新卒入社後の転職…おすすめの時期と注意点は?在職期間別にコツをご紹介

新卒入社後の転職…おすすめの時期と注意点は?在職期間別にコツをご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・新卒入社した会社を転職するのに適したタイミングは2~3年目
  • ・新卒後数カ月という時期での退職は、マイナスな印象で転職活動に影響しやすい
  • ・新卒後4年~5年以上という遅いタイミングでの転職は、求人が減少傾向にある
  • ・4月入社と10月入社に向けた求人が多く、転職に適した時期である
  • ・転職で失敗しないためには、時期だけではなく高い意識を持つことが求められる

「新卒入社した会社を転職したい」と考える方は、決して少なくありませんが、在職期間が短い場合、転職時期に悩みがちです。転職を成功させるためのコツは、自身の経験とポテンシャルをアピールできる時期を選ぶこと。このコラムでは、新卒入社後の転職に適したタイミングについて解説しています。在職期間ごとのコツや注意点、転職活動を有利に進めやすい時期についても、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

新卒で入社した会社から転職するのに良いタイミング

新卒入社した会社からの転職を考えている場合、入社後2~3年目が適しているといわれています。「転職したい」と思い立ったら早めに行動することが大事ですが、入社してすぐのタイミングはおすすめできません。

新卒で入社した会社を3年以内に辞める人は多い

厚生労働省の「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」によると、平成29年の大卒者の離職率は、3年以内で32.8%という結果になっています。新卒入社後、約3割という多くの人が3年以内に離職していることが分かりました
このデータから、新卒入社した会社から短期間で転職を検討する人が多いことが予測できるでしょう。

新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移の画像

引用:厚生労働省「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移

新卒で転職するなら入社2~3年目がおすすめ

新卒で入社後、転職に良いタイミングは仕事に慣れてきた2~3年目といえます。転職活動を始める前に、まずは「現在の職場が本当に自分に合っているか」を知ることが重要です。所属する企業の特徴や方向性、仕事への適性を把握するには、2~3年は要するでしょう。
また、転職活動を有利にするには、新卒の会社で得たスキルや経験を十分にアピールすることが重要です。そのためにも数年間は勤務して、社会経験やビジネスマナーなどを身につける必要があります。
転職に適したタイミングについては、「タイミングが大事!転職するのに適した時期とは?」でもお伝えしているので、参考にしてみてください。

新卒入社3年目以上の転職は?

入社後3年以上の場合、社会人としてのスキルや仕事でのキャリアを活かせるため、転職活動に有利なタイミングと考えられます。社会経験を積んでいて仕事内容もひと通りこなしている状態なので、「より条件の良い会社で働きたい」「別の職場でキャリアを磨きたい」など、明確な目標があれば転職を考えても良いでしょう。転職する時期の見極め方は、「転職するならいつが良い?タイミングの見極め方」もご一読ください。

参照元
厚生労働省
新規学卒者の離職状況 新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移

新卒入社後の転職タイミングに関する注意点

新卒で入った会社を転職する際、タイミングによって企業に与える印象は異なります。転職活動を円滑に進めるには、タイミングごとの注意点を理解しましょう。

新卒入社後数ヶ月での転職はマイナスイメージ

入社して数ヶ月のタイミングで転職するのは、「ビジネススキルが身についていない」「人間性に問題があるのでは」といったマイナスイメージがつきやすいでしょう。

社会経験がほぼなく評価されにくい

社会生活がほぼないため、転職志望先の企業から評価されにくいのが現状です。第二新卒の場合、基本なビジネスマナーやパソコンスキル、顧客対応などある程度の能力を求められるでしょう。新卒入社後に数ヶ月で退職してしまうと、基本的な社会経験が積めません。企業側も、「それなら新卒者を優先的に採用したい」と考えるのは必然といえます。
第二新卒の転職は、志望先に見合った条件を満たしていない限り、ハードルが高いと捉えて良いでしょう。

ストレス耐性が低いと判断されやすい

入社後間もないタイミングでの退職は、「嫌なことがあると辞めてしまうのでは」とストレス耐性が低いと判断されがちです。
どの企業でも、モチベーション高く意欲的に業務に取り組める人を採用したいと考えています。そのため、採用側は早期退職する可能性が高いと感じる人に対して、マイナスなイメージを持ってしまうでしょう。

状況を見極めることも大切

新卒入社から1年未満での転職は難しいものの、景気が良く、働き手が不足しているような状況であれば、転職の難易度は下がります。一方で、景気が下降傾向にあり、企業側が採用人数を絞っているような状況では、内定をもらうのは非常に難しくなるでしょう。今がどういう状況にあるのかを見極めた上で、自分がどのような行動を選択するべきか、冷静に判断するのがおすすめです。在職期間が1年を超えれば、企業側の印象も大きく変わります。転職に向けた準備だけは整えつつも、慎重な行動を心掛けてみてください。

新卒入社から転職のタイミングが遅過ぎると選択肢が減る

第二新卒は「入社後3年以内」という認識が一般的であり、3年以降の場合は該当しないことが多いでしょう。新卒入社してから4~5年過ぎてしまうと、第二新卒として応募できないことも。30代が近くなると第二新卒の枠ではなく、キャリアアップのための転職になっていくでしょう。

転職ではキャリアを重視されやすい

新卒入社してから何年も経過している場合、基本的なマナーだけではなく、マネジメント能力や実績、スキルが重視されやすいでしょう。いわゆる「キャリア採用」となり、転職先の即戦力として求められる傾向にあります。

新卒入社後の在職期間ごとの転職活動ポイント

新卒で入った会社から転職する際、前述のとおり在職期間によって重視される点は異なるものです。この項目では、在職期間ごとの転職活動を上手く進めるポイントについて解説します。

入社数ヶ月~1年未満での転職

新卒社会人としての職歴が短いので、経験や知識が求められることはほとんどないでしょう。自分にどれだけ伸びしろがあるのかを企業に伝えられるかがポイントです。

前向きな転職理由がカギ

退職理由と志望動機に説得力があるかがポイントになってきます。特に在職期間が短い場合は、「早期退職」を不安視されてしまうことも。前向きに頑張って行きたいという気持ちを表現することが大切です。
現状に不満を持って転職を考えている場合でも、「今の会社では叶えられず、応募先企業で実現できること」を洗い出し、今後を見据えた内容に焦点を当て、転職理由を伝えましょう。

仕事に対する真摯な姿勢をアピールする

一定の社会経験がない分、仕事に対する誠実さや意欲の高さを伝えることが重要です。また、どのようなことも吸収し、学ぼうとする意思をアピールできると好印象を与えられます。
志望動機や自己PRでは具体的なエピソードを交えながら、前向きさや積極性を十分にアピールしましょう。

書類選考対策を十分に行う

新卒で入った会社の在職期間が短い場合、「自社で雇ってもまたすぐに辞めてしまうのでは…」という懸念から、採用に慎重になる企業も多く見られます。このため、「書類選考で落とされ、面接まで進めない」という事態も、十分に起こり得るでしょう。こうしたリスクを考慮した上で、「実際に会って話を聞いてみたい」と思わせるような応募書類作りを意識してください。

特に重要なのは、職務経歴書です。在職期間が短ければ、職務経歴も浅くなるのは当然のこと。しかし、だからといって「何もない」と記載するのは避けましょう。重要なのは、「自分の判断で進めた仕事」や「自分自身が主体的に動き、評価された仕事」について、具体的にアピールすることです。在職期間が短くても、「指示待ち人間ではなく、自分から主体的に仕事ができる人間である」という点を、分かりやすく伝えていきましょう
応募書類に自信が持てないときは、第三者に内容をチェックしてもらうのがおすすめです。

成長期にある業界がおすすめ

成長期にある業界では、未経験者歓迎の求人を多く出している企業も。この場合も、採用担当者は意欲や人柄といった人物像から求職者を判断しています。
未経験歓迎だからこそ、入社後はどういったことに貢献できそうか、何を実現したいのかを明確にしておくことが大切です。
趣味やプライベートで取り組んでいることなど、自己PRできそうなことがあれば積極的に伝えましょう。

新卒入社直後の転職を考えている方は、「新卒入社から3ヶ月で退職したら転職は不利?その後の影響や対策を解説!」のコラムも併せてご覧ください。転職活動について、詳しくお伝えしています。

新卒入社後入社1~3年未満の転職

第二新卒にあたり、若手であることから、順応性が高くバイタリティのある印象を与えられる時期です。前職での在職期間が短いので、新しい社風に馴染みやすいのもメリットの一つでしょう。
近年では、第二新卒の採用枠を設けている企業も増加傾向にあります。

一定の社会経験が評価される

転職市場での第二新卒の強みは、基本的なマナーと社会人経験です
若さがありながら、一定の社会人経験もある第二新卒は、仕事に対する責任感が身についていることや、素直で指導がしやすいという印象を与えます。これらの強みと将来性をアピールすることが転職を成功に導くといえるでしょう。

ポテンシャルもアピールできる

第二新卒のため、「将来仕事で活躍できる」というポテンシャルをアピールできるでしょう。多くのキャリアを積んでいない状態ですが、人間性や潜在能力が評価されやすいというメリットがあります。そのため、未経験の業界や職種にもチャレンジできるタイミングと考えられるでしょう。

転職理由を聞かれた場合の対応をしっかり

第二新卒に注目する企業が増えているとはいえ、前職の在職期間が短いことを懸念する企業も、まだまだ多いものです。「なぜ前職を辞めた(辞める)のか?」という質問は、必ずされると考えて良いでしょう。大切なのは、前職を辞める理由を、理論立てて説明できるかどうかという点です。「ポジティブな転職であり、次の仕事は長く前向きに続けたい」という意欲を、しっかりと伝えられるよう準備しておきましょう

新卒入社後入社3年以上の転職

3年以上働いていれば、一定のスキルや経験値が身についているタイミングと判断されます。業務に関することはもちろん、3年以上働いたという実績が評価の対象になることも。同じ場所で長く働けるということは、柔軟性と忍耐力があるというアピールにもつながります。

キャリアアップのチャンス

同業種・職種では、キャリアアップを視野に入れた転職活動ができるでしょう。3年以上にわたり同じ仕事をしていれば、社会人としての基本はもちろん、業界についての知識や動向がある程度理解できているタイミングと捉えられます。
将来的なキャリアプランを視野に入れたキャリアアップも目指せるでしょう。

十分な面接対策が必要

長い経験やスキルがあるのはメリットですが、吸収力や柔軟性に欠けると判断されてしまう恐れもあります。面接対策をしっかり行い、自分の強みや意欲、転職へのハッキリとした目標を伝えることが大切です。
企業研究も念入りに行い、応募先企業が求める人物像を把握したうえで転職で強みになる自分のアピールポイントをまとめましょう。
年齢ごとの転職タイミングについては、「転職時期を見極めて就職活動を有利に進めよう!」もご覧ください。

新卒入社した会社を転職するのに適しているのは何月?

転職の求人数が多いタイミングは、年度末と半期末です。退職者が出ることが多く、採用計画の中に正社員の求人を組み込んでいる企業もあります。
転職市場の動きをチェックし、求人の多い時期を選ぶことで応募先の選択肢が広がるでしょう。

4月入社を目指した1月スタートの転職活動

大半の企業は年度末である3月に退職者が出やすく、一般的に4月入社の求人が増えます。求人が出るタイミングは企業によって異なりますが、1月ごろから転職活動を始めると良いでしょう。

具体的には、自己分析や応募先企業の絞り込み、応募書類の作成などをスタートします。順調に進めば、2月に入るころから面接がスタートするでしょう。1ヶ月で内定を得られれば、入社1ヶ月前までに、現在の職場に退職の意志を伝えてください。通常業務とともに引継ぎ業務もしっかりとこなし、気持ち良く退職しましょう。

4月入社のメリット

4月入社は多くの企業で新卒者が入るタイミングです。新卒者と同時に、転職者も手厚い研修を受けられる可能性が高いでしょう。また、もう1点非常に大きなメリットとなるのが、「同じタイミングで働き始める仲間が多い」という点です。「先輩や上司に聞きづらいことでも、同期の仲間になら遠慮せずに聞ける」ということもあるでしょう。働きやすい環境を築きやすいという特徴があります。

10月入社を目指した7月スタートの転職活動

7~9月ころは、下半期のビジネス計画に関するプロジェクトを始めるために、転職採用の活動がスタートする時期です。また、9月末は半期末に該当するので退職者が出るタイミングでもあり、10月入社に向けた求人が増加します。
10月入社は新卒入社の時期ではないため、即戦力として期待されやすいのが特徴。前職でのスキルや知識を転職先で活かせる人は、早い段階で自身の仕事が評価されやすいでしょう。

10月入社のメリット

4月入社とは違い、10月入社のほとんどは、他企業からの転職組です。つまり、同期入社の仲間の経歴や年齢層が、非常に幅広くなります。視野も広がることでしょう。また、4月入社のように、初期研修やマナー講座で時間を取られる心配もありません。「すぐに仕事をスタートして、実績につなげたい」と考える方にとっては、メリットが大きくなります

第二新卒なら季節にこだわらない転職活動も

転職の求人数が伸びる時期は、先ほど解説したとおりですが、入社3年以下、つまり第二新卒として転職活動を行う場合、季節を気にし過ぎなくても大丈夫です。第二新卒者の内定獲得数は、1年を通じて安定しているといわれています。自分の好きなタイミングで転職活動をスタートしましょう。第二新卒の時期を過ぎると、企業が求める人材の条件や、評価されるポイントも大きく変わってくるもの。月にこだわらず、転職活動だけはスタートして、チャンスをつかむための準備を整えておきましょう。

新卒入社後の転職で失敗する理由とは?

新卒入社後の転職で失敗する理由は、タイミングだけではありません。タイミング以外で、転職に失敗する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。3つのポイントを紹介します。

勢いで仕事を辞めてしまった

具体的なプランもなく、ただ勢いのまま新卒入社した会社を辞めてしまうと、その後の転職活動は難航するでしょう。仕事を辞めれば収入は途絶えてしまいますし、焦りも生まれます。「なぜ前職を辞めたのか?」という問いに対しても、自信を持って回答できなくなってしまうでしょう。
新卒入社後の転職を成功させるポイントの一つは、転職活動の順番です。転職がすぐに成功するとは限らないからこそ、在職中から転職活動をスタートさせましょう。

就職活動と同じ感覚で転職活動に取り組んでいる

転職活動は、新卒時の就職活動とは異なるもの。第二新卒であっても、「これは転職活動である」と認識した上で、具体的な行動をスタートしましょう。就職活動は、企業側が主体となって進められるシーンも多いですが、転職活動では、転職者自身が動くことを求められます。また、アピールするべきポイントも、「前職での経験や実績」が主となるでしょう。新卒のときと同じようなアピールでは、落とされてしまう可能性が高くなります。

自己分析が充分ではない

新卒入社後の転職だからこそ、重要な意味を持つのが自己分析です。実際に社会に出て働いた経験があるからこそ、新卒採用時以上に深い自己分析を求められます

・なぜ、前職を辞めなければならなかったのか
・これからの自分のキャリアと、それにつながる志望動機
・自身の希望を叶えるために、具体的にどういった努力が必要なのか

自己分析が苦手な方も多いですが、転職成功のための秘訣として、ぜひしっかりと取り組んでみてください。第二新卒の転職活動については、「第二新卒は転職時期と職歴が重要!」のコラムでも詳しく解説しています。併せてご覧ください。

新卒で社歴が浅い人なら転職のタイミングは早いほうが良い

新卒入社後の転職は、在職期間によってチャレンジできる業界や求人が限られてきます。高度なスキルやキャリアがない限り、年齢を重ねるほど転職の選択肢が減っていくのが現状です。
また、志望する企業が中途採用を行っていても、どのタイミングで求人を締め切るか分からないため早めに行動する必要があります。
転職先で自分のやりたい仕事や、希望する勤務条件を叶えたい場合は、できる限り早めに転職活動を行いましょう。

新卒入社した会社から転職するのは勇気がいるもの。退職から転職活動を始めるまでの時期で悩んでしまったら、プロに相談するのもおすすめです。
転職サポートサービスのハタラクティブでは、一人ひとりに合った転職活動の進め方や選考対策などをアドバイスしています。専任の就活アドバイザーがいるので、安心してご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!
    施工管理技士の経験を活かし、建設現場のプロフェッショナルを目指す!

    就職前

    施工管理

    就職後

    施工管理

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

  • エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?
    エンジニアから念願の営業職に!転職の秘訣はLINEでの面接対策と「笑顔」?

    就職前

    エンジニア

    就職後

    営業

    詳細見る

  • 良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?
    良好な職場環境で働いていた専門学校卒30歳。それでも転職を決意した理由とは?

    就職前

    営業

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • 先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート
    先輩の後を追って入社するも失敗、ハタラクティブで社会人生活を再スタート

    就職前

    就活アドバイザー

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

第二新卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION