自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説

自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・自分にできる仕事がわからない人は、うまくいかないとそればかりを考えてしまう
  • ・自分にできる仕事がわからないのは、仕事探しの視野が狭いからという場合もある
  • ・自分にできる仕事がわからない人は、自己分析で強みや重視する価値観を洗い出そう
  • ・未経験から始められる仕事には、事務職や営業職などがある
  • ・自分のペースで進められる仕事には、配送ドライバーや清掃スタッフなどがある

自分にできる仕事がわからない方に向けて、その原因と適性に合った仕事を探す方法をお伝えします。向いてる仕事が見つからないのは、ネガティブな思考の癖や職場探しの視野の狭さが原因です。自己分析で自分の性質を理解すると、強みが活かせる仕事を探しやすくなります。また、苦手分野を避ける視点から仕事を探すことも可能です。コラムで詳しい方法や職種の例を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

自分にできる仕事がわからないと感じる3つの原因

「自分にできる仕事がわからない」と感じる主な理由は次の3つ。多くの人が、いずれかのパターンに当てはまるのではないでしょうか。

1.仕事についていけない

正社員として就職したものの「ミスや失敗が続いている」「周りのレベルが高く、業務についていけない」と不安になり、「自分にできる仕事がわからない」と感じてしまう場合があります。
失敗が続いていたり、仕事の難しさを感じていたりするのは、経験やスキル不足が原因であることがほとんど。入社したばかりの頃や新しい業務を任されたときなどは、単純に仕事に慣れていない状態を「自分はこの仕事についていけない」と誤解してしまうこともあるでしょう。
経験を重ね、研修の受講や資格の取得などでスキルアップを図れば、徐々に改善していく可能性もあります。仕事に慣れるまで、しばらく様子をみるのがおすすめです。

2.会社員に向いていない

「会社という組織に縛られたくない」「会社員に向いていない気がする」と考えてしまい、自分にできる仕事がわからないと自信を失う人もいます。
この場合は、たとえ企業へ就職するのが難しくても、仕事ができないわけではありません。後述しますが、世の中にはフリーランスや在宅ワークといった多様な働き方が存在します。コミュニケーションが苦手なら、警備員や工場の作業スタッフなど、人と関わることの少ない仕事を選ぶことも可能です。
「会社員はダメだ」と偏った見方をしていると、どうしても選択肢が狭まります。「自分に合った仕事や働き方を見つければ良い」という前向きな気持ちで、「できる仕事」のイメージを広げてみてください。

3.やりたい仕事がない

大学生の就職活動中によくあるのが、「やりたい仕事がない」「向いている仕事がわからない」というパターン。このような人は、自分の能力や価値観をきちんと理解していないだけで、できる仕事がないわけではありません。自分について十分に理解していなければ、やりたい仕事もわからないでしょう。
また、就職後に「仕事が合わない」「やりがいを感じられない」という気持ちになった人は、業務内容と本来持っている能力とのミスマッチが起きている恐れがあります。
自分に合わない仕事を続けるのは、働くモチベーションの低下につながる原因になることも。どうしても合わないと感じるなら、部署異動や転職など、できるだけ早い対策が必要です。
自分にできる仕事がわからない場合は、適職診断を使うのも有効です。こちらの診断では、簡単な質問に答えるだけで適性に合った仕事がわかります。ぜひご活用ください。

自分にできる仕事がわからない人の3つの特徴

ここでは、「自分にできる仕事がわからない」と考えてしまう人の3つの特徴をご紹介します。自分に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

1.うまくいかないとそればかり考えてしまう

たとえば、大学生の就職活動中なかなか内定がもらえないと、自信をなくしてうまくいかないことばかり想像してしまいます。社会人になってからも同様で、仕事でミスが続くと「次も失敗する」とネガティブに考えてしまいがち。
ネガティブな気持ちのままでいると、「自分を必要とする会社はない」「自分にできる仕事はない」と、さらに落ち込んでしまう恐れも。うまくいかないことがあって落ち込むことは誰にでもありますが、必要以上に自分を追い込まないようにしましょう。

2.できれば働きたくないと考えている

「できれば働きたくない」「働かずに楽をしたい」と考えていると、仕事はなかなか見つかりません。「自分にできる仕事がわからない」という以前に、働きたくない気持ちがある人は、仕事も求職活動もうまくいかないでしょう。
若いうちは親の収入などがあるため働かなくても生活ができるかもしれませんが、金銭面に困ってから働こうと思っても、年齢を重ねるほど選択肢は限られてしまいます。就職と年齢の関係については、「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」をご覧ください。

3.思い込みから視野が狭くなっている

大学生が新卒で就職活動をするうえで、「自分にはこの企業しかない」「この業界じゃないとダメ」というような思い込みは、視野を狭める要因になります。
「就活の軸」として、自分が携わりたい仕事や業界を絞ることはある程度必要ですが、あまりに限定し過ぎると、かえって選択肢を狭めることに。希望する企業の内定が得られないと、「自分にできる仕事がない」と自信をなくしてしまう恐れがあります。
大切なのは、広い視野を持って仕事を探すことです。自分が知らなかった仕事や興味のなかった業界まで視野を広げれば、適職が見つかる可能性が高まるでしょう。

自分にできる仕事がわからない人の取るべき対処法

「自分にできる仕事がわからない」と感じたら、次の対処法を試してみてください。

自己分析で強みや価値観を洗い出す

「自分にできる仕事がわからない」と感じる場合、自己分析ができていない可能性があります。自己分析は、自分の価値観や性格、能力、強みなどを把握するのに必要な作業です。

自己分析のやり方
まず始めに、過去の経験の棚卸しを行い、「頑張ったこと・達成感があったこと」「大変だったこと」「好きなこと・嫌いなこと」などを自由にリストアップします。次に、それぞれの経験を詳しく振り返ることで、自分の強みや弱み、価値観などを洗い出してください。強みや価値観がわかったら、それを活かせる仕事を考えると、適職に結びつきやすくなります。自己分析が難しい人は、家族や友人に自分の特徴を聞く「他己分析」も取り入れてみましょう。
自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」では、ハタラクティブのアドバイザーが自己分析のやり方を動画で解説しています。

勉強してスキルアップを目指す

自分にできる仕事がわからないと悩んでいる人は、スキルアップすることで自信をつけられる可能性があります。業務に関連する資格を取得したり、セミナーに参加したりして、レベルアップを目指しましょう。職場で許可されている場合は、副業を通して仕事の幅を広げたり、実践経験を積んだりすることもできます。
フリーターにおすすめの資格と取得時の注意点を解説!」では、正社員を目指す方におすすめの資格をまとめました。

焦らずに一定期間休息を取ってみる

自分にできる仕事がわからないまま働き続けるのは難しい…という場合は、焦らずに一定期間休息をとってリフレッシュするのがおすすめです。心身の不調を抱えた状態で求職活動や仕事をするのはリスクがともないます。不安や焦りで思いつめている人は、一旦冷静になり今の自分の状態を受け入れてみましょう。リフレッシュのポイントは、期間を決めておくこと。あらかじめ期間を設けておくことでだらけてしまうのを防げます。「1週間休んだら自己分析をはじめてみよう」というように、目標を設定するとさらに効果的です。

自分にできる仕事がわからない人におすすめの職種

自分にできる仕事がわからない人は、「自分ができそうな仕事」から適職を探してはいかがでしょうか。ここでは、苦手な分野ごとにおすすめの仕事をまとめました。

1.コミュニケーションが苦手なら1人で完結できる仕事

コミュニケーションが苦手な場合は、できるだけ人と接しない仕事を選ぶのがおすすめです。まったく人と関わらないのは難しいですが、人と接する機会が少ない仕事を選べば負担が減ります。
警備員や品質管理スタッフ、工場の軽作業スタッフといった裏方メインの仕事や、データ入力、Webデザインなどの在宅ワークを選んではいかがでしょうか。一人でできる仕事については、「一人でできる仕事一覧!高収入を狙うコツは?おすすめ資格もご紹介」でも詳しくまとめています。
また、少しでも人と関わることへの苦手を克服したい!という方には、事務職もおすすめです。接客業や営業に比べ対人業務は少なめなので、少しずつコミュニケーションに慣れていけるでしょう。

2.会社員になりたくないなら自由な働き方ができる仕事

「会社員として自分にできる仕事はない」という人は、自分に合った働き方ができる企業を探してみましょう。会社員になるからといって、「自由がなくなる」というマイナスイメージを持つ必要はありません。在宅勤務やテレワーク、フレックスタイム制、短時間勤務制度などを導入する企業を選べば、多様な働き方が可能です。プライベートと仕事を両立できる企業は多くあるので、まずは自分に合った働き方とは何なのか、考えてみてください。

3.体力に自信がないならデスクワークが中心の仕事

体力的に自信がなく自分にできる仕事がわからないと感じる人は、デスクワークを中心に仕事を探すのがおすすめです。事務はもちろん、受付やデータ入力、コールセンターのオペレーターなど、デスクワークメインの仕事はたくさんあります。
また、自動車教習所の指導員や図書館スタッフ(司書)、美術館スタッフなども座って仕事をする時間が多いようです。職場によっては残業がなく定時に帰れることもあるので、探してみると良いでしょう。

4.複雑な業務をしたくないならルーティンワークが多い仕事

難易度が高い仕事を前にすると「自分にできる仕事がない…」と思考がフリーズしてしまう人には、定型的な業務を繰り返すルーティンワークの仕事がおすすめ。具体的には、工場での組立や検品といった仕事や、清掃員、警備員、ビル管理人といった仕事が挙げられます。また、ルート営業は既存の顧客への対応を行う仕事で、新規顧客の開拓を行う営業職と比べてルーティンワークが多い傾向です。

自分にできる仕事がわからない人が始めやすい職種

経験がないために「自分にできる仕事がわからない」と悩んでいる方は、未経験からはじめやすい仕事を探すと良いでしょう。ここでは、未経験者歓迎の求人が見つかりやすい職種の一例を紹介します。

1.事務職

事務の主な業務は、書類作成やデータ入力、電話対応などです。事務職には、一般事務や医療事務、学校事務、営業事務(営業担当のサポート)などの種類があり、職場や配属先によって業務内容が異なります。
仕事はデスクワークが中心で、直接顧客に対応する営業や接客業に比べて定時で帰りやすいのが特徴です。パソコンを使った作業を行うので、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などの資格があると役立つでしょう。ある程度のパソコンスキルがあると証明できれば、未経験者でも採用される可能性が高い仕事です。自分にできる仕事がわからない人でも、パソコン仕事が得意であったり、裏方として人を支えるのが苦にならなかったりするのであれば、向いている可能性があります。

2.ルート営業

ルート営業は、すでに取引のある顧客や会社に対して営業を行います。一般営業とは異なり、飛び込み営業や電話営業といった新規開拓をすることはほとんどありません。積極的にコミュニケーションを取るのが苦手な人にも向いているでしょう。具体的な仕事は、新サービスの紹介や売り場のメンテナンス、商品の納品など。ルート営業を含む営業職は、学歴や経験を不問とする求人が多く、初めて就職する人でもチャレンジしやすい仕事です。また、営業職は活躍できる業界が多岐に及ぶのが特徴。自分にできる仕事がわからない方であっても、興味のある商品やサービスを扱う業界であればモチベーションを維持できるでしょう。

3.ビルメンテナンス(ビル管理)

ビルメンテナンスの主な仕事は、ビルの保守・管理です。現場にもよりますが、1人で作業を行うことが多いので、コミュニケーションが苦手な方に適しています。
必須となる資格は特にありませんが、幅広い知識は必要です。第二種電気工事士や危険物取扱者乙種第4類、二級ボイラー技士、第三種冷凍機械責任者などの資格があると優遇されることがあります。就職後にビルメンテナンスに適性があると感じたら、資格をとってキャリアアップすると良いでしょう。

自分にできる仕事がわからない人が単純作業メインで働ける職種

自分にできる仕事がわからないと就職を躊躇している方は、業務内容が比較的簡単な仕事から初めて自信をつけるのも良いでしょう。ここでは、単純作業が多い仕事を紹介するので、適職を見つける参考にしてください。

1.工場・倉庫の軽作業スタッフ

工場や倉庫での軽作業員は、仕分けやピッキング、梱包など出荷前の商品をまとめる作業や、ものづくりにおける工程の一部を担当します。作業内容は工場や倉庫によって異なりますが、1日を通して同じ作業を繰り返し行う場合が多いので、1人で黙々と作業したい人に向いているでしょう。また、求人数が多いため、自分にできる仕事がわからない方でも比較的簡単に仕事を見つけられます。

2.配送ドライバー

普通自動車免許を取得している方には、配送ドライバーもおすすめの仕事の一つです。自分にできる仕事がわからない方でも、運転が好きなら適性があるでしょう。主な業務は、宅配便のダンボールの積み下ろしや配達、配達先での顧客への対応などです。
普通自動車免許で運転できるのは小型トラックまでですが、準中型自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許を取得すれば、長距離ドライバーも目指せます。

3.清掃スタッフ

清掃スタッフの活躍の場は、商業施設やオフィスビル、ホテルなど幅広いのが特徴です。開店前の店舗の掃除や、ショッピングモールのトイレ掃除、ホテルのベッドメイキングなど、需要は多いでしょう。人と接する機会も少なく、自分のペースで仕事ができます。

自分にできる仕事がわからない人が注意すること

自分にできる仕事がわからない人が就職・転職活動するときは、以下のようなポイントに気をつけましょう。

好きな仕事とできる仕事が違う場合もある

憧れる仕事や好きな仕事が、必ずしも自分にできるとは限りません。たとえば美容師に憧れていたとしても、体力がなく1日中立ちっぱなしで働くのが難しい人には難しいでしょう。
特に、自分にできる仕事がわからない場合は、漠然とした憧れや好みではなく、自分の得意分野から適職を探すのが賢明です。得意分野がわからない場合は、人より早くできる作業や、褒められた経験について振り返ってみましょう。また、長時間続けていても苦にならない作業は、自覚していなくても得意である可能性があります。

次の仕事が決まってから退職する

自分にできる仕事がわからない状態で転職活動をする場合、次の仕事が決まってから退職するのが安全です。仕事が決まらないまま退職すると、経済的な不安から転職を焦ってしまい、自分に合った仕事を冷静に選べなくなる恐れがあります。

一般的に、転職にかかる期間は3カ月~半年程度といわれますが、自分ができる仕事がわからない人が転職活動する場合、さらに時間がかかることもあるでしょう。現職を続けていれば、経済的に安定するとともに、「やっぱり今の仕事の方が良い」と思ったときに転職しない選択をすることが可能です。
現在働いている方で退職のタイミングに迷う場合は、「転職活動と退職のタイミングはいつ?」を参考にしてください。

ある程度の希望が満たされていたら応募してみる

自分にできる仕事がわからない状態で就職・転職活動する際は、応募する仕事に「完璧」を求めないことも重要です。業務内容や給与、勤務地、福利厚生など、すべてが理想的な条件の職場はなかなか見つかりません。仕事を探すときは、自分とって絶対に満たしたい条件と妥協しても良い条件を定め、前者を満たす求人があればチャレンジしてみましょう。
「絶対に自分にできる」と思える仕事が見つからない場合も、「勉強しながらやればできそう」と思えるのであれば、応募してみるのがおすすめです。企業側も「うちの社風に合っていそうだから」「入社後に少しずつ仕事を覚えてくれれば良い」と考える場合もあるので、必ずしも入社時点でスキルを保持していることが採用の条件とはなりません。

自分にできる仕事がわからない場合の解決策

自分にできる仕事がわからない…という悩みが長引く場合、以下の方法を試してみましょう。一人で悩むのではなく、周りに相談することで状況を打破できることがあります。

家族や友人など第三者に相談をする

自分にできる仕事が何なのか、家族や友人に相談してみましょう。家族や友人はあなたの性格や好みを把握しているので、性格に合った仕事を提案してくれる可能性があります。今の仕事が向いているか悩む場合は、親しい同僚や先輩に相談するのおすすめ。退職を考える前に、仕事のやり方に関して具体的なアドバイスをもらって実践することもできます。

就職や転職活動のプロにアドバイスをもらう

客観的なアドバイスが欲しい場合は、就職・転職エージェントといったプロに相談するのも良いでしょう。就職・転職エージェントでは、これまでの経験や悩み、今後の希望を聞き取ったうえで、条件に合った仕事を提案してくれます。また、面接のスケジュール調整や選考対策も行ってくれるため、現職と両立しながら効率よく仕事を見つけたい方におすすめです。

若年層に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、自分にできる仕事がわからない方の相談を受け付けています。正社員として働いたことがない方、社会人経験が浅い方の相談も歓迎。もちろん、求人紹介や書類添削、面接対策といったサポートも行っております。サービスはすべて無料なので、一人での就職・転職が不安な方はぜひハタラクティブにご登録ください。

自分にできる仕事がわからないと悩んでいる人に向けたQ&A

ここでは、自分にできる仕事がわからないと悩む方に向けて、仕事の関する悩みをQ&A方式で解決していきます。

仕事ができない人でも正社員になれますか?

「仕事ができない」の捉え方は人によって違うので、 仕事への熱意ややる気が伝われば正社員になれる可能性は高まります。仕事をしているうちに自分の能力に気づくこともあるでしょう。また、未経験の若手人材の育成に積極的な企業も増えています。詳しくはこちらの「ポテンシャル採用でチャンスをつかむには?」で、ポテンシャル採用について紹介しているので参考にしてみてください。
 

コミュニケーションに自信がなくてもできる仕事は?

完全に人と関わらないのは難しいですが、工場の軽作業スタッフといった裏方メインの仕事や、データ入力、Webデザインなどの在宅ワークは対人業務が少なめです。詳しくは「コミュ障向けの仕事&就職方法とは?」に、コミュニケーションが苦手な方向けの職業が記載されているので、参考にしてみてください。
 

能力を高めるにはどうしたらいいですか?

資格を取得するのも一つの手です。資格は自分の能力を客観的に証明してくれます。IT業界であれば情報処理技術者試験、事務職ならば日商簿記検定、不動産業では宅建(宅地建物取引士)などが挙げられるでしょう。資格については「就職に役立つ資格大集合!あなたはどれを選ぶ?」でも詳しくまとめているので、ぜひご覧ください。
 

自分の能力がわかりません。

まずは自分を知ることが大切です。これまでの人生を振り返り、自己分析をしてみましょう。今までのキャリアや学生時代の部活動、アルバイト経験から自分の能力が見つかることもあります。詳しくは「自己分析が大事!「やりたいこと探し」の方法とは」のコラムで紹介しているので、参考にしてみてください。また、ハタラクティブではプロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行っています。お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION