仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説

仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事の限界が来ているサインには、睡眠不足や身体のだるさなどがある
  • 仕事に限界を感じたときのサインを見逃すと、精神や身体に影響が出る場合がある
  • 仕事で限界を迎えてしまう前に、近しい人に相談したり休暇を取ったりしよう
  • 精神や身体へ悪影響が出ている場合は病院へ受診してもらうようにする
  • 自分の力だけで解決できない場合は、転職を検討しよう

「もうこの仕事は限界かも…」と感じている方はいませんか。自分は大丈夫だと思っていても、無意識のうちに仕事で無理をしている人はいます。職場の労働環境や人間関係に問題があると、仕事に限界を感じる原因になり得るでしょう。
このコラムでは、仕事に限界を感じるサインや対処法をご紹介。心身に影響が出る前に抱えている問題を解消に導くことで、現状の改善につながる可能性があります。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が限界だと感じてしまう3つの理由

仕事をしていくうえで、まったくストレスなく働けているという人はほとんどいないでしょう。この項では、仕事が辛くて限界と感じる代表的な3つの理由を紹介します。

1.自分の能力と周りを比較する

自分の能力と周りの能力を比較してしまうと、気持ちが辛くなり仕事に限界を感じることがあります。
たとえ、自分の仕事が上手くいったとしても「〇〇さんが行えば、もっと良い形になったのではないか。」「本当にこれで良いのだろうか。」という考えになってしまい、苦しい思いをしてしまいかねません。自分と周囲を比べ始めることはネガティブなことだけではなく、ときには向上心につながり良い方向へ向かうこともあります。しかし、他人と比べ始めている時点で自分への自信を失っており、良い精神状況とはいえないでしょう。

2.会社の労働環境が劣悪

会社の労働環境による影響によって、仕事に限界を感じることがあるでしょう。
同じ業種や職種であっても、労働環境や待遇は会社ごとに異なります。たとえばサービス残業が多かったり、昇給や賞与への望みが薄かったりすると、働く目標やモチベーションがなくなり、不満やストレスを感じやすくなるでしょう。そうなると、仕事の質や内容にも大きな影響を与えてしまい、社内での自分の評価を落とすなど良い報告へ進まなくなる恐れがあります。

3.職場の人間関係が悪い

職場の人間関係も仕事に限界を感じる理由の一つです。仕事というのは、一部の職種を除いて基本的には周囲と協力をしながら成功へ導いていくことになります。そのため、人間関係が上手く進んでいない場合には、仕事をすることで感じるストレスは大きくなるでしょう。
また、働くうえで周囲の評価を気にし出すと、成果を出すことに目がいってしまい、余計にミスを誘発する可能性があります。さらに、周囲に仕事を頼むことができなくなってしまい、一人で抱え込んでしまうことも。
仕事の人間関係で苦しんでいる場合は、身近な家族や友人に相談したり、専門機関を利用したりして「辛い」ということを伝えるようにしましょう。

仕事の限界が来ているときのサイン・症状は?

仕事の限界を感じると、睡眠不足が続いたり集中力が低下したりします。下記では、仕事の限界が来ているときのサインや症状について詳しく解説するので、当てはまるものがないか確認してみてください。

不眠・睡眠の変化

眠れない日が続いたり、夜中頻繁に目が覚めたりする場合は注意が必要です。仕事が原因でストレスを感じ、睡眠不足になると緊張状態が続いてしまいます。睡眠が不足していると心身の疲れが解消されず、仕事や自身の健康状態に支障が出る恐れも考えられるでしょう。

集中力の低下・ミスの多発

集中力の低下により仕事のミスが続いていると、限界を感じているサインです。ミスが多発すると上司や先輩からの注意も増え、追い詰められたように感じてしまう人もいます。頭が回らない状態でミスが続くと、自己評価が低くなってしまうので注意しましょう。

食欲減退・吐き気

仕事に限界を感じて強いストレスを受けると、食欲減退や吐き気につながる場合もあります。食べ物を受けつけなくなると、栄養を体内に取り込めなくなるので心身状態が悪化してしまう可能性も。体重が減っていたり好物でも食欲を感じなかったりしている人は注意が必要です。

頭痛がする

仕事に対する不安やプレッシャーで仕事への限界が到達すれば、緊張型頭痛の症状が現れます。緊張型頭痛は仕事の疲れが溜まりやすい時間に発生しやすいようです。不安やストレス、緊張を感じると、頭痛を引き起こしてしまいます。

笑顔がない

笑う機会が減少しているのも仕事に限界を感じている症状の1つです。以前は楽しめていたドラマやバラエティ、趣味活動などに集中できなくなると、心に限界がきているサインといえます。興味・関心が薄れたり、憂鬱な気分が続いたりすることが長期化している場合は、自分で心身状態の良し悪しを判断しないようにしましょう。

泣けてくる

わけも分からず涙が出ると、仕事に対する限界が来ているサインです。はじめのうちは少し悲しくなっただけで涙が出ますが、そのうち感情に関係のないところで泣いてしまうことがあります。悲しいわけでもないのに涙が出る場合は、心身によるSOSと捉えましょう。

すぐイライラする

他人の何気ない言動や身近な生活音など、仕事に限らず些細なことにもイライラしやすくなっている場合も注意が必要です。仕事に限界を感じ、十分な睡眠や休暇、リフレッシュが取れていないと疲れが蓄積し、心にゆとりが持てなくなっている可能性も。イライラしている状態は周囲にも伝わってしまうので、自分だけでなく職場の環境を悪くしてしまう場合があります。

身体のだるさ

運動や労働の量が多いわけでもないのに身体が重かったり、睡眠時間を確保しても疲れが取れなかったりすると、限界が近いサインの可能性があります。このような状態が悪化すると、仕事以外の連絡や趣味活動すら億劫になることも考えられるでしょう。繁忙期に疲れてしまうのはよくあることですが、疲労状態が毎日続く場合は注意が必要です。

体重の大きな変化

ストレスが限界に達すると、体重が急激に増減することも。甘いものの摂取量が増えたり、食べる量は変化していないのに体重が増えていたりする場合は、仕事のストレスが関係していることが考えられます。過度なストレスを自覚している際は、自身の身体状況にも目を向けるようにしましょう。

無気力な状態になる

「モヤモヤが晴れない」「何をしても楽しいと感じられない」といった症状が2週間以上続いている場合は、限界が来ているサインです。憂鬱な気分が長期化すると健康状態にも影響してしまうので注意しましょう。
仕事に限界が来ている原因が知りたい方は、「仕事で疲れるのはなぜ?その原因と何もしたくないときの対処法を解説!」のコラムを参考にしてください。

プライベートや趣味を楽しめなくなる

プライベート時間や趣味を楽しむはずの時間に、仕事のことを考えるようになっていれば限界を示すサインの一つと捉えてください。終業後や休日にまったく仕事のことを考えないということはないでしょう。当然、仕事のことを考えて、支障の出ない範囲で楽しむようにしているはずです。
しかし、仕事のことを考える時間が多くなったり、精神的に影響を与えたりしていると心や脳は勤務中と変わらない状態といえます。また、睡眠中の夢などにも仕事のことが出てきている場合も限界のサインと捉えると良いでしょう。

仕事のストレスによる限界に関しては、「仕事・人間関係・社会生活…「もう限界」というあなたへ」のコラムにも詳しく記載しています。仕事による限界は、人それぞれであることや自分で立ち直るためにはなどを紹介しているので、本コラムと合わせて読んでみて下さい。

仕事の限界サインを無視するとどうなる?

仕事の限界に対するサインを見逃すと、精神的な病気を患ったり身体に何かしらの症状が出たりする恐れがあります。心身への影響はストレスの大きさによって変化するので注意が必要です。

精神的な病気になる恐れがある

仕事によって身体から限界のサインを無視し続けると、軽いうつ症状から本格的なうつ病になる可能性があります。精神的な病気が本格化すると、何年かけても治らないことも考えられるでしょう。病気の症状が重くなる前に、改善に努めることが重要です。

仕事に限界を感じると出勤できなくなる

心身へのストレスが限界に到達すると、出勤ができなくなることもあります。最初は仕事を休みがちだったものが、次第に起き上がる気力すらなくなってしまう可能性も。このような状態になると、再起するのに時間が掛かることもあるでしょう。

仕事だけでなく身体に影響が現れる

体温調整がうまく機能していなかったり、頭痛やめまいが起きるようになったりすると、自律神経の乱れが考えられます。仕事に限界を感じながらも、心身のSOSを無視して行動し続けると、自律神経失調症につながる場合も。ストレスを感じているときは、無理に行動しないことも大切です。
「仕事に対するストレスやモヤモヤをどうにかしたい…」と感じている方は、限界を感じる場面や対処法についても解説している「体力の限界?仕事に疲れたら読むコラム」をご一読ください。

仕事が限界だと感じるときに表れやすい身体の症状

ここでは、ストレスが原因で身体に発症する4つの代表的な体調不良を4つ紹介します。あなたの体に最近、これらの症状が現れている場合は、体からの限界サインと捉えるようにしましょう。

蕁麻疹

蕁麻疹は、ストレスのみならず体が疲れている場合にも生じるため、経験したことがある人も多いでしょう。蕁麻疹の発生メカニズムとしては、人それぞれが持つ一定の刺激の強さや耐性を超える刺激を感じた場合に生じます。そのため、仕事で強いストレスを感じると体は反応を見せることが多いようです。

急性胃腸炎

胃腸炎の原因はさまざまなことが考えられていますが、ストレス性や免疫性、ウイルス、細菌性などが挙げられます。
仕事のストレスで考えられる胃腸炎は、不規則な生活や胃腸に強い刺激を与える食生活をすることなどが原因です。たとえば、高カロリーな食事になったり、お酒の量が増えてしまったりなどが考えられます。また、​​職場やで受ける心理的な負担をきっかけとして胃の粘膜が荒れ、発症する場合もあり、知らぬ間に悪化していることが多いようです。

突発性難聴

予兆なしに突然聴力に支障をきたすのが、突発性難聴です。突発性難聴の原因に関しては、はっきりと解明はされていないものの、比較的健康な人が発症することが多く報告されています。近年は疲労やストレスなども原因になると指摘されている病気です。発症のメカニズムとしては、睡眠不足や肉体的疲労、精神的なストレスによって自律神経がバランスを崩し、内耳の血流障害を招くことから生じます。

自律神経失調症

自律神経失調症は、身体の調子を整える自律神経が崩れてしまうことにより発症する病気です。不規則な生活や睡眠不足、過度なストレスがきっかけで自律神経が司るバランスが崩れてしまい、頭痛やめまいなど身体の不調や精神が不安的になるなどの状態になるのです。自分でコントロールすることが難しく、治療やカウンセリングで回復をさせていく必要があります。

仕事の限界サインを見逃してしまうこともある

ストレスの多い環境にいる時間が長くなると、異変に気がつかない場合があります。出勤を続けることで、ストレスという存在が当たり前の状況や感覚になってしまう人もいるようです。感覚が麻痺してしまうことで、自分の体調悪化に気がついたときには、取り返しがつかないという事態も起こりかねないでしょう。
ほかにも、「自分よりも苦しい状況で働いている人がいる」と考えてしまう人がいます。他人が働いている環境とあなたが置かれている状況はまったく異なるものです。比較対象にすることではないということを頭に入れておきましょう。

仕事で精神的に限界を感じるときの7つの解決法

仕事に精神的な限界を感じているときは、自分に合った解消法を見つけることが大切です。以下では、心身のストレスを解消する7つの方法をご紹介します。

1.限界を感じているストレスの原因を突き止める

人間関係や業務量、評価制度など、仕事によるストレスでもその原因は人によって異なります。ストレスの原因が掴めれば、具体的な解決策を見つけやすくなるでしょう。仕事量が原因なら周囲に協力を求めたり、人間関係が原因なら異動をお願いしてみたりと、明確な対策を実現可能です。

2.限界を感じたらカウンセラーや身近な人に相談する

仕事が限界と感じているときは、カウンセラーに相談しましょう。ストレスを抱え込まないためには、自分の気持を素直に吐き出すことが重要です。プロのカウンセラーなら、職場や家族に聞かれたくない内容も伝えられます。専門家ならではの視点から的確なアドバイスを受け取ることが可能です。
カウンセラーのハードルが高いと感じるときは、家族や友人などの身近な人に相談しましょう。たとえ直接の解決につながらなくても、誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなる可能性があります。一人で悩みを抱え込むよりも、親しい人に気持ちを受け止めてもらう方が支えになるでしょう。
上司・先輩・同僚など、職場に信頼できる人がいる場合は、その人達を頼るのも一つの手です。たとえば、受け持った業務が自分では抱えきれないと感じたときは、思い切って周囲の人にお願いしてみましょう。同じ環境に身を置いている人に相談すれば、どのように困難を乗り切ったか具体的な話を聞ける場合もあります。

3.限界を迎える前に仕事を休む

どうしても仕事がつらいなら、思い切って休みを取るのも効果的です。自分の好きなことに没頭したり、好きな時間まで眠ってみたりと、思うままに過ごすのも良いでしょう。仕事について考えない日をつくり、自分を休ませるのも大切な要素です

4.仕事を引き受けすぎず割り切って取り組む

仕事は自分ができる以上のものを引き受けないようにしましょう。担当する仕事が増えると精神的に参ってしまい、終わらせなければならないプレッシャーや焦りから、判断力が落ちてしまう可能性もあります。勤務時間内は仕事へ精一杯取り組み、オンオフの切り替えを心掛けると、精神面への負担が軽減するでしょう。

5.プライベートを最優先に考えてみる

仕事とプライベートを整理して、きちんと分けるようにしましょう。仕事をしているのは、なんのためであるかを考えるとモチベーションアップや維持に繋げることができる可能性があります。
また、終業後の楽しみを用意しておくこともおすすめです。食事に行くことや趣味を満喫するなど楽しみがあることで、1日1日の仕事を乗り切る糧になるでしょう。

6.病院を受診する

カウンセラーへの相談や休息だけでは改善しない場合、病院で診てもらうのも一つの方法です。自律神経失調症の可能性があるときは、メンタルヘルスを専門としている心療内科や精神科に相談しましょう。また、症状が悪化している自覚のある方は、心身の変化をメモしておくのがおすすめです。いつごろにどんな症状が見られたのかを的確に医師へ伝えられます。

7.転職などで仕事の環境を変える

職場の労働環境や人間関係など、自分の努力だけでは改善できないことが原因で悩んでいる場合は、転職も視野に入れましょう。心身に限界を感じている場合、転職活動に踏み切るのが億劫になってしまう恐れもあります。そのため、「転職したい」と考えているなら限界が訪れる前に決断しましょう。転職すれば、自分に合った環境で活躍することが可能です。
仕事に限界を感じ、退職や転職を検討したいと考えている方は、「ストレスで退職したいときの5つの対処法!円満退社をするには」をご一読ください。

仕事が限界で辞めたいときはエージェントに相談しよう

「仕事に限界を感じるので転職したい…」と考えている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、転職エージェントを活用するメリットについてご紹介します。

今の会社での悩みも相談できる

転職エージェントでは、専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングに対応しています。
アドバイザーへのカウンセリングには、「残業が多い」「良好な人間関係が築けない」といった現職の不満を伝えても問題ありません。悩みの内容が具体的であるほど、エージェントが紹介する求人内容が明確になります。

希望に合った求人を紹介してくれる

転職エージェントでは、あなたの希望条件に合った求人を紹介してもらえます。カウンセリングの内容からあなたの仕事に対する姿勢や方向性を整理。募集要項には載っていない「社風」「雰囲気」も含めて、あなたの働き方に合った仕事や求人を紹介してくれるのでミスマッチを防ぎやすいでしょう。

効率的な就活で早めに環境を変えられる

転職エージェントでは、アドバイザーが書類添削や面接対策も行ってくれるので、効率的な転職活動が可能です。エージェントは採用側の目線になって求職者をサポートしてくれるため、1人で転職するよりも書類や面接の内容を掘り下げられます。効率的に活動を取り組めれば、早期転職を実現できる可能性も考えられるでしょう。

今の仕事で限界を感じているなら、早めに環境を変えるのがおすすめです。自分の希望に合った転職先を探すなら、ハタラクティブへご相談ください。
若年層に特化したハタラクティブでは、アドバイザーとのカウンセリング・求人の紹介・企業とのやり取りの代行など、手厚いサポートを提供しています。入社後のアフターフォローにも対応しているので、自分らしい働き方を実現可能です。「現状から脱したい」「転職して無理なく働きたい」とお考えの方は、ハタラクティブを活用してみませんか?

こんなときどうする?仕事に限界が来たときのQ&A

仕事に対するストレスの度合いは人それぞれです。ここでは、仕事に限界が来たときに関するお悩みをQ&A形式でご紹介します。

仕事に限界が来てもう辞めたいです…

仕事に限界が来ているときは、労働条件や職場環境を振り返ってみましょう。仕事を続けるのが難しいと感じる場合は、無理をしないことが大切です。転職を検討する場合は自己分析を行い、自分に合った仕事探しにつなげましょう。詳しくは「仕事がしんどい時の対処法とは?プレッシャーで「辞めたい」と感じる人へ」をご覧ください。 

営業の仕事をしていますがストレスを解消できません。

営業職はノルマのプレッシャーやクレーム、職場の人間関係などがストレスになりやすい傾向にあります。営業職のストレスを解消するには、業務の効率化を図ったり上司や会社に相談したりする方法が考えられるでしょう。提案を断られたとしても失敗と思わず、営業の目標をしっかりと立てることが大切です。営業職のストレス耐性のつけ方については、「営業職のストレス解消法は?耐性をつけるには?限界がきたら転職も考えよう」にまとめています。 

仕事ですぐキャパオーバーになってしまいます…

キャパオーバー状態になると、仕事のミスが多発してしまいます。自分が抱えている仕事量が多ければ、上司や同僚に助けを求めましょう。日頃無理をしていると自覚したら、十分な休息を取ることが重要です。キャパオーバーになったときの対処法は、「キャパオーバーで仕事が大変?6つの対処法で予防も対処もばっちり!」をご一読ください。 

職場に改善が見られないので転職したいです!

「自分の頑張りに対して評価が得られない」「業務負荷が高く体力が追いつかない」といった不満や疲労を抱えている人は、早めに転職を検討しましょう。在職中に転職をするのか、退職後に離職をするのかは、自身の忙しさや貯蓄面からしっかり考えることが大切です。現在の職場に不満を抱えていたとしても、転職時期は繁忙期を避けて円満退職を心がけましょう。仕事の疲れを改善する方法や転職における注意点は、「仕事に疲れたら危険信号?転職のススメ」にまとめています。

関連タグ