仕事に限界を感じるサインとは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説

仕事に限界を感じるサインとは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事の限界が来ているサインには、睡眠不足や身体のだるさなどがある
  • 仕事に限界を感じたときのサインを見逃すと、精神や身体に影響が出る場合がある
  • 仕事で限界を迎える前に、近しい人に相談したり休暇を取ったりしよう
  • 精神や身体へ悪影響が出ている場合は病院へ受診するのも選択肢の1つ
  • 自分の力だけで解決できない場合は、転職を検討しよう

「この仕事は限界かも…」と感じている方もいるでしょう。自分は大丈夫だと思っていても、無意識のうちに仕事で無理をしている人はいます。職場の労働環境や人間関係に問題があると、仕事に限界を感じる原因になり得るでしょう。このコラムでは、仕事に限界を感じるサインや対処法をご紹介。心身に影響が出る前に問題を解消することで、現状の改善につながる可能性があります。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が限界だと感じる3つの理由

仕事をするうえで、ストレスなく働ける人はほとんどいないでしょう。この項では、仕事が辛くて限界と感じる代表的な3つの理由をご紹介します。

1.自分の能力と周りを比較する

自分の能力と周りの能力を比較すると、気持ちが辛くなり仕事に限界を感じることがあります。たとえ、自分の仕事が上手くいったとしても「〇〇さんが行えば、もっと良い形になったのではないか。」「本当にこれで良いのだろうか。」という考えになり、苦しい思いをしてしまいかねません。自分と周囲を比べることは向上心につながり、モチベーションの維持につながる場合もあります。しかし、他人と比べて辛くなるということは、自分への自信を失い始めているため、精神状況が悪い方へ進んでしまうでしょう。

2.会社の労働環境が劣悪

会社の労働環境によって、仕事に限界を感じることがあるでしょう。同じ業種や職種であっても、労働環境や待遇は会社ごとに異なります。たとえば、サービス残業が多かったり、昇給・賞与への望みが薄かったりすると、働く目標やモチベーションを見失ってしまうでしょう。働くモチベーションが低下すると仕事の質や内容にも影響し、社内で自分の評価を落とすことにつながる可能性もあります。

3.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係も、仕事に限界を感じる理由の一つです。仕事は周囲と協力しながら成功へ導くのが基本のため、人間関係が上手く築けていないとストレスを抱えてしまうでしょう。
また、働くうえで周囲の評価を気にし始めると、成果を出すことばかりに目がいってしまい余計にミスを誘発する可能性があります。さらに、周囲に仕事を頼めなくなり一人で抱え込んでしまうことも。仕事の人間関係で苦しんでいる場合は、家族や友人に相談したり専門機関を利用したりして、「辛い」という気持ちを伝えましょう。

仕事の限界が来ているときのサイン・症状は?

仕事の限界が来ているときのサイン・症状は?の画像

仕事の限界を感じると、睡眠不足が続いたり集中力が低下したりすることがあります。ここでは、仕事の限界が来ているときのサインや症状について解説するので、当てはまるものがないか確認してみましょう。ただし、下記の症状は人によって異なるので、あくまでも一例として参考にしてください。

不眠・睡眠の変化

眠れない日が続いたり、夜中頻繁に目が覚めたりする場合は注意が必要です。仕事が原因でストレスを感じ、睡眠不足になると緊張状態が続いてしまいます。睡眠が不足していると心身の疲れが解消されず、仕事や自身の健康状態に支障が出る恐れもあるでしょう。

集中力が低下しミスが増える

集中力の低下により仕事のミスが続くと、限界を感じている可能性があります。ミスを多発すると上司や先輩からの注意が増え、追い詰められたように感じてしまう人も。頭が回らない状態でミスが続くと、自己評価の低下につながることもあるでしょう。

食欲減退・吐き気

仕事に限界を感じて強いストレスを受けると、食欲減退や吐き気につながる場合もあります。食べ物を受けつけなくなると、栄養を体内に取り込めなくなるので心身状態が悪化してしまう可能性も。体重が減っていたり好物でも食欲を感じなかったりしている人は、注意が必要です。

頭痛がする

仕事に対する不安やプレッシャーが限界を迎えると、緊張型頭痛の症状が現れることもあります。緊張型頭痛は、仕事の疲れが溜まりやすい時間に発生しやすいようです。不安やストレス、緊張を感じると、頭痛を引き起こしてしまいます。

笑顔がなくなる

笑う機会が減少しているのも、仕事に限界を感じているサインでしょう。以前は楽しめていたドラマやバラエティ、趣味活動などに集中できなくなると、心に限界がきているサインといえます。興味・関心が薄れたり、憂鬱な気分が続いたりすることが長期化している場合は、自分で心身状態の良し悪しを判断しないようにしましょう。

わけもなく涙が出る

わけも分からず涙が出ると、仕事に対する限界が来ているサインといえるでしょう。そのうち、感情に関係のない場面で泣いてしまうことがあります。悲しいわけでもないのに涙が出る場合は、心身によるSOSと捉えましょう。

すぐにイライラする

他人の何気ない言動や身近な生活音など、日常の些細なことにイライラしやすくなっている場合も注意が必要です。仕事に限界を感じ、十分な睡眠や休暇、リフレッシュができていないと疲れが蓄積し、心にゆとりが持てなくなっている可能性も。イライラしていると周囲にも伝わるので、自分だけでなく職場の環境を悪くしてしまう場合があります。

身体のだるさを感じる

運動や仕事量が多いわけでもないのに身体が重かったり、睡眠時間を確保しても疲れが取れなかったりすると、限界が近いサインの可能性があります。このような状態が悪化すると、仕事以外の連絡や趣味活動すら億劫になることも考えられるでしょう。繁忙期に疲れてしまうのはよくあることですが、疲労状態が毎日続く場合は注意が必要です。

体重の急激な変化

ストレスが限界に達すると、体重が急激に増減することも。甘いものの摂取量が増えたり、食べる量は変化していないのに体重が増えたりする場合は、仕事のストレスが関係している可能性があります。過度なストレスを自覚している際は、体重の変化にも目を向けるようにしましょう。

無気力な状態になる

「モヤモヤが晴れない」「何をしても楽しいと感じられない」といった無気力な状態が続いている場合は、限界が来ているサインといえるでしょう。憂鬱な気分が長期化すると、健康状態にも影響するので注意が必要です。
仕事に限界が来ている原因が知りたい方は、「仕事で疲れるのはなぜ?その原因と何もしたくないときの対処法を解説!」のコラムも参考にしてください。

プライベートや趣味を楽しめなくなる

プライベートの時間や趣味を楽しむ時間に仕事のことを考えるようになっていたら、限界を示すサインの可能性があります。終業後や休日に、仕事について全く考えないことは珍しいでしょう。
しかし、仕事のことを考える時間が増えたり精神的に影響を受けたりしていると、心や脳は勤務中と変わらない状態といえます。また、仕事に関する夢を見る場合も限界のサインと捉えると良いでしょう。

仕事のストレスによる限界に関しては、「仕事・人間関係・社会生活…『もう限界』というあなたへ」のコラムにも詳しく記載しています。仕事による限界の基準は人それぞれであることや自分で立ち直るための方法をご紹介しているので、本コラムと合わせてご一読ください。

仕事の限界を超えるとどうなる?

仕事の限界を超えると、精神的な病気を患ったり身体に何かしらの症状が出たりする恐れがあります。心身への影響は、ストレスの大きさによって変化するので注意が必要です。

精神的な病気になる恐れがある

身体からの限界のサインを無視し続けると、精神的な病気を患う可能性があります。病気の症状が重くなる前に、改善に努めることが重要です。

仕事に限界を感じると出勤できなくなる

心身へのストレスが限界に到達すると、出勤自体が難しくなることもあります。仕事を休みがちな状態から、次第に起き上がる気力すらなくなってしまう可能性も。このような状態になると、再起するのに時間がかかることもあるでしょう。

「仕事に対するストレスやモヤモヤをどうにかしたい…」と感じている方は、限界を感じる場面や対処法についても解説している「体力の限界?仕事に疲れたら読むコラム」をご一読ください。

仕事で精神的に限界を感じるときの7つの解決法

仕事で精神的に限界を感じるときの7つの解決法の画像

仕事に精神的な限界を感じているときは、自分に合った解消法を見つけることが大切です。以下では、心身のストレスを解消する7つの方法をご紹介します。

1.限界を感じているストレスの原因を突き止める

人間関係や業務量、評価制度など、仕事によるストレスの原因は人によって異なります。ストレスの原因が掴めれば、具体的な解決策を見つけやすくなるでしょう。仕事量が原因なら周囲に協力を求めたり、人間関係が原因なら異動をお願いしてみたりと、明確な対策ができます。

2.カウンセラーや身近な人に相談する

仕事が限界と感じているときは、カウンセラーに相談しましょう。ストレスを抱え込まないためには、自分の気持を素直に吐き出すことが重要です。カウンセラーなら、職場の人や家族に聞かれたくない内容も伝えやすいでしょう。また、専門家ならではの視点から的確なアドバイスを受けられます。
カウンセラーに相談するのに抵抗がある方は、家族や友人といった身近な人に相談しましょう。たとえ直接の解決につながらなくても、誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなることもあります。一人で悩みを抱え込むよりも、親しい人に気持ちを受け止めてもらう方が支えになるでしょう。

職場の人に相談するのもあり

上司や先輩、同僚など職場に信頼できる人がいる場合は、その人達を頼るのも一つの手です。たとえば、受け持った業務が自分では抱えきれないと感じたときは、思い切って周囲の人にお願いしてみましょう。同じ環境に身を置いている人に相談すれば、どのように困難を乗り切ったか具体的な話を聞ける場合もあります。

3.限界を迎える前に仕事を休む

どうしても仕事がつらいなら、限界を超える前に思い切って休みを取るのも効果的です。自分の好きなことに没頭したり、好きな時間まで眠ったりと、思うままに過ごすのも良いでしょう。仕事について考えない日をつくり、自分を休ませるのも大切です。

4.仕事を引き受け過ぎず割り切って取り組む

仕事は引き受け過ぎないようにしましょう。担当する仕事が増えると精神的に参ってしまい、終わらせなければならないプレッシャーや焦りから、判断力が落ちる可能性もあります。勤務時間内は仕事に精一杯取り組み、オンオフの切り替えを心掛けると精神面への負担が軽減するでしょう。

5.プライベートを最優先に考えてみる

仕事とプライベートは分けて考えましょう。仕事をするのはなんのためであるかを考えると、モチベーションアップや維持に繋げられる可能性があります。また、終業後の楽しみを用意するのもおすすめです。食事や買い物、趣味を満喫するなど楽しみがあることで、1日1日の仕事を乗り切る糧になるでしょう。

6.病院を受診する

カウンセラーへの相談や休息だけでは改善しない場合、病院を受診するのも一つの方法です。仕事が原因で心身が限界を迎えているときは、メンタルヘルスを専門とする心療内科や精神科に相談しましょう。また、症状が悪化している自覚のある方は、心身の変化をメモしておくのがおすすめです。いつごろにどのような症状が表れたのかを、医師へ的確に伝えられます。

7.転職をして仕事の環境を変える

職場の労働環境や人間関係など、自分の努力だけでは改善できないことが原因で悩んでいる場合は、転職も視野に入れましょう。心身に限界を感じている場合、転職活動に踏み切るのが億劫になってしまう恐れもあります。そのため、「転職したい」と考えているなら限界が訪れる前に決断しましょう。転職すれば人間環境も変わり、自分の能力を発揮しながら働けます。

仕事に限界を感じ、退職や転職をしたいと考えている方は、「ストレスで退職したいときの5つの対処法!円満退社をするには」をご一読ください。

仕事が限界なら転職エージェントに相談するのがおすすめ

仕事が限界なら転職エージェントに相談するのがおすすめの画像

「仕事に限界を感じるので職場を変えたい…」と考えている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、転職エージェントを活用するメリットについてご紹介します。

今の会社での悩みも相談できる

転職エージェントを利用すれば、今の会社での悩みを相談できます。転職エージェントでは、専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行うため、「残業が多い」「良好な人間関係が築けない」といった現職の不満を伝えても問題ありません。

希望に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは希望条件に合った求人を紹介してもらえます。カウンセリングを通じて仕事に対する姿勢や方向性、転職したい理由などを整理。募集要項には載っていない「社風」「雰囲気」も含めて、一人ひとりの働き方に合った仕事や求人を紹介してくれるので、ミスマッチを防ぎやすいでしょう。

効率的な就活で早めに環境を変えられる

転職エージェントは、アドバイザーが書類添削や面接対策も行ってくれるので、効率的な転職活動が可能です。エージェントは採用側の目線になって求職者をサポートするため、1人で転職するよりも書類や面接の内容を掘り下げられます。「志望動機がなかなか思いつかない…」「面接は練習をしてから本番を迎えたい」といった方には、特におすすめです。効率的に就職活動に取り組めれば、早期転職を実現できる可能性が高まるでしょう。

今の仕事で限界を感じているなら、早めに環境を変えるのがおすすめです。自分の希望に合った転職先を探すなら、転職エージェントのハタラクティブへご相談ください。
フリーターや既卒、第二新卒などの若年層に特化したハタラクティブでは、アドバイザーとのカウンセリング・求人の紹介・企業とのやり取りの代行など、手厚いサポートを提供しています。入社後のアフターフォローにも対応しているので、自分らしい働き方を実現したい方におすすめです。「現状から脱したい」「転職して無理なく働きたい」とお考えの方は、ぜひハタラクティブを活用してみてください。

こんなときどうする?仕事に限界が来たときのQ&A

仕事に対するストレスの度合いは人それぞれです。ここでは、仕事に限界が来たときに関するお悩みをQ&A形式でご紹介します。

仕事に限界が来てもう辞めたいです…

仕事に限界が来ているときは、労働条件や職場環境を振り返ってみましょう。仕事を続けるのが難しいと感じる場合は、無理をしないことが大切です。転職を検討する場合は自己分析を行い、自分に合った仕事探しにつなげましょう。詳しくは、「仕事がしんどい時の対処法とは?プレッシャーで『辞めたい』と感じる人へ」をご覧ください。

仕事が限界で辞めるのは甘えですか?

甘えではありません。仕事で限界を感じたら、心身に何かしらの症状やサインが表れ始めるでしょう。イライラしやすくなったり無気力な状態が続いたりするときは、身近な人に相談するのがおすすめです。人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。仕事が限界で転職するか迷っている方は、「仕事をすぐ辞める人の特徴は?甘えが理由?改善策や転職のポイントを紹介!」をチェックしてみてください。

仕事に限界が来るのは自分の能力不足のせいですか?

能力不足のせいではありません。自分の能力の限界を感じたときは、仕事を効率よく進めている人に相談したり、自分の得意な分野を伸ばしたりするのがおすすめです。それでも解決できない場合は、転職を検討してみても良いでしょう。仕事で限界を感じている方は、「仕事についていけない!能力不足に悩まないための解決策」を参考にしてみてください。

職場に改善が見られないので転職したいです!

「自分の頑張りに対して評価が得られない」「業務負荷が高く体力が追いつかない」といった不満や疲労を抱えている人は、早めに転職を検討しましょう。在職中に転職をするのか、退職後に離職をするのかは、自身の忙しさや貯蓄面から考えることが大切です。現在の職場に不満を抱えていたとしても、転職時期は繁忙期を避けて円満退職を心がけましょう。転職活動を効率的に進めるなら、ハタラクティブへお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ