仕事で落ち込んだときに試したい!効果的な対処法とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で落ち込んだときに試したい!効果的な対処法とは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事で落ち込んだときは、自分を責めすぎずに前向きに捉える
    ・身体を動かす、涙活するなどがストレス発散に効果的
    ・失敗を受け入れ、失敗から学ぶという前向きなアクションが大切

仕事で失敗した、同僚と意見がぶつかった…。仕事をしていると、業務上や人間関係などが原因で落ち込んでしまうことは誰にでもあるものです。
落ち込むこと自体は悪いことではないのですが、その気持ちをいつまでも引きずってしまうことで仕事に悪い影響が出てしまう恐れがあります。
そこで今回は、気持ちのリセット方法についてまとめてみました。落ち込んだ際の対処法を知って、自分の感情を上手にコントロールしましょう。

◆落ち込んだときの対処法

落ち込んだ際に実践してほしいのは、考え方を変えてみることです。ネガティブな気持ちをポジティブに変換するためにも、以下にご紹介する考え方について頭に入れておいてください。

【自分を責めすぎない】

真面目な人ほど、失敗した際に自分を過度に責めてしまう傾向にあります。失敗に対して反省しない、他責することは社会人として望ましい態度ではありませんが、自分を責めすぎるのは考えものです。
もし失敗したのが、自分ではなく自分の身近な人であればどう励ますのかを考えます。誰かを励ますときのように、自分自身に対しても優しい気持ちを持ちましょう。

【成長の機会だと捉える】

失敗した際、「自分なんてダメだ」と責めるのではなく「さらに成長できるチャンスだ」と前向きに捉えます。落ち込んで終わるのではなく、この経験は自分に必要なことと捉えなにかを学んで終わりたいものです。


◆落ち込んだ気持ちの発散法

気持ちをリセットするために、環境や行動を変えることも1つの方法です。例えば、いつもよりランチを贅沢にしたり、モチベーションが上がる映画を見たり、スポーツジムで汗を流したり…。
発散方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ試してみて自分に合うものを見つけてください。

・ランニングやダンスなどで身体を動かす
・家をキレイに掃除する、模様替えする
・好きな友人に会う
・泣ける映画を見て涙活する
・自己啓発本を読む
・カラオケで大声を出す
・ストレスを紙に書き出し客観視する
・マッサージへ行く
・家族や恋人とゆっくり過ごす
・旅行する

普段と違う行動を取ることは、幸せホルモンであるセロトニンの分泌を促進し、精神の安定に繋がります。上記とは逆に、暴飲暴食や過度な買い物、ギャンブルなどは避けましょう。
依存してしまったり、健康を害す恐れがあります。


◆落ち込んだ後は、どうする?

前述のとおり、失敗を成長の機会だと考えることが大切です。では、実際に成長するためにはどのようなアクションが必要なのでしょうか。

・失敗を受け入れる
・失敗から学ぶ
・失敗で学んだことを仕事に取り入れる

以上の3ステップが大切です。自分が失敗したことを認識し、どういうミスがあったのかを書き出します。なぜそのミスが起こってしまったのか原因についても考えてみましょう。
そして同じ過ちを繰り返さないための対策を立てます。実際の仕事に対策を取り入れられれば、前を向いて考えられている証拠です。
負の感情のまま立ち止まらず、他人よりも経験値が増えたとポジティブに考えると良いでしょう。

いかがでしたか?もしも失敗ばかりを繰り返してしまっているのであれば、それは職場環境があなたに合っていない可能性も。
ハタラクティブでは、お仕事に関するお悩みを解消へと導くお手伝いをしています。まずはあなたの現状についてお聞かせください。
お問い合わせお待ちしています。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ