職場にいる嫌いな人との接し方とは?苦手な人の特徴や対処法も紹介

職場にいる嫌いな人との接し方とは?苦手な人の特徴や対処法も紹介の画像

この記事のまとめ

  • 嫌いな人との接し方で悩むのは嫌なことをされたり、性格が合わないと感じたりするため
  • 嫌いな人との接し方は、少しずつコミュニケーションを取ってみるのもおすすめ
  • 嫌いな人との接し方は「仕事上の関係」と割り切りると、気持ちが落ち着く場合もある
  • 人間関係のトラブルが改善されない場合は、転職を考えるのも一つの手

仕事をするうえで「嫌いな人との接し方が分からない…」と悩んでいる方も多いでしょう。職場に嫌いな人や苦手な人がいるとき、どのように対応すべきかは社会人として大きな課題の一つです。人を嫌いになる、苦手と感じる理由にはさまざまな原因が考えられます。このコラムでは、人を嫌い・苦手と感じる理由と、嫌いな人との接し方をご紹介。人間関係の悩みを少しでも改善して、働きやすい職場環境を整えましょう。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

職場の人を「苦手」「嫌い」と感じる理由は?

職場や取引先の中に、「嫌いな人」「苦手な人」がいるという人もいるでしょう。この項では、仕事の関係者を嫌いになる、苦手だと感じる理由を挙げてみました。

・相手が自分のことを嫌っている
・理不尽なことをする、言う
・人によって態度を変える、自分への態度が悪い
・自分と価値観が大きく違う
・人が嫌がることをする
・話が噛み合わない
・正当に評価してくれない、評価基準が自分本位
・嫉妬していることがある(相手の方が成績が良い、実力がある、など)
・ルールを守らない
・仕事上の能力が低い(ミスが多い、自分の仕事が増える原因になる)
・仕事を押し付ける(自分の仕事以外のことをさせられる)

上記のように、相手から嫌なことをされる、相手の性格や行動、能力などが自分と合わないと感じることが原因で、相手を嫌い・苦手だと判断することも多いようです。
そのほかにも、上司や先輩などと話す際に緊張してしまい、目上の人が「苦手」と感じる人も。入社してすぐは苦手意識があっても仕事で少しずつ話すうちに、「案外話しやすい人だった」と分かり、自然と慣れる場合もあります。
最初から「嫌い・苦手」と相手を敬遠せず、あいさつやお礼など、できる範囲からコミュニケーションを取ってみるのもおすすめです。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

「苦手な人」「嫌いな人」によく見られる特徴

「苦手な人」「嫌いな人」によく見られる特徴

  • 相手ごとに態度を変える
  • 自分のミスを認めない
  • ネガティブな話ばかりしている
  • 上から目線な態度を取る
  • 周囲の雰囲気を考えない

苦手な人や嫌いな人によく見られる特徴として「相手ごとに態度を変える」「自分のミスを認めない」「ネガティブな話ばかりしている」といったことが挙げられます。この項では、それぞれの特徴について詳しくご紹介しますのでご一読ください。

相手ごとに態度を変える

他社との関わりにおいて、上司には親切に接するのに対して、部下には横柄な態度を取る人は、周囲の人から「苦手な人」と思われやすい傾向にあります。自分にとって利益のある相手だけに良い態度を示すと、信頼を築くのは難しいでしょう。
周囲の人からの親切に感謝し、公平で公正な態度を心掛けることが周囲の人との円滑な関係を築くコツです。

自分のミスを認めない

自分のミスを認めない人は、「常に自分が正しい」と思い込む傾向にあります。この思い込みを押し付けることで、周囲から「苦手な人」「嫌いな人」と見られることも。自分の信念を持つことは良いことですが、ミスをしたら謝る姿勢も重要です。常に謙虚であり、非を認める心構えが大切といえるでしょう。

ネガティブな話ばかりしている

常にネガティブな話ばかりで、自らの辛さを強調する姿勢は、周囲の人にとっては少々難しい人と映ることも。悩みや苦しみを打ち明けることは大切ですが、相手の立場も考慮する必要があります。
相手は必ず聞いてくれると思い込んでいても、実は我慢をしている可能性もあるでしょう。同様に、悪口ばかり言う人も周囲に不快感を与えがち。心地よく過ごすためには、ポジティブな態度や言葉に意識を向けることが重要です。

上から目線な態度を取る

いかなる状況でも上から目線な態度を取る人は、周囲から「苦手な人」「嫌いな人」と敬遠されることもあります。言葉遣いが丁寧でも、相手を見下す気持ちは態度に表れるもの。特に部下や後輩と接する場合には、注意が必要です。自分が意識せずに上から目線な態度を取っていないか振り返り、相手に対して尊重の気持ちを示してみましょう。

周囲の雰囲気を考えない

自分勝手な態度を取り、他人の時間を奪うことは、周囲に「苦手な人」「嫌いな人」と思われる可能性も。特に仕事においては、これが影響を及ぼす可能性もあります。分からないことがあれば謙虚に相談し、他人の協力を仰ぐ際には相手の都合を考慮することが大切です。
自分本位な依頼や行動は、無意識のうちに他人に迷惑をかけることにつながりかねません。相手の状況に気を配ることは、相手を尊重し思いやる態度の表れでもあります。これらの行動は、どのような状況でも守るべき大人のマナーといえるでしょう。

職場で「関わりたくない」と思われる人の特徴については「関わりたくない人の特徴と職場で上手に接する対処法を紹介!」のコラムで解説しておりますので、チェックしてみてください。

職場にいる嫌いな人との接し方や対処法5つ

職場にいる嫌いな人との接し方や対処法5つ

  • 「苦手な人」「嫌いな人」の良いところを探してみる
  • 自分の考え方を変えてみる
  • 職場の「苦手な人」「嫌いな人」から学ぶ
  • できるだけ関わらない
  • 相手を変えようとはしない

働きやすい職場というと、「職場の人間関係が良好」「チームワークが取れている」など、風通しの良い職場をイメージする人もいるでしょう。
「嫌いな人と関わりたくない」と苦手意識を持ったまま仕事をしていると、ストレスを溜めてしまい、職場に行くこと自体が嫌になることもあります。少しでも憂鬱な気分を無くし、働きやすい職場を目指すコツや対処法についてまとめました。

1.「苦手な人」「嫌いな人」の良いところを探してみる

嫌いな相手・苦手な人とは、極力コミュニケーションを避ける方法を考えるのが一般的でしょう。
しかし、仕事で協力し合う必要があったり、職場の雰囲気を悪くしたりする恐れがある場合は、適度なコミュニケーションを取り、関係が悪化しない方法を考えるのも必要です。
嫌い・苦手な気持ちを少しでも和らげるように行動することで、仕事中のイライラやストレスが減り、余計なことを考えず仕事に集中できるようになる可能性も。苦手な人との積極的なコミュニケーションが、結果的に自分にとってプラスになることもあるでしょう。

「苦手な人」「嫌いな人」にも挨拶やお礼をするのがマナー

嫌いな人・苦手な人であっても、挨拶や仕事上のお礼をするのは社会人として守るべきマナー。プライベートな話はできなくても、業務上のやり取りから相手とのコミュニケーションをスタートする方法も良いでしょう。慣れてきたら、相手をランチや飲み会に誘ってみるのもおすすめです。
「嫌い・苦手」と思っている相手に対してなかなか難しいことかもしれませんが、相手の新たな一面を知ったり、共感する部分を見つけるきっかけになったりと、嫌いな人の印象が変わる可能性もあります。

2.自分の考え方を変えてみる

嫌いな人・苦手な人を意識するのはやめ、自分の考え方を変えてみるというのも一つのコツ。たとえば、嫌いな人を意識しすぎると、自分の業務に集中できなくなり、仕事の生産性低下やストレスによる体調不良のリスクも高まります。
仕事に悪い影響が出ているときは、「相手の嫌なところを治したい」「自分が我慢して耐えればいい」と頑張るのではなく、「人間関係にとらわれない」という冷静な気持ちを持つことで、仕事とプライベートの区別をはっきりさせる方法も良いでしょう。

「嫌いな相手と付き合うのも仕事のうち」「嫌いな相手とのコミュニケーションは、業務達成のために必要な要素のひとつ」と考えると気持ちが楽になることもあります。

3.職場の「苦手な人」「嫌いな人」から学ぶ

嫌いな人の言動から、学べることもあります。たとえば、態度の悪い人やマナーを守らない人、理不尽なことを言う人、相手の嫌がることをする人などを反面教師にして、「こういう態度は人に不快感を与えるから自分はしない」と考えてみるのもコツの一つです。
将来、人材育成を担当するときや、キャリアアップをするときにこういった経験があると、後輩に社会人としてあるべき姿を具体的に示せるほか、自分自身が嫌な上司にならないように意識することができるでしょう。

このように、嫌いな人との接し方に注意して、ストレスを溜めない方法を見つけることがコツです。
休憩中や帰宅後、休日などのプライベートな時間には、気分転換や体調管理をしっかりと行い、ストレスを解消するように心掛けましょう。

4.できるだけ関わらない

嫌いな人とは可能な限り関わらないようにしてみましょう。本当に必要な場面を除いて、嫌いな人や苦手な人との関わりを最小限にすることで、その人に関連するストレスを抑えることができます。
必要な接点だけを保ちつつ、適切な距離感を保つことを心掛け、ストレスの発生を最小限に抑えるようにするのがコツです。

5.相手を変えようとはしない

嫌いな人や苦手な人がいる場合、相手を変えようとすることもあるでしょう。しかし、相手を変えるのは容易ではありません。他人の性格や態度を変えるのは難しいことであり、むしろ自分の心持ちを変えることが重要。
ただし、相手の特定の態度や行動が周囲に問題を引き起こしている場合は、上司に相談して改善を図る方法が適切です。業務に支障をきたす場合は、上司に注意喚起や対応策を求めるのが良いでしょう。

職場に苦手な人がいる場合の対処法は「職場に苦手な人がいるときの接し方は?困ったときの対処法をご紹介!」のコラムで詳しく解説しておりますので、ぜひご一読ください。

職場の苦手な人や嫌いな人との接し方で避けたいこと

職場に苦手な人や嫌いな人がいる場合には「嫌いな人にだけ態度を変える」ことや「陰口や嫌がらせをする」といった方法は避けるようにしましょう。下記にて詳しく解説します。

「苦手な人」「嫌いな人」にだけ態度を変えることはしない

嫌いな人がいても、その人に対して冷たい態度を取るのは避けましょう。冷たい態度は関係改善の機会を逸するだけでなく、関係を悪化させる可能性もあります。嫌な感情があっても、関係が変わる可能性も考慮し、特に職場では業務の円滑な進行のためにも関係悪化を避けるよう心掛けましょう。
また、特定の人にだけ冷たい態度を取ると、自分の評価が低くなる可能性があるので注意が必要です。

陰口や嫌がらせなどの具体的な行動はしない

嫌がらせや陰口を行うことは避けるのが無難です。相手を傷つけるだけでなく、自身の評判を損ねたり、法的な問題に発展したりする可能性もあります。冷静に対処するために上司に相談するなどの方法を検討しましょう。自分も同じ行為に走ることなく、建設的な解決方法を模索することが重要です。

職場の嫌いな人と一緒に仕事をしなければならない場合もあるでしょう。その場合は「嫌いな人がいるときの対処法!一緒に仕事をしなければいけないときは?」のコラムもぜひ、参考にしてみてください。

嫌いな人との接し方に悩むなら転職を検討するのも手

「職場の人間関係がつらい」「人間関係が原因のストレスで体調を崩している」「パワハラで悩んでいる」など、今の状況がどうしても改善されない場合は、転職して新しい環境で働くのも選択肢の一つです。転職を考えるなら、1人で就職先を探すよりも、転職エージェントを活用して効率的に転職活動を行いましょう。

転職・就活のサポートサービスを提供するハタラクティブが用意するのは、職場の雰囲気や仕事内容をしっかり把握した信頼のおける求人のみ。そのため、採用後のミスマッチが起きにくいのが特長です。
専任の就活アドバイザーによるアドバイスが受けられるだけでなく、応募書類の添削や面接対策などもサポートしているため、安心して転職活動を進められます。
転職を成功させたい人、1人での転職活動が不安な人は、ぜひお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次