仕事がない…そんな悩みにアドバイス!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事がない…そんな悩みにアドバイス!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代ならまだ間に合う、正社員経験がなくても「若さ」を活かして就職活動を!

    ・若く柔軟な第二新卒は、転職市場でニーズの高い人材

    ・仕事に対するこだわりが多すぎると就職先が見つかりにくくなる

    ・やりたい仕事が見つからない時は、「やりたい」「やりたくない」をはっきりさせるのがポイント

    ・イメージだけで就職するのはリスク大、やりたい仕事が見つかったら業界・企業研究をしよう

    ・仕事の悩みはプロに相談しませんか?エージェントの活用で自分に合った仕事が見つかります

就職したいけど仕事がない、働きたいと思える仕事が見つからない……そんな風に悩んではいませんか?

このコラムでは、「仕事がない」と悩む20代前後の方に、悩みを解決するためのアドバイスをまとめています。

◆就職したいのに仕事がない!

◇新卒のチャンスを逃すと、もう仕事がない……?

新卒で就職できなければ、新卒入社した会社を辞めると……その先もう仕事はないのかも。そんな風に思ってはいませんか?

実は、20代の若い人材を採用したい!という企業は多く存在しています。現在伸び盛りで人手が不足している業界や、業界全体で高齢化が進み若い人にきて欲しいというケースもあります。

社会人経験のない方であっても、「若い人材が欲しい」というニーズのある企業を探すことで、正社員就職は十分可能です。

 

◇「第二新卒」を知っていますか?

最近特に需要が増加しているのは、「第二新卒」。新卒で入社した企業に1~3年程度勤めたのち、転職先を探している人材のことです。

第二新卒にニーズがあるのは、「若さ」と「経験」のどちらも持っているから。
もちろん第二新卒の社会人経験は充分といえる長さではなありませんが、「第二新卒は1社目の企業で基本的なビジネスマナーを習得している」というのが採用する企業側にとっての魅力。第二新卒は新卒採用と比べ教育にかける手間や時間が省けるという利点があります。
そういった理由を背景として、専門的なスキルが不十分であっても、第二新卒のポテンシャルを評価し1から育てたいという企業は少なくありません。

入社後数年で会社を辞めるというのはマイナスな印象を与えることもありますが、若さと前職に染まりきっていない柔軟性にメリットを感じる企業もあるのです。

 

◇「仕事がない」のはこだわりすぎているからかも

仕事がない原因には、仕事に対するこだわりが強すぎるという可能性があります。

ひとつのこだわりを軸として持つことは、転職活動をする上で大切ですが、あれもこれもと欲張りすぎてはいませんか?

全ての希望を満たす職場があれば良いのですが、理想を追い続けるとどこにも就職が決まらないことになりかねません。

要望が多すぎて仕事が見つからない人は、自分が働く上で大切にする条件に優先順位をつけ、ある程度は妥協するという姿勢も必要となります。細かい条件を満たさない職場でも、入社してみたら働きやすかったということもあるでしょう。

「ここだけは譲れない」という条件を定めたら、あとの項目に関しては柔軟に考えて行動していきましょう。

 

今のこだわりを一旦捨てて色々な求人を見てみることで、自分でも気が付かなかった適職が見つかることもあります。自己分析をした後に、家族や友人といった第三者に意見を聞いて客観的なアドバイスを受けてみるのも良いでしょう。

就職・転職活動に行き詰まっているという方は、もう少し視野を広げて行動してみませんか?



◆やりたい仕事がない人は?

◇「やりたい仕事がない」と悩んでいる方へ

やりたい仕事を探すには、自分のこれまでの経験や好きなもの、得意なことなどを振り返ってみるのがおすすめ。

「人と話すのが好き」という方は、一人で黙々と作業する仕事よりも営業や接客などの人と接する仕事のほうが向いているかもしれません。

自分が好き、得意と思える部分から仕事を探してみてはいかがでしょうか?自分では意識していなくても、良く人から褒められる事柄はあなたの得意分野かもしれません。

 

逆に、苦手なことやできないことを明確にする、というのも考え方のひとつ。「できない」「苦手」な部分をはっきりさせ、嫌な部分のない仕事を探すことで適職が見つかることもあります。

いずれにせよ、自分にとって「やりたい」と思える仕事がどんなものなのか、条件をはっきりさせることが大切です。

 

◇「やりたい仕事」が見つかったら

業界や業種など、「やりたい」と思える仕事の方向性が決まったら、その仕事について研究しましょう。

単なるあこがれの気持ちだけではなく、仕事を続ける上でのメリット・デメリットを知った上で就職活動を行うことで、就業後のギャップを小さくすることができます。
仕事や企業に対するイメージだけで就職・転職するのはかなりリスクの大きいやり方。どんな仕事にも厳しさや苦労はありますが、その中で「自分に合っている」と思える仕事を選ぶことが入社後にやりがいを持って働く秘訣です。

 

いきなり就くのが難しい職業の場合は、同じ業界の別の職種を探す、業務内容の近い他の職業を探すなど、その道にたどり着くためのコースを具体的に描くことが大切です。

資格が役立つ職種を志望する方は、資格の勉強をして面接でアピールするのも有効でしょう。


◆転職エージェントを活用するという選択肢も

◇就職・転職するなら、まずはプロに相談!

1人での就職・転職活動がうまくいかない、自分の適性がわからないという方は、プロに相談するという選択肢があります。

転職エージェントでは、アドバイザーに相談しながら就職活動を続けることができるため、応募、面接、内定などプロセスごとに適切なアドバイスを受けられるというメリットが。

どんな企業を受ければ良いのかわからないなどの相談にも、プロからの客観的な意見を得ることができます。

 

◇転職エージェントって、誰でも使えるの?

転職することが珍しくなくなった現在、スキルや経験を重視する転職エージェントだけではなく、多様なサービスが展開されています。特定の業界や年齢層に特化したエージェントも数多くあるので、その中から、自分の状況や希望に合ったサービスを賢く選んで利用しましょう。

 

ハタラクティブは、若年層の就職・転職に特化したエージェント。フリーターの方や、就職経験のない方のご利用も多く、利用者の方の内定率は80.4%(2015年7月)と高い実績を誇っています。

丁寧なカウンセリングを通して就職活動をサポートしているので、「仕事がない」「やりたいことがみつからない」と悩んでいる方にはぴったりのサービスです。第二新卒向けのポテンシャルを重視する企業の求人も扱っているので、就職や転職にお悩みを抱えているという方はぜひハタラクティブをご利用ください!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ