やりたい仕事がない!見つける方法ってあるの?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. やりたい仕事がない!見つける方法ってあるの?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・やりたい仕事が見つからない人は、自分の得意なことと不得意なことを分類してみよう
    ・得意なことや好きなことから仕事に繋がるものはないか考えてみる
    ・やりたい仕事は必ずしも適職とは言い切れない
    ・自分のスキルを活かせる仕事も転職先の選択肢に入れてみよう
    ・やりたい仕事だからと企業研究を疎かにしてしまうと早期離職に繋がるので注意

「やりたい仕事が見つからない…」という悩みを抱えている人は多いかもしれません。
それでは、やりたい仕事を見つけるためには何をしたらいいのでしょうか。
ここではやりたい仕事を見つける方法や転職活動の注意点を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

◆やりたい仕事を見つける方法

「やりたい仕事に就きたい」というのは、誰もが思うことでしょう。
しかし、自分は何がやりたいのか、何に向いているのかわからない人も多いのではないでしょうか。
やりたい仕事を見つけたい場合は、視点を変えて考えてみることが大切です。

これまで経験してきた中で、印象的な出来事、好きなこと、嫌いなことなどを全て書き出してみましょう。
その中でも、特に「やっていて楽しい」「得意」と感じたことと、「やりたくない」「不得意」と思うものに分けます。
やりたくないものや不得意な分野を消去法で除外すれば、無限にある選択肢を狭められるでしょう。
そして、好きなことや得意なことの中から、仕事に繋がりそうなものがないか照らし合わせてみます。
例えば「読書が好き」の場合、本屋や出版社、図書館など、さまざまな勤め先をイメージできるでしょう。
職種についても、販売員、編集、営業、作家、図書館の司書などを思い浮かべられます。
好きなものに通じる仕事であれば、熱意をもって取り組むことができるのではないでしょうか。


◆やりたい仕事=適職ではない

やりたい仕事を見つけなくては…と考えすぎている人は、「やりたい仕事が必ずしも適職ではない」ということを覚えておきましょう。
やりたい仕事に就けても、業界の風潮や業務の進め方、職場環境などが合わず退職してしまう人は多いようです。
また、適切に評価されない仕事を続けていると、やりたくない仕事に変わってしまいます。

やりたい仕事探しにとらわれすぎている場合は、「自分のスキルを活かせる仕事」も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
その職種で求められている資格をもっていれば、転職活動の際に有利にはたらきます。
まずは自分が活躍できる仕事を探し出し、その分野に挑戦するのも1つの手です。
少しでも自分の得意とする分野があれば、徐々にキャリアを広げることができます。
働いているうちに充実感や達成感を得ることができれば、結果的にあなたのやりたい仕事になるかもしれません。
就職したら一生そこで働かなくてはいけないという決まりはありません。
働くことで身につけたい知識や技術とは何かを考えながら転職活動を進めましょう。


◆転職活動を進める上での注意点

転職活動をする際は、必ず業界研究と企業研究を徹底し行いましょう。
店舗や商品を利用できる業種の場合は、実際にサービスに触れることが大切です。
実際に目で見ることで職場環境や製品の理解を深めることができ、働くイメージを具体的に掴むことができます。
「やりたいことができるから」という理由だけで企業を選んでしまうと、前項で紹介したようにミスマッチが生じ早期退職に繋がることも。
もし未経験の業界や職種に挑戦するなら、これまでの経験をどう活かせるか、なぜそれに興味を持ったのかを明確にしておきましょう。

やりたい仕事を探すなら、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスです。
専門のアドバイザーが担当につき、あなたの希望条件に合わせて求人を提案します。
どんな仕事が向いているのか、自分では把握できなかった適性に気づけるかもしれません。
書類の作成や模擬面接、転職に関するアドバイスにも対応しています。
ハタラクティブを活用して焦らず転職活動に励み、やりたいと思える仕事を見つけ出しましょう。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ