仕事に行きたくない!具体的な理由や対処法をご紹介!

仕事に行きたくないときはどうしたら良いですか?

仕事に行きたくない理由を分析し、対処法を考えましょう。仕事に行きたくない原因に合わせて、効果的な対処法を試してみてください。今の職場でできることに限界があるなら、転職を検討してはいかがでしょうか。

就活アドバイザーに聞いてみました!

仕事に行きたくない!具体的な理由や対処法をご紹介!

働いている人なら「仕事に行きたくない」と一度は思ったことがある方も多いでしょう。仕事に行きたくない理由は人それぞれですが、何も対処せず我慢し続けるのは望ましくありません。理由に応じて対策を講じることで、仕事に行けるようになる可能性があります。このコラムでは、仕事に行きたくないときの対処法やリスク、モチベーションの上げ方などについて就活アドバイザーに聞いてみました。

仕事に行きたくない原因と対処法

仕事に行きたくない日が毎日のように続いている場合、原因を分析して対処法を考える必要があります。「仕事に行きたくない」と言っても、業務内容自体が嫌な人もいれば、職場での人間関係に悩んでいる人もいるでしょう。仕事に行きたくない原因次第で、とるべき対処法は変わってくるため、自分が「仕事に行きたくない」と感じる原因を明確にすることが大切です。
ここからは、仕事に行きたくないと感じる具体的な原因と、それぞれの対処法を解説します。自分がなぜ仕事に行きたくないのか考え、できそうなことから実践してみてください。

仕事のやる気がない

休み明けは、なかなか仕事モードに切り替わらず、「仕事に行きたくない」と感じることも多いでしょう。特にゴールデンウィークや年末年始といった連休明けは仕事の日の生活リズムを取り戻しにくいもの。そのため、身体も心も仕事に行きたくない、家にいたいといった気持ちになってしまう人が多くいるようです。

小さなことでも自分を褒める

休み明けでなかなか仕事のやる気が出ない場合は、どんなに些細なことでもこなした自分を褒めてあげましょう。たとえば、朝会社に着いたら「無事に出勤できた」と自分を褒めてください。普段何気なく行っていることやできて当たり前なことも、あえて「褒める」ことでやる気につながるでしょう。
仕事へ行くメリットは、後述する「仕事に行きたくない人がモチベーションを上げる方法」でも紹介しますので、あわせて参考にしてください。

仕事のミスで憂うつになっている

仕事に行きたくない原因のなかには、「仕事でミスをしてしまった」ことも挙げられます。社会人として会社で働いていれば、誰でも一度はミスをしてしまうもの。特に、社会人一年目や部署異動したばかりだと、業務に慣れておらずミスを繰り返してしまうことも少なくありません。
ミスや怒られることがトラウマとなると、「仕事に行くとまたミスするかもしれない」「ミスを上司に報告したくない」「周囲の期待に応えられなくて申し訳ない」といった気持ちが生まれ、仕事に行きたくないと思うのも自然なことだといえます。

「失敗は誰にでもある」と割り切る

ミスが原因で仕事に行きたくない場合は、「誰でも仕事でミスはするもの」と割り切り、ネガティブに考え過ぎないようにしましょう。もし、新しい業務や部署に就いたばかりなのであれば、まだ仕事に慣れていないだけの可能性もあります。「次回はこのミスに気をつけよう」と学んだことを活かし、徐々にスキルアップを図りましょう。

体調が優れない

体調が優れないときは、仕事に行きたくないと思うのも当然でしょう。発熱や風邪などの明確な病気ではなく、「頭痛がひどい」「熱はないけど体がだるい」といった程度では、無理して出勤しようとする人も多いようです。

無理をせず仕事を休む

体調が悪いときは、しっかり休んで回復に努めましょう。無理をすると、かえって症状が悪化することもあります。後々の仕事に影響を及ぼさないためにも、休む選択をとることが賢明です。有給休暇は、会社によって申請方法や取得のタイミングにルールが設けられていることもあるため、事前によく確認しましょう。体調を理由に欠勤する場合、何を基準にして判断するか迷う方は、「体調不良で仕事を休む判断基準は?会社への連絡方法や注意点もご紹介」を参考にしてください。

激務で精神的・体力的に辛い

激務で精神的・体力的に辛いために仕事に行きたくないという人もいます。「毎日終電近くまで仕事をしている」「今月は一度も休みがない」という人もいるでしょう。ワークライフバランスが保たれていないと、気分転換や十分な休息も取れず、余計に仕事に行きたくない気持ちを呼び起こします。体力的に辛くなるのはもちろん、精神的に参ってしまう可能性も否めません。

休暇をとって一旦仕事から離れる

心身ともに疲れを感じている場合は、有給休暇や休職制度などを利用して一旦仕事から離れるのが効果的です。人によっては休むことに対して罪悪感を覚える方もいるようですが、気分転換をすれば気持ちもリフレッシュされ、仕事の効率も良くなることが期待できるでしょう。

通勤時間が長い

通勤時間が長いから仕事に行きたくないという人も多いでしょう。総務省統計局が実施した「平成28年社会生活基本調査の結果」によると、通勤・通学時間の平均時間は下記の通りです。

  週全体 平日
15~19歳 64分 62分
20~24歳 78分 82分
25~29歳 85分 91分
30~34歳 74分 77分
35~39歳 80分 82分
40~44歳 73分 76分
45~49歳 71分 72分
50~54歳 73分 78分
55~59歳 73分 75分
総数 74分 77分

引用:「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)生活時間に関する結果 1-8 曜日,男女,ふだんの健康状態,年齢,行動の種類別行動者平均時間(主行動)(10歳以上)-全国

このように、どの年代も平均で1時間以上の通勤を強いられており、仕事に行きたくないと思うのも頷けます。

引っ越しを検討する

通勤時間が短くなるよう、会社近くへの引っ越しを検討してみましょう。そのままの状況を続けても、通勤によるストレスは軽減されるどころか増える一方です。通勤時間が短縮できれば、その後の仕事に対するパフォーマンスも向上するはずです。

参照元
総務省統計局
平成28年社会生活基本調査の結果

職場の人間関係にストレスを感じる

職場の人間関係をストレスに感じ、仕事に行きたくない人もいます。「上司から毎日きつく言われてしんどい」「同期や同僚とあまり馴染めない」といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

部署異動を検討する

職場が合わないと感じている場合は、部署異動を申し出てみてください。同じ会社内でも、仕事内容や周囲の人間関係が変わることで、居心地が良くなることも考えられます。部署異動については、「部署の変更を申し出る」で後述しているので、そちらも参考にしてください。それでも改善が難しい場合は、転職を検討してみても良いでしょう。

会社や仕事内容に不満を持っている

今の職場の給与や待遇に不満がある人も、仕事に行きたくないと感じることがあります。「仕事を頑張っているのに正当に評価されていない」「労働時間の割に給与が少ない」といった不満は、やる気やモチベーションを下げてしまうでしょう。なかには、「入社のときに聞いていた条件と違う」「残業代を支払ってもらえない」といったトラブルを抱えていることもあります。

転職を考えてみる

自分の力を最大限発揮できて、正当に評価される会社へ転職を考えるのが堅実です。もし、今の職場でより良い給与や待遇を実現するなら、実績を出して評価される必要があります。しかし、今仕事に行きたくないと感じている場合、「さらに仕事を頑張って評価されよう」というのは現実的ではないでしょう。
企業のなかには、違法な残業や最低賃金を下回る給与で働かせているところもあります。「入社後に分かるブラック企業の特徴」で紹介しているような特徴にあてはまる場合は、労働基準監督署に相談してください。

仕事に行きたくない状態を継続するデメリット

対処法の実行は腰が重いと感じるかもしれませんが、仕事に行きたくないと感じている状態で仕事を続けることには、デメリットが生まれます。ここからは、仕事に行きたくないというメンタルのまま仕事を行う弊害やデメリットを解説するので、頭に入れておいてください。

仕事に集中できない

「仕事に行きたくない」という気持ちを持ったまま仕事に行くと、やる気が出ず、本来出せるはずだったパフォーマンスを発揮できないことも少なくありません。結果が出なかったり、ミスを連発したりすれば、上司や同僚に迷惑が掛かります。周囲の負担となることは、余計に「仕事に行きたくない」と考えてしまう要因になるでしょう。
仕事に行きたくないと考えたまま仕事をすることは、悪循環に陥ってしまう可能性が高くなります。大きなミスを起こす前に、仕事に行きたくない気持ちに対処しましょう。

周囲との温度差が生まれる

仕事に行きたくないと思いながら仕事に行くと、周囲との温度差が生じる場合があります。周囲は仕事に対してやる気があり、やりがいを持って取り組んでいるなか、やる気のない人が職場にいると、雰囲気が悪くなる可能性もあるでしょう。職場の士気が下がれば、業務量が増えたり、ミスが増えたりして余計に仕事に行きたくないと感じてしまうこともあります。周りに迷惑を掛けないよう、仕事に行きたくないと思ったら、早めに対処することが大切です。

体調が悪くなってしまう

仕事に行きたくない気持ちのせいで仕事中に涙が出るようになったり、体調が悪くなってしまったりするリスクもあります。適度なストレスは緊張感を与えるのに適切ですが、度を超えたストレスは心身に悪影響をきたし、病気を引き起こす可能性も。自分の身体を壊してしまってからでは、転職するにもうまく動けないことが考えられます。場合によっては、日常生活にまで悪影響をきたすこともあるでしょう。
涙だけではない!仕事のストレスがもたらす影響」でも、過度なストレスによる心身への影響をご紹介しています。思い当たる節がある方は、こちらもご一読ください。

「仕事行きたくない」病とは?

仕事行きたくない病とは、「仕事に行きたくない」と思うことを指します。月曜日や連休明けになりやすいのが特徴です。医者に診断されるような病気ではありませんが、人によっては気分が落ち込んだり、頭痛がしたりすることもあります。
社会人であれば、誰しも仕事に行きたくない日はあるものの、その気持ちが長く続くようであれば、しっかりと対処することが重要です。仕事に行きたくない病を引き起こす原因や緩和方法などを知りたい方は、「仕事行きたくない病になってない?気分を変えるのに有効な方法」もぜひ参考にしてください。

仕事に行きたくない人がモチベーションを上げる方法

仕事に行きたくない場合は、モチベーションを上げる工夫をして、うまく自分をコントロールしてみましょう。ここからはモチベーションの上げ方を具体的に解説します。

休暇を取ってリフレッシュする

仕事に行きたくないと感じたら、仕事を休んでリフレッシュしてみましょう。昼休みにランチに出掛けたり、会社のまわりを散歩したりして、意識的に気分転換の時間をつくるのも効果的です。
休日は家でゆっくりするのも良いですが、スポーツをして体を動かすのもおすすめ。長期間の休みが取れる場合は、どこかに旅行してみても気分転換になります。
仕事を休んでリフレッシュすれば、仕事に対して抱いていた不満が解消され、モチベーションが回復する可能性もあります。身体や心を壊してしまっては元も子もないので、自分を最優先に考えることが大切です。

家族や友人に相談する

家族や友人など、信頼できる人に悩みを打ち明け、相談してみましょう。仕事に行きたくないというストレスや不安感を一人で抱えることは、望ましくありません。自分では気づけなかった問題解決のためのアドバイスを得られることもあります。具体的なアドバイスは得られなくとも、誰かに自分の気持ちを話すことで気持ちが楽になることもあるでしょう。

生活習慣を改善する

体調や心に余裕がない場合は、規則正しい生活をすることから実践してみましょう。ストレスから仕事に行きたくないと思っている人のなかには、不規則な生活をしている人もいます。睡眠不足や偏った食生活、運動不足などは、精神的な不調を引き起こす恐れも。早寝早起きやバランスの良い食事、適度な運動を心掛ければ、心身ともに健康な状態でいられるでしょう。

楽しみやご褒美を見つける

仕事に行きたくないときのモチベーションを上げるには、仕事を頑張ったあとの楽しみやご褒美を用意するのが効果的です。たとえば、下記のようなものが挙げられます。

・少し良いお店に食事に行く
・映画を見る
・少し高い洋服を買う
・マッサージやエステに行く
・美容院に行って髪型を変える

上記は一例であり、何がモチベーションとなるかは人によって異なるものです。自分だけの楽しみを見つけ、前向きに仕事に取り組みましょう。

自己分析をして長所を探す

自己分析をして自分の長所を探してみるのも一つの手です。仕事に行きたくないという方のなかには、「なぜこの仕事をしているのだろう」「何のために働いているのだろう」と、働く意味や目的を見失っている人もいるでしょう。そのような場合は、「自分が得意なことは何か」「自分は何にやりがいを感じるのか」といったことを明確にすることで、自分がもっている仕事へのモチベーションが見えてくるはずです。

仕事に対する考え方を変えてみる

仕事に行きたくないと悩んでいる人は、仕事に対する考え方を変えてみるのもおすすめです。仕事のプレッシャーが大き過ぎたり、仕事を人生の最優先事項のように考えていたりする人もいるでしょう。しかし、人生には仕事以外に楽しいことや目標となることが多く存在しています。
たとえば、仕事は「お金を稼ぐための手段」と割り切って考え方を変えてみましょう。生きていくためにやっていくだけというメンタルであれば、仕事でミスをしてもそこまで気にならなくなります。考え方を変えるだけでも気持ちが大きく変化するので、試してみてください。

スキルアップを図る

上記とは真逆に、仕事をより頑張ることで、仕事に行きたくないという気持ちを改善する方法もあります。スキルアップすれば、会社からの評価が上がるでしょう。評価が上がれば、給与や待遇が良くなることが期待できます。自分の希望が通りやすくなったり、裁量を持って働けるようになったりして、今より働きやすい環境に変えられる可能性があります。

部署の変更を申し出る

現在の部署がつらくて仕事に行きたくないと感じている人は、部署の変更や異動をさせてもらえないか、上司や人事部に相談してみてください。環境が変わると、付き合う人も変わります。そうすれば、人間関係の悩みは解決することがあるでしょう。また、新しい部署での仕事にやりがいを見出し、モチベーションが上がる可能性もあります。

在宅ワークで解決!

職場環境や人間関係、通勤が仕事に行きたくない原因となっている人は、在宅勤務ができないか検討してみるのも手です。自宅で仕事ができれば、通勤から開放されます。職場に出勤する必要もないので、同僚や上司と直接顔を合わせる機会は減り、ストレス軽減が期待できるでしょう。
在宅勤務については、「在宅で仕事をする3つの方法とは?メリット・デメリットや注意点も解説」のコラムも参考にしてください。

仕事へ行きたくないときに避けたほうが良い行動

仕事に行きたくないときは、ここまで紹介した対処法やモチベーションの上げ方を試すと同時に、下記の点にも気をつけておきましょう。

無断欠勤をする

いくら仕事に行きたくないとしても、無断欠勤は社会人として推奨できる行為ではありません。欠勤する人がいれば、そのぶんをほかの人でカバーしなければならないでしょう。そのうえ連絡のない無断欠勤となれば、職場には大きな迷惑を掛けることになります。職場との関係が悪くなれば、ますます仕事に行きたくないと思ってしまうでしょう。
また、正当な手続きを踏まずに退職することも問題になります。場合によっては損害賠償を請求されたり、懲戒解雇処分となったりして、転職に影響することも。「仕事をばっくれたらどうなる?その後に生じるリスクや対処法をご紹介」で紹介している通り、仕事をばっくれてもメリットは少ないでしょう。

「仕事に行きたくない」という理由のみで退職をする

仕事に行きたくないという理由と勢いだけで退職するのは、おすすめできません。
仕事に行きたくないという気持ちを持ちながら出勤するのは辛く、逃げ出したくなることもあるでしょう。しかし、退職したら次の就職先を決めなければ、金銭面や精神面に余裕のない生活が強いられてしまいます。転職活動では前職の退職理由や転職理由も問われるため、「勢いで退職した」というのは好印象にならないでしょう。「転職活動は退職後と在職中のどちらが良い?見極めポイントと不安解消のコツ」のコラムでご紹介しているように、退職後の転職にはメリットもある一方でデメリットもあるものです。退職は、慎重に決めることをおすすめします。

仕事のストレスを我慢し続ける

仕事に行きたくない気持ちを我慢し続けることもおすすめできません。ストレスを我慢し続けていると、心身ともに悪影響があり危険です。自分の身を守れるのは自分だけなので、ストレスとの適度な距離感を見極めましょう。

それでも仕事に行きたくないなら転職も手

上記で紹介した対処法を試してみても仕事に行きたくないという気持ちが改善されないのであれば、転職も手です。
ストレスが多い職場ではいずれ心身に限界がきてしまうでしょう。多くの時間を占める仕事を楽しめなければ、日々の生活全体がストレスフルになってしまいます。特に、パワハラやサービス残業など職場環境の悪い企業にいる場合は、早めの転職を考えたほうが賢明です。
しかし、「今の仕事に行きたくないから」という気持ちだけで闇雲に転職活動をスタートするのは推奨できません。今の職場の何に不満があり、新しい職場に求めることは何なのかを明確にしたうえで、ミスマッチのない転職先を見つけていきましょう。

「今の仕事に行きたくないけど、転職できる自信がない」「在職中だけど転職活動ってできるの?」とお悩みの方は、転職エージェントの利用がおすすめです。
転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがあなたの希望やスキルを伺い、あなたに合った求人をご紹介いたします。アドバイザーが事前に訪問している会社の求人をご紹介するため、転職後のミスマッチを避けやすいことが特徴です。ハタラクティブは若年層の転職支援に特化しており、未経験歓迎の求人や好条件の非公開求人が多いこともポイント。異業種に転職したい方や待遇アップを目指す方にもおすすめです。
転職のプロであるアドバイザーからのサポートは、無料でご利用いただけます。まずはご相談だけでもお気軽にご連絡ください。

仕事に行きたくない人のお悩みQ&A

ここでは、「仕事に行きたくない」という気持ちがある方のよくあるお悩みや質問に、Q&A形式で回答していきます。

仕事に行きたくないです…甘えでしょうか?

甘えではありません。仕事に行きたくない気持ちが原因で心身に影響が出ている場合は、休暇をとって回復に努めましょう。場合によっては、医療機関の受診や休暇もご検討ください。対処法については「仕事に行きたくないときは休んで良い?憂鬱な気持ちを解消する方法8つ」のコラムでご紹介しています。

仕事に行きたくない理由がわからないことはある?

あります。毎日当たり前のように職場へ行って働く生活を続けていると、自分がなぜ仕事に行きたくないのかはっきりとした理由がわからないという人もいるようです。詳しくは、このコラムの「仕事に行きたくない原因と対処法」でご紹介しています。共感できるものがあれば対処法を実践してみてください。

仕事に行きたくないときはどうすれば良いですか?

「仕事を頑張ったら美味しいものを食べに行く」「好きな映画を見る」というように、自分にご褒美を与えて頑張ってみるのも一つの手です。また、職場の業務内容や人間関係に悩んでいる場合は、部署異動を申し出る方法もあります。ただし、このコラムの「仕事へ行きたくないときに避けたほうが良い行動」でご紹介しているように、無断で欠勤したり勢いで退職したりすることはおすすめできません。

仕事に行きたくないけど、仕事は続けるべきですか?

身体や心に影響が出ているなら、求職や退職を検討したほうが良いでしょう。「楽しいときもあるけどたまに行きたくない」という程度なら、自分の考え方や価値観を変えたり、部署異動によって解決できたりすることもあります。ただし、ストレスを我慢し続けることは良くないので、早めに対処しましょう。

どうしても今の仕事に行きたくない!転職できますか?

可能です。転職する際は、いまの仕事に行きたくない理由や原因を明確にし、前向きに行動しましょう。若年層向け転職エージェントのハタラクティブでは、専任のエージェントがあなたに合った求人をご紹介します。履歴書の書き方や面接練習などの転職支援も行っているので初めての転職でも安心です。転職を検討している方は、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ