仕事に限界を感じたらやるべきストレス解消法とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に限界を感じたらやるべきストレス解消法とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事で限界を感じるのは「肉体的ストレス」と「精神的ストレス」が原因

    ・「仕事が多すぎるときには優先順位をつける」「心身の疲れにはリラックスを心がける」など、ストレスの理由を分析した解決策を考えよう

    ・真面目な人、完璧主義の人はストレスを感じやすい

    ・趣味や旅行で意識的なリフレッシュを心がけよう

    ・限界がくる前に転職を検討する方法もある

仕事に限界を感じてお悩みの方。繁忙期などで一時的なものではなく、慢性的な場合は危険かもしれません。

このコラムでは、限界を感じながら働いている方が少しでも楽になれるような情報をまとめています。

 

◆仕事で「限界」を感じる時

仕事をしていて限界を感じるのは、「肉体的なストレス」と「精神的なストレス」の2つが主な原因。

長時間の残業や休日出勤が続くと、十分に疲労を回復することができず肉体的なストレスが大きくなってしまいます。
肉体的なストレスは、「ただの疲れだろう…」と甘く考えてしまいがち。過労が蓄積すると、疲れだけではなく、頭痛やめまいなど身体的な症状が出ることもあるので注意が必要です。

また、自分でも気付かない人が多いのが「精神的なストレス」。
我慢強い人は自覚がなかったり周囲から気付かれなかったりしますが、精神的なストレスが身体に影響するということも少なくはありません。
過大な責任やプレッシャー、人間関係の悪化、つまらない仕事を延々繰り返さなくてはならないなどの理由から、精神的なストレスがたまることもあります。

限界を感じていても、「このくらいはまだ大丈夫」「こんなので限界と言ったら甘えと言われてしまうかも」などと思い込んでしまうことは多いもの。でも、無理を続けていては心身に悪影響が出てしまいます。
自分が疲れているかもしれない、もう限界かも…と思ったときは、気持ちに正直になって早めに対処することが大切です。

◆仕事で限界を感じた時、どうしたら良い?

自分が最もストレスを感じている部分はどこなのか、その理由を分析してみましょう。

 

【仕事が多すぎる】

抱え込んでいる仕事に優先順位をつけることで、1日ごとに最低限こなさなければならないタスク量を可視化することができます。また、仕事の速い同僚や先輩のやり方を真似したりアドバイスをもらうのも有効。その上で自分の手には負えないと思った場合は、上司に相談をして業務の配分を見直してもらいましょう。

できると思って引き受けた仕事が終わらない…という悩みがある方は、「自分が仕事をこなせる量」を調子がいいときに合わせて考えてしまっている場合も。調子が悪いときやミスがあったときにも対応できるよう、余裕をもって業務のスケジュールを考えると良いかもしれません。

 

【心身の疲れが溜まっている】

やりがいを感じている仕事でも、忙しさやプレッシャーから日々の疲れは溜まっていきます。万全な状態で仕事に臨むには、息抜きやプライベートを充実させることが大切です。

プロジェクトの終わりなど仕事のキリがいいタイミングを見計らって、定時に上がる、休暇をもらうなどの方法でゆっくり休める日をつくってみてください。おいしいものを食べる、ゆっくりお風呂に浸かる、マッサージに行ってみる…など、休息に充てる時間の使い方を考えましょう。

疲れを溜めないためには、日々の健康管理も重要です。特に睡眠時間と栄養バランスは健康に密接に関わるので、日頃から少しずつ気にかけることで、疲労感が改善されることもあります。

 

【仕事が退屈、つまらない】

単純作業ややり慣れてしまった業務が続くことで、仕事にやりがいがなくなり苦痛に思うことも。そんなときには、自分が他人任せな姿勢になっていないか考え直してみましょう。

誰かに面白い仕事を振ってもらえるのを待つ…という姿勢ではなく、今の業務の改善点や工夫するポイントを探す、上司に他にできることはないかと相談するなど、待っているだけではなく、自ら仕事を面白くしようという姿勢をもつことでやりがいをもって働くことができるかもしれません。

 

【プレッシャーが大きすぎる】

学生時代やアルバイトの頃の働き方と正社員になってからとでは、責任の在り方も大きく変わるものです。実際に大きな仕事をしている方はもちろん、働き始めて間もない方でも、そういった部分でプレッシャーを抱えることは少なくないもの。

そんなときには責任や業務量の多さなどのマイナス面だけではなく、自分の成長や達成感などにも目を向けてみてください。

間違いがないか不安になる場合は、一緒に働いている人への相談も効果的。話しやすい先輩がいたら、今の悩みを持ちかけてみましょう。第三者からのアドバスは自分にはない視野を広げてくれるものです。仕事で限界を感じたときは、ひとりで抱え込まず人に頼ることも大切です。

 

【仕事が向いていない】

適性のない仕事は能力が伸びにくく、失敗ばかりでやりがいを感じにくいのではないでしょうか。

ただし、仕事を始めたばかりの人は「仕事に慣れていないだけ」という可能性もあるので、適性についての見極めはしばらく時間を置いた後でも良いでしょう。

「どう考えてもこの仕事に向いていない!」と確信している人は、自分の適職は何か、改めて自己分析をしてみましょう。自分の志望や次の仕事に求める条件が定まらないまま転職活動を始めると、再び自分に合わない職業に就いてしまう危険があります。

◆仕事のストレスを感じやすい人の特徴

ストレスを感じやすい人には、共通する特徴があるといわれます。以下にその特徴をご紹介するので、自分がストレスに弱い傾向があるとわかったら、意識的にリフレッシュするなど仕事との向き合い方を見直してみてください。

 

【真面目な人】

真面目な人はストレスをストレスと思わないまま、一人で抱え込んでしまうことがあります。

ストレスに気づいたとしても「これくらいで苦痛に思うのは甘え」「今で限界ならどこでもやっていけない」と自分を追い込むような考え方をしてしまうことも。

何をストレスと感じるかは人それぞれですし、人によってストレス耐性やキャパシティは異なります。

上司に「これくらいのことで」と言われたり、同僚が自分と同じくらいの業務量をこなしているからといって、我慢しなくてはならないというわけではありません。

 

【周囲の評価を気にする人】

周りの前を気にする人は、常に「他人にどう見られているか?」を考えているため、周囲の人のちょっとした言動に気持ちを左右されやすく、疲れやすい状態にあります。

さらに自分に自信がないと、「低く評価されているのではないか」「周りに迷惑をかけていないだろうか」と必要以上に心配し、知らず知らずのうちに自分を追い込んでしまうことがあるようです。

 

【完璧主義な人】

仕事にはトラブルや不確定な要素がつきものです。「全てを完璧に仕上げなければ!」という完璧主義の人は、何かが上手くいかなかった時に大きなストレスを感じてしまいます。

完璧主義でプレッシャーやストレスが大きくなっている場合は、「仕事には失敗がつきもの」と考え、無理のない働き方ができるよう方向転換してはいかがでしょう。

 

【断れない人】

周囲に優しく仕事を断れない人は、何でも引き受けてしまい業務の負担やストレスが大きくなってしまいます。

「これ以上はスケジュール調整が難しそうだから」などときちんと理由を説明して断れば、相手も理解してくれるでしょう。

仕事を断るのに罪悪感を覚えるという人もいますが、何でも背負い込んで心身の調子を崩しては、かえって職場に迷惑がかかるかもしれません。

自分の体調やキャパシティを考え、支障なく取り組める範囲で仕事をしましょう。

◆ストレス発散の方法を知ろう!

ストレス発散の方法を身につけ日頃から実践することで、ストレスが限界まで溜めるのを防げます。

おすすめなのは趣味に打ち込むことで、体を動かすのが好きなら、スポーツをしたり、登山をしたり、人によってはライブに行くのも良いリフレッシュになるかもしれません。

趣味がないなら、学生時代や子供の頃に好きだったことを思い出し、再び取り組んでみてはいかがでしょう?

お金と時間に余裕があるなら旅行に出かけるのも良いですし、そうでない人は家で映画や音楽鑑賞を楽しむ方法もあります。

外に出るのが好きではないという人は、部屋の模様替えや大掃除をすると気分ががらりと変わるでしょう。

そのほかにも、料理をしたり友人とお喋りしたり、ペットを飼ったりとストレス発散の方法は様々です。たまには仕事のことを考えない1日をつくって、自分を休ませてあげましょう。

◆本当に限界を感じたら、転職で環境を変えませんか?

いくつか改善方法を提示してみましたが、自分の努力ですべてを改善するのは難しいもの。

そんなときには、転職など、別の環境を探すという選択肢を持っておきましょう。ギリギリまで我慢して休職・退職してしまうというケースも少なくありません。心身が限界を感じている場合、転職して環境を変えることも億劫になってしまう可能性があるので、限界が訪れる前に対処法を考えましょう。

 

また、限界を迎えてから転職活動を始めると、「現状を改善するための転職」ではなく「とりあえず現状から逃げるために次の職場を決める」という考え方になってしまいがち。

どうして自分が限界だと思ったのかを考える間もなく、充分な企業研究をせずに同じような環境の会社を選んでしまう恐れがあります。


ある程度心に余裕を持って転職活動をするためにも、「もしかしたら、辞めたほうがいいのかも…」と思った段階で、少しずつ準備を始めたほうが良いでしょう。

◆転職時にはエージェントを賢く活用!

ただでさえ限界を感じている状況での転職活動。ひとりでは負担が増えてしまいます。

そんなときに活用したいのが転職エージェント。面接時のスケジュールの調整や応募する会社の提案など、転職時に悩みがちな部分のサポートを受けることができるので、転職活動の負担を軽減することができます。

 

とくに20代の方に利用していただきたい転職エージェントが「ハタラクティブ」。若年層の正社員就職・転職に特化したエージェントなので、業界・業種未経験の方も応募できる求人や、経歴を問わないポテンシャル採用を行っている求人も多数取り揃えています。
ハタラクティブでプロの転職アドバイザーと相談しながら、あなたらしく働ける場所を探してみませんか?

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ