働きたくない心理の原因は?改善する方法や向いてる仕事などを紹介!

働きたくない心理の原因は?改善する方法や向いてる仕事などを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 働きたくない心理の原因は、「やりがいが感じられない」「待遇に不満がある」など
  • 働きたくないと感じやすいのは、人間関係が苦手だったり目標がなかったりする場合
  • 働きたくない心理が生じたら、体を動かしたり長期休暇を取ったりするのがおすすめ
  • 働きたくない場合に向いている仕事は、「Webライター」「エンジニア」などがある
  • 働きたくない心理が改善されなければ、転職も視野に入れてみよう

働きたくないという心理状態の原因が分からず、不安な気持ちを抱く方もいるでしょう。働きたくないと感じたときは、仕事に対する姿勢や考え方を変えたり、プライベートでリフレッシュしたりすることで解決することがあります。このコラムでは、働きたくない心理の原因や改善方法、向いてる仕事についてまとめました。働きたくない心理を改善したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

働きたくないと思うのはおかしい?

「働きたくない」という心理は多くの社会人が感じるものといわれているため、「自分がおかしいのでは」と不安になる必要はありません。特に近年では、仕事で高い収入を得たり昇進したりすることよりも、プライベートの充実を優先させたいという考え方が広まりつつあるようです。次項では働きたくないと感じる原因について解説していますので、参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

働きたくない心理の原因とは?よくある理由7選

働きたくない心理の原因とは?よくある理由7選の画像

働きたくない心理の原因は、「仕事にやりがいがない」や「労働時間が長い」など人それぞれです。ここでは働きたくないと感じる7つの原因についてまとめました。当てはまる理由があるかどうか、チェックしてみてください。

1.仕事にやりがいがない

仕事にやりがいを感じられないと、働きたくないという心理に陥りやすいようです。たとえば、長期間同じ仕事を繰り返すことで、仕事に飽きたり目標を見いだせなくなったりして働く目的を見失ってしまうことがあります。また、自分のやりたい仕事ができないことも意欲低下の原因に。前向きに仕事に取り組むのが難しい状態だと、働きたくないと感じやすいといえるでしょう。

2.職場の人間関係が良くない

職場の人間関係も、働きたくない心理の理由になり得ます。上司や同僚と気が合わない、ミスを厳しく叱責されるなどの状況が続けば、大きなストレスを感じるでしょう。人間関係の問題は、自身の力だけで改善するのは難しいもの。状況が変わらないままだと次第に職場に行くこと自体が億劫になり、結果的に働きたくないという気持ちが強まってしまいます

3.労働時間が長い

労働時間が長く満足な休息が取れないと、働きたくないと感じてしまうことがあるようです。仕事量や残業が多過ぎるとプライベートの時間を確保することが難しく、心身ともに疲弊してしまう恐れがあります。労働時間や業務量の見直しといった対策をとって問題を解消しなければ、仕事をしたくないという心理に陥ってしまうでしょう。

4.努力しても評価されない

適切な評価体制が整っていない場合も、働きたくない心理が芽生えやすくなります。いくら努力しても評価に結びつかなければ、「こんなに頑張ってもだめなのか」とやる気を失ってしまうことも。また、収入や役職などで同僚と差がつくことで、自信をなくしてしまうこともあるでしょう。
仕事での努力が報われないと意欲的に仕事に取り組むことは難しく、働きたくないという気持ちにつながりやすくなるのです。

5.通勤が面倒

通勤時間が長いと、会社へ出社すること自体が「めんどくさい」と感じてしまうようです。毎朝、満員電車やバスに長い時間乗ることを苦痛に感じる方もいるでしょう。また、自転車やバイク通勤で暑さや寒さ、悪天候の影響を受けることを億劫に感じる場合も。

さらに、リモートワークを導入する企業が増えるなかで、「なぜ自分は毎日出社しなければならないのか」という疑問が生じることも少なくありません。上記のような通勤のストレスが蓄積すると、働きたくないと感じる原因になるといえます。

6.待遇に不満がある

職場での待遇への不満も、働きたくないと感じる原因の一つといえます。自分の仕事量や成果に見合った報酬が得られないと、働く意味を見失いかねません。また、昇給の基準が明確でなかったり、そもそも昇給制度がなかったりすると、目標設定が難しく意欲が薄れてしまうこともあるでしょう
職場での待遇が原因で働きたくないと感じたときは、給与形態や評価制度を見直して、今の仕事のままで解決できるかどうか検討する必要があります。

7.ほかにやりたいことがある

今の仕事以外で挑戦したいことがあると、仕事を続けるモチベーションを維持するのが難しくなってしまう場合があります。本当にやりたいことができない状態が続くと、「本当はほかのことがしたいのに…」という不満が膨らんで、働きたくないという心理につながることも。
なかには、好きなことに集中するために、正社員を辞めたいと考える人もいるようです。「正社員で働きたくないと考える訳とは?」のコラムでは、正社員を続けるメリットについて解説しているので、仕事を辞めようか迷ったときの参考にしてみてください。

働きたくない心理を感じやすい6つの性質

働きたくない心理を感じやすいという場合、「コミュニケーションが苦手」「目標を設定していない」などの性質をもっている可能性も考えられます。ここでは、働きたくないと感じやすい6つの特徴を紹介するので、参考にしてみてください。

1.コミュニケーションを取るのが苦手

コミュニケーションを取るのが苦手な場合は、働きたくない心理を感じやすいようです。仕事内容によるものの、働くうえでチームでの作業が必要になったり、同僚との連携が求められたりする場面は多々あります。人見知りで会話に苦手意識があると、コミュニケーション能力が求められる職場に苦痛を感じ「働きたくない」「人と関わりたくない」と悩んでしまうでしょう。

2.責任を取りたくない

仕事で責任を感じたくないという場合も、働きたくないと感じやすいようです。重要なプロジェクトを任されたり高いノルマが課されたりすると、重圧から逃げたくなったり、失敗を恐れて働きたくなくなったりすることも。責任を取ることを面倒と感じる場合は、働くことそのものに対する意欲も低い傾向にあるといえます。

3.仕事が向いていないと感じる

今の仕事が自分に向いていないと感じてしまうと、働きたくない心理を抱きやすいでしょう。特に入社してすぐの新人期間は、仕事内容や働き方が自分の理想や適性と合わないと悩みやすいようです。ただし、早い段階で仕事が自分に向いていないと感じても、すぐに退職してしまうのは得策ではありません。働き続けることで入社直後には分からなかったやりがいが見つかったり、魅力に気づけたりする可能性があるからです。自分には向いていないからと早々に切り捨てずに、現職でできる限りの努力をしてみましょう

4.目標を設定していない

将来就きたいポジションや携わりたい業務などの明確な目標がないと、働く意味を見出だせなくなってしまいます。目標がないままだと、ただ業務をこなすだけの毎日が嫌になり、「もう働きたくない」と思ってしまうでしょう
仕事の目標の立て方については、「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」のコラムで解説しています。

5.自分に自信がない

自分に自信がなくネガティブ思考の場合は、働きたくないと感じやすい傾向にあるようです。些細なミスでも自分を責め過ぎてしまい、長く落ち込んでしまう場合もあるでしょう。
さらに、行動を起こす前から「上手くいくはずがない」とネガティブな想像をしてしまい、働けなくなってしまうことも。人によっては働きたくないと思うことさえも「甘えなのでは?」と感じ、どんどん自信を失ってしまいます。

6.自己管理が苦手

時間の使い方や気持ちのコントロールが苦手な場合も、働きたくない心理を抱きやすいようです。仕事を効率良く進められないと残業が生じたり、周囲から「仕事が遅い人」とみなされてしまったりする可能性があります。また仕事でミスをした際に気持ちの切り替えが上手くできず、モチベーションが低下してしまうことも。

自己管理能力を高めたいと考えている場合は、「自己管理能力とは?生活を改善するための具体的な方法を解説」のコラムを参考にしてみてください。

働きたくない心理の改善法:行動編

働きたくない心理の改善法:行動編の画像

働きたくない心理を改善するために、「仕事に全力で取り組む」「誰かに相談する」などの行動を取ってみるのも一つの手です。ここでは、働きたくない心理を改善させるための6つの行動を解説しています。

1.仕事に全力で取り組む

今の仕事に全力で取り組んでみることで、働きたくない心理が改善される場合があります。働きたくないと考える時間がないほど仕事に集中すれば、「全力で仕事に取り組んだ」という満足感や達成感を得られるでしょう。目の前の仕事に無我夢中で取り組むことで、作業効率がアップする効果も期待できます。

2.自分にご褒美を用意する

働きたくないと感じたときは、自分にご褒美を用意するのも一つの手です。欲しいものを買ったり好きなものを食べたりして、気持ちを切り替えるきっかけにしましょう。心身ともに健康な状態で働き続けるためには、自分自身をねぎらう時間を確保することが大切です。

3.誰かに相談する

働きたくない心理を友人や同僚、あるいは信頼できる上司に相談すると、気持ちが楽になる効果が期待できるでしょう。自身の悩みを誰かに話すことで、自分では思いつかないようなアドバイスをもらえる可能性も。身近な人からの助言がきっかけになって、気持ちを前向きに切り替えられることもあります。

4.運動する

仕事で溜まった心身の疲れを、運動で解消する手もあります。ジムに通ったり、休日にスポーツをしたりして体を動かしてみましょう。厚生労働省の「休養・こころの健康」によると、ストレスへの対処法の一つとして適度な運動が挙げられています。日ごろから運動する習慣を身につけておくと、こまめなストレス解消ができ、働きたくない心理も軽減できるでしょう。

5.休日を思いっきり楽しむ

働きたくない心理を改善するには、休日は仕事のことを忘れて思いっきり楽しみ、生活にメリハリをつけることも大切です。プライベートでも仕事のことばかりを考えて生活していると、次第に嫌気がさしてくる場合も。没頭できる趣味がないのであれば、新しく習い事を始めてみるのも良いでしょう。

6.長期休暇を利用して気分転換する

働きたくない心理を改善するために、長期休暇を利用して旅行するのもおすすめ。非日常的な景色や体験によって、気持ちのリフレッシュが図れます。長期休暇の取得が難しければ、週末に日帰りで温泉旅行に行ったり、近所の公園を散歩したりするだけでも気分転換になるでしょう。

参照元
厚生労働省
トップページ

働きたくない心理の改善法:考え方編

働きたくない心理を改善するためには、行動だけでなく、考え方を変えてみるのもおすすめです。以下では、仕事と上手に付き合うための考え方と対処法をご紹介します。

1.自分の気持ちを紙に書き出す

働きたくないと感じる自分の気持ちや働きたくない理由について、思い当たるものを一つずつ紙に書き出してみましょう。文字にすることで自分の心理を客観的に把握できるので、「すぐに仕事を辞めたい」という気持ちを落ち着かせる効果が期待できます。まずは、冷静に自身の内面と向き合うことが大切です。

2.小さな目標を立てる

小さな目標を立てて達成することにより、働きたくない心理が改善できる場合があります。「今週一番の成績を取る」「一日で×件の営業先を回る」など、短期的に達成可能な目標を立てると効果的です。成功体験が積み重なることで自信がもてるようになり、モチベーションの向上も期待できます

3.ゲーム感覚で仕事をこなす

働きたくない心理のときは、ゲーム感覚で仕事をこなしてみるのも一つの手です。たとえば、「×時までに業務が完了すればレベルアップする」、プレゼンを敵に見立てて「ボスを倒すためには、どんな武器や技が必要か」などと考えることで、楽しみながら仕事に取り組めるでしょう。

4.ほかの誰かのために働く

自分のためではなく、家族やお客さんのための仕事と考えると、働きたくない心理が改善されることもあります。仕事を続ける気力が失われそうなときには、「お客さんの笑顔が見たいから」「家族を幸せにしたいから」などと気持ちを切り替えてみましょう。自分以外の誰かのためと考えることでネガティブな気持ちを切り替えられ、仕事への意欲が湧きやすくなります。

働きたくない心理状態でも働いた方が良い理由

働きたくない心理状態でも働いたほうが良い理由は、「生活のための収入が得られる」「メンタルを強化できる」など。以下で詳しく紹介していますので、「仕事を辞めたい」と悩んでいる場合は参考にしてみてください。

より働きたくない心理になるから

働きたくないからという理由で退職すると、心理状態が改善されずより一層働きたくない気持ちが増幅する可能性があります。仕事に対する前向きな気持ちがもてないまま、「嫌なことがあれば退職すれば良い」と判断する癖がついてしまいかねません。
また、自己都合による転職が何度も重なると、転職活動に影響が生じる恐れがあるため、働きたくないという理由ですぐに辞めてしまうのはおすすめできません。

収入を得られるから

働きたくないと感じても、収入を得るためには仕事を続ける必要があります。収入がなくなれば生活が苦しくなるだけでなく、ストレスを解消するための趣味や将来の貯金ができなくなり、心理的な焦りや不安につながる恐れもあるでしょう。働きたくない心理状態に陥った場合、「収入を得るため」と割り切って考えてみるのも一つの手です。

メンタルを強化できるから

メンタルを強化できることも、働いたほうが良い理由の一つです。働いているとミスをしたり叱られたりすることもあるでしょう。嫌なことがあっても仕事を投げ出すことなく、気持ちを切り替えて取り組むことが大切です。同じミスを繰り返さないように失敗を次に活かす姿勢が、多少のことでは挫けない強いメンタルに結びつきます。

自分に自信がつくから

現在は働きたくないと思っていても、仕事を続けて経験を積めば自分のスキルに自信がもてるようになる可能性があるでしょう。事務職や経理職ならパソコンスキルやマルチタスクをこなす能力、営業職はコミュニケーション能力や提案力など、仕事を続けることで得られるスキルは必ずあります。また、社内で評価されて昇給や昇格につながったり、転職で役立ったりすることも期待できるでしょう。

働きたくない人のもつ強み

働きたくないという心理のときは、勤務時間を長引かせないために効率良く仕事をこなせる傾向にあります。またオンとオフの切り替えも上手く、働きたくないと感じるとき以外は積極的に仕事に取り組む一面も。上記の理由から、働きたくないと悩んでしまう方には、自分のペースで進められる仕事が向いているといえます。自身の強みを理解して、現職での働き方や次の仕事探しに役立てましょう。

働きたくない心理の人に向いてる仕事

働きたくない心理の人に向いてる仕事の画像

働きたくない心理を解消するためには、自分のペースで進められる仕事がおすすめです。また、現職にやりがいが感じられず新しい仕事に挑戦する場合は、未経験から応募しやすい仕事を選ぶのも良いでしょう。以下で5つの仕事を紹介していますので、仕事を探す際の参考にしてみてください。

1.Webライター

Webライターは、働きたくない心理の方におすすめの仕事の一つ。Webサイトやホームページなどに掲載される文章をライティングし、閲覧者数や利用者、売上アップを図るのが主な仕事内容です。パソコンがあれば在宅で作業できる場合もあり、出社せずに自分のペースで仕事を進められます。未経験者から応募できる企業は多く、文章を書くのが好きな方であれば、抵抗なく始められるでしょう。

2.エンジニア

現在の仕事にやりがいが感じられず働きたくないと思っている方は、未経験者を広く受け入れているエンジニア職にチャレンジしてみるのも良いでしょう
近年の需要の高まりによりIT業界は人手不足の状態が続いているため、未経験者の採用が積極的に行われています。未経験者も必要な専門知識や技術を身につけられるよう、研修体制が整っている企業が多いのも特徴です。今後も成長が見込める業界なので、スキルや経験を積めばキャリアアップできる可能性もあります。

3.データ入力

データ入力は一人で黙々と作業できるので、なるべく人と関わりたくないという方に向いています。依頼1件あたりの単価は低い傾向にあるものの、速く正確な作業ができるようになれば、収入アップを目指せるでしょう。また、会社によっては在宅で作業が可能なので、出社やコミュニケーションが億劫で働きたくないという心理の場合も、自分のペースで取り組みやすい仕事といえます

4.ハンドメイド販売

手先が器用でものづくりが好きな方は、ハンドメイド販売を始めてみるのもおすすめです。自分の趣味や特技を活かせる仕事に挑戦することで、働きたくないという気持ちが改善される可能性があります。フリマサイトやWebショップを活用すれば、自宅にいながら作品を販売できるでしょう。

5.イラストレーター

絵を描くのが好きという場合は、イラストレーターの仕事もおすすめ。すぐに収入を安定させるのは難しい傾向にありますが、好きなことを仕事にするやりがいや充実感は大きいでしょう。パソコンやイラストソフトなどの道具が揃えば在宅でできるため、働きたくないと感じる方も始めやすいといえます。
在宅ワークを検討している場合は、「在宅ワークをする3つの方法とは?代表的な仕事の種類もご紹介」のコラムをご一読ください。

働きたくない心理から抜け出せない場合の対処法

働きたくない心理からどうしても抜け出せない場合は、休職や転職を検討してみるのも良いでしょう。以下で3つの対処法を紹介しているので、将来を考える際の参考にしてみてください。

一旦仕事から離れる

働きたくない心理から抜け出せないときは、休職して一旦仕事から離れるのも手です。休息を取ることで心身の疲労が癒やされ、気持ちが前向きになる可能性があります。働きたくない気持ちを抑えて仕事を続けても、成績や効率のアップは望めないでしょう。一生懸命仕事と向き合うためには、一旦仕事を休んで気持ちを整理しなおすことが大切です。

働き方を考え直す

働き方を考え直してみるのも、働きたくない心理から抜け出せない場合に有効といえます。会社に雇用される働き方に不満がある場合は、フリーランスや自営業といった選択肢も。仕事内容や働き方などを自分で決められるので、「人に管理されたくない」「自由に働きたい」と考える方に向いている働き方です。ただし、得られる収入は自身のスキルや知識次第。会社を辞める前によく下調べをし、必要であれば資格や技術を身につけておくと良いでしょう。

転職する

現職のままでは働きたくないという気持ちを解消できない場合は、転職も検討してみましょう。気持ちを抑え込んで働き続けると、心身のバランスを崩してしまうことも考えられます。
転職するときは、再度働きたくない心理に陥らないために、自身の強みや適性にマッチする仕事を選ぶことが大切です。自分が本当にやりたい仕事や得意なことを活かせる仕事に就くことで入社後のミスマッチを防止でき、意欲的に働けるでしょう。

働きたくない心理を改善するために転職を検討している方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職・転職エージェント。専任のキャリアアドバイザーがお悩みや不安をしっかり伺ったうえで、相談者の適性や希望に合った求人をご紹介します。1分程度でできる適職診断を受けられるため、どのような仕事が自分に合うのか知ることも可能です。

そのほかに応募書類の添削や面接対策、スケジュール調整などのサポートも行い、転職活動をトータルサポートしています。疑問や不安を解消しながら就活が進められるため、転職が初めてという方も安心です。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

働きたくない心理に関するQ&A

ここでは、働きたくない心理に関するお悩みや解決方法を紹介していきます。すぐに辞めても問題ない場合や働きたくない気持ちを改善させる方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

自分に向いてる仕事が分からず働きたくないときは?

自己分析で自分の強みや適性を理解したり、社会にどのような仕事があるか調査したりしましょう。自分に向いてる仕事の探し方は「自分に向いてる仕事に転職したい!選び方の4つのポイントを解説」のコラムでも紹介していますので、ぜひご覧ください。

働きたくないと思うのは自分の甘えですか?

働きたくないと感じる心理には、自分の性質だけではなく外部からの影響も考えられるため、必ずしも「甘え」とは限りません。自分を責め過ぎず、働きたくない理由を探して、改善策を模索してみましょう。また、働きたくない理由が職場環境や仕事内容に関することであれば、転職を考えてみるのもおすすめです。

入社後に働きたくないと感じたらすぐに辞めても問題ないですか?

長時間労働やパワハラ、セクハラなど職場環境が劣悪な状態であれば、すぐに辞めても問題ないといえるでしょう。労働環境の実態は入社後でないと見えてこないこともあるため、「おかしい」と感じたら早めに退職や転職を検討すると良いでしょう。新卒入社後に辞めたいと感じた場合の対処法は「新卒で仕事をやめたいのは甘え?後悔しない転職のタイミングと注意点」のコラムで解説しているので、あわせてご覧ください。

働きたくない気持ちを改善させたいです…

働きたくない心理状態から脱するには、「体を動かしてリフレッシュする」「仕事の目標を立てる」といった工夫をしてみることが大切です。改善法はこのコラムの「働きたくない心理の改善法:行動編」「働きたくない心理の改善法:考え方編」で紹介しているので、試してみてください。それでも改善しない場合は、転職を考えてみましょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、求職者一人ひとりの適性に合った求人情報をご紹介します。「仕事を楽しみたい」「自分の強みが活かせる仕事を知りたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ