新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の理由はどう答える?質問の意図と例文

転職の理由はどう答える?質問の意図と例文

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・企業側が転職理由を聞くのは、長く働いてくれるか、ストレス耐性はあるかなどを判断する意図がある
    ・転職理由はポジティブな表現に変換し、志望動機に繋げよう
    ・転職理由を伝えるときは、明るくはきはきと話そう
    ・前職の愚痴や不満、嘘の理由を言うのは避けよう

転職活動の面接では、高確率で「転職を決めた理由」が問われます。
転職理由を聞かれる意図や、適切な回答などを把握し、転職を成功に導きましょう。

◆転職理由が問われるわけ

企業側は転職理由を聞くことで、以下のことを確かめようとしています。

・すぐに辞めてしまわないか

企業側としては、せっかく採用した人材がすぐに辞めてしまうのは避けたいところです。
転職理由の内容で、自社で長く働いてくれそうかを判断しています。

・ストレス耐性や責任感はあるか

仕事をする上で、ストレスや責任はついてまわるもの。
ストレス耐性や責任感はあるか、物事から逃げる癖がついていないかを、転職理由から判断している場合があります。

・新しい職場や仕事への意欲

どの仕事でも、意欲を持って臨むことが大切です。
「とにかく前の職場が嫌だからやめた」というのが前面に出ていると、意欲がないと判断されてしまうかもしれません。

・仕事への考え方

仕事に何を求め、どのようなことを原動力にしているのかを、転職理由から見ているようです。
求職者の仕事への考え方を知ることは、ミスマッチの防止にも繋がります。 

◆転職理由は志望動機につなげよう

転職をしたいと思うきっかけには、多少なりとも会社への不満があるかもしれません。
しかし、それをそのまま転職理由として伝えるのは避け、できるだけポジティブに表現しましょう。
ネガティブな退職理由は、「自社でも同じ問題にぶつかるのでは」「不満があればすぐに辞めてしまうのでは」と懸念される可能性があります。
「前職が嫌だから」という考えだけに留まらず、「転職してどのようなことを実現したいか」に焦点をあてて回答を考えましょう。
ポジティブな転職理由を、志望動機に繋げるのが有効です。

◆ポジティブ変換の例文はこちら

転職理由をポジティブに言い換える例は、以下のとおりです。

【残業が多い】

社内に「遅くまで仕事をしている人が偉い」という風潮があり、日々の業務がスムーズに進まないことに悩んでいました。
仕事の効率化を図るために対策を考え、上司に提案しましたが、取り合ってもらえませんでした。
私は効率よく業務をこなし、成果を上げて会社に貢献するという働き方をしたいので、転職を決意しました。

【評価に不満がある】

以前勤めていた会社では、年功序列制度を採用しており、仕事で成果を上げてもなかなか評価に反映されませんでした。
そのような状況の中で仕事への意欲が下がっていることに気づき、「このままではいけない」と思い、転職を決意しました。
自分の力を正当に評価される環境で、常に高いモチベーションをもって働きたいと考えています。

【人間関係が悪い】

前職では、社員間で情報共有できる環境が整っておらず、食い違いからトラブルが発生することもありました。
社内報で社員全体に呼びかける、重要な情報は書面に起こして配布するなどの対策をしましたが、改善は見られませんでした。
スムーズに業務を進められる環境で働きたいと思い、退職しました。

◆話す時は明るくはきはきと!

転職理由を伝えるときは、不安を伴うかもしれません。
しかし、暗い表情で話していると、ますます印象が下がってしまいます。
適度なアイコンタクトを心がけ、自信を持って明るくはきはきと話しましょう。
また、以下のような転職理由は避けるのが得策です。

【前職の愚痴や不満】

たとえ退職理由が前職への不満であったとしても、文句や愚痴を言うのは避けましょう。
「何かあるとすぐに悪口を言う人」と見なされてしまう可能性があります。

【嘘の転職理由】

転職理由を伝える際に、嘘は言わないようにしましょう。
面接官は多くの求職者を見てきているため、すぐに見破られるかもしれません。
深く追求された際に、矛盾が生じる恐れもあります。
また、解雇されたにも関わらず「自己都合退職」と偽るのは、経歴詐称になるのでやめましょう。
発覚した場合、内定取り消しなどのペナルティが生じる可能性があります。

面接で転職理由を聞かれたときの対応について紹介しましたが、いかがでしたか?
もし転職理由の答え方がわからない、上手く伝えられる自信がないという場合は、エージェントを活用するのも1つの手です。

ハタラクティブでは、プロのアドバイザーから転職に関する有効なアドバイスを受けられます。
面接対策をしっかり行うので、本番に臨む際も安心です。
面接の回答内容やマナーに関する疑問は、ハタラクティブにご相談ください!

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ