新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事がどうでもいいと感じるときは?適当にこなして良い?対処法をご紹介!

仕事がどうでもいいと感じるときは?適当にこなして良い?対処法をご紹介!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事をどうでもいいと思う原因には「やりがいがない」「仕事量が不満」などがある
  • ・仕事がどうでもいいと思ったら、休養を取ったり緩急をつけて取り組んだりするのも手
  • ・どうでもいいと感じないような仕事選びには、自己分析が有効
  • ・今の仕事が本当にどうでもいいと感じるなら、転職を検討してみよう

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

忙しい毎日に疲れてしまい、「もう仕事なんてどうでもいい…」と感じる方も少なくないでしょう。しかし、仕事を適当にこなしたり、勢いに任せて即日退職したりするのは避けたほうが無難。仕事をどうでもいいと感じる裏には大きなストレスが隠れていることも多いので、まずは休養を取るのもおすすめです。このコラムで原因と対処法を知り、前向きに仕事に取り組めるようにしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事がどうでもいいと思う原因は?

仕事がどうでもいいと思ってしまう原因には、仕事にやりがいがないことや人間関係の悩みなどが挙げられるでしょう。以下、それぞれ説明します。

仕事にやりがいが感じられない

自分の仕事に意味を見出せなかったり、興味のない仕事を続けていたりすると、そのうち、仕事がどうでもいいと思うようになります。

頑張りが成果に反映されない

仕事を頑張っても、なかなか成果が上がらなかったり、人から思うような評価を受けられなかったりすると、モチベーションが下がってきてしまいます。その結果、どうしてもやる気が出なくなり、どうでもいいと感じるようになるようです。

人間関係に悩みがある

仕事の人間関係で悩みがある場合、大きなストレスがかかります。職場に行くのが億劫になり、業務に身が入らないので、仕事自体へのやる気を失ってしまうことに。仕事自体は嫌でなくても、毎日長時間過ごす職場環境のストレスは大きく、仕事を続ける気力を失わせてしまいます。

仕事の量に不満がある

仕事の量が多すぎる、あるいは少なすぎるといった場合があります。仕事の量が多くこなしきれないと、疲れてくるうえに達成感を得られないので、どうでもいいという気持ちになりやすいようです。また、仕事量が少なすぎるのも「やりがいが得られない」「自分の仕事に意味を見出せない」といった理由から、仕事に対して投げやりな気持ちになりやすいといえるでしょう。

仕事にやりがいが感じられないとお悩みの方は「仕事にやりがいを感じない時はどうする?原因や対処法を知ろう!」のコラムもあわせて参考にしてみてください。また、仕事に興味がなく、どうでもいいと思ってしまっている方には「興味ない仕事に疲れていませんか?」のコラムもおすすめです。

仕事がどうでもいいときに取るべき8つの行動

仕事がどうでもいいと思ったときに取るべき行動は、以下のとおりです。

1.自分の状況を客観的にとらえる

まず、今の状況を冷静に振り返ってみましょう。仕事の何が不満なのか、原因を特定するためです。自分は何に不満があり、それは解消可能なのか、またどうしたら解消できるかといった内容を頭で整理してみてください。紙に書き出すと、客観的に判断しやすいのでおすすめです。自分の状況を客観的にとらえると、おのずと次にすべき行動が分かってくるでしょう。

2.仕事に緩急をつけて取り組む

仕事をいつも全力でやっていると、疲れてしまって長続きしません。そこで、仕事の内容によって取り組み方にメリハリをつけるのが大切といえます。たとえば、お客様対応の仕事では緊張感を持ち、社内の人間だけする裏方の仕事のときは少し緊張をゆるめるなど、工夫をすることです。もちろん、緊張をゆるめることとだらけることは違うので、仕事は真面目に取り組みましょう。

3.仕事が多いときには周りにふる

仕事がこなしきれないほど多いときには、周囲に助けを求めてみましょう。周囲は、真面目に取り組んでいる姿を見て、キャパオーバーであるとは思っていない可能性があります。正直に打ち明けることで、誰かが手伝ってくれることがあるので、まずは周囲に相談してみることがおすすめです。また、自分の直属の上司に相談してみるのも良いでしょう。次からは仕事量を調整してもらえる可能性があります。

4.休養する

仕事がどうでもいいと思うようになるくらい疲れている場合は、思い切って休みを取りましょう。忙しいなか、仕事を休むのは罪悪感があるかもしれません。しかし、一所懸命取り組んできた仕事をどうでもいいと感じてしまうのは、かなり心身に負担がかかっている証拠といえます。そのような状態で無理に仕事をしても良い結果は生まれないでしょう。自分が本来持っている力をまた発揮できるように、まずは1度休むのをおすすめします。

5.割り切ってみる

「仕事はお金のため」「どうしても嫌ならすぐ辞める」と、開き直るのも良いでしょう。精神的に追い詰められる人は、真面目で責任感が強い場合が多いですが、いっそ開き直ってしまえば心は少し軽くなります。その状態でしばらく仕事を続けてみて、どうしても働けないようなら、本気で転職を考えてみると良いでしょう。

6.目標を立ててみる

仕事について、自分なりの目標を立ててみるのもおすすめ。例えば、営業職なら「新規の営業先を◯件増やす」、事務職であれば「この作業を○時間で終わらせる」など、具体的な数字を伴うものがだと分かりやすく達成しやすいです。まずは小さな目標からでOK。自分で設定した目標を達成できると、達成感で気持ちが前向きになり、仕事に対する意欲が出てくるでしょう。

7.目の前のことに集中する

仕事がどうでもいいと感じてしまうと、ついネガティブなことを考えてしまいがちです。そうすると、仕事がどんどんつまらなくなっていき、悪循環になります。まずは、目の前の作業に集中して取り組んでみてください。無心で取り組んでいると、あれこれ考えずに済むうえ、モチベーションの低下も防げます。集中して取り組んでいるうちに、仕事の捉え方が変わる可能性もあるでしょう。

8.自分を責めない

真面目な人は、仕事をどうでもいいと思ってしまう自分を「やる気がない」と責めてしまうことがあります。しかし、今まで一所懸命頑張ってきた仕事をどうでもいいと思ってしまう原因は、オーバーワークであることが多いです。この気持ちは一時的なものであると考え、今まで頑張ってきた自分を認めてあげると良いでしょう。自分を責めず客観的な考え方を持つと、やる気のない状態から抜け出せるようになります。

仕事は適当にこなしても良い?

今の仕事がどうでもいいと思ったとしても、適当にこなそうとするのは辞めたほうが無難です。仕事を投げやりにこなしていると、周囲の人はそれを敏感に感じ取るもの。あなたが苦しんでいるのを分からず、単なる「やる気のない人」とされてしまう危険性があります。あくまでも仕事は真面目にこなしつつ、対策を考えましょう。

また、仕事がどうでもよいときに取るべき行動は「仕事が憂鬱と感じる理由は?予防策や対処法をご紹介!」のコラムでも詳しく述べているので、こちらもぜひご参照ください。

仕事がどうでもいいと思うときの対処法

前項の行動を試してみて、それでも仕事がどうでもいいと感じるのであれば、以下のような対処法を取ると良いでしょう。

スキルアップする

なにかしらのスキルを身につけるのも手です。たとえば、自分の興味のある資格の勉強をしてみたり、休みの日にWebライティングなどの副業を行ったりするのも良いでしょう。コツコツ続けていれば、スキルが少しずつ身についていくうえ、いつか副業を活かそうと前向きに毎日を送れるようになります。

もし、スキルアップでやりがいのある仕事に就きたいと考えている人は、キャリアアップの方法について解説しているコラム「キャリアアップする方法とは?具体的な描き方や助成金システムなども解説」も参考にしてみてください。

転職を視野に入れる

場合によっては、「現在の仕事をやめ、退職を考えた方がいい」こともあります。以下に挙げる状況が起こっていたら、転職して別の会社で働くことも視野に入れると良いでしょう。

・会社から得られるものがない
・やりたくないことの割合が多く、会社に相談してもどうにもならない
・大勢の前で怒られ続ける
・会社への将来性を感じない
・業務に対して給料が低すぎる
・常に体調を崩している

自分ができることは全部やったうえで、自分の力では変えようがなく、それ以上の改善は望めないこ場合もあるでしょう。そういった時は、無理して会社に居続けるより、もっと自分のスキルを活かせる、充実した社会人生活を送れる職場への転職を考えることも大切です。

どうでもいい仕事でないものを選ぶコツは?

仕事を「どうでもいい」と感じることのないようにするには、慎重な仕事選びが不可欠。ここでは、自分にとって働きやすい仕事を得るためにはどうしたら良いかをまとめました。

ストレスの低い仕事を選ぶ

自分にとってなるべくストレスのかかりにくい仕事を選びましょう。仕事の難易度が高くてついていけないなら、比較的難易度の低そうなものを、仕事量が多いのであれば仕事量が少ない仕事を選ぶなど、自分の悩みに合わせてできそうな仕事を探してみてください。

高い給料を狙わない

高い給料の仕事は、それだけ多忙なことが多いもの。精神的な満足度を上げるために、あえて給料が低く、日々時間のゆとりが持てそうな仕事に転職するのも一つの手です。給料は下がってもそれだけ心に余裕が生まれれば、仕事を楽しんで続けられる可能性があります。

自己分析やカウンセリングで合う仕事を考える

就活のときにした自己分析を、もう1度してみるのもおすすめです。就活のときには気づかなかった自分の一面を発見できるでしょう。また、企業に入社したときとしばらく働いた今では、仕事に対する価値観が変わっている可能性があります。今一度、自分が仕事に求めるのは何かを明らかにすることで、自分に合った仕事を選ぶきっかけを得られるでしょう。

就職エージェントに相談してみる

就活のプロのカウンセリングを受けるのも有効です。転職エージェントでは、就活アドバイザーが豊富な経験と知識をもとに求職者に丁寧なカウンセリングを行うのが特徴。性格やこれまでの経歴などから、向いてる仕事をアドバイスしてくれます。今抱いている悩みにも丁寧に寄り添い、一緒に合う仕事を考えてくれる、心強い味方となるでしょう。

「今の仕事がどうでもいい…」「自分に合う仕事が知りたい」とお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは20代、30代若年層の方に向け、若さにポテンシャルを感じ、人柄重視の採用を行っている企業の求人を多数取り揃えております。今の仕事をどうでもいいと感じているなら、自分に合っていない可能性が高いです。ハタラクティブなら、経験豊富な就活アドバイザーがお悩みをうかがったうえで、あなたに合う求人を厳選してご紹介します。ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

仕事がどうでもいいと感じるときのQ&A

ここでは、仕事がどうでもいいと感じてしまっている方に向け、よくある質問と回答をまとめました。

仕事がどうでもいいと感じてしまい、辛いです…

これまで意欲を持っていた仕事がどうでもいいと感じてしまうのには、いくつかの原因があります。主な原因には「仕事量が多すぎる、または少なすぎること」や「職場環境に苦痛を感じていること」などが挙げられるでしょう。まずは、自分がなぜそう感じてしまうのかについて、冷静に振り返ってみてください。原因を特定したうえで、改善できそうなら上司に相談してみる、できなさそうなら転職を検討するなどの対策を取りましょう。

仕事がどうでもいいとき、すぐにでも辞めて良い?

すぐに退職を選ぶのは待ったほうが良いでしょう。まずは自分が何に不満を感じているのか明らかにする必要があります。そのまま勢いで辞めてしまっては、自分に向いてる仕事が分からないまま転職活動をすることになり、また同じような悩みを抱くようになる可能性も。まずは落ち着いて、今の職場で対策できることはないか考えてみましょう。「仕事が合わないとすぐ辞めるのはあり?甘え?ストレス対策や転職方法も解説」のコラムでは、すぐにでも仕事を辞めたいというお悩みについて詳しく解説しています。

仕事がどうでもいいとき、すぐにできることは?

まずは、休養を取ることでしょう。仕事に対し投げやりな気持ちになる大きな原因の一つとして、疲れが溜まっていることがあるからです。仕事がどうでもいいと感じてしまうときは、冷静な判断ができなくなっているときともいえます。まずは休んで、冷静な判断ができるようにリフレッシュするのが先決でしょう。仕事を休むのを検討している方は「仕事を休む理由を事前・前日・当日ごとに解説!精神的に辛いときの対処法も」のコラムも参考にしてみてください。

どうでもいい仕事でなくやりがいのある仕事に就きたい

まずは、自己分析で、自分が仕事に求めているものは何かを明らかにしてみましょう。就業経験を通じて、入社したときと価値観が変化している可能性も。今の自分はどんなことにやりがいを感じるのか、振り返ってみてください。もし、なかなか難しいようなら、転職エージェントでプロに相談してみるのも有効です。ハタラクティブでは、就活アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、あなたに合ったお仕事選びをサポートいたします。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ