働きたくない心理の原因は?改善する方法はあるの?

働きたくない心理の原因は?改善する方法はあるの?の画像

【このページのまとめ】

  • ・働きたくない心理の原因は「人間関係が悪い」「やりがいを感じない」などがある
  • ・労働そのもに苦痛を感じる場合は、働きたくない心理になる
  • ・自分へのご褒美を用意すると、働きたくない心理が改善されやすい
  • ・長期休暇や休職を取得するのも、働きたくない心理を改善する方法の一つ
  • ・働きたくない心理の人には、Webライターやエンジニアなどがおすすめ

働きたくない心理の人のなかには、なぜそう感じるのか原因が分からず、不安な方もいるのではないでしょうか。また、改善方法を知りたい人もいるでしょう。
このコラムでは、働きたくない心理を感じやすい人の特徴や、おすすめの仕事を詳しく解説。働きたくない心理でも働いた方が良い理由についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

働きたくない心理は誰でも感じる

働きたくない心理は、多くの人が感じるものです。特に若年層の間では、「経済的に裕福になるよりも、心に余裕を持って働きたい」と考える方が増えています。次項では、働きたくない心理の原因をご紹介。ほかにも、就職に対し前向きになれない人の心理については「就職したくない気持ちをどうしたらいい!?」で解説しているので、あわせてご覧ください。

働きたくない心理の原因とは?

「労働環境が悪い」「仕事量に対し給与が見合っていない」など、働きたくないと感じる理由は人それぞれです。しかし「働きたくない…」と感じつつも、働かなければ収入を得られず生活が維持できないのも現実。以下で、働きたくない心理の原因をいくつかご紹介しますので、自身に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

仕事にやりがいがない

仕事にやりがいを感じられないと、働きたくないという心理になりやすいです。たとえば、長期間同じ業務に就いていると働く目的を見失い、やりがいを感じられないことも。また、自分がやりたい仕事をできなかったり、多忙過ぎて余裕がなかったりする場合も、やりがいを見出せなくなり、働きたくない心理へつながることもあるでしょう。

職場の人間関係が良くない

職場の人間関係が良くない場合は、働きたくない心理の原因となります。特に上司や同僚などから、いじめやパワハラを受けていれば、職場へ行きたくないと感じるのは当然です。しかし、人間関係にストレスを感じていたとしても、自身の力だけで他者を変えるのは、なかなか難しいもの。どうにもできないからこそ「もう働きたくない…」という心理が強まってしまうのだと考えられます。

労働時間が長い

日々の労働時間が長く満足な休息を取れていないと、働きたくない心理へつながりやすいでしょう。プライベートな時間も仕事のことを考えて、疲労が蓄積すると心身のバランスを崩してしまう可能性も。そうなる前に、適度にストレス発散することが大切です。また、完璧を追い求め過ぎると、仕事とプライベートの時間の線引きが難しくなり、長時間労働へつながることもあります。
働きたくない心理が強くなってしまったときは、妥協点を見つけ、労働時間を見直すのも一つの手でしょう。

努力しても評価されない

努力しても評価されない職場は、働きたくない心理が芽生える原因となります。努力や成果に対し会社から評価されないと、「これだけやっても自分はダメなのか」と、やりがいを失ってしまうことも。また、同じ業務を行う、ほかの社員だけが評価される場面を目の当たりにすると、「働きたくない」と感じるでしょう。
先述したように、やりがいを失ってしまうと、働きたくない心理状態になりやすいのです。

通勤が面倒

通勤時間が長い場合や、短くても会社へ出社すること自体が、面倒だと感じる人も多いようです。毎朝長い時間、満員電車やバスに乗ることを苦痛に感じる方もいるでしょう。また、自転車やバイク通勤の場合は、夏の暑さや冬の寒さ、あるいは悪天候の日などは通勤が面倒に感じることも。さらに、リモートワークを導入する企業が増えるなかで、「なぜ自分はストレスを感じながら出社しなければならないのか?」と疑問に思う方も少なくありません。
このような通勤に対するさまざまなストレスが原因で、働きたくない心理へとつながるケースもあります。

待遇に不満がある

職場の待遇に不満があると、働きたくない心理になるのは当然といえます。給与額やボーナスが、自分の仕事量や成果に見合っていないと感じると、働きたくない気持ちが芽生えるでしょう。あるいは、昇給の基準が明確でなかったり、昇給制度そのものがなかったりすると、どのように努力すれば良いか分からず、働く意欲が徐々に薄れていくことも。働きたくない心理になったときは、職場の待遇や給与形態のどの部分に不満があるかを、見直すのも大切でしょう。

ほかにやりたいことがある

今の仕事以外で挑戦したいことや、やりたいことがある場合は、働きたくないという心理になりやすいといえます。自身の好きなものや興味があることを仕事にできていれば、働くことに楽しさを見出せるでしょう。しかし、そうでない場合は「本当は、ほかのことがしたいのに…」という思いが徐々に膨らんで、働きたくないと感じてしまうことも。なかには、趣味や好きなことに集中したいという理由から、正社員で働きたくないと考える人もいます。
正社員で働きたくないと考える訳とは?」では、正社員として働く際のメリットや働きたくないと考える人の心理、理想の仕事に就くためのポイントについて解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

働きたくない心理を感じる人の特徴7つ

働きたくない心理を感じる人の特徴は、「労働そのものが苦痛」「自分に自身がない」などさまざまです。以下に7つの特徴を詳しくご紹介しますので、ご参照ください。

1.労働そのものが苦痛

労働そのものが苦痛だと思う人は、働きたくない心理を感じます。労働環境や仕事内容、待遇などに関わらず、「働きたくない」「自由でいたい」「働く意味が分からない」という人もいるようです。とはいえ、働かなければ生活ができません。
「会社」という組織に属することに対し抵抗を感じるのであれば、フリーランスとして働く選択肢もあります。
時間の使い方や仕事内容を自分で決めて収入を得られるので、自由な働き方がしたいと考える方にはおすすめです。

2.コミュニケーションを取るのが苦手

コミュニケーションを取るのが苦手な人のなかには、働きたくない心理を感じやすい方もいるでしょう。多くの会社では単独行動ではなく、1つのチームを組んで業務を進めます。スムーズに業務を遂行するためにはコミュニケーション能力が必要です。そのため、人見知りで会話に苦手意識がある人は、コミュニケーションを必要とする職場を苦痛に感じ、働きたくない心理へつながことが多いと考えられます。

3.責任を取りたくない

働きたくない心理を抱きやすい人のなかには、仕事に対する責任を取りたくないという方もいるでしょう。働いていれば、誰もがミスすることはあります。その際、素直に認めて謝罪したり、事後処理を行うのは社会人として当然。しかし、責任を取ることを面倒と感じる人は、働くことそのものに対する意欲も低い傾向にあります。

4.仕事が向いていないと感じる

今の仕事が自分に向いていないと感じる場合は、働きたくない心理になりやすいでしょう。日頃から、自分の好きなこと以外の仕事や考えを排除しがちな性格の方は、早い段階で「向いていない」と判断する傾向があります。しかし、「好きではない=向いていない」とは限りません。働きたくないと感じたとしても、続けることで理解できるものもあるはずです。
こだわりを持つことは大切ですが、自分には向いていないという理由で切り捨て、転職を繰り返すのは得策といえません。

5.目標を設定していない

仕事に限らず人生において目標を設定していないは、働きたくない心理を抱きやすいようです。
働きたくない心理になってしまったときは、何か目標を設定してみましょう。目標は、たとえば出世に関するものでも良いですし、漠然と「3年間、辞めずに働き続ける」でも構いません。何も設定していないと、日々何のために働いているかが分からなくなり、働く意欲が低下することも。
どのように目標を立てたら良いか分からないときは、「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」の記事を参考にご覧ください。

6.自分に自信がない

自分に自信がなくネガティブ思考な人は、働きたくない心理になりやすい傾向にあります。ミスをしたり職場の人と上手く接することができないとき、自分を責め過ぎてしまい「もう働きたくない…」と落ち込むことも。あるいは、行動を起こす前から「上手くいくはずがない」と、ネガティブな結果ばかりを想像して働けなくなる場合もあるでしょう。

7.自己管理が苦手

時間の使い方や気持ちのコントロールが苦手で、働きたくない心理になってしまう方もいます。効率良く働くうえでは、作業完了までの時間を計算したり、必要に応じて気持ちを切り替えたりしながら業務を進めることが重要です。自己管理が苦手だと、作業のスピードが遅れる場合も。そのため、自分だけほかの人より多くの仕事を抱えているように感じ、働きたくない心理へとつながると考えられます。「自己管理能力で必要なことってどんなこと?」では、自己管理能力を高めるコツについて、詳しく解説しているので参考にしてみてください。

働きたくない心理の改善法:行動編

働きたくない心理を改善するには、行動と考え方を見直すのも一つの手です。ここでは、「行動編」と「考え方編」の2つに分けて順にご紹介します。

仕事に全力で取り組む

仕事に全力で取り組んでみるのも、働きたくない心理を改善する方法の一つとしておすすめです。「今日も働きたくないな…」と、考える時間がないくらい集中すれば、仕事のスピードが上がる可能性もあります。日頃から瞑想をしたり音楽を聴いたりなど、集中力がアップする方法は人それぞれあるでしょう。働きたくない心理になってしまったときは、集中力をアップさせる「集中力と生産性をアップ!ポモドーロ・テクニックとは?」も、あわせてチェックしてみてください。

自分にご褒美を用意する

働きたくない心理になったときは、自分にご褒美を用意するのも大切です。まずは「自分は毎日よく働いている」と自分自身を認めましょう。そして、ご褒美として欲しい物を買ったり、旅行へ行ったり好きな物を食べたりすると、ネガティブな心理がポジティブな方向へ徐々に変化することも。家族を守るためや自身の生活のために、働きたくない心理を抱えながら仕事をしている人も多いでしょう。しかし、心身ともに健康な状態で働き続けるためには、自分自身に目を向け、ねぎらう時間も必要なのです。

誰かに相談する

働きたくない心理を友人や同僚、あるいは信頼できる上司に相談すると、気持ちが楽になるでしょう。働きたくないと感じる原因は、「働きたくない心理の原因とは?」でも解説したように、人間関係の悪化や仕事にやりがいがないなどさまざまです。働きたくない心理や原因を誰かに話すことで、何らかのアドバイスをもらえたり、気持ちを切り替えるきっかけを見つけられたりする場合もあります。

運動する

仕事で溜まった心身の疲れを、運動で解消する手もあります。帰宅途中にあるジムに通ったり、休日にスポーツをしたりしてみましょう。厚生労働省の「休養・こころの健康」でも、ストレスへの対処法の一つとして、適度な運動が挙げられています。資料によると、運動と同時に睡眠や食生活の質を見直し、高めることがとても大切なようです。運動する習慣を身に付けておくと、小まめにストレスが解消され、働きたくない心理の改善へとつながるでしょう。

参照元
厚生労働省
休養・こころの健康

休日を思いっきり楽しむ

働きたくない心理を改善するには、休日を思いっきり楽しむことが大切です。プライベートで楽しみが何もなく、仕事のことだけを考えて生活していると、「もう働きたくない…」という心理になってしまう場合もあります。たとえば、好きなことに集中して思いっきり楽しむ時間を作ったり、習い事を始めたりすると良いでしょう。

長期休暇を利用して気分転換する

働きたくない心理を改善するために、長期休暇を利用して気分転換しましょう。国内・国外問わず、日常では目にできない景色や空間を体験できる場所を訪れると、気持ちがリフレッシュされるのでおすすめです。
長期休暇が難しければ、週末に日帰りで温泉旅行に行ったり、近所のリラックスできる場所へ出掛けたりするだけでも気分転換となるでしょう。

働きたくない心理の改善法:考え方編

働きたくない心理を改善するための考え方と対処法を、以下でいくつかご紹介します。

自分の気持ちを紙に書き出す

働きたくない自分の気持ちを、紙に書き出してみましょう。なぜ働きたくないのか、思い当たる原因を一つずつ書き出します。文字で見ると自分の心理を客観的に知れるので、「働きたくない!」という感情を落ち着かせる効果も。働きたくない心理を改善するには、冷静に自分自身の内面と向き合うことも大切です。

小さな目標を立てる

小さな目標を立てて達成することにより、働きたくない心理が改善できる場合もあります。成功体験が積み重なると自信が持てるようになり、モチベーションも上がるでしょう。「上司に褒められたい」「プロジェクトが完了したら〇〇を買いたい」など、比較的短期的に達成可能な目標を立てると効果的です。

ゲーム感覚で仕事をこなす

働きたくない心理のときは、ゲーム感覚で仕事をこなしてみるのも一つの手です。たとえば、「〇時までに業務が完了すればレベルアップする」、プレゼンを敵に見立てて「ボスを倒すためには、どんな武器や技が必要か?」などと考えると面白いでしょう。

ほかの誰かのために働く

自分のためでなく、家族やお客さんのための仕事と考えると、働きたくない心理が改善されるでしょう。働いている人のなかには今の仕事が将来、役に立つかどうか不安に感じ、やる気を失っていく方もいます。そのような心理になったときは、「お客さんの笑顔が見たいから」「家族を幸せにするため」と、気持ちを切り替えると良いでしょう。
働きたくない心理を改善するヒントは、「働きたくない…気持ちを改善するヒント」でも解説しているのでご参照ください。

働きたくない心理状態でも働いた方が良い理由

働きたくない心理状態でも働いた方が良い理由は、「収入を得られる」「自分に自信がつく」などいくつか挙げられます。以下で、一つずつ詳しくご紹介しますので参考にしてください。

より働きたくない心理になるから

「働きたくない」と感じ退職すると、より一層働きたくない心理が増幅することも考えられます。困難な状況に陥ったときに、対処法や辞めた後のことをあまり考えず、「退職すれば良い」と簡単に判断する癖がついてしまう可能性も。また、自己都合による転職を何度も繰り返す経歴に対し、マイナスな印象を抱く企業もあるのでおすすめできません。

収入を得られる

働きたくない心理だとしても収入を得るために、仕事を続ける方が無難という考え方もあります。多くの人が日々の生活を維持するためや、自身の楽しみにお金を使うために働いているのです。収入がなくなれば、働いていたときと同じような生活は難しくなるでしょう。

メンタルを強化できる

働くことでメンタルを強化できる点も、働いた方が良い理由の一つとして挙げられます。働いていると、ミスをしたり嫌な思いをしたり、ときには叱られることもあるでしょう。これらは多くの人が経験し、気持ちを切り替えながら働いています。同じミスを繰り返さないよう、次へ活かせれば良いのです。働きたくない心理状態だとしても、多少のことでは挫けない強いメンタルを身に付けるために、仕事を続けた方が良い場合もあります。

自分に自信がつく

働きたくない心理状態でも働いた方がスキルが身に付き、自分に自信を持てるようになるでしょう。たとえば、事務職や経理職であれば、パソコンスキルやマルチタスクのスキルが身に付きます。また、営業職はコミュニケーションスキル、運送業はスムーズに荷物を運ぶスキルなど、職種ごとに学べるものは必ずあるものです。
スキルが身に付けば評価される機会も増えて、自信へつながります。今は働きたくない心理状態だとしても、経験を重ねることで得られるものがあるはずです。

働きたくない心理の人におすすめの仕事はある?

働きたくない心理の人には、自分のペースで進められる仕事がおすすめです。以下にいくつかご紹介しますので、仕事を探す際の参考にしてみてください。

Webライター

Webライターは、働きたくない心理の人でも比較的働きやすい仕事といえます。Webサイトや、ホームページなどに掲載される文章をライティング。閲覧者数を増やし、利用者や売り上げをアップさせることが主な仕事内容です。働くためには一定程度の専門知識が必要ですが、未経験者でも応募できる企業が多いのも特徴といえるでしょう。
求人情報サイトだけでなく、クラウドソーシングを利用して、仕事を探すこともできます。パソコンがあれば、受注から報酬受け取りまで出社せずに完了できる場合もあるので、自宅で働きたい方におすすめです。文章を書くのが好きな方であれば、抵抗なく始められるでしょう。

エンジニア

エンジニアと呼ばれる仕事は、主に以下の4つに分かれています。

1.システムエンジニア(SE):顧客のニーズに沿ったシステムを開発する
2.プログラマー:SEが設計したアプリケーションやシステムのプログラミングを行う
3.ネットワークエンジニア:ネットワークシステムの設計や構築、運用を行う
4.サーバーエンジニア:サーバーの管理や設計、構築を行う

エンジニアは多くの人材を必要としているため、未経験でも専門知識や技術を身に付けられるよう、研修制度が設けられている場合が多いようです。働きたくない心理の人でも、仕事内容に興味のある方は、未経験者が応募可能なエンジニアの求人情報をチェックすると良いでしょう。

データ入力

データ入力は基本的に1人で仕事ができるので、なるべく人と関わらずに働きたいと考える方に向いています。ある程度のスピードでパソコンの入力作業ができれば、ほかに専門知識やスキルが必要ない点も特徴です。1件の依頼に対する収入単価は低い傾向にありますが、速く正確な作業ができるようになれば、収入アップを目指せるでしょう。
ただし、出社を求められるかどうかは、会社によって異なるので応募の際に確認が必要です。働きたくない心理の人には、自分のペースでできる在宅ワークの仕事がおすすめ。ほかにも、「自宅で仕事をする3つの方法とは?在宅ワークのメリット・デメリットを解説」では、在宅でできる職種について詳しくご紹介しています。

働きたくない心理から抜け出せない場合

働きたくない心理から抜け出せない場合は、休職したり働き方を考え直す必要があります。また、場合によっては転職をする方が状況を改善できることも。以下で一つずつ解説するのでご参照ください。

一旦仕事から離れる

働きたくない心理から抜け出せないときは、休職し一旦仕事から離れるのも手です。心身ともに疲れを感じ「働きたくない…」という心理になっているのであれば、休息を取ることにより、気持ちが前向きになる場合もあります。
働きたくない心理を我慢し続けて効率が下がるよりも、一旦離れて気持ちをリフレッシュしてから、再度一生懸命仕事と向き合うことも大切です。

働き方を考え直す

雇用される働き方からフリーランスへ転身するのも、働きたくない心理から抜け出せない場合に有効といえます。フリーランス(個人事業主)であれば、仕事内容や働く時間などを自分で決められるので、「人に管理されたくない」「自由に働きたい」と考える人にはおすすめの働き方です。
ただし、どのくらいの収入を得られるかは、自身のスキルや知識次第なので、フリーランスとして働く前によく調べ、必要な資格や技術の勉強をしておくと良いでしょう。

転職する

働きたくない心理から抜け出せない場合は、転職も選択肢の一つとして考えましょう。気持ちを抑え込んで働き続けると、心身のバランスを崩してしまうことも考えられます。

働きたくない原因や心理を、1人で悩まず第三者に相談するのも大切です。一時的な感情で退職し後悔することのないよう、自分以外の客観的な意見を聞いてみましょう。
周囲に相談できる相手がいない場合は、就職エージェントを利用するのも一つの手。ハタラクティブは、若年層を対象とした就職・転職エージェントです。既卒やフリーター、第二新卒など、未経験でも応募可能な求人を数多く取り扱っています。
プロの就活アドバイザーがマンツーマンで書類作成や面接の指導、スケジュールの調整など幅広くサポートを行うので、転職が初めてという方でも安心です。
ぜひお気軽に、ハタラクティブへご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION