コミュ障の人におすすめな10の仕事!仕事がつらいときの改善方法も紹介

コミュ障の人におすすめな10の仕事!仕事がつらいときの改善方法も紹介の画像

この記事のまとめ

  • コミュ障とは、他者とのコミュニケーションが苦手な人を指す言葉
  • コミュ障の人にオススメな仕事は、人との関わりが少ない「清掃員」「配達員」など
  • コミュ障の人は、仕事上では「自省できる」「単独作業が得意」などの強みがある
  • コミュ障と悩む人は、仕事場での挨拶や世間話など簡単な会話から始めよう

「コミュ障で仕事が続かない…」「コミュ障に合った転職先があるか不安…」と悩んでいる人もいるでしょう。コミュ障の人が長く働ける職場に出会うには、自分の性格や適性に合った仕事を見つけることが重要です。このコラムでは、コミュ障と呼ばれる人の特徴や、人間関係が苦手な方にオススメな仕事を詳しく解説します。仕事における強みや弱みのほか、状況を改善するヒントもご紹介するので、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

コミュ障とは

コミュ障とはの画像

「コミュ障」とは一般的に広く使われているネットスラングであり、「他者とのコミュニケーションが苦手」「自己主張が強過ぎて他者と意思疎通ができない」などの状態を指す言葉です。「コミュニケーション障害」という言葉は医学的に認められた症状を指しますが、このコラムで使用する「コミュ障」は医学的な症状を指すものではありません。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

コミュ障の人の特徴

コミュ障の人の特徴の画像

コミュ障の人の特徴には、「対人関係に苦手意識がある」「人と話すことがつらい」「会話のキャッチボールができない」などが挙げられます。また、インターネット上では、コミュ障の人を「ダウナー系コミュ障」と「アッパー系コミュ障」の2種類に分ける考え方もあるようです。これら2つのタイプについて、以下で詳しく解説します。

ダウナー系コミュ障の人の特徴

ダウナー系コミュ障と呼ばれる人の主な特徴は、以下のとおりです。

  • ・人見知りやあがり症が見られる
    ・人と会話するのが苦手
    ・声が小さい
    ・自分に自信がない
    ・会話のときに言葉がすぐ出てこない
    ・決断力が乏しい
    ・突然話しかけられると軽くパニックになる

ダウナー系コミュ障の人は、「自己主張が控え目で意見を言わない人」というイメージをもたれがちです。初めて会う人に対する緊張度も大きく、営業職や接客業といった人と関わる機会が多い仕事は、スムーズにこなせない可能性があるでしょう。ビジネスシーンでコミュニケーション能力を発揮するにはある程度の努力が必要といえます。

アッパー系コミュ障の人の特徴

アッパー系コミュ障に当てはまる人の主な特徴は、以下のとおりです。

  • ・自己中心的な一面を持つ
    ・周りの空気を読めない発言をしてしまう
    ・自己主張が強い
    ・人のいうことを聞かない
    ・自分が一方的に話すほうが好き
    ・自分の価値観を人に押し付けがち
    ・会話のキャッチボールができない

アッパー系コミュ障の人は、自己主張が強い傾向にあり、自分の伝えたいことだけを一方的に話しがちです。場の空気を読むのが苦手でマイペースであり、自分を全面的に押し出してしまうため、周囲から敬遠されることもあるでしょう。
アッパー系コミュ障とダウナー系コミュ障の人は、一見正反対の性質をもっていますが、対話やコミュニケーションが上手くいかないという点は同じといえます。

「コミュニケーション能力がどういった能力なのか」「コミュニケーション能力が高い人の特徴」などを知りたい場合は、「コミュニケーション能力とは?スキルを鍛える具体的な方法をご紹介!」をご覧ください。

コミュ障の人の特徴に合った仕事はある?

コミュ障の人の特徴に合った仕事はある?の画像

コミュ障と悩んでいる人には、人と関わる必要があまりない「一人でコツコツできる仕事」「人とのコミュニケーションが少ない仕事」などがオススメです。「コミュ障で仕事がつらい」と悩んでいる方は、この項を参考に、自身の特徴に合った仕事を前向きに探してみましょう。

一人でコツコツと進められる仕事

一人でコツコツと進められる仕事は、他者とコミュニケーションを取る機会が少ないため、コミュ障の人に向いているといえます。人間関係のストレスを感じにくく、仕事に集中しやすいので、自身の能力を発揮しやすいでしょう。一人でできる仕事は「コツコツできる仕事とは?タイプ別の職種や正社員を目指すポイントを紹介!」の記事でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

コミュニケーション力の高さを求められない仕事

人との関わりは多少あっても、高いコミュニケーション力を求められない仕事なら、男性・女性関係なくコミュ障の人にもオススメです。たとえば、ルーティンワークが多い企業や、顧客対応がマニュアル化されている企業などが挙げられます。これらの仕事は基本的な業務内容が決められているため、会話が苦手と感じる人もこなしやすいでしょう。

コミュ障と悩んでいる人が仕事で活躍するには、苦手意識のあるコミュニケーションの機会を減らすことが効果的といえます。人と接する機会が少ない仕事については、「人と接しない仕事はある?オススメの職業や正社員求人の見つけ方」の記事もご参照ください。また、転職サイトやエージェントなどを利用して、コミュ障の人の特徴に合った企業や職種を探してみましょう。一人での就活が不安な方や自分に合う企業や職業がわからず悩んでいる方は、転職・就職支援のプロであるエージェントに相談するのも1つの方法です。

コミュ障の人におすすめな仕事10選

コミュ障の人におすすめな仕事10選の画像

コミュ障の特徴に当てはまる人にオススメの仕事は、以下のとおりです。

  • ・工場のライン作業員
    ・警備員
    ・長距離ドライバー
    ・清掃員
    ・配達員
    ・システムエンジニア、プログラマー
    ・ライター
    ・ルート営業
    ・事務職
    ・コールセンターオペレーター

この項では、これらの仕事をオススメする理由を詳しく解説しています。「コミュ障で適職が分からない…」と悩んでいる方は、以下を参考に転職先を検討してみてください。以下の企業や仕事以外にも、自分に合う企業や職種も知りたい方は、転職サイトや就職・転職エージェントを利用してみましょう。

1.工場のライン作業員

コミュ障と感じていて「人との関わりを最小限に留めたい」という人には、工場のライン作業員をオススメします。ライン作業とは、ベルトコンベアに流れてくる部品を組み立てたり、食品を加工したりする仕事です。ライン作業はマニュアル化されていて自分の持ち場も決まっているため、未経験者や働くことに自信がない状態からチャレンジしやすいのがメリット。周囲の人とコミュニケーションを取る機会が少なく、無言で作業に集中する時間が長いので、同じ作業を丁寧にこなせる人に向いているでしょう。

2.警備員

警備員は、施設警備や道路交通整備を行う職種です。利用客と話す場面はあまりないため、コミュ障の人も抵抗が少ない仕事の一つに挙げられます。資格がなくても就けますが、「警備員指導教育責任者」や「機械警備業務管理者」などの資格があれば業務の幅が広がり、給与アップを目指せるでしょう。社会の安全を守る、縁の下の力持ちとしてのやりがいを感じられる仕事です。

3.長距離ドライバー

長距離ドライバーとは、トラックで荷物を運搬する仕事。勤務時間の中で車を運転する時間が圧倒的に長く、職場のスタッフや顧客とのやり取りが少ないため、職場の人間関係が苦手なコミュ障の人にオススメといえます。ただし、仮眠を取りながら夜間も走行したり、積み下ろし業務があったりと、体力が必要な仕事であることを念頭に置いておきましょう。体力的な自信がある人や運転が好きな人に向いている仕事といえます。

4.清掃員

仕事内容にもよりますが、清掃員も1人で黙々と作業をこなすことが多いため、コミュ障の人に向いている仕事の一つです。清掃員の活躍の場には、個人の家に出向くハウスクリーニング、オフィスビルやショッピングモールといった公共施設のクリーニングなどがあります。利用客とのやり取りを避けたいなら、ホテルやオフィスビルなどでの清掃がオススメです。

5.配達員

配達員は、受取先の会社や個人宅に荷物を届ける仕事。配達中は基本的に一人で外を回るため、人付き合いが苦手なコミュ障の人に向いている仕事でしょう。配達先で利用客とのやり取りはあるものの、挨拶程度で済む場合が多く、基本的に高度なコミュニケーションスキルは必要ないといえます。

6.システムエンジニアやプログラマー

「プログラミングの経験がある」「パソコンやIT関連に興味がある」といったコミュ障の人には、システムエンジニアやプログラマーもオススメの職種です。システムやソフトウェアを作ったり管理したりするのが仕事で、Webサイトやゲーム、家電製品、企業の社内システムなどさまざまな分野で活躍できるでしょう。システムエンジニアが仕様書を作成し、プログラマーはそれに従って、プログラム言語を用いたプログラミング作業を行います。チームで仕事をするのでコミュニケーションは必要ですが、システムエンジニアやプログラマーも作業中は1人で取り組むため、コミュニケーション能力に自信がない人も働きやすいでしょう。

7.ライター

文章を書くことで収入を得るライターも、記事の作成中は一人で仕事を進められるため、コミュ障の人にオススメの仕事といえます。企業や働き方によっては在宅ワークが可能で、働く時間や場所を拘束されにくいのもメリットの一つ。クライアントとのコミュニケーションが必要な場合はあるものの、直接的なやり取りは少ない傾向にあるようです。

8.ルート営業

「コミュ障だけど、人と関わる仕事がしたい」と思っている人には、会社の既存顧客を相手に営業を行うルート営業がおすすめ。すでに会社とのつながりがある顧客が相手のため、新規営業と比べて契約やアポイントメントが取りやすいという特徴があります。人見知りやあがり症といった傾向がある人でも、真摯に対応すれば顧客との信頼関係を構築しやすいでしょう。

ルート営業の詳細は、「ルート営業と新規営業の違いとは?業務内容や求められる能力を詳しく解説」の記事でぜひチェックしてみてください。

9.事務職

ルーティンワークが多い事務職は、自分のペースで作業を進められるため、コミュ障の人に向いている仕事の一つでしょう。特に、データの入力・管理の仕事なら、業務に慣れれば人との関わりも少なくて済むのでおすすめです。ただし、営業職をサポートする営業事務や会社の受付・案内などは、人とのやり取りや業務上の連携が必要な傾向にあり、一定のコミュニケーションスキルが求められるでしょう。事務職への転職を考えている方は、実際の業務内容を事前によく確認する必要があります。

10.コールセンターオペレーター

電話を介して顧客対応を行うコールセンターオペレーターは、業務がマニュアル化されているため、コミュ障の人も仕事がしやすいといえます。業務方法は、顧客から掛かってきた電話に対応する「インバウンド業務」と、オペレーターから顧客へ電話を入れる「アウトバウンド業務」の2つに大きく分けられます。話すこと自体はできるものの、臨機応変な対応が苦手な人におすすめです。

できるだけ人と関わらない仕事で、もっと稼げる仕事に転職したいコミュ障の方は、「一人でできる仕事に正社員求人はある?タイプ別におすすめの職種をご紹介」の記事もあわせてご覧ください。さらに、転職サイトやエージェントを利用して、多くの企業や業界の情報も収集しておくこともおすすめです。

コミュ障の人に向かないといわれる仕事は?

コミュ障の人に向かないとされる仕事には、新規営業職や販売職、秘書、教師などが考えられます。これらの仕事は、高いコミュニケーションスキルを求められたり、業務で常に人と接する必要があったりするのが特徴です。また、取引先や顧客などのペースに合わせて仕事を進めなくてはいけないため、ストレスを感じやすいでしょう。

仕事におけるコミュ障の人の3つの強み

仕事におけるコミュ障の人の3つの強みの画像

「自分はコミュ障だ」と悩む人には、「自省できる」「一人で仕事ができる」「場の空気を読める」などの仕事上の強みがあるといえます。自身の性格や行動傾向と下記を照らし合わせ、就職・転職活動をする際の自己アピールの参考にしてみてください。

1.自分を省みながら仕事ができる

自分をコミュ障だと感じている人は、「自分を省みる力」に長けている傾向があるといえます。内向的なぶん、頭のなかで考えを深めたり出来事を検証したりすることも多い傾向にあるため、自身の行動における改善点を見出せるのが強みです。自省を繰り返すことは、仕事でのミス軽減にもつながるため、業務上で役に立つことも多いでしょう。

2.一人で仕事を進められる

周囲との連携が上手くとれずコミュ障と悩む人は、一人で仕事を進めることが得意な傾向にあります。人間関係が苦手な場合、一人の環境下のほうが仕事に集中できたり、本領を発揮できたりすることも。他者とのやり取りを必要とせず、黙々と作業をこなせる点は強みになります。

3.仕事で場の空気を読んだ対応が取れる

コミュ障である場合には、仕事で場の空気を読んだ対応が取れることも多いようです。特に、前述したダウナー系コミュ障の人は、相手や周囲の顔色を読み取りながら人と接する傾向があるといえます。よく考えて発言したり行動したりする姿勢は、仕事をするうえでの強みになり得るでしょう。

コミュ障としての強みを活かせる仕事を具体的に知りたい方は、転職サイトや転職エージェントに相談し、自分の強みが活かせる企業や職種を一緒に見つけていきましょう。

仕事におけるコミュ障の人の弱み

仕事におけるコミュ障の人の弱みの画像

コミュ障と感じる人は単独作業が得意な反面、「相談が苦手」「周囲から理解されにくい」といった弱みをもっていることも。必要以上に卑下したり落ち込んだりせず、客観的な弱みを知って今後の転職活動や仕事に活かしましょう。

相談するのが苦手でストレスを抱えやすい

コミュ障の人は、他者に相談するのが苦手な傾向です。仕事の悩みや不安を自分のなかだけで抱え込んでしまうため、ストレスを溜めやすいのが弱みといえます。「話しかけたら迷惑かも」と考え過ぎてしまい、自信がないまま仕事を進めてしまうため、確認することで防げたミスをしてしまうこともあるようです。

職場の人に自分の考えを理解されにくい

コミュ障の人は、職場の人に意見や考えを理解されにくいことがあります。自分から発信するのが苦手だったり、逆に自分の考えばかり伝えてしまったりするため、「何を話したいのか分からないからイライラする」「常に自分のことばかりの人」「接し方が分からない......」と敬遠されてしまう可能性もあるでしょう。

コミュ障の悩みを克服して仕事をするための4つの方法

コミュ障の悩みを克服して仕事をするための4つの方法の画像

コミュ障であることに悩んでいる人は、ネガティブな思い込みをなくし、肩の力を抜いてコミュニケーションを取ることで悩みを少しずつ克服する姿勢をもつことが大切です。下記で、状況を改善させるための方法について詳しく見てみてください。

1.職場で「話さなければ」という意識を捨てる

コミュ障の方は、仕事場で「会話を続けなければ」という意識を持ち過ぎないようにしましょう。力を入れて構えてしまうと、どうしても相手に話しかけづらくなります。まずは、簡単な挨拶から始めてみるのがおすすめ。挨拶に慣れてきたら、「今日は気持ち良い天気ですね」「午後から雨の予報ですね」といった天気の話や、何気ない会話を持ち掛け、徐々にコミュニケーションを増やすのがコツです。

相手が興味のある話題を振るのもおすすめ

「何を話せば良いか分からない」というコミュ障の人は、相手が興味のある話題を振ってみましょう。相手の趣味をあまり把握していない場合は、まずリサーチを目的に話し掛けるのがおすすめです。相手が自由に答えられるよう、「いつもどんなTVを見ていますか?」「休日は何をしていますか?」などと、会話の幅が広がる聞き方をしてみましょう。

2.自分から話すのが苦手なら「聞き手」になる

話題が思いつかない場合は、会話の聞き手に徹する方法もあります。「話題がなくて話ができない…」と思い悩まず、先述したとおり何気ない会話から始めてみてください。「はい」「いいえ」で答えられない質問をすると、相手の話を引き出しやすくなります。また、相槌や共感を示す言葉をかけたり身体や顔を相手に向けたりして、相手が話しやすいような姿勢を意識するのがポイントです。

人付き合いに苦手意識がありコミュ障だと悩んでいる方は、「コミュニケーションが苦手…不得意に感じる原因や仕事での対処法も解説!」の記事もチェックしてみてください。

3.仕事上の相手に興味を持ち目を見て話す

コミュ障で悩んでいる方は、まず仕事上の相手に興味を持つことから始めてみましょう。大切なのは、相手の目を見て話すことです。なかには、目を見て話すのが苦手な人もいるでしょう。しかし、目を合わせることで、相手に「私の話を聞いてくれている」と認識されやすくなります。視線を合わせて話すことに慣れてきたら、次は相手の良いところを探しましょう。長所を見出すことで、より相手に興味が湧いてくる可能性があります。

4.相手への迷惑を考え過ぎず自分に自信をもつ

「話しかけたら気を悪くするかも…」「職場の人に迷惑を掛けたくない…」と考えがちなコミュ障の人は、ネガティブなことをあえて考えないように意識してみましょう。ネガティブ思考に陥ってしまうと、なかなか自分に自信が持てず、仕事上のコミュニケーションがさらに難しくなってしまいます。まずは一言だけでも話し掛けることから始めると、少しずつコミュニケーションの不安が消え、自分に自信がつくでしょう。

「コミュ障を克服して、好きな仕事に就きたい」「コミュ障の自分にできる仕事を探している」という方は、就職・転職エージェントハタラクティブに相談してみてください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、第二新卒など、20代を中心とした若年層向けにサポートを行う就職・転職エージェントです。プロのキャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施し、一人ひとりの適性に合った求人をご提案しています。仕事の探し方や企業ごとの面接対策、応募書類の添削なども行うため、コミュ障に悩んでいて面接に自信がないという方も安心です。応募先企業とのやり取りも、アドバイザーが代行いたします。1分程度で性格から向いている仕事を分析できる、適職診断も。サービスはすべて無料で受けられるため、ぜひお気軽に転職エージェントハタラクティブへご相談ください。

コミュ障で仕事に不安を抱いている方のお悩みQ&A

自分のことを「コミュ障だ」と思っている方のなかには、就職や仕事に不安を抱いている人もいるでしょう。ここでは、コミュ障の方のお仕事に関するお悩みをQ&A方式で解決します。

コミュ障で仕事がつらくて辞めたいです…

「会話を続けることを意識し過ぎない」「相手の目を見て話す」「ネガティブな思い込みを捨てる」といった方法を試してみましょう。無理にコミュニケーションを取ろうとせず、肩の力を抜いて少しずつ改善させることを意識してみてください。コミュ障を克服する方法について、このコラムの「コミュ障の悩みを克服して仕事をするための4つの方法」で詳しく解説しています。

コミュ障におすすめの仕事は何ですか?

コミュ障と悩んでいる方には、人との関わりが少ない仕事がオススメです。具体的には、黙々と作業できる工場でのライン作業や清掃員、プログラマーなどが向いているでしょう。コミュ障の方に適した仕事については、このコラムの「コミュ障の人におすすめな仕事10選」に詳しく掲載されているので、ぜひご一読ください。

コミュ障で職場に迷惑をかけているかもしれません…

はじめは挨拶や簡単な世間話などを重ね、関係性の土台を作りましょう。ある程度親しくなった相手には、自分から積極的に話し掛けてみるのもオススメです。詳しくは、「コミュ障の就職活動は辛い?向いている仕事や就活のコツを解説」をご覧ください。

コミュ障は、転職サイトとエージェントどちらが良いですか?

転職サイトと転職エージェントは、どちらもメリットがあります。転職サイトでは、自分で気になる企業や就職先をもくもくと探せ、誰かと話す必要がありません。また、転職エージェントは、自分では気づけなかった自分の強みを見つけてくれたり、面接対策や企業との交渉も代行してくれます。

コミュ障も就職できますか?

もちろんできます。就活では、スムーズに話せなかったとしても、仕事に対する熱意・意欲を真摯に伝えることが大切です。また、自分にとって働きやすい職場や企業を探すことも就職成功のカギとなります。

一人での就活が不安な場合は、エージェントを利用するのも一つの手です。転職エージェントハタラクティブは、プロのアドバイザーがマンツーマンで就職・転職活動をサポートしています。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ