自分に向いてる仕事を見つける利点と探すポイントとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分に向いてる仕事を見つける利点と探すポイントとは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・自分に合った仕事を選んだほうが、効率が上がり仕事が楽しくなりやすい
    ・自分に合った仕事を見つけるためには自己分析が必要
    ・ときには第三者にアドバイスをもらう
    ・仕事を選ぶ際には優先順位を考えすべての条件を叶えようとしない

仕事にはたくさんの種類があります。そのどれもが、極めようと思えば奥の深いものと言えます。せっかく多くの時間をかける仕事ですから、単にお金を稼ぐ手段ではなく、自分自身のスキルアップやさらに選択肢が広がるような仕事に就きたいと思う方も少なくないでしょう。

そこで、たくさんの仕事のなかで自分に合ったものを見つける大切さや、そうした仕事の見つけ方をご紹介します。自分の特徴をまずは自身でよく理解して、ぴったりの仕事に就くことができるように準備をしましょう。

◆向いている仕事に就くのが良い理由

仕事は何をしても、お金を稼げればそれでいいと割り切っている方もいます。
しかし、やはり向いている仕事、向いていない仕事があるのは事実です。向いている仕事をする場合、たくさんのメリットがあります。
そこで、向いている仕事を選んだ際のメリットをいくつかご紹介します。

・能力が活かせる、生産性が上がる

向いている仕事であれば、自分の能力を最大限に活かしながら業務にあたることができます。
本来の自分の性格や能力に合う仕事ですから、向いていない人よりも仕事の生産性が上がるでしょう。当然、生産性が上がればその仕事の習熟度も人よりも格段にアップしていくことになります。
そうなると、その仕事において高く評価され、出世の道も開けてくるのです。

・仕事の困難でつまずきにくい、難しいこともやりがいと捉えられる

自分に向いている仕事の場合、仕事上直面する困難にも対応しやすくなります。本来自分が得意とすることのため、いろいろと工夫を凝らして対処することも比較的容易でしょう。
また、直面した困難に立ち向かい、クリアしていくことにやりがいを感じ、一層仕事が楽しくなることも十分に考えられます。

好きこそものの上手なれということわざのように、仕事を自分の趣味のように感じることができれば、ストレスなく楽しみながら業務をこなすことができるでしょう。

・仕事が楽しくなる

自分に向いている仕事は、それほどストレスがかからないため、仕事そのものが非常に楽しくなるかもしれません。
仕事が楽しいというのはじつに大切なことと言えます。なぜならその感情は、仕事に対するモチベーションにもつながるからです。


◆向いている仕事の見つけ方

自分に向いている仕事をしたほうが、会社にとっても自分にとっても利益が多いと言えますが、そのような向いている仕事はどのように見つけるのでしょうか。いくつかのヒントとなる事柄をご紹介します。

・自己分析をして強みを活かせる仕事を探す

まずは自分について、何が得意で何が苦手なのかを徹底的に分析しましょう。
まずは大きく、デスクワークのほうが好きなのか、身体を動かすほうが向いているのかに分けることができます。そこから、どのような分野があるのかを調べてみて、自分がやりたいと思える職業を選んでみましょう。

もしもその職業が単にやりたいということではなく、自分の能力、得意な分野にも通じるのであれば、きっとやりがいのある楽しい仕事になるでしょう。
一度始めたらある程度の期間は働いてみて、実際に自分に合っているのか見極めることも大切です。
自分のことを分析してみて、やはり合わないと感じたときには前向きに転職を検討しても良いかもしれません。

・「やりたくない仕事」という視点から考える

やりたい仕事が特にないと感じる場合、やりたくない仕事は何かという観点で分析してみると良いでしょう。
消去法のようでもありますが、この方法も自分が本当に向いている仕事は何かを判断するうえでとても役に立ちます。

・第三者にアドバイスをもらうのも有効

自分で行う分析には、ある程度で限界が来るかもしれません。そこで、自分のことよく知る友人や家族などに相談してみるのもおすすめです。
自分では知らなかったことを気づかせてもらえることもあるでしょう。また具体的にどのような仕事が向いていそうか、単刀直入に聞いてみるのもひとつの手です。

・「自分の年齢では無理」など、やりたいことに対する限界を決めない

仕事のなかには長い経験を必要とするものもあるでしょう。そのため、ある程度の年齢になってしまうと今から新しいことを始めても意味がないと感じてしまうかもしれません。
しかし、自分に合った仕事を見つけたいと思う場合、そのような固定概念を捨てることも大切です。自分の限界を年齢などで単純に決めつけないようにしてみてください。


◆就職・転職先を決めるポイント

このようなことを考慮したうえで就職先や転職先を選ぶことができれば、きっと適職を見つけることができることでしょう。
面接する企業を選ぶ際には、事前に社風や評価制度などについて調べておくのもおすすめです。
また、自分の得意な分野で活躍できる仕事内容なのかどうかも、把握しておくことが大切になります。職場環境はモチベーションに大きく関係しやすいものです。

また、就職する際にはすべての希望を叶えることを目標にするのではなく、優先順位の高い順から叶えられそうか考えたほうが現実的でしょう。
重要になるのは給料の高さか、自分のライフワークとのバランスか、職場環境なのか、自分が一番必要とするものを吟味してみてください。
優先順位の低いものは、場合によっては諦めることも必要です。

たくさんの仕事があるため、悩んでしまうこともあるでしょう。そのような場合には、プロに相談することをおすすめします。
ハタラクティブではたくさんの職種を熟知するスタッフが、ぴったりの仕事を見つけるサポートをしています。仕事探しに悩んだら、ハタラクティブへご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ