仕事がどうでもいいと思うときは適当でも大丈夫?原因や対処法を解説!

仕事がどうでもいいと思うときは適当でも大丈夫?原因や対処法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事がどうでもいいと感じても、適当にこなすのは避けたほうが良い
  • 仕事がどうでもいい理由は「やりがいがない」「仕事量への不満」「人間関係」など
  • 仕事がどうでもいいという気持ちが改善されなければ、転職を検討してみる
  • どうでもいい仕事に就かないために、自己分析を行ってから求人探しを始める

仕事の忙しさや人間関係に疲れ、「仕事なんてどうでもいい…」と感じる方も少なくないでしょう。仕事がどうでもいいと感じられても、適当にこなすのは避けたほうが無難。仕事には真面目に取り組みつつ、悩みの原因を探る必要があります。このコラムでは、仕事をどうでもいいと感じてしまう原因と対処法について解説。どうでもいいと思う気持ちを払拭し、前向きに仕事に取り組むための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事がどうでもいいときは適当にこなしても良い?

仕事がどうでもいいと感じられても、適当にこなすのはやめたほうが良いでしょう。仕事を適当にこなすと状況が悪化する可能性があり、問題の解決にはつながりません。あくまでも仕事は真面目にこなしつつ、対策を考えるのが最善です。

仕事を適当にこなすのは避けるのが無難

仕事を適当にこなす態度は、周囲からマイナスの評価をされやすくなるため、避けるのが無難です。周囲の人は、仕事がどうでもいいと感じている本人の悩みやストレスまでは理解しにくいのが実情。投げやりに仕事をこなす態度から、単に「やる気がない人」と判断されてしまう可能性があります。周囲からの評価が悪くなればポジションを解任されたり、職場に居づらくなったりと、厳しい状況に置かれることも考えられるでしょう。

すぐに退職するのも避けたほうが良い
仕事がどうでもよくなったからといって、即日退職するのも避けたほうが良いでしょう。仕事をどうでもいいと感じる原因が分からないまま退職すると、次の就職先でまた同じことを繰り返す可能性があるからです。また、転職先が見つからないうちに辞めてしまうと、収入がない焦りから求人選びが雑になってしまうことも。現職にとどまって仕事がどうでもいい原因を明確にしたうえで、転職を検討しましょう。

原因に向き合うことが大切

仕事がどうでもいいと感じたら、まずは原因を知ることが大切です。前向きな気持ちを抱けないまま仕事を続けても良い成果は得られず、ストレスも大きくなります。原因に向き合い、解決するための方法を考えましょう。

仕事がどうでもいいと思う4つの原因

仕事がどうでもいいと思ってしまう原因には、仕事にやりがいが感じられないことや人間関係の悩みが挙げられるようです。以下で4つの原因をそれぞれ解説します。

1.仕事にやりがいが感じられない

自分の仕事に意味を見出せなかったり、興味が持てなかったりすると、どうでもいいと思ってしまうようになります。入社前の仕事に対する希望や理想と、実際の業務とのミスマッチから仕事への意欲を失ってしまう人がいるようです。また、最初のうちは楽しいと思っていても、慣れるにつれて仕事がつまらないと感じてしまうパターンもあるでしょう。仕事へのやりがいが感じられないと、モチベーションを維持することも難しくなってしまいます。

2.頑張りが成果に反映されない

頑張っても結果が得られない状況が続くと、仕事を続ける気力を失ってしまうことがあります。具体例としては、割り振られる仕事の難易度が高く実際のスキルと見合っていない場合や、評価基準が曖昧で正当な評価を受けられない場合など。いくら努力しても良い成果が得られなければ、仕事へのやる気を失ってしまい、最終的にどうでもいいと感じてしまうようです。

3.仕事量に不満がある

仕事の量が多い、あるいは少ないという不満も仕事をどうでもいいと感じる原因になるようです。厚生労働省の「令和2年『労働安全衛生調査(実態調査)』の概況(12p)」によると、「仕事の量」をストレスと感じている人は、42.5%と最も多い割合を占めています。仕事の量が多過ぎると、心身は疲弊するものの達成感や成果は得られないため、どうでもいいと思いやすくなるでしょう。また、仕事量が少な過ぎてもやりがいが感じられず、投げやりな気持ちになってしまうことがあるようです。

参照元
厚生労働省
令和2年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概況

4.人間関係に悩みがある

仕事の人間関係に関する悩みがある場合も、大きなストレスがかかります。業務内容が嫌でなくても、毎日長時間を過ごす職場環境に悩みの原因があれば、ストレスは次第に大きくなっていくでしょう。さらに問題を放置したままだと、職場に行く気力がなくなり、仕事自体がどうでもいいと感じるようになってしまいます。

ストレスが心身の疲弊につながることも
原因を放置し続けると大きなストレスを受けることになり、心身に大きな負担がかかってしまいます。ストレスにより体調を崩し、仕事を続けること自体が困難になり、やむを得ず休職や退職を選択するしかない可能性も。仕事がどうでもいいと感じたらすぐに原因を把握し、問題解決のために行動を起こすことが重要です。

仕事をどうでもいいと感じてしまう方は、「仕事にやりがいを感じない原因とは?対処法も合わせて紹介」のコラムも併せて参考にしてみてください。

仕事がどうでもいいと感じたらまずやるべき8つのこと

仕事がどうでもいいと思ったら、まずは自分の状況を客観的に整理しなおしてみましょう。疲労を感じている場合は、休息を取るのも一つの手です。以下で8つのやるべきことを紹介しているので、自分に合ったものから試してみましょう。

1.自分の状況を客観的にとらえる

自分の状況を客観的にとらえると、仕事がどうでもいいと感じる原因や対処法が明確になるのでおすすめです。まず、今の状況を整理してみましょう。仕事内容や職場環境、プライベートを問わず、嫌だと感じることや悩みを紙に書き出します。なぜ仕事をどうでもいいと感じるのか、原因を特定するのが目的です。自分の不満が把握できたらさらに深堀りして、それぞれの問題の解決策を考えます。解決策が分かれば、自分が次に取るべき行動が分かってくるでしょう。

2.仕事の目標を立ててみる

仕事がどうでもいいと感じた際は、自分なりの仕事の目標を立ててみるのもおすすめです。目標を立てる際は、具体的な数字を入れることを意識しましょう。たとえば、営業職なら「新規の営業先を○件増やす」、事務職であれば「作業を○時間で終わらせる」など。目標が明確になり、達成を目指しやすくなります。
まずは、すぐに達成可能な小さな目標を立ててみましょう。自分で設定した目標を達成できると気持ちも前向きになり、仕事に対する意欲も高まりやすくなります。

3.自分を責め過ぎない

仕事をどうでもいいと思ってしまう自分を、責め過ぎないようにしましょう。仕事がどうでもいいと感じることに罪悪感を抱き、すべて自分に原因があると思ってしまう人もいるようです。自分自身を責め続けていると、精神的なストレスも大きくなってしまいます。仕事がどうでもいいのは一時的な気持ちであると考え、まずは今まで頑張ってきた自分を認めてあげると良いでしょう。

上司や同僚に相談するのも一つの手
仕事をどうでもいいと感じたら、上司や同僚に相談してみるのもおすすめです。一人で悩んでいるとネガティブになりやすく、解決策が見出だせないことも。身近な人に相談することで自分の意見が肯定されて自信が持てたり、新たな視点からのアドバイスを受けて悩みが解決できたりする場合があります。

4.仕事が多ければ周りにふる

仕事が多過ぎるときには、周囲に助けを求めてみましょう。自分から正直に話すことで、手伝ってくれる人が見つかることがあります。また、直属の上司に相談することで、次からの仕事量を調整してもらえる可能性も。こなせる仕事量は、本人以外には分かりづらいのが実情です。自分がキャパオーバーに陥っていても、周囲からは問題なく仕事をこなせていると判断されてしまうこともあるでしょう。仕事の多さが原因でどうでもいいと感じてしまう前に、周囲の人に相談することが大切です。

5.仕事に緩急をつけて取り組む

仕事の内容によって、取り組み方にメリハリをつけてみることも大切です。たとえば、お客さま対応では緊張感を持ち、裏方の仕事のときは少し緊張を緩めるなど。いつも全力で仕事に取り組んでいると体力も気力も長続きせず、どうでもいいと感じるようになってしまいます。自分の業務への取り組み方を見直して、モチベーションを維持しながら仕事を長く続ける工夫をしてみましょう。
ただし、緊張を緩めることとだらけることは違います。どんな仕事でも、真面目に取り組む姿勢は保ち続けることが大切です。

6.目の前の仕事に集中する

まずは、目の前の作業に集中して取り組んでみるのも有効な方法です。一度どうでもいいと感じてしまうと、仕事に関する悪い面ばかりが目についてしまうことも。一つの作業に無心で取り組んでいると、あれこれ考えずに済むうえ、作業効率の低下も防げます。一つずつ作業をこなしていくうちに、やりがいを感じる業務を経験して、仕事が面白いと感じられるようになる可能性もあるでしょう。

7.休養を取る

仕事がどうでもいいと思うくらい疲れている場合は、思い切って長期休暇を取りましょう。仕事から離れている間に、自分の気持ちに向き合ったり、今後の働き方についても落ち着いて考えられるのでおすすめです。仕事への意欲の低下は、心身に負担がかかっている証拠でもあります。体調が万全でないまま無理に仕事をしても、良い成果は生まれないでしょう。
心と身体がリフレッシュすることで、再び仕事に前向きに取り組めるようになる可能性も。自分が本来持っている力をまた発揮できるように、まずは一度仕事を離れて休むことも大切です。

8.割り切って考えてみる

「仕事はお金を得るための手段」「どうしても嫌なら辞める」と割り切って仕事に取り組んでみるのも一つの手です。仕事に関する精神的な負担を感じている人は、開き直ってしまうと心が少し軽くなることも。また、割り切って仕事と向き合うことで視野も広がり、現職以外の選択肢を考えるきっかけにもなります。割り切って仕事に取り組んでも、どうでもいいという思いが払拭できない場合は、転職に向けて気持ちを切り替えやすくなるでしょう。

仕事がどうでもいいと感じたときに取るべき行動については、「仕事が憂鬱と感じる理由は?予防策や対処法をご紹介!」でも詳しく述べているので、参考にしてみてください。

仕事がどうでもいいと思うときの対処法

前項の行動を試してみても、仕事がどうでもいいと感じるのであれば、副業や転職を検討してみましょう。以下でそれぞれの対処法について解説しています。

副業を始めてみる

現職をどうでもいいと感じてしまう場合、自分の興味がある仕事を副業として始めてみるのも、有効な手段です。副業をすることで、現職以外でのスキルアップを図れます。また、将来は副業を本業にしたいという目標も生まれるなど、前向きな気持ちで日々を送れるようになることも。ただし、企業によっては副業を禁止している場合もあるので、事前に就業規則を確認しておく必要があります。

仕事がどうでもいいと感じ副業を検討している方は、「正社員でも副業してOK?会社にバレる理由や働く際の注意点について解説」に目を通してみてください。

転職を視野に入れる

現職の仕事内容や職場環境によっては、転職を検討したほうが良いこともあります。以下に挙げる状況に当てはまる場合は、転職して新たな環境で働いたほうが良いでしょう。自分の現状と照らし合わせてみてください。

・現在の会社で働き続けてもスキルの向上が望めない
・やりたくない仕事が多く、会社に相談しても改善されない
・大勢の前で大声で叱責されることが多く、精神的に苦痛を感じている
・業務量に対して給料が低過ぎると感じている
・残業や休日出勤が多いため十分な休息がとれず、体調を崩しがちである

自分ができることをすべてやっても状況の改善が見込めない場合は、転職を考えたほうが良いといえます。無理して現職にとどまり続けると心身に大きな負担がかかり、仕事をどうでもいいと感じる気持ちはますます大きなものに。自分のスキルを活かして仕事をし、充実した社会人生活を送るためにも、転職を検討してみると良いでしょう。

部署異動も検討してみる
ほかにやりたい仕事が決まっていない人は、社内での部署異動を申し出るのも対処法の一つです。業務内容や部署内の人間関係が原因で仕事をやりたくないと思っていた場合、部署異動で状況が改善する可能性があります。異動をしても気持ちの変化がなければ、転職を検討するという手順を踏むのも良いでしょう。

どうでもいい仕事を回避するための求人選び4つのコツ

転職して就いた仕事をまた「どうでもいい」と感じることのないようにするには、慎重に求人を選ぶ必要があります。以下に、やりがいのある仕事に就くための求人選びのコツをまとめました。

1.自己分析をして自分に合った仕事を考える

求人選びを始める前に、自己分析を行いましょう。自分の実績やスキルを整理し、強みや価値観を把握します。自分が仕事に求めるものを明らかにすることで、求人が絞りやすくなることが自己分析のメリット。希望に沿った転職先が見つかれば、再び仕事をどうでもいいと感じてしまうリスクを回避しやすくなるでしょう。
就活のときに自己分析をした経験がある場合も、転職する際には再度行うことをおすすめします。就業経験を経たことで、新たなスキルが備わったり仕事に対する価値観が変わっていたりする可能性があるからです。

2.ストレスの低い仕事を選ぶ

再び仕事をどうでもいいと思うことがないように、自分がストレスを感じにくい転職先を選びましょう。現職の難易度が高く、ついていけないと感じている場合は、比較的簡単で自分の能力に見合った仕事を探すのがおすすめです。仕事量の多さが不満な場合は、現職に比べて仕事量や残業が少ない仕事を選びます。現職での自分の悩みが改善される仕事を選ぶことが重要です。

3.給料面を重視し過ぎない

求人を選ぶ際、給料面だけを重視し過ぎないようにしましょう。高い収入が得られる仕事は、業務量や責任が大きい傾向があります。収入面での満足感は得られても仕事でのストレスが大きければ、再び仕事をどうでもいいと思ってしまう可能性も。精神的な満足度のために、あえて給料が低く時間の融通がきく仕事を選ぶのも一つの手です。収入が減っても精神的な余裕が生まれれば、仕事を楽しみながら長く続けられるでしょう。

4.就職エージェントに相談してみる

就職エージェントを利用し、プロのアドバイスを受けながら仕事探しをするのも有効な手段です。就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスのこと。就活アドバイザーがカウンセリングにもとづいた求人紹介を行ってくれるのが特徴です。応募者の性格や希望、これまでの経験などから、向いている仕事をアドバイスしてくれます。仕事をどうでもいいと感じている現在の悩みも考慮したうえで、求人選びのサポートをしてくれるでしょう。

「今の仕事がどうでもいい…」「自分に合う仕事が知りたい」とお悩みの方は、ぜひ転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代、30代の若年層を対象とした就職エージェント。専任のアドバイザーが、これまでの経験やお悩み、将来の希望を聞いたうえで、一人ひとりに合った求人をご紹介します。そのほかに、応募書類の添削や面接対策などの一貫したサポート体制も充実。仕事に関するお悩みを払拭するためにも、まずはお気軽にお問い合わせください。

仕事がどうでもいいと感じるときのQ&A

仕事がどうでもいいと感じてしまっている方に向け、よくある質問と回答をまとめました。

仕事がどうでもいいと感じてしまい、辛いです…

仕事がどうでもいいと感じたら、まずはその原因を考えてみてください。これまで意欲を持っていた仕事がどうでもいいと感じてしまうのには、原因があるはずです。主な原因として考えられるのは、「仕事量が多すぎる、または少なすぎる」や「職場の人間関係が苦痛」など。原因を特定したうえで、改善できそうなら上司に相談してみる、難しそうなら転職を検討するなどの対策を取りましょう。

仕事がどうでもいいとき、すぐにでも辞めて良い?

すぐに退職を選ぶのは待ったほうが良いでしょう。そのままの勢いで辞めてしまうと、自分に向いている仕事が分からないまま転職活動をすることになり、また同じ悩みを抱いてしまう可能性も。自分が何に不満を抱いているのか明らかにするために、まずは落ち着いて、今の職場で対策できることはないか考えてみましょう。「転職のためにすべきことも紹介!仕事が合わないと感じる原因とは?」のコラムでは、すぐにでも仕事を辞めたいというお悩みについて詳しく解説しています。

仕事がどうでもいいとき、すぐにできることは?

まずは、休養を取りましょう。仕事に対して投げやりな気持ちになる大きな原因の一つとして、疲れが溜まっていることがあるからです。仕事がどうでもいいと感じるのは、疲れにより冷静な判断ができなくなっているからとも考えられます。まずは休んで、冷静な判断ができるようにリフレッシュするのが先決です。仕事を休むことを検討している方は、「仕事を休むのに使える33個の理由をご紹介!伝え方の注意点やマナーも解説」のコラムも参考にしてみてください。

どうでもいい仕事でなくやりがいのある仕事に就きたい

まずは自己分析をして、自分が仕事に求めているものは何かを明らかにしてみましょう。就業経験を通じて、入社したときと現在では価値観が変化している可能性もあります。今の自分はどんなことにやりがいを感じるのか、振り返ってみてください。もし、自己分析が進まないようなら、就職エージェントを利用してプロに相談してみるのもおすすめです。ハタラクティブでは、就活アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、あなたの仕事選びをサポートいたします。

関連タグ