新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学中退就職TOP
  4. >
  5. 大学中退就職先
  6. >
  7. 大学中退から目指すWEBデザイナー

大学中退から目指すWEBデザイナー

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

SEやプログラマーなどIT社会でWEB関連の職種のニーズは高まる一方です。 そしてより優れた人材を求めて求人の募集条件は経歴を問わず幅広く設定されていることが多いので大学中退の方も十分にチャンスがあります。 今回はサイトのページデザインの業務に特化した職種・WEBデザイナーに焦点を当てて、活躍する職場の例、具体的な仕事の内容、就活で有利になれるスキル、適性があるタイプなどをチェックしましょう。

WEBデザイナーの職場

WEBデザイナーはフリーランスでサイトのデザインに携わる方もいますが、まずは企業の正社員として就職してキャリアを積んだほうが仕事のノウハウを学べるので良いでしょう。 WEB制作会社は正社員や契約社員などの求人をよく出していて募集対象も幅広いので大学中退という経歴がネックになることは少ないでしょう。 しかし自分がどのような会社に合っているかよく考えて就活しなくてはミスマッチが起こってしまいます。 WEB制作会社には大きく分けて2種類あります。 1つは外部の顧客のサイトのデザイン制作を請け負う企業です。 顧客側が設定する納期を厳守して要望に応えられるように、既存のサイトのリニューアルや新規サイトの設立などの仕事をこなします。 もう1つは自社運営のサイト制作を行う企業です。 自社の企画を発信する仕事です。制作チームはよく知っているメンバーなのでコミュニケーションを取りやすいところがメリットです。

WEBデザイナーの仕事内容

WEB制作会社の仕事の流れは、制作チームのディレクターが方針を決めてデザインの草稿を作成、顧客とのやり取りで要望を確認して制作に取り掛かり、何度かチェックを通してリリースされるというものです。 WEBデザイナーの仕事内容の基本はWEBページ全体のレイアウト、HTMLの書き起こし、CSSのコーティング、アニメーションやインターフェンスなどオブジェクトの作成などで、これは顧客のWEBページ制作でも自社の企画でもフリーランスでもほとんど変わりません。 就職した企業や顧客の意向によってWEBデザイナーの仕事の領域の大小は変わりますが、デザイン業務に集中して取り組みたい方はできるだけ規模が大きい企業の社員求人を探して正社員として就職することをオススメします。 大卒だけでなく高卒や専門卒、フリーターの方も多くいるので大学中退から十分目指せます。

就活に有利な資格とスキル

WEBデザイナーの求人は正社員だけでなく契約社員、フリーターなど様々な募集をしています。 いずれも募集条件に『未経験OK』と記載されているものが多くありますが、正社員として就職するにはあらかじめ専門のスキルを身につけておいたほうが有利になれるでしょう。 就活では特別な資格も特に必須とされることはありませんが、WEBデザイン技能検定を受けておくと採用担当者に知識とモチベーションをPRできるでしょう。 情報系の学校の出身ではなく、仕事の経験もない大学中退の方でも3級が受験できます。 他にはPhotoshopやIllustratorなどがサイトのデザインに役立つ資格として有名です。 また独学でWEBの知識を身につける場合、自分でWEBサイトを制作することがオススメです。 ホームページに必要なHTMLを理解していれば就職した後も役に立つでしょう。

WEBデザイナーに向いてるタイプ

求人を探す前に自分に適性があるかチェックしましょう。 SEやプログラマーなども含めてWEB関連の仕事はどれも集中力を必要とします。 残業することが多く、精神的にも体力的にもタフでなくてはならないでしょう。 黙々と作業することが苦にならない方に向いている業界です。 WEBデザイナーはデザインセンスがあるだけでなくコミュニケーション能力も求められます。 サイトの制作はチームで進めるので他の社員と意見交換を頻繁にします。 その際に自分が何を求められているかをしっかり把握して作業を進める必要があります。 大学中退後にフリーターをしている方はアルバイト先でコミュニケーション能力を磨くことを心がけると後に正社員のWEBデザイナーとして就職したとき役立ちます。 他には新しい情報に対して敏感な方が向いていると言えるでしょう。 WEB業界の常識はどんどん変わるので追いつけるようにしなければなりません。

まとめ

WEBデザイナーはIT社会でニーズが高くて募集も幅広いので大学中退者の就職先としてオススメの職種です。 しかし「自分に向いているかわからない」「合っている職場がわからない」「就活してもうまくいかない」など悩みが出てくるかもしれません。 そんなときはハタラクティブのコンサルタントにご相談ください。

大学中退者がWEBデザイナーを目指すにあたってのお悩みQ&A

Q.大学中退の経歴は就職に不利になる?

A.企業では若い人材を求める傾向があるため、基本的に大学中退の経歴は就職において大きく不利になることは少ないでしょう。しかし、大学中退の場合の最終学歴は高卒であったり、新卒向けの支援を受けられないうえに中途採用になることを考えると、容易とはいえません。「大学中退からの就職活動のコツ」で大学中退者の就活のコツを解説しているのでで、ご一読ください。

Q.Webデザイナーは未経験でも目指せる?

A.未経験でもデザイナーになることは可能です。しかし、ある程度のスキルや経験を求められることが多く、選考では不利になりやすいと考えられます。実務に役立つ知識・スキルがあるときは積極的にアピールして会社に貢献できることを示しましょう。「デザイナーとして就職したい!未経験だと厳しい?代表的な仕事内容も紹介」にてWebデザイナーに必要なスキルを紹介していますので、参考にしてみてください。

Q.最終学歴が中退の場合の履歴書の書き方は?

A.大学中退した方の最終学歴は「高卒」ですが、履歴書の学歴欄は中退の経歴の記入が必要です。大学を中退した場合は、「×年×月 ◯◯大学◯◯学部◯◯学科 中途退学」のように記載します。履歴書の書き方については「最終学歴が中退の場合、履歴書の書き方はどうする?」にて詳しく解説しています。

Q.面接で大学中退の理由を聞かれた時はどう答えたら良い?

A.大学中退の理由が答えにくいものであっても、面接の場では正直に答えましょう。ネガティブな理由の場合は、過去の反省点を素直に述べ、今後の抱負を前向きに語ることで、入社意欲の高さを伝えられます。「大学中退で就職したい!理由を聞かれた時はどうすべき?」では状況別の回答例を掲載してます。面接での受け答えに不安のある方は、ハタラクティブにご相談ください。就活アドバイザーが内定までしっかりとサポートします。

WEBデザイナーはIT社会でニーズが高くて募集も幅広いので大学中退者の就職先としてオススメの職種です。 しかし「自分に向いているかわからない」「合っている職場がわからない」「就活してもうまくいかない」など悩みが出てくるかもしれません。 そんなときはハタラクティブのコンサルタントにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ