新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で怒られたときの社会人的心構え

仕事で怒られたときの社会人的心構え

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・基本的なビジネスマナーができていない、ミスが多い、仕事が遅いなどが、怒られやすい人のタイプとして挙げられる
    ・怒られてしまったときはすぐに謝罪し、言い訳や反論などは避けたほうが無難
    ・気持ちを前向きにするためには、身近な人への相談やリフレッシュする時間を設けるなどがおすすめ

仕事に失敗はつきものです。上司や取引先に怒られ、失敗のたびにひどく落ち込む人がいます。ふさぎ込んだままでは、周囲にも気を使わせてしまうほか、次の仕事にまで悪影響を及ぼしかねません。
そこで、当記事では怒られた際の対応方法やリカバリー方法などについてご紹介しています。失敗を引きずらずに前向きに仕事するためにも、社会人としての心構えを身につけておきましょう。

◆怒られやすい人の5つの特徴

あなたの周りに、なぜかいつも怒られている人はいませんか?実はそういう人たちには、いくつかの共通点があったのです。

【基礎的なスキルの不足】

挨拶をする、目を見て話す、正しい敬語が使える、TPOに相応しい身だしなみができる、時間を守る、報連相を徹底する…これらのビジネスマナーは基本中の基本。
最低限の社会人スキルが乏しい人は怒られやすい傾向にあると言えます。

【ミスが多い】

同じミスを繰り返してしまうのは、周囲の信用を下げてしまう行為です。なぜミスをしたのか原因を探り、二度と同じ失敗をしないよう、自身で考え努力をする必要があります。

【仕事が遅い】

丁寧でミスが無くても、極端に仕事の処理速度が遅い人も、怒られる原因の1つとして挙げられるでしょう。

【話を聞いてない、理解力が乏しい】

MTGで決まったこと、上司からレクチャーされたことなど、言われたことを理解し遂行することが大切です。話を聞かず、理解していないままにしておく人では、仕事に対する真剣味が足りないと思われ、怒られるきっかけを与えてしまうことになるでしょう。

【言い訳をする】

失敗して怒られた際、「しかし」「でも」などと言い訳をしてしまう人は怒られやすいタイプの特徴として挙げられます。自分のミスを認め、まずは素直に謝ることが大切でしょう。


◆上司や取引先に怒られた場合はどうする?

怒られたときにまずすべきことは、誠実に謝罪をするということ。なぜこのようなことが起こってしまったのかの状況説明や弁解はその後です。
このときに絶対に避けるべきは言い訳や反論。相手の言い分はすべて聞き、反省の姿勢を示しましょう。

また、どういう風にミスをリカバリーしたかの対処法と、今後同じような失敗を繰り返さないための対策などを考えておくことも大切。謝罪の際、一緒にここまで上司に伝えることができたら、プラスの評価に変えることも十分に可能でしょう。

最後には、相手への感謝の気持ちを忘れずに。怒られたショックで、相手のことを敵だとネガティブな認識をしがちです。しかし、相手も怒りたくて怒っているわけではない、自分のことを思ってくれている、自分の味方だと冷静に思えることで少し気持ちが楽になります。
「ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。丁寧にご指導いただきありがとうございます」と謝罪に併せて感謝の意を伝えましょう。


◆仕事で怒られたときの立ち直り方

仕事でミスして怒られると、前向きな気持ちになるのはなかなか難しいものです。しかし、うまく感情をコントロールして前に進まなければ、モチベーションが上がらず作業効率の低下やミスの助長などに繋がりかねません。
負のスパイラルを避けるためにも、その都度しっかり気持ちを前向きにすることが大切です。仕事で怒られて気分が落ち込んだときに試してほしい方法を集めましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【リフレッシュする】

いったん業務から離れ、気分転換する時間を作ってみましょう。リフレッシュ方法は人それぞれ。コーヒーを飲む、外を散歩する、音楽を聞く、友人と会うなど冷静な気持ちに切り替えることが大切です。

【許す】

失敗してしまった自分自身はもちろん、叱責した相手に対しても許す気持ちを持ちましょう。「自分はダメな人間ではない」「誰にだって失敗することはある」「言いづらいことを言ってくれた」など、常にポジティブな意見を持てるよう癖付けることが大切です。

【再発防止に努める】

「失敗した」「怒られた」と、落ち込んだ感情のまま立ち止まるのはおすすめしません。リフレッシュして自分を許したら、次は問題と向き合う時間を作ります。
ミスした原因を冷静に分析し、同じ失敗を繰り返さないための対策を練りましょう。

【身近な人から意見をもらう】

いつも通りの判断ができない、頭が真っ白になる…失敗したことや怒られたことのショックで、自分一人でモチベーションを上げることが難しいこともあります。
ときには、上司や先輩、同僚などに相談してみるのも1つの方法。話すことで気持ちがラクになったり、思いがけないアドバイスをもらえたりと、メリットは多いでしょう。

理不尽に怒られている、今の職場では強いストレスを感じるなど、仕事に対するお悩みはありませんか?心身からSOSが出る前に、転職を考えてみることも賢明な方法と言えます。
転職エージェントであるハタラクティブでは、求人のご紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接指導などを実施。転職にまつわる有益なサービスを通じ、失敗しない・後悔しない転職活動をお手伝いできます。
まずはお気軽にお問い合わせください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ