新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職理由はポジティブに!相手が好感を抱く伝え方

転職理由はポジティブに!相手が好感を抱く伝え方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・よくある転職理由は、人間関係の問題や待遇への不満、キャリアアップやキャリアチェンジなど

    ・ネガティブな転職理由は面接官に後ろ向きな印象を持たれ、内定を遠ざける

    ・転職理由はネガティブからポジティブに変換!仕事への前向きな意思を伝えよう

    ・転職理由の伝え方がわからない人は、転職エージェントに相談しよう

転職の際の面接で必ずといってよいほど質問されるのが転職理由です。これに対してなんと答えるかが、転職を成功させる上で大きなポイントとなります。

転職理由には大抵の場合現在の職場や仕事への不満が含まれ、ストレートに表現するとネガティブな回答になってしまいます。しかし、愚痴に近い転職理由を伝えて面接官に後ろ向きな人材と思われては、内定を得ることはできません。

もちろん嘘をつけば良いというわけではありませんが、転職・退職理由の伝え方には工夫が必要です。

今回のコラムでは、転職理由の回答のポイントをご紹介していきます。

◆これが本音の転職理由!

転職理由の伝え方を考える前に、実際の転職理由にはどのようなものがあるかを知っていきましょう。

まず理由として特に多いのが人間関係の問題です。
上司とそりが合わなかったり、職場全体の空気が悪かったりといった問題を理由に、退職を決意する人は多くいます。

人間関係が険悪な職場の空気は大きなストレスとなり、コミュニケーションがうまくいかないと業務に支障が出ることも。

また、給与が少ない、残業や休日出勤が多いなど、待遇面での不満もよくある理由です。

さらに、今の会社では自分の仕事がまったく評価されず昇進も望めないという人は、キャリアアップをするために転職を考える場合もあります。

他には、今の仕事にやりがいがない、もしくは適性と違う職種に就いているので転職でキャリアチェンジしたいというケースもあるでしょう。

今ご紹介したような内容は、本人にとっては転職を検討するに足る十分な理由です。

しかし、問題は採用担当者がそれを聞いてどう思うか?という点。

職場の愚痴ととられるようなネガティブな退職理由は、転職成功を遠ざけてしまうので注意が必要です。

◆面接ではNG!内定を遠ざけるネガティブな退職理由

転職理由を答える際にネガティブな理由をそのまま伝えるのはNGです。

例えば、「上司との折り合いが悪くて転職を決意しました」と答えると人間関係を構築するのが下手な人だと思われてしまう可能性があります。

また、「収入アップのために御社を希望しました」という理由では、よほどのスキルや実績の裏づけがないと、「正しい自己評価ができないだけではないのか?」という疑念を抱かれかねません。

さらに、「キャリアアップのために」あるいは、「やりがいがある仕事をしたいから」というと、前の会社ではキャリアアップできなかったのか、なぜ最初からやりがいのある仕事を目指さなかったのかと思われてしまうでしょう。

えておきたいのは、「面接官はあなたの個人的な事情を知らない」ということです。

たとえ、前の職場がブラック企業といわれる体質の企業であっても、ただ単に「待遇に不満があって辞めた」と答えると、面接官は会社の状況を知らないため、「我慢が足りないのでは?」と考えるかもしれません。

しかし、だからといって、事実とかけ離れた嘘を転職理由として述べるのはおすすめできません。

面接官はこれまで数多くの転職希望者と接しており、その場限りの嘘はすぐに嘘だとばれてしまいます。

掘り下げて質問されると、嘘で固めた理由は簡単に崩れてしまうでしょう。

◆転職理由はネガティブからポジティブに変換しよう!

転職理由を回答する際に重要なのは、事実に反しない理由をいかにポジティブに伝えられるかです。

以下に回答例を示すので、参考にしてみてください。

【人間関係に問題があった場合】

「私は仕事とは一人で行うものではなく、チームプレイでいかに効率よく進めていくかが重要だと考えています。御社の理念はそうした考えをより深く追求したものであり、感銘を受けました。ぜひともその理念のもとで働きたいと思っていたところに今回の募集があり、転職を決意いたしました」

【給与に不満があった場合】

給料に不満がある場合はそれだけを退職理由として挙げるのは賢明ではありません。「給料さえよければどこでもよいのだろうか?」と思われてしまうからです。したがって、以下のように、なぜ転職先にこの会社を選んだのかという理由をからめて説明するのがよいでしょう。

「前の会社は年功序列の風習が強かったために業績を上げてもなかなか評価につながらず、仕事に対するモチベーションを維持するのに苦労しました。私は信賞必罰の環境に身を置き、責任のある仕事を行うことが自分の成長のためになり、会社への貢献にもつながると考えています。その点、御社の評価システムは非常に魅力的であり、そのような環境のもとで仕事を行いたくて転職を決意しました」

【キャリアチェンジしたい場合】

今の仕事にやりがいを感じなくなりキャリアチェンジをしたい場合は、なぜ最初からもっとやりがいのある仕事を選ばなかったのかという点が問題になります。

単に飽きっぽいから仕事を変えるのだと思われないよう、キャリアチェンジをする必然性について説明する必要性があります。

「私は接客の仕事に興味があり、店頭販売という今の仕事を選びました。そして、いろいろな商品をお客様におすすめする中で御社のブランドの魅力を知り、その素晴らしさに触れるうちにぜひシェアを広げるお手伝いをしたいと思うようになり、転職を決意しました。営業の仕事は初めてですが、今まで積み上げてきた接客スキルを活かして御社に貢献したいと考えています」

以上のように面接では、ただ苦しい環境から逃げるために転職をするのではなく、新しい仕事に対していかに前向きでポジティブな考えを持っているかをアピールすることが重要です。

◆「またすぐ辞めるのでは?」という疑いを晴らす!

転職希望者に対して採用担当者が最も気にしているのは、採用しても前の会社と同じようにまたすぐに辞めてしまうのではないかという点です。

そして、それを見極める材料として重視しているのが転職理由です。

そのため、転職理由に前の会社の不満を並べる人は、採用してもまた不満を抱いて辞めてしまう確率が高いと判断されてしまいます。

また、自社の社風に合う人材か否かについても採用担当者は注意深く見ています。

いくら前の仕事で実績があっても、社風になじめずに前職のやり方を押し通すようでは、会社にとってマイナスになりかねないからです。

したがって、転職理由や志望動機について述べる際は、新しい仕事に対して前向きに考えており、転職を決意したのはこの会社に魅力を感じたからだという点を最大限にアピールすることが大切です。

さらに、いくら転職理由が立派でもそれをボソボソと自信なさげに述べたのではその説得力がなくなってしまいます。

転職理由を述べる時は特に明るくハキハキと答えるように心がけましょう。

◆転職理由の指導もOK!転職エージェントの有効活用

転職理由の基本を解説してきましたが、実際に転職を決意する理由は人によってさまざまです。

自分のケースではどう答えたらよいのかわからないと悩んでしまう方も少なくないでしょう。

そういう場合は転職エージェントを活用してみてはどうでしょうか。

転職エージェントとは転職希望者と面談を行い、それぞれの希望に沿った求人を紹介するサービスです。サービスは求人紹介だけではなく、履歴書の書き方の指導、面接の予行演習など幅広いサポートをしているのが魅力です。転職理由のまとめ方についても、不安な方には担当者が指導してくれるでしょう。

◆20代に特化した転職・就職支援サービス。ハタラクティブ活用メリットは?

ハタラクティブは数多くある転職エージェントのひとつ。その特徴はなんといっても80.4%(2015年7月)という高い内定率で、過去に内定が決定した職種は営業、事務、企画、エンジニア、施工管理、サービス・販売、デザイナーなど多岐にわたっています。

また、当サービスは若年層に特化し、企業ニーズの高い第二新卒はもちろん、フリーターや高卒、大学中退の方の仕事探しを全面的にバックアップしている点も大きな特徴。

実際に取材した企業の信頼できる求人のみをご紹介しているため、詳しい情報がお伝えでき、転職後のミスマッチを防ぎます。

就職活動には不安がつきものですが、ハタラクティブでは経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマン体制でサポートし、あなたの不安が少しでも解消できるように努めています。

サービスはすべて無料ですので、転職ついて悩んでいる方はお気軽にご連絡ください。


関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ