やりたい仕事がない!適職を見つける方法をご紹介

やりたい仕事がない!適職を見つける方法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • やりたい仕事がないという人は多い
  • やりたい仕事がない人には自分に自信がない、自己分析が不足しているなどの特徴がある
  • やりたい仕事を探すには、人生でのやりがいを考えると良い
  • やりたい仕事が見つからない場合には、転職エージェントに相談するのも一つの手

自分がやりたい仕事は何なのか、何に向いているのか分からないまま、就職活動を進めている人は多いでしょう。やりたい仕事を見つけるには、自分自身を知ることが大事です。自分を知ることで、自分のやりたい仕事や向いている仕事が明確になってきます。このコラムでは、自分のやりたい仕事や適職を見つける方法について詳しくご紹介。やりたい仕事がよく分からないという人は、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

やりたい仕事がない人は多い

やりたい仕事がない、自分のしたいことが分からないと思っている人は多いようです。そのため、やりたい仕事がないからといって、悩む必要はありません。やりたい仕事を見つけるには、今の自分にできることから始めましょう。

やりたい仕事がない人に共通する6つの特徴

やりたい仕事がない人に共通する特徴としては、「何でも器用にこなすためやりたい仕事が分からない」「自己分析が足りていない」といったものが挙げられます。自分に当てはまる要素がないか確認してみましょう。

1.何でも器用にこなすためやりたい仕事が分からない

何でも器用にこなせる人は、やりたい仕事が分からない場合があります。何でも上手くできる人は、何をしてもある程度の成果を残すことができる傾向に。何でも器用にこなせることで、自分が本当にやりたいことの判断がしづらくなるようです

2.自分に自信が持てない

自分に自信が持てないことで、やりたい仕事が見つからないという状況に陥ることもあるようです。「仕事で失敗してしまった」「他人からの評価が気になる」といった要因から、自分の考えを持つことが難しくなる可能性も。自分の考えを持つことが難しくなることで、自分の本当にやりたい仕事が分からなくなってしまいます。

3.慎重過ぎてやりたい仕事に挑戦できない

仕事に対して慎重になり過ぎてしまうことで、自分のやりたい仕事に挑戦できない場合があります。「自分に自信がない」「失敗するのが怖い」といった理由から、慎重になってしまうことが考えられるでしょう。特に、社会人経験の浅い人に多い傾向があるようです。

4.自己分析が足りていない

自己分析が不足していることも、自分のやりたい仕事が分からない人の特徴です。自己分析では、自分の長所や短所、性格を把握できます。自己分析が足りていないと、自分の強みや弱みが分からないので、「自分のやりたい仕事が分からない」「自分にできる仕事が何か分からない」という状況に陥ってしまうでしょう
自分に合った仕事を見つける方法については、「自分に合った仕事の見つけ方を解説!軸を決めて自己診断してみよう」のコラムでご紹介しています。自分のやりたい仕事が分からないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

5.仕事選びの視野が狭くなっている

やりたい仕事が分からない人の特徴として、仕事選びの視野が狭くなっていることも考えられます。そのような人は、知名度が高い会社や人気のある会社の中から探してしまうこともあるようです。仕事選びの視野が狭くなることで、自分に合った会社や自分がやりたい仕事を見つけるチャンスを逃してしまう可能性もあるでしょう。

6.待遇や労働条件ばかり気にしている

給与や待遇ばかり気にしている人も、自分のやりたい仕事が見つからない人に共通する特徴です。「就職・転職するなら高収入が良い」「福利厚生が充実している会社が良い」といったように転職先に求める条件を絞り過ぎてしまうこともあるでしょう。しかし、このように条件を絞り過ぎてしまうと、自分のやりたい仕事が見つかりにくくなってしまう可能性もあります

自分のやりたい仕事を探す方法で悩んでいる人は、「仕事の決め方がわからない!どんな働き方をしたいのか自分の基準で考えよう」のコラムもご覧ください。仕事の決め方についてご紹介しています。

やりたい仕事の探し方や見つけ方

「人生でのやりがいを考えてみる」「仕事中の嬉しいことや楽しいことも思い出す」といった方法から、自分のやりたい仕事を見つけましょう。自分のやりたい仕事が見つからない人や就職活動を行うことを検討されている人は、ぜひ参考にしてみてください。

人生でのやりがいを考えてみる

自己分析を通して、自分の人生のやりがいを振り返ってみましょう。
学生時代の部活動や学校での出来事、アルバイトでの経験など、さまざま場面を思い返してみてください。やりがいとなる出来事や経験を自分の長所として考えていくことで、自分のやりたい仕事を見つけるヒントになる可能性があります

長期的にどんな仕事をしていたいかを考えてみる

やりたい仕事を見つける際には、長期的にどんな仕事をしていたいかを考えることが大事です。自分が5年後や10年後にどんな仕事をしているのか想像してみましょう。現在検討している仕事があれば、長期的に続けることができるかという点も踏まえて考えてみてください。どんな仕事か分からないという場合には、調べてみたり、実際に見にいったりすることで、その仕事に関する理解を深めることにつながり、実際に働いている想像がしやすくなります。

仕事の中で嬉しいことや楽しいことを思い出す

在職中や仕事を経験されたことがある場合は、嬉しかったことや楽しかったことなどを思い出してみてください。良い思い出の中には、あなたの良さが表現されていたり、発揮できている瞬間があるはずです。嬉しさや楽しさを実感できた経験の中から、やりたい仕事を見つける方法もあります。仕事を通して、嬉しかったことや楽しかったことが見つからない人は、ボランティア活動や学校生活の中から振り返ってみましょう。

職業とは別の観点から「やりたい仕事」を考える

やりたい仕事を見つけるには、職業だけに囚われないようにすることが重要です。自分の経験や性格を理解することで、やりたい仕事や向いている仕事は見えてくるでしょう。職業に囚われずに仕事選びをすれば、自分の経験や性格を活かせるやりたい仕事が見つかる可能性があります

転職エージェントに相談してみる

やりたい仕事が見つからない場合には、就職・転職エージェントを利用するのも一つの手です。就職・転職エージェントを利用すれば、プロのアドバイザーが求職者の希望に合った求人をご紹介するので、やりたい仕事が見つかりやすいでしょう。また、自己分析や仕事の種類はもちろんのこと、就職に関する悩みを相談可能。1人での就職・転職活動に不安を抱えている人も安心して利用できます。
就職・転職エージェントを通して、やりたい仕事を見つけたい人は「転職エージェントの賢い使い方を知って自分に合った企業を見つけよう!」のコラムもご覧ください。就職・転職エージェントの利用方法について詳しくご紹介しています。

やりたい仕事を見つけたら適性を知ろう

やりたい仕事を見つけたら、自己分析を通して適性があるかどうかを確認することが大事です。自分の長所とやりたい仕事で求められる能力がマッチするなら、それはあなたに向いている仕事であるといえるでしょう。この項目では、やりたい仕事に対して適性があるかを知る自己分析の方法をご紹介していきます。

自分の経験を振り返る

まずは、自己分析を通して、自分の得意分野を明らかにしていきましょう。たとえば、学生時代に「サークルのリーダーとしてみんなを引っ張った経験」「華やかな活躍はしていないが、影ながら仲間の活動を支えた経験」などがある場合は、その経験は長所として就職活動の武器にできます。
成功体験に至った過程や自分の取り組み、困難を乗り越えた方法までを分析することで、自分の強みが見えてくるはずです。また、自己分析では失敗体験や挫折について振り返るのも有効。挫折による価値観の変化や挫折を乗り越えた方法を明らかにすると、自分の成長が見えてくる可能性があります。

周囲の人からの評価を聞く

自己分析を終えたら、他己分析でさらに自分への理解を深めていきましょう。自分の適性や能力を的確に分析するためには、客観的視点から自分を見直すことも大切。なぜなら自分1人で考える自己分析は主観が入りやすく、結論が出にくいことがあるためです。友人や家族に問いかける他己分析では、自分では思いもよらなかった長所や短所を知ることができるでしょう。

企業研究をする

自分のことを理解できたら、次に仕事に就くために必要な力をつける努力が必要です。その仕事や企業に求められる能力や具体的な資格についても調べたうえで、考えてみましょう。
業界研究や企業研究を入念にすることで、入職後のミスマッチを防ぐことができます。やりたい仕事を探すには、自己分析と同時に職種や業界、企業についての情報収集が重要です

適職を知るには苦手や短所に目を向けることも必要

適職を知るには、得意分野だけではなく、苦手なことや自分の弱みに目を向けるのも有効的。なぜなら、苦手分野を把握することで、自分に向いていない仕事や業界が明確になり、やりたい仕事の選択肢を絞ることができるためです。
苦手から適職を考えるやり方は一見消極的にも思えますが、好きな分野を検討するのと比べて冷静に仕事について考えられる点はメリットといえるでしょう。やりたくない仕事や向いていない仕事を自分の中で明らかにするのは、就職後のミスマッチを避けることにもつながります。

やりたい仕事を見つけるときの注意点

やりたい仕事を見つける際の注意点は、「理想を追い求め過ぎないようにする」「すぐに転職しない」の2つです、以下で詳しく解説していくので、参考にしてみてください。

理想を追い求め過ぎないようにする

やりたい仕事を見つけるには、理想を追い求め過ぎないようにしましょう。「現職よりも良い仕事があるのでは?」「待遇の良い会社に就職したい」というように理想を求めすぎると、自分のやりたい仕事がなかなか見つからないということも。現在やりたい仕事に就いていない場合は、まず与えられている仕事に対して、真摯に向き合ってみましょう。真剣に仕事に取り組むことで、今の仕事にやりがいを感じられる場合もあります

すぐに転職をしない

今の仕事がやりたい仕事でないからといって、すぐに転職するのは避けた方が良いでしょう。職場を変えても、自分のやりたい仕事に出会えるとは限らないため、リスクが高い選択といえます。転職して新しい職場に変わったとしても、やりたい仕事ができないと感じる、早期離職につながることも考えられるでしょう。
どうしても転職したい場合は、「やりたい仕事の探し方や見つけ方」でご紹介した内容を試してみて、自分のやりたい仕事を明確にしてから、転職活動を行うことをおすすめします。

やりたい仕事を見つけてなりたい自分になろう

やりたい仕事がなくて悩んでいる人も自己分析や他己分析を通して、見つけることができるはずです。自分の人生を振り返り、やりたい仕事や向いている仕事を見つけるきっかけにしてみてください。

「1人ではやりたい仕事が見つけられない」「自分に合った仕事が分からない…」という人は、就職・転職エージェントの利用がおすすめです。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、高卒や既卒、フリーターといった若年層に向けて、求人の紹介から内定後のフォローまで一貫してサポート。プロのアドバイザーが希望や適性をヒアリングしたうえで、あなたにぴったりの求人をご紹介します。「未経験歓迎」「学歴不問」といった人柄重視の求人を多数用意しているので、異業種にも挑戦しやすいです。
「適職が分からない」「やりたい仕事が見つからない」という方は、まずはお気軽にご相談ください。

やりたい仕事がない人によくあるQ&A

ここでは、やりたい仕事を見つけていくうえで、よくある質問について回答します。就職活動を検討している人や悩んでいるという人は、参考にしてみてください。

適性のない仕事を選ぶとどうなりますか?

適性のない仕事を選ぶことで、日々の業務にやりがいを感じられず、成長意欲も低くなることがあります。その結果、仕事を頑張っても成果につながらず、できない自分を責めて悲観的になったり、やりがいを感じられなかったりすることも。成果が評価に反映される場合は、キャリアに影響する可能性もあります。

適性よりも職場環境を重視するのは危険?

やりたい仕事を選ぶ際に重視すべきポイントは人によって異なります。適性よりも勤務受験や労働環境を重視する人も中にはいるようです。しかし、条件や環境ばかりに目を向けて適性のない仕事を続けて、成長やキャリアにつながらない可能性があります。そのため、やりたい仕事を見つける際には、自分にとってゆずれない条件を明確にし、整理することが重要です。詳しくは「納得いく転職とは?妥協によるメリットとデメリット」のコラムでご紹介しています。

やりたい仕事を見つける際に気をつける点は?

やりたい仕事を見つけるときの注意点」でご紹介したとおり、仕事に理想を追い求め過ぎないことやすぐに転職することは避けましょう。就職・転職活動は、仕事に求める条件や明確にしたうえで進めるのがおすすめです。「やりたい仕事がないけど転職したい」という人は「やりたいことがないけど転職したい!意識の見直し方や仕事探しのコツを紹介」のコラムもあわせてご覧ください。

やりたい仕事も将来の目標もありません。

やりたい仕事や将来の目標がない場合には、「できること」「やりたくないこと」から考えてみましょう。やりたいことがなくても就職することは可能。むしろ、やりたいことがある場合よりも選択肢が多く、視野を広げて企業を見るチャンスといえるでしょう。企業を選ぶ際には、「やりたいこと」ではなく「やりたいくないこと」から探すのも有効的です。
なかなかやりたい仕事が見つからないという人は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、あなたの希望や条件を丁寧にヒアリングしたうえで、求人をご紹介します。

この記事に関連するタグ