苦手な人・嫌いな人との接し方とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 苦手な人・嫌いな人との接し方とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・職場の人を嫌いになるのは、相手から嫌なことをされたり、性格や行動が自分と合わないと感じたりするため
    ・嫌いな人・苦手な人を敬遠するのではなく、少しずつコミュニケーションを取ってみると関係が改善することがある
    ・嫌いな人に対して“仕事上の関係”と割り切りると、気持ちが落ち着くケースがある
    ・人間関係のトラブルが改善されない場合は、転職を考えるのがおすすめ

職場に嫌いな人や苦手な人がいるとき、社会人としてどのように対応すべきなのでしょうか。
人を嫌いになる、苦手と感じる理由にはさまざまなケースがあるようです。
ここでは、人を嫌い・苦手と感じる理由と、嫌いな人との接し方をご紹介。
人間関係の悩みを少しでも改善して、働きやすい職場環境を整えましょう。

◆人を嫌いになる・苦手意識を持つ理由は?

職場や取引先の中に、「嫌いな人」「苦手な人」がいるという人は、どのようなことが理由でそのような気持ちになるのでしょうか。
仕事の関係者を嫌いになる、苦手だと感じる理由を挙げてみました。

・相手が自分のことを嫌っている
・理不尽なことをする、言う
・人によって態度を変える、自分への態度が悪い
・自分と価値観が大きく違う
・人が嫌がることをする
・話が噛み合わない
・正当に評価してくれない、評価基準が自分本位
・嫉妬していることがある(相手の方が成績が良い、実力がある、など)
・ルールを守らない 
・仕事上の能力が低い(ミスが多い、自分の仕事が増える原因になる)
・仕事を押し付ける(自分の仕事以外の事をさせられる)

上記のように、相手から嫌なことをされる、相手の性格や行動、能力などが自分と合わないと感じることが原因で、相手を嫌い・苦手だと判断するケースが多いようです。
そのほかにも、上司や先輩などと話す際に緊張してしまい、目上の人が「苦手」と感じる人もいるようです。
入社してすぐは苦手意識があっても仕事で少しずつ話すうちに、“案外話しやすい人だった”と分かり、自然と慣れるケースもあります。
最初から「嫌い・苦手」と相手を敬遠せず、あいさつやお礼など、できる範囲からコミュニケーションを取ってみましょう。


◆職場に嫌いな相手がいたらどうする?

働きやすい職場というと、職場の人間関係が良好、チームワークが取れているなど、風通しの良い職場をイメージする人が多いのはないでしょうか。
「嫌いな人と関わりたくない」と苦手意識を持ったまま仕事をしていると、ストレスを溜めてしまい、職場に行くこと自体が嫌になることもあります。
少しでも憂鬱な気分を無くし、働きやすい職場を目指すにはどうしたらよいか、対応策を考えましょう。

【対策1 嫌いな人の良いところを探してみる】

嫌いな相手、苦手な人とは極力コミュニケーションを避けたいと考えるのが普通なのではないでしょうか。
しかし、仕事で協力し合う必要があったり、職場の雰囲気を悪くするおそれがある場合は、適度なコミュニケーションを取り、関係が悪化しないようにすることも必要です。
また、嫌いな人・苦手な人であっても、挨拶や仕事上のお礼をするのは社会人として守るべきマナーです。
プライベートな話は無理そうでも、業務上のやり取りから相手とのコミュニケーションをスタートさせてみるのも良いでしょう。

慣れてきたら、相手をランチや飲み会に誘ってみるのもおすすめです。
「嫌い・苦手」と思っている相手に対してなかなか難しいことかもしれませんが、相手の新たな一面を知ったり、共感する部分を見つけるきっかけになったりと、嫌いな人の印象が変わる可能性もあります。

嫌い・苦手な気持ちを少しでも和らげるように行動することで、仕事中のイライラやストレスが減り、余計なことを考えず仕事に集中できるようになるかもしれません。
苦手な人との積極的なコミュニケーションが、結果的に自分にとってプラスになることもあるでしょう。


【対策2 自分の考え方を変えてみる】

嫌いな人・苦手な人を意識するのはやめ、自分の考え方を変えてみるという方法もあります。
例えば、嫌いな人を意識しすぎると、自分の業務に集中できなくなり、仕事の生産性低下やストレスによる体調不良のリスクも高まります。

仕事に悪い影響が出ているときは、「相手の嫌なところを治したい」「自分が我慢して耐えればいい」と頑張るのではなく、「人間関係にとらわれない」という冷静な気持ちを持つことで、仕事とプライベートの区別をはっきりさせるのも良いでしょう。

「嫌いな相手と付き合うのも仕事のうち」「嫌いな相手とのコミュニケーションは、業務達成のために必要な要素のひとつ」と考えると気持ちが楽になることもあります。


【対策3 嫌いな人から学ぶ】

嫌いな人の言動から、学べることもたくさんあります。
態度の悪い人やマナーを守らない人、理不尽なことを言う人、相手の嫌がることをする人などを反面教師にして、「こういう態度は人に不快感を与えるから自分はしない」と考えてみましょう。

将来、人材育成を担当するときや、キャリアアップをするときにこういった経験があると、後輩に社会人としてあるべき姿を具体的に示せるほか、自分自身が嫌な上司にならないように意識することができるでしょう。


このように、嫌いな人との接し方に注意して、ストレスを溜めない考え方を見つけることが大切です。
休憩中や帰宅後、休日などのプライベートな時間には、気分転換や体調管理をしっかりと行い、ストレスを解消するように心掛けましょう。


◆職場の人間関係に悩んでいる人は、転職を選択肢に入れよう

職場の人間関係がつらい、人間関係が原因のストレスで体調を崩している、パワハラなどで悩んでいるなど、今の状況がどうしても改善されない場合は、転職して新しい環境で働くのも選択肢の一つです。

転職を考えるなら、1人で就職先を探すよりも、転職エージェントを活用して効率的に転職活動を行いましょう。

転職・就活のサポートサービスを提供するハタラクティブが用意するのは、職場の雰囲気や仕事内容をしっかり把握した信頼のおける求人に限られ、採用後のミスマッチが起きにくいのが特長です。
専任の就活アドバイザーによるアドバイスが受けられるだけでなく、応募書類の添削や面接対策などもサポートしているため、安心して転職活動を進められます。
転職を成功させたい人、1人での転職活動が不安な人は、ぜひお気軽にご相談下さい。


関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ