仕事に限界を感じている人へ…見逃せないサインや対処法をご紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に限界を感じている人へ…見逃せないサインや対処法をご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・労働環境や職場の人間関係などが原因で、仕事に限界を感じることもある
    ・イライラや睡眠不足など、仕事に限界を感じたときのサインを見逃さないように注意
    ・仕事で限界を迎えてしまう前に、家族や友人に悩みを相談しよう
    ・信頼できる上司や先輩、同僚に頼るのも悩み解消に効果的
    ・自分の力だけでは解決できない場合は、転職も検討しよう

仕事に限界を感じている人へ…見逃せないサインや対処法をご紹介の画像

仕事に限界を感じて悩んでいませんか?能力不足を感じていたり、職場の労働環境や人間関係に問題があったりすると、仕事に限界を感じる原因になることがあります。このコラムでは、仕事に限界を感じるサインや対処法をご紹介。心身に影響が出る前に、抱えている問題の解決の緒を見つけることで、現状の改善に繋がる可能性があります。

仕事で限界を感じる主な3つの理由

仕事をしていて限界を感じるのは、主に3つの原因があります。それぞれについて説明するので、参考にしてください。

 

1.能力不足を感じる

能力不足は、仕事に限界を感じる原因の1つ。
教えられたことがなかなか身につかない、できると思って引き受けた仕事が終わらない、そもそも仕事が向いていないと感じるといったことが続くと、自分の力が及ばないせいだと考える方もいるのではないでしょうか。
仕事を覚えるペースや得意分野は人それぞれなので、必要以上に自分を責めないよう心がけることが大切です。

 

2.職場の労働環境

長時間の残業が常態化している、休日出勤が続くなど、職場の労働環境に原因がある場合も。
このような環境下で仕事を続けていると、十分に疲労を回復する時間が取れず、精神的にも肉体的にもストレスが大きくなってしまいます。
本当に限界を迎える前に、一度自分が置かれている状況を見直してみたほうが良いでしょう。

 

3.人間関係の問題

職場の人間関係に問題があると、仕事に専念するのが困難になります。
たとえば、上司からパワハラを受けている、先輩や同僚から嫌がらせをされている、部署内の雰囲気が常にギスギスしているなどといった状況は精神的なストレスを感じやすく、仕事に支障を来してしまう可能性もあるでしょう。

無視しないで!仕事で限界を感じたときの4つのサイン

仕事に限界を感じていると、心身に何らかのサインが出ることもあります。下記に主なものを4つ挙げたので、一度自分の状況と向き合ってみましょう。

 

1.イライラしやすくなった

他人の何気ない言動や身近な生活音など、些細なことにもイライラしやすくなっていませんか?日々の疲れが蓄積し、心にゆとりが持てなくなっている可能性があります。
このような状態ではプライベートの人間関係にまで影響が出る恐れがあるので、心を休める時間を作ったほうが良いでしょう。

 

2.疲れやすい

ストレスが溜まっていたり、休んでも疲れが取れなかったりすると、少ない運動や業務量でも疲れやすくなってしまうことも。
放置していると体を壊してしまう可能性もあるため、仕事が終わったらしっかり休息を取る習慣をつけましょう。

 

3.眠れない

疲れが溜まりすぎている、つい夜ふかしをしてしまうといった原因で、眠れない日々が続いている場合は要注意です。
睡眠が不足していると、仕事や自身の健康に支障が出る恐れがあります。
眠る前に余計なことを考えたり、趣味やインターネットに遅くまで没頭したりせず、十分な睡眠時間を確保しましょう。

 

4.仕事に満足できない

仕事がつまらないと感じる、思うような結果が出せないなど、仕事に満足できないことが続いている場合は、自分の適性について見直してみましょう。
改めて自己分析を行い、仕事や職場のどこに不満を感じているのか整理してみるのがおすすめです。

「このくらいならまだ大丈夫」「こんなことで限界になるのは甘えと言われるかも…」と思い込み、無理を続けてしまうと心身に悪影響が出る恐れがあります。
限界のサインが出ていると感じたら無理をせず、自分を労ってあげましょう。

仕事で限界を感じたときの対処法

自分が疲れているかもしれない、もう限界かも…と思ったときは、気持ちに正直になって早めに対処することが大切です。
ストレス発散の方法を身につけ日頃から実践することで、限界を向かえるのを防げる可能性があります。

 

家族や友人など身近な人に相談する

仕事が限界、つらいと感じているときは、家族や友人などの身近な人に相談しましょう。
たとえ直接の解決に繋がらなくても、誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなる可能性があります。
一人で悩みを抱え込むよりも、親しい人に受け止めてもらうほうが賢明です。

 

職場の信頼できる人に頼る

上司や先輩、同僚など、職場に信頼できる人がいる場合は、遠慮せずに頼りましょう。
同じ環境に身を置いて働いている人に相談すれば、話して気が楽になるだけでなく、的確なアドバイスを貰える可能性もあります。
また、受け持った業務が自分では抱えきれないと感じたときは、思い切って周囲の人にお願いしてみましょう。

 

趣味の活動でリフレッシュする

趣味に打ち込んでリフレッシュするのも、おすすめの対処法です。趣味の活動でリフレッシュする
たとえば、体を動かすのが好きならスポーツをする、家で過ごすのが好きなら映画や音楽鑑賞などを楽しむ、旅行が好きならお金と時間の余裕を見て行きたいところに出かけるなど、自分が好きなことに没頭して気分転換をすると良いでしょう。

 

業務や仕事の配分を考え直す

仕事が遅い、思うようにこなせないと感じている場合は、業務や仕事の配分を考え直してみるのも1つの手です。
たとえば、処理できる業務量を調子が良いときに合わせて考えてしまっている可能性もあります。調子が悪いときやミスがあったときにも対応できるよう、余裕をもって業務のスケジュールを考えると良いでしょう。
また、抱えている仕事に優先順位をつけることで、1日の最低限のタスク量を明確にできます。
ほかには、仕事が速い同僚や先輩にアドバイスをもらうのも有効です。それでも処理しきれなかった場合は、上司に相談して業務の配分を見直してもらいましょう。

 

一度仕事を休んでみる

どうしても仕事がつらいなら、思い切って休みを取るのも効果的です。
なかなか取れなかった休息をたっぷり取る、好きな時間までゆっくり眠る、自分の好きなことに没頭するなど、思うままに過ごすのも良いでしょう。
たまには仕事のことを考えない日をつくり、自分を休ませてあげることも大切です。

 

転職を検討する

自分の努力だけでは改善できないことが原因で悩んでいる場合は、転職して環境を変えるという選択肢も視野に入れましょう。
心身に限界を感じている場合、転職活動に踏み切るのが億劫になってしまう恐れもあります。そのため、「転職したい…」と考えているなら、限界が訪れる前に決断しましょう。

仕事を辞める前に原因を考えてみよう

仕事を辞める前に、仕事に限界を感じた原因を考えてみましょう。
原因をきちんと追求しないまま転職活動を始めると、現状を改善するためではなく、ひとまず現状から逃げ出すことが目的になってしまう恐れがあります。
余裕を持って転職活動に臨めるよう、「辞めたい」と思った段階で少しずつ準備を進めていきましょう。

限界を感じている状況での転職活動がつらいと感じたときは、転職エージェントを活用するのも1つの手です。面接スケジュールの調整や応募する会社の提案など、転職時に悩みがちな部分のサポートを受けられるので、転職活動の負担が軽減されるでしょう。
特に20代の方には、転職エージェントの「ハタラクティブ」がおすすめ。若年層の正社員就職・転職に特化したエージェントなので、業界・業種未経験の方も応募できる求人や、経歴を問わないポテンシャル採用を行っている求人も多数取り揃えています。
求人を出しているのは実際に取材を行った企業のみなので、安心です。
ハタラクティブでプロの転職アドバイザーと相談しながら、あなたらしく働ける場所を探してみませんか?

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ