新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. クリエイティブ職の適性って?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介

クリエイティブ職の適性って?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介

公開日:

最終更新日:

クリエイティブ職の適性って?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・クリエイティブ職は新しいものを創造し作り上げる職種
  • ・クリエイティブ職は「クリエイター職」と「プロデューサー職」の2種類に分けられる
  • ・クリエイティブ職に求められる適性は「表現能力」や「コミュニケーション能力」
  • ・クリエイティブ職の転職において、ポートフォリオはスキルや適性を測る重要なツール
  • ・クリエイティブ職の選択に迷ったら適職診断で適性に合った仕事を探すのがおすすめ

     

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

適性として創造力やセンスを問われるイメージが強いクリエイティブ職。「自分はセンスがないからクリエイティブ職には向いていないかも…」と思っている人はいませんか?
クリエイティブ職に求められるのはセンスだけではありません。未経験の人であっても、これまでに身につけたビジネススキルを武器にクリエイティブ職に転職するチャンスはあります!
このコラムを参考に、自分の適性に合ったクリエイティブ職を見つけましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

クリエイティブ職とは?

クリエイティブ職とは「新しいものを創造し、作り上げる職種」です。
Webデザイナーやゲームディレクター、インテリアデザイナーなど、一口にクリエイティブ職といっても職種はさまざま。クリエイティブ職は幅広い分野で活躍できる職業だといえるでしょう。

 

クリエイター職とプロデューサー職

新しい何かを作り上げる仕事全般をクリエイティブ職と呼び、制作過程のどの部分に関わるのかによって「クリエイター職」と「プロデューサー職」の2つに分けられます。

 
クリエイター職

デザインや記事の執筆など、自分の手で何かを生み出す仕事をするのがクリエイター職です。具体的な職種はWebデザイナーやライター、インテリアデザイナーなど。何か作品を見たときに素直に感動し、「自分も何か作りたい!表現したい」と思う人がクリエイター職に向いているといわれています。

 
プロデューサー職

企画立案やスケジュール管理、クリエイターの監督などプロジェクトの総指揮をとるのがプロデューサー職です。直接手を動かして何かを作るわけではありませんが、同じものづくりを行う職種としてクリエイティブ職に含まれます。何か作品を見たときに「自分だったらどう作るか、どう改善できるか」と考える人はプロデューサー職に向いているといえるでしょう。具体的な職種はWebプロデューサーやゲームディレクター、広告プランナーなどが挙げられます。

 

クリエイティブ職の例

クリエイティブ職の仕事にはWebプロデューサーやゲームディレクター、インテリアデザイナーなど各業界ごとにさまざまな職種が存在します。仕事内容を含めクリエイティブ職の例を紹介するので、気になる職種があればぜひ詳細を調べてみてください。

 

Webプロデューサー

依頼されたWebサイトの企画から制作、運営までのすべてのフローを統括管理するのがWebプロデューサーの仕事です。具体的な仕事内容は、Webサイト制作に取り掛かる前のコンセプト設定や企画書の作成、コスト算出、スタッフ選定など。プロジェクトが動き出した後は、成果物のクオリティチェックや制作スケジュールの調整などをしつつ、適宜、クライアント側との共有を行います。

 

Webデザイナー

Webデザイナーの仕事は、クライアントの希望に沿ったWebサイトのデザインをすることです。主な仕事内容はアイコンやバナーの制作ですが、フリーランスや規模が小さい会社で働く場合には、ディレクションやコーディングを担当することもあります。
見た目の美しさだけでなく、ユーザーの使いやすさや見やすさを意識したデザイン力が必要とされる仕事です。

 

ゲームディレクター

ゲームの企画段階からプロジェクトに関わり、開発の総指揮をとるのがゲームディレクターです。具体的な仕事内容は、企画段階でのアイディア出しや開発に関わるクリエイターの取りまとめ、スケジュール管理など。プロジェクトに関わる各スタッフがスムーズに業務を行えるようにフォローする役目を担っています。また、トラブルやアクシデントが発生した時の対応もディレクターの大切な仕事です。そのため、どんな時でも冷静な判断と的確な指示を行える人がディレクターに向いているといえるでしょう。

 

インテリアデザイナー

家具や照明、カーテンといった内装全般の企画・設計に関わるのがインテリアデザイナーの仕事です。個人宅だけではなく、オフィスやホテル、学校など、扱う空間は多岐にわたります。具体的な仕事内容は、クライアントの希望を基に部屋全体の色味、造作、音などをトータルで監修し、室内空間を演出することです。
インテリアデザイナーはデザイン事務所や設計事務所、家具メーカーなどに勤務するのが一般的。しかし、近年、リフォームやリノベーションなどの需要も増えており、施主からダイレクトに注文を受けるフリーランスのインテリアデザイナーも活躍し始めています。

 

コピーライター

商品や企業の宣伝、ブランディングを目的としたキャッチコピーを提案するのがコピーライターの仕事です。短い言葉で印象強いコピーを作るには、センスやひらめきだけでなく、何十、何百というアイディアを出し続ける根気強さが求められます。また、ターゲットや商品の魅力について把握し、訴求ポイントをしっかりと見極める力も必要です。
キャッチコピーがブランドイメージに大きく影響することもあり、責任は重大。その分、やりがいもあるでしょう。

 

ライター

依頼された企画内容に合わせた記事を書くのがライターの仕事です。記事を掲載する媒体は、雑誌やフリーペーパーなどの紙媒体からニュースサイトなどのWeb媒体まで幅広く存在します。
掲載媒体の編集担当者から依頼を受け、記事を執筆するのが基本的な仕事の流れ。依頼を受けた後は、記事の内容に必要な資料集めや取材、調査を行います。場合によってはライターが取材対象者へのインタビューを担当することも。
従来、特に紙媒体の記事を担当するライターには、専門的な知識や高いライティングスキルが求められる傾向があったため、未経験者が挑戦しにくい職種でした。しかし、最近ではブログの代筆など比較的ハードルの低いWeb媒体の仕事も増えています。

 

校正者

校正者は各種原稿を確認し、修正点を指摘するのが仕事。具体的なチェックポイントは、誤字脱字や用語の不統一、文章や文脈の矛盾などです。印刷業界の校正者として働く場合は、校正紙と原稿の読み合わせで誤植を確認したり、レイアウトに問題がないかチェックしたりする作業もあります。
知らない言葉や文字があれば都度調べて確認する必要があり、地道な作業を淡々とこなせる忍耐力と集中力が必要とされる仕事です。

 

編集者

編集者は出版物や掲載記事を企画し、出版やサイト掲載までの行程を管理する仕事です。
具体的な仕事内容として、掲載記事の企画や関わるスタッフの選定、予算設定、スケジュール管理などがあります。漫画や小説の編集者は、作家へのアイディア出しなどの創作協力が必要とされる場合も。
編集者に求められるスキルは多岐にわたり、なかでも、より多くの人に読まれる企画を作るための情報収集能力やマーケティング力が重要視されています。

 

広告プランナー

広告を作る際の企画や方針を立案するのが広告プランナーの仕事です。
仕事内容は「企画立案をするプランニング」と「広告が実施されるまでの進行管理」の2つがメイン。前者はクライアントのサービスや商品、企業のコーポレートカラーなどをしっかりと把握し、それを世の中にどのように伝えるかを企画する作業です。そして後者は企画後、広告が形になるまでの制作進行を担当するというもの。
広告プランナーには、クライアントが求めているものを聞き出す傾聴力と、制作チームのメンバーと協力しながらスムーズに作業を進めていく調整力が必要とされます。

 

クリエイティブ職に求められる適性

クリエイティブ職に必要な適性としてよく挙げられるのが、表現力やコミュニケーション能力。なぜこれらの適性が求められるのかについて解説します。

 

表現能力

クリエイティブ職にはアイディアや考えを実際の形にしていく表現力が必要とされます。
自分の作りたいものを作るのではなく、クライアントからの要求にこたえるのがクリエイティブ職の仕事。そのため、クリエイティブ職には相手から与えられた抽象的イメージを具体的な形にしていく作業が求められます。クライアント側のイメージや希望をしっかりと把握し、それに合わせた表現方法を選べる人は、クリエイティブ職として活躍する可能性があるでしょう。

 

辛抱強さ

コツコツと頑張れる辛抱強さをもった人はクリエイティブ職に向いています。
優れた企画力や発想力があったとしても、すぐに飽きてしまったり、途中で投げ出してしまったりするのでは、良い作品を完成させることは難しいでしょう。クリエイティブ職には、試行錯誤しながらより良いものを作り出す根気強さが求められます。

 

コミュニケーション能力

多くのスタッフが関わる大がかりなプロジェクトもあるため、クリエイティブ職にはコミュニケーション力が必要です。特に、制作チーム全体を指揮するプロデューサーやディレクターという立場では、より高いコミュニケーションスキルが求められます。

 

未経験でも応募可能なクリエイティブ求人はある

クリエイティブ職は専門的なスキルを必要とされることが多いため、経験者を優先して採用するのが一般的。しかし、職種未経験であっても応募可能な求人も存在します。

 

クリエイティブ職には、ものづくりのセンスだけでなく、クライアントとのコミュニケーションや制作スケジュールの調整といったビジネススキルも必要。そのため、ビジネススキルの高い人材であれば、職種未経験であってもクリエイティブ職として力を発揮できる可能性があります。専門スキル面であまり自信がもてない人は、ビジネススキル面をうまくアピールしてみるのも良いでしょう。

 

未経験からクリエイティブ職に就くために必要なこと

未経験でも応募可能な求人はありますが、知識も技術もゼロの人材を採用しようとする企業はあまりありません。未経験からクリエイティブ職へと転職するためには、最低限の知識と技術を身につけ、かつ、それを証明する必要があります。

 

基本的な知識と技術の習得

クリエイター職で頻繁に使用するPhotoshopやIllustratorなどの編集ソフトは使えるようにしておきましょう。職種未経験OKの求人でも、ソフトの操作スキルについては実務経験者と同等のレベルを求められることが多いです。もし知らない操作などに直面した場合にも、業務に支障をきたさないよう、自分で調べて解決できるレベルのスキルを習得しておく必要があります。
プロジェクトの全体統括がメインのプロデューサー職であっても最低限の操作スキルは必要なため、なるべく早いうちからソフトの練習をしておくと良いでしょう。

 

魅力あるポートフォリオの作成

クリエイティブ職への転職活動では、魅力あるポートフォリオの作成が大切です。
ポートフォリオとは自分の制作物をまとめた作品集のようなもので、主にクリエイターが実績や経歴などのPRを目的として活用しています。クリエイティブ職の就職や転職では、面接でははかれない技術面のスキルを確認するために、ポートフォリオの提示を求められることが多いです。
ポートフォリオはただ作品を載せれば良いというわけではありません。内容から仕事の適性を判断する企業もあるため、載せる作品の順番、数、配置など一つひとつにこだわって作る必要があります。ポートフォリオを見た企業側に「この人を採用したい」と思わせるためにも、説得力のあるポートフォリオ作成を心がけましょう。

ポートフォリオには決まったひな形が無いので、印刷物をファイリングしても、webで公開している作品を集めたサイトを作っても構いません。最近ではクラウド上にポートフォリオを保管し、応募する企業側と共有するサービスを利用する人も増えているようです。

 

クリエイティブ職に有利な資格

クリエイティブ職に就くために必須となる資格はありません。
しかし、未経験でクリエイティブ職への転職を目指す場合、その熱意をアピールするための手段として資格取得に挑戦してみるのも良いでしょう。
いくつかクリエイティブ関連の資格を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

色彩検定

色彩検定は公益社団法人色彩検定協会が実施する、色彩に関する技能や知識を問う試験です。試験勉強を通じて、色彩が人間や社会環境に与える効果や配色の理論などを学べます。日本国内には色に関する検定が多数存在しており、そのなかでも色彩検定は知名度が高め。1級から3級まで3つのレベルに分かれており、最上級の1級はかなり難関とされています。元々はアパレル関係者のスキル向上を目的として始まった検定ですが、現在ではインテリアや照明、環境設計など幅広い分野に関する色彩知識が試験の対象に含まれるようになりました。そのため、試験勉強で得た知識はさまざまな場所で活用することができるでしょう。

 

カラーコーディネーター検定

カラーコーディネーター検定も色彩検定と同様に色に関する知識や技能を問う検定試験で、こちらは東京商工会議所が実施しています。色彩検定との違いを挙げるとすれば、「活躍する分野が異なる」ということでしょう。色彩検定が「ファッション分野に強い」のに対し、カラーコーディネーターは「工業的分野や学術的分野に強い」とされています。
検定に合格するには、色が持つ性質を理解し、色彩が与える影響や作用について深く学ぶ必要があるため、ビジネスの場で実際に役立つ知識をしっかりと身につけることができるでしょう。

 

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは「インテリアと住まいのスペシャリスト」であることを証明する資格試験です。試験勉強を通じ、自分自身がインテリアに関する幅広い商品知識を身につけ、住居者にとって快適な住空間を作るための計画や商品選択のアドバイスを行えるようになります。
資格認定を行っている公益社団法人インテリア産業協会は経済産業省の管轄。インテリアコーディネーターは国家資格ではないものの、インテリア業界では知名度の高い資格です。
資格を取得することで、建築設計事務所やデザイン事務所、住宅メーカーなど、住まいに関する業界を中心に活躍するチャンスが広がるでしょう。

 

DTP検定

DTP検定は、パソコンを使った各種印刷物の制作技術を証明するための試験です。
この検定には企画・編集職や広報職向けの「DTPディレクション」と、営業職や事務職をはじめとする、すべてのビジネスパーソンに向けた「DTPビジネス」の2つのコースがあります。想定するシチュエーション別に検定のコースが分かれているため、試験勉強を通じて、より実践的な知識と技術を身につけられるでしょう。
印刷物制作に関する総合的な知識をもつ証明になるため、クリエイティブ職を目指す人には「DTPディレクション」の受験がおすすめです。

 

Illustratorクリエイター能力検定試験

Illustratorソフトの実務能力をはかるために行われているのが、Illustratorクリエイター能力検定試験です。試験にはIllustratorで編集したデータを提出するなどの実践問題が含まれます。そのため、初心者が受験する場合には少し難しいと感じることも。しかし、しっかりと対策を行えば未経験者でも合格の可能性が十分にある試験です。
将来DTP業界で活躍したいと考えている人は、この資格を持っていると就職や転職の際に役立てることができるでしょう。

 

Photoshopクリエイター能力検定試験

プロのクリエイターに必要とされる写真・画像の加工編集スキルを証明するために行われているのがPhotoshopクリエイター能力検定試験です。
この検定試験では操作方法の習熟度だけではなく、与えられた課題をスムーズかつ的確に処理する能力が問われます。Photoshopに関する実践的なスキルを身につけられるため、写真やイラストなどを扱うクリエイティブ職を目指す人におすすめの資格です。

 

校正技能検定

校正技能検定とは、校正者に必要な知識や技能を認定するための試験。初級と中級があり、校正に必要な知識を問う学科試験と実際に校正作業を行う実技試験の2つに分かれています。
試験勉強を通じて誤字や脱字、文章の矛盾点などに気づく力が養えるので、文章を書く機会のある人すべてに役立つ検定だといえるでしょう。

 

自分がどんなクリエイティブ職に就きたいか考えよう

クリエイティブ職に就きたいと思ったら、まずは自分が「クリエイター職」「プロデューサー職」どちらになりたいかを考えてみましょう。そして、関わりたい仕事や業界を絞り、自分が目指したい将来の姿を明確にすることが、クリエイティブ職への転職に向けた第一歩です。

 

適職診断の利用も有効的!

なんとなくの憧れだけで就職先を探すのは避けたほうが良いでしょう。
「かっこいい!」といった印象だけで仕事選びをすると、自分の抱いているイメージと現実のギャップに出会ったときに挫折しやすくなってしまいます。就職後に企業とのミスマッチに気づき、後悔するのは避けたいところ。イメージと現実のギャップを埋めるためには、企業研究をしっかり行い、自分に本当に合った会社なのかを見極めることが大切です。

 

クリエイティブ職への転職に興味を持っているのであれば、適職診断を受けてみるのもおすすめします。
ハタラクティブの適職診断では、あなたの強み・弱みやタイプ、考え方の傾向などを詳しく分析!適性検査の結果に合わせ、あなたにぴったりのお仕事を紹介します。「自分の適性をきちんと把握してから転職活動を進めたい」という方は、ぜひ一度ハタラクティブの就職エージェントサービスを利用してみませんか?
また、適職診断で自分に合う仕事は分かったけれど、転職方法がわからないという人には、プロのアドバイザーによるマンツーマンのサポートが有効的です。履歴書のチェックや面接の練習など、ハタラクティブがあなたの転職活動を総合的にフォローアップします。

自分に適性はある?クリエイティブ職に関する疑問Q&A

クリエイティブ職の仕事はセンス・才能が影響するところが大きく、自分に適性があるか不安な方は多いようです。ここでは、クリエイティブ職に関するよくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

クリエイティブ職に適性がある人の特徴は?

クリエイティブ職に向いている人は、センス・個性・表現力があるほか、コミュニケーションスキルが高く、度重なる修正依頼にも対応できる辛抱強さなども兼ね備えています。また、スケジュール管理能力も高いようです。当コラムの「クリエイティブ職に求められる適性」でも詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。
 

クリエイティブ職に適性がない人の特徴は?

適性がないとは言い切れないものの、自分の作品に対してこだわりが強すぎる人は、仕事としてクリエイティブに関わることが大変な傾向にあるようです。クリエイティブ職として個性を活かすためにはある程度こだわりも必要ですが、仕事を行ううえで大切なのは「クライアントの要望を叶えること」。自信のこだわりを優先しすぎてしまうとクライアントの要望を反映できないからです。
 

クリエイティブ職への転職でも職務経歴書は必要?

クリエイティブ職に限らず、ほとんどの企業では履歴書とともに職務経歴書の提出が必要です。職務経歴書が必要ない場合は求人票に「履歴書のみ持参(郵送)」「履歴書のみでOK」「職務経歴書不要」などの表記があります。職務経歴書の書き方は「デザイナーを目指したい!職務経歴書の書き方とは?」「グラフィックデザイナーの職務経歴書のポイント」を参考にしてください。
 

自分にクリエイティブ職の適性があるか知りたい。

当コラム「自分がどんなクリエイティブ職に就きたいか考えよう」の「適職診断の利用も有効的!」でもご紹介した、ハタラクティブの適職診断をご活用ください。また、ハタラクティブにご登録いただければ専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたにあった求人をご紹介することが可能です。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ