怒られるのが怖い?仕事上の叱責は成長のチャンス!

怒られるのが怖い?仕事上の叱責は成長のチャンス!の画像

「仕事で怒られるのが怖い」そんな風に考えたことは誰でも1度や2度はあるのではないでしょうか。仕事で怒られることはなぜ怖いと感じるのでしょうか。怒られるという行為は自己成長にはかかせない大事なものと考えられます。しかし度を越えた理不尽な怒り方は人の心をつぶすこともあります。今回は「仕事で怒られること」について考えてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事で怒られるのが怖い理由を分析してみよう

怒られるのが怖いと感じる原因はどこからくるのでしょうか。
まずひとつは自分自身に対してプレッシャーをかけ過ぎているということがあると考えられます。
ミスしてはいけない、絶対上手くやらなくてはならない…そう考える気持ちはわかりますが、自分自身に負担をかけ過ぎると強迫観念にとらわれてしまいそれが恐怖心をよりいっそう誘発することがあります。
怒られることで、自分自身の存在を否定されたかのように感じる人もいるでしょう。その状況を周囲に見られることが非常に恥ずかしく、プライドが傷つく人もいるかもしれません。

怒られることで恐怖心を感じやすい人はまじめで仕事に対して人一倍がんばっている人が多いのではないでしょうか。
恐怖心が大きくなると、会社に行くのが苦痛になり仕事を辞めてしまうリスクが上がると考えられます。

怒られるのはむしろチャンス!その理由とは

仕事で怒られることは業務に対しての指摘であり、あなた自身の人格や存在を否定しているわけではありません。仕事で怒られて気落ちするのは仕方がない面がありますが、必要以上に自分を追い込まないようにしましょう。
重要なことは仕事で怒られたことに対して、原因と対策案を考えることです。人のせいにしたり、すぐに反論して自己正当化を図ったりすることはあまりしないようにしましょう。

怒られるということは、むしろ成長するチャンスと考えられます。自分のいたらないところを知るということは自己成長するうえではメリットがあります。
地位や年齢が上がっていくことで、人から怒られる機会は少なくなっていく傾向にあります。若いうちにたくさん怒られて成長の糧にしておきましょう。
怒られた経験が乏しい人は、後になって大きなしっぺ返しにあうことも少なくありません。
怒られることはいたって一般的なことであり、基本的には誰にでも経験があることです。完璧主義にならないように注意してください。
上司から怒られたからといって、すぐに評価が下がることは一般的にはありません。その経験をばねにして成果をだすことで逆に大きく評価されるのはよくあることではないでしょうか。

どうしても拭えない恐怖感は職場環境の問題かも?

怒られることは誰にでもあることで、むしろ自己成長のチャンスと前述しましたが、中には理不尽に怒る人もいます。
強いストレスを感じ、体が壊れるまで我慢するのは本末転倒です。怒られたことを前向きにとらえる気持ちは必要ですが、あなた自身の状態にはしっかり気を配るようにしましょう。
客観的な視点で、あまりにひどい仕事環境であれば転職を考えるのもひとつの選択肢です。
人格を否定するような発言が多い上司がいる会社は要注意です。熱くなると感情的になることはあるかもしれませんが、人格を否定する発言をすることは行き過ぎた行為といえるでしょう。

ハタラクティブでは就職支援全般のサポートを行っています。現状の仕事環境に苦痛や不満を感じているようであれば、1度ハタラクティブにお気軽に相談してみませんか。あなたにとって、より良いお仕事を一緒に探していきましょう。

この記事に関連するタグ