誰でもできる仕事には何がある?デメリットや転職のポイントもご紹介!

誰でもできる仕事には何がある?デメリットや転職のポイントもご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・誰でもできる仕事の特徴は、ルーティンワークや一人作業が多いこと
  • ・誰でもできる仕事は責任が軽く、覚えることが少ないのでストレスも少ない
  • ・介護職員や保育補助は未経験でも就職しやすいうえ、働きながら資格取得が目指せる
  • ・誰でもできる仕事は雇用が不安定、スキルアップが難しいといったデメリットもある
  • ・未経験の仕事に転職するなら、エージェントを利用して少しでも早く就職しよう

「誰でもできる仕事は楽そう」「誰でもできる仕事なら転職しやすいのでは」と考えている方もいるのではないでしょうか。誰でもできる仕事は学歴・経験不問の求人が多いため、転職しやすいのは事実ですが、キャリアアップがしにくいなどのデメリットもあります。このコラムでは、誰でもできる仕事といわれる職種をご紹介。そのほか、誰でもできる仕事のメリット・デメリットや、将来に不安を感じたときに転職する方法も解説します。

誰でもできる仕事の特徴とは?

誰でもできる仕事とは、知識や経験がなくてもすぐにできる仕事といえます。そのような仕事の特徴を以下にまとめました。

ルーティンワークが多い

ルーティンワークとは、やり方が決まっている単純作業のような仕事を指します。ルーティンワークの仕事ではマニュアルが用意されていることが多いため、誰でもすぐにできるでしょう。やり方を覚えてしまえば、知識を増やしたりスキルを高めたりしなくてもできる仕事といえます。

一人作業が中心

一人作業が中心の仕事は内容がシンプルで、誰でもできる場合が多いでしょう。チームで行う仕事=複数の能力が必要な仕事であるのに対し、一人作業は「個人の能力の範囲でできる仕事」といえます。また、コミュニケーションスキルやチームワークといった能力がなくてもできる仕事ともいえるでしょう。

学歴や経験が必要ない

誰でもできる仕事には「学歴不問」「未経験者歓迎」の求人が多い傾向があります。ルーティンワークは学力や経験がなくてもできるためです。資格も不要なため、正社員就職が初めての人でも就職できる可能性があります。ルーティンワークの仕事については「ルーティンワークとは?意味・仕事内容・向いている人の特徴を紹介!」のコラムで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

誰でもできる仕事を選ぶ4つのメリット

誰でもできる仕事を選ぶと、仕事のストレスや悩みが少ないといったメリットがあるようです。この項では、誰でもできる仕事を選ぶ主なメリットを紹介します。

1.仕事のストレスが少ない

誰でもできる仕事は単純で覚えることも少ないため、仕事のストレスが少ないでしょう。一つひとつの作業が短時間で終わることも多く、仕事を抱え込むこともさほどありません。仕事の見通しが立てやすいので「どうしても今日中に終わらせなければ…」といったストレスも少ないといえます。

2.責任が軽め

誰でもできる仕事は責任が軽い場合が多いようです。ルーティンワークは失敗しても会社側に大きな損害を与えるような仕事ではないため、責任を追及されることはないでしょう。また、自分が仕事を終えられなかったとしても、誰でも代わりができる点も「責任が軽い」といわれる要因です。

3.人間関係で悩まない

誰でもできる仕事のなかでも、一人作業が多い仕事を選べば人間関係で悩むことがありません。マニュアルがあれば、必要最低限のコミュニケーションだけで仕事ができるでしょう。

4.給料が高い仕事もある

誰でもできる仕事には、勤務時間が土日祝日や深夜の仕事もあります。そのような仕事は給料が高めに設定されているので、高収入を狙える可能性があるでしょう。

誰でもできる仕事といわれる職種

誰でもできる仕事には、具体的にどのような職種があるのかを紹介します。

体力勝負の仕事

工場のライン作業や倉庫の搬出入など、体力勝負の仕事はルーティンワークが多いようです。
1人で黙々と作業をする時間も長く、人とコミュニケーションを取るのが苦手な人に向いています。

工場のライン作業

工場のライン作業はマニュアルに沿って、1人で作業をすることが多いでしょう。ルーティンワークなため、やり方を覚えれば誰でもできる仕事といえます。重い部品を運んだり、一日中立って仕事をしたりと体力的に大変な場合もありますが、仕事の内容は単純で誰でもできることが多いようです。

倉庫の搬出入、仕分け作業

荷物の搬出入や仕分けをする倉庫の仕事は、人とのコミュニケーションが少ないのが特徴です。学歴や資格がなくてもすぐにできる仕事が多いため、誰でもできる仕事の一つといえるでしょう。
フォークリフトの免許を取ると、給料アップが見込めます。

物流ドライバー

物流ドライバーは決められたルートで荷物を運ぶ仕事です。学歴不問・未経験者歓迎の求人が多く、誰でもできる仕事の一つといえます。ただし、運転するトラックによっては大型・中型自動車免許が必要になるので、事前に確認しましょう。

警備員

ショッピングモールやビルの警備員は資格不要で誰でもできる仕事です。定期的に施設内を見回るのが主な仕事で、事故などがない限り人と接する機会は少ないでしょう。出入口に立って警備することもあるため、体力は必要です。

引越し作業員

引越し作業員は体力があれば誰でもできる仕事といえます。荷物の梱包や運搬はマニュアルがあるうえ、現場ではリーダーが指示を出してくれるのが一般的です。リーダーになると部下の育成や接客などを任されるので大変ですが、作業員のうちは比較的単純な仕事が多いでしょう。

人と接する仕事

営業職や販売職は求人数が多いため、就職しやすい傾向にあります。人と接する機会は多いですが、単独プレー中心の仕事も多いようです。

営業職

営業職は取引先や顧客と接する機会は多いものの、社内でのチームワークはそれほど必要ない仕事もあります。個人予算がある営業職の場合、外回りやプレゼンも基本的には1人で行うことが多いでしょう。資格やスキルがなくても頑張り次第で高収入を狙えるため、誰でもできる仕事でも稼ぎたいという人におすすめです。

販売員

販売員はコミュニケーション能力が必要ではあるものの、お客さまと1対1のやり取りに留まることが多いでしょう。チームプレーより単独プレーが多い仕事です。選考では人柄を重視する傾向があるため、未経験歓迎の求人が多いでしょう。

飲食店スタッフ

飲食店スタッフも、学歴や職歴より人柄重視で採用する仕事です。仕事はマニュアル化されていることが多いため、一とおり覚えれば誰でもできる仕事といえます。飲食店でのアルバイト経験がある人は、選考で有利になる可能性があるようです。

人手不足の仕事

人手不足の仕事は未経験で就職できる可能性が高いうえ、研修や資格取得制度が充実している会社も多いので、キャリアアップを目指したい人におすすめです。

介護職員

介護職員は高齢化の影響で人手不足のため、ポテンシャルで採用されやすい仕事です。無資格で就職すると、最初は食事介助や清掃など、誰でもできる仕事から始めることになるでしょう。働きながら勉強すれば、将来は介護福祉士やケアマネージャーなどの資格取得を目指せます。介護業界は求人数が多いため、将来的に転職もしやすく、収入アップも狙えるでしょう。

保育補助

共働き世帯が増えた影響で、保育業界も人手不足に陥っています。そのため、資格がなくてもできる保育補助は就職しやすい仕事の一つ。業務内容は子どもの見守りやおむつ交換など、誰でもできる仕事を中心に行うようです。保育士の資格を取れば収入アップも見込めるでしょう。

事務職

事務職はどのような業種の会社にもあるため、求人数が多い傾向にあります。電話応対やデータ入力中心の事務職であれば未経験でも就職しやすいでしょう。パソコンスキルを身につけて、事務職のエキスパートを目指すこともできます。

就職しやすい仕事については「未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説」のコラムでも紹介していますので、あわせてご覧ください。

誰でもできる仕事にはデメリットもある

誰でもできる仕事は責任が軽めでストレスが少ないといったメリットがある一方、モチベーションの維持や勤務時間の点でデメリットもあります。

モチベーションが下がりやすい

前述のとおり、誰でもできる仕事はルーティンワークが多いため「つまらない」と感じてしまい、モチベーションが下がりやすいようです。同じ作業の繰り返しになるため、成長実感が少ないといえます。また、ルーティンワークはミスをすると目立ちやすいので、失敗を恐れてチャレンジをしなくなってしまうのもモチベーションが下がる原因のようです。

勤務時間が不規則になる

誰でもできる仕事といわれる販売員や飲食店スタッフはシフト勤務が多く、土日祝日も働く場合があります。また、工場の仕事や介護職員は夜勤がある場合もあるため、勤務時間が不規則になりがちです。友人や家族と休みが合わず、プライベートを充実させにくいのがデメリットでしょう。

収入や雇用の面で不安がある

誰でもできる仕事は未経験・無資格でも就職しやすい分、給料が安い傾向にあります。厚生労働省の調査「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 (5)主な産業別にみた賃金」によると、男性では飲食サービス業や製造業は、ほかの産業に比べて給料が低いことが分かるでしょう。

収入や雇用の面で不安があるのグラフ

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 (5)主な産業別にみた賃金 第5図 主な産業、性、年齢階級別賃金

同調査の「第5表 主な産業、性、年齢階級別賃金及び年齢階級間賃金格差」によると、男性の全年齢を平均した賃金では、最も高い「金融業、保険業」が47万9,200円なのに対し、「「宿泊業、飲食サービス業」は27万8,200円、「製造業」は32万1,800円となっています。
また、誰でもできる仕事では契約社員や派遣社員といった非正規での採用も多いため、雇用が不安定な側面もあるようです。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

スキルが身につかない

ルーティンワークや責任が軽い仕事ばかりを続けているとスキルが身につかないでしょう。スキルが身につかないと大きなプロジェクトを任されたり、リーダーに昇格することもないため、キャリアアップが望めません。転職も難しくなるので、誰でもできる仕事をズルズルと続けてしまう可能性があります。
転職時に必要なスキルについて「自分の市場価値はどのくらい?転職時に求められるスキル」で解説していますので、こちらのコラムを参考にしてスキルが身につく仕事を探すのもおすすめです。

役職手当や賞与にも影響する
キャリアアップが望めないと役職手当がつかないので、年収にも影響を及ぼします。また、大きな挑戦をしないと成果を上げることもできないため、賞与も少なくなる恐れがあるでしょう。誰でもできる仕事を続けていると、生涯年収にも影響する可能性があります。

誰でもできる仕事に不安を感じるなら

「誰でもできる仕事を続けて良いのだろうか?」「誰でもできる仕事に就くのが不安になってきた…」という方には、資格取得や少しでも早い転職活動がおすすめです。

就職に活かせる資格を取ろう

志望職種に活かせる資格を取ってから転職活動をするのも良いでしょう。資格があれば未経験でもある程度の専門知識を有していることを証明できます。また、意欲や熱意のアピールにもなるので、採用担当者に評価される可能性もあるでしょう。就職に活かせる主な資格を以下にまとめました。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

ExcelやWordといったパソコンスキルがあることを証明できるため、事務職の就職に役立ちます。事務職は「誰でもできる仕事」というイメージから応募者が多く倍率が高いのが特徴です。資格取得によってライバルに差をつけられるでしょう。

TOEIC

TOEICのスコアは英語力の証明になります。600点以上のスコアがあると選考で高評価を得られるようです。外資系企業に就職したい方や、英文事務の仕事を目指す方は挑戦してみましょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは資金計画や資産運用に役立つ資格です。保険業界や不動産業界への就職に有利になる可能性があります。

医療事務

医療事務は無資格でも挑戦できる仕事ですが、資格があると採用される可能性が高まります。実務では専門用語や医療保険制度への知識が必要になるため、就職前に勉強しておくと安心です。

社会保険労務士

社会保険労務士は社会保険や労務関連の法律・制度の専門家です。法律事務所や企業の人事・総務部への就職に役立ちます。近年は社会保険の手続きなどをアウトソースする企業が増えつつあるため、将来は独立することも可能です。

目標が明確なら専門学校に通うのもあり
目標が明確にある方は、資格取得のために専門学校に通うのも良いでしょう。ただし、専門学校へ通うのは時間と学費がかかります。また、転職が遅れて年齢が上がってしまい、採用されにくくなる可能性もあるため「とりあえず専門学校」という考え方はやめましょう。
資格が必要な職種を志望する方や、明確なキャリアプランが描けている場合は専門学校も選択肢の一つです。

スキルアップしやすい仕事を選ぼう

資格や経験がない場合、誰でもできる仕事から始めてスキルアップを目指すのもおすすめです。研修制度や資格取得支援制度がある会社に就職し、働きながらスキルを身につけると良いでしょう。また、ベンチャー企業やスタートアップ企業に就職して、多種多様な仕事を経験するのもスキルアップを目指す方法の一つです。そのほか、農業や伝統工芸のように、先輩や師匠から技術を受け継ぐ仕事もあります。

少しでも若いうちに転職しよう

無資格・未経験での転職は、若いほうが有利になります。転職活動は少しでも若いうちに始めましょう。年齢が若いと教育しやすく、新しい環境にも馴染みやすいと考える採用担当者は少なくありません。経験やスキルがない人は「伸びしろ」に期待しての採用となるため、1日も早く活動を始めるのがおすすめです。

転職エージェントに相談してみよう

「研修制度が充実した会社を選びたい」「スキルアップできる仕事が良い」と思っても、そのような求人を1人で探すのは難しい場合があります。また、未経験職種への転職では、書類の書き方や面接での答え方に工夫が必要なため、プロの力を借りるのがおすすめです。
転職エージェントは応募者の希望を聞いたうえで、条件に合った求人を紹介してくれます。また、自己分析や面接対策など、就職活動に必要なさまざまなサポートをしてくれるため、就職成功の可能性が高まるでしょう。転職エージェントの使い方については「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」のコラムで詳しく解説していますので、参考にしてください。

1人での転職活動が不安な方は、就職・転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?ハタラクティブはフリーターや第二新卒など、経験やスキルが不足している方を対象にしており、「未経験歓迎」「ポテンシャル重視」という企業を中心にご紹介しています。プロの就活アドバイザーによる個別カウンセリングで、あなたの希望を丁寧に聞いたうえでご紹介しますので、ミスマッチを防ぎやすいでしょう。
面接の日程調整や採用担当者への連絡などは就活アドバイザーが代行しますので、今の仕事と両立しながら転職活動をするのも可能です。サービスはすべて無料ですので、お気軽にご登録ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION