人嫌いでも働くことはできる?おすすめの仕事や診断法を紹介!

人嫌いでも働くことはできる?おすすめの仕事や診断法を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・人嫌いでもできる仕事はたくさんある
  • ・インターネットの普及も人嫌いがいろいろな仕事ができる要因である
  • ・人嫌いに向いているのは在宅ワークと最低限の会話で済む仕事
  • ・人嫌いに向いている仕事を選ぶと人脈を広げにくいなどのデメリットもある

人嫌いな人の多くは、「人と関わらず自分のペースでできる仕事」という条件で求人を探すことが多いのではないでしょうか。中には、選択肢が狭まってしまい「希望に合う仕事がない」とお悩みの人もいるでしょう。しかし、職種によっては、人との関わりが少ない仕事や在宅でできる仕事も存在します。今回は、人嫌いな人におすすめの仕事をご紹介。人との関わりが少ない仕事を選ぶメリットとデメリットにも触れています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

人嫌いでも仕事はできるの?

「人と関わるのが苦手」という悩みを抱えていても、働く意欲さえあれば就職は可能です。世の中には、人嫌いの人でもストレスなく働ける仕事がたくさんあります。
オフィスの自動化が進むにつれて、近年では人と関わらない仕事は増加傾向にあるようです。「単純作業を機械が行うようになったら、今以上に人と関わる仕事が増えるだろう」という意見がある一方で、人との関わりが少ない仕事も増加しているといわれています。
そもそも会社は性格も思考もスキルもそれぞれ異なるさまざまな人が集う場所です。中には相性がよくない人もいるでしょう。すべての人と良好な関係を気づかなくとも、「今は仕事」と割り切ることできちんと業務に取り組むことは可能です。
気持ちの切り替え方法が分からずお困りの方は、職場に嫌いな人がいたときの対処法なども紹介しているコラム「苦手な人・嫌いな人との接し方とは」をチェックしてみてください。

人嫌いでも仕事ができる3つの理由

人嫌いでもいろいろな仕事ができるようになったのは「インターネットの普及」「国が働き方の多様性を推進している」「成果主義型の評価制度を取り入れる企業の増加」の3つの理由が背景にあります。詳しくは以下の解説をご覧ください。

1.インターネットが普及したから

インターネットの発達により、場所に縛られずにできる仕事の種類が増えました。
インターネット上で不特定多数の人に業務を依頼するクラウドソーシングという業務委託形態は、新しい働き方の1つとして定着しているようです。近年ではテレワークを導入した企業も数多く見受けられます。人と直接会うことなく仕事の依頼や打ち合わせ業務がスムーズに進むので、「直接会うのは緊張する」「雑談が苦手」という人でも仕事が進めやすいでしょう。

2.国が働き方の多様性を推進しているから

日本では、労働者の自由なライフスタイルを尊重する「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)推進サイト」などの働きかけにより、働き方の多様性が推進されるようになりました。
時短勤務やフレックスタイム制度を導入する企業も増え、インターネットの普及により働く場所の自由化も進んでいます。

内閣府
男女共同参画局
仕事と生活の調和推進室

3.成果主義型の評価制度を取り入れる企業が増えたから

成果主義型の評価制度を取り入れる企業が増えてきたことも、人嫌いでもストレスなく仕事ができるようになった大きな理由です。テレワークを推進する企業が増加している中で、通勤が難しいという方にも能力を発揮できるチャンスが増大しました。
「人と直接会いたくない」という人嫌いな方に対しても、企業が成果を出してくれればOKと判断していれば出勤の必要がなくなるでしょう。能力がある人嫌いの方たちは、周囲の目を気にせず自由に働くことができる環境を手に入れられるようになり、仕事の選択肢が増加しました。

人嫌いに向いている仕事

人嫌いに向いているのは、主に在宅ワークと最低限の会話で済む仕事。以下に、人嫌いにおすすめの4つの在宅ワークと、4つの最低限の会話で済む仕事を紹介します。

人嫌いに向いている4つの在宅ワーク

人嫌いに向いている4つの在宅ワークは以下の通りです。

1.Webライター

インターネットが普及したことから、Webサイトに掲載する記事などを作成するライターの需要が高くなっています。ライターの仕事には取材を必要とするものも多いですが、完全在宅で作業を完了できる仕事を見つけることも可能です。単価は低くなりますが未経験者でもできる仕事もたくさんあって、経験を積んでいるうちにだんだんと稼げるようになります。
仕事の受注から納品までをメールだけでできる仕事も多いので、全く人と関わらないでそれなりの収入を得ている人もたくさんいるようです。

2.データ入力

依頼主の指示にしたがって文字や数字などを入力するデータ入力という仕事もあります。
資料の電子化が進んでいることから、PDFファイルや紙の情報を入力したり、音声データを書き起こしたりする仕事の需要も高まっているようです。
パソコンの基本的な操作さえできれば誰にでもチェレンジできるので、在宅ワーク初心者にもおすすめで、時間を問わずできるため副業にも向いています。

3.翻訳

語学が得意な方には翻訳の仕事をおすすめします
世界中にはたくさんの言語があって、書籍、雑誌、マニュアル本、取扱説明書、論文、歌詞、映画字幕など翻訳対象は無限にあるため、需要が尽きることはありません。
Webライターの仕事をする場合も、翻訳ができれば1文字あたりの単価が高くなるため、翻訳の仕事は高収入も期待できるようになっています。
さらに、医学や経済をはじめとした専門知識をもっていれば単価は跳ね上がり、普通のサラリーマンよりもかなりの多くの収入を得ることは十分に可能です。人と関わることなく、メールだけで完結できる仕事もたくさん用意されています。

4.ハンドメイド

手芸やアクセサリーづくりやペーパークラフトや陶芸など、手先が器用な方ならハイドメイド作品の制作や販売を仕事にするという選択肢もあります
ネットで依頼主を探して注文通りに作品をつくってそれを納品して収入を得る方法もあれば、自分でネットショップを運営して稼ぐことも可能です。
ハンドメイドは趣味をお金に替えられるので、楽しみながらできる数少ない仕事でもあります。
誰とも会わずにハンドメイドで高収入を得ている方はたくさんいるようです。

最低限の会話で済む4つの仕事

人嫌いに向いている最低限の会話で済む仕事は以下の通りです。

1.清掃員

完全に人と関わらずに行うことは難しいですが、清掃の仕事はオフィスビルや商業施設や空港など、人がいなくなる夜間でもできる仕事が多いため、作業中は誰とも話さないことは可能です。
作業時間はある程度限られますが、それさえ守れば自分のペースで仕事ができて、自分が掃除した場所がキレイになるのを見て嬉しさややりがいも感じられます。

2.警備員

警備員も人がいなくなった夜間でもできる仕事で、ほとんど人と関わることなく、会話も最小限で済む仕事です。
ある程度の危険は伴いますが、基本的に自分が警備している場所に不審者などがいて襲われた場合は、警察官のように立ち向かう必要はありません。

オフィスビルやホテルやショッピングセンターなどの施設警備の他にも、イベント警備や交通誘導など働ける場所はたくさんあり、常に多くの需要があるのが特徴です。
どうしても交通誘導の仕事となると、人と会話をする機会や大きな声を出さなくてはいけないことも多くなりますが、夜間の施設警部だけに絞っても仕事を容易に見つけられるようになっています。

3.工場作業員

工業作業員の仕事の種類は豊富にあり、多くの人と関わらなければいけない場合も多いですが、ライン作業やピッキングなどに絞って探せば、作業中は会話なしでできる仕事もあります。単純作業が多いため未経験者にも向いていて、夜間帯の仕事を狙えば高収入を得ることも可能です。

4.ポスティング

ポスティングとは、企業などの宣伝用のチラシを一軒家や集合住宅の郵便受けに入れていく仕事です。ティシュ配りのように相手に直接手渡す必要がないため、会話をしないで作業を完了できます
ポスティングを行う日程は決められていますが、時間には融通が利くので、自分のペースで作用を行うことができ、副業したい方にもおすすめです。

人嫌いが人と関わりをもつ仕事をする3つのメリット

人嫌いな方の多くが、できるだけ人と関わらずに仕事をすることで得られるメリットは「好きな場所で仕事ができる」「人間関係に悩まされることがない」「自分のペースで仕事ができる」の3つ。以下で詳しく紹介します。

1.好きな場所で仕事ができる

人と関わらなくてもできる在宅ワークなら、自宅など自分の好きな場所で仕事ができるメリットがあります。どこにいても仕事ができるため、中には海外に生活の場を移して日本と外国を頻繁に行き来するなど、勤務地に縛られず自由なライフスタイルで働く方もいるようです。

2.人間関係に悩まされることがない

人と関わらない仕事であれば、面倒な人間関係に振り回されず仕事に打ち込めます。
自分以外に人がいる環境で働いていれば、多少なりとも何らかの人間関係は発生するでしょう。自分の仕事に集中したくても、同僚の仕事の手伝いや打ち合わせ、食事会などを優先しなければならないこともあります。ときには、自分に辛くあたってくる人とも関わらなければなりません。しかし、1人でできる仕事なら、他者にペースを崩されず、心穏やかに仕事ができます。
今現在、職場に嫌いな人がいて困っているという方には対処法が書かれているコラム「『あの人苦手…』職場の嫌いな人との接し方」をおすすめします。

3.自分のペースで仕事ができる

周囲の人のペースに巻き込まれることなく仕事が進められるのも、人と関わらない仕事を選ぶメリットです。オフィスで働いていると、上司の判断を待つ間は仕事を進められなかったり、プロジェクトメンバーとの相性が合わずペースを乱されたりするなど、多くの制約があります。自分の仕事を後回しにして、ほかの人の仕事を手伝わなければならないこともあるでしょう。その点、1人でできる仕事なら最初から最後まで自分1人で仕事が完結できます。ペース配分も思いのままです。

人嫌いが人と関わらない仕事をする5つのデメリット

人嫌いが人と関わらない仕事を選ぶ際には「仕事の種類が限られる」「人脈を築けない」などのデメリットがあります。そのほか、5つのデメリットを以下にまとめましたので、チェックしていきましょう。

1.仕事の種類が限られる

人と関わらない仕事という縛りがある以上、選べる仕事の種類が限られてしまうデメリットがあります。そのため、高収入を狙いたい方には難しいと感じる場合もあるでしょう。スキルや資格をもっているならそれなりの収入を得ることもできますが、特別な強みがない場合は生活できるだけの収入が得られない可能性が高いです。

2.全ての責任を負わなくてはいけない

人と関わらずに一人で仕事をするということは、何か起きたときは全て自分自身の責任になるということを意味しています。
組織に所属していれば上司や同僚など周囲の手助けによって対処してもらえることもあるでしょう。人と関わらない以上、トラブルの際は自分一人でなんとかしなくてはいけません。

3.人脈を築けない

人と関わらない仕事には人脈を築けないデメリットもあります。インターネットが普及して、以前よりも人との関りが重要ではなくなっているとはいえ、普段からの人との関りが少ないとチャンスを掴める可能性は低くなります。誰とも関りがなければ、自分を売り込むことも商品などの良さを世間に広げることも難しいでしょう

4.人から学ぶことができない

人と関わりをもたないということは、人から学ぶ機会も得にくいです。仕事の場では人と関わりながら中で、周囲からアドバイスを受けたり、助けてもらったりする中で、自分が気づかない勉強させてもらうことも多いでしょう。
また、ライバルや目標といえる存在が身近にいることで、切磋琢磨しながらスキルアップしていく場合もあります。しかし、人と関わらない仕事ではこういった機会に恵まれる場合はほとんどありません。何か問題が起きた場合の対処法を学ぶ機会もないというのもデメリットでしょう。

5.視点が狭まる

人と関わらないで仕事をすると、多様な視点や客観的な意見を取り入れにくいため、物事を主観だけでとらえがちになることもデメリットです。
仕事をするときも常にお手本がない状態で、今ではネット上からあらゆる情報を得られるとしても、それだけが全てではないため、全体的に視点は狭まってしまいます

6つの項目から分かる人嫌い度の診断方法

ここでは、自分がどの程度人嫌いかが分かる診断方法を紹介します。
以下にまとめた6つの特徴の中で、4つ以上の項目が自分に当てはまった方は人嫌いの度合いが強い可能性が高いです。

1.人から自分の行動を干渉されたくない

人は人、自分は自分なので、あまり人から干渉されたくないと思っている。自分が何をしようが他の人には関係なく、干渉されるとうざったく思ってしまう。

2.一人で悩みを解決しようする

悩みや不安を抱えても、誰かに相談しないで自分だけで解決しようとする。誰かに甘えることが得意ではない。

3.集団行動が苦手である

あまり人と群れるのが好きではない。社会人になっても社員旅行や懇親会などが嫌でできれば欠席したいと思っている。飲み会などには積極的に参加しない。

4.他人の言動に興味がない

他人のことには無関心で、気持ちや言動にも興味が沸かない。身近な人にも近況などを尋ねないようにしている。

5.会話は最小限で済ませる

日常生活でも会話は最小限に抑えるようにしている。仕事でも必要以上のことは話さない

6.人の良いところよりも嫌なところばかり気になる

人の長所よりも欠点ばかりが気になり、常に人のあら捜しをする傾向にある。

人嫌いになる原因は何?
もともと性質的に人との関わりを避けたい方もいれば、過去の人間関係でトラブルが原因で人嫌いになってしまう方もます。特に、過去にいじめに逢ったことがある、信頼していた人に裏切られた、といった深刻なトラウマを抱えている場合、どれだけ親切にしてくる人が現れても、また同じことをされるとどこかで思ってしまう傾向にあるようです。

人嫌いを克服する6つの方法

人嫌いをどうにかしたいと思っている方のために、おすすめの克服法を6つ紹介します。
人嫌いにもいろいろなタイプがあるので、自分に適した方法を試してください。

1.相手の長所を見つける

人を嫌いになる大きな原因に、人の嫌なところばかり見てしまうことが挙げられますが、相手の長所を見つけることは人嫌いを克服するおすすめの方法です。また、短所は長所の裏返しともいわれています。たとえば、「優柔不断」な短所は「柔軟性がある」という長所として捉えられるでしょう。相手の長所を探すことに加えて、自分自身の捉え方を変えてみるのもおすすめです。

2.人を好きになる努力を積み重ねる

人嫌いをいきなり克服しようを思わないで、徐々に人を好きになる努力を積み重ねるのも良い方法です。まずは小さなことから他人を頼ってみましょう。そして頼った後は必ずお礼を言うこと。ささやかなコミュニケーションを続けることでだんだん人嫌いが改善されていく可能性があります。

3.笑顔を心掛ける

人嫌いを克服するには、笑顔でいることを心掛けて挨拶をしましょう
会話が苦手でも、笑顔で挨拶をしていれば相手を不快にさせることはありません。また、相手に与えるイメージも変えることができ、対応が良い方向に変わってくる可能性も高いです。

4.人の目を気にしないようにする

人嫌いの方は、人の目を気にしがちなので、意識的に周りを気にし過ぎないことも効果的な方法です。他人は自分のことをそれほど気にしていないことを理解できれば、おのずと人嫌いを克服できます。

5.他人に期待をし過ぎない

人嫌いになってしまうのは、他人に過度な期待をしていることが原因でもあります。
最初から何も望まなければ、裏切られることもなければ嫌われることもありません。肩の力を抜いて気楽に接することで、徐々に人嫌いが克服されるケースは多いようです

6.環境を変えてみる

人嫌いを克服するために、環境を変えてみるという方法もあります
今の職場にどうしても好きになれない上司や信頼できない人が多いなら、転職をしてみるのもおすすめです。これまでのわずらわしい人間関係を一気に解消するのは難しいですが、転職をすれば人間関係を一新でき、人嫌いを克服する大きなチャンスにもなります。

転職に関する不安がある方は、ハタラクティブにご相談ください。若年層の就職、転職をサポートしているハタラクティブには、転職に関するあらゆる不安や悩みを解消してくれる経験豊富なキャリアドバイザーが在籍しています。

「人嫌いでもできる仕事はあるの?」「人嫌いでも社会に出てきちんと働くことはできるの?
」などの疑問にも丁寧に対応して、あなたの不安を解消。転職先へ対する要望もしっかりヒアリングして、理想の職場を紹介することが可能です。
面倒な履歴書や職務経歴書の作成や面接対策なども、幅広くサポートさせていただきます。登録もサービスの利用も完全無料です。ハタラクティブが納得のいく転職を実現いたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION