仕事でストレスを感じて異動をしたい場合の伝え方を解説

仕事でストレスを感じて異動をしたい場合の伝え方を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事のストレスで異動を考えるなどの場合、心身に不調が出ることもある
  • 人間関係や合わない仕事内容が、ストレスの一因となっているので異動を希望しよう
  • 仕事でのストレスと上手に付き合うには、異動するなどして思い詰めず割り切ることが大切

仕事のストレスから部署を異動したいとお悩みの方はいるでしょう。部署の異動をしたい場合には、今の環境よりも異動先の方が活躍できる根拠を示すことが大事です。このコラムでは、部署の異動をしたい際の伝え方や仕事でストレスの主な原因をご紹介します。ストレスとの向き合い方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事のストレスが辛い!異動したいと感じる原因

ここでは、仕事のストレスから異動したいと感じる原因をご紹介します。

人間関係

上司や部下、同僚、取引先などとの人間関係がストレスにつながっていることが多々あるようです
割り切れない部分やしこりとして残る部分もあり、一度トラブルが起きると関係修復が難しくなることが考えられます。トラブルが起きてしまったあとや、そうならないために感情を抑えることがストレスとして蓄積することもあるでしょう。
職場に悩みを相談できる相手がいたり、自分の意見を伝えられるような雰囲気であれば、ストレスの溜め込み過ぎを回避できると考えられます。

職場での人間関係に関しては、「人間関係で悩む人は多い?職場での人付き合いについて」で解説しているので、あわせてご覧ください。

仕事量の多さや休日の少なさ

「定時に帰れることがない」、「忙しくて昼食を摂れない」、「休日出勤が多い」、そんな日常が続くことで疲れが溜まり、身体に不調をきたすこともあるでしょう。
仕事に追われ、趣味や息抜きの時間を持てず鬱憤を晴らせない日々を過ごしていると頭の中が仕事のことばかりになり、公私の切り替えができにくくなることもあり得ます。

仕事内容が合わない

「本当は接客業務に携わりたいのに事務作業が多い」、「専門的な知識を身につけたいのに電話や来客応対ばかりしている」など、今の仕事が自分に合ってないと感じている人も少なくないようです。
誰もが就きたい仕事に就いたり、自分がしたいことだけをしたりしているわけではありません。
ある程度妥協しながら日々の業務をこなしているという場合が多いと考えられますが、それで、仕事に対する意欲がない、仕事に行くことを苦痛に感じるというほど悩んでいる方は、将来のことを見つめ直す必要があるでしょう。

仕事でのストレスについては、「職場に合わない人がいる!ストレスを感じる理由や11の対処法を紹介」のコラムでも詳しくご紹介しています。
また、仕事内容が合わないことにお悩みの方は「仕事が合わないと感じる原因について紹介!辞めるのは甘え?」のコラムもチェックしてみてください。
こちらのコラムでは仕事が合わないと感じることや辞める選択肢についての内容が記載されています。

仕事のストレスで異動したいと思っているときの伝え方

ここでは、仕事のストレスで部署を異動したい場合の伝え方をご紹介します。仕事のストレスでお悩みの方は、以下をチェックしてみてください。

今の環境よりも異動先の方が活躍できる根拠を示す

異動を希望する理由を伝える際には、今の環境よりも異動先の方が活躍できることを示すことが重要です。「今の環境が嫌だから異動したい」だけでなく、異動することでのメリットを提示すれば、上司を納得させられるでしょう。たとえば、「異動先では自分の○○なスキルを活かせる」「この部署で働き、○○の知識をつけて成長したい」のように異動先での働き方についてイメージを持てるように伝えてください。

自身の描いているキャリアビジョンを伝える

部署を異動したいことを伝える際には、自分が抱いているキャリアビジョンをきちんと述べましょう。具体的かつ実現に向けてどんな努力をしているのかが伝われば、上司や人事担当者に気持ちが届くはずです。また、自身が抱くキャリアビジョンが将来、会社にとってどのような良い影響を与えるのかをイメージさせましょう。そして、自分が会社にとって必要な人材に成長できるということを印象付けるようにしてください。

仕事のストレスが原因で異動するメリットとデメリット

ここでは、仕事のストレスが原因で異動することのメリットとデメリットをご紹介します。部署異動の申し出を考えている方は、一度目を通しておきましょう。

メリット

まずは、仕事でのストレスが原因で異動をすることで生じるメリットに関して、紹介をしていきます。

転職活動をせずに違ったキャリアを歩めるようになる

部署を異動することには、転職活動をせずに異なるキャリアを歩めるメリットがあります。同じ会社にいても部署が違えば、仕事内容やともに働く人々も変わることになるでしょう。そのため、同じ会社にいながら新しい環境に変化したような新鮮な気持ちで仕事に向き合うことができるはずです。

培ってきた社内評価を異動先で活かせる

部署異動することで、社内での評価をそのまま引き継げることもメリットの一つです。転職するとなると、前職で高い評価や実績があったとしても、新しい会社では同じような評価を受けることは難しいでしょう。しかし、会社内での異動であれば、評価は変わらず今まで積み上げてきた実績もきちんと残ります。

デメリット

ここでは、仕事のストレスが原因で異動をする場合のデメリットについてご紹介します。

異動先の人間関係に馴染めない可能性がある

異動をすることになった理由が人間関係であるという場合には、異動では状況は変わらない可能性があります。特に、社員数が少ない企業や勤務地が変わらない異動となる場合には、前の部署の人間と顔を合わせる機会があるだけでなく、異動を申し出た経緯が新しい部署の人間にも広がることも。そうなると、異動しても人間関係は変わらないことに加えて、馴染めないという可能性が出てきてしまいます。

同じ会社でも給与や待遇が変わってしまう

前の項目では、異動をして同じ会社内であるならば、前の部署での実績や評価というは引き継ぐことができるというメリットを紹介しました。しかし、会社によっては異動となったことで評価や給与、待遇が見直されてしまう場合があります。異動をするということは、前の部署での役職ではなくなり、手当や評価基準が変わる可能性があるためです。反対に、給与が上がったり待遇が良くなったりすることもあるでしょう。そのため、異動によって、給与や待遇はプラスマイナス双方の可能性があるといえます。

仕事のストレスと上手に付き合う方法

「これをしているときは仕事のことを忘れて没頭できる」というような趣味を持つと、オン・オフのメリハリをつけやすく、気分転換できるでしょう。
また、適度のストレスは良い効果を生むこともあり、ゼロにするのは難しいもの。ある程度は誰もが抱えているものだと受け止め、上手に付き合っていくようにしましょう。
周囲の人がとても順風満帆に見え、自分だけが躓いていると感じたとしても、順風満帆に見える人にもその人なりの悩みがあることも。限定的に考えず、「自分は自分、人は人」と割り切り、あまり思い詰めないようにすることが大切です。
適度な運動をする、寝る前のスマートフォン操作を控える、自分に合った枕を選び睡眠環境を整える、栄養バランスが取れた食事を摂るといった生活習慣を意識して、ストレスを溜め込まないように心掛けると良いでしょう。

過剰なストレスの原因が現在お勤めの職場にある場合には、その職場を離れることでストレスから開放される可能性があります。そのような場合には、転職を考えてみるのも一つの手といえるでしょう。

ハタラクティブでは、就活アドバイザーがマンツーマンであなたの就職・転職活動をサポートします。
電話やメールで相談するのが苦手な方も、連絡はチャットツールでのやり取りなので気軽に何でも話しやすい環境です。未経験歓迎の求人も多数ご用意。すべてのサービスは無料で利用可能です。転職を検討している方は、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ