自分に向いてる仕事の見つけ方とメリットとは?仕事の例もご紹介

自分に向いてる仕事の見つけ方とメリットとは?仕事の例もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 自分に向いてる仕事がわからない主な理由は、今の仕事がうまくいっていないから
  • 自分に向いてる仕事を選んだほうが、効率が上がり仕事が楽しくなりやすい
  • 自分に向いてる仕事を見つけるためには自己分析が必要
  • 自分に向いてる仕事を探す際には第三者にアドバイスをもらうのがおすすめ
  • 自分に向いてる仕事を選ぶ際には、優先順位を考えすべての条件を叶えようとしない

自分に向いてる仕事とはどのような仕事なのか、たくさんの種類の仕事の中から見つけるのは困難だと感じている方は多いのではないでしょうか。一日の中で多くの時間をかける仕事には、自分自身のスキルアップやさらに選択肢が広がるような仕事に就きたいと思う方も少なくないはず。ここでは、多くの仕事のなかで自分に合った仕事に就くメリットや、適職の見つけ方、性格ごとに向いてる仕事の例をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

自分に向いてる仕事とは

自分に向いてる仕事とは、自分にマッチした働き方ができる仕事を指します。心身ともに安定して働けて、自身の経験やスキルを活かして適切に評価されるような環境でできる仕事こそ、自分に向いてる仕事といえるでしょう。

なぜ向いてる仕事がわからないと感じるのか

自分に向いてる仕事が分からない、と感じる主な理由は「今の仕事が向いてないのではないか」と疑問を感じているからです。仕事がうまくいっていなかったり、ミスをして落ち込んでいたりすると、自分の好きなことや得意なことがわからなくなってしまうもの。その結果、「今の仕事は自分に合ってないのではないか?」と思い「自分に向いてる仕事ってなんだろう?」と悩んでしまう方が多いようです。
今の仕事が自分に合っていない場合、仕事を続けていても成果を出しづらかったり、自信をなくしてしまったりする恐れがあります。向いてる仕事の探し方を参考に、自分に向いてる仕事を把握して今後の仕事選びに活かしましょう。

自分に向いてる仕事の探し方!転職先の選び方と診断方法」でも、自分に向いている仕事、適職とは何かについて解説しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

自分に向いてる仕事の見つけ方

自分に向いてる仕事をしたほうが、会社にとっても自分にとっても利益が多いといえます。しかし、そのような自分に向いてる仕事をどのように見つければ良いのか悩んでいる方もいるでしょう。
ここでは、いくつかのヒントとなるポイントをご紹介します。

自己分析をして強みを活かせる仕事を探す

自分に向いてる仕事を探す際には、何が得意で何が苦手なのかを徹底的に自己分析します。
デスクワークが好きなのか、身体を動かすほうが好きなのか、まずは大きく2つの仕事に分けて考えてみましょう。そこから、どのような分野があるのかを調べてみて、自分がやりたいと思える仕事を選びます。
もしもその仕事が、ただ興味があるだけではなく、自分の能力や得意な分野にも通じるのであれば、やりがいのある楽しい仕事になるでしょう。
一度始めたらある程度の期間は働いてみて、実際に自分に合っているのか見極めることも大切です。
それでも合わないと感じたときには無理に続けず、前向きに転職を検討するのも良いでしょう。

「やりたくない仕事」という視点から考える

自分に向いてる仕事を考えたときに、「やりたい仕事が特にない」と感じるのであれば、やりたくない仕事は何かという観点で分析してみるのもおすすめです。
消去法のようでもありますが、この方法も自分が本当に向いてる仕事は何かを判断するうえで役立ちます。

やりたいことに対する限界を決めない

自分のやりたいことに対する限界を、年齢やスキルなどで単純に決めつけないようにしましょう。
仕事のなかには長い経験を必要とするものもあるため、ある程度の年齢になると、「今から新しいことを始めても活躍できない」と感じてしまうこともあるでしょう。
しかし、自分に向いてる仕事を見つけたいと思う場合、そのような固定概念を捨てることも大切です。
自分に向いてる仕事の見つけ方について「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」のコラムでも紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

適職診断を参考にしてみる

自分で考えるだけでは、「本当にその仕事が自分に向いてる仕事なのかわからない」という方は、適職診断を参考にしてみるのもおすすめです。いくつかの質問に回答することで、性格・特性から導き出した回答者にマッチする職業を教えてくれます。Web上で無料で受けられるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

自分に向いてる仕事に就くメリット

人にはそれぞれ向いてる仕事、向いてない仕事があるものです。なかには「お金を稼げればそれで良い」と割り切っている方もいますが、向いてる仕事をする場合、たくさんのメリットがあります。
ここでは、向いてる仕事を選んだ際のメリットをいくつかご紹介するので、参考にしてください。

能力が活かせて生産性が上がる

自分に向いてる仕事であれば、自分の能力を最大限に活かしながら業務にあたれるでしょう。
本来の自分の性格や能力に合う仕事ですから、向いてない人よりも仕事の生産性が上がると考えられます。当然、生産性が上がればその仕事の習熟度も人よりも格段にアップしていくことになります。
そうなると、その仕事において高く評価され、出世の道も開けてくるといえるでしょう。

仕事の困難もやりがいと捉えられる

自分に向いてる仕事の場合、仕事上で直面する困難に対応しやすくなります。本来自分が得意とすることのため、つまずくことがあっても、工夫を凝らして対処することも比較的容易でしょう。
また、直面した困難に立ち向かい、クリアしていくことにやりがいを感じ、一層仕事が楽しくなることも考えられます。
「好きこそものの上手なれ」ということわざのように、仕事を自分の趣味のように感じることができれば、ストレスなく楽しみながら業務をこなせるでしょう。

仕事が楽しくなる

自分に向いてる仕事はそれほどストレスがかからないため、仕事そのものが非常に楽しくなるという人も多いようです。仕事が楽しいという感情は、仕事に対するモチベーションにもつながるでしょう。

自分に向いてる仕事が分からないときはどうする?適職の見つけ方を解説」でも、自分に向いてる仕事に就くメリット・デメリットを解説しています。

性格別!自分に向いてる仕事の例

ここでは、性格別に向いてる仕事をご紹介します。自分がどのタイプに当てはまるのか考えつつ、向いてる仕事を探す際の参考にしてみてください。

マイペースな人に向いてる仕事

マイペースな人は、他人のペースに合わせることなく自分のペースで働けるような仕事が向いてるでしょう。働き方の自由度の高い「フリーランスクリエイター」や「自営業」、自分の感性を活かせる「デザイナー」「ライター」などもおすすめです。
また、人のペースに合わせることなく、勤務時間を1人で過ごすことの多い「職人」「ドライバー」「警備員」なども良いでしょう。

変化を楽しめる人に向いてる仕事

同じことを続けるよりも多くの体験をしたい人は、新しいことに挑戦できるような仕事が向いています。新規事業の立ち上げなどに携わる「新規事業企画」や「新規開拓営業」、日々多くの人に関われる「営業職」、多様な分野のアプリなどを開発する「プログラマー」などがおすすめです。

人との関わりが苦手な人に向いてる仕事

人との関わりが苦手な人は、誰かと一緒に働くよりも、1人で作業するような仕事が向いています。人とのコミュニケーションは最低限で黙々と作業できる「工場のライン作業員」や「ルート配達員」、「清掃員」などが向いてる仕事として挙げられます。
ほかにも、「警備員」や「Webライター」、「研究職」なども、1人での作業が多く、人との関わりが少ない仕事です。

穏やかな人に向いてる仕事

穏やかな人は落ち着いた雰囲気がある反面、人によってはゆったりしていると感じられることもあります。そのため、スピードを重視する仕事よりも、落ち着いた環境で人を相手にするような仕事が向いてるでしょう。
感情的になったり人の言動に左右されたりしにくい穏やかな人は、「保育士」や「カウンセラー」が向いています。また、穏やかな人は人に与える印象も良いため「受付」や「図書館司書」の仕事にも向いてるといえるでしょう。

こだわりがある人に向いてる仕事

こだわりのある人は、何か1つのことに集中したり、極めたりする仕事に向いてるでしょう。たとえば「ITエンジニア」や「研究開発」、「研究者」などが挙げられます。
ほかにも、より良いものを生み出すことに努力を惜しまないこのタイプの人には「デザイナー」や「料理人」、「画家」「漫画家」なども向いているでしょう。

要領が悪いと感じている人に向いてる仕事

「自分は要領が悪いのではないか」と感じている人には、ある程度マニュアルで決められていることを繰り返すような仕事がおすすめです。たとえば「データ入力」や「倉庫内作業員」、「コールセンター」など。要領が悪く、人に迷惑をかけたりリストラされたりなどを心配している方には、ノルマのない「受付スタッフ」や、リストラや倒産の心配のない「公務員」などもおすすめです。

受け身がちな人に向いてる仕事

受け身がちな人は、自ら行動したり何かを決断したりすることが苦手な傾向にあります。自分発信で行動するような仕事よりも、マニュアルなどで決められたことをそのとおりに行うような「事務職」「総合職」、「一般職」が向いているでしょう。
ほかにも、「プログラマー」や「製造業」、「配達」などで指示どおりに仕事をこなすのに向いています。

大雑把な人に向いてる仕事

大雑把な人は、決められたことや緻密な作業よりも、接客のような人を相手にする仕事が向いてます。たとえば「営業」や「タクシードライバー」、「タレント」、「番組ディレクター・プロデューサー」などが挙げられます。ほかにも、「販売員」や「飲食店店員」、「ツアーコンダクター」といった接客業全般がおすすめです。

責任感のある人に向いてる仕事

当事者意識があって責任感を持って仕事ができる人は、ミスが許されない正確な仕事が求められる「医療関係全般」や「NPO職員」、「校正・校閲」の仕事が向いてるといえるでしょう。
ほかにも、細かいチェックが必要なお金を扱う仕事である「税理士」「会計士」の仕事も向いてます。また、責任感のある人は自分の言動にも責任を持っているため、自分の言動が人を左右する「保育士」や「介護士」「 弁護士」「臨床心理士」なども向いてるでしょう。

向上心が強い人に向いてる仕事

向上心が強い人は、自分が向上するためや目標にむけて努力を惜しまないため、ノルマのあるような仕事が向いています。たとえば「営業」や「美容部員」「販売員」など、結果を出せば昇格・昇給できるような仕事にやりがいを感じられるのではないでしょうか。

優しい人に向いてる仕事

優しい人は、他者のことを考えて行動するため、お客さまやクライアントからの感謝が評価につながるような仕事が向いています。たとえば「保育士」や「受付」「介護士」などがおすすめです。
また、優しく思いやりのある人は、人に寄り添うことが得意であるため「コールセンター」や「セラピスト」「カウンセラー」「ケアマネージャー」「結婚相談員」など、人の話を聞くような仕事も良いでしょう。

聞き上手な人に向いてる仕事

聞き上手な人は、人の話を聞くことが多い「バーテンダー」や「カスタマーサポート」「窓口業務」などの仕事が向いてます。また、相手の話したいことを聞き出す能力があるため、「提案営業」や「コンサルタント」「記者」「マーケティング」などの仕事もおすすめです。

想像力が豊かな人に向いてる仕事

想像力が豊かな人は、その個性を活かせるクリエイティブな仕事で力を発揮できます。たとえば「デザイナー」「イラストレーター」「小説家」などアイデアを生み出す仕事を選ぶと良いでしょう。ほかにも、自ら作り上げるのではなく自分の考えたことを発信する「商品企画職」や「ITコンサルタント」などもおすすめです。

さらに性格ごとの適職を知りたい、という方は「私に向いてる仕事は何?性格タイプから適職を診断しよう」でもタイプ別の向いてる仕事の紹介していますので、ぜひご一読ください。

自分に向いてる仕事への就職・転職先を決めるポイント

自分に向いてる仕事への就職・転職先を選ぶ際には、事前に社風や評価制度などについて調べておくのもおすすめです。
また、自分の得意な分野で活躍できる仕事内容なのかどうかも把握しておくことが大切になります。職場環境はモチベーションに大きく関係しやすいものです。
また、就職する際にはすべての希望を叶えることを目標にするのではなく、優先順位の高い順から叶えられそうか考えたほうが現実的でしょう。
重要なのは給料の高さか、自分のライフワークとのバランスか、職場環境か、自分が一番重視する条件を吟味してみてください。優先順位の低い条件は、場合によっては諦めることも必要です。

第三者にアドバイスをもらうのも有効

自分一人で行う分析は客観視が難しく、見える視野に限界があるもの。そこで、自分のことをよく知る友人や家族などに相談してみるのもおすすめです。自分では知らなかった仕事や自身の特徴に気づかせてもらえることもあるでしょう。
また、具体的にどのような仕事が向いていそうか、単刀直入に聞いてみるのもひとつの手です。

自分に向いてる仕事を探そうとしても、世の中にはたくさんの仕事があり、悩んでしまうこともあるでしょう。そのような場合には、プロに相談することがおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、たくさんの職種を熟知するスタッフがぴったりの仕事を見つけるサポートをしています。仕事探しに悩んだら、ぜひ一度ハタラクティブへご相談ください。

自分に向いてる仕事に関するQ&A

ここでは、自分に向いてる仕事に関する疑問にお答えします。

どうやって自分に向いてる仕事を探せば良い?

自分に向いている仕事を探すには「自分の性格を振り返って好きなことと嫌いなことを明確にする」「仕事選びにおける希望条件の優先順位を決める」ことがおすすめです。「向いている仕事がわからない…自分の適職を見つけるためには?」では、適職を見つけるための方法を詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

自分に向いてる仕事を探すためのツールはある?

自分に向いてる仕事を探すためのツールには、適職診断があります。適職診断はWeb上で無料で利用できるものも多くありますので、一度診断して、仕事選びの参考にしてみましょう。「自分に合ってる職業って?適職診断で何が分かる?就活・転職活動のコツ!」では、適職診断では何を知れるのかなどの解説をしていますので、ぜひご覧ください。

自分に向いてる仕事がないように感じたら…?

自分に向いてる仕事がないような気がする原因として、仕事への自信をなくしてしまっている可能性が考えられます。自己分析をして「自分の得意なこと・好きなこと」は何か考えてみましょう。また、そもそも知っている仕事が少ない場合も、「自分に向いてる仕事がない」と感じることがあります。「自分に向いてる仕事が分からないときはどうする?適職の見つけ方を解説」では、適職の見つけ方を解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

自分に向いてる仕事に転職するには?

自分に向いてる仕事に転職するには、プロの手を借りるのがおすすめ。プロに相談することで、自分だけでは気づけなかったことや、知らなかった職業を教えてもらえたりするので向いてる仕事が見つかりやすくなるでしょう。ハタラクティブでは転職アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、自分の強みややりたいことを一緒に掘り下げます。

関連タグ