転職のためにすべきことも紹介!仕事が合わないと感じる原因とは?

転職のためにすべきことも紹介!仕事が合わないと感じる原因とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が合わないと感じる理由には、労働環境や人間関係への不満などがある
  • ・仕事が合わないと思っても、待遇や労働環境に不満がないという場合は慎重に判断
  • ・合わない仕事を続けると、ストレスで体調不良になることも考えられる
  • ・自分に合わない求人を回避するには自己分析と企業研究、第三者からのアドバイスが有効

職場への不満や自分のキャリアに対する不安などから、今の仕事が自分に合わないと感じる方もいるのではないでしょうか。業務内容が自分に合わないと、日常生活に対する満足感が低くなるだけでなく、精神的な疲労を感じてしまうことも。合わないと感じた仕事をすぐに辞めることは、必ずしも甘えとはいえません。このコラムでは、仕事が合わないと感じる理由や続けた方が良い状況、対処法などをお伝えします。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事が合わないと感じる8つの原因

今の仕事が自分に合っていないと感じるのは、「労働環境や人間関係への不満」「キャリア形成への不安」などが理由としてあるようです。以下、主な理由を詳しく見ていきましょう。

1.労働環境に不満がある

労働環境に何らかの不満があれば、必然的に「仕事が合わない」と感じることが多くなります。たとえば、「周りと上手くコミュニケーションが取れていない」「どんなに仕事をしても終わらず残業が多い」といった環境であれば、仕事にも身が入らないでしょう。
労働環境に不満を持つ場合、現状が自分にマッチしていないことで、仕事が合っていないと思うようになります。

2.評価を得られない

仕事の評価が不透明だったり、上司の意向で評価が左右されやすかったりすると、「自分の能力が正当に評価されていない」と感じて不満を抱きやすくなります。仕事の評価を得ることは仕事のモチベーションにもつながるため、評価を得られずモチベーションが下がれば、次第に仕事が合わないと感じるでしょう

3.人間関係に悩んでいる

上下関係が厳しい、コミュニケーションが希薄など、人間関係で苦痛を感じると居心地が悪く、仕事が合わないと感じるようになるでしょう。職場の居心地が悪いと、出勤に大きな苦痛を伴います。次第に仕事を続けられないと感じ、強い転職願望を持つように。このような人間関係の悩みから「職場が合わない」と感じ、「仕事が合わないのではないか」と思うようになるでしょう。

4.社風が合わない

社風が自分にマッチしていないことで、仕事が合わないと感じることもあるでしょう。たとえば、自分はチャレンジ精神が強いのに企業は保守的だったり、反対に自分は安定を求めるのに、企業の意向が頻繁に変わっていたりする場合です。会社の雰囲気が自分には合わないと思ってしまうと、「仕事そのものが合わない」と感じるようになります。

5.キャリアアップができない

自分が身につけたいと思っているスキルがあっても、叶わない環境にいる場合、「仕事が合わない」と思うようになるでしょう。たとえば、「英語を活かした業務に関わりたい」と入社したにもかかわらず、英語とはまったく縁のない業務に携わることになった場合です。自分が望むスキルアップができない状態が続くと、「今後もこのままなのか」と感じるでしょう。

6.給与が低い

仕事自体に不満がなくても、給与が低い場合は仕事が合わないと感じる原因になります。たとえば、同業種の知人が自分よりも給与が多いことを知ったとき、「同じような仕事をしているのに、どうして自分の給与は低いのか」と疑問を持ちやすくなるでしょう。その結果、「仕事が合っていない」と考えるきっかけになるようです。そして、一度疑問に思ってしまうと、自分の給与は正当な給与よりも低いのではないかと考えるようになります。
やがて、自分の実力に見合っていない給与しかもらえない今の仕事は、自分に合わないのではないかと考える悪循環に陥ってしまうでしょう。

7.その仕事が自分に向いていない

現在の仕事が自分に向いていない可能性があります。そもそも向いていない仕事であれば、どんなに仕事を頑張っていてもやりがいを感じなかったり、好きになれなかったりするでしょう。この場合、今の仕事を苦手に思っていたり、辛いと感じていたりすることで「自分には向いていない」と考えている可能性があります。
あるいは、一生懸命に努力しても、得意ではないため、なかなか成果に結びつかないという理由も考えられるでしょう。

8.ほかにやりたいことがある

ほかにやりたいことがある場合も、仕事が合わないと感じる原因になります。今の仕事とは別に、将来的にやりたい仕事がある場合、目の前の業務に対しても興味が薄くなるため、モチベーションは下がりがちに。仕事への意欲が下がってくるとつまらなく感じるようになり、余計に今の仕事は自分には合わないと思うようになります。

仕事に対して前向きになれない原因については、「仕事を頑張れない!原因と対処法を考えよう」でもお伝えしているのでチェックしましょう。

仕事が合うかはどう判断する?すぐ辞めるのは甘え?

今の仕事が自分に合っているかどうかは、「少なくとも半年は真剣に取り組んでいるか」「仕事の成果が出ているか」の視点から判断すると良いでしょう。

今の仕事を半年以上全力で取り組んでいるか

仕事が合うかどうかはしばらくやってみないと分からないものですまずは半年以上、全力で取り組んでみましょう。一定期間全力で仕事に取り組むと、何らかの成長があるはずです。それでも結果が伴わなければ、仕事に対する適性を再考してみても良いでしょう。

今の仕事で成果が出ているか

上の項目とは逆に、ある程度業務を続けてきた場合には、「今の仕事で成果を出せているか」を基準にしてみてください。しばらく続けていたのに成果が出ないということは、その仕事に適性がない可能性があるからです。苦手な仕事を続けているのは、自分のためにならないうえ、企業にとってもマイナスに。一度、自身の成果を改めて振り返ってみると良いでしょう。

仕事が合わないからとすぐ辞めるのは甘え?

仕事が合わないと感じてすぐに辞めること自体は、必ずしも甘えとはいえません。合わない仕事を続けるのは、自分と企業の双方にとってマイナス。確実に自分に合わないと判断した仕事なら、早めに転職活動をするのも一つの手段です。

「仕事を変えたいと感じるのは甘えなのではないか…」と感じる方は、「仕事を辞めたい…甘えだと判断される場合と辞めるべき理由の違いを解説!」もご一読ください。

仕事を続けたほうが良いときは?

今の仕事で「今後環境が変化する見込みがある」「待遇や労働環境には不満がない」という場合には、辞めないほうがベター。ほかにも、仕事を続けたほうが良い場合の例をいくつかご紹介します。

今の仕事で好きな分野がある

今の仕事で好きな分野がある場合は、すぐに辞めてしまうのではなく、もう少し様子を見ましょう。これは、続けているうちに仕事が楽しくなってくる場合もあるからです。
「辞めたくなったから」という理由だけで転職した場合、何らかのきっかけで後悔して戻りたくなることも考えられます。それでも、一度辞めてしまえば、現在の職場に戻ることは難しいでしょう。少しでも今の業務に興味を持っているのであれば、掘り下げて取り組んでみてください。

人事異動などで職場環境の変化が見込める

人事異動で環境の変化が考えられる場合も、仕事を続けてみた方が良い場合です。たとえば、人間関係が原因で仕事が合わないと感じている場合、人事異動があれば働くメンバーも変わるため、人間関係にも変化が生じます。人事異動で人間関係が変化すれば、悩みが解消される可能性もあるでしょう。

仕事を始めて1年未満である

入職して1年未満の場合、職場や仕事内容への理解が足りない可能性があります。時間が経てば業務や周りの人間関係にも慣れ、仕事を円滑に進められるようになる場合も。また、仕事への理解が深まるにつれて、楽しさを感じることもあるでしょう。まずは現在の仕事を1年続けてみて、ある程度職場や業務への理解を深めてから判断するのがおすすめです。

待遇や労働環境には不満がない

今の待遇や労働環境に問題がない場合、退職は慎重に判断した方が良いでしょう。求人は数あれど、自分が満足いくような待遇や労働環境を備えた職場はなかなか見つからないもの。「辞めるのはもったいないかも…」と少しでも感じるのであれば踏みとどまり、今の職場で改善できることはないか探してみても良いでしょう。

仕事を辞めて転職を考えた方が良いとき

人間関係の悩みがある」「企業の経営状況が良くない」などの状況では、思い切って退職を検討するのが良いでしょう。この項では、仕事を辞めたほうが良い場合について紹介します。

人間関係に問題がある

人間関係に問題があり、異動が期待できない場合は転職を考えても良いでしょう。人間関係が上手くいかなければ、出社することがだんだん憂鬱になり、大きなストレスを抱える恐れも。そのため、人間関係の改善が望めないようであれば、無理をせず仕事を辞めることを考えてみましょう。

パワハラ・セクハラがある

恒常的に上司から嫌味をいわれたり、叱責されたりする環境では、仕事を続けるのは難しいでしょう。セクハラを受けている場合も同様です。人事部や社内の相談窓口に相談しても改善されない場合は、仕事を辞めることも考えてみましょう。

自社製品やサービスを好きになれない

自社製品やサービスを好きになれない場合は、転職を考えてみても良いでしょう。この場合、顧客に対して罪悪感が生まれることも。自社製品に対する後ろめたい気持ちがあっては、仕事で成果を出すのは難しくなります。どうしても自社に対する愛着が生まれない場合は、転職を視野に入れてみてください。

会社の経営が不安定

会社の経営が不安定な場合も、転職を視野に入れても良いでしょう。たとえば、経営陣のやる気が感じられなかったり、経営プランから無理があると感じられたりする場合などです。このような状況では、そのまま企業に在籍していても望みはなく、逆に整理解雇にあうことや、会社の倒産すら考えられます。一時的な経営不振などではなく、経営に不安定さを感じた場合は、転職するのも一つの方法です。

スキルアップを感じられない

「今の職場では、成長していると感じられない」という場合も、転職を考えるタイミングといえるでしょう。特に、自分のキャリアプランと業務内容がミスマッチであるときは、このまま働いていても成長は見込めません。また、改善しようと動いても、自分が成長できる仕事をさせてもらえない場合もあります。このような場合は、思い切って自分が成長できる職場への転職を考えましょう。

ほかにやりたいことがある

他にやりたいことがある場合も、思い切って転職してみるのも良いでしょう。今の仕事ではなく、本当にやりたいことがほかにあるのなら、我慢して勤めていてもモチベーションは上がりにくいです。むしろ、成果の出ない仕事を我慢して続けていることで、絶えず精神的な苦痛が付きまとうことにもなりかねません。
我慢しながら仕事を続けるよりも、後悔のない選択をした方が精神的にも良いでしょう。

仕事を辞められない心理とは?

仕事を辞める決心がつかないとき「3年は在籍しなければいけない」「辞めるなら会社に貢献してからでなければならない」などの心理が影響しているようです。以下、それぞれ詳述します。

3年は在籍しなければいけないと思っている

履歴書などでは、3年で1つの職歴と判断されるのが一般的。「石のうえにも3年」といったように、少なくとも3年は仕事を続けるべきと思う方も多いでしょう。しかし、「仕事を辞めたほうが良いとき」で解説したように、退職したほうが良い結果になることもあります。3年という期間自体に明確な根拠があるわけではないので、数字だけにこだわらず冷静に判断しましょう

企業に貢献してから辞めるべきと思っている

「業務で貢献しないうちに辞めるのは申し訳ない」など、自分では仕事の成果を出せていないと感じており、企業に負い目を感じている状況です
責任感が強く真面目な方に多いようですが、「どのくらい貢献したか」という尺度は人によって違います。そもそも、個人の業務内容で企業への貢献度を測ること自体難しいといえるでしょう。
実態の見えない「貢献度」にとらわれず、自分の気持ちを大切にするのをおすすめします。

他の人に迷惑をかけてしまうと思っている

自分が辞めると上司や同僚などに迷惑をかけると思い、退職を思いとどまってしまう方もいます
しかし、退職は個人の自由です。企業は在籍している人員で業務をこなしていくもの。誰かが退職したとしても、その分の仕事は皆に振り分けられます。よって、ほかの人の仕事が増えるのはある程度仕方がないと割り切ることも必要でしょう。誰が辞めても、残された人に負担がいくのは同じこと。お互いさまと思い、気にし過ぎないことが大事です。

合わないと感じたら自分の意思を大切にしよう
合わない仕事を続けることには、忍耐力がついたり徐々に慣れてきたりするというプラスの面もあります。しかし、それよりも「大きなストレスを感じ続ける」「転職すべきタイミングを逃してしまう」というマイナス面のリスクが大きいでしょう。どうしても仕事が合わないと感じた場合には、決して無理はせず、転職を前向きに考えるのをおすすめします。

仕事が合わないと感じたときにするべき6つのこと

転職するか、今の仕事を続けるか迷っているときこそ、冷静に今しておくべき準備をしましょう。たとえば転職活動の準備や、有給の消化などです。仕事が合わないと感じたときは、今の時期にしかできないことを確認しておきましょう。

1.今の仕事で実績が作れないか考える

今の業務で、次の仕事に活かせそうな実績が作れないか考えてみましょう。転職活動でのアピールポイントになります。もう辞めるからと今の業務へのやる気を失わず、次に活かせることはないか探してみてください。学びの機会と捉えるのが大事です。

2.有給をとってしっかり休む

疲れているせいで、今の仕事が合わないと感じることもあります。そんなときは、有休をとってしっかり休みましょう。仕事から離れてリフレッシュし、心身の疲れを取ってから、仕事を辞めるかどうかの結論を出してみても遅くはありません

3.資格取得のために勉強をする

仕事が合わないと感じたときは、資格取得のために勉強してみましょう。特に、資格の取得によって、今の職場の業務内容や給与が変わるのであれば、職場環境が変わる可能性も。転職を考えている場合であっても、資格を取っておけば、転職活動に有効活用できます

4.周囲の人に相談する

仕事が合わないと感じていることを、信頼できる周囲の人に相談してみましょう。相談相手は、会社の同僚や先輩に限ったことではなく、家族や友人でも構いません。自分では思ってもいなかった意見やアドバイスが聞けることがあります。仕事を辞めようと思いつめていると、自分の視野が狭くなっていることに気づけません。退職願を出す前に一歩立ち止まり、自分が信頼できる人に相談してみてください。

5.自己分析をする

仕事を辞めようと考えたら、まず一度自己分析してみましょう。どんな部分で今の仕事が合わないと感じたのか、逆に、今の仕事で満足している部分はどこかなど、これまでの仕事のことを分析してみてください。転職するにしても自己分析は必要です。しっかりと自己分析して、今の価値観をはっきりさせることにより、自分に合った転職先を見つけられるでしょう。

6.退職前に転職活動をする

転職活動は、退職の前に行うのをおすすめします。退職後の転職活動は、経済的な不安や後がないという焦りなど、精神的な負担が大きいからです。退職前の転職活動は非常に忙しいですが、少なくとも経済的な不安などは回避できます。時間を有効に使いながら取り組んでみましょう。

仕事を辞める前にやっておくべきことに関しては、「仕事を辞めたい方必読!状況の改善方法」でもまとめています。

合わない仕事を辞めるときのポイント

合わない仕事を辞める場合、円満に退職するためのポイントがあります。それは「仕事を辞めるときの伝え方」と「仕事の引継ぎ方法」です。以下で見ていきましょう。

仕事が合わないことについて具体的に説明する

仕事を辞める場合、ストレートに不平不満をぶつける必要はありませんが、曖昧な表現をせず、仕事を辞めたい具体的な理由をきちんと伝えてください。やりたいことがある場合なら、「次の仕事に挑戦してみたい」などです。不平不満という形で退職理由を告げると、「改善するから考え直して欲しい」と引き留められる可能性も出てきます。
そのようなことを避けるため、仕事を辞めると決めて退職を伝えるときは、「退職の意思は固い」と思わせるだけの説明が必要です。

引継ぎを丁寧に行う

後任者や会社が困らないように、仕事の引継ぎは丁寧に行いましょう。仕事の引継ぎは繁忙期を避け、引き継ぐ人とスケジュールを合わせてください。自分が受け持っているすべての業務をリストアップしておくと、引継ぎ業務のときに役立ちます。また、自分が辞めた後でも、引き継いだ人が資料を見て一通り業務をこなせるよう、分かりやすく作成しておきましょう。

仕事が合わないと感じたら自分に合った対処を
仕事が合わないと感じる理由は、人によってさまざまです。しかし、仕事が合わないと感じるときは、自分に合った対処が必要となります。まずは、なぜ仕事が合わないと思うのか冷静に分析してください。その結果、そのまま仕事を続けた方が良い場合と、転職を考えた方が良い場合があることも把握しておきましょう。

仕事が合わないと感じて転職を考えていても、1人ではどうすれば良いかわからないこともあるでしょう。そんなときは、ぜひハタラクティブへご相談ください。
ハタラクティブでは、若年層の転職向けに厳選された求人が多くあり、業界を熟知した就活アドバイザーが在籍しています。ハタラクティブの登録やサービスの利用は無料です。まずは、ご連絡お待ちしております。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION