「仕事がつまらない」という気持ちとサヨナラする方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「仕事がつまらない」という気持ちとサヨナラする方法

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事がつまらないと感じるのは、仕事内容や人間関係、職場環境が影響していることが多い
    ・つまらない感情には、「一時的」と「慢性的」な退屈さの2種類が存在する
    ・一時的な退屈さを見て見ぬふりすると慢性化してしまう可能性が高い
    ・「つまらない」と感じたときにしっかりと自分の気持ちと向き合うことが大切
    ・何もしない状態からは何も生まれないが、何も考えない状態は脳にとって好影響を及ぼす
    ・仕事がつまらないと思ったときが転職のタイミングかも

今の仕事がつまらない…と感じた経験はありませんか?
その度に転職を考えたり、仕事に行きたくないと憂鬱になったり…。
「つまらない」という気持ちは、テンションを下げるだけでなく、やる気まで失ってしまいかねない危険な感情かもしれません。
このコラムでは、「つまらない」という感情について深く向き合ってみたいと思います。
つまらない毎日とサヨナラするための方法もご紹介します。

◆仕事がつまらないと感じるのはナゼ?

仕事をしていて「つまらない」と感じたことがある人はどのくらいいるのでしょうか。
つまらないと感じる原因には以下のようなことが考えられます。

・業務がルーティンワーク化している
・単純作業ばかりで面白くない
・もっとやりがいある仕事をしたい
・自分の仕事に価値を感じない
・何のために必要な業務なのかが分からない
・貢献度が低い気がする
・仕事が自分に合っていない
・人間関係がうまくいかない
・ミスばかりが続く
・企業とのミスマッチを感じる
・社内の雰囲気が良くない
・取引先の担当者と馬が合わない
・苦手な業務がある
など

さまざまな原因が挙げられますが、つまらないと感じる度合いも人それぞれ違います。
「なんとなくつまらない」と感じている人もいれば、「こんな毎日はもう耐えられない!」と爆発寸前の感情を抱いている人もいるでしょう。

小さかった気持ちの変化が次第に大きくなっていくと、心には抱えきれないほどの負の感情が育ってしまう可能性も。
負の芽は小さな内に摘んでおくことが大切です。
「あ~仕事がつまらないな~」と思わずつぶやいてしまう前に対処するのが理想的かもしれません。
しかし、たとえ大きくなってしまった「つまらない」という感情も、きちんと対処することで向き合うことができます。

次項では、つまらないと感じる心への対処法を詳しく見ていきましょう。


◆つまらない気持ちには2つの種類がある?

「つまらない」という感情には、一時的な退屈さと、常に感じる慢性的な退屈さがあると言われています。
この2つの感情を比べてみましょう。

◯一時的な退屈さとは?

何かをしているときだけ、同じ動作を続けているときだけ…、といったその時だけ感じるつまらなさが一時的な退屈になります。
また、何が起こるのかを予想できるときにもつまらないと感じることがあるようです。

◯慢性的な退屈さ

つまらないという感情がいつまでも続く状態は、慢性化している証。
毎日つまらないと思うことがある、むなしさを感じる、憂鬱になるといった気持ちが積み重なることで慢性的な退屈さを引き起こしています。

【つまらない気持ちが慢性化してしまう前に…】

つまらないと思う感情をなくすことで気分はスッキリするでしょう。
しかし、退屈だと感じることはけっして悪いことではない、という意見もあるようです。
「退屈=よくない」という認識により、つまらない感情を排除するべきだという気持ちが掻き立てられるのかもしれません。
一時的な退屈さをくり返していると、いつのまにか慢性化してしまう可能性が高くなります。慢性化してしまうと退屈さに対する気持ちが鈍感になりがちに…。
自分の気持ちに鈍感になってしまう前に、退屈な感情と向き合う方法を見つけることが先決です。

【つまらないという気持ちも大切な感情の一つ】

退屈だと思う感情が慢性的になると、その生活やそんな自分自身に慣れてしまいます。
慣れは怖いとよく言いますが、やがて気づかなくなるほど自分にとって小さな存在となり、さらにはその感情さえも失ってしまいかねません。
つまらないという思いは、心の成長には欠かせない大切な感情の一つでもあります。そのため、「つまらない」と感じる自分の気持ちとしっかり向き合うことが大切です。

ある著名な人物の有名な格言があります。
「チャレンジして失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」というホンダ創設者の本田宗一郎氏の言葉。

見て見ぬふりをしてしまった感情は、何も対処しなかったことと同じです。
何もしないことほど怖いものはなく、つまらないと思う気持ちに対しても何かしらの行動を起こすべきなのではないか、と気づかせてくれます。
一時的に感じた小さな心の変化に気づき、すぐに対処することで慢性化を回避できる可能性が高いです。
そのためには、何もしない状態をつくるのではなく、何かしらの行動をとることが望ましいでしょう。


◆「つまらないと感じてしまうのはなんでだろう?」と気づいた時がターニングポイント

一時的な退屈さを回避するために考えられる対処法は以下のようなものが挙げられます。

・ストレスを解消するために、温かい湯船にゆっくり浸かったり、自然を満喫したりする
・何も考えずに、疲れた脳を休ませる
・目標を立てて、集中する時間をつくる
・仕事以外で楽しみを見つける
・職場の仲間とプライベートで食事をしたり出かけたりして交流を深める
・責任ある仕事を任せてもらえるように自身のレベルアップを図る
・悩みを上司や先輩、家族、友人などに相談する
・ステップアップのために資格取得を目指す
・転職を考えてみる
など

何もしない状態からは何も生まれませんが、「何も考えない」というのは脳にとっては良い影響を及ぼすと言われています。そのため、脳がリラックスする状態を作り出す方法もオススメです。
また、仕事に対してつまらないと感じているのなら、同僚との親睦を深めて居心地の良い職場環境を作り出すのも効果的でしょう。
今の仕事に退屈さを感じているのであれば、他の仕事を担当させてもらえないか、部署異動は可能かどうか、上司や先輩に相談してみるのも一つの方法です。
もっとやりがいをもって仕事に臨みたい場合は、ステップアップを図ってみてはいかがでしょうか。
転職を視野に入れている場合も同様です。
資格取得を目指したり、レベルアップのための勉強をしたり、自分自身のスキルを磨くことに集中することで、退屈さを回避することができるでしょう。

【つまらない仕事とサヨナラする方法は?】

業務自体にやりがいを見い出せず、「つまらない」と感じる毎日を送るのはつらいものです。
簡単な対処法を実践してみても負の感情が消えない…という人は、思い切って転職を考えてみてはいかがでしょうか。
今の仕事をつまらないと感じているのなら、転職する前に自分自身の本音を引き出す必要があります。
「自分の好きな仕事をしてみたい」「次は人間関係の良い職場で働きたい」「ルーチンワークじゃない仕事に就きたい」など、転職に求めていることを導き出しましょう。

あなたの願望にしっかりと耳を傾け、どの方向性で転職活動をするのがベストなのかを探ります。
一人では不安…という人は、プロのアドバイザーに相談してみるのもオススメです。また、就職エージェントのサービスを利用し、カウンセリングを受けることで、自分に合った職種や仕事内容を把握することもできます。

当ハタラクティブでは、社会人経験が乏しい方も未経験の職種へチャレンジしたい方も大歓迎です。非公開求人を含めたすべての求人の中から、あなたにピッタリのお仕事をご紹介いたします。
つまらない毎日を打開するために、まずは転職のプロに相談してみませんか?




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ