新卒で入った会社が自分に合わないと思った時、どうすれば良いかの心構え

新卒で入った会社が自分に合わないと思った時、どうすれば良いかの心構えの画像

新卒で入った会社が合わないと感じる理由の分析が必要

苦労して新卒の就職活動を乗り切り、ようやく会社員として仕事を始めたにもかかわらず、入った会社が合わないと感じることもあるでしょう。
そういった場合には、このまま仕事を続けるべきか、早めに辞めて次の仕事を探すべきか、もしくは3年程度働いた後で転職すべきか迷うところです。

もちろん、最終的に次の行動を決めることは大切ですが、その前に、なぜ今の会社が合わないと感じたのか、理由をしっかりと分析することが先決でしょう。

正確に理由を把握しておかなければ、次のステップを正しく踏み出せないでしょうし、同じことを繰り返す可能性もあります。

会社が合わないと感じる理由は、人間関係が原因であるケースと仕事内容が原因であるケースに大別できます。まずは、自分のケースがどちらに該当するかを冷静に考えてみる必要があるでしょう。理由が違えば、対処法と心構えが違ってきます。

合わない理由が人間関係だった場合の対処法と心構え

合わない理由が人間関係である場合は、さらに分析する必要があります。
例えば、同世代の社員が少なくコミュニケーションが上手く取れないことが原因で会社が合わないと感じているケースは、すぐに辞めてしまっても同じことが起こる可能性があります。
つまり、自分がいる会社が原因なのではなく、同世代ばかりの学生生活から、多くの世代と力を合わせて働くビジネスの世界に環境が変わったことが原因と考えられます。

このケースの心構えとしては、自分のコミュニケーションスキルを伸ばすことで解決できると考え、自分なりに適応できるよう、しばらく続けてみるのがいいでしょう。

ハラスメントにあたるようなことをされているケースの場合は、早めに転職を考えるのも一つの手です。転職先を探すときは、そういったことがない会社かどうかをしっかり調査しましょう。

合わない理由が仕事内容の場合の対処法と心構え

入った会社が合わないと感じる理由が仕事内容である場合は、すぐに転職を考えるのではなく、やっている仕事の面白さがわかるまで3年程度は継続してみる方がいいかもしれません。

もちろん、体力的についていけなかったり、精神的に参ったりしてしまうようであれば、すぐに転職するのも選択肢の一つです。そうでなければ、今の会社でキャリアを積んだ方がいいでしょう。

どんな仕事も、最初は下積みから始まることが多く、下積みならではの苦労が伴うこともあります。継続していると自分の能力も上がり、自然に仕事の面白さが見えてくることも多いです。
3年程度継続しても自分がやりたい仕事と違うという思いが変わらなければ、その時に転職を検討すればいいでしょう。
転職時に、3年程度のキャリアがあれば、ある程度継続して仕事を続けられる人と判断され、就職にも有利になる可能性があります。

入った会社の仕事が合わなくても、継続するという選択肢はありますが、最終的に転職すると決断したら、ハタラクティブを活用するといいでしょう。ハタラクティブは、転職について総合的にサポートしています。求人情報も多く、個別相談にも乗っていますので、あなたの強い味方となります。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION