で怒られたときの社会人的心構え」を参考にしてください。

仕事で怒られにくい人はどんな人ですか?

仕事で怒られにくいのは、マイナスな気持ちを引きずらない人や周囲への配慮がある人、相手への感謝を示せる人などです。詳細は「仕事で怒られる人・怒られない人の特徴は?原因と対処法をご紹介!」のコラムにある「仕事で怒られない人ってどんな人」で説明しています。

仕事で怒られてばかりで辛いです…対処法は?

仕事で怒られる状況が続いているときは、その要因を探り、自己成長や再発防止につながる対策を講じましょう。怒られることは必ずしもネガティブなことではなく、自らを成長できる機会でもあります。「会社で怒られるのは悪いこと?成長のチャンスを掴もう」でも詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

怒られるのが怖いのは甘えですか?

怒られるのが怖いと思うことは、必ずしも甘えではありません。
怒られるのが怖いと感じる理由は、過去の経験からくるトラウマや自信のなさ、コミュニケーション不足などさまざまです。今の職場や上司との相性が合わず、怒られることに恐怖心を抱くようになるケースもあるでしょう。

必要な対処法を取ったにも関わらず、どうしても状況を改善できない場合は、転職を考えるのも一つの方法です。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがあなたの悩みや要望に沿って、よりマッチする仕事をご紹介しています。就職・転職活動に悩む方は、ぜひ一度ご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ