正社員で楽な仕事を見つけるには?男性と女性で違う人気の求人も

正社員で楽な仕事を見つけるには?男性と女性で違う人気の求人もの画像

【このページのまとめ】

  • ・正社員で楽な仕事は、「体力面」「精神面」「業務内容」で分けられる
  • ・女性に人気の正社員の楽な仕事は、事務職や受付などのデスクワークが中心
  • ・男性に人気の正社員の楽な仕事は、SEやトラックドライバーなどが挙げられる
  • ・楽なイメージがある仕事には、ルート営業や工場の作業員などもある

できれば楽な仕事で正社員として働きたいと思う方は多いでしょう。しかし、楽な仕事とは人によって感じ方が違うもの。一般的なイメージではどのようなものがあるのか、具体的な仕事と業務内容についてご紹介します。楽な仕事に就きたいときにチェックすべきポイントも合わせて解説しているので、就職で「楽さ」を求める方は参考にしてください。

正社員で楽な仕事にはどんなものがある?

ひとくちに「楽な仕事」といっても人によって定義が異なるため、こちらでどんな例があるのかご紹介します。主に「楽な仕事」のイメージは、以下のように大別できるようです。

体力的に楽

・デスクワークで動く機会が少ない
・残業が少ない
・夜勤がない

精神的に楽

・ノルマがない
・人間関係のトラブルがない
・福利厚生が充実していてリフレッシュしやすい
・マイペースにできる
・責任が伴わない
・危険がない
・転勤の心配がない
・給料が安定している

業務内容が楽

・ルーチンワークである
・自分の得意分野を活かせる
・専門知識が不要である
・業務量が少ない
・基本的に誰にでもできる仕様になっている
・新しいことを覚える必要がない

「体力のある人が肉体労働をしてもつらくなくても、体力が乏しい人にはきつい」というように、どんな状況を楽と感じるかは人それぞれ。純粋にその作業をするのが面白い・好きなど、「面白い・好き=楽しい」と感じる点も、「楽さ」の基準となる要因でしょう。自分にとっての「楽」や「楽しいと感じる仕事」を見つけるのが大切です。

男性と女性で人気の求人は違う?

男性と女性で人気の職種は違うのか、こちらにまとめました。

女性に人気の職種

女性には事務や受付など、デスクワークの職種が人気です。前項で紹介した「体力的に楽」であることがその要因といえるでしょう。また、安全面の観点からも、肉体労働や危険を伴う業務は避けたいと考える方が多いようです。

男性に人気の職種

男性にはシステムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)、ドライバーといった職種が人気です。SEやPGはデスクワークであるのに加えて、自分の専門分野・知識を活かせ「業務内容も負担にならない」と考える方が多め。一方、ドライバーは、ある程度ルーチンワークでマイペースに業務を進められ、精神面や業務内容的に楽と感じる人が多いようです。また、そもそも「プログラミングが面白い」「運転が好き」など作業を楽しんでいる場合もあります。

人気の職種は倍率が高め

人気の職種は先述したように体力的・精神的・業務的になんらかの「楽さ」があると考えられるでしょう。表立って話題に上がる場合も多く、日々注目を浴びている職種であるといえます。しかし、人気の職種はその分、求人倍率が高くなっていることも。早く就職をしたい方は、この事実を理解したうえで就職活動をしていきましょう。

体力的な負担が少ない仕事例とそれぞれの特徴

体力的に楽なイメージがある仕事の例にはどのようなものがあるのかご紹介します。一般的な業務内容や需要についても合わせてご確認ください。

SE、PG(IT関連)

システムエンジニアは、クライアントからどのようなシステムが欲しいのかヒアリングをした後、それに基づいたソフトウェアの設計書作成やテスト、保守・運用などを行う職種です。プログラマーはソフトウェアの設計書をもとに、実際にプログラミングをします。どちらもデスクワークなので、業務内容としては体力面の不安が少ないといえるでしょう。
ITの広がりとともに職種のニーズも高まり、求人数は多め。今後のさらなる需要を鑑み、未経験者に対する教育制度を整え、歓迎している会社も多いです。

事務職

書類の作成や伝票整理、来客・電話対応、備品管理などが業務のメインであることがほとんど。デスクワーク・ルーティン化しやすい業務で、肉体的・精神的なストレスは少ないといえるでしょう。
無理なく長く勤めたい方に人気のため、比較的、常に需要が満たされている傾向に。求人募集が出回る機会は少なめです。

受付

会社のエントランスで、電話の取り次ぎや来客対応を行う仕事です。ノルマはなく残業も少ないことがほとんど。社内外の人と触れ合える楽しみもあります。来客対応中以外は座っての業務となるため、肉体的な疲労は少ないでしょう。
受付は派遣社員に任せている会社が多いほか、「会社の顔=華々しい」というイメージがあり人気の職種。正社員の求人倍率は高めなようです。

図書館のスタッフ

本の管理や配架、貸出・返却の対応などがメインです。配架は返却された本を元の位置に戻す作業のため多少身体を使いますが、「体力が重要」というほどではありません。比較的ゆったりした時間を過ごせることが多い傾向にあります。
図書館で働くというと司書のイメージが強く、資格保有者以外はできないと思う方は多いようですが、実際には資格がなくても求人の募集があることも。こまめに求人をチェックしていると出会うことがあるようです。

精神的な負担が少ない仕事例とそれぞれの特徴

精神的な負担の少ないイメージがある仕事についても確認していきましょう。

コールセンタースタッフ

コールセンターというと、「クレーム対応か営業電話」というイメージが強い方は多いようですが、これら以外にも別の業務を行う場合もあります。たとえば、お客さまからかかってきた電話を担当者につなげる業務や、自社製品・サービスに関する問い合わせの回答をする仕事などです。顧客満足度を知るための調査のためにお客さまに電話をかける仕事もあります。業務に関する知識をしっかり身に着けていれば問題なく対応でき、精神的な負担を感じることも少ないでしょう。
需要は高いものの、スタッフの多くはアルバイトや契約社員であることが特徴的。とはいえ、正社員の求人がないわけではありませんし、正社員登用を導入している会社も多いです。

ルート営業

すでに取り引きしているお客さまのところへ赴き、ニーズのヒアリングやアフターフォロー、新しい商品・サービスの紹介をするのがルート営業です。いわゆる「飛び込み営業」といわれる新規開拓営業よりもノルマが少なく、プレッシャーを感じる場面は僅少といえます。
営業職はどの業界でも活躍する職種であるうえ、需要が高く求人も多く出ています。「ノルマがあるのは嫌だけど人とのコミュニケーションがある仕事に就きたい」という方におすすめです。

ビルメンテナンス

ビルの保全やモニターの監視、ボイラーの管理、清掃・点検・修繕などがメインのお仕事です。トラブルや業務内容の変化が少ない傾向にあるため、仕事を覚えてしまえば精神的な負担を感じることは少ないでしょう。休日や休憩時間も多く、ワークライフバランスを保ちやすいのもメリットです

ビルメンテナンスの仕事はビルを維持するのに欠かせない仕事であることから、常に一定数の需要がある傾向に。しかし、資格保有者が対象だったり、優遇されたりすることも多いので、気になる方は資格取得も視野に入れておきましょう。

ルーチンワークが期待できる仕事例とその特徴

体力面や精神面を見てきたように、ルーチンワークの仕事例についてもチェックしていきましょう。

工場の作業員

ルーチンワークが期待できるのは、工場の作業員のなかでもライン作業を担当するチーム。ライン作業とは、同じ作業を繰り返し行う単純な作業のことを指します。マニュアルも「誰が着手してもできるような分かりやすい内容」であることがほとんどです。担当する作業内容にもよるものの、一度仕事を覚えられれば高度なスキルがなくても活躍できるでしょう。
業界や扱っている商品にもよりますが比較的、正社員の求人募集も多く、就職しやすい職種といえます。

トラックドライバー

荷物の集荷、配送、配達などを行うトラックドライバー。配送・配達の荷物量やルートが決まっていることが多いうえ、イレギュラーが入っても担当地域内で対応できることがほとんどです。毎日小さな差はあっても、ルーチンワークができるといえるでしょう。さらに運転中は一人の時間が確保でき、他人に気兼ねすることない時間も多め。ルーチンワークをしたい方はもちろん、運転が好きな方や一人で業務をしたい方にもおすすめです。
通信販売や宅食サービスなどの需要が拡大し、トラックドライバーのニーズも増えています。今後は人手不足も懸念されており、就職しやすい職種といえるでしょう。

清掃員

清掃員の仕事は、閉店後のお店やオフィスビル、マンションなど担当箇所の清掃です。こちらも工場の作業員同様、清掃方法はマニュアル化されていて特別なスキルがなくても活躍できます。時間内に指定された箇所を掃除すれば良いので、自分のペースで気ままにできることが多いようです。
正社員の求人もあり、なかには未経験者を歓迎しているところもあります。

警備員

ひと口に警備員といっても、施設警備や交通誘導警備、輸送警備などさまざまな種類があります。なかでも施設警備は、トラブルが少なく基本的にルーチンワークである傾向に。施設警備はショッピングセンターやオフィスビルなどを警備するのが仕事です。空調の効いた室内での仕事で快適に過ごせ、年を重ねても続けられます。
実際に正社員の求人が多いだけでなく、定年退職してからも嘱託社員として継続する方もいるようです。

料金所スタッフ

高速道路や有料道路などの料金所で、運転手から料金を徴収する仕事です。ドライバーから質問を受けることもありますが、基本的な作業は変わりません。研修制度が充実しているため未経験からでもチャレンジしやすいでしょう。
正社員の求人はあるものの、40代以上の方が多く活躍しているようです。

高卒から目指せるおすすめの仕事例と特徴

「楽な仕事」を「専門性が不要な仕事」と考えるのであれば、高卒から目指せる仕事も含まれるでしょう。スキルや経験などがいらない職種にはどのようなものがあるのかもご確認ください。

介護職

介護職は、介護施設や障がい者施設で利用者の生活をサポートするのが仕事です。具体的には、入浴や排泄の援助を行う身体介護、掃除や洗濯など日常的な作業を行う生活援助などが挙げられます。身体介護を行う場合は資格が必要なものの、入社後に取得できるようサポートしている施設も多いです。
少子高齢化に伴って人手不足となっている業種であり、未経験者を歓迎している施設も豊富。人とふれあえ、笑顔を間近で見られるのがメリットのため、コミュニケーションが好きな方におすすめの仕事です。

販売員

お客さまに商品を販売するほか、店内のディスプレイや整理整頓、清掃、商品の検品作業なども担当します。お客さまから質問されることもあるため商品知識は身につける必要があるものの、こちらも入社後に習得していけば問題ありません。ただし、「お客さまの悩みにしっかり寄り添えること」は必要なので、コミュニケーション力は重要といえるでしょう。
また、「販売員」とひと口にいってもアパレルや雑貨、ドラッグストアなど多岐にわたります。正社員の求人はもちろん、最初から「店長候補」として募集をしている会社も豊富です。

飲食店スタッフ

飲食店では、お客さまに注文を伺ったり提供をしたりするホールスタッフ、キッチンで調理や仕込み、洗い物などを行うキッチンスタッフに大きく分けられます。どちらも作業のマニュアル化と先輩スタッフによるサポート体制が整っており、未経験の方も安心して入社できることがほとんどです。
ただし、ホールスタッフでは接客が中心となるため、コミュニケーション力やトラブル処理能力が求められます。キッチンスタッフでは注文が重なったときにも冷静に対応できる力や、仲間と協力して物事を進める力が重要です。どちらも入社後に徐々に培っていける力ではありますが、プレッシャーに弱いと「大変」と感じる可能性もあります。
販売員同様、正社員や店長候補としての求人が豊富で、就職しやすい職種といえるでしょう。

ホテル業界のスタッフ

ホテルでは受付でお客さまのご案内をするフロントスタッフ、お客さまのリクエスト・問い合わせに答えるコンシェルジュ、ベッドメイキングを担当するハウスキーパーなどが活躍しています。ほかにも、併設しているレストランや宴会場、ブライダルなどの部門で働く人も。多岐にわたる職種が活躍する業界ですが、どの仕事にも共通するのは「お客さまをおもてなししたい」「人に喜んでもらいたい」という気持ちです。入社後は、基本的なマナーから所作まで身につくようマニュアルに則った指導が行われます。礼節をわきまえて対応できるようになってからの独り立ちとなるので、安心できるでしょう。
観光スポットや主要都市であるかなどにもよりますが、正社員の求人は多め。特に近年はインバウンド需要の高まりにより、求人も増加傾向にあるようです。

建設業界での作業員

建設業界は主に土木と建築に分けられます。具体的には、土木では道路や水道などのインフラ整備が主な業務で、建築は住宅や施設などの建築工事がメインです。高卒から目指しやすいのは、現場での作業員。現場監督の指示のもと、建材を運んだり重機の操作をしたりします。資格が必要な業務も多いため、こちらも入社後に取得していくのがベターです。
体力が必要な仕事ではありますが、ものづくりが好きな方はその工程に携われることが大きなやりがいに。経験・スキルを積んだり資格を取得したりするほど任せてもらえる仕事も増えるのも、喜びにつながるようです。
正社員の求人もあるだけでなく、体力が重視される建設作業員であれば20代・30代は重宝される存在だといえるでしょう。

在宅勤務の正社員は楽?

正社員で在宅勤務だと、「上司の目の届かないところにいる=楽な仕事を任されている」イメージがある方もいますが、実は大変なことも多いのが実情です。なぜ在宅勤務は楽ばかりではないのでしょうか。

任される仕事は必ずしも簡単なものばかりではない

会社は「自宅で勤務しても問題ない」と思った業務だからこそ、在宅勤務を許可しています。そのため、「業務内容の難易度」で在宅勤務としているのかどうかは別問題。業務内容そのものよりも、「セキュリティ面をクリアしているか」「オンラインでの業務・納品が可能か」「成果に見合った評価制度を築けているか」が重要視されているといえるでしょう。

評価が厳しい

オフィスで働いていると、「勤務態度」も加味されながら評価されますが、在宅勤務だと「実績」「成果」が主な評価基準となります。成果をあげられなければ給与にダイレクトに響き、収入ダウンにつながることもあるようです。

ほかのスタッフに相談しづらい

疑問やトラブルがあった際、ほかのスタッフと連絡がすぐに取れないのも在宅勤務の大変なところ。チャットツールやオンラインミーティングなどを用いて問題解決することはできますが、すぐに連絡がつかなかったり上手く情報が伝わらなかったりすることもあります。

快適な環境を自分で作る必要がある

オフィスには業務に必要な備品やエアコン、リフレッシュスペースが完備されているなど、仕事に集中しやすい環境が整っていることがほとんどです。しかし、自宅だと「ペットや小さな子どもがいる」「部屋に作業・リフレッシュスペースのゆとりがない」など業務に集中しづらい環境で仕事をしなければならない人も。そういった場合、自分で快適な環境を作る必要があり、コストがかかる場合もあるでしょう。

とはいえ、通勤の負担が少なく、生活にゆとりができるのも在宅勤務の正社員の魅力です。子どもがいて働く時間に制限がある方も、無理なく勤務できる点も大きなメリットといえるでしょう。

自分が「楽」と感じる仕事を見つける4つのポイント

ここでは、具体的に「自分が楽に感じられる仕事」を見つけるための4つのポイントをご紹介します。

1.就職で譲れないポイントを明確にする

ノルマがなく、人間関係のトラブルもなく、体力的な負担もないのが理想…という方は多いでしょう。しかし、すべてを満たす仕事を見つけるのは困難です。まずは自分が就職する際、なにを条件とするのか明確にしてください。複数ある場合は、ランキング付けして1~2つ程度に絞っておきましょう。

2.求人の詳細を確認する

「譲れない条件=就職の軸」に合う求人かどうか、細かく確認していきましょう。たとえば、「残業がないこと」が条件なのであれば、「月給◯円(◯時間分の残業代◯円を含む)」と記載されていれば要注意。みなし残業制度(固定残業代)は労働者の「早く仕事を終わらせたい」という意欲を高めるために導入されている一方で、一定の残業が発生する可能性があることも示しているからです。「残業少なめ」や平均残業時間についてふれているかを基準に見たほうが良いでしょう。

3.企業のWebページをチェックする

求人の情報だけでは、イメージを掴みづらいもの。会社の歴史や事業規模、新規開拓分野、企業理念などを見ればそこで働くイメージがわき、ミスマッチを防げるでしょう。また、採用ページには求めている人物像や先輩社員の話などが載っており、それらを参考に自分と合っている社風かも確かめられます。

4.第三者の意見を参考にする

会社の口コミサイトや就職支援サービスなどで、会社の実情について把握しておくことも大切です。しかし、口コミサイトは回答者の主観が大きかったり、事実であっても会社のなかのほんの一端だったりすることも。「こういう意見もある」と受け止めつつ、できれば就職支援のプロからの客観的な意見も聞いてみると良いでしょう。

このコラムで挙げたお仕事は、楽な一面を持っている可能性もありますが、やってみないと分からない大変な内容ももちろんあります。
どういう面に自分は楽さを感じるのかを考え、仕事選びは慎重に行いましょう。とはいえ、「自分の楽さ」を基準にして仕事を一人で探すのは大変です。
就職・転職支援サービスを行っているハタラクティブでは、プロの就職アドバイザーが、マンツーマンでヒアリングを行い、あなたの適性に合った求人をご紹介します。就職・転職をお考えの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION