仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?相談先もご紹介

仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?相談先もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事の限界が来ているサインには、睡眠不足や身体のだるさなどがある
  • 仕事に限界を感じたときのサインを見逃すと、精神や身体に影響が出る場合がある
  • 仕事で限界を迎える前に、人に相談したり休暇を取ったりしよう
  • 精神や身体へ悪影響が出ている場合は医師の診断を受けるのも選択肢の一つ
  • 自分の力だけで解決できない場合は、転職を検討しよう

「この仕事を続けるのは限界かも…」と感じている方もいるでしょう。自分は大丈夫だと思っていても、無意識のうちに仕事で無理をしている人はいます。また、職場の労働環境や人間関係に問題があると、仕事に限界を感じる原因になり得るでしょう。

このコラムでは、仕事に限界を感じるサインや対処法をご紹介。心身に影響が出る前に対処すると、現状の改善につながる可能性があります。ぜひ自分に合った解消法を見つけてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事の限界が来ているときのサインは?

仕事の限界が来ているときのサインは?の画像

仕事で限界が来ているときのサインには、いろいろな種類があります。以下を参考に、自分に当てはまるものがないか確認してみましょう。ただし、ご紹介する内容は人によって異なるため、あくまでも一例として参考にしてください。

不眠・睡眠の質の変化

眠れない日が続いたり、夜中頻繁に目が覚めたりする場合は注意が必要です。仕事が原因でストレスを感じ、睡眠不足になると緊張状態が続いてしまいます。睡眠が不足していると心身の疲れが解消されず、仕事や自身の健康状態に支障が出る恐れもあるでしょう。

集中力が低下しミスが増える

集中力の低下により仕事のミスが続くと、限界を感じている可能性があります。ミスを多発すると上司や先輩からの注意が増え、追い詰められたように感じてしまう人も。頭が回らない状態でミスが続くと、自己評価の低下につながることもあるでしょう。

食欲不振・吐き気

仕事に限界を感じて強いストレスを受けると、食欲減退や吐き気につながる場合もあります。食べ物を受けつけなくなると、栄養を体内に取り込めなくなるため心身状態が悪化してしまう可能性も。体重が減っていたり好物にも食欲を感じなかったりしている人は、注意が必要です。

頭痛がする

仕事に対する不安やプレッシャーが限界を迎えると、頭痛の症状が現れることもあります。仕事のストレスによる頭痛は、疲れが溜まりやすい時間に発生しやすいようです。不安やストレス、緊張を感じると、頭痛を引き起こす可能性があります。

笑うことが減る

笑う機会が減っているのも、仕事に限界を感じているサインでしょう。以前は楽しめていたドラマやバラエティ、趣味などに集中できなくなると、心の限界がきているサインといえます。興味・関心が薄れたり、憂鬱な気分が続いたりすることが長期化している場合は要注意です。

わけもなく涙が出る

わけもなく涙が出ると、仕事に対する限界が来ているサインといえるでしょう。限界の状態が続くと、感情とは関係のない場面で泣いてしまうことがあります。悲しいわけでもないのに涙が出る場合は、心身によるSOSと捉えましょう。

イライラしやすくなる

他人の何気ない言動や身近な生活音など、日常の些細なことにイライラしやすくなっている場合も注意が必要です。十分な睡眠や休暇、リフレッシュができていないと疲れが蓄積し、心にゆとりが持てなくなっている可能性も。イライラしていると周囲にも伝わるため、自分だけでなく職場の環境を悪くしてしまう場合があります。

身体のだるさを感じる

運動量や仕事量が多いわけでもないのに身体が重かったり、睡眠時間を確保しても疲れが取れなかったりすると、限界が近いサインの可能性があります。繁忙期に疲れてしまうのはよくあることですが、疲労状態が毎日続く場合は注意が必要です。

体重の急激な変化

ストレスが限界に達すると、体重が急激に増減することもあるようです。甘いものの摂取量が増えたり、食べる量は変化していないのに体重が増えたりする場合は、仕事のストレスが関係している可能性があります。過度なストレスを自覚している際は、体重の変化にも目を向けましょう。

無気力な状態になる

「モヤモヤが晴れない」「何をしても楽しいと感じられない」といった無気力な状態が続いている場合は、限界が来ているサインといえるでしょう。憂鬱な気分が長期化すると、健康状態に影響する場合があるため注意が必要です。

プライベートや趣味を楽しめなくなる

プライベートの時間や趣味を楽しむ時間に仕事のことを考えるようになっていたら、限界を示すサインの可能性があります。終業後や休日に、仕事について全く考えないことは珍しいでしょう。

しかし、仕事のことを考える時間が増えたり精神的に影響を受けたりしていると、心や脳は勤務中と変わらない状態といえます。また、仕事に関する夢を頻繁に見る場合も限界のサインと捉えると良いでしょう。

仕事のストレスに関しては、「仕事で疲れるのはなぜ?その原因と何もしたくないときの対処法を解説!」や「仕事に興味がない…続けるデメリットは?パターン別の対処方法も解説」のコラムにも詳しく記載しています。
仕事による限界の基準は人それぞれであることや、自分で立ち直るための方法をご紹介しているので、こちらのコラムと合わせてご一読ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が限界だと感じる5つの理由

仕事が限界だと感じる5つの理由の画像

仕事をするうえで、ストレスなく働ける人は少ないでしょう。ここでは、仕事が辛くて限界と感じる代表的な5つの理由をご紹介します。

1.自分の能力を周りの仲間と比較する

自分と周りの仲間の能力を比較すると、気持ちが辛くなり仕事に限界を感じることがあります。たとえ自分の仕事が上手くいったとしても、「ほかの人が行えばもっと良い結果になったのではないか。」「本当にこれで良いのだろうか。」という考えになり、苦しい思いをしてしまいかねません。他人と比べて辛くなるということは、自分への自信を失い始めている可能性があります。

2.会社の労働環境が劣悪

会社の労働環境によって、仕事に限界を感じることがあるでしょう。同じ業種や職種であっても、労働環境や待遇は会社ごとに異なります。

たとえば、人手不足の影響でサービス残業が多かったり、昇給・賞与への望みが薄かったりすると、働く目標やモチベーションを見失ってしまうでしょう。モチベーションが低下すると仕事の質や内容に影響し、社内での自分の評価を落とす恐れがあります。

3.職場の人間関係に問題がある

職場の人間関係も、仕事に限界を感じる理由の一つです。特に、仲間と協力しながら成功へ導く仕事の場合は、人間関係が上手く築けていないとストレスを抱えてしまうでしょう。

また、周囲の評価を気にし始めると、成果を出すことばかりに目がいってしまい余計にミスを誘発する可能性があります。

4.不得意な業務を任されている

得意ではない、苦手な業務を任されてうまくいかないことにストレスを感じている可能性もあります。人間だれしも得意・不得意があるもの。現在の業務がやりたいことや好きな業務ではない場合、モチベーションの低下や効率良く進まないことが原因で負担を感じることがあるでしょう。

このような場合は、今の仕事に対するやりがいや興味を持てるように意識したり、転職で環境を変えたりする必要があります。やりたいことが決まっている場合は、まず希望する部署への異動が可能か会社に相談してみましょう。異動が難しい場合は、思い切って転職を検討するのも一つの手段です。

5.キャリアアップの見通しが立たない

業務を一生懸命こなしていても、正当に評価されていないと感じればモチベーションも下がってしまいます。仕事への意欲が低下すれば作業効率も落ち、さらに業務時間が長くなるという悪循環に陥ってしまうでしょう。

もしも、仕事の成果ではなく上司との関係性で評価されるような職場であれば、転職を検討しましょう。仕事に対する苦手意識がないのであれば、成果を正当に評価してもらえる会社に転職することでモチベーションが上がり、さらなるキャリアアップが望めます。

仕事が限界である状態に気づけない理由

ストレスを溜め込むことが当たり前になっていたり、「辛いのはみんな同じ」と考えていたりすると、仕事で限界が来ても気づけなくなってしまうようです。自分に当てはまっていないかどうか、確かめてみましょう。

ストレスを溜め込むことが当たり前になっている

ストレスを溜め込む生活が習慣化すると、限界の状態が来ても気づけなくなります。仕事が限界でも、「納期を守らなければいけない」「お客さまに迷惑をかけてはいけない」などと思い続けることで、そのストレスが常態化してしまうのです。

仕事だからと割り切ることも重要ですが、感情に蓋をし過ぎると限界のサインを見逃す可能性があります。体調面や精神面が以前と変わっていると感じる場合は、状況に合わせて早めに対処しましょう。

「辛いのはみんな同じ」と考えてしまう

他人を思いやる気持ちが強かったり、周囲の仕事の進捗をよく見ていたりする人は、「辛いのはみんな同じ」と考える傾向にあるようです。そのため、自分が限界であってもそれに気がつかず無理をし続けてしまいます。

周りのことを考えて気配りができるのは良いことですが、自分の心に限界が来ていないかどうかを考えることも大切ですよ。

仕事の限界を超えるとどうなる?

心身へのストレスが限界に達すると、出勤すること自体が難しくなる恐れがあります。仕事を休みがちな状態から、次第に起き上がる気力すらなくなってしまう可能性も。人によっては、一度休むと行けなくなるという場合もあるようです。

仕事が限界だと感じる原因がすべて自分にあると思い込むと、気持ちが塞ぎ込んでなかなか解決につながらなくなってしまいます。責任を自分一人だけのものと捉え、辛い状況に耐え続けるのは避けましょう。

「仕事に対するストレスやモヤモヤをどうにかしたい…」と感じている方は、限界を感じる場面や対処法についても解説している「体力の限界?仕事に疲れたら読むコラム」をご一読ください。

仕事の限界を感じるときに避けたいこと

仕事の限界を感じると、何も手につかず気分が落ち込むこともあるでしょう。しかし、その状況下のなかで無理をすると、さらにストレスを生み出してしまう可能性があります。

心身への負担を増やさないためにも、以下のような行動は避けましょう。

連絡をせずに仕事を欠勤してしまう

仕事に限界を感じても、会社を無断欠勤するのは避けましょう。無断欠勤をすると事件や事故に巻き込まれたのではないかと心配されるだけでなく、「社会人としての責任感がない」と周囲からの信頼を失ってしまう可能性があります。

そのようになると、仕事が限界である現状を伝えても、理解を得てもらえない恐れがあるでしょう。自分の立場を悪化させないためにも、ルールに沿った手順を踏むことが大切です。

自分を責めてしまう

「仕事が限界だと感じるのは自分のせい」と決めつけるのは辞めましょう。自分に非があると思い込むと、気持ちが塞ぎ込み、何も行動できなくなってしまいます。

現状に対して「自分だけが悪い」と考える必要はありません。まずは今の状況を正しく把握したうえで、「仕事が限界だと感じる原因」を探ってみましょう。

辛い現状を我慢し続けてしまう

限界であるにも関わらず、そのまま我慢し続けると、体調を崩してしまう可能性があります。また、精神的に追い詰められ、精神面に不調が出る恐れも。耐えることは、辛い現状の改善にはつながりません。無理をせず、自分の気持ちに素直に従うことが重要です。

仕事で精神的に限界を感じるときの7つの解決法

仕事で精神的に限界を感じるときの7つの解決法の画像

仕事に精神的な限界を感じているときは、自分に合った解消法を見つけることが大切です。以下では、心身のストレスを解消する7つの方法をご紹介します。

1.ストレスの原因を突き止める

人間関係や業務量、評価制度など、仕事によるストレスの原因は人によって異なります。ストレスの原因が掴めれば、具体的な解決策を見つけやすくなるでしょう。

たとえば、仕事量が多く手が回らないことが原因であれば周囲に協力を求めたり、職場内の人間関係が原因であれば異動をお願いしてみたりと、明確な対策ができます。

2.限界を迎える前に仕事を休む

どうしても仕事がつらいなら、限界を超える前に思い切って休みを取得するのも効果的です。有給休暇を検討するのも良いでしょう。

休んだ日は自分の好きなことに没頭したり、好きな時間まで眠ったりするなど、思うままに過ごすのがおすすめです。仕事について考えない日をつくり、自分を休ませるのも大切ですよ。

3.仕事を引き受け過ぎない

仕事は引き受け過ぎないようにしましょう。担当する仕事が増えると精神的に参ってしまい、終わらせなければならないプレッシャーや焦りから、判断力が落ちる可能性もあります。勤務時間内は仕事に精一杯取り組み、オンオフの切り替えを心掛けると精神面への負担が軽減するでしょう。

4.プライベートを最優先に考えてみる

仕事とプライベートは分けて考えましょう。仕事をするのは何のためであるかを考えると、モチベーションアップや維持につなげられる可能性があります。

また、終業後の楽しみを用意するのもおすすめです。食事や買い物、趣味を満喫するなど楽しみがあれば、仕事を乗り切る糧になるでしょう。

5.カウンセラーや身近な人に相談する

仕事が限界と感じているときは、カウンセラーや身近な人に相談してみましょう。ストレスを抱え込まないためには、自分の気持ちを素直に吐き出すことが重要です。カウンセラーに相談すれば、専門家ならではの視点から的確なアドバイスを受けられます。

カウンセラーへの相談に抵抗がある方は、家族や友人といった身近な人でもかまいません。もし解決につながらなくても、誰かに話を聞いてもらうだけで気持ちが軽くなることもあります。

職場に信頼できる人がいるなら相談してみよう

上司や先輩、同僚など職場に信頼できる人がいる場合は、その人達を頼るのも一つの手です。たとえば、受け持った業務が自分では抱えきれないと感じたときは、思い切って周囲の人にお願いしてみましょう。同じ環境に身を置いている人に相談すれば、どのように困難を乗り切ったか具体的な話を聞ける場合もあります。

6.医師の診断を受ける

カウンセラーへの相談や休息だけでは改善しない場合、医師の診断を受けるのも一つの方法です。仕事が原因で心身が限界を迎えているときは、メンタルヘルスを専門とする心療内科や精神科に相談しましょう。

また、診断を受ける前に心身の変化をメモしておくのがおすすめです。いつごろにどのような症状が表れたのかを、医師へ的確に伝えられますよ。

7.転職をして環境を変える

職場の労働環境や人間関係など、自分の努力だけでは改善できないことが原因で悩んでいる場合は、転職も視野に入れましょう。心身に限界を感じている場合、転職活動に踏み切るのが億劫になってしまう恐れもあります。

そのため、「転職したい」と考えているなら限界が訪れる前に決断しましょう。転職すれば職場環境も変わり、自分の能力を発揮しながら働けます。
仕事に限界を感じ退職したいと考えている方は、「ストレスで退職したいときの5つの対処法!円満退社をするコツは?」をご一読ください。

仕事が限界なら転職エージェントに相談してみよう

仕事が限界なら転職エージェントに相談してみようの画像

「仕事に限界を感じるので職場を変えたい…」と考えている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、転職エージェントを活用するメリットについてご紹介します。

今の会社での悩みを相談できる

転職エージェントを利用すると、今の会社での悩みを相談しながら転職活動を行えます。専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行うため、「残業が多い」「良好な人間関係が築けない」といった現職の不満を伝えやすいでしょう。転職エージェントによってはチャットツールを通じてやりとりができるため、些細な疑問や悩みを相談しやすいのもメリットです。

希望に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、希望条件に合った会社や求人を紹介してもらえます。カウンセリングを通じて仕事に対する姿勢や方向性、転職したい理由などを整理する流れが一般的です。

募集要項には載っていない「社風」「雰囲気」も含めて、一人ひとりの働き方に合った会社や仕事、求人を紹介してくれるため、ミスマッチを防ぎやすいでしょう。

効率的な就活で早めに環境を変えられる

転職エージェントは、アドバイザーが書類添削や面接対策も行ってくれるため、効率的な転職活動が可能です。また、エージェントは採用側の目線で求職者をサポートするので、1人で転職するよりも書類や面接の内容を掘り下げられます。

「志望動機がなかなか思いつかない…」「面接練習をしてから本番を迎えたい」といった方には、特におすすめです。効率的に就職活動に取り組めれば、早期転職を実現できる可能性が高まるでしょう。

今の仕事で限界を感じているなら、早めに環境を変えるのが賢明です。自分の希望に合った転職先を探したい方は、転職エージェントのハタラクティブへご相談ください。

フリーターや既卒、第二新卒などの若年層に特化したハタラクティブでは、アドバイザーとのカウンセリングや求人の紹介、会社とのやり取りの代行など、手厚いサポートを提供しています。

入社後のアフターフォローにも対応しているので、次の転職が不安な方におすすめです。「現状から脱したい」「転職して無理なく働きたい」とお考えの方は、ぜひハタラクティブを活用してみてください。

こんなときどうする?仕事に限界が来たときのQ&A

仕事に対するストレスの度合いは人それぞれです。ここでは、仕事に限界が来たときに関するお悩みをQ&A形式でご紹介します。

仕事に限界が来てもう辞めたいです…

仕事に限界が来ているときは、労働条件や職場環境を振り返ってみましょう。仕事を続けるのが難しいと感じる場合は、無理をしないことが大切です。転職を検討する場合は自己分析を行い、自分に合った仕事探しにつなげましょう。

詳しくは、「仕事がしんどいと感じるのはなぜ?『辞めたい』と思ったときはどうする?」をご覧ください。

仕事が限界で辞めるのは甘えですか?

甘えではありません。仕事で限界を感じたら、心身に何かしらの症状やサインが表れ始めるでしょう。イライラしやすくなったり無気力な状態が続いたりするときは、身近な人に相談するのがおすすめです。人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になることもあります。

仕事が限界で転職するか迷っている方は、「仕事をすぐ辞めるのは甘え?主な理由や転職のための改善策を紹介!」をチェックしてみてください。

仕事に限界が来るのは自分の能力不足のせいですか?

能力不足のせいではありません。自分の能力の限界を感じたときは、仕事を効率良く進めている人に相談したり、自分の得意な分野を伸ばしたりするのがおすすめです。それでも解決できない場合は、転職を検討してみても良いでしょう。

仕事で限界を感じている方は、「仕事についていけない!能力不足に悩まないための解決策」を参考にしてみてください。

職場に改善が見られないので転職したいです!

「自分の頑張りに対して評価が得られない」「業務負荷が高く体力が追いつかない」といった不満や疲労を抱えている人は、早めの転職を検討しましょう。

在職中に転職をするのか、退職後に離職をするのかは、自身の忙しさや金銭面から考えることが大切です。現在の職場に不満を抱えていたとしても、転職時期は繁忙期を避けて円満退職を心掛けましょう。

転職活動を効率的に進めるなら、ハタラクティブへお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ