新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事は適当でいい?ほど良く力を抜く方法や注意点を紹介

仕事は適当でいい?ほど良く力を抜く方法や注意点を紹介

公開日:

最終更新日:

仕事は適当でいい?ほど良く力を抜く方法や注意点を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事で許される「適当」とは、ほど良く力を抜くこと
  • ・仕事を適当にしていても、最終的に成果が出れば問題ない
  • ・仕事を適当にこなすポイントは、「ほど良く休む」「周りに頼る」など
  • ・仕事を適当にするときの注意点は、「やる気がないように見せない」「期限を守る」など
  • ・仕事を適当にしていても、「ほど良く力を抜く」程度であれば基本的にはクビにならない

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「仕事は適当でいいの?」「どの程度なら許される?」「クビになることはある?」と考える人は多いでしょう。仕事は、ほど良く力を抜く程度なら適当にこなしても問題ないといえます。また、会社に損害を与えなければ基本的にクビになることもないでしょう。このコラムでは、仕事上で認められる「適当」について紹介しています。また、仕事を適当にこなすポイントや注意点を紹介しているので、あわせて確認してみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事は適当でいい?

仕事は「適当」にやっても良いといえます。なぜなら、人生のどの分野に重きを置くかは本人の自由だからです。仕事に全力を注ぐ人もいれば、趣味や家族の時間を何よりも大切にする人もいます。そのため、誰もが仕事にすべての力を注ぐ必要はないといえるでしょう。
ただし、仕事で許される「適当」は「手を抜く」ではなく、「力を抜く」です。このコラム内で「仕事は適当で良い」とお伝えしている内容は、すべて「周りに迷惑を掛けずにほど良く力を抜いた状態である」と認識してください。以下で、仕事で認められる適当の定義を紹介します。

仕事で認められる「適当」とは

仕事で認められる適当さとは、ほど良く力を抜きながらも「ここぞ」というときは真剣に取り組むこと。他人に迷惑を掛けてしまう適当さは、「力」ではなく「手」を抜いた状態です。自分では少し力を抜いて仕事をしているつもりが、実は他人に迷惑を掛けていることもあるので注意しましょう。
自分の仕事に対する適当さが他人に迷惑を掛けていないか気になる方は、このコラム内の「仕事を適当にやるときの3つの注意点」をチェックしてみてください。
次の項目では、仕事を適当にしても良い理由を具体的に解説します。

適当に仕事をしても良い3つの理由

仕事を適当にしても良いのには、「仕事が円滑に進みやすい」「ストレスがたまりにくい」「仕事を適当にこなしても成果が出れば問題ない」などの理由があります。それぞれの理由に対する根拠は以下のとおりです。

1.仕事が円滑に進みやすい

仕事を適当にすると作業が円滑に進みやすくなります。なぜなら、ほど良く力を抜いて適当に仕事をしている人は、ある程度自分の力を出し切ったあとはほかの人に委ねられるからです。仕事は、自分の中では完璧にこなしたつもりでも、他人目線では修正箇所があることも。そのため、最初からすべてを完璧に仕上げようとするのではなく、ある程度自分の力でやったあとは他人に助言を求めましょう。その方が、結果的に仕事がスムーズに進むはずです。

2.ストレスがたまりにくい

仕事を適当にやると、ストレスがたまりにくくなります。仕事を適当にできる人は、力を入れる部分と抜く部分の区別がしっかりとついているので、余計な力を使いません。そのため、無駄なストレスをため込まずに済むのです。
すべての仕事に全力投球だと気を抜くタイミングがなく、気づかぬうちにストレスがたまってしまいます。仕事はほど良く力を抜いて適当にやった方が、精神衛生上も良いといえるでしょう。

3.成果が出れば問題ない

最終的に成果が出れば問題ないことも、仕事を適当にして良い理由の1つです。社会人として働くうえでは、努力の過程よりも成果が重視される傾向にあります。なぜなら、どれほど一生懸命仕事に取り組んだとしても、成果が出なければ会社に利益はないからです。そのため、結果を出して会社の業務に貢献していれば、仕事を適当にやっていても問題ないといえます。

仕事を適当にこなす5つのポイント

仕事を適当にこなすポイントは、「ほど良く休む」「周りに頼る」「会社以外のコミュニティを作る」などです。以下を参考にして、仕事を適当にこなせるようになりましょう。

1.「適当にやる日があっても良い」と考える

いきなり仕事を適当にこなすのが難しい場合は、「仕事を適当にやる日があっても良い」と考えることから始めましょう。最初は意識するだけでも問題ありません。「仕事は適当でも良い」と思うことで、気持ちが軽くなる場合もあるでしょう。
また、仕事中にほど良く休憩を挟み、作業にメリハリをつけるのもおすすめです。集中すべきときは全力で集中し、終わったら休憩を挟んだりストレッチをしたりして適当に過ごすと、ストレスもたまりにくくなるでしょう。

2.自分1人ですべてをやろうとしない

仕事を適当にこなすためには、自分1人ですべてをやろうとしないことが重要です。ある程度自分の力で仕事を進めたら、あとはほかの人に頼りましょう。自分の力だけでこなし切ろうとすると、解決までに時間が掛かって仕事が先に進まず、周りに迷惑が掛かることも。そのため、ほかの人に頼る勇気を持つことが、仕事を適当にこなすうえで重要なポイントといえます。

3.80%ほどの出来を目指す

80%の出来を意識するのも、仕事を適当にこなすポイントです。仕事を適当にこなせる人は、初めから100%の完成度を目指しません。仕事をある程度の状態に仕上げたら一度提出し、他者のフィードバックを取り入れて初めて「100%」の状態に仕上げます。このコラム内の「適当に仕事をしても良い3つの理由」でも述べましたが、最初から完璧を目指さず、ほど良く適当に仕事をこなしましょう。

4.仕事を適当にするための努力は100%でする

仕事を適当にするためには、「仕事を適当にするための努力」を全力でしましょう。仕事を適当にするための努力とは、「いかに自分が楽をできるか」を考えて作業を効率化することです。たとえば、通常は30分かかる作業が一瞬で完了するツールを作成することなどが、仕事を適当にするための努力といえます。
また、普段何の疑問も持たずにやっている業務が本当に必要なのか、改めて確認するのもおすすめです。日常業務の中の無駄を見つけて、自分が適当に仕事をこなせるように効率化していきましょう。
仕事を効率化させる方法は、「仕事を効率化させるには?改善方法をご紹介します」で詳しく紹介しています。

5.会社以外にも居場所を作る

会社以外にも自分の居場所を作ると、仕事を適当にこなしやすくなるでしょう。会社にしか自分の居場所がない状態だと、人生が仕事中心になってしまいがちです。仕事が好きであれば問題ありませんが、仕事を適当にこなしたいと考えている人は職場以外にも居場所を作ってみましょう。たとえば、趣味で繋がるコミュニティに入ったりイベントに参加したりするのがおすすめ。会社以外の居場所を作ることで仕事以外にも意識が向き、仕事をほど良く適当にこなせるようになるはずです。

仕事を適当にやるときの3つの注意点

仕事を適当にする場合は、「力を抜いて良い場面を見極める」「やる気がないように見せない」「期限を守る」などの注意点を守りましょう。仕事を適当にするときに重要なのは、他人に迷惑を掛けないことです。以下でポイントを確認してみましょう。

1.「ここぞ」というときには力を発揮する

仕事を適当にする場合でも、「ここぞ」というときにはきちんと力を発揮してください。どのような仕事に対しても力を抜いていると、周りから「手を抜いている」と思われる可能性があります。仕事を適当にこなすときは、力を温存する期間や発揮するタイミングを見極めた「ほど良い適当さ」で取り組むのがポイントです。

2.やる気がないように見せない

やる気がないように見せないことも、仕事を適当にするうえで重要なポイントです。やる気がないように見られてしまうと、周囲のモチベーションを下げたり、自身の評価が下がったりする恐れがあります。やる気がないように見られる人の特徴は「常に無気力」「時間を守らない」など。自分では、ほど良く適当に仕事をこなしているつもりでも、周囲には「やる気がない」と捉えられる可能性もあるため注意してください。

3.期限を守る

適当に仕事をしたい人は、決められた期限を最低限守るようにしましょう。期限を守ることは仕事の基本。期限までに仕事が終わらないと、周囲に迷惑を掛けるだけでなく、自分自身の信用を失うことにもつながります。仕事をほど良く適当にこなしながらも期限内に終えるためには、余裕を持ってスケジュールを組むのがおすすめです。「仕事が間に合わないストレスから抜け出そう!遅れるときの対処法をご紹介」でも仕事の上手な進め方を紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。

仕事を適当にしているとクビになる?

仕事を適当にしていても、「ほど良く力を抜く」程度であれば基本的にクビにはなりません。ただし、度重なる無断欠勤や納期を守らないなど、会社に損害を与えるほど仕事を適当にしている場合はクビになることも。厚生労働省の「しっかりマスター労働基準法 解雇編(p2)」には、解雇(クビ)の種類が以下のように記されています。

仕事を適当にしているとクビになる?の画像

 

引用:厚生労働省「しっかりマスター労働基準法 解雇編(p2)

今後仕事を適当にこなそうと考えている人は、上記の「普通解雇」や「懲戒解雇」の条件に当てはまらないように注意しましょう。「会社をクビになった場合とその種類について」では、クビになる条件を詳しく解説しているので、あわせてご参照ください。

ポイント:「体調不良で連絡できなかった」などやむを得ない理由がある場合の無断欠勤や、単に「商品を壊した」「服装がだらしない」といった理由だけでは、基本的にはクビになりません。

参照元
厚生労働省
パンフレット 労働基準「しっかりマスター 解雇編」

仕事が適当な人にイライラしてしまうときの対処法

仕事が適当な人に対してイライラしてしまうときは、まず、なぜイライラしてしまうのかを考えましょう。仕事が適当な人に対してイライラする理由が、「周囲に迷惑を掛けているから」である場合は、上司に相談してみてください。部下や同僚ではなく上司から指導してもらうことで、状況が改善する可能性があります。
また、仕事を適当にこなせるのがうらやましくてイライラしてしまう場合は、自分自身も仕事を適当にこなせるようになりましょう。仕事を適当にこなす方法は、このコラム内の「仕事を適当にこなす5つのポイント」で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

上記の方法でも改善されない場合は、転職するのも一つの手段です。「どうしても仕事が適当な人を許せない」「今よりも快適な職場で働きたい」という人は、ぜひ転職エージェントのハタラクティブにご相談ください!
ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒など若年層の就職支援に特化しています。正社員からの転職はもちろんのこと、フリーターや既卒など就業経験がない方の就職も、経験豊富なアドバイザーがマンツーマンでサポート。求職者のカウンセリング実績は110,000件を超えています。
サービス利用料は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ