新卒で入った会社が合わないと感じたらどうする?対処法を紹介

新卒で入った会社が合わないと感じたらどうする?対処法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 新卒で入った会社が合わないときは、原因の分析が大切
  • 入った会社が合わないと、ストレスがたまって集中力が落ちやすくなる
  • 入った会社が合わない理由によっては、早めに辞めるのも一つの手段
  • 転職して入った会社が合わないときは、分析不足の可能性がある

新卒で入った会社で働いていき続ける人のなかには、「なんとなく今の職場が合わない…」と感じている人もいるでしょう。新卒入社した会社で定年まで働くのは理想的な働き方といえますが、実際にはやりたい仕事の変化やキャリアプランの関係で転職する人もいます。このコラムでは、合わない会社を退職する基準や転職先で同じ失敗を繰り返さない方法をまとめました。これからできる対処法も紹介しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

新卒で入った会社が合わないと感じたら?

苦労して就職活動を乗り切り、新卒として働き始めたにもかかわらず、入った会社が合わないと感じることもあるでしょう。職場が合わないと感じたら、仕事を続けるか転職するかを決めるために理由をはっきりさせることが大切です。特に転職を検討している場合、合わないと感じた理由が分からないと次の職場でも同じ失敗を繰り返す可能性があります。

合わないと感じる理由を分析してみよう

入った会社が合わないと感じる理由は、大きく分けて人間関係か職場のどちらかにあります。まずは、自分のケースがどちらに該当するかを冷静に考えてみましょう。

原因が解消できるかどうか考えてみみよう

合わない理由を洗い出したら、その理由が解消できるかどうかを考えてみてください。上司や先輩に相談したり自分の行動を変えたりすれば改善できる理由なら、無理に転職せず今の会社で働き続けてみましょう。

自分では対処できない場合は?

ただし、自分では対処が難しい理由で入った会社が合わないと感じている方は、転職や異動を前向きに検討することをおすすめします。合わない環境に居続けると、ストレスから体調を崩すことも。入った会社が合わないと感じたら、早めに理由を突き止めて対策を講じましょう。

「新卒で入った会社が合わないから辞めたい…」と思ったときは、本当に辞めるべきなのかよく考えるのが大切です。勢いで退職してしまうと、後悔することも。「新卒で就職した会社、もう辞めたい……」では、新卒で入った会社が合わないときの悩みや転職のポイントをまとめています。今後どうするか悩んでいる方は、チェックしてみましょう。

新卒で入った会社が合わないと感じる8つのポイント

入念に企業研究を行って入った会社でも、実際に働いてみると合わないと感じることは珍しくありません。ここでは、多くの人々が新卒で入った会社が合わないと感じるポイントを紹介します。

1.仕事内容が苦手

「仕事がつまらない」「苦手な業務が多い」という理由から、入った会社が合わないと感じる人は多いようです。苦手な仕事を続けても、達成感がなくやりがいを感じられないでしょう。ただし、仕事内容が苦手だからといってすぐに転職や異動を検討するのは早計です。自分の仕事がどのように会社に貢献しているのか、キャリア形成に役立っているのかなど、見方を変えれば苦手な業務を楽しめる可能性があります。仕事を楽しめなかったとしても、自分の特性を分析し得意分野を見つける良いチャンスになる場合も。もちろん、体力的についていけなかったり精神的に参ったりしているときは、すぐに転職するのも選択肢の一つです。よく考えたうえで、転職するか今の仕事を続けるか考えましょう。

2.人間関係が良くない

「上下関係が厳しい」「高圧的な上司がいる」など人間関係を理由に、入った会社が合わないと感じる人もいます。社内の人間関係は入社してみないと分かりません。たとえば、同期の社員が少なく社内でのコミュニケーションが取りにくいことが理由の場合、転職しても同じ問題に直面するでしょう。幅広い年代の人とスムーズにやり取りできるよう、コミュニケーションスキルを磨けば人間関係が改善される可能性があります。ただし、ハラスメントや嫌がらせを受けている場合は別です。自分で状況を改善するのが難しく、ストレスから「会社が合わないから退職したい…」と感じる場合は、ほかの会社に転職することも視野に入れてみましょう。

3.給料が働きに見合わない

労働時間や業務量に見合った給料が出ないのも、新卒で入った会社が合わないと感じるポイントです。どれだけやりがいのある仕事でも、給料が安いとモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。ほかの会社で同じ業務をこなす友人が自分より高い給料をもらっていた場合、職場に対して疑問や不満を抱くこともあります。新卒で入ったときから全く昇給がない場合も、同じような考えに至るでしょう。自分の働きに見合った給料が支払われないのを理由に「この会社、合わないかも」と感じるのは自然な流れといえます。

4.能力を不当に評価される

仕事で成果を挙げても評価されず、昇給や昇進がないため会社が合わないと感じる人もいます。誠実に業務をこなしている人ほど、正当な評価を受けられないと「この会社は自分に合わないかも…」と思うでしょう。上司からの好感度や年齢で人事評価が左右されるような事態が続けば、会社に対する不信感が募ってもおかしくありません。正当な評価を受けるために、他社への転職を考える人もいるようです。

5.キャリアプランにそぐわない

新卒で入社した会社で思っていたようなキャリアを形成するのが難しく、自分には合わない職場だと判断する人もいるでしょう。特に、将来的にやりたい仕事に携われる見込みがない場合、退職を考える傾向にあるようです。キャリアプランが明確になっている人は、早めに見切りをつけてほかの会社に転職することも検討してみましょう。

6.ほかにやりたい仕事がある

新卒で入った会社が合わないと感じるのは、ほかにやりたい仕事があるからという場合もあります。入社して仕事をこなすうちに業務に違和感を覚え、本当にやりたいことは別にあったと気づく人もいるでしょう。また、入社前に聞いていたのと違う仕事を割り振られ、「この会社は合わない」と不満を持つ人もいるようです。楽しく働きたい・モチベーションが続く仕事がしたいという理由から、合わない会社を辞めて転職を検討する人もいます。

7.労働環境が悪い

退職者が出ても人員の補充がない、残業必須なほど業務量が多いなど労働環境の悪さから、体調を崩し「今の会社は合わない」と考える人もいます。過酷な環境での労働に疲れ、働きやすい職場を求めて転職活動を始める人もいるでしょう。多くの社会人は1日の中でも仕事に費やす時間が最も長いため、労働環境の良し悪しは重要なポイントといえます。

8.会社や職場と価値観が合わない

新卒で入った会社の社風や働き方が自分に合わないと悩む人もいます。同じ会社でも部署によって雰囲気が異なるため、異動によって職場が合わないと感じることもあるでしょう。会社にはそれぞれ独特な雰囲気があり、合う・合わないは人によります。どうしても耐えられないときは転職するのも一つの手段ですが、必ずしも働きやすい職場が見つかるとは限りません。社風のミスマッチを減らすには、事前に会社を見学したり企業理念を調べたりすることが大切です。

社風が合わないことを理由に転職する際は、面接での伝え方が重要。そのまま話してしまうと、採用担当者に「うちも長続きしないのでは?」と思われる可能性があります。「社風が合わないは転職理由になる?面接での伝え方と自分に合う仕事の探し方」では、伝え方のコツや転職先を探す際の注意点を解説しているので、参考にしてください。

新卒で入った会社が合わないのに働き続けるリスク

合わない環境に居続けると、ストレスで体調を崩したり今後のキャリアに悪影響を及ぼしたりする可能性があります。合わない会社で仕事を続けるリスクを把握し、状況に応じて適切な対策を取りましょう。

ストレスを感じやすい

合わないと分かっている会社で働き続けるのはストレスになりやすく、仕事の質やモチベーションの低下につながります。新卒のうちは、入った会社が合わなくても「働き始めて間もないから」「仕事に慣れていないだけ」という理由があるため働き続けても問題ありません。しかし、何年経っても同じ気持ちのときは、転職を考えたほうが良いでしょう。一定の年数働いて経験を積むのも大切ですが、心身に影響が出そうなときは早めに退職することをおすすめします。

集中力が落ちて成果が出にくい

合わない仕事ばかり行っていると、やりがいがなく集中力が低下しやすい傾向にあります。仕事で成果が出にくくなったりミスが多くなったりすることもあるでしょう。上司や同僚に、やる気がない・仕事ができないと思われるリスクもあります。会社に問題はないものの、仕事が合わなくて辛いときには上司に相談してみましょう。

年齢を重ねて転職市場での価値が低くなる

新卒で入った会社だからといって、合わないのに無理をして働き続けていると、いざ転職を決意したときに次の職場が見つからない可能性があります。若いうちはポテンシャルに期待して採用してくれる会社もありますが、30代後半になると仕事での実績や経験がないと転職しにくくなります。働き続けるのが難しいと感じたときは、年齢にかかわらず早めに転職活動を始めましょう。

仕事が合わないと思うのは甘え?

会社が合わないと思うのは甘えではありません。合わない会社で働き続けると、仕事が辛くなり体調を崩す可能性があります。心身に不調が出る前に、会社を辞めるか続けるか考えたほうが良いでしょう。どちらの選択が自分にとって最善なのか分からないときは、「仕事が辛い時…仕事を続ける?辞める?」を参考にしてください。

新卒で入った会社が合わないときの4つの対処法

会社や仕事が合わないと感じたときは、すぐに転職せずに今からできる対処法を試すことをおすすめします。心身に支障をきたしている場合は早めに退職するのも一つの手段ですが、生活基盤がなくなってしまうため次の職場を見つけてから辞めるのが無難です。今の会社に居続けるか、転職するか悩んでいる方は参考にしてください。

1.仕事のやりがいを探す

会社ではなく仕事が合わないときは、ほかの業務を割り振ってもらえないか相談したり、やりがいを感じられる方法を探したりしてみましょう。従来のやり方を変えたら働きやすいのか、自分の得意分野を活かしたらどうなるかなど、試行錯誤を重ねてみるのも大切です。うまくいけば、今まで合わないと思っていた仕事の面白みが分かり、楽しく働けるようになります。

2.ほかの部署に異動を申し出る

どうしても仕事が合わないときは、転職を検討する前にほかの部署への異動を申し出てみましょう。異動先の部署に人を受け入れる余裕があれば、申し出を受理してもらえます。合わない仕事を続けてストレスをためる前に、上司や人事に相談してみましょう。異動が難しかったりほかの仕事に移ってもストレスが改善しなかったりする場合は、転職するのも一つの手段です。

3.仕事から離れてリフレッシュしてみる

心身が疲れ切っている状態では、冷静な判断を下すのが難しくなります。休暇をとって仕事から離れ、気持ちをリセットしてから転職すべきか判断しましょう。客観的に事実を受け止める余裕ができると、ほかの解決策が見えてくることも。落ち着いて現状を分析し、自分にとって最も良い選択とは何か考えてみましょう。

4.自分に合った会社に転職する

対処法を試しても会社が合わないときは、退職して自分にあった会社に転職しましょう。ただし、転職する際は「前の会社が合わなかった理由」と「自分が今やりたいこと」の両方が、明確になっていなければいけません。何が合わなかったのか、今後どうしたいのかが分からないと、転職先も合わない職場を選んでしまう可能性があります。

転職して入った会社が合わない状況を避けるには

「今の会社が合わないから転職したいけど、次の職場選びも失敗しないか不安…」という方は、転職活動を行う前に自己分析と企業研究を徹底しましょう。新卒で入った会社の合わないポイントがはっきりすると、理想とする職場が見えてきます。

納得して働ける環境を考える

自分がやりたい仕事を実現するために必要な環境を考えると、おのずと理想の転職先が明らかになります。今の職場で合わないと思ったポイントをリストアップし、当てはまる項目がある会社は転職先の候補から外しましょう。公正な評価システムや清潔な職場環境、ハラスメントのない会社など納得して働ける条件を考えて、自分に合う転職先を探してみてください。

自分のやりたい仕事を見つける

やりたい仕事が分からないまま転職すると、次の職場でも同じ失敗を繰り返す可能性があります。合わない仕事は一つとは限りません。前職で合わなかった仕事を避けても、今度は別の業務が合わないこともあります。そのため、やりたい仕事を明確にしてから転職するのがおすすめです。自己分析を行い、「人と関わる仕事がしたい」「ものづくりの仕事がしたい」など、方向性をはっきりさせましょう。

信頼できる人や転職エージェントに相談する

自分だけで転職活動を行うと視野が狭くなりやすいため、転職エージェントや信頼できる友人に相談するのが大切です。客観的な意見を取り入れて転職活動を行えば、入った会社が合わないという事態を避けられるでしょう。特に、転職エージェントは転職活動のプロです。あなたの話を聞いたうえで、適性の高い仕事や働きやすい職場を一緒に探してくれます。転職するか迷っている段階でも利用できる場合が多いので、まずは相談してみるのもおすすめです。

新卒で入った会社が合わないと感じたときは、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層向けの転職支援サービスです。一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、カウンセリングから入社後のフォローまで、マンツーマンでサポートします。

入った会社が合わない人にありがちなお悩みQ&A

ここでは、入った会社が合わないとき、どうしたら良いかと悩んでいる方の疑問にお答えします。仕事を続けるか転職するか、決めかねている人は参考にしてください。

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めたほうが良い?

入った会社でキャリアプランの実現が難しい、ハラスメントが横行しているなどの理由で合わないと感じている場合は、早めに退職することをおすすめします。ただし、会社が合わない理由が自分の行動によって改善しそうな場合は、今できる対処法を試してみましょう。「仕事が合わないと感じる原因について紹介!辞めるのは甘え?」では、合わない会社を辞める基準を紹介しています。

職場の雰囲気が合わない場合は退職すべきですか?

人間関係を理由に退職しても、転職先で同じ悩みを抱える可能性があります。まずは、正しい対処法を学んで実践してみましょう。コミュニケーションスキルを磨き、相手の気持ちに寄り添って行動すれば人間関係が良くなることがあります。それでもストレスを感じるときは、転職するのも良いでしょう。人間関係でストレスを感じるときの対処法は、「職場に合わない人がいる!ストレスを感じる理由や11の対処法を紹介」でまとめているので参考にしてください。

この記事に関連するタグ