新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事が合わないとすぐ辞めるのはあり?甘え?ストレス対策や転職方法も解説

仕事が合わないとすぐ辞めるのはあり?甘え?ストレス対策や転職方法も解説

公開日:

最終更新日:

仕事が合わないとすぐ辞めるのはあり?甘え?ストレス対策や転職方法も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事が合わないと感じる理由には、労働環境や人間関係への不満などがある
  • ・今の仕事が合うかは、半年以上全力で取り組んだ結果がどのくらい出ているかで判断する
  • ・仕事が合わないと思っても、待遇や労働環境に不満がないという場合は慎重に判断
  • ・合わない仕事を続けると大きなストレスをさらされたり、転職の時機を逃したりする
  • ・自分に合わない求人を回避するには自己分析と企業研究、第三者からのアドバイスが有効

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

職場への不満や自分のキャリアに対する不安などから、今の仕事が自分に合わないと感じる方もいるのではないでしょうか。1日の大半を過ごす仕事が自分に合わないと、日常生活に対する満足感が低くなるだけでなく、そのうち精神的に疲れてしまうことも。合わないと感じた仕事をすぐに辞めることは、必ずしも甘えとはいえません。在籍期間の長さより、辞めるかどうかを慎重に判断することのほうが大切といえるでしょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

仕事が合わなくて辛いと感じる6つの理由

今の仕事が自分に合っていないと感じるのには、「労働環境や人間関係への不満」「キャリア形成への不安」などが理由としてあるようです。
以下、主な理由を詳しく見ていきましょう。

1.労働環境に不満がある
ワークスペースが狭い、不衛生などオフィスの環境自体に問題がある場合や、仕事量が多くめったに有休が取れないなど、労働状況に問題がある場合に不満が生じることがあります。日々このような環境で働いていればストレスが溜まり、別の環境で仕事をしたいと考えるようになるでしょう。
また、人と話すことが好きな人はあまりにも静かな環境に違和感を感じますし、逆におとなしい人は騒がしい環境に我慢できないものです。このように、自分と職場の相性も関係します。

2.自分の仕事が正当な評価を受けていないと感じる
仕事の評価が不透明だったり、上司の意向で評価が左右されやすかったりすると、モチベーションが上がりにくく不満を抱きやすいです。加えて、頑張っても思うような評価を得られないと感じれば、もっと自分を評価してくれる職場に移りたいと考えるようになるでしょう。

3.人間関係に不満がある
上下関係が厳しい、コミュニケーションが希薄など、人間関係で精神的苦痛を感じると居心地が悪く、職場が合わないと感じるようになるでしょう。職場の居心地が悪いと、出勤に大きな苦痛を伴います。それにより仕事を続けられないと感じ、強い転職願望を持つようになるようです。

4.社風が合わない
自分はチャレンジ精神が強いのに企業は保守的だったり、反対に自分は安定を求めるのに、企業の意向が頻繁に変わっていたりと、社風が自分と合わない場合もあります。
日常業務における社風の影響はそれほど大きくないものの、働くうちに違和感を覚え、徐々に職場の居心地が悪く感じられるように。その結果、より自分に合う職場に移りたいと考えるようになるでしょう。

5.先のキャリアが見えない
業務でスキルを身につけ、キャリアアップを目指している人もいます。そのような人は、担当業務が希望のスキルに繋がらないと判断すると、今の職場にいても仕方がないと思うようです。ある程度自分のキャリアプランが明確な人にとって、業務内容のミスマッチは「この企業で働いていても未来がない」と見切りをつける原因にもなるでしょう。

6.他にやりたいことがある
他にやりたいことがある人は、今の仕事よりもやりたいことのほうに興味が向いているため、業務に身が入りません。やりたいことが合っていないので、今の仕事が合わなくて辛いと思うのは当然といえるでしょう。

仕事が合うかはどう判断する?すぐ辞めるのは甘え?

今の仕事が自分に合っているかどうかは「少なくとも半年は真剣に取り組んでいるか」「仕事の成果が出ているか」の2点から判断すると良いでしょう。以下、それぞれ詳述します。

今の仕事を半年以上全力で取り組んでいるか

仕事が合うかどうかはしばらくやってみないと分からないものです。まずは半年以上、全力で取り組んでみましょう。一定期間、全力で仕事に取り組むと何らかの成長があるはずです。それでも結果が伴わなければ、仕事に対する適性を再考してみても良いでしょう。

今の仕事で成果が出ているか

上の項目とは逆に、ある程度業務を続けてきた場合には、「今の仕事で成果を出せているか」を基準にしてみてください。しばらく続けていたのに成果が出ないということは、その仕事に適性がない可能性があるからです。苦手な仕事を続けているのは、本人のためにならないうえ、企業にとってもマイナスです。一度、自分の成果を改めて振り返ってみると良いでしょう。

仕事が合わないからとすぐ辞めるのは甘え?

仕事が合わないと感じてすぐに辞めること自体は、必ずしも甘えとはいえません。
合わない仕事を続けるのは、自分と企業の双方にとってマイナス。確実に自分に合わないと判断した仕事なら、すぐに辞めるのも1つの手です。

仕事を続けたほうが良いときは?

今の仕事で「今後環境が変化する見込みがある」「待遇や労働環境には不満がない」という場合には、辞めないほうがベター。ほかにも、仕事を続けたほうが良い場合の例をいくつかご紹介します。

今の仕事のなかに面白いところがある

今の業務で少しでも面白いと思うところがあれば、もう少し様子を見るのをおすすめします。
続けているうち、だんだん仕事が面白くなる可能性も考えられるからです。もう少し、仕事内容を掘り下げるつもりで取り組んでみると良いでしょう。

異動など職場環境が変化する見込みがある

辞めたい理由が「今の職場環境への不満」である場合、今後の変化が見込めるかもう少し見極めるために、もう少し仕事を続けても良いでしょう。環境が変われば、不満自体がなくなる可能性もあるからです。また、一緒に働く人が変わると職場の雰囲気にも変化が見られます。
転職先の環境が今よりも良くなるとは限りません。今の環境の変化に期待してみても良いでしょう。

自分の力で変えられそうか

仕事内容への不満に対し、改善案を出すなど自分からアプローチできるかも一つの判断基準です。また、上司に担当業務の変更をお願いしたり、人事部に異動願いを出したりするなど、自分に何かできることはないか検討してみましょう。
考えられる手は尽くしたと思えれば、辞めてから後悔するリスクを軽減できます。

仕事を始めて1年未満である

入職して1年未満の場合、職場や仕事内容への理解が足りない可能性があります。
時間が経てば業務や周りの人間関係にも慣れ、仕事を円滑に進められるようになる場合も。また、仕事への理解が深まるにつれて、楽しさを感じることもあるでしょう。まずは今の仕事を1年続けてみて、ある程度職場や業務への理解を深めてから判断するのもおすすめです。

待遇や労働環境には不満がない

今の待遇や労働環境に問題がない場合、退職は慎重に判断したほうが良いでしょう。
求人は数あれど、自分が満足いくような待遇や労働環境を備えた職場はなかなか見つからないもの。「辞めるのはもったいないかも…」と少しでも感じるのであれば踏みとどまり、今の職場で改善できることはないか探してみても良いでしょう。

仕事を辞めたほうが良いとき

一方、「人間関係の悩みがある」「企業の経営状況が良くない」などの状況では、思い切って退職を検討するのが良いでしょう。この項では、仕事を辞めたほうが良い場合についてご紹介します。

人間関係で悩んでいる

職場における人間関係の状況を変えるのは、一般的に難しい傾向があります。職場では、複数の人が関わって一つの仕事を進めることが多いため、役職や担当を簡単には変えられないからです。もし、この先自分や相手の異動が見込めないようなら、心を病んでしまう前に退職を考えたほうが良いでしょう。憂鬱な気持ちが続いているなど、既に心身に影響がある場合は早めに決断したほうが良い場合もあります。

パワハラ・セクハラがある

恒常的に上司から嫌味をいわれたり、叱責されたりする環境で、仕事を続けるのは難しいでしょう。セクハラを受けている場合も同様です。人事部や社内の相談窓口に相談しても改善されない場合は、仕事を辞めたほうが良いこともあります。

自社商品やサービスが好きになれない

自社商品やサービスを世の中の人に使ってもらうのが、一般企業における仕事の本質です。しかし、本来自信を持って売り込むべき自社商品やサービスが好きでなければ、仕事のやりがいに影響するでしょう。そのような場合には、自分の仕事に誇りを持てるような内容の企業に転職するのも有効です。

企業の経営状況が良くない

企業の経営状況が良くないときには、転職をすぐに検討しても良いでしょう。そのまま在籍していても、整理解雇にあったり、企業が倒産してしまったりと、今より状況が悪くなる可能性があるからです。一時的な経営不振なら様子を見ても良いですが、長期に渡って続いているなら、次の職場を早めに探すのをおすすめします。

他にやりたいことがある

他にやりたいことがある場合には、転職に踏み出しても良いでしょう。やりたいことがあるのに今の仕事を何となく続けていると、ずっと漠然とした不満を抱えたまま働くことになります。それよりは、思い切ってやりたい仕事にチャレンジするのも良い選択です。

仕事を辞められない心理は?

仕事を辞める決心がつかないとき「3年は在籍しなければいけない」「辞めるなら会社に貢献してからでなければならない」などの心理が影響しているようです。以下、それぞれ詳述します。

3年は在籍しなければいけないと思っている

履歴書などでは、3年で1つの職歴と判断されるのが一般的。「石のうえにも3年」といったように、少なくとも3年は仕事を続けるべきと思う方も多いでしょう。しかし、「仕事を辞めたほうが良いとき」で解説したように、退職したほうが良い結果になることもあります。3年という期間自体に明確な根拠があるわけではないので、数字だけにこだわらず冷静に判断しましょう。

企業に貢献してから辞めるべきと思っている

「業務で貢献しないうちに辞めるのは申し訳ない」など、自分では仕事の成果を出せていないと感じており、企業に負い目を感じている状況です。
責任感が強く真面目な方に多いようですが、「どのくらい貢献したか」という尺度は人によって違います。そもそも、個人の業務内容で企業への貢献度を測ること自体難しいといえるでしょう。
実態の見えない「貢献度」にとらわれず、自分の気持ちを大切にするのをおすすめします。

他の人に迷惑をかけてしまうと思っている

自分が辞めると上司や同僚などに迷惑をかけると思い、退職を思いとどまってしまう方もいます。
しかし、退職は従業員の自由です。企業は在籍している人員で業務をこなしていくもの。誰かが退職したとしても、その分の仕事は皆に振り分けられます。よって、ほかの人の仕事が増えるのはある程度仕方がないと割り切ることも必要でしょう。
誰が辞めても、残された人に負担が行くのは同じこと。お互い様と思い、あまり気にしすぎないのが大事です。

合わない仕事を続けることには、忍耐力がついたり徐々に慣れてきたりするというプラスの面もあります。しかし、それよりも「大きなストレスを感じ続ける」「転職すべきタイミングを逃してしまう」というマイナス面のリスクが大きいでしょう。どうしても仕事が合わないと感じた場合には、決して無理はせず、転職を前向きに考えるのをおすすめします。

どうしても仕事が合わなければ転職しよう

ここでは、今の仕事が合わず転職を決める場合、退職前にやっておきたいことや転職活動への準備について解説します。

辞める前にやっておきたいこと

今の仕事を辞める前にやっておきたいことは、転職に有効となる準備です。辞めたい気持ちが強いと、今の仕事への興味が薄れ、新しい生活にばかり意識がいってしまいますが、「今しかできないこと」がないか冷静に考えてみましょう。

今の仕事で実績が作れないか考える

今の業務で、次の仕事に活かせそうな実績が作れないか考えてみましょう。転職活動でのアピールポイントになります。もう辞めるから…と今の業務へのやる気を失わず、次に活かせることはないか探してみてください。学びの機会と捉えるのが大事です。

有給などでストレス解消する

残っている有給をストレス解消のために使うのもおすすめです。今まで頑張ってきた自分を労り、ゆっくり休息しましょう。十分な休息は、次の転職活動への活力となります。

資格を取得する

次の仕事に活かせそうな資格を取得するのも有効です。時間があるなら、再就職して忙しくなる前に取り組んでみても良いでしょう。資格が取れれば、転職活動で大きなアピールポイントとなり得ます。また、現在勉強中というアピールも有効なので、ぜひチャレンジしてみましょう。

退職前に転職活動をする

転職活動は、退職の前に行うのをおすすめします。退職後の転職活動は、経済的な不安や後がないという焦りなど、精神的な負担が大きいからです。退職前の転職活動は非常に忙しいですが、少なくとも経済的な不安などは回避できます。時間を有効に使いながら取り組んでみましょう。

次の仕事でミスマッチを防ぐためには

自分に合った仕事を見つけるには、自己分析や企業研究などが大事です。次の仕事も合わずに早期離職が続いてしまうと、「忍耐力がないのでは」「すぐに辞めてしまうのでは」と思われ、正社員への就職が難しくなる可能性があります。
この項では、次の仕事でミスマッチをしないためのポイントを解説します。

自己分析をする

自己分析では、「自分は何に価値を見出すのか」「どんな待遇で働きたいのか」を考え、優先順位をつけます。できるだけ多くの要素を出し、絶対に譲れないものとなくても良いものに分けるのが具体的な作業です。これを丁寧に行うと求人選びの軸がしっかり定まり、ミスマッチを防げる可能性が高まります。
また、「今の仕事が合わない」というのは、自己分析の重要な材料です。合わない原因や理由を分析すると、自分が大事にしたいことが明確になるでしょう。

企業研究をする

自己分析の次に、気になった企業を調べてみましょう。企業研究の主な目的は、その企業が自分と合うかどうかを見定めることです。業界での立ち位置や社風、企業理念などを念入りに調べ、自分が仕事に求めるものと合うかどうか確認しましょう。また、企業研究はそれ自体が面接対策にもなります。採用担当者にとって、自社をよく調べている応募者は好感が持てるうえ、今後活躍してくれる人材かもしれないという期待を抱かせるでしょう。

信頼できる第三者に相談する

一人で自己分析や企業研究を行っても良いですが、自分のことを客観的に判断するのはなかなか難しいものです。特に、社会人経験が浅いならなおさらでしょう。そのようなときには、他の人の力を借りるのが転職成功への近道です。周囲の人に相談する以外にも、ハローワークや転職エージェントといったプロの力を借りるのもおすすめ。豊富な経験と深い業界知識から、転職の心強い味方となってくれるでしょう。

「次こそは自分に合う仕事に就きたい」という方は、20代・30代向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、専属のキャリアアドバイザーが1対1の丁寧なカウンセリングを通じ、あなたのキャリアについて一緒に考え、厳選した求人をご紹介。ハタラクティブの保有求人には、経験よりも若者の人柄やポテンシャルに期待する企業が多いのが特徴です。経験やスキル不足にお悩みの方も安心してご利用いただけます。ご登録、ご利用はすべて無料。ご連絡をお待ちしております。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

あなたに合った仕事がきっと見つかる!

ご紹介するお仕事の仕事内容から職場の雰囲気までお伝えするので安心!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?