コミュ障におすすめな10の仕事!人間関係が苦手な人に向いている職種とは

コミュ障におすすめな10の仕事!人間関係が苦手な人に向いている職種とはの画像

この記事のまとめ

  • コミュ障とは、他者とのコミュニケーションが苦手な人を指す言葉
  • ダウナー系コミュ障は、人見知りがあり自分から話し掛けるのが苦手な人
  • アッパー系コミュ障は、一方的に話したり自己主張したりする傾向が強い人
  • コミュ障におすすめな仕事は、「工場のライン作業員」「清掃員」「配達員」など
  • コミュ障を克服して仕事をするには、ネガティブに考え過ぎず気楽に構えることが大切

「コミュ障で仕事が続かない…」「コミュ障に合った転職先があるか不安…」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。コミュ障の人が長く働ける職場に出会うには、自分の性格や行動傾向に合った仕事を見つけることが重要です。このコラムでは、コミュ障の特徴や人間関係が苦手な方におすすめな仕事を詳しく解説します。仕事におけるコミュ障の強み・弱み、コミュ障を克服するヒントもご紹介するので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

コミュ障とは

コミュ障とは「コミュニケーション障害」の略語で、仕事や日常生活における他者とのコミュニケーションが苦手な人を指すネットスラングです。「コミュニケーション障害」というと医学的に認められた症状を指しますが、「コミュ障」はそれよりも軽い意味合いで用いられるのが一般的でしょう。

コミュ障の特徴

コミュ障の特徴の画像

コミュ障の特徴には、「対人関係に苦手意識がある」「人と話すことがつらい」「会話が続かない」などが挙げられます。重度のコミュ障になると、仕事に支障をきたすこともあるでしょう。
インターネット上では、コミュ障を「ダウナー系コミュ障」と「アッパー系コミュ障」の2種類に分ける考え方もあるようです。これら2つのタイプについて、以下で詳しくみていきましょう。

ダウナー系コミュ障の特徴

ダウナー系コミュ障の主な特徴は、以下のとおりです。

・人見知りやあがり症が見られる
・人と会話するのが苦手
・声が小さい
・自分に自信がない
・会話のときに言葉がすぐ出てこない
・決断力が乏しい
・話しかけられると軽くパニックになる

ダウナー系コミュ障は、「自己主張が控え目で意見を言わない人」というイメージを持たれがちです。初めて会う人に対する緊張度も大きく、仕事に影響を及ぼす可能性があります。ダウナー系コミュ障は人との関わり自体を避けてしまう傾向にあるため、ビジネスシーンでコミュニケーション能力を発揮するにはある程度の努力が必要でしょう。

アッパー系コミュ障の特徴

アッパー系コミュ障の主な特徴は、以下のとおりです。

・自己中心的な一面を持つ
・周りの空気を読めない発言をしてしまう
・自己主張が強い
・人の言うことを聞かない
・自分が一方的に話すほうが好き
・自分の価値観を人に押し付けがち
・会話のキャッチボールができない

アッパー系コミュ障は、自己主張が強い傾向にあり、自分の伝えたいことだけを一方的に話しがちです。場の空気を読むのが苦手で、自分を全面的に押し出してしまうため、周囲から敬遠されることもあるでしょう。アッパー系コミュ障は、ダウナー系コミュ障とは異なる性質を持っていますが、仕事をするうえで不利になりやすい点は同じといえます。
転職を検討しているコミュ障の方は、「コミュ障でも安心して仕事ができるためには」の記事も参考にしてください。

コミュ障の特徴に合った仕事はある?

コミュ障の方には、「一人でコツコツできる仕事」「人とのコミュニケーションが少ない仕事」などがおすすめです。自分にとって働きやすい仕事を見つければ、人間関係が苦手でも正社員としての活躍が期待できます。コミュ障が原因で「仕事がつらいから辞めたい…」「自分に合った転職先があるか不安…」と悩んでいる方は、自身の特徴に合った仕事を前向きに探してください。

一人でコツコツと進められる仕事

一人でコツコツと進められる仕事は、他者とコミュニケーションを取る機会が少ないため、コミュ障の人に向いています。人間関係のストレスを感じにくく、仕事に集中しやすいので、人との関わりに苦手意識がある方でも、自身の能力を発揮しやすいでしょう。
一人でできる仕事は「コツコツできる仕事とは?タイプ別の職種や正社員を目指すポイントを紹介!」の記事でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

コミュニケーション力の高さを求められない仕事

人との関わりは多少あっても、高いコミュニケーション力を求められない仕事なら、コミュ障の人にもおすすめです。たとえば、ルーティンワークが多い仕事や、顧客対応がマニュアル化されている仕事などが挙げられます。これらの仕事は、基本的に決められた作業をこなせば、必要以上にコミュニケーションを取らなくても済むため、会話が苦手でも働きやすいでしょう。
コミュ障に向いている仕事については、「人と接しない仕事はある?女性におすすめの職業や正社員求人の見つけ方」の記事もご参照ください。

コミュ障の人におすすめな仕事10選

コミュ障の人におすすめな仕事10選の画像

コミュ障の人におすすめの仕事は、以下のとおりです。

・工場のライン作業員
・警備員
・長距離ドライバー
・清掃員
・配達員
・システムエンジニア、プログラマー
・ライター
・ルート営業
・事務職
・コールセンターオペレーター

この項では、これらの仕事をおすすめする理由を詳しく解説しています。コミュ障で「仕事がつらいから転職したい」と悩んでいる方は、以下を参考に転職先を検討してみてください。

1.工場のライン作業員

人との関わりを最小限に留めたいコミュ障の人には、工場のライン作業員をおすすめします。ライン作業とは、ベルトコンベアに流れてくる部品を組み立てたり、食品を加工したりする仕事です。製品の工程ごとに人が配置されます。ライン作業はマニュアル化されているため、未経験者や働くことに自信がない人でもチャレンジしやすいのがメリット。周囲の人とコミュニケーションを取る機会が少なく、無言で作業に集中する時間が長いので、同じ作業を丁寧にこなせる人に向いているでしょう。

2.警備員

警備員は、施設警備や道路交通整備を行う職種です。利用客と話す場面はあまりないため、コミュ障の人にも抵抗が少ない仕事の一つに挙げられます。資格がなくても就けますが、「警備員指導教育責任者」や「機械警備業務管理者」などの資格があれば業務の幅が広がり、給与アップを目指せるでしょう。社会の安全を守る、縁の下の力持ちとしてのやりがいを感じられる仕事です。

3.長距離ドライバー

長距離ドライバーは、車を運転する時間が圧倒的に長く、職場のスタッフや顧客とのやり取りが少ない仕事です。職場の人間関係に煩わされたくないコミュ障の人におすすめ。ただし、夜間も走行したり、車内で仮眠を取ったりと、体力的に厳しい面があることを念頭に置いておきましょう。人と関わらずに自分のペースで働きたい希望があり、なおかつ体力的な自信がある人や運転が好きな人に向いている仕事といえます。

4.清掃員

働く先にもよりますが、清掃員も1人で黙々と作業をこなすことが多いため、コミュ障の人に向いている仕事の一つです。清掃員の活躍の場としては、個人の家に出向くハウスクリーニング、オフィスビルやショッピングモールといった公共施設のクリーニングなどがあります。ホテルの清掃なら、リネン類の交換も業務に含まれるでしょう。利用客とのやり取りを避けたいなら、個人宅での仕事より公共の場所での清掃がおすすめです。

5.配達員

配達員は、受取先の会社や個人宅に荷物を届ける仕事です。そのほか、荷物を仕分けたり、トラックに積み込んだりするなどの作業があることも。配達は基本的に一人で外を回るため、人付き合いが苦手なコミュ障の人に向いている仕事でしょう。配達先で利用客とのやり取りはあるものの、挨拶程度で済む場合が多く、基本的に高度なコミュニケーションスキルは必要ありません。

正社員

配送ドライバー

  • 356万円 ~ 454万円

6.システムエンジニア、プログラマー

「プログラミングの経験がある」「パソコンやIT関連に興味がある」といったコミュ障の人には、システムエンジニアやプログラマーもおすすめの職種。システムやソフトウェアを作るのが仕事で、分野はWebサイトやゲーム、家電製品、企業の社内システムなどさまざまです。
システムエンジニアが仕様書を作成し、プログラマーはそれに従って、プログラム言語を用いたプログラミング作業を行います。チームで仕事をするのでコミュニケーションは必要ですが、作業中は1人で取り組むため、コミュニケーション能力に自信がない人も働きやすいでしょう。

正社員

ITエンジニア

  • 422万円 ~ 653万円

7.ライター

ライターは文章を書くことで収入を得る仕事です。インターネットの普及により、昨今はWebサイト上に記事をアップする仕事が増えています。勤め先や働き方によっては在宅ワークが可能で、働く時間や場所を拘束されにくいのがメリット。クライアントとのコミュニケーションが必要な場合はあるものの、直接的なやり取りは少ない傾向にあるようです。記事の作成中は一人で仕事を進められる・自分の都合に合わせた働き方がしやすいといった点から、コミュ障の人におすすめの仕事といえるでしょう。

8.ルート営業

コミュ障だけど「人と関わる仕事がしたい」と思っている方には、ルート営業がおすすめです。ルート営業は、会社の既存顧客を相手に営業を行います。すでに会社とのつながりがある顧客が相手のため、新規営業と比べて契約やアポイントメントが取りやすいのが特徴です。人見知りやあがり症といった傾向がある人でも、真摯に対応すれば顧客との信頼関係を構築しやすいでしょう。
ルート営業の詳細は、「ルート営業と新規営業の違いとは?業務内容や求められる能力を詳しく解説」の記事でぜひチェックしてください。

9.事務職

ルーティンワークが多い事務職は、日常業務に慣れさえすれば自分のペースで作業を進められるため、コミュ障の人に向いているでしょう。特に、データの入力・管理が中心の事務職なら、人との関わりも少なくて済むのでおすすめです。
ただし、事務職といっても、仕事の内容は多岐にわたります。営業職をサポートする事務や会社の受付・案内などは、人とのやり取りが多い傾向にあり、一定のコミュニケーションスキルが求められるでしょう。事務職への転職を考えている方は、実際の業務内容を事前によく確認する必要があります。

10.コールセンターオペレーター

コールセンターオペレーターは、電話を介して顧客対応を行う仕事です。業務方法は、顧客から掛かってきた電話に対応する「インバウンド業務」と、オペレーターから顧客へ電話を入れる「アウトバウンド業務」の2つに大きく分けられます。コールセンターオペレーターの顧客対応はマニュアル化されているのが一般的です。基本的にはマニュアルに沿った対応に努めれば良いので、人との会話が苦手なコミュ障の人でも仕事がしやすいでしょう。
できるだけ人と関わらない仕事に転職したいコミュ障の方は、「一人でできる仕事一覧!向いている人や求人の見つけ方もご紹介」の記事もあわせてご覧ください。

コミュ障に向かない仕事は?

コミュ障に向かない仕事には、新規営業職や販売職、秘書、教師などが考えられます。これらの仕事は、高いコミュニケーションスキルを求められたり、業務で常に人と接する必要があったりするのが特徴です。人間関係が苦手な人が就くと、仕事上のストレスを感じやすいでしょう。

仕事におけるコミュ障の3つの強み

仕事におけるコミュ障の3つの強みの画像

仕事におけるコミュ障の強みは、「自省できる」「一人で仕事ができる」「場の空気を読める」などです。自身の性格や行動傾向と下記を照らし合わせ、就職・転職活動をする際の自己アピールに役立ててください。

1.自分を省みながら仕事ができる

コミュ障で内向的な人は、「自分を省みる力」があるといえるでしょう。自分のなかで考えを深めたり出来事を検証したりできるため、自身の行動における改善点を見出せるのが強みです。自省を繰り返すことは、仕事でのミス軽減にもつながります。

2.一人で仕事を進められる

コミュ障の方は、一人で仕事を進めることが得意な傾向にあるでしょう。人間関係が苦手な場合、一人の環境下のほうが仕事に集中できたり、本領を発揮できたりすることも。他者とのやり取りがなくても、黙々と作業をこなせる点は強みになります。

3.仕事で場の空気を読んだ対応が取れる

コミュ障の人には、仕事で場の空気を読んだ対応が取れる方も多いようです。特に、前述したダウナー系コミュ障の場合、人付き合いが苦手な特徴があるため、相手や周囲の顔色を伺う傾向があります。他者の心情や状況を読み取りながら行動できるのは、仕事をするうえでの強みになり得るでしょう。

仕事におけるコミュ障の弱み

仕事におけるコミュ障の弱みには、「相談が苦手」「周囲から理解されにくい」などが考えられます。前述の強みとともに、コミュ障が抱える弱みも知り、今後の転職活動や仕事に活かしましょう。

相談するのが苦手でストレスを抱えやすい

コミュ障の人は、他者に相談するのが苦手な傾向にあるでしょう。仕事の悩みや不安を自分のなかだけで抱え込んでしまうため、ストレスを溜めやすいのが弱みです。過度なストレスは体調に支障をきたす恐れがあります。運動や趣味など、適度に気持ちをリフレッシュできる習慣を身につけておくと良いでしょう。

職場の人に自分の考えを理解されにくい

コミュ障の場合、職場の人に自分の考えを理解されにくいことがあります。意見や発言をするのが苦手だからといっていつも受け身でいると、「何を考えているのか分からない人」「とっつきにくい人」と敬遠されてしまう可能性も。仕事で相手に不安や不信感を抱かれないよう、傾聴する姿勢を示すのがおすすめです。会話中は、話し手に体を向ける、適度な相槌を入れるといった対応を心掛けましょう。

コミュ障を克服して仕事をするための4つの方法

コミュ障を克服して仕事をするための4つの方法の画像

コミュ障を克服して仕事をするためには、ネガティブな思い込みをなくし、肩の力を抜いてコミュニケーションを取ることが大切です。「コミュ障で仕事がつらい…辞めたい」と悩んでいる方は、コミュ障を克服するための方法を下記で詳しく見ていきましょう。

1.職場で「話さなければ」という意識を捨てる

コミュ障の方は、気持ちを楽に保ち、仕事場で「会話を続けなければ」という意識を持ち過ぎないようにしましょう。「会話のキャッチボールをしなければいけない!」と構えてしまうと、どうしても相手に話し掛けづらくなります。
まずは、簡単な挨拶から始めてみるのがおすすめです。挨拶に慣れてきたら、「今日は気持ち良い天気ですね」「午後から雨の予報ですね」といった天気の話や、何気ない会話を持ち掛け、徐々にコミュニケーションを増やすと良いでしょう。

相手が興味のある話題を振るのもおすすめ

「何を話せば良いか分からない」というコミュ障の人は、相手が興味のある話題を振るのも一つの方法です。相手の趣味をあまり把握していない場合は、まずリサーチを目的に話し掛けるのがおすすめ。相手が自由に答えられるよう、「いつもどんなTVを見ていますか?」「休日は何をしていますか?」などと、会話の幅が広がる聞き方をしてみましょう。

2.自分から話すのが苦手な場合は「聞き手」になる

コミュ障で話題が思いつかない場合は、相手との会話のなかで、聞き手に徹する方法もあります。相手の話によく耳を傾け、言葉は少なくても自分が相手に関心を持っていると伝えましょう。「話題を考えないと話ができない…」と思い悩む必要はありません。気負い過ぎてしまうと、たとえ仕事場で話を振ることができても、会話を長引かせるのは難しくなります。相槌や共感を示す言葉を掛け、相手が話しやすいよう聞く側に回りましょう。
コミュ障で人付き合いに苦手意識がある方は、「コミュニケーションが嫌い…苦手な人の特徴や仕事での対処法を解説!」の記事もチェックしてみてください。

3.仕事上の相手に興味を持ち目を見て話す

コミュ障で悩んでいる方は、まず仕事上の相手に興味を持つことから始めてみましょう。大切なのは、相手の目を見て話すことです。コミュ障の人のなかには、目を見て話すのが苦手な人も多いでしょう。しかし、目を合わせることで、相手に「私の話を聞いてくれている」と認識されやすくなります。視線を合わせて話すことに慣れてきたら、次は相手の良いところを探しましょう。長所を見出すことで、より相手に興味が湧いてくる可能性があります。

4.相手への迷惑を考え過ぎず自分に自信を持つ

「こんな話をしたら気を悪くするかも…」「職場の人に迷惑を掛けたくない…」と考えがちなコミュ障の人は、相手の気持ちを妄想することをやめ、現実の相手と向き合うことが大切です。ネガティブな思考に偏ったままだと、なかなか自分に自信が持てず、仕事で人と交わるのが難しくなってしまいます。
相手が自分をどのように思うかは、話してみないと分かりません。まずは話し掛けることから始め、少しずつコミュニケーションに自信をつけていきましょう。

「コミュ障を克服して、好きな仕事に就きたい」「コミュ障の自分にできる仕事を探している」という方は、一人で頑張らずにプロの力を頼ってみてはいかがでしょうか。
若年層向けに就職・転職のサポートを行っているハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを実施し、一人ひとりに合った求人をご提案しています。
経験豊富なアドバイザーと一緒に企業ごとの対策をするため、コミュ障で面接に自信がない人も安心です。応募先企業とのやり取りも、アドバイザーが代行いたします。「コミュ障で転職活動が不安…」と悩んでいる方は、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。アドバイザーとの二人三脚で、あなたに合った仕事を見つけましょう!

コミュ障で仕事に不安を抱いている方のお悩みQ&A

自分のことを「コミュ障」だと思っている方は、就職や仕事に不安を抱いているのではないでしょうか。ここでは、コミュ障の方のお仕事に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

コミュ障でも就職できますか?

もちろんできます。就活では、たとえ上手く話せなかったとしても仕事に対する熱意・意欲を伝えることが大切です。また、自分にとって働きやすい職場や仕事を探すことも就職成功のカギとなります。一人での就活が不安な場合は、エージェントを利用するのも一つの手。ハタラクティブは、プロのアドバイザーがマンツーマンで就職・転職活動をサポートしています。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

コミュ障を改善する方法を教えてください。

コミュ障を改善したい場合は、「会話を続けることを意識し過ぎない」「相手の目を見て話す」「ネガティブな思い込みを捨てる」といった方法を試してみましょう。どうしても自分から話し掛けることに苦手意識があるなら、聞き手側に回るのも有効です。コミュ障を克服する方法について詳しく知りたい方は、このコラムの「コミュ障を克服して仕事をするための4つの方法」をご覧ください。

コミュ障におすすめの仕事は何ですか?

コミュ障の方には、人との関わりが少ない仕事がおすすめです。具体的には、黙々と作業に集中できる工場でのライン作業や清掃員、プログラマーなどが向いているでしょう。コミュ障の方に適した仕事については、このコラムの「コミュ障の人におすすめな仕事10選」に詳しく掲載されているので、ぜひご一読ください。

職場の人間関係を円滑にするコツは?

仕事での付き合いだけでなく、飲み会やランチに誘われたら積極的に参加すると良いでしょう。仕事仲間のこれまで分からなかった一面を見ることができるため、親睦を深められる可能性があります。また、ある程度親しくなった相手には、自分から積極的に話し掛けてみるのもおすすめです。詳しくは、「コミュ障の就職活動は辛い?向いてる仕事や就活のコツを解説」の「コミュ障の人が就職後に好印象を与える8つのコツ」をご覧ください。

この記事に関連するタグ