仕事をすぐ辞める人の特徴は?甘えが理由?改善策や転職のポイントを紹介!

仕事をすぐ辞める人の特徴は?甘えが理由?改善策や転職のポイントを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事をすぐ辞める人は、自分と職場のミスマッチや人間関係に不満を持つ傾向がある
  • 仕事をすぐ辞めると、スキル不足や印象の悪化により転職難易度が上がるリスクがある
  • 心身の健康に影響が出ている場合は、仕事をすぐ辞める判断をしても良い
  • 仕事をすぐ辞めるのではなく、休息をとったり職場環境を変えたりする改善も重要

「入社したばかりなのに仕事を辞めたい」と悩む方や、仕事をすぐ辞める同僚や知人に「甘えているのではないか」と懸念を抱く方もいるでしょう。早期退職は、仕事を辞める本人と周囲、どちらにとっても避けたいものです。しかし、根本的な原因を理解しなければ解決は難しいでしょう。このコラムでは、仕事をすぐ辞める人の特徴や退職理由、改善策を解説しています。早期退職を防ぐ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事をすぐ辞める人の7つの特徴

仕事をすぐ辞める人の7つの特徴の画像

仕事をすぐ辞める人には、以下のような特徴があります。

上昇志向が強く理想が高い
我慢や改善が苦手
やりたい仕事が分からない
辞め癖がある
飽きやすい
コミュニケーションが苦手
被害者意識が強い

詳細は以下をご覧ください。

1.上昇志向が強く理想が高い

上昇志向が強く理想が高いのは、仕事をすぐ辞める人によく見られる特徴です。上昇志向や高い理想を持つのは決して悪いことではありません。しかし、すぐに職場環境に不満を抱いたり、早々に現職に見切りをつけたりするのは望ましくないでしょう。転職後の会社が自分の理想どおりとは限らないので、「今の職場でやり残したことはないか」を落ち着いて考えるのが賢明です。

2.我慢や改善が苦手

仕事をすぐ辞める人は、我慢や改善が苦手な傾向にあります。そのため、問題や不都合が起こった際に向き合えず、すぐに退職という手段を選んでしまうようです。しかし、ある程度の我慢や改善をしないと、転職後も同じ理由ですぐ辞めることになる恐れがあるでしょう。

3.やりたい仕事が分からない

仕事をすぐ辞める人は、自分のやりたい仕事が分かっていない可能性があります。やりたいことが分からないまま求人を選ぶと、やりがいが感じられなかったり自分に合わなかったりして、働くのが苦痛になってしまうからです。「やりたい仕事は分からないけど、現職より自分に合う仕事がある気がする」という漠然とした思いから、すぐに転職してしまう場合もあります。

4.辞め癖がある

仕事をすぐ辞める人のなかには、いわゆる「辞め癖」がついている人もいます。何か辛いことがあるとすぐに辞めたくなってしまい、根本的な原因や仕事の適性を冷静に判断しないまま、退職を繰り返してしまうのが特徴です。一度辞め癖がつくと、「とにかく辛いことから逃げたい」という気持ちから、躊躇なく退職に踏み切る傾向があります。このコラムの「1.辞め癖がつく可能性がある」もあわせて確認してみてください。

5.飽きやすい

物事に飽きやすいのも、仕事をすぐ辞める人の特徴です。飽きやすい人は、仕事を退屈に感じたり、ほかのことに興味を持ったりしてしまいます。特に、入社直後は基本的に簡単な仕事しか任されないため、短期間で飽きて退職を考えてしまうようです。

6.コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人も、仕事をすぐ辞める傾向があります。1日の多くの時間を過ごす職場での居心地は、仕事を続けるにあたって非常に重要です。コミュニケーションが苦手だと、業務に必要な質問や報・連・相が適切にできず、仕事に影響が出ます。上司や同僚と上手く連携が取れず、孤独感をつのらせて、結果的に早期退職してしまう場合が多いようです。

7.被害者意識が強い

業務で失敗したり、叱責を受けたりしたときに自分の責任を受け入れられない人も、仕事をすぐ辞める傾向があるようです。ミスが起きたときには、その状況を受け止めて原因を分析し、反省・改善するのが一般的な対応でしょう。しかし、被害者意識が強い人は、自分の失敗でも相手に責任転嫁しがちです。そのため、現状に不満を抱きやすく、早期退職につながるといえます。

仕事をすぐ辞める人の特徴は「仕事が続かない人の特徴とは?対処法を知って長く働ける会社を選ぼう」でも詳しく紹介しているので、チェックしてみてください。

仕事をすぐ辞める人の割合は?

厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況を公表します『学歴別就職後3年以内離職率の推移』(1p)」によると、2020年における新卒者の就職後1年以内の離職率は、中卒が31.0%、高卒が15.0%、大卒が10.6%でした。基本的に、最終学歴が低いほど就職後1年以内の離職率は高くなるようです。

参照元
厚生労働省
新規学卒就職者の離職状況を公表します

仕事をすぐ辞める人の主な7つの退職理由

仕事をすぐ辞める人の主な7つの退職理由の画像

仕事をすぐ辞める人の退職理由は、仕事内容や人間関係に関するものが多いようです。ここでは、仕事をすぐ辞める人の主な退職理由を7つ紹介します。

1.仕事内容が気に入らない

「入社前に思い描いていた仕事のイメージと現実が異なる」というように、業務内容が気に入らないのを理由に、仕事をすぐ辞める人もいます。仕事内容が気に入らないのは、求人を選ぶ際の自己分析や企業研究が不十分であることが原因の一つです。自分に合う仕事を見つけたい方は、このコラムの「仕事をすぐ辞めるのは卒業!自分に合う職場を探すコツ」をチェックしてみてください。

2.人間関係に不満がある

仕事をすぐ辞める人のなかには、人間関係に不満があって退職する人も。先述のとおり、職場では一日の大半を過ごします。そのため、職場の人間関係が上手くいかないと出社自体が辛くなって、退職につながってしまうようです。なお、仕事をすぐ辞める癖がある人に限らず、対人関係を理由に退職を決意する人は多くいます。

3.労働時間が長い

労働時間が長くて体力的に辛い、上手く気分転換ができないといった理由から、仕事をすぐ辞める人もいます。長過ぎる労働時間は心身に大きな負担が掛かるので、体調を崩してしまう前に退職の決断をする場合が多いようです。

4.給与が少ない

仕事をすぐ辞める人は、給与の少なさをネックに感じている場合もあります。仕事の大変さに給与が見合っていないとモチベーションは上がらないもの。また、なかなか昇給しない場合も仕事のやりがいを感じにくくなるので、退職の検討につながります。

5.社風が合わない

仕事をすぐ辞める人は、社風と自身の価値観が合わないと感じている場合があります。やりがいをもって働くうえで、会社の運営方針は非常に重要です。特に、その会社の未来に関わっていく立場であれば、方針に違和感を抱いてしまうとストレスを感じることもあるでしょう。また、社風は従業員の勤務態度や職場の雰囲気にも大きな影響を与えます。自分の価値観と大きく異なる社風だと、同僚たちと上手くやっていけず、より仕事の辛さを感じるでしょう。

6.働くことに疲れた

働くこと自体に疲れて仕事をすぐ辞める人もいます。特に、新社会人は覚えることが多いうえ、これまでと違う生活リズムに疲れを感じやすいでしょう。社会人経験がある人でも、役職や仕事内容によっては大きなストレスを抱えてしまい、退職につながる可能性があります。

7.怪我や病気で辞めざるを得なかった

怪我や病気で仕事を辞めざるを得なかった人もいます。身体が弱く体力を消耗しやすい、精神的ストレスを感じやすいといった症状があれば、早期退職につながりやすいでしょう。そういった場合は、仕事をすぐ辞める自分を責めずに、身体・精神の療養を優先するのも大切です。

よくある退職理由は「仕事を辞めたいのは甘え?辞めるべきかどうかの判断基準を解説」でも紹介しています。仕事を辞めるとき、「甘え」と判断されやすい退職理由もまとめているので、参考にしてみてください。

仕事をすぐ辞めるメリットは?

仕事をすぐ辞めるメリットは?の画像

仕事をすぐ辞めるメリットには、以下のような点が挙げられます。

身体的/精神的ストレスから解放される
現職より自分に合った仕事に転職できる
新卒入社した会社をすぐ辞める場合は「第二新卒」として転職できる

ストレスの原因から離れられたり、改めて適職を検討し直せたりするのは、仕事をすぐ辞めるメリットといえるでしょう。また、すぐ辞めた場合は、第二新卒として転職活動を行えるのも有利な点です。第二新卒は、「若手でありながら、新卒よりも社会人マナーが身についている人材」として、転職市場で重宝される傾向があります。ただし、新卒時よりも就職先の選択肢が狭まったり、前職の在職期間や退職理由などによっては、企業にマイナスイメージを与えてしまったりすることもあるので注意しましょう。

仕事をすぐ辞めることで生じる6つのリスク

仕事をすぐ辞めることで生じる6つのリスクの画像

仕事をすぐ辞めることには、メリットよりもリスクのほうが多いと考えられます。退職すれば一時的にストレスや嫌なことからは解放されますが、早期退職を繰り返すと、転職に影響する事態も起こりうるでしょう。ここでは、仕事をすぐ辞めることで生じる6つのリスクについて詳しく解説します。

1.辞め癖がつく可能性がある

仕事をすぐ辞めると、辞め癖がついてしまうリスクがあります。早期退職は、本当に自分がその仕事に向いていないのか、ただ仕事が嫌になっただけなのか判別しにくいのが難点です。辞め癖がつくと、「嫌になったらすぐ辞めれば良い」という思考になりやすく、仕事を続けるのが難しくなってしまいます。

2.早期退職が続くと次の仕事が決まりにくい

仕事をすぐ辞めるのを繰り返すと、次第に次の仕事が決まりにくくなります。前職の在籍期間が短いと、多くの採用担当者は、「十分なスキルを得られていないのでは」「採用してもまたすぐ辞めるのではないか」といった懸念を抱くからです。仕事をすぐ辞める人は、転職難易度が上がるリスクもしっかりと認識しておきましょう。

3.失業保険を受け取れない

仕事をすぐ辞めると、雇用保険に加入していても失業保険を受け取れない可能性があります。厚生労働省の「Q&A~労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当)~『Q2 雇用保険(基本手当)の受給要件を教えてください。』」によると、失業保険の受給条件は、「離職前の2年間に雇用保険加入期間が12ヶ月以上あること」です。つまり、入社から1年以内に離職してしまうと、退職後に失業保険を受給できません。
失業保険の受給条件は「知らなきゃ損!失業保険受給の条件とは」で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

転職にはお金が掛かるので注意

転職には、「交通費」「宿泊費」「応募書類の郵送費」などの費用が必要です。転職活動が長引けば、数万円ほどの費用が掛かることも。失業保険があれば賄えますが、そうでない場合は貯金を切り崩したり、アルバイトをしたりしながら転職活動をする必要があります。経済面が不安定になると、焦って自分に合わない転職先を選んでしまい、再び仕事をすぐ辞める事態につながる可能性があるので注意しましょう。転職にかかる費用は「スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?」のコラムを参考にしてください。

参照元
厚生労働省
Q&A~労働者の皆様へ(基本手当、再就職手当)~

4.今の会社の良さに気付けない

仕事をすぐ辞めると、今の会社の良さに気付けないリスクがあります。自社の優れた点を客観的に見られるようになるには、一定の期間が必要です。仕事を辞めてから「業界内でトップクラスのホワイト企業だった」「実は働きやすい労働環境だった」と気付けば、退職を後悔するでしょう。また、「実は自分と相性の良い仕事で、もう少し続けていればやりがいに気付けた」という可能性も。不満があるからといってすぐに見切りをつけず、慎重に会社の良さや自分との相性を見極めましょう。

5.スキルが身につきにくい

スキルが身につきにくいのも、仕事をすぐ辞めるリスクです。スキルを得られないまま退職してしまうと、転職活動でアピールする材料が少なくなり、再就職が難しくなる可能性があります。特に、30代以降は、転職活動でスキルや実績が求められる傾向にあるので注意が必要です。

6.次の仕事が自分に合うとは限らない

仕事をすぐ辞める人は、次の仕事が自分に合わないリスクがあることも頭に入れておきましょう。前項では、仕事をすぐ辞めるメリットとして、自分に向いている仕事に転職できる点を挙げました。しかし、十分に準備を行わないまま転職すると、「むしろ前職のほうが良かった」と後悔する場合もあります。

仕事をすぐ辞めるリスクや、早期退職後の転職活動のコツは「転職失敗後すぐの再転職は不利?そのリスクや今後の就活ポイントを解説」でも詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

仕事をすぐ辞めるべきタイミング

仕事をすぐ辞めるべきタイミングの画像

先述のとおり、仕事をすぐ辞めるリスクは多いため、なるべく早期退職は避けたいものです。しかし、状況によってはすぐに退職を決めたほうが良い場合も。ここでは、仕事をすぐ辞めるべきタイミングを紹介します。

今後のキャリアアップが見込めないとき

現職を続けていても自分の望むキャリアアップが見込めない場合は、すぐ辞めるのも選択肢の一つです。たとえば、「やりたい仕事があるのに、現職の業務範囲では実現できない」「大きなチームのマネジメントに挑戦したいのに、今の会社規模では叶わない」といった明確な理由があれば、ステップアップのための転職を視野に入れても良いでしょう。

問題が一向に解決されないとき

「スキルを十分に発揮し、会社に交渉もしているのに給与が上がらない」「タスク管理を徹底し、業務を効率化しているのに残業が減らない」など、改善を図っても仕事上の問題が一向に解決されない場合は、仕事をすぐ辞める判断をしても良いといえます。より良い条件の求人を見つけて、転職活動を開始しましょう。

健康に影響が出ているとき

仕事による身体的・精神的ストレスが原因で健康に影響が出ている場合は、仕事をすぐ辞める判断をするのが良いでしょう。健康を害すると、仕事を続けること自体が困難になる可能性があるため、早めの決断が重要です。

自分の人生を優先した決断も必要

仕事をすぐ辞めるべき状況にもかかわらず、「周囲に迷惑をかけてしまう」といった罪悪感から退職をためらう人もいるでしょう。しかし、どのような会社も退職者の穴を埋めながら経営を続けていくもの。思いつめ過ぎず、「自分の仕事は誰かがカバーしてくれる」と気持ちを切り替え、自身の人生を優先するのも大切です。

仕事をすぐ辞めるべきかどうかを判断するポイントは、「仕事の辞めどきを見極める3つのポイントを解説!簡易的な診断方法もご紹介」でも解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

仕事をすぐ辞める前に転職先を決めよう

仕事をすぐ辞める前に転職先を決めようの画像

仕事をすぐ辞めると決めた場合でも、転職先を見つけてから退職手続きをするのが得策です。次の職が決まっていないまま仕事をすぐ辞めると、転職するまでの収入が途絶えてしまいます。現職を続けながら転職活動をすれば、活動時間は限られますが、収入が途切れることはありません。そのため、焦らず落ち着いて自分に合った求人を見極めやすくなります。働きながらスキルを高めて、転職までにアピールポイントを増やしておくのも良いでしょう。

効率的な転職活動にはエージェントの利用がおすすめ

「仕事をすぐ辞めるために、転職活動を効率的に進めたい」と考えている人には、転職エージェントの利用がおすすめ。多くのエージェントでは、キャリアアドバイザーが求職者に合った求人を紹介してくれるうえ、選考日程の調整や労働条件の交渉などを代行してくれます。そのため、現職が忙しかったり、転職が初めてだったりする場合も安心です。
転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」では、転職エージェントの使いこなし方を紹介しているので、あわせてご覧ください。

仕事をすぐ辞める癖を改善する6つの方法

仕事をすぐ辞める癖を改善する6つの方法の画像

仕事をすぐ辞める癖がある方は、退職に踏み切る前に改善策を講じましょう。ここでは6つの改善方法を紹介するので、自分の状況に合ったものを実行してみてください。

1.有給や休職で仕事から離れてみる

仕事が辛いときは、すぐ辞めるのではなく、有給を活用したり休職の手続きをしたりして、一時的に業務から離れてみるのがおすすめです。思い切って仕事から離れてみると、自分の状況を客観的に見られるようになり、仕事を続けるべきかどうかを冷静に判断できるようになります。心身ともにリフレッシュすれば、復帰後は業務へ前向きに臨める場合もあるでしょう。

2.ストレスを上手く解消する

ストレスがたまりやすくて仕事をすぐ辞めてしまう人は、自分なりのストレス解消方法を考えてみましょう。映画を観る、好きなものを食べに行く、友人とゆっくり話すなど、さまざまな方法を試してみてください。自分の性格や価値観に合った解消法をいくつか用意しておくと、ストレス耐性が高まり、仕事をすぐ辞める判断をしにくくなります

3.頑張り過ぎない

仕事をすぐ辞める原因がキャパオーバーである場合は、頑張り過ぎないことが大切です。入社したばかりの人や完璧主義の人など、頑張り過ぎてしまう傾向がある人は「初めは失敗して当たり前」「8割できていればOK」といった心持ちで働いてみてください。

4.周囲の人とコミュニケーションを取る

仕事をすぐ辞める癖を改善するには、周囲の人とのコミュニケーションも非常に重要です。周りと上手くコミュニケーションを取れば、業務を円滑に進められます。また、自分が相談しやすい雰囲気が出来たり、孤独を感じづらくなったりするというメリットも。人と会話するのが苦手な方も、最低限の報・連・相だけは欠かさず行い、信頼関係の構築を心掛けましょう。

コミュニケーション能力は「ポータブルスキル」

コミュニケーション能力は、どのような環境でも活かせる「ポータブルスキル」の一つです。将来、部署が変わったり転職したりする際にも役立ちます。そのため、仕事をすぐ辞める癖がある人は、意識的にコミュニケーション能力を高める努力をしてみると良いでしょう。詳しくは「コミュニケーション能力は誰にでも身につく!その高め方とは」のコラムを確認してみてください。

5.期間を決めて仕事を頑張る

仕事をすぐ辞める癖がある方は、初めに「頑張る期間」を決めるのもおすすめです。辛いことでも、終わりがあると思えば頑張れる可能性があります。決めた期間内は仕事を頑張り、「どうしても辛くてこれ以上は続けられない」と思った際に、改めて退職を検討してみましょう。

6.環境を変えてみる

現在の仕事が辛い場合は、その会社をすぐ辞めるのではなく、上司や人事部に部署の変更願や異動願を出してみましょう。労働環境を変えれば問題が解決する可能性があります。必ずしも自分の希望が通るとは限りませんが、早期退職の職歴を作らないために試してみる価値はあるでしょう。

仕事をすぐ辞める人の対策方法をさらに知りたい方は、「仕事を辞めたい方必読!状況の改善方法」のコラムをご参照ください。

仕事をすぐ辞めるのは卒業!自分に合う職場を探すコツ

仕事をすぐ辞めるのは卒業!自分に合う職場を探すコツの画像

ここでは、自分に合う仕事を探すコツを3つ紹介します。次の仕事はすぐ辞めることがないよう、慎重に転職先を選びましょう。

1.自己分析を徹底する

仕事をすぐ辞める人が自分に合う仕事を探すには、徹底した自己分析が重要です。自分のことをよく理解しないまま求職活動を進めると、再び自分に合わない仕事に就いてしまう可能性があります。自分の価値観や仕事に求めるものを理解したうえで転職活動をすれば、ミスマッチが起きにくくなるでしょう。効果的な自己分析のやり方が知りたい方は、「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」のコラムを確認してみてください。

2.企業選びの軸を明確にする

仕事をすぐ辞める理由が「自分と企業のミスマッチにある」と感じる人は、企業選びの軸をもう一度見直し、明確にしてみましょう。現職に就く前と後では価値観が変わっている場合もあるので、改めて今の自分が企業や仕事に求めるものを検討するのが重要です。給与や労働時間、やりがいといった条件のうち何を最優先するのか、最低限満たしたいのはどの条件かを整理しながら転職活動を進めましょう。

3.第三者に相談する

「仕事をすぐ辞めるのはもう終わりにしたいけど、続けられる仕事を見つける自信がない」と悩む方は、第三者に相談するのも手です。客観的なアドバイスをもらうことで、今まで気づかなかった自分の強みが見えたり、転職活動の方向性が定まったりします。周囲に相談できる人がいない場合は、ハローワークや転職エージェントといった就職支援機関に頼るのがおすすめです。

仕事をすぐ辞める状況を打開するために就職支援機関を利用しようと考えている方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層向けのエージェントです。専任のアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、求職者一人ひとりに合った求人を紹介します。ハタラクティブは、直接取材した企業の求人を取り扱っているため、社内の雰囲気や実際の仕事内容といった非公開情報をお伝えすることも可能です。選考対策や企業とのやり取りもアドバイザーが徹底的にサポートするので、転職活動が初めての方も安心してご利用ください。

仕事をすぐ辞めることに関するQ&A

ここでは、仕事をすぐ辞めるかどうかお悩みの方にありがちな疑問をQ&A方式で解決します。退職・転職を繰り返している人は参考にしてください。

仕事をすぐ辞めるのは甘えですか?

一概にそうとはいえません。性格や病気が関係している場合もあれば、会社側に問題がある場合もあるでしょう。「甘え」と決めつけたり無理に頑張ったりせず、原因を冷静に分析して、それに相応しい改善策をとることが最重要といえます。

早期退職のリスクは何ですか?

辞め癖がつくことやスキル不足になることが懸念されます。また、転職活動の際に、採用担当者から「採用してもすぐ辞めるのではないか」と不安視され、内定が遠のくリスクも考えられるでしょう。詳しくはこのコラムの「仕事をすぐ辞めることで生じる6つのリスク」をご覧ください。

仕事をすぐ辞めると給料は出ませんか?

数日でも出勤していれば、勤務時間分の給料は出るでしょう。ただし、無断欠勤など会社の罰則規定にかかる行為をしていると罰金を引かれる可能性もあるので注意が必要です。詳しくは「入社してすぐ退職しても良い?保険はどうなる?辞める理由の伝え方も紹介!」のコラムをご覧ください。

仕事をすぐ辞めるべき状況はありますか?

仕事によるストレスが原因で心身に支障が出ている場合は、すぐに退職しても良いでしょう。また、勤務先がいわゆるブラック企業であると感じるときには、転職の検討をおすすめします。「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」を参考に、自分の職場の状況を判断してみてください。

次の会社も早期退職しそうで不安です。

自分に合った職場を選べば、長く働ける可能性が高まります。自己分析や企業研究を丁寧に行い、やりがいを持って働ける仕事や、希望の労働条件が整っている企業を選びましょう。仕事選びに自信がない場合は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

関連タグ