新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で怒られるのが怖いのはなぜ?考えられる理由と克服方法を解説!

仕事で怒られるのが怖いのはなぜ?考えられる理由と克服方法を解説!

公開日:

最終更新日:

仕事で怒られるのが怖いのはなぜ?考えられる理由と克服方法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事で怒られるのが怖いのは、他人の目が気になる気持ちやトラウマが原因
  • ・仕事で怒られるのが怖いときは、まず怒られないようにミスを減らそう
  • ・自分を認めたり成功体験を重ねたりすることで、怒られるのが怖くなりにくくなる
  • ・怒られるのが怖いときは、相手が怒る理由を考えてみよう
  • ・仕事に関係ないことで怒られるのが怖い場合は、パワハラの可能性がある

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

人は誰でも怒られるものです。しかし、仕事で怒られることを得意とする人は少ないでしょう。怒られることに対して必要以上に恐怖を感じてしまうなら、怖いと感じる原因を突き止めて適切な方法で対処することが大切です。ただし、仕事で必要以上に怒られる場合は、職場環境に問題がある可能性もあります。怒られるのが怖いと思う方は、このコラムを参考に仕事への向き合い方を変えてみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事で怒られるのが怖いと思う6つの理由

下記では、仕事で怒られるのが怖いと思ってしまう理由を解説します。怒られるのは避けたいという気持ちは誰にでもあるでしょう。怒られることに過剰な恐怖を感じる場合は、以下の6つの理由が考えられます。

1.怒られることにトラウマがあるから

たとえば幼少期に家族から過剰に怒られた経験があると、「怒られること」自体がトラウマになってしまう可能性があります。子どもが大人に怒られると、体格や声色、声量の差から威圧感を覚えやすいことがようです。大人になってもトラウマが解消されない場合は、仕事においても怒られるのが怖いと感じてしまうでしょう。

2.存在を否定されたように感じてしまうから

他人から怒られると、「自分の存在を否定されている」と感じてしまう方もいます。自己肯定感が低い方や自信のない方、前述したようなトラウマを持っている方は、「怒られること」のすべてが自分の存在否定につながってしまいがちです。その結果、存在を否定するような言葉でなくても、怒られることを必要以上に怖がってしまいます。

3.相手との関係が悪化するのを恐れているから

相手との関係が悪化してしまう恐れから、怒られるのが怖いという気持ちを抱えている可能性があります。自分と相手との間で信頼関係が築けている場合は別ですが、そうでない場合は基本的に怒られるとネガティブな感情が生じてしまうでしょう。これ以上相手に怒られたくない、嫌われたくないという感情から、仕事でも怒られるのが怖いと思ってしまうようです。

4.攻撃されていると感じるから

仕事で怒られるのが怖いと思う理由に、「攻撃されていると感じる」場合があります。ミスをしたりやるべきことを失念していたりと、仕事において人が怒るのは何かしらの理由や原因があるはずです。しかし怒られるのが怖い人は、その原因が何かを追求できず、ただ相手に攻撃されていると感じてしまうことがあります。

5.他人の目が気になるから

上司に人前で怒られると、周囲の目が気になってしまう場合があります。怒られている自分を周囲がどう見ているのか気になる、怒られているところを見られたくないという気持ちから、恐怖心が芽生えてしまうこともあるようです。

6.ミスを繰り返してしまうから

仕事上のミスを頻繁にしてしまう方は、怒られるのが怖いと思っている場合が多いです。「ミスをしたらまた怒られる」というプレッシャーがのしかかり、失敗を繰り返しやすくなってしまうことも。その結果、怒られるのが怖くて仕事に身が入らないという悪循環に陥ってしまう可能性があります。

怒られるのが怖いと思う理由については、「仕事や会社で毎日怒られるのはなぜ?ストレスで辛いときの対処法」もあわせてご覧ください。

仕事で怒られるのが怖いと思う人の特徴

ここでは、仕事において怒られるのが怖いと感じやすい人の特徴を紹介します。原因を問わず怒られること自体が苦手な人には、以下のような特徴が見られます。

自分を元気づけることが苦手

自分を元気づけることが苦手な方は、マイナス思考になりやすいため、怒られるのが怖いと思ってしまう傾向があります。怒られれば落ち込むのは誰でも同じです。しかし、すぐに気持ちを切り替えられる人に対し、いつまでも怒られたことを引きずってしまうタイプの人は恐怖心を拭うのが難しいでしょう。

自己肯定感が低い

自己肯定感の低い方は劣等感や自信のなさを覚えやすいため、他人からの意見や評価の影響も強く受けやすい傾向にあります。自己肯定感とは、「ありのままの自分を受け入れ、好意的に肯定してあげられる感覚」のことです。怒られることで自己肯定感が低くなり、相手から否定されたくないという気持ちが恐怖心につながっています。

周囲とコミュニケーションを取らない

周囲とコミュニケーションを取るのが苦手な方は、積極的に人と話そうとはしない傾向にあります。職場によっては、業務の指示を口頭ではなく、メールで受け取る場合も。このような背景から普段のコミュニケーションが不足していると、少しの指摘でも怒られたと感じてしまう可能性も考えられるでしょう。

仕事で怒られたときのパターン別対処法

ここでは、仕事中どのようなことをすると怒られてしまうのかを紹介します。また、怒られないようにするためのアドバイスも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ミスをしたとき

大小を問わず、仕事でミスをすれば怒られてしまうでしょう。ミスの原因が自分にあるなら、まずは素直に受け入れて謝ります。謝罪をしたあとは、ミスの経緯や原因を書き出したり、同じ作業をするときの注意点をメモにまとめたりして、再発防止に尽力しましょう。

2.遅刻をしたとき

やむを得ない事情を除き、社会人の遅刻は厳禁です。万が一遅刻をしてしまった場合は、嘘をついたり言い訳したりせず、誠意を持って謝罪しましょう。また、再発防止のために目覚ましを早めの時間に設定したり、1本早い電車に乗ったりするといった対策をするのがおすすめです。

3.仕事が遅くノルマが達成できなかったとき

ノルマが達成できなかった場合も、怒られる原因になることがあります。怒られたときはなぜノルマを達成できなかったのかを明らかにし、達成のために必要なことを考え、上司に反省点を伝えましょう。また、自分の考えを述べたら相手の意見を求め、業務に反映していく姿勢を持つことも大切です。

4.忘れ物をしたとき

会議や取引に必要な資料・ファイルの忘れ物なども怒られる理由の1つです。忘れ物をする主な原因は、事前の確認不足やメモの取り忘れが当てはまります。メモを取る、リマインダーを活用するといった改善策を取りつつ、今後は決して忘れないという意識を持ちましょう。
仕事で怒られたときの対処については、「仕事で怒られる人に共通する特徴とは?対処法についても解説」も参考にしてみてください。

「仕事で怒られるのが怖い」のを克服する5つの方法

ここでは、「怒られるのが怖い」と思う気持ちを克服する、5つの方法をご紹介します。怒られるのが怖いと考えていると、消極的になったりコミュニケーションが苦手になったりしてしまい、仕事に支障をきたす恐れも。怒られることに対する考え方をプラスに変えていきましょう。

1.自分を認める

自分は怒られるのが怖い人間だということを受け入れると、必要以上の恐怖を感じにくくなるでしょう。怒られることを怖がってしまう自分を否定する必要はありません。誰でも大きな声で責められたり、失敗したことを追及されたりするのは嫌なものです。自分だけがだめな人間だという風には考えないようにしましょう。

2.相手の感情を必要以上に受け取らない

仕事で怒られたときには、相手の怒りを必要以上に受け取らないのも克服するポイントです。状況によっては、相手の怒りが攻撃的になることもあります。怒られた原因に関しては真摯に受け止め、相手の攻撃的な感情は気に留めず受け流すことを意識してみてください。

3.成功体験を重ねる

怒られるのが怖いのを克服するには、成功体験を重ねて自分に自信をつけるのが効果的です。成功体験は人に自慢できるような大きなものではなく、「電車で高齢の方に席を譲ることができた」「毎日やると決めたことが1週間続いた」というように、小さなもので問題ありません。日々の成功体験を重ね、少しずつ自己肯定力を上げていきましょう。

4.怒られることや失敗に対する意識を変える

仕事で怒られることや失敗に対する意識を変えてみるのも、恐怖心を克服する方法の1つです。過去の指摘から、学んだことや気づきを得たこともあるでしょう。怒る側は「同じ失敗をしないように」と、相手のためを思って言葉にしている場合も多くあります。「自分のために怒ってくれている」と捉えられれば、怒られるのが怖いという考え方も変えられるはずです。

5.相手が怒っている理由を知る

相手がなぜ怒っているのか、その理由を知るのも克服法の1つです。怒られている原因がわかれば、再び同じことで相手を怒らせないよう対策を取れます。

怒られる原因が自分にある

仕事で自分がミスをしてしまい、それが原因で怒られている場合です。怒られる理由がよく分からなければ直接相手に聞くか、できなければ客観的に自分の行動を振り返ってみましょう。

自分への指導や愛情

仕事では、指導や愛情をもって相手が怒ることもあります。具体的な理由は「成長を期待している」「同じ失敗を繰り返さないでほしい」と人によってさまざまですが、いずれも憎しみや憎悪から怒っているのではありません。

相手の機嫌が悪い

場合によっては、相手の機嫌の良し悪しが原因になることもあります。この場合、きっかけや原因がなんであれ怒られる可能性は高いです。相手は機嫌によって意見や考えが左右される人なのだと考え、深く受け止めないのが得策といえます。

仕事で怒られないための予防法

怒られるのが怖いと思わなくするのも対処法の1つですが、まずは仕事で相手を怒らせないようにするのが大前提です。ここでは、怒られないために普段の仕事から注意すべきポイントを紹介します。

1つ1つの業務に確認を忘れない

普段から小さなミスが積み重なって怒られてしまう人は、1つ1つの業務に確認するクセをつけましょう。資料やデータを作成したときは、提出する前に数字が間違っていないか、誤字脱字がないかをチェックすると、ミスの原因を減らせます。

報連相を怠らない

報連相(報告、連絡、相談)はしっかり行いましょう。仕事の進捗や成果の報告、新しい情報や問題が発生したときの連絡、疑問点が生じたときに先輩や上司の意見を仰ぐ相談の3つをしっかり行うことで、怒られる原因を減らせます。

社会人としてのマナーを守る

遅刻や欠勤をしない、締め切りを守るなど、社会人として当然のマナーは守りましょう。これらのマナーを守れないと怒られる原因になるだけでなく、今まで積み重ねてきた上司や同僚との信頼関係も失われてしまいます。

仕事で必要以上に怒られるのが怖い…これってパワハラ?

怒られるのが怖いと感じる原因には、自分に非がないのに怒られる、あるいは必要以上に相手が怒ってくるという理由の場合もあります。過剰な叱責はパワハラの可能性もあるので、心当たりがある方は怒られたときに相手の言い方や怒っている内容をよく確認してみましょう。

仕事に関係のないことで怒られる

業務に関係ないことや些細な理由で怒られる場合は、パワハラにあたる可能性があります。職場環境は会社や部署によって異なるため、怒ってくる相手が必ず悪いとはいえません。しかし、業務外のことにまで干渉してくるのであれば、社風が合わないと判断できます。

誰かが同じミスをしても自分だけ怒られる

ミスをしても自分だけが酷く怒られ、ほかの人には何も言わなかったり軽く指摘するだけだったりといった状況も、パワハラである可能性があります。もし自分が同じミスを繰り返しているのであれば多少厳しい怒り方をされるのも仕方ありませんが、そうでない場合は不当な扱いを受けていると考えられるでしょう。
上司や先輩からの叱責がパワハラかもしれないと感じる方は、「上司のパワハラはまず相談!職場での対処法やハラスメントの種類を解説」もあわせてご覧ください。

理不尽な理由で怒られるときは異動や転職を検討しよう

前述のように、理不尽な理由で怒られているのであれば、異動や転職を検討しましょう。パワハラやいじめの可能性がある場合、会社の人事や労働組合に相談することで異動を検討してくれるでしょう。相談しても改善されなかったり、会社の社風が合わなかったりするなら、転職で労働環境を変えるのがおすすめです。
また、働く環境や上司の言動に少しでも疑問を感じたときは、1人で耐えようとせず仲の良い同僚や先輩に相談しましょう。周囲に相談することで「あの上司は常に怒っている」「あの先輩に怒られたら◯◯が有効」といった情報を得られる可能性もありますし、自分が置かれている状況を客観視するきっかけにもなります。

転職をしようと考えても、求人情報だけではその会社が自分に合う職場かどうか判断できないこともあるでしょう。そんなときは、ハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブが扱っている求人情報は、スタッフが訪問調査を行って優良企業と判断した会社のみ。社風や職場環境についても、スタッフが細かにチェックを行った内容をお伝えできるので、入社後のミスマッチを防げます。また、専任のアドバイザーによるカウンセリングを受けられるため、自分の希望条件に合った求人を見つけられるでしょう。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ