面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?

面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?の画像

この記事のまとめ

  • ポジティブな転職理由を述べるのは、面接官の不安や懸念を払拭するため
  • 人間関係や給与などに関する転職理由は、ポジティブに変換したほうが良い
  • 転職理由はポジティブな内容にするだけでなく、志望動機との整合性も意識する

面接でいいづらい転職理由をどのように伝えたら良いか悩む人もいるでしょう。ネガティブな転職理由はポジティブな内容に言い換えて伝えると、面接での印象アップにつながります。このコラムでは、転職理由をポジティブに変換する方法を解説。ポジティブな転職理由を伝えるべき理由や、コツについてもまとめました。面接官に好印象な転職理由を伝え、転職を成功させるための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接でポジティブな転職理由を伝えるべき理由

面接ではポジティブな転職理由を述べることを心掛けましょう。ネガティブな転職理由をそのまま伝えてしまうと、面接官に悪い印象を与える可能性があるからです。
たとえば、「上司との折り合いが悪かったため転職を決意した」とネガティブな回答をすると、面接官に「コミュニケーション能力に問題があるのでは」と疑念を抱かれる恐れがあります。限られた時間の中で、面接官が応募者の個人的な事情まで把握するのは難しいのが実情です。たとえ前の職場の体制に問題があったとしても、転職理由として「待遇に不満があったから」と伝えると、面接官に「待遇面だけで仕事を選んでいる」という印象を与えてしまうこともあるでしょう。
転職理由の回答によってイメージダウンするリスクを避けるためには、ポジティブな内容を伝えられるよう工夫することが大切です。転職理由をポジティブに言い換える方法を詳しく知りたい方は、「転職理由を言い換えてポジティブな印象に!伝え方や例文を紹介」をご覧ください。

事実とかけ離れた転職理由にならないよう気をつけよう

ネガティブな転職理由を伝えるのがためらわれるからといって、事実とはかけ離れた内容を話すのはおすすめできません。面接時や入社後に嘘がバレれば、信用を失ってしまうでしょう。転職理由を本音で上手く伝える方法は、「転職理由は本音で答えた方が良い5つの理由!面接での伝え方も解説」で解説しているので、参考にしてみてください。

ポジティブに言い換えたほうが良い転職理由とは?

ポジティブに言い換えたほうが良い転職理由としては、「人間関係の問題」「給与や勤務時間への不満」「会社とのミスマッチ」などが挙げられます。以下で解説しているので、面接で印象の良い回答をするための参考にしてみてください。

1.人間関係の問題

人間関係の問題は、ポジティブに言い換えたほうが良い転職理由の一つ。人間関係の問題として上司や同僚に対する愚痴や不満ばかりを述べると、面接官にネガティブな印象を与える可能性があるからです。「すぐに人の悪口をいう人なのでは」と人柄を懸念されることもあるでしょう。

2.給与や勤務時間への不満

転職理由として、給与や勤務時間に関する不満をそのまま伝えるのは避けたほうが得策です。給与や勤務時間に言及し過ぎると、面接官に「仕事内容よりも待遇面ばかりを気にしている人」というイメージを与えてしまうでしょう。また、前職の不満ばかりの転職理由からは、「なぜ志望先企業を選んだのか」が分かりにくいというデメリットもあるようです。説得力のある志望動機につなげるためにも、ポジティブな転職理由を述べたほうが良いといえます。

3.会社とのミスマッチ

会社とのミスマッチが転職理由の場合も、ポジティブに言い換えたほうが良いでしょう。「思っていた仕事内容と違ったから」や「望む部署に配属されなかったから」などの転職理由は主体性が感じられないため、入社後の仕事に取り組む姿勢を不安視されてしまう恐れも。また、「嫌なことから逃げている」と判断される可能性もあります。

面接で好印象な転職理由を伝える方法は「転職理由別の例文7つ!好印象を与えるために意識するべきポイントとは」や「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」で解説しているので、ご一読ください。

ネガティブな転職理由をポジティブに言い換える方法

この項では、ネガティブな転職理由をポジティブに言い換える方法を紹介します。

人間関係が原因で転職を決めた場合

人間関係に関する不満をポジティブに言い換えた転職理由は以下のとおりです。

・協調性を大切にしながら働きたいから
・チームでプロジェクトを成功させる達成感を味わいたいから
・のびのび働ける環境で実力を発揮したいから

人間関係が原因で転職を決めた場合、「次は社内の雰囲気が良い職場で働きたい」という点を主張しましょう。「チームワークや協調性が感じられる職場で成長したい」と述べることで、仕事への前向きな姿勢をアピールできます。

給与の低さが転職理由の場合

給与の低さが転職理由の場合は、以下のようなポジティブな内容に言い換えてみましょう。

・成果が適切に評価される環境で働きたいから
・実績を積んでキャリアチェンジしたいから

「給与額に不満があったから」という転職理由は、「自分の努力や成果が正当に評価される環境で結果を出したい」という転職後の意欲に変換できます。企業の評価体制に言及することで、なぜ転職先として選んだのかという説明もしやすくなり、説得力もアップするでしょう。

現職にやりがいが感じられなくなった場合

現職にやりがいが感じられなくなったという転職理由をポジティブに言い換えた例文は、以下のとおりです。

・新しい環境でスキルを身につけたいから
・興味のある仕事でやりがいを感じながら働きたいから

仕事へのやりがいが感じられなくなったことが転職の原因の場合、面接官に「飽き性」や「継続性がない」などと判断されないために、キャリアチェンジする必然性を説明する必要があります。苦しい環境から逃げるために転職するのではなく、新しい仕事や環境に意欲的に挑戦する熱意があることをアピールしましょう。転職理由としてのスキルアップの伝え方は「転職理由はスキルアップ!面接での伝え方や注意点を解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

転職理由の応募書類への記載方法も知っておこう

履歴書の職歴欄に転職理由を記載する際は、「一身上の都合により退職」または「会社都合により退職」といった定型文を用います。また、志望先企業から指定がない限り、職務経歴書に転職理由を書く必要はありません。応募書類への転職理由の書き方は「転職理由の書き方にはポイントがある?避けたほうが良い内容も紹介!」で紹介しているので、ご一読ください。

転職理由をポジティブに伝えるときのコツ

転職理由をポジティブに伝えるときのコツは、「面接官の意図を理解しておく」ことと「志望動機との整合性を意識する」ことです。

転職理由を聞く面接官の意図を理解しておく

ポジティブな転職理由を述べるためには、面接官の意図を理解しておくことが大切です。面接官が転職理由の内容から読み取りたいと考えているのは、「またすぐに辞めてしまわないか?」という点。時間と手間を掛けて採用した人材が入社後すぐに辞めてしまうリスクを回避するため、転職理由の内容から早期退職の可能性がないかを見極めているのです。
また、転職理由を聞くことで応募者の価値観や人柄を知りたいという意図もあります。社風とマッチする人材であれば入社後の活躍に期待できるため、転職理由は採用の可否を判断する重要な要素であるといえるでしょう。面接官が転職理由を聞く意図は「転職理由はどう伝える?面接官の意図を知って転職を成功させよう」で解説しているので、参考にしてみてください。

転職理由は志望動機との整合性を意識する

転職理由はポジティブな内容にするだけでなく、志望動機との整合性も意識しましょう。転職理由と志望動機の辻褄が合っていると説得力が増し、入社後に働いている姿を面接官にイメージしてもらいやすくなります。
一方で、転職理由と志望動機の内容に矛盾があると、面接官に「本当のことをいっていないのでは」と疑われる可能性も。ポジティブな転職理由と明確な転職後のビジョンのつながりを意識して伝え、正直な人柄や意欲をアピールしましょう。

転職理由が浮かばないときはどうする?

ポジティブな転職理由が浮かばないときは、退職のきっかけになった出来事やエピソードなどをすべて紙に書き出してみるのがおすすめです。退職に至るきっかけが整理できるだけでなく、ポジティブに言い換えるべき部分を正確に把握できます。転職理由を考えるのが難しい場合の対処法は「転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説」でも紹介しているので、ご一読ください。

転職理由をポジティブに言い換える方法が分からず悩んでいる方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層に特化した転職エージェントです。専任のアドバイザーが、求人紹介から内定獲得後のフォローまで一貫したサポートを実施。マンツーマンでのカウンセリングや面接の練習といった場も設けられているので、悩みや疑問を相談しながら転職を進められます。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

ポジティブな転職理由に関するお悩みQ&A

ここでは、転職理由をポジティブに言い換える際のお悩みをQ&A形式で解決します。

転職理由の内容がネガティブな場合はどうする?

転職理由がネガティブで面接でいいづらい場合は、ポジティブな内容に言い換えましょう。たとえば、給与の低さが原因で転職を決めた場合の転職理由は、「成果が適切に評価される環境で働きたいから」という内容に言い換えることが可能です。ポジティブな転職理由への変換方法は、このコラムの「ネガティブな転職理由をポジティブに言い換える方法」で解説しているので、ご一読ください。

人間関係が原因で転職した場合はどう答える?

人間関係が原因で転職した場合、「チームワークを大切にできる環境で働きたいから」や「協調性を身につけて成長したいから」といったポジティブな内容に変換して伝えましょう。愚痴や批判と受け取られないように注意する必要があります。転職理由が人間関係の場合の伝え方は「転職理由は『人間関係』と答えても良い?伝え方のコツを例文付きで解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

能力不足が転職理由の場合はそのまま伝えて良い?

能力不足が原因で仕事を辞めたことを転職理由として面接で伝えるのは、得策とはいえません。面接官に入社後の勤務態度を懸念される恐れがあるからです。「実力が発揮できる環境で実績を積みたいから」のように前向きな表現を心掛けましょう。能力不足が原因で転職を決めた場合の回答例は「退職理由が能力不足の場合は面接でどう伝える?前向きな内容にする方法とは?」で例文付きで解説しているので、目を通してみてください。

通勤時間の長さが理由で転職した場合はどう伝える?

通勤時間の長さが理由で転職した場合、「仕事のために割く時間を増やしたい」という点を主張しましょう。転職理由として「前職は通勤時間が長かったから」とそのまま伝えてしまうと、面接官に「条件面だけを重視している」と思われる可能性があります。ハタラクティブでは一人ひとりの悩みや希望に沿ったサポートを実施しているので、面接での転職理由の伝え方でお悩みの方はぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ