転職理由の伝え方は?面接官にポジティブな印象を与える回答のコツを解説

転職理由の伝え方は?面接官にポジティブな印象を与える回答のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職理由は、面接官にポジティブな印象を与えられるような伝え方を目指そう
  • 面接官は転職理由を聞くことで早期退職の可能性を見極めようとしている
  • 面接で転職理由を伝えるときは、相手が分かりやすいよう簡潔にまとめることが大切
  • 転職理由が思いつかないときは、転職のきっかけを紙に書き出してみると良い
  • 転職理由の伝え方に悩んでいるなら、エージェントに相談するのも一つの方法

面接で転職理由を上手く伝えられない方もいるでしょう。説得力のある転職理由を述べるには、なぜ面接官が転職理由を尋ねるのかを知っておくことが大切です。このコラムでは、面接官が転職理由を質問する意図を解説します。また、伝え方のポイントや転職理由が思いつかないときの対処法なども紹介。転職理由を上手に伝えるコツを掴み、自信を持って面接に臨みましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職理由の理想的な伝え方とは

転職理由の理想的な伝え方とは、話に説得力があり、面接官にポジティブな印象を与えられる伝え方です。面接官が転職理由を質問する意図を踏まえたうえで、自分の仕事に対する前向きな気持ちを上手にアピールしましょう。

面接官が転職理由を質問する意図

面接官が転職理由を質問する意図の画像

面接官が応募者の転職理由から判断したいのは、「早期退職の可能性」「入社意欲の度合い」「自社とのマッチ度」などです。面接官がチェックしている3つのポイントを以下で確認し、質問意図に沿う回答をしましょう。

1.退職理由と同じ理由ですぐに辞めてしまわないか

転職理由が前職に対する不平不満だった場合、面接官は応募者が同じ理由で退職してしまわないか懸念する可能性があります。企業側が求めているのは、長く働いて会社に貢献してくれる人材です。入社してすぐに辞められてしまうと、採用に掛けた手間やコストが無駄になるため、会社は事前に早期退職の可能性の有無を確認します。転職理由が、「会社の方針についていけなかった」「自分には向いていない仕事だった」といった前職の会社とのミスマッチだった場合、そのまま伝えてしまうと、早期退職のリスクが高いと判断される恐れがあるので注意しましょう。

2.高い入社意欲や仕事へのやる気があるか

高い入社意欲や仕事へのやる気を持っているかという点も、面接官が転職理由を聞く際のチェックポイントの一つです。「どの企業でも使えるような内容を述べていないか」「雇用条件だけでなく業務内容や社風についても調べているか」などの視点から、自社への入社意欲や仕事に対する姿勢を測ります。説得力のある転職理由を考えるためには、事前の企業研究を徹底して行いましょう。

3.会社とマッチする人材なのか

面接官は、転職理由の内容から自社とのマッチ度も確認しています。たとえば、単独営業が主流の会社に対して、「ノルマにとらわれずチームで働ける環境に転職したい」という理由はマッチ度が低いと判断され、採用を見送られる可能性があるでしょう。入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業の社風や働き方といった情報に必ず目を通し、自分の希望や適性と合致する求人を選ぶことが大切です。
転職理由を質問する面接官の意図については、「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」でも説明しているので、ご一読ください。

面接で転職理由を伝える際の3つのポイント

面接で転職理由を伝える際の3つのポイントの画像

面接で転職理由を伝える際は、分かりやすい内容を心掛けたり、キャリアビジョンや志望動機と関連づけたりしましょう。また、明るくハキハキと受け答えすることも大切です。

1.転職理由は具体的で分かりやすい内容にする

面接で述べる転職理由は、具体的で分かりやすい内容にしましょう。転職を考えたきっかけや自分の将来のビジョンなどを簡潔に説明し、1分程度の長さにまとめます。履歴書の内容を、面接で深ぼられることもあるため、スムーズに受け答えできるようしっかり準備しておきましょう。履歴書で伝えきれなかったエピソードや付け加えたいアピール要素を盛り込むのもおすすめです。
履歴書への転職理由の書き方が知りたい方は「転職理由の書き方は?人間関係やスキルアップなど理由別の例文を紹介!」で解説しているので、参考にしてみてください。

2.志望動機やキャリアビジョンと繋がりを持たせる

転職理由は、志望動機やキャリアビジョンと繋がりのある内容にしましょう。転職理由と志望動機を矛盾なく述べられれば、面接官に「目的が明確で入社後の成長や活躍に期待できる」と評価してもらえる可能性があります。志望動機の組み立て方を詳しく知りたい方は、「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」をご一読ください。

3.明るくハキハキと回答する

転職理由を伝えるときは、明るくハキハキと回答するのがポイントです。「転職理由に疑問を持たれたらどうしよう」という不安から暗い表情や小さな声で話すと、自信がないように見えてしまいます。面接官に「転職理由で嘘をついているのでは」「何か後ろめたいことがあるのでは」といったネガティブな印象を与える恐れがあるため、注意が必要です。面接では姿勢を正して聞き取りやすい声量で受け答えし、自分の仕事に対する前向きな姿勢や意欲を示しましょう
 

退職理由と転職理由に違いはある?

退職理由が「前職を辞めた原因」であるのに対し、転職理由は「将来の目標」に重点を置いた内容を指します。面接でスムーズな回答をするためには、事前に退職理由と転職理由のどちらも整理しておくことが大切です。退職理由と転職理由の違いについては、「転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説」で詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

転職理由が思いつかないときに試したいこと

転職理由が思いつかないときに試したいことの画像

転職理由が思いつかないときは、「1.転職のきっかけを書き出す」「2.ネガティブ要素はポジティブに変換する」「3.転職後の目標を明らかにする」の手順で考えてみるのがおすすめです。以下で詳しく見ていきましょう。

1.転職のきっかけになった事柄を書き出す

転職理由が思いつかないときは、転職したいと思ったきっかけを紙に書き出してみてください。前職を退職する原因になった出来事や、「仕事の専門性を高めたい」「新しいことに挑戦してみたい」など転職で叶えたいことを思いつく限り挙げましょう。自分の状況を客観的に見つめ直すことで、転職理由に盛り込める要素を分かりやすく整理できます。

2.ネガティブ要素はポジティブな表現に変換する

書き出した内容の中にネガティブな転職理由がある場合は、前向きな表現に変換しましょう。勤めていた会社に対する不満や、一緒に働いていた人への批判を含んだ転職理由を面接官にそのまま伝えると、自分の印象を下げるリスクがあります。転職理由を前向きに変換する方法は「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」や「転職理由を言い換えてポジティブな印象に!伝え方や例文を紹介」で解説しているので、ぜひご覧ください。

3.転職後の目標を明らかにする

転職のきっかけが整理できたら、次に将来の目標を明らかにします。転職先の会社で実現したいキャリアプランや、自分が目指したい将来像などを具体的に設定しましょう。面接官に納得してもらうためには、「前職での課題を解決できる会社に転職し、目的を達成したい」という流れで伝えるのが効果的です。
以下に、転職理由の回答例文を載せました。転職理由が思いつかないと悩んでいる方は、参考にしてみてください。
 

転職理由の回答例文

「前職では営業を担当すると同時に、書類作成やデータの分析・管理といった事務作業全般にも携わりました。営業職もやりがいがありましたが、バックオフィス業務で事業に貢献したいという思いが強くなり、転職を決意した次第です。御社では営業と事務の連携に重きを置いていると伺いました。これまでの経験を活かし、営業職のニーズに沿った適切なサポートに努め、御社の事業発展の一助になれたらと考えております。」

転職理由の例文は「転職理由別の例文7つ!好印象を与えるために意識するべきポイントとは」のコラムにもまとめています。ワークライフバランスやキャリアアップなど転職理由別に紹介しているので、例文を参考にしながら、面接官を納得させられる転職理由を考えましょう。

よくある転職理由ランキング

この項では、厚生労働省の調査を参考に、よくある転職理由をランキング形式でまとめました。なお、個人的理由に限定して順位づけし、男女ともに最も多い理由である「その他の個人的理由」はランキングから除外しています。

男性の転職理由

男性の場合のよくある転職理由は、以下のとおりです。

理由 割合
職場の人間関係が好ましくなかった 8.1%
労働条件が悪かった 8.0%
給料等収入が少なかった 7.7%

引用:厚生労働省「令和3年雇用動向調査結果の概況(17p)

最も多い転職理由は「職場の人間関係が好ましくなかった」で8.1%でした。人間関係の悩みを解消する難しさが窺えます。次いで、労働時間や休日などの労働条件の悪さ、給与に関する不満が続いていることから、より良い条件のために転職する人が多いといえるでしょう。

女性の転職理由

女性の場合、よくある転職理由としては以下の3つが挙げられます。

理由 割合
労働条件が悪かった 10.1%
職場の人間関係が好ましくなかった 9.6%
給料等収入が少なかった 7.1%

引用:厚生労働省「令和3年雇用動向調査結果の概況(17p)

男性と比べて労働条件に関する不満が転職理由となる割合が多いようです。しかし、順位の違いはあるものの、よくある転職理由の上位3つの内容は男女で同じという結果になりました。給与や待遇、環境に対する不満が理由で転職する人が多く、性別による大きな違いはないことが分かるでしょう。
 

転職理由で待遇を挙げるなら客観的事実を伝えよう

転職理由に前職での労働環境や給与などに関する不満を盛り込みたいときは、客観的事実を述べましょう。たとえば、「月○時間以上の残業が当たり前だった」「○ヶ月間トップセールスを続けたが給与に反映されなかった」など、数字を示すと話の説得力が増します。そのうえで、状況改善のアクションを起こしたことや、今の会社で自分のキャリアプランを達成しにくいことを伝えれば、面接官も納得しやすいでしょう。

参照元
厚生労働省
令和3年雇用動向調査結果の概要

転職理由の伝え方に悩んでいるのなら

転職理由の伝え方に悩んでいるのならの画像

転職理由の伝え方に悩んでいる方は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。専任のアドバイザーによるプロのサポートを受けながら、効率的な就活が行えます。応募先企業のニーズや採用傾向などを踏まえた転職理由の伝え方をアドバイスしてもらえるでしょう。なお、転職エージェントの主なサービスは、以下のとおりです。
 

転職エージェントの主なサービス

・求人紹介
・面接対策
・応募書類の添削
・面接日程の調整
・内定後のフォロー

好印象な転職理由の伝え方が分からずお悩みの方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。若年層に特化した転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが求人選びから内定獲得後のフォローまでを徹底サポート。応募書類作成のお手伝いや面接対策なども実施するので、自分の状況に合った転職理由や印象の良い伝え方を理解したうえで、選考に臨めます。企業とのやり取りはアドバイザーがすべて代行するので、お仕事が忙しい方や初めての転職活動で不安な方も安心です。まずはお気軽にご相談ください。

転職理由に関するFAQ

ここでは、転職理由に関してよくある疑問やお悩みをFAQ形式で解決していきます。

転職理由の伝え方のコツは?

転職理由の伝え方のコツは、簡潔で分かりやすい内容にすることです。回答が長過ぎると、面接官に「説明能力に欠ける」「目的意識が薄い」とマイナスイメージを持たれる可能性があるので気をつけましょう。そのほか、「転職理由は志望動機と関連づける」「明るくハキハキと受け答えする」なども大切なポイントです。詳しくは、このコラムの「面接で転職理由を伝える際の3つのポイント」をご確認ください。

なぜ面接では転職理由を質問されるの?

面接官が転職理由を問うのは、応募者の入社意欲や自社との相性などを確認するためといえます。応募者の志望度や会社とのマッチ度が低い場合、早期退職に繋がるリスクがあるからです。企業が面接で転職理由を聞く理由については、「面接で転職理由を問う意味」もあわせてご覧ください。

転職理由を聞いて面接官が頷いたら好印象?

転職理由を答えたときに面接官が頷いたら、転職理由に納得しているサインとも考えられます。頷くだけでなく、「回答に対して深掘りしてくる」「具体的な入社の話がある」といった反応があれば、好印象を持たれている可能性があるでしょう。しかし、面接官にこのようなサインが見られていても不合格になる場合もあるため、一概に印象の良し悪しを結論づけることはできません。「面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否」のコラムでも解説しているので、参考にしてみてください。

転職理由で嘘をついてもいい?

転職理由で嘘はつかないほうが良いでしょう。面接官にバレてしまうと、印象ダウンに繋がります。転職理由がネガティブな内容で本音を伝えることに不安がある場合は、できるだけ前向きな言い回しを工夫することが重要です。詳しくは、「転職理由は本音で答えた方が良い5つの理由!面接での伝え方も紹介」をご参照ください。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが面接対策の相談に乗っています。ぜひお気軽にご活用ください。

この記事に関連するタグ