仕事に行きたくないのに理由がわからない時はどうする?対処法を解説!

仕事に行きたくないときはどうしたら良いですか?

仕事に行きたくない理由を分析し、対処法を考えましょう。仕事に行きたくない原因に合わせて、効果的な対処法を試してみてください。

対策を打っても気持ちが変わらず、今の職場でできることに限界があるなら、転職を検討するのも一つの方法です。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活アドバイザーに聞いてみました!

仕事に行きたくないのに理由がわからない時はどうする?対処法を解説!

社会人として働いているなかで、「仕事に行きたくない」と思ったことがある方もいるでしょう。仕事に行きたくない理由は人それぞれですが、何も対処せず我慢し続けるのは望ましくありません。対策を講じることで、仕事に行きたくない気持ちが緩和される可能性もあります。

このコラムでは、仕事に行きたくない時の対処法やリスク、モチベーションの上げ方などについて就活アドバイザーに聞いてみました。

「仕事に行きたくない」と思うのは珍しいことではない

仕事に行きたくないと思う人は少なくないので、「ほかの人に比べてモチベーションが低過ぎるのでは」と思う必要はありません。

ハタラクティブがユーザーを対象に行った調査によると、若者の仕事の満足度については以下の結果が示されています。

※回答者数:フリーター1000人、正社員1000人

満足度フリーター正社員
非常に満足している13%10.6%
やや満足している35.3%37.6%
あまり満足していない13.7%17.2%
まったく満足していない8.3%7.8%

引用:若者しごと白書2023「2-2.現在の仕事の満足度(16p)

フリーターは約2割、正社員は2.5割の人があまり満足していない・まったく満足していないと回答しました。職場の環境や業務内容に満足していなければ、仕事に行きたくないという気持ちになるのは自然なことでしょう。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2023

「仕事に行きたくないのは甘え」ではない

「仕事に行きたくない」と思うことは、甘えではありません。自分の感情を無理に押し込もうとしたり、周りの目を気にして「このままでは駄目だ…」と自分を責めたりすると、心身に影響を及ぼす可能性があります。

「仕事に行きたくない」と思ってしまう自分を否定せず、素直な気持ちを受け止めたうえで、適切な対処をとりましょう。

仕事に行きたくないと感じる主な理由

ここでは、厚生労働省の「令和4年雇用動向調査結果の概況 p15、表5)」の調査から、多くの人が仕事に行きたくないと感じる原因について解説します。

なお、以下で紹介するデータでは、退職理由のうち「定年退職」「出向」「その他の個人的理由」を除外して考えます。

1.残業や休日などの労働条件が良くない

同調査によると、転職者が前の会社を辞めた理由で最も多い(男女計)のは「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」です。特に、20〜24歳の転職者では、男女ともにこの理由を挙げる人が多い傾向です。

思ったより残業が多かったり、有給休暇が取りにくかったりすると、心身ともに疲れてしまい「仕事に行きたくない」と思うこともあるでしょう。就職直後は社会人の生活リズムに慣れていないので、自由な時間が減ることにストレスを感じやすいといえます。

2.職場の人間関係にストレスを感じる

職場の人間関係をストレスに感じ、仕事に行きたくないと悩む人は多いようです。同調査によると、「職場の人間関係が好ましくなかった」という退職理由は、労働条件に次いで多い結果です。

人間関係の悩みは、「上司から毎日きつく言われてしんどい」「同期や同僚とあまり馴染めない」などが挙げられます。人間関係は入社してみないと分からない点が多く、ストレスの原因になりやすいようです。毎日顔を合わせる人との関係が良くなければ、仕事に行きたくないと感じるのも無理はないでしょう。

3.給料や待遇面への不満

労働条件、人間関係に次いで多い退職理由が「給料等収入が少なかった」です。結果を出しても評価されず給料が上がらないと、徐々にモチベーションが下がってしまうでしょう。

また、「入社前に聞いていた条件と違う」「残業代を支払ってもらえない」などのトラブルを抱えていることもあります。不満が続くと「仕事に行きたくない」と感じるようになり、転職しやすい20代のうちに会社を辞める人が多いと考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
雇用動向調査:結果の概要

仕事に行きたくない理由によくある6つの例

「仕事に行きたくないけど、なぜそう感じるのか理由がわからない…」という方もいるでしょう。仕事に行きたくない日が続いている場合、原因を分析して対処法を考える必要があります。

ここでは、仕事に行きたくないと感じる原因を6つご紹介するので、理由がわからないと悩んでいる人は参考にしてください。

1.自己肯定感が下がっている

自己肯定感が下がっていると、仕事に行きたくないと感じる場合があるようです。自己肯定感とは、今の自分を認め、長所も短所も肯定すること。

自己肯定感が下がっていると、周りと比較して自分が劣っていると思い込んだり、自分の存在意義をネガティブに捉えてしまったりする恐れがあります。自己肯定感が低いと感じる場合は、小さなことでも良いので成功体験を積み重ねて、少しずつ自信をつけるのがおすすめです。

詳しくは、「自分に自信が持てない原因とは?自己肯定感を高める方法を紹介」のコラムでご紹介しています。

2.仕事でミスをして憂うつになっている

仕事に行きたくない原因として、仕事のミスを引きずっていることも挙げられます。社会人として働いていれば、誰でもミスをしてしまうもの。特に、社会人一年目や部署異動したばかりのころは、業務に慣れておらずミスを繰り返してしまうことも少なくありません。

ミスがトラウマになると、「また繰り返すかもしれない」「上司に報告したくない」といった気持ちが生まれ、仕事に行きたくないと思う場合があるようです。

3.体調が優れない

体調が優れない時は、仕事に行きたくないと思うのも無理はありません。しかし、発熱や風邪などの病気ではなく、「頭痛がある」「吐き気がする」「熱はないものの体がだるい」といった症状では、職場に迷惑をかけてしまうからと無理して出勤する人も多いようです。

4.仕事が激務で精神的・体力的に辛い

激務で精神的・体力的に辛いため仕事に行きたくないという事例も考えられます。たとえば、「毎日終電近くまで仕事をしている」「●連勤が続いている」などの場合は、仕事に行きたくないという気持ちになりやすいでしょう。

また、上司からの期待が大き過ぎたり、ノルマへのプレッシャーがあったりすると、仕事に行きたくない気持ちが生じやすくなります。無理をして出勤すれば、体力面だけでなく、精神的にも辛くなる可能性があるでしょう。

5.通勤時間が長い

通勤時間が長いことが理由で仕事に行きたくないという場合もあるでしょう。

総務省統計局が実施した「令和3年社会生活基本調査」によると、通勤・通学時間の平均時間ランキングは以下のとおりです。

順位都道府県通勤時間
1神奈川県1時間40分
2千葉県、東京都1時間35分
4埼玉県1時間34分
5奈良県1時間28分
45愛媛県57分
46宮崎県、山形県56分
平均全国1時間19分

引用:令和3年社会生活基本調査(15p)「表6-1 都道府県別通勤・通学の行動者平均時間(2021 年)-平日

首都圏では1時間半を超える長時間通勤となっており、最も通勤時間が短い地域でも1時間近くかかっています。通勤自体にストレスがあったり、通勤時間を別のことに使いたいと感じたりすれば、仕事に行きたくないと思ってしまうでしょう。

参照元
総務省統計局
令和3年社会生活基本調査の結果

会社の近くへ引っ越しを検討するのも手

通勤時間が長く仕事に行きたくないと思う場合は、会社の近くへ引っ越すのも選択肢の一つです。通勤時間を短縮すれば体の負担が減り、満員電車のストレスも軽減するので、仕事に行きたくない気持ちが改善されるかもしれません。

6.仕事内容に不満を持っている

仕事内容に不満がある場合も、仕事に行きたくないと感じることがあります。希望の部署に配属されなかったり、雑務ばかりやらされたりすると、不満が募るでしょう。

本人の能力とは関係なく、「年功序列だから」「前例がないから」といった理由でやりたい仕事ができない場合、仕事に行きたくない気持ちが強くなるのも自然なことといえます。

仕事に行きたくない時のモチベーションの上げ方10選

仕事に行きたくない場合は、モチベーションを上げる工夫をして自分の気持ちをコントロールしましょう。ここでは、モチベーションの上げ方を具体的に解説します。

1.小さなことでも自分を褒める

自己肯定感が下がって「仕事に行きたくない」と感じる時は、どれだけ些細なことでも自分を褒めましょう。たとえば、朝会社に着いたら「無事に出勤できて偉い」と自分を褒めてみてください。

普段何気なく行っていることや当たり前にできていることも、あえて褒めることでやる気につながる場合があります。

2.「失敗は誰にでもある」と割り切る

ミスが原因で仕事に行きたくない場合は、「誰でもミスはするもの」と割り切り、ネガティブに考え過ぎないようにしましょう。もし、新しい業務や部署に就いたばかりであれば、仕事に慣れていないだけの可能性もあります。

「次は気をつけよう」と失敗から学び、徐々にスキルアップを図る姿勢が大切です。

仕事でミスをして憂うつな気持ちになっている場合は、「仕事でミスをしたときの対応方法は?防止策や落ち込むときの対処法も解説」のコラムも読んでみてください。

3.休暇を取って一旦仕事から離れる

心身ともに疲れを感じている場合は、有給休暇や休職制度などを利用して、一旦仕事から離れるのが効果的です。休むことに対して罪悪感を覚える方もいるようですが、気分転換をすれば気分がリフレッシュされ、仕事に行きたくない気持ちを払拭しやすくなるでしょう。

特に、体調が悪いときはしっかりと休んで回復に努めるのが大切です。無理をするとかえって症状が悪化することもあるので、後々の仕事に影響を及ぼさないためにも休みましょう。

体調を理由に欠勤する場合、何を基準にして判断するか迷う方は、「体調不良で仕事を休む判断基準は?会社への連絡方法や例文もご紹介」を参考にしてください。

4.仕事のあとの楽しみやご褒美を見つける

仕事に行きたくない時のモチベーションを上げるには、頑張ったあとの楽しみやご褒美を用意するのが効果的です。たとえば、下記のようなものが挙げられます。

・少し良いお店に食事に行く
・映画を観る
・洋服を買う
・マッサージやエステに行く
・美容院に行く

上記は一例であり、何がモチベーションとなるかは人によって異なります。自分だけの楽しみを見つけ、前向きに仕事に取り組みましょう。

5.部署が合わない場合は異動を申し出る

「職場が合わない」「人間関係に悩んでいる」という場合は、部署異動を申し出てみてください。同じ会社内でも、仕事内容や周囲の人間関係が変われば居心地が良くなることもあります。それでも改善が難しい場合は、転職を検討してみても良いでしょう。

在宅ワークができる仕事を探すのも選択肢の一つ

人間関係が原因で仕事に行きたくない場合は、在宅勤務ができないか検討してみるのも一つの手です。職場に出勤する必要がなくなれば、人間関係の悩みも減るでしょう。通勤のストレスから解放され、心身ともに健康になる効果も期待できます。

在宅勤務については、「在宅ワークをする3つの方法とは?代表的な仕事の種類もご紹介」のコラムも参考にしてください。

6.家族や友人に相談する

家族や友人など、信頼できる人に悩みを相談しましょう。仕事に行きたくないストレスや不安感を一人で抱え続けるのは、望ましくありません。

人に相談すれば、自分では気づけなかった問題解決のアドバイスを得られることもあります。具体的な解決方法は得られなくとも、誰かに自分の気持ちを話すことで気持ちが前向きになれるでしょう。

7.生活習慣を改善する

体調が優れず仕事に行きたくない場合は、規則正しい生活ができているか見直しましょう。仕事に行きたくない気持ちは、不規則な生活が原因の場合もあります。

睡眠不足や偏った食生活、運動不足などは、精神的な不調を引き起こす恐れも。早寝早起きやバランスの良い食事、適度な運動を心掛ければ、健康な状態を保ちやすくなるでしょう。

8.自己分析をして長所を探す

自己分析をして、自分の長所を探してみるのも一つの手です。仕事に行きたくない時は、「なぜこの仕事をしているのだろう」「何のために働いているのだろう」と、働く意味や目的を見失っている場合もあるでしょう。

「自分が得意なことは何か」「自分は何にやりがいを感じるのか」を明確にすれば、仕事へのモチベーションの回復が期待できます。
自己分析の具体的なやり方については、「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」で解説しているので参考にしてみてください。

9.仕事に対する考え方を変えてみる

仕事に行きたくないと悩んでいる場合は、働くことに対する考え方を変えてみるのもおすすめです。

たとえば、「この仕事は○○の役に立っている」と考えることで、気持ちが前向きになることもあります。一見、雑用と思える仕事でも、ほかの社員や取引先、下請けの会社など、誰かの役に立っているものです。

苦手な作業をやらねばならず、「今日は仕事に行きたくない」と思う時は、その仕事が誰のどのような役に立つのかを考えてみると良いでしょう。

「生活のため」と割り切る方法もある

どうしても気持ちが切り替えられない場合は、「仕事は生活のため」と割り切るのも一つの方法です。割り切って考えれば、小さなミスをしてもそこまで気にならなくなるでしょう。「もっと頑張らなきゃ」「ミスをしてはいけない」と自分にプレッシャーをかけ過ぎてしまう人は、気持ちを軽くするために割り切ってみてください。

ただし、考え方を変えたからといってミスが増えたり、仕事がいい加減になったりしないように注意しましょう。

10.転職を考えてみる

仕事に行きたくない気持ちがあまりにも続くようなら、転職を考えるのも良いでしょう。特に、待遇や仕事内容への不満が強い場合は、自分の力を最大限発揮できて、正当に評価される会社への転職を考えるのが堅実です。

自分に合った環境へ移れば、モチベーションも上がりやすくなります。今の会社で努力したものの改善の見込みがない場合は、転職を視野に入れましょう。

仕事へ行きたくない時に避けたほうが良い行動

仕事に行きたくない時は、紹介した対処法やモチベーションの上げ方を試すと同時に、下記の点にも気をつけましょう。

辛い気持ちを堪えて働き続ける

辛い気持ちを堪えて働き続けるのはおすすめできません。辛い気持ちのまま仕事をしていると、本来の実力を発揮できずミスが多発してしまう可能性があります。

一時的な「辛い」という気持ちは我慢できるかもしれませんが、毎日のように続く場合は心身に影響が出る前に休息を取りましょう。「会社に行きたくない」と正直に言うと、心が軽くなる可能性もあります。

無断欠勤をする

いくら仕事に行きたくないとしても、無断欠勤は社会人として好ましくありません。欠勤する人がいれば、その仕事をほかの人が担当することになります。そのうえ、無断欠勤をした翌日は、ますます仕事に行きたくないと思ってしまうでしょう。

無断欠勤をすると親に連絡がいったり、場合によっては減給されたりする恐れもあります。

会社を無断欠勤するとどうなる?連絡なしで休む問題点や正しい対処法を解説」のコラムで無断欠勤をした場合の問題点を解説していますので、こちらもあわせて参考にしてください。

「仕事に行きたくない」という理由のみで退職する

仕事に行きたくないという理由だけで、よく考えずに退職するのはやめましょう。今の職場で改善する方法はないか、仕事の目標は何だったかを改めて考えてみるのが重要です。

転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?」のコラムで紹介しているように、退職後の転職にはデメリットもあるため、後悔しない選択をしましょう。

どうしても仕事に行きたくない時はどうする?

どうしても仕事に行きたくない時は、退職したい理由を整理したり、ストレスのレベルを確認したりする必要があります。1人で考えてもよく分からない場合は、適切な相談先に話してみるのも良いでしょう。また、「仕事を辞めたいけれど理由が分からない」という人は、転職エージェントを利用するのが有効です。

自分に合った方法で、仕事に行きたくない気持ちを払拭しましょう。

退職したいほど行きたくない理由を考える

退職したいほど「仕事に行きたくない」と思う場合は、理由を明確にする必要があります。前述の通り、感情のままに辞めてしまうと後悔する恐れがあるためです。今の会社で改善する方法はないのか、転職で解決できるのか、といった点を考えてみてください。

たとえば、人間関係の悩みは転職先でも起こり得る問題です。異動を願い出たり、在宅ワークを申請したりして、まずは今の会社で模索してみたほうが良い場合もあります。

治療が必要なほど気持ちが沈んでいないか確認する

仕事に行きたくない気持ちの背景に、心身の病気が潜んでいないか確認するのも大切です。忙しいまま年月を重ねていると体調の変化に気がつきにくいものですが、実は過労で病気になっていたり、精神的な治療が必要だったりする可能性もあります。

仕事に行きたくないのに理由がわからない時はどうする?対処法を解説!」で紹介されている対処法を試しても、「どうしても仕事に行きたくない」「疲れているから家にいたい」と拒否反応が出るようなら、専門家に相談してみましょう。

総合労働相談コーナーに相談する方法もある

厚生労働省が提供している総合労働相談コーナーは、職場のトラブルを相談できる窓口です。解雇や雇止め、賃金の引き下げ、パワハラなど幅広い分野の労働問題を対象としています。予約なしで無料相談できるので、気軽に利用してみましょう。

全国の相談場所は、「総合労働相談コーナーの所在地」から確認できます。

参照元
厚生労働省
総合労働相談コーナーのご案内

転職エージェントを利用する

仕事に行きたくない理由がわからないものの、転職を検討したい場合は、転職エージェントを利用するのも選択肢の一つです。転職エージェントは、転職をするか迷っている段階でも利用できるので、面談で今の状況について相談してみることをおすすめします。

転職のプロの意見を聞くことで、仕事に行きたくない理由が明確になることもあるでしょう。退職のタイミングや、転職に必要なスキルについてのアドバイスも受けられるので、今やるべきことが見えてくるはずです。

「仕事に行きたくないけど、転職できる自信がない」「今のスキルで転職できる?」とお悩みの方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが希望条件や経歴をヒアリングし、一人ひとりに合わせて求人をご紹介します。

アドバイザーが事前に訪問した会社の求人をご紹介するため、転職後のミスマッチを避けやすいことが特徴です。ハタラクティブは若年層の転職支援に特化しており、未経験歓迎の求人や非公開求人が多いのもポイント。まずはご相談だけでも大丈夫です。ぜひお気軽にご連絡ください。

仕事に行きたくない」という悩みに関するFAQ

ここでは、「仕事に行きたくない」という気持ちがある方の悩みや質問をQ&A形式で紹介します。

仕事に疲れたときのリフレッシュ方法は?

趣味に没頭したり、運動したりなどがあります。まずは入浴や睡眠で疲れを取り、休日に好きなことをすればリフレッシュできるでしょう。

気持ちが軽くなったら、なぜ疲れているのか原因を分析して、対策を取るのが大切です。「仕事に疲れたと悩む方へ!リフレッシュ方法や転職を考えるポイントを解説」のコラムでリフレッシュ方法の例をご紹介していますので、参考にしてみてください。

どうすればモチベーションを上げられる?

目標を設定したり、主体的に行動したりするのがモチベーションを上げるコツです。「今日はこの仕事を完成させる」「今月は●●を達成する」といった目標を立てると、気持ちが前向きになります。

また、目標達成に向けて「どうしたら効率的に仕事ができるか」と主体的に行動できるようになり、モチベーションを維持しやすくなるでしょう。「仕事のモチベーションを維持するためにやってほしいこと」のコラムではモチベーションを保つ方法を解説していますので、試してみてください。

仕事を休みたいときの理由はどうする?

体調不良やトラブル対応などの理由があります。会社をずる休みするのは良くありませんが、「仕事に行きたくない」という気持ちが強く、どうしても辛いときは休むのも大切です。

その場合は直属の上司に連絡し、次回の出勤時にお礼と謝罪を述べましょう。「仕事を休むのに使える33個の理由をご紹介!伝え方の注意点やマナーも解説」のコラムで参考になる理由をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

どうしても仕事に行きたくないときはどうする?

解決できない悩みがあるなら、転職を視野に入れても良いでしょう。転職する際は、今の仕事に行きたくない理由や原因を明確にし、前向きに行動することが大切です。

若年層向け転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが希望に沿った求人をご紹介します。履歴書の書き方や面接練習などの転職支援も行っているので、初めての転職でも安心です。転職を検討している方は、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ