仕事に行きたくない人は必見!休む理由と行きたくなくなる原因を紹介

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事に行きたくない人は必見!休む理由と行きたくなくなる原因を紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事に行きたくない日は無理をせず休む
    ・当日に休むときの理由は「体調不良」「通院」「家族の体調不良」などが定番
    ・事前に休み申請するときは「冠婚葬祭」「工事の立ち会い」などが考えられる
    ・仕事に行きたくない原因は「疲労の蓄積」「人間関係」など
    ・対処法として「嫌な仕事を早めに片付ける」「睡眠をしっかり取る」などを実践しよう

出勤前に「仕事に行きたくない」「会社を休むにはどうしたら良いんだろう」と悩んでいる人は、このコラムをチェック。
仕事に行きたくないときに使える理由、休んだ日にやってはいけないこと、会社を休みたくなる原因などを解説しています。
そのほか、試してほしい対処法もご紹介。突発的に仕事に行きたくないと感じることが多い人や慢性的に会社を休みたいと考えている人は、ぜひご一読ください。

◆仕事に行きたくないときは休む!

仕事を休みたいと思っても、高熱やインフルエンザなどの感染症ならばともかく、風邪や疲労では休んではいけないと考えている人もいるのではないでしょうか。
仕事への責任感は大切ですが、疲れが溜まっているときや外せない用事がある場合には、無理をせず休むのも選択肢の1つです。
明確な体調不良ではなかったとしても「今日は仕事に行きたくない」と感じているなら、1日会社を休んでみましょう。
気力が湧かないまま仕事に行っても、業務が滞ったり、ますます疲労を感じたりとあまり良い結果には結びつかない可能性があります。
無理をしてその後に悪影響を及ぼすより、休むことで心身をリフレッシュした方が会社、自分双方にメリットが大きいです。次の日以降の仕事のためと考え、無理せず休んで回復しましょう。

<関連記事>

◆仕事を休みたいときに使える理由

ここでは、仕事に行きたくないときに使える「会社を休む理由」をいくつかご紹介します。
当日に休みたいときと事前に休みたいと思っているときの2つの場合に分けてありますので、状況に応じて参考にしてください。

【当日に休みたくなった場合】

「朝起きたら身体の調子が悪い」「どうしても会社に行きたくない気分になってしまった」「なんとなくだるい…」など、突発的に会社を休みたくなるケースは珍しくありません。こんなときは、以下の理由を使ってみましょう。

・体調不良

最もポピュラーな理由が体調不良です。頭痛や発熱、腹痛などが定番でしょう。ただし、頻繁に使うと「体調管理ができていない」と評価されたり「仮病なのでは?」と疑われたりする可能性もあるので注意してください。

・通院

「体調不良があり念の為検査に行く」などの理由であれば、無理に出勤させられることはないでしょう。翌日、結果を聞かれても「悪い病気ではなかった」と答えられます。

・家族の体調不良

親や子供、祖父母の看病や病院への付き添いのためというのは、休む理由として有効です。自分の体調不良ではないので、演技や診断書が必要になることもありません。

・車、自転車、バイクの故障

車や自転車、バイクで通勤している人であれば、「通勤手段が故障して出勤できない」という理由も使えます。しかし、会社によっては電車での出勤や修理に出してから遅刻して来るように指示され、1日休むことはできないかもしれません。

【事前に休みを申請する場合】

「明日は休みたい」「来週の月曜は出社したくない」など事前に仕事に行きたくないと感じている場合は、以下のような理由で休み申請を出してはいかがでしょうか。

・冠婚葬祭があるという

事前に申請をすれば、冠婚葬祭での休み申請を咎められたり、拒否されたりすることはほとんどありません。企業によっては忌引き休暇などが設けられていることもあるでしょう。その場合、証明する書類が必要となる場合もあるので注意が必要です。
また、身内の葬式には会社から会場への電報や供花、上司の出席などの可能性もあります。冠婚葬祭を理由に使うときは、会社の制度や社風をよく確認しておきましょう。

・手続きを理由にする

免許の更新や役所での手続きなど、平日しか行えない用事は休みやすい理由です。ただし、こういった手続きは頻繁に発生するものではないので、使用頻度には気をつけてください。

 

・工事の立ち会い

一人暮らしの場合、水道やガスの工事、検査の立ち会いなども休みの理由にできます。半日~1日在宅している必要があり、業者が来る時間も分からないと伝えれば納得してもらえるでしょう。

<関連記事>

◆仕事を休んだ日にやってはいけない3つのこと

次に、仕事を休んだ日にやってはいけない3つのNG行動をチェックしていきましょう。

【1.休みの連絡をしない】

「気まずいから」「言いにくいから」などの理由で連絡をせずに休むのは厳禁です。無断欠勤は社会人としてのルール違反に当たります。会社からの評価が下がることはもちろん、上司や同僚に迷惑をかけることになるので絶対に避けましょう。

【2.行動的に出歩かない】

会社を休んだ日は日常的な買い物といった外出は必要最低限にとどめ、行動的に出歩かないことをおすすめします。特に、美容院やネイルサロンなど、外見が変わるものは控えてた方が無難です。欠勤した次の日に見た目が変わっていると、「会社を休んで行ったの?」といった不信感を上司や同僚に与えかねません。
また、外出している姿を誰かに目撃されてしまう可能性もあります。リスクを避けるためにも、自宅で過ごすようにしましょう。

【3.SNSを更新する】

会社を欠勤した日は、SNSの更新は控えるようにしましょう。SNSはいつどこで誰の目に留まるか分からないもの。「会社の人には教えていないから」「限定公開にしてあるから」などの油断は禁物です。
自分では繋がっていないつもりでも、知らない間にアカウントを特定されている可能性もゼロではありません。また、現時点では繋がっていなくても、今後繋がったときに過去にさかのぼってバレてしまうこともあるでしょう。インターネット上でもおとなしく過ごすことをおすすめします。

◆仕事に行きたくないと感じる3つの原因

仕事に行きたくない理由は人それぞれ異なるでしょうが、自分が会社を休みたいと考える原因を把握しておくと、どう対処法すれば良いのかが見えてきます。以下、仕事に行きたくないと感じる代表的な3つの原因をチェックしていきましょう。

【1.疲労の蓄積】

残業や激務が続き、疲労が蓄積していると仕事に行きたくないこともあるでしょう。「繁忙期を過ぎたら落ち着く」「あと少しで収まる」といったように、一時的な忙しさであればある程度割り切ることも必要です。後述する対策法を参考にしつつ、仕事の合間に息抜きやリフレッシュをしましょう。

【2.業務に対するプレッシャーやストレス】

タスク量が多かったり、仕事内容に適性がなかったりと業務に対するプレッシャーが原因になる場合も多いです。求められる仕事のレベルが自分のキャパシティを超えていると、精神的に追い詰められてしまうこともあります。
反対に「業務内容にやりがいを感じない」「達成感を見いだせずモチベーションが低下している」という人もいます。
今の仕事に違和感を覚えている人は、一度自分が本当にやりたい仕事は何かを見つめ直してみましょう。

【3.人間関係】

「職場の上司と気が合わない」「相性の悪い同僚がいる」など人間関係も仕事に行きたくない原因になりがちです。
会社のように多くの人が集まる場では、折り合いがつかない相手がいても不思議ではありません。
むしろ、すべての人と良い関係を築くことは難しいでしょう。ある程度は「仕事上のこと」と割り切る気持ちも大切です。
ただし「暴言を吐かれる」「身体的な接触がある」など、パワハラ・セクハラと判断される状況のときは放置してはいけません。社内の信頼できる人や、しかるべき機関に相談しましょう。

◆仕事に行きたくない人に試してほしい4つの対処法

仕事に行きたくないと感じる頻度が高い人は、以下で紹介する4つの対処法を試してみてください。

【1.嫌な仕事を早めに片付ける】

やりたくない仕事、めんどうな仕事は後回しにせず、なるべく早めに片付けましょう。特に、休み明けに持ち越すと仕事に行きたくない気持ちに拍車がかかってしまいます。

【2.休みの日はメリハリをつけて過ごす】

休みのは規則正しい生活を送ったり、楽しみな予定を入れたり、メリハリをつけると効果的です。
「晴れていたら散歩に出かける」「家事をこなして暮らしを整える」といったことでもOK。
もし可能なら、長期休暇を取得して一時的に仕事から離れることもおすすめです。休暇中は趣味に没頭したり、旅行をしたりと好きなことをして過ごしてください。
プライベートを充実させることで心身がリフレッシュし、仕事へのモチベーションが高まるでしょう。逆に、休日を不規則に過ごしてしまうと、休み明けに疲労が残ってしまうこともあります。

【3.睡眠をしっかり取る】

疲れの原因には「睡眠不足」が隠れている可能性があります。帰宅後につい夜ふかしをしてしまう人もいるでしょうが、夜はしっかり眠るように心がけてください。
きちんと睡眠を取っていないと、疲労が回復しない、判断力が鈍る、日中に眠くなるなど仕事に悪影響が出ます。

会社を休むときは「自分が休むことで誰かに迷惑をかけてしまうかも」などと考える人もいるでしょう。しかし、心配には及びません。会社というものは、社員が1日欠勤した程度で支障が出ることがないように組織づくられています。
もし、あなたが1日休むだけで「業務が回らなくなる」「経営が傾く」といったことがあるなら、その企業に将来性はないでしょう。
そのほか、たった1日の休みすら認めてくれないといった会社もブラック企業の可能性があります。こういった企業の場合は、会社を休むことよりも転職や退職を視野に入れることをおすすめします。

転職・就職エージェントのハタラクティブでは、既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に向けた就職活動支援サービスを行っています。求職者と企業の双方に丁寧なヒアリングを行い、適性や希望に合った仕事をご紹介。
「相談だけしてみたい」「どんな求人があるのか見てみたい」といった方も大歓迎です。経験豊富な就活アドバイザーが疑問、悩み、不安に寄り添いながら、転職にまつわる相談に乗ります。
企業との連絡や日程調整はアドバイザーが担当するので、忙しい方や在籍中の方でもお気軽に利用可能です。ぜひこの機会にご連絡ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ